置かれた 立場が・・・。

雨の予報は はずれましたが蒸し暑い日です。
さすがに 昨夜は寝付く事が出来ず、今日は動くのも億劫で

後でお昼寝します。

次々と色々なニュースが飛び込んできますが、

楽しい夏休みなのですが、
哀しい水の事故も起きているようで
まさに「禍福は糾える縄」のことわざが ピッタリです。

帰宅する人たちの 車の渋滞も起きているようですし、
十分 御気をつけ下さい。

ドイツでは 選挙の地方応援演説が熱を帯びてきていますが、
メルケル首相は
ユーロへ難民として密入国するつもりで リビアで拘束された人たちの
収容所が酷い環境に在ることから 5000万ユーロの支援を発表し
尚且つ EUの人口が5億人だから、
未だ2万~4万人の移民受け入れが可能だとし

各国に割り当てて 移民政策を進める心算と発表しました。

又 各国と打ち合わせもしないで 余計な事を言ってます。

幾ら キリスト教民主同盟単独での政権維持が難しいといっても
メルケルも?惚け老人なのかしら??。
c0192063_10131459.png
c0192063_10133531.png


おまけに 車の偽装、談合問題でも
地方の州が年度をきって デイーゼル車の通行を禁じる方向なのに
デイーゼル車容認のお話しを進めています。

自動車業界も必死で
VW、旧型車の買い替えで値引き 最大1万ユーロ=大気汚染低減へ
 
独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は8日、
旧型のディーゼル車からの買い替え客を対象に、
新車を最大1万ユーロ値引きすると発表した。
大気汚染の低減に貢献する計画の一環で、
都市部でのディーゼル車乗り入れ禁止策の導入を回避する狙い。
併せて、電気自動車(EV)にも1台当たり
2,380ユーロの購入補助を行うとしている。
いずれも、今年末までの期間限定で実施する予定。
https://europe.nna.jp/news/list/germany

未だドイツ検察庁の捜査の結果も出ていないのに
メルケルの発言は 業界や産業界との癒着も噂され、
憶測を呼んでいます。

独自動車メーカーのフォルクスワーゲン(VW)の元トップマネージャーの
オリバー・シュミット容疑者が、
法定審問で「デイーゼル・ゲート」での自らの罪を認めた。
ロイターが報じた。

メルケル独首相は12日、ディーゼル自動車の使用禁止に異議を唱えた。

メルケル首相はディーゼル自動車の使用を禁じても
状況は解決できないとし、
「自動車を購入した人が突然乗車を禁じられ、
転売を余儀なくされるようであってはならない」と語った。
テレビ「ヴェルト24」が報じた。

これより前、半数以上のドイツ人が
自国の自動車メーカーを信用していないと明らかになった。
独誌シュピーゲルは、
フォルクスワーゲンやアウディ、ポルシェ、BMW、ダイムラーといった
ドイツ自動車市場のトッププレーヤーが
不正なカルテルを結んでいた疑いがあると報じていた。
同誌によるとこれらの大手自動車メーカーらが行っていたとされる
闇カルテルはディーゼルエンジン搭載車の排ガス浄化技術なども関係している。
https://jp.sputniknews.com/
http://www.faz.net/aktuell/
http://www.spiegel.de/panorama/auf-einen-blick-grafiken-a-751072.html

c0192063_10134667.jpg

Die Kanzlerin hat ihre Rede eigentlich schon beendet, da

greift sie noch einmal nach dem Mikrofon: "Ich habe ganz

vergessen", sagt Angela Merkel und grinst etwas verlegen in

den Saal, "dass die Wahl natürlich noch nicht entschieden ist."

http://www.spiegel.de/politik/deutschland/angela-merkel-

auftritt-in-dortmund-a-1162614.html

http://www.faz.net/aktuell/


アメリカのバージニア州、シャーロッツビルで 騒動ですね。

白人至上主義やK,K,K等が主催するデモ行進に対して
反対派が ヘイト主義者とやり返し 衝突していた所に、
群集めがけて 車が突っ込み 死者が一人、大勢の怪我人が出た模様です。

Woman killed in Charlottesville, Virginia car attack identified
The 32-year old woman killed in Charlottesville, Virginia,

when a car plowed into a group of protesters has been identified
as Heather Heyer, authorities announced Sunday.

Heyer was a Charlottesville resident
who police say was crossing the street
when she was struck by the gray sports car on Saturday.
She was rushed to the hospital where she was pronounced dead.

"My heart goes out to Heather Heyer's family.
She died standing up against hate and bigotry. Her bravery should

inspire all to come together," Virginia Gov. Terry McAuliffe

tweeted Saturday along with a photo of Heyer.

c0192063_10503635.jpg



元々 南北戦争中の南軍の リー将軍の銅像を撤去する事に反対と
リー将軍は奴隷制度を容認する差別主義者なので、
像は相応しくないから撤去する事が決まったらしいですが、

意見が分かれている訳です。

おりしも BBCでイギリス人の奴隷所有者に対する保証を
巨額の税金で支払った事を 検証する放送がされていました。

死者が出た騒動に対して トランプ大統領の声明がハッキリしないと
大統領非難にCNNは結び付けています。

娘のイバンカが 白人至上主義者への非難声明を出していますが
大統領非難に何でも結びつけるところは 
日本のメデイアと似ています。

KKKがデモ 奴隷制支持南部の将軍像撤去に反対

c0192063_10502665.jpg
米メディアによると、車は猛スピードで群衆に突っ込んだ。
その直後に現場を離れたが、運転者は身柄を拘束された。
c0192063_10492141.jpg
トランプ米大統領は12日午後に記者会見を開き、
「とてつもなくひどい憎悪、偏見、暴力を最も強い言葉で非難する」と強調した。


妻メラニアさんもツイッターに「暴力で良い結果は生まれない」と投稿した。

米司法省と連邦捜査局(FBI)は、人種差別を禁じた公民権法に

抵触するかどうか捜査を始めた。

米上院はシャーロッツビルの事件について
白人優位主義者らの起こした「国内テロ行為」と非難した。

バージニア州などでは黒人差別につながったとの反省から、
南北戦争で奴隷制度を支持した
当時の南部諸州を象徴するモニュメントなどを撤去する動きが続いており、
白人優位主義者らは抗議するため集まった。

c0192063_10501511.jpg
c0192063_10495867.jpg
c0192063_10494605.jpg
c0192063_10493432.jpg
米メディアによると女性(32)が死亡した。
また、集会の模様をシャーロッツビル郊外で監視していた
警察当局のヘリコプターが墜落し、乗っていた警察官2人が死亡した。

シャーロッツビルの極右集会の参加者数については
2千人から6千人と評価が分かれている。
中にはネオナチ集団や
白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK) も参加していた。

昨年の大統領選では、白人優位主義者らの多くがトランプ氏を支持した。
米社会の人種対立は激しく悪化している。
https://jp.sputniknews.com/

拙ブログで 数年前に書きましたが
元々は 旧約聖書に書かれている文言なのです。

未だに 人間の先祖が類人猿とは認めないと言うのです。
聖書に書かれた 優生思想がその後に様々な人類犯罪を引き起こします。

当然 ダーウインの進化論もバチカンは認めていません。

聖書の間違いを非難をせず、
聖書の間違いを認めないキリスト教徒の誤魔化しなんです。

ナチス、ヒットラーがアーリア人(白人)優生主義を言い
ユダヤ人の虐殺を行った要因も 
キリスト教の聖書に書かれた文言を信じていたからなのです。

奴隷制度も植民地主義者も 
全て旧約聖書に書かれた文言が原因です。
聖書批判をせず 踊らされている人達には、

白人至上主義者も、ヘイト主義反対を唱える人も
聖書には 一点の疑問を抱かないのは 
不思議な現象です。

自らの社会を支える キリスト教文明には疑問も抱かないのです。
ダブル、スタンダードですね。

日曜日には 家族で教会へ行く事が
アメリカでは健全で正しい家族だそうです。

未だに無理解と 心の奥底にあり 
潜在意識が抱える 黒人への無理解
そして警戒心から、無辜の黒人が警察官に射殺され
微罪扱いされ 直ぐに釈放される警察官に対しても 
何故 人道上の正儀を訴えないのでしょう?

