熱過ぎますね

ウンザリするような暑さですね、
昨夜は 7時半頃でしょうか?

遠くからド~ンと音がして、雷でも落ちたのか?と思いましたら
何回か 雷とは違う音で ボケ老人は漸く
花火大会の音と気が付きました。

港で花火大会が行われているようです。


花火大会が終ったのか?
浴衣姿の若い女性達が 手に団扇を持ち
煽ぎながら 大勢歩いています。

女性の浴衣姿は良い物ですね。

正に 日本の夏です。

雑事を済ませて 後は封筒を郵便ポストに出すだけなのですが。
外の暑そうな光景を眺め 躊躇しています。
明日でも良いかと・・・・・・。


北朝鮮の非核化論議は 考えていた通り
北の”ごね得作戦”に アメリカは引っ掛かりましたね、

ポンペオ国務長官はアメリカ国内の論調の
「トランプは騙された論」に抗うかのごとく 
北の担当者を 非核化のスケジュールを急がせ 恫喝をしたようですが、

北朝鮮は 何処吹く風です。

先ずは 朝鮮戦争時の米兵の”遺骨ビジネス”です、
遺骨の返還で、アメリカは幾ら?要求されたのかしら、 
北は 喉の奥から手が出るほど欲しい”ドル”です。

シリアのアサド大統領が 穏密で北朝鮮訪問か?
中国の瀋陽管区の軍部がミサイル、核を隠匿か?
様々な憶測が流されています。

シリアの説はロシアが許可しないでしょうね。

確かに 金日成時代からシリア政府は緊密な関系なのは事実ですが、

イスラエル空軍が
北朝鮮がシリアに建設した原子炉を空爆した悪夢が甦ります。

瀋陽管区の軍人は朝鮮族、満州族が主なので言葉も通じやすく
江沢民の影響力が強く 習近平氏は掌握出来ていません。

金正恩氏を外して 金正男をトップに据えると言う習政権の陰謀は
側近のリークで 叔父の長氏と共に 金氏も空港で殺されて頓挫しました。

経済制裁の結果 金氏は中国を再三訪問して 
習氏と金氏の関係は修復されたと見る向きもありますが、

川を挟んで直ぐの所に位置する
瀋陽管区の軍部は江沢民の影響が強い軍なのです。

核の隠匿は十分考えられます。

韓国のムンジエイン政権は 国連に経済制裁の一部緩和を申請して
国連に認められました。

ガソリン、エンジンオイル、等らしいです。
(一応 民生用と言っていますが 区別がつくのでしょうか?あの体制で)

アメリカの顔等 無視していますね、自己中の最たる出来事です。

アメリカがシンガポールの会談で
安倍総理がトランプ氏に要請した
非核化に同意した書類にサインをさせると言う要求は
両者がサインしています。

逃げ道を塞ぎました。

そして 朝鮮戦争の終了宣言も出されませんでした。

終了宣言を出すと 南、北、統一が加速されますが、
現状は一時停戦の状態と言うことは 
何時戦争が再開されても不思議ではなく、
北朝鮮次第と言う事になりました。

非核化の進捗状況によっては 「斬首作戦」の再開も有り得ます。

米軍基地が60キロ南に移動しましたが、
未だ撤退はしていません。

北朝鮮の非核化が、朝鮮半島の非核化と摺り変えられた時に
米軍の撤退も 北は条件として使うつもりでしたが、
(韓国内の米軍基地の非核化と言いくるめて)

米軍が撤退した時には 心置きなく半島で戦争が出来る事に成ります。
アメリカの民間人の被害が無くなる訳ですから。

ムンジエインと北は読み間違えたかも知れません。

アメリカのメデイアは 何でも良い・・・・
トランプ大統領叩きの材料ならばと

節操の無い社説を掲げています。

宮崎メルマガに投稿されていた読者の感想です。

引用始め
(読者の声1)
いつまでもモリカケで大騒ぎを続ける野党とマスゴミの
レベルの低さにあきれて政治ブログも読む気がせず、
朝鮮半島問題では八百長の南北和解ポーズのバカらしさに
半島関連のブログもほとんど読まなくなりました。
もっぱら読書三昧でしたが国際情勢を見ると国連など無用の長物、
大国の利害を中心とする百年前に戻ったよう。
 
現在、ロシアで行われているサッカー・ワールドカップも
政治と絡めてみると面白い。
日本がベスト16で対戦するのはベルギー。
19世紀には陸軍強国で、のちには欧州統合の中心となる。
そんなベルギーにNATO日本政府代表部が開設されました
二年前には英国のユーロファイター・タイフーンと
航空自衛隊F-15・F-2戦闘機の共同訓練が行われ、
今年4月には英国海軍と海上自衛隊が共同訓練を実施。
フランス海軍とも共同訓練をしていますから
日本はNATOの準加盟国として中国包囲網を着実に狭めています。
日本は(特定アジア含む)極東ではなく
(西側の価値観に基づく)極西だということですね。

米海軍主催のリムパックでは中国は排除され、
逆に日本からは陸上自衛隊の「地対艦誘導弾(SSM)」を使った
日米初の共同訓練が行われるなど離島防衛に本腰を入れるようです。

アメリカからは中古の強襲揚陸艦の購入を打診されたり、
GDP比防衛費2%基準への布石でしょうか。
 
アジアではマレーシアのマハティール氏が
中国べったりだったナジブ氏を破り92歳での返り咲き。
三島由紀夫と同年生まれですから月日の立つのは早いもの。
早速、中国主導の高速鉄道計画を白紙撤回。
台湾関係ではアメリカが「台湾旅行法」を成立させ
米国在台協会台北事務所の新庁舎の落成式に国務次官補を出席させるなど
外交関係を格上げしているのに対し、
半島では在韓米軍司令部をソウルから南に60キロも後退させるなど
順調に韓国切り捨てが始まっているようです。

 
ワールドカップ予選リーグ敗退のドイツ、
ドイツ銀行の巨額負債は以前から噂されていましたが
アメリカFRBによるストレステストに米国子会社が落第。

自動車の排ガス規制でさんざん不正を繰り返してきたドイツですが、
日本人の感覚からすると「お天道さまが見ている」。
中韓ともどもバレなければ不正をやりたい放題。
同じく予選リーグで破れたお困りの国「韓国」。
とにかく反則が多くボールを蹴るより足を蹴っていると
中国人にまでバカにされている。

室谷克実氏の著書では韓国サムスン電子の工場が
韓国電力の送電線から「盗電」していた話がありました。
日本では町工場でも考えられないことです。
友達付き合い同様、
国家間の付き合いも中朝韓の特定アジアは極力避けるべきですね。
  (PB生