南北戦争は 
一般的には奴隷解放を巡る 意見の相違が戦争の一因と言われていますが、
奴隷解放の側面には、三角貿易でアメリカの綿畑で取れた綿を
イギリスへ輸出し
イギリスでは綿を産業革命で蒸気を動力源の機械で加工し、
繊維産業を育て、輸出すると言う戦略が出来ていました。

綿畑で働く労働力として アフリカで奴隷として人間狩を行い アメリカへと、
主にイギリス人が係わっていました。

予断ですが 近年教会でも謳われている賛美歌「アメージング・グレース」は、
奴隷貿易船の船長だったイギリス人が 過去を悔いて牧師になり
作曲した曲なのです。

労働力として 奴隷を供給し原材料の綿をイギリスに送り
綿を加工して輸出する三角貿易が崩れるのは?
産業革命の波はアメリカ大陸にも上陸しました。

工業の発展に必要な工水が豊富な5大湖周辺で起きた工場群に
必要な労働力を
南部の奴隷を自由化させ工場で働く労働力として使おうと考えました。

つまり当たらしい産業が 北部で勃興してきて
必要な労働力を得る為に 南部の奴隷に目を付けた訳です。

奴隷解放にはそんな側面があったのです。
言い訳として人間の自由、人道上の問題、と 
後で美しい言葉が装飾語、目晦ましとして使われたのです。

実際は北部に投資した資本家と、
南部で利益を上げている資本家の安い賃金の労働力争いなんです。

現在でも 建て前とは別に 黒人への差別が厳然として在ることが
証明しています。


共産主義者が考える 機関決定の無謬性、
党の決定には間違いが有りません。
聖職者が言うところの 聖書の無謬性
教会の言う事には 間違いが有りません。

彼等には 刑が確定してからも 弟子達に伝え続けた
ソクラテスの言葉「哲学は死の練習です」を送ります。

大統領執務室で 
研修生のモニカと日常的に性行為を行っていたビル・クリントンが
平然と人前に出て 御託をたれて、
挙句 ヒラリーと供に 中国、中近東の金銭疑惑で国策を行い、

アメリカの若者の血が どれだけ流れたのか・・・・。

新たなエスタブリッシュメントを目指す クリントン夫妻は
無罪放免なのです。

そんな狂った社会のアメリカで 正義が・・・とは、お笑いです。


昨日のブログに載せた キッシンジャー氏についてですが、
ドイツ生まれの この巨悪は 先ごろ亡くなったブレジンスキーと供に
アメリカの政策決定に大きな力を持ち
政治を歪めてきました。

キッシンジャー氏の発言

・ 日本の自主防衛を封じ込める
・ 日本を中国、韓国、北朝鮮、ロシアから分断し孤立化させることが必要だ
  そうすれば 日本はアメリカに依存せざるを得なくなり、
  米国とって都合の良い経済政策と外交防衛政策を取らざるを得なくなる。
  (→反日 中、韓の背後にアメリカが居る)
・ 日本ごときの為に米国が中国と戦争するなどとは 馬鹿げている。
・ 東アジアは米国と中国で支配する。
・ 中国の軍事大国化は米国の利益になる。
・ 日本は経済大国に成ってしまった。
  もっと早く潰して置くべきだった。(TPPの押し付け)
・ 日本には絶対核武装させてはいけない。

ここ数年来の中国が行う 対日本外交の本質は
キッシンジャー氏が言った事と妙に符合します。

太平洋を東西に分けて ハワイより東半分をアメリカが
西側を中国が支配すると・・・・

突然出てきたお話しでは有りません、
キッシンジャー氏が そんな言質を中国に与えていたのです、
そして 韓国が次々と捏造する 売春婦詐欺、
今度は強制連行による苛酷な労働強制の賠償問題と
日本に対する 韓国の歴史の捏造による問題が在ると言う言いがかりを
アメリカが黙認する理由がお解りですか?

近、現代史のアメリカの闇です。

アメリカの公文書にもきちんと 
高給な給料を得ていた売春婦だと書かれています。

イギリスも公文書でしょうか?
戦後の聞き取り調査なるメモを発表しました、
外務省の無策な足元を見られてしまい、これでもかと
日本叩きが始っています。

在日や帰化人に 乗っ取られた感の在る メデイアや経済界、政界
安倍総理の孤軍奮闘が続きます。

最後に 「中韓を良く知る」ブログさんより引用です。

悪魔を育てたキッシンジャー博士

キッシンジャー博士 岡山大で講演(産経新聞4月20日)

世界史において色んな巨悪な人が表れます。
その中でもキッシンジャーは巨悪中の巨悪と言っても過言ではありません。
しかしアメリカから見た場合は多少巨悪が薄まりますが!


彼は権力欲の塊で目的のためには手段を選びません。
彼によって弱者や弱小国が数え切れないほどの犠牲者を作り出しました。


彼の評価を決定付けた第一は
「ベトナム戦争和平」への貢献が上げられますが、
事の真相がジョセフ・ヘラーによって暴露されています。


1968年民主党のジョンソン大統領によって
ベトナム戦争を終結させるパリ和平交渉が進められていました。

当時大統領選が迫っていました、
対立候補のニクソンは選挙を有利に進めるために、
パリ和平交渉を決裂させるように仕組みました。

その提案と工作をキッシンジャーが全て執り行いました。

その功績でキッシンジャーは
政権誕生とともに大統領補佐官として政権の中枢に入り、
外交全般を取り仕切りました。
それから4年後、
ニクソン政権は
パリ和平交渉で提示されていたものと同じ条件で戦争を終結させました。


キッシンジャーは南ベトナム軍の上層部に
「当時米国の政権を取っていた民主党より
 共和党のニクソンの方があなた達に有利な条件で締結できる、」と言って
相当な資金援助も約束しました。
それに乗った
南ベトナム代表団はキッシンジャーの作戦通りに
大統領選前日に和平交渉の席をけり、決裂させました。


結果「平和公約」を掲げていた民主党を打ち砕き、
見事ニクソンが,大統領に選ばれました。
しかし当時ジョンソン大統領の和平交渉はほとんど締結寸前でした。

キッシンジャーの邪悪な野望によって戦争終結が4年間延ばされました。


その間2万人を超える米国人と
数え切れないほどのベトナム、カンボジア、ラオスの人々の命が失われました。


この裏工作と大虐殺で彼はノーベル平和賞を受賞しました。
邪悪な裏の見えない政治家に贈る平和賞は殆ど間違えます。


キッシンジャーの犯した悪事の数々は、
クリストファー・ヒッチンスが色々書いています。
バングラデシュでの大量殺人、東チモール民族大虐殺の扇動と援助、
クルド人をそそのかしてフセインに対して攻撃させ
最後は彼らを裏切り見捨ててフセインに大虐殺されました。

その他
クリストファーはキッシンジャーの多くの悪事を書き連ねています。

しかし私が今日書きたかった事は、
この二人の作家が見えていないキッシンジャーの悪事と陰謀です。


キッシンジャーの最大の罪は悪魔の巣窟、
中国の竹のカーテンを無理やりこじ開けて
毒ガスを世界中に撒き散らした事です。

彼はソ連を牽制するために野蛮国中国を世界のグランドに招きいれました。
そして中国と取引して台湾と日本を見捨てました。


中国と手を握る事によってソ連を孤立化させました。
敵の敵は味方を実践したのです。

しかしこの策謀家の最大の弱点は権力欲と金銭欲です、
途中からミイラ取りがミイラになってしまったのです。

当初彼は、一党独裁の共産国であり、
国民を過酷な統制下においていた中国を
経済発展させれば資本主義開放経済への道を進み
やがては
中国も民主国家へとなっていくと思っていました。
そして中国発展のために彼はあらゆる便宜を図りました。


ところがこのずる賢い極貧国家中国がキッシンジャーの予測以上に
経済発展をとげ魔王に育ってしまったのです。
そしてこの悪魔は目もくらむぐらいの大金で
キッシンジャーを中国の走狗にしてしまったのです。


中国はキッシンジャーを使ってアメリカ政権内部に入り込み
信じられない大金を使ってクリントンを大統領にしました。


中国はクリントン大統領夫妻や民主党有力政治家と癒着して
国防総省の機密情報が大量に北京にながれ、
ミサイル技術や核弾頭の技術まで中国は手に入れてしまいました。


いまや米贈賄工作は官僚の末端まで浸透して、
中国スパイは捕まる事もなく大手を振って政権内を闊歩しています。
これは私の妄想ではありません。
クリントン夫妻が
ワン・ジュンというスパイから何回も賄賂を受け取っていた事は
アメリカでは周知の事実です。

中国に取り込まれてしまったアメリカを眺めた時、
アメリカが日本を守ってくれるなどありえない、
核の傘は存在しないと言う事が分かっていただけたと思います。


これら一連の流れを作り
日本滅亡に手を貸しているキッシンジャーを
2千500万円の大金を払って日本に招き日米関係などを拝聴するなど
バカらしくて涙が出ます。


彼は「拉致は最も悲惨な事件」と
心にも無い事を平気で言って日本に同情したように見せるなど、
とんでもない老人です。
またそれを
ありがたがって拝聴している日本人の無知さにもがっかりします。

彼は既に85歳になりましたが
今も厳然とアメリカ政権内で外交アドバイザーとして
影響力を発揮しています。
ブッシュ政権下で起こったイラク戦争も彼のアドバイスと言われています。

当初 彼も中国も
ヒラリー・クリントンが大統領になると思って資金援助をしていました、
ところが中国は
途中から盛んにオバマにも大量の資金を流して保険をかけ始めました。


世間ではオバマの場合ネットによる個人献金と言われていますが、
この方法のほうが目立たなくて資金を投入できます。
アメリカ在住の大量の中国人を使って献金しました。
名前だけ使われた中国人も多くいます。


オバマが選ばれた時点で
中国の資金まみれのヒラリーを国務長官に押し込みました。

人間の心情として選挙中にあれだけオバマを口汚く罵ったヒラリーを
政権のNO2に取り込むほど人間は寛大ではありません。

しかし中国に尻尾を握られたオバマは拒否できなかった。


最近オバマがチェコのプラハで提唱した
「核兵器の無い世界」が世界で失笑をかっていますが、
ホンネはこれ以上核保有国を増やさないということです。

つまり世界は中国と
中国に取り込まれたアメリカが世界を支配すると言うことです。
結果として中国という悪魔が地球を支配してしまうことになります。

c0192063_04554715.jpg
日本の右も左も
「日本は自主防衛する必要はない。
 日本の安全保障はアメリカに任せればよい」
という人たちが圧倒的ですが、

中国から収賄する米国大統領や国防省幹部たちが
日本を守ってくれるなど100%ありえません。


「アメリカFBIは中国スパイ組織が米国政治家に対して大規模な贈賄
 工作を展開している事に警告を発している」と
ワシントン・ポスト紙は報道しています。


これらの事実をもってしても日本にアメリカの核の傘がすでに
無くなっていることに気がついてください。

日本が中国という悪魔に滅ぼされないために、
自主的な核抑止力を構築する方法を皆で考えましょう。

今の世界情勢から見て日本が核を持つ事は至難の業ですが、
勇気を持って皆で声を挙げていきましょう。


たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せます。
日本の運命は決して神や仏が握っているものではありません。
日本国民の心の中に運命を左右するカギがあります。

引用終わり

アメリカはベトナム戦争の終盤に枯葉剤作戦を行いました、
ローマクラブが次回ブラジルで世界大会を開く予定でしたが、
会長のアウレリオ・ペッチェイ(イタリアのオリベッテイ会長)が
ヘリコプター事故で亡くなりました。
次回のテーマは枯葉剤だったのです。

c0192063_04553617.jpg
地球環境問題を幅広くテーマにして 
「成長の限界」は一躍有名に成りました。
枯葉剤は取り上げられず、何故かオランダの貴族の未亡人が資金提供した、
反捕鯨団体が設立され、CIAの暗躍が噂されていました。

イギリスの高級紙 タイムスは こんな風刺画を載せています。
余計な事を言わないよう 取り巻きが苦労しているようです。
c0192063_11501749.jpg
徘徊惚け老人のモンクは せいぜい生きても 後十年前後と感じています。
若い人達に美しく、素晴らしい日本を 
誇りを持って 是非 作って行って貰いたい物です、

馬齢を重ね 酒びたりの老人ですが、
生きている間は、真実を発信していくつもりです。

漸く雨が降ってきました。





[PR]
# by monk-1 | 2017-08-14 11:40 | Comments(0)

急がなくちゃ・・。

多くの会社は お盆休み、現在では夏休みというのかしら?
3連休ですが、
横浜は朝から シトシトと雨が降っています。

蒸し暑いのは変りません、

原爆の慰霊祭で、反政権を訴える人達が、
安倍辞めろ とか怒鳴りまくっていましたが、北のミサイルや核には
賛成なんですね、納得できますね、
ハングル文字の反安倍デモですから。

北朝鮮は中国にとって 都合の良いカードで
利用価値があるのです。

安保理での制裁決議にロシアと中国が賛成した事も
ロシアは 国境近辺での大量の中国人の移入に神経を尖らしていますから、

アメリカとの関係改善を睨んでの事でしょう。

一方 中国が賛成したのは、最初から織り込み済みの事です。
一方的に制裁をすると 国境を越えて多くの北朝鮮からの
脱北者が増えて 制御不能になりますから、建て前だけで
本当に北朝鮮への 経済制裁はしないでしょうし、検証不能です。

中国経済を取り込む心算の アメリカの金融筋も
違反しても 多くの経済制裁は 中国に向けては出来ないでしょう。
大きな影響の無い会社が幾つか 制裁を受ける事も
中国政府は 理解しています。

トランプの言葉を選ばない 威嚇は 表と裏を上手に使い分ける
アメリカ財界の 常套手段です。

刈上げ将軍もトランプも ピエロの役割を上手に演じています。

西村慎吾さんからのメールと
表に出ない 様々なアメリカの事実を今日は少しだけ呟きますが、
徘徊惚け老人の呟きですから・・・・。

憂国の士の発言です。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
西村眞悟の時事通信
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
断固とした核抑止力構築のとき
平成29年8月10日(木)

八月に入った一日から十五日の日本武道館における全国戦没者慰霊祭の間に、
我が国の言語空間に充満する「空気」を、
我が国を占領統治したGHQ(連合軍総司令部)が、
執拗に大規模に仕掛けた洗脳工作であるWGIP
(日本が行った戦争は犯罪であり悪である)と無縁ではないと指摘した。

この指摘は、スイス政府が
全スイス国民に配布しているスイス政府編の冊子「民間防衛」による。
その冊子「民間防衛」(2009年5月27日新装版第23刷)の
「占領軍の洗脳工作」
という項目の冒頭部分は次のように書き始められている(288ページ)。

今や占領軍は我が国の全土を手に入れた。・・・
彼らはあるときは残忍なまでに厳しく住民を痛めつけ、
あるときは反抗する住民を手なずけようとして、約束や誓いを乱発する。
言うまでもなく、彼らに協力する者が、
どこでも我が国の行政組織の主要ポストを占めていて、
すべてのわれわれの制度を改革してしまおうと占領軍に協力している。
裏切り者にまかせられた宣伝省は、あらゆる手段を用いて、
われわれに対し、われわれが間違っていたことを呑み込ませようと試みる。・・・
歴史の教科書の改作の作業も進められる。・・・
教科書は、勝利を得たイデオロギーに適応するようにつくられる。・・・
新聞やラジオ、テレビなどが、直ちに宣伝の道具として用いられる。・・・

この箇所を最初に読んだとき、スイス政府は、
ドイツが占領統治した欧州諸国で何をしたか、以上に、
アメリカが占領統治した日本で何をしたかを詳細に研究したと直感した。
つまり、スイス政府は、ドイツの失敗例ではなく、
「絶好の成功例」である「アメリカ軍の日本占領」を研究して、
このアメリカ流の巧妙な洗脳工作から
スイス国民を守るために「民間防衛」を書いたのである。

さて、本日は、七十二年前の八月十日午前二時二十分、
大東亜戦争の停戦つまり御前会議でのポツダム宣言受諾の決定、
即ち、御聖断がなされた日であり、区切りの日なので、
現在の「空気」が何に由来するか指摘しておきたい。
私の判断は、
この現在の「空気」は、明らかに、
GHQの洗脳工作WGIPに由来しその枠内のものであるということだ。
洗脳工作は、未だ生きて機能している。

八月六日の広島への原子爆弾投下の日、
NHKは原爆投下時刻の午前八時十五分まえから
広島の爆心地の人々の動きや慰霊式典の様子を実況中継していた。
そのNHKは同日の夕刻時に、
連合国が我が国を裁いた「東京裁判」の
NHK制作のドキュメンタリー映画を放映していたのである。
私は、八月六日の朝の八時十五分、黙祷し、
夕方帰宅してNHKの「東京裁判」を途中から観た。
そのドキュメンタリー映画の視点は、
徹底して裁く側、即ち連合国のものであり、
我が国の東条英機以下のいわゆるA級戦犯は
あくまで裁かれる側、即ち悪をなした被告人として構成されていた。

この日は、
アメリカ軍が人類史上最初の原子爆弾を広島に投下して
無辜を大量に殺傷した日である。
朝、この無辜の犠牲者に黙祷したこの同じ日の夕刻に、
アメリカによる原爆投下や東京大空襲という非戦闘員の大殺戮には一切触れず、
ただ、日本側の指導者を罪人として裁く裁判劇をNHKが放映するとは何事か。
アメリカが作成した映画ではなく、
日本国民からの受信料で成り立つNHKが、
原爆投下の日に、原爆投下を封印した裁判劇を制作し放映するとは何事か。

また、原爆によって苦しみ亡くなっていった無辜の犠牲者が、
最後に何を言ったのであろうか。
その被爆直後に被爆地に入った人々が描いたむごたらしい原爆の絵は報道された。
しかし、亡くなっていく人々が、
最後に何を言いのこしたのか、
我々に何を訴えたかったのか、
その生の声はかき消されているのではないか。
三代目の江戸屋猫八(大正十年生)さんは、
昭和十七年に陸軍に招集されてラバウルや北千島を転戦し、
昭和二十年八月六日、広島の宇品で兵長として軍務中に被爆した。
その晩年の猫八さんが、救援のために被爆直後に爆心地に入った時に、
道ばたに横たわり亡くなってゆく人々から異口同音に言われたことを語っていた。
それは、
「兵隊さん、兵隊さん、仇をとってください」
という言葉だった。
私は、猫八さんがこの体験談を語ったとき、
その「兵隊さん、仇をとってください」
という言葉を自分自身が直接聞いたような思いがして忘れられない。

また、違う角度から感じる違和感を申したい。
この時期に我が国のマスコミと、
それによって醸成される空気は、
広島と長崎の原爆のすさまじさを伝え続けるのであるが、
七十二年前ではなく、
まさに今!
それを、断じて繰り返させないという具体的方策は何か、
今の空気は、この痛切な問題を封印して、
見つめることを回避しているのではないか。
今現在、我が国のすぐ隣の朝鮮半島北部にある北朝鮮は、
前に東京を火の海にすると言い、
さらに今はワシントンをも火の海にすると恫喝しながら、
核弾頭ミサイルを開発中の独裁国家である。

七十二年前に核を落とされた日に、
断じて三度目の核を我が国に落とさせないとの決意を表明し、
如何にしてそれを実行するか、
国民に問いかけるのかマスコミの使命であり、
その具体的方策を国民に提示するのが政治の使命ではないか。
しかも、我が国が、この方策を鮮明に打ち出すことは、
昭和天皇が、終戦の詔書で明確にされた
「人類の文明を破却から守る」
ことである。

七十二年前の原子爆弾投下の直後に、
これを「人類の文明を破却するもの」
と見抜かれた国家元首は、
世界の中で昭和天皇だけだ。
ここに、落とした側の大統領トルーマンとは天地の違いがある。
従って、我が国は、
+昭和天皇の御明察に従い、
「人類の文明を破却から守る」ために、
東アジアで断じて核を使用できなくする体制を断固実現しなければならない。

以上、八月に入り、急に忙しくなったので、
マスコミに目を通すこと不十分であるが、あえて思いを記した次第。
諸兄姉、
ことのほか暑い日々、どうかお体をご自愛ください。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
お問い合わせ:西村眞悟事務所
TEL:072-277-4140 E-mail:sakaioffice@n-shingo.com
http://www.n-shingo.com/

日本人が知らされていない、こんな 情報もあります

c0192063_10060708.jpg
c0192063_10055564.jpg
c0192063_10061547.jpg
c0192063_10054224.jpg

先のアメリカ大統領選挙の最中に
トランプ候補が 北朝鮮が核開発を続けるなら
日本も核を持つべきだ と 発言したら
民主党のバイデン副大統領が 「トランプは知らないらしい、日本国憲法は
 我々が作って 日本に与えた物で再軍備を出来ないようにした物だ」と

敗戦は免れない時に 敗戦真近に 日本に原爆を落として
人体実験をした アメリカのトルーマンと政権幹部の発言は
上に 載せました。

以前 長崎の被害者を焼く場所に立つ
弟と思われる死体を背中に ”おんぶ”した
直立不動の少年の写真を乗せましたが、
撮影した 海兵隊付きの写真家 ジョー・オダネルはその後
ホワイトハウス付きの写真家となり トールーマンを撮影し続けました。

大統領の休暇でハワイに向かったトルーマンと一緒に
ジョー・オダネルもハワイに行き 浜辺を散歩中の会話が
オダネル氏の息子が 日記から引用して述べています。

オダネル氏が少年の写真を撮り 
衝撃を受けていた事はご存知の通りですが、

浜辺を散歩中のトルーマン大統領に疑問をぶつけました。

閣下 日本は敗戦を覚悟していて 
敗戦の通告を受け入れる準備も出来ていたのに、
原爆を投下する必要があったのですか?
何故原爆を投下したのですか?と覗うと、

大統領は顔を真っ赤にして 既に決まっていた事なんだ!と
吐き捨てるように言ったのです。

上に載せた 余り見る事が無いと思いますが。
原爆の人体実験の発言を お読みください。

現在の日本は
■月刊『社会主義』2013年度の特集テーマ
ttp://www.kyokai.gr.jp/kako-2013.html
2013年11月号 617 津田 公男  
「安倍政権の「積極的平和主義」は何をめざすか」
2013年05月号 611 津田 公男 
「危険きわまりない安倍政権の軍事政策
ネット界隈で 香ばしい臭いを巻き続ける 津田氏の父親は
太田薫が主催する団体の事務長なのです。


■ブーリキー@tincanscarecrow
【新左翼断想16】みんなが大好きな池上彰さん
 彼も社青同だったそうだけど、社青同は三派あった。
1.向坂逸郎(社会主義協会)派=ソ連崇拝、
2.太田薫派=労組中心、3.新左翼系=革労協、
第4インター、構造改革派。多分3ではないでしょう(笑)。
1:05 ? 2013年7月13日
社青同には 衆議員議長を務めて辞めた 横路孝弘や
口蹄疫で有名な 赤松等も所属しています。
ttps://twitter.com/tincanscarecrow/status/355961130822270976
■ブーリキー@tincanscarecrow
【新左翼断想17】池上彰さんが慶応大学に入る前、
社青同の三代目委員長を退任した深田肇氏は、
「チュチェ思想研究家」であり
「北のスポークスマン」としても有名な人だった。
我が国における北崇拝の歴史は古いんだね(笑)。

お花畑の人達です。


難民はとどまる所を知りません。
地中海には 民族主義者の船が出て、沖で難民を移しイタリアに連れてくる
NPOの舟に対して、
密航業者と攣るんで 金儲けをする 似非人道主義者達だと
激しい攻撃を始めました。

一方密行業者は 目ざとく スペイン南部に狙いを付けたようです。
従来のルートには フランス、ドイツの海軍も出て来て
民族主義者の過激な 移民反対運動がNPOの船にも 嫌がらせです。

African migrants flee after landing amid tourists
on Playa de los Alemanes in Cadiz
Holidaymakers watched in astonishment as a dinghy carrying
30 African migrants swept into shore at Cadiz, southern Spain,
before its passengers leapt off and fled across the sandSolarpix

It was not an image that holidaymakers sunning themselves
on a beach in southern Spain had expected.
http://www.bbc.com/

A large dinghy carrying 30 African migrants approached
the shore of Cadiz and landed, letting them disembark
on to the Playa de los Alemanes. They immediately ran away.
https://www.thetimes.co.uk/edition/news/african-migrants-flee-after-landing-amid-tourists-on-playa-de-los-alemanes-in-cadiz-x3f7vcfrv

避暑地のカデイス海岸に上陸した アフリカからの難民?です。

c0192063_10361396.png

自国に紛れ込んだ 自称難民達の中に テロ目当ての
数百人のイスラム教徒を抱え込み、
尚 大勢やって来るのです。

メルケルのユーロへの移民受け入れ政策は とんだ結果を招きました。
左派の強いドイツ国内では 左派と連立を組む為に
受けの良い政策を取り入れたのですが、 こんな結果になりました。

トルコでは革命が失敗してからは エルドガンの強硬な政策が
反対派を次々と捕まえて 独裁政権の色を強くしていますが、

此処に来て トルコのルペン?登場と騒がれています。

もっか、トルコにおいて強圧的なエルドアン政権への挑戦者はいるのか。
弱い野党、クルド政党、
そしてクーデター失敗によってエルドアンの政敵およそ十万人が追放され、
ネットは監視され、反政府運動は身動きが取れない。

 
こうした状況下で注目さているのが
メラル・アクセナー女史(前内務大臣、元国会副議長)だ。

彼女は1996年に「真実も道」党から国会議員に当選し、注目された。
内務大臣から国会副議長もつとめており、現在61歳。印象は若々しい。
一部は彼女を「鉄の女」として期待する。


アクセナーは、いま新しい政党を準備中で、
「いつでも挑戦する用意はある」と表明しており、
2019年に予定されているトルコの次期大統領選挙に新党から立候補し、
エルドアンに立ち向かうという(TIME、2017年7月31日号)。

 
アクセナーはTIMEが「トルコのヒラリー」を呼ぶほどに
民主的、リベラルかと言えば、政治信条は愛国者。
前に所属したのは「愛国者行動党」であり、
その頃はナショナリストとしての政治行動が多く「トルコのルペン」と呼ばれたのだ。

 
法治が重要であり個々の政策をめぐって
右か左かという色分けは時代錯誤だと語るアクセナーは
クルド族の独立には反対であり、
政治イデオロギー的には振幅のぶれが大きい。

 
しかしトルコにあって、
強引な憲法改正リフレンダムに打って出て辛勝した
エルドアンの遣り方に不満が高まっており、
テロも頻発し
て国際空港もアンカラの目抜き通りでもIS共鳴者の爆破テロがあった。
国内的にもトルコ政治は安定を欠いている。
かくして麻のように乱れ、混乱、カオス。
収拾がつかないのがこんにちのトルコの現状です。


グアム島近辺に ミサイルを撃ち込むと刈上げ将軍は吼えると、
トランプは
Trump to North Korea: Be very, very nervous と

c0192063_10472633.jpg
c0192063_10473687.jpg
日本は早く 憲法を改正しないといけませんね。
反対する勢力の立ち位置が 少しでも解かり易くと思いました。

睨み合いする 猫ちゃんです。
c0192063_10504490.jpg
どうなることやら・・・・・・・。







[PR]
# by monk-1 | 2017-08-11 10:52 | Comments(0)

8月も もう半ばですか

突然の地震に驚きました。

千葉県の北西部が震源らしいですが、
下から突き上げて来るような地震でした。

とっさに 反応が出来ない事が解かりました。

惚け老人ですね・・・・・。

北の将軍様と アメリカ大統領のチキン・レースが続いています。
各国のニュースは 本当に?何時?と
行動が読めない 双方のトップの言動に疑心暗儀です。

With ‘fire and fury,’ Trump revives fears about his possession
of nuclear codes

https://www.washingtonpost.com/politics/with-fire-and-fury-trump-revives-fears-about-his-possession-of-nuclear-codes/2017/08/09/8ac8ad0c-7d19-11e7-83c7-5bd5460f0d7e_story.html?tid=pm_politics_pop
トランプ大統領はこれ以上 アメリカを挑発するな!
炎と怒りの 見た事も無いような反撃を受けるだろうと。

c0192063_10284909.jpg

韓国人も人事(ヒトゴト)じゃあ無いようで TVにくぎ付けです。

従北で左派の大統領を選挙で選び、話し合いを呼びかけても無視され
存在感も 見通しも 頓珍漢な大統領です。

慌てて設置を了承する 迎撃システムですが、
中国様の反対を受けて 顔色を見ながら 
設置にいたる決定を検証するとか?
意味不明な事を言っていましたが、

此処に至っては 空言で遊ぶ時間も無くなったようです。

次々と議会の反対で政策を止められる トランプ大統領にしてみると
弱気の発言は 政治生命に係わる問題となる為に弱気の発言は出来ず、

周りのスタッフが 言葉を変えて 北の将軍様の変心を願うばかりです。

議会での共和党内部の マッケイン議員とライアン議員の
保守本流争いが、多数を占める議会で
多数派の共和党議員でも議決が出来ません。

c0192063_10382419.png

北朝鮮がまともな国家と考えるほうが可笑しいのです。
誘拐、拉致、殺人、
何でも有りの強盗集団と考えたほうが良いのです。
日本もアメリカも これまで幾ら援助してきて、騙されたか。

日本国民は これまでの流れを良く知っています。


政情も社会も不安定なフランスですが、
シャルル・エブド社襲撃事件以来
テロ対策として 兵士が動員されているのですが
その兵士の交代を狙って 車によるテロ事件が発生しました。

パリ郊外のルバロワ県ペレで 
交代要員の兵士が車に乗り込むところに車が突っ込んで
6人の重軽傷者を出しました、

車はBMWで逃走しましたが、目撃者の証言からレンタカーと解かり
幸いにも GPSが搭載されていて、直ぐに追撃されました。

車は カレーに向かう高速道路上で発見され
銃撃戦の末 犯人は逮捕されました。
犯人は5発の銃弾を受けたそうですが、生命に異常はないそうです。
犯人は以前から リストに乗っていたテロ要員で
車を借りる時には 別人名義で借りている事等から、
共犯者、や支援グループがいる可能性も有り 
自宅や関係先などが 家宅捜査されているようです。
French police shoot terror suspect who drove into soldiers
Terrorism returned to France yesterday as a man suspected of

driving a car into a group of soldiers was shot, wounded and

arrested by an elite police unit after a motorway car chase.


The man was named by local media as Hamou Benlatreche, an

Algerian immigrant with no residence permit who has been

convicted of staying illegally in France. He was not on…

The driver of the car was hit with five bullets after a

motorway police chase near CalaisPhilippe Huguen/AFP/Getty

Images

https://www.thetimes.co.uk/edition/world/french-police-

shoot-terror-suspect-who-drove-into-soldiers-bw6m8c6cd
Appelés à la retenue,
la Corée du Nord et les Etats-Unis continuent de se menacer

La France, l’Allemagne,
la Chine et certains élus américains s’inquiètent
des échanges d’invectives et réclament une « solution pacifiée ».

En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/asie-
pacifique/article/2017/08/09/
tensions-autour-de-la-coree-du-nord-plusieurs-
pays-appellent-a-la-retenue_5170532_3216.html#X4cFqZgSkm7b14IO.99
犯人はアルジェリア国籍の36歳の男で
Hamou Benlatrecheと言う名前だそうです。

c0192063_11004751.jpg

          

c0192063_11010711.jpg


c0192063_11005891.jpg
c0192063_11012054.jpg

欧州のニュースでは
ケニアの大統領選挙の結果と
南アフリカの大統領罷免の議会の投票結果を流しています。

遠いアフリカですが、旧植民地なので 多くの利権が絡んでいるのですね。

ケニアではオデイング候補とケニヤッタ大統領の争いでしたが
ケニヤッタ現大統領が勝利しました。
当然 敗戦したオデイング候補は選挙が違法に操作されている
不法投票が行われたと、異議の申し立てをしています。

南アフリカでは現大統領ズマ氏が 僅差で罷免を否決し 勝利しました。
不正疑惑が数多く在ると噂される ズマ氏ですが
白人の利権を此れまでは 従来通りに守っています。

家族、氏族、部族、民族、共同体意識、国家と
彼等の国では 未だ氏族、部族の段階なんですね、
旧植民地は 何故か部族間の争いが絶えず
植民地の旧支配者の”ずるさ”が 争いの原因となっています。

アウンサン・スーチー女史で一躍世界から注目を浴びたミヤンマーですが、
イスラム教徒の少数民族 ロヒンギャ族への人権侵害が問題になっています。

元々 イギリスの植民地だったのですが、
植民地支配の鉄則 「争いの現地化」が行われていました。

ロヒンギャ族は隣国のバングラデッシュに住んでいたのですが
ミヤンマーには イギリスによって移住させられたのです。
仏教の国に イスラム教徒を・・・・・
現地人同士の争いを起す事で 
植民地支配をする側への怒りを雲霧散消させるのです。

日本に在るキリスト教系の学校も
「植民地支配」を目指す キリスト教関係者に依り
日本人牧師を育成し 
日本人による 日本人のキリスト教への改宗を目指して作られた物なんです。
仏教の国に キリスト教への改宗をさせて・・・・。
「現地」化の 第一歩です。

長崎でのキリスト教徒に拠る 日本人奴隷貿易を
時の政権、将軍秀吉に知られて
キリシタン大名の高山右近は放逐されてしまい。

仏教寺院、や神社等への破壊工作もばれ 禁教とされたのです、
明治に入り 植民地化の野望を捨てきれない 欧米諸国は
先ず、日本人をキリスト教徒への改宗が先とばかりに
幾つもの キリスト教系の学校を作り 日本人信者作りを急ぎましたが、
失敗に終わり 学校だけが西洋式教育と供に残りました。
「現地化」は中途半端に終りました。
天皇を祭司とする 神道が理解できなかっのです。

有り難がる人たちもいますが、
徘徊惚け老人のモンクは キリスト教の”いかがわしさ”と 
いい加減さを調べていますので、
多くは詐欺師と左翼能の馬鹿の養成所と考えています。

キリスト教系の学校の生徒さんと親御さんは 
気を悪くするかも知れませんが、

イエスやその後継者で 神の代理人などは 詐欺師なのです。

前述した 家族、氏族、部族、民族、共同体意識、国家と言う順序は
古代の宗教に「父」が持つ役割と地位が どの様に位置付けられ発展したか
5000年以上前の「父」の持つ役割が 重要なのですが、
何時か 機会が有りましたら 開陳させていただきます。

イギリスでは 矢継ぎ早にギャングの組織が摘発されています。
Operation Sanctuary:
Newcastle child sex network convicted
Eighteen people have been convicted of abusing girls in

Newcastle who were plied with alcohol and drugs before being

forced to have sex.

The vulnerable victims, some as young as 14, were exploited

by a "cynical organisation", a court heard.

The 17 men and one woman were convicted of rape, supplying

drugs and conspiracy to incite prostitution.

Over the course of four trials, 20 young women gave evidence

covering a period from 2011 to 2014.
スパイを潜り込ませ 証拠固めをしたそうです。
Police secretly paid £10,000 to a child rapist
who attended parties where men drugged
and sexually abused young girls.
バングラデッシュ、パキスタン、アフガン等からの移民の組織で
未成年のイギリス人女性に対する 強姦、殺人、強盗などの疑いが、
直接の事件は 14歳の白人の少女をレイプした容疑です。
2人は逮捕されて裁判待ちだそうです・・・・。

c0192063_11391937.jpg

Left to right, row by row, starting top left: Eisa Mousavi,

Mohammed Ali, Nashir Uddin, Monjur Choudhury, Taherul Alam,

Habibur Rahim, Badrul Hussain, Carolann Gallon, Saiful

Islam, AbdulHamid Minoyee, Prabhat Nelli, Abdul Sabe,

Jahanger Zaman, Nadeem Aslam, Mohammed Azram, Yassar

Hussain, Redwan Siddquee, Mohibur Rahman

http://www.bbc.com/news/uk-england-40879427


それにしても、世界中が 不透明な世界になってきましたね。

救いの楽しみは
イギリスの陸上世界選手権に出場している 日本人選手ですが、
サニーブラウン・ハキーム選手 笑顔が未だ幼さが有りますが
走りは世界レベルです、

東京オリンピックに期待が持てますね。














[PR]
# by monk-1 | 2017-08-10 11:44 | Comments(0)

「神は死んだ」は 本当のようです。

”徘徊台風”の置き土産ですか、暑い日が続くようです。

秋田沖で熱帯低気圧になりましたが、異常な降雨を運んできましたね。
スペインやアメリカでも 季節はずれの熱波による山火事や、
アメリカの竜巻と洪水で ・・・・・。
異常気象ですね。

笑えないのは スペインで
消防士長が解雇され 逮捕されています。
原因は消防活動の出動 一回につき手当が10ユーロ付くそうですが、
出動手当てを目的に 彼方此方で放火していたようです。

他の消防士は その事実を知っていたのか?如何か、
調査中だそうです。

連日 40度を越す熱波の中の 山火事への出動は大変だな~と、
なあ~んだ、
もし 知らずに他の消防士さんが 連日消火活動していたのなら
可哀想ですね。

パリはオリンピックが決まり
凱旋門の照明も ご覧の通りです。
c0192063_11020321.jpg
此処に来て マクロン大統領への支持率が 下がり続けています。
c0192063_11021856.jpg

フランスのマクロン大統領の支持率低下が目立ってきました。
財政立て直しのための歳出削減のほか、
権威主義的と批判された振る舞いが人気失速の背景にあるとされます。

大統領選出から7日で3カ月。「ハネムーン期間は終了し」(仏メディア)、
国内改革の実行に向け、試練はこれからなんですが、

 
3日に仏メディアが伝えた世論調査では、
マクロン氏の支持率は36%と7月から7ポイント減り、
不支持が49%で上回ってしまいました。

7月上旬に公表された大手調査会社の支持率も
6月から10ポイント減の54%。
就任から同時期の比較では人気低迷に悩んだオランド前大統領を下回り

 
マクロン氏は就任直後から米露首脳と渡り合い、
外交で存在感をアピールしたり、
6月の国民議会(下院)選では新党「共和国前進」を率いて
政権基盤の構築にも成功しました。
これを弾みに国内の課題への取り組みに本腰を入れたものの、
反発も強まってきた形です。

 
政府は財政赤字を国内総生産(GDP)比3%以内とする
欧州連合(EU)のルールを守るため、
今年予算で45億ユーロ(約5900億円)の追加の歳出削減を表明し、
今年秋から住宅補助を減額する方針も決め、
影響を受ける学生や低所得者層から批判が上がっている。

マクロン夫人の法的な位置づけにも 賛否両論が湧き上がり
緊縮財政の中 政策と自身の経費にも 
厳しい目が向けられてきました。

Statut de première dame de Brigitte Macron: le nombre de

collaborateurs sera publié mais pas le budget alloué

POLITIQUE - L'Elysée publiera "fin août, début septembre"

une "communication" sur le "rôle public" de la Première

dame, Brigitte Macron, a-t-on appris ce mardi 8 août auprès

de son entourage. "On y travaille avec les juristes depuis

l'arrivée d'Emmanuel Macron à l'Elysée", précise-t-on de

même source, alors que plus de 280.000 internautes ont signé

une pétition contre la reconnaissance de tout "statut

particulier" pour la Première dame.

http://www.huffingtonpost.fr/2017/08/08/statut-de-premiere-

dame-de-brigitte-macron-le-nombre-de-collabo_a_23070427/?

utm_hp_ref=fr-homepage

Statut de premiere dame de Brigitte Macron:
le nombre de collaborateurs sera publie mais pas le budget alloue

POLITIQUE - L'Elysee publiera "fin aout,
debut septembre" une "communication"
sur le "role public" de la Premiere dame, Brigitte Macron,
a-t-on appris ce mardi 8 aout aupres de son entourage.
"On y travaille avec les juristes depuis l'arrivee d'Emmanuel
Macron a l'Elysee",
precise-t-on de meme source,
alors que plus de 280.000 internautes ont signe une petition
contre la reconnaissance de tout "statut particulier"
pour la Premiere dame.

http://www.huffingtonpost.fr/2017/08/08/statut-de-premiere-dame-de-brigitte-macron-le-nombre-de-collabo_a_23070427/?utm_hp_ref=fr-homepage

本年度の貿易赤字は47億ユーロで 15年連続赤字です。
そして マクロンが発表した富裕税は名ばかりで、
富裕層に対する減税政策となります。

所有する不動産に対する税の仕組みを変えるだけのようですが、
銀行等への預金、投資には税も掛けず、
自身の出身母体が ロスチャイルド銀行傘下の投資銀行と言う。
”鼻持ちならない” エリート意識も相まって
なあ~んだ!と国民は騙されたと 感じ始めました。

世界中を徘徊する 国際金融資本とは別に
フランスの旧支配層や貴族が資産として運用する
投資や株取引の利益にも抜け道だらけの儘にして置く心算のようです。

マクロン氏は国防費削減に異議を唱えた軍統合参謀総長に
「私がボスだ」と発言し、総長が抗議で辞任。
7月14日の革命記念日の恒例インタビューを控えるなど、
マクロン氏がメディアと距離をとるのは権威を保つためとされるが、
「権威への欲求は独裁と紙一重」(仏紙フィガロ)と
たしなめる意見も出ている。

 
経済再生に向けた重要課題の労働規制緩和では、
議会承認なしに政令で行うことを上下両院が承認。
政府は労使との交渉に入り、月内にも具体案を示す。
マクロン氏は雇用・解雇の条件の柔軟化を目指すが、
一部労組はすでに抗議デモも計画しており、
強硬姿勢をとれば、国内の反発が高まる可能性もある。


昨夜 中国でマグニュチュード6・5の 大きな地震が有りました。
以下 スプートニクより

中国で大地震 瓦礫の下におよそ100人の観光客が崩壊した
建物の下敷きに・・・・・。
8日夜、強い地震が発生した四川省 九寨沟县国立公園付近では
およそ100人の観光客が地震発生後の瓦礫の下敷きになっている。


四川省地震観測庁の代表が記者会見で明らかにした。
先ほど、(日本時間22時19分)に
四川省アバ・チベット族チャン族自治州の九寨沟县で発生しました。
地震の大きさはマグニチュード6.5.であったと
同省地震観測庁の代表が記者会見で明らかにした。

その後、中国地震観測庁は自身の大きさをマグニチュード7に修正している。
現時点ですでに5人の死者が確認されている。
負傷者は63人。8日、四川テレビが報じた。

2008年5月、四川省の村で、マグニチュード7.9の大規模な地震が発生し、
千回を超える余震が続いた。
この地震で約8万7千人もの人が亡くなった。
約37万人が怪我をし、500万人が家を失った。
四川地震は中国において、1976年の 唐山地震以降最も大きな地震となった。
唐山地震では25万人近い人が亡くなっている。 
引用終わり


NHKの朝のニュースでは中国の放送局の受け売りの映像を流しながら、
死者数を6名と発表していますが、
現地は世界遺産にも登録されている景勝地で 観光客も多く
朝の8時現在でも164名の死亡が確認されています。
未だ々 死者数は増える見込みです。

c0192063_11305365.jpg
c0192063_11303236.jpg

https://jp.sputniknews.com/

久しぶりにイギリスでは バンクシーの話題が出ています。
拙ブログにも書きましたが、
同僚が思わず口にしたことで 同じ音楽仲間の同僚では?と言われていましたが
デイリー・メール紙が 本人が否定していると伝えています。
バンクシーを一躍有名にした 壁に描かれたアップルの創始者
ステーブ・ジョブス氏の絵ですが、
手に持つマッキントッシュのPCも懐かしさもあり、 
有名になりました。

c0192063_11415186.jpg

そんな中 壁に絵を描く事が流行っている様です。
驚いた事に BBCが紹介していたのは、日本の浮世絵版画の北斎でした。

c0192063_11481972.jpg
c0192063_11483302.jpg
c0192063_11484888.jpg
c0192063_11490333.jpg
c0192063_11492029.jpg
c0192063_11494358.jpg

描いた人は 東欧からの移民の人ですが、
貧困層が多く住む街に 建物の壁に画を描くことで街に活気を・・・、

下の絵の富士山が噴火している図は 元々は無かったのですが、
火災で黒ずんでしまった壁に 富士山を描き
福島第一原発の印象が強く残っていた為に 噴火させたそうです。

上から3番目の写真が 火災で黒ずんだ時の しゃしんです。

日本の浮世絵版画は人気がありますね。

ユーロでは オランダ産卵に 食品には使用が禁止されている毒物
フイブロニルが検出されて 大きな問題になっています。

当初は ベルギー、そしてドイツ、
ベルギーが報告を遅らせた為に 披害はオランダ、フランス、イギリス
そして ノルウエーにまで・・・・・。

生産された卵は200万トンに及び 
生産段階で犯罪組織の関与が疑われています。

2次、3次の加工食品はこれから調査するようですが、
具体的に体調を崩したと言う披害は 未だ出ていませんが、
既に回収出来ず 消費者に渡ってしまった卵の追跡調査の為
時間が掛かりそうだと、

怖いですね。

イギリス人モデルがイタリアで誘拐されて 身代金を要求された事件は
身代金の要求が通らない時には 
闇のマーケットでの人身売買で中東に売られる寸前でした。
犯罪グループの名前は
Black Death(ブラック・デス)と言う組織と判明しました。

イギリスの警察は イギリス国内のギャング組織の一斉摘発を始めました。
縄張り争いで 殺人事件を起していた グループも摘発されたようです。

A sell-out exhibition at the British Museum has proved once again the popularity of Japanese artist Katsushika Hokusai, whose Great Wave is said to be the world's most reproduced image. One mural in south London was nearly wiped out when a drug lab exploded next door, but as Alex Marshall explains, there are many more on walls around the world.

In 1997, Dominic Swords, wanting to shake-up his life, went on a personal development course. One part of it required him to lead a community project. "People were abseiling down buildings to raise money for charity. I'm not the sort of person who does that one bit," he says.
http://www.bbc.com/news/magazine-40830628

殺された アブドル・ハフイードさん

c0192063_12122597.jpg
縄張り争いで殺人事件を起した、対立するギャング団のメンバー達
c0192063_12123506.jpg
Abdul Hafidah murder: Gang 'chased and hunted' victim

Gang members who chased,
beat and killed a man after he strayed into their "territory"
have been convicted.

Abdul Wahab Hafidah, 18, was kicked,
stabbed and hit with a hammer after a rush-hour chase
through Manchester on 12 May 2016.

宗教的な道徳やモラルは 既に死に絶えたようです、
そして 移民が多いですね、イギリス社会の縮図で宿命のようです。

それにしても、今日は暑いですね。
熱中症に気をつけて、お体 御自愛下さい。










[PR]
# by monk-1 | 2017-08-09 12:20 | Comments(0)

偏向報道は・・・矢張り。

海側から 湿った暑い風が吹いています。
徘徊惚け老人のモンクに似た

海上をウロウロと徘徊していた台風5号が漸く進路を決めたようです。
北東に向かって 老人が歩く速度より 少しだけ速い
自転車のスピードで!と聞きました。

横浜が蒸し暑いのは その所為ですね、
明後日、当りに関東近辺に近付くようです。

広島の原爆慰霊祭は 先日書いた通りに成ったようです。
赤い旗を立て、太鼓を叩きながら 政権批判、
安倍総理批判を繰り返していたようです。

c0192063_11450027.jpg

c0192063_11443938.jpg

c0192063_11442983.jpg

c0192063_11445039.jpg


もっとも、マスゴミは報道しませんが、
これも 折込済みです。
ネット上では

< 広島県民は日教組に損害賠償請求すべき
< 洗脳っていうか、原爆後の更地を奪って住み着いた朝鮮人の巣窟だよ


そう言えば 広島の高校で 教員組合に”つるし上げ”に逢い
自殺した校長もいました。

アメリカの原爆は殺戮の為の良くない原爆で
中国、ソ連(現在は在りません)の原爆は綺麗な正しい原爆だと、

こんな事を 堂々と言っていた人もいました


あほらしい~~。


太鼓を叩きながら 来賓の安倍総理に 大声で罵声を浴びせる
こんな日本人が未だ居るのです?


そして メルマガの投書欄にも

(読者の声4)
「マスコミ各社は「在日」あるいは「帰化した元在日」によって
「背乗り」され、
従って日本の世論は「在日」または「元在日」によって
「背乗り」されていると言えるでしょう」とのご意見がありました。
 
最近のマスコミの動きを見ていると、
単に各社が独立して「背乗り」しているのではなく、
マスコミを網羅した
なにがしかの指揮系統が存在しているような感じをうけます。

その一つの兆候が昨日の日経新聞の記事に観られます。
同社は(どこも同じかもしれませんが)
どちらかと言うと左翼的論調を(無理して)抑え気味に
記事の基調が書かれていましたが、
昨日の森友・加計学園のそれはいかにも
誰かの指令に従って書いているような感じを受けました。

果たしてそのような指揮系統は存在しているのか否かが
ポイントだとおもいます。
 
経済分野では独占禁止法があって、
取引行為を監視するために公正取引委員会があります。
しかし報道分野では 
もっと死活的で重要な「公正報道委員会」がなぜ存在しないのでしょう。
誤解なきように申しますが、
各社が自分たちの意見を自由に記事を書くことを
牽制しようというのではありません。

事が意図的なフェイクであったか否かと云う事と、
?各報道機関が連携して一定の政治的方向性を目指して
“共同謀議または指揮系統の構築”をしてはいないか、の
2点のみを監視・禁止するのが目的です。
経済活動が健全に行われているかについては
”性悪説に立脚する“公正取引委員会があるのに、
最も重要な民主主義的社会を護るための方策が今はないのです。
公取以上に公正報道委員会がわが国には必要と思います。
選挙の際に、候補者が法律に違反して選挙運動をしていたら
当選後でも落選になります。
しかしマスコミによる世論を悪意に誘導する目的で記事にした
フェイクニュースで落選した候補者が、
今の制度では泣き寝入りするしかないのはどう考えてもアンフェアーです。
いやアンフェアーと言うより 
マスコミがオウムのように主張する民主主義の否定そのものです。
もしかような手段が野放しで定着すれば、
むしろ選挙は彼らの意のままになるのです。


それにしても我が国の国民は恐ろしいほど、
この世の厳しさの欠落した民族に成り下がってしまった観があります。

「人間という者は、往々にして小鳥と同じように行動するものである。
 眼前の獲物にだけ注意を奪われていて、
 鷹や鷲が頭上から襲い掛かろうとしているのに気が付かない小鳥のように」
とマキヴェッリは500年も前に警告しました。

最近発刊された「ライト兄弟」(デヴィッド・マカルニー著、草思社)に
「お膝元(キティーホーク・デイトン)で
歴史的な偉業(ライト兄弟が人類で最初に動力で空を飛んだ事)が
成し遂げられようとしていたというのに、
まったく報じられることが無かったのはなぜか―
後年、そう質されたデイリー・ニュースの社会部担当ダン・カムラーは、
しばらく考えてから次のように答えた。

『私たちが単なる間抜けだったということです。それにつきるでしょう』」と。


マスコミの「共同謀議または指揮系統の構築」こそが“
マスコミにとっては「歴史的な偉業」となるのです。
引用終わり


多くの真っ当な日本人は気付いています。
指揮系統に当るのは
裏で暗躍しているのは、中国の工作機関と韓国の「従北の勢力」
そして総連、民団、在日の左翼、そして 共産党と追随する、
アホの日本人達です。


アメリカの複数の研究書のレポートには 人名も羅列されて報告されています。

兎に角 日本国内に騒乱状態を作ることなんです。


先日も北海道の土地が 中国人に多く買い占められていると
現地の人たちから 危惧の声が上っていました、

広い土地が北海道では安く手に入る為に
別荘地だとか、レジャーランドの開発とか?
名目は適当ですが、現地の人達が現状を視察に向かうと
まるで治外法権の様な事態になっていて 現地には入れないそうです。

人の良い北海道民は インベストメント(投資)と聞くと
二束三文の土地を買って呉れると
喜んで 疑いもしないで売るようですが、

あれはセッツルメント(定住)ですね、

治外法権の日本人が出入りできない街が作られます。

モンゴル、ウズベキスタン、東トルクメン、全て数年かけて
同じ手口で 侵食されています。

現時点で進行中の侵食は
拙ブログでも紹介しましたが

幸せの国 ブータンの領土内に 中国共産党は我が国の領土である事は
歴史が証明していると 嘘8百並べて、一帯一路計画の為に
パキスタンへの道路を作るとして、
ブータンの実質的な保護国インドと 国境を挟んで睨みあっています。
一有触発の状態です。

釧路港は以前から 噂になっていましたね。

釧路市長は何を考えているのか知りませんが、
その内に 資金は中国共産党か?関連する民間企業が出す形にして、 
港の大規模な改修でも 行うのかしら?。

厳密に言いますと 中国には民間企業は存在しません。
全て 中央の共産党委員会が菅理しています。
民間企業の進出に名を借りた 戦略的な進出なのです。
沖縄を見るとお解りいただけるでしょう。

中国は尖閣と供に アメリカ軍の基地が在る沖縄を取りに来ています。
数年、数十年かけて 戦略を練っているのです、
馬鹿な知事を担ぐと 沖縄のようになります。
付け込まれた直接の原因は ルーピー総理こと 鳩山ですが。

広島デモの赤い旗の行進を見ても お解りのように
年配者が多いのです。
戦後 左翼の教育を受けた人たちで 幅広く情報をネットで収集出来ない
情弱者と呼ぶそうです、
多くは40代から60~70代の年配者だそうで、
戦後の左翼運動が盛んな時代に 青春を過ごした人たちのようです。

事実を知る上で モンクのような ネット徘徊惚け老人も
まあ~良いか~。

ネット・ギイーク上では 現役のTV局のデイレクターが
現場でも混乱している、兎に角 上層部から安倍を叩けと・・・。
引用です

c0192063_07103950.png

安倍総理バッシングはテレビ局の方針として決められている。
奥山真司氏が知り合いのテレビ局ディレクターに直接聞いたと暴露した。

ディレクターも違和感も覚えつつ番組をつくっている。
奥山真司「和田さんもよくご存知の某番組のディレクターに会いまして、
その人は本当に某テレビ局はおかしいと言っていました。」

和田憲治「あぁ、自分が所属しているテレビ局がもう狂ってますと?」

奥山真司「もう自分で言ってましたね。
『本当なのかよ』と思ってたんですけど、
内部の人がそういうこと言うから」

和田憲治「アンチ安倍でね」

奥山真司「びっくりしましたよ」

和田憲治「報道の公平性っていうものが全くない。中立性が全くない」

奥山真司「ないって言ってましたねー。
まずとにかく安倍さんが嫌いですっていうことで方針が決まっていて…。
『本当かよ!?』と思ってたんですけど
実際に本人に言われるとびっくりです」

和田憲治「でもそうだろうなというのは思ってました」
本来であればディレクターは番組づくりの全責任を負って
自由に番組づくりができるはずなのだが、
某テレビ局は局全体で方針が決まっているため、
やむを得ず安倍総理バッシングの番組をつくるしかないのだという。
これはメディアとして
極めておかしい事態であることは言うまでもないだろう。

ではなぜテレビ局が安倍総理叩きに注力するのか?
単純に経営陣がアンチ安倍なのか、
それとも背後に利権が絡んでいるのかは不明。
ただし、民進党の玉木雄一郎議員が
事実上バンキシャ(日本テレビ)を乗っ取っているのがバレたことがあり、
これは氷山の一角だと思われる。

参考:日テレ・バンキシャが玉木雄一郎疑惑を報じずに
安倍バッシング→裏の癒着構造が明らかに

制作にかかわる現場スタッフは
局の方針を不審に思いながらも従うしかない。
偏向報道の原因は現場にあるのではなく、
どうやら経営陣にあるようだ。
だとすれば非常に改善が難しい根深い問題であることは間違いない。
奥山真司氏はどこのテレビ局かは明かさなかったが、
ネット上では
「テレビ朝日の報道ステーションかTBSのNEWS23ではないか」と
言われている。
唯一の救いは方針に反発した現場スタッフが
こうして情報をリークしてくれること。
偏向報道が故意にやられていると裏付ける重要な証言となりました。

1962年の戦闘の再来は在るのか?
宮崎メルマガより 引用です。


中国の侵略行為はインドを完全に敵対に追いやった。
習近平の目玉「一帯一路」の最大の障害がインドとなった。
インドは一帯一路を敵対視して、
五月の「国際フォーラム」の出席を拒否した。
さらにインド洋で米国・インド・日本を交えての軍事訓練、
頭越しにモンゴルでも軍事訓練を行い、
中国の野心を正面から阻む構えを強めている。

 
南シナ海の岩礁に漁船の「避難場所」だと言って掘っ立て小屋を建てた。
それがいつの間にか周辺の岩礁を埋立て、
軍事施設に化かし、
気がつけば2600メートルの滑走路を併設する人口島になって、
あげくはミサイルを配備していた。

南シナ海は、こうして「中国の海」と化けた。これをサラミ戦略という。

 
正比例して白昼堂々と侵略行為に及ぶことがキャベツ戦略。
スカボロー礁を中国はとうとうフィリピンから盗んだ。
フィリピンはなす術がなく、かわりに中国の経済援助を申請し、
お互いにスカボローでの漁業は邪魔をしないという「密約」を結んで、
ドウテルテは引き下がった。

 
パラセル諸島(西沙)ではベトナム艦船を砲撃し、
ウッディ島を軍事制圧し、
自国領土と言い張って付近の海域で原油掘削に乗り出した。

 
同様なことがヒマラヤ山脈を挟んで起きている。
 
ブータンには「冬虫夏草」を採取に中国農民が迷い込んだということにして、
軍人が偽装して這入り込み、
ブータン国土のいくばくかをすでに盗んでしまった。
ブータンは軍事的にインドの保護領であり、独自兵力では手も出せない。

 
そのまま強い抗議がないと見るや、
今度はインド領の奥深くまで土地を盗もうとし、
中国は国境付近に軍隊を増派した。
 
双方は目視できる距離でにらみ合いを続けている。

中国軍はブータン王国のドクラム高原の 一部に道路を建設しはじめた。
ブータンの領土を掠め取ろうとして軍事行動を本格化させたわけだが、
「どうせインドが軍事行動にはでない」とタカを括っているからである。


カシミールではパキスタンとの間に国境紛争をかかえて
軍事的緊張はやまず、

また中国が建設している
グアダール港を含むジルジット・バロチスタン地方は、
印度領だと主張してきた。
この敵対するパキスタンを南北に鉄道、ハイウェイ、光ファイバー、
そしてパイプラインを中国が500億ドルかけて建設しているわけだから、
インドにとって、これほどの軍事的脅威の増大はない。
引用終わり

新聞には載らない 現実に現在起きている出来事なのです、
記事に載せると 中国共産党から抗議が来て
「事実ではない、」「中国の領土で何をしようが、口を挟むな、」
中国支局の閉鎖、もしくは 記者をスパイ容疑で逮捕監禁と、

遣りたい放題なんです。


イタリアのミラノで誘拐されたイギリス人モデルが帰国しました。

BBC,タイムス紙も顔写真入で 伝えています。
A British model has said she feared for her life after being kept in a bag
and drugged by a gang that threatened to sell her as a sex slave.

Chloe Ayling, 20, returned to her south London home yesterday
after being held captive for a week,
having flown to Milan for what turned out to be a bogus photoshoot.
Lukasz Herba, 30, a Polish man who lives in Oldbury, West Midlands,
has been charged with kidnapping her for ransom last month.

Milan kidnap case model returns to UK
A British model who was allegedly kidnapped in Milan
and held captive for six days has returned to the UK.

The 20-year-old woman, named in reports as Chloe Ayling,
had travelled to the city to attend a photo shoot.
http://www.bbc.com/news/uk-40845541

c0192063_12474521.jpg

A British model has said she feared for her life after being

kept in a bag and drugged by a gang that threatened to sell

her as a sex slave.
Chloe Ayling, 20, returned to her south London home

yesterday after being held captive for a week, having flown

to Milan for what turned out to be a bogus photoshoot.

Lukasz Herba, 30, a Polish man who lives in Oldbury, West

Midlands, has been charged with kidnapping her for ransom

last month.
https://www.thetimes.co.uk/
Jihadist cell ‘musketeers’ spread hate on YouTube
The terrorists who plotted a deadly pipe-bomb
and meat-cleaver attack shared scores of extremist videos hosted by
YouTube that featured Islamist propaganda.

c0192063_07105263.jpg

From left, Tahir Aziz, Naweed Ali, Mohibur Rahman
and Khobaib Hussain were convicted of preparing terrorist
actsWest Midlands Police/PA


捕虜テロリスト、欧州攻撃に向けた戦闘員養成を語る 
クルド人民兵組織に捕らわれたダーイシュ(イスラム国、IS)戦闘員が、
シリアに拠点を構えるダーイシュの秘密組織が、
欧州攻撃のためにテロリストを養成していると語った。
英紙タイムズが報じた。

同紙によると、その組織「アル・カルサ」( al-Kharsa )に入った欧州人は、
シリアにある秘密キャンプで厳しい特訓を受け、本国に戻る。
特訓では、爆弾の組み立て方を教えられ、思想注入が行われる。

捕虜の戦闘員はクルド人民兵組織の尋問で
「アル・カルサ旅団での教育期間は7ヶ月。
訓練を始めるのが20人でも、修了するのは5人だけ。
その後、彼らは欧州に戻り、テロを行う」と述べる。

捕虜はこのプログラムに加え、
組織には欧州にいる潜在的なテロリストと協同するための
特別センターが存在するとして、
「時には外国人がシリアにやってきて、
 特別ミッションのため訓練を受ける。
その後、彼ら自身がテロを起こす」と語った。

タイムズによると、捕虜がダーイシュにいた2年半で、
ドイツやフランス、ベルギー、英国出身で、
成功裏に訓練を終えた戦闘員がおよそ50人いた。

捕虜によると、
この秘密組織こそがパリやブリュッセルで起きた攻撃のために
テロリストを要請したのであり、現在も新たなテロを計画している。
これより前、
過激派組織ダーイシュのシリア・ラッカで殺害ないし捕虜になった
戦闘員の妻らが報道機関に、
組織での生活、もしくは抑圧と暴力、逃亡不可能性を語った。


On Friday Donald Trump jetted off to his resort golf club in Bedminster,
New Jersey, for a 17-day vacation.
Walls of water: Hokusai and the Great Wave of Camberwell

c0192063_13073785.jpg

c0192063_13074752.jpg

トランプ大統領の短い夏の休暇は 終ったようです。
CNN,CBS,NYT,WP、全てフエイク・ニュースを垂れ流し
「魔女狩り」を行っていると言い放つ大統領は、
自ら フエイスブックで動画の配信を始めました。

時を同じくして、安倍総理も 
総理官邸のフエイスブックで動画の配信を始めています。

写真を アップすると 記事が飛んでしまいましたので、
後日 写真をアップします。

悪しからず。





[PR]
# by monk-1 | 2017-08-07 14:05 | Comments(0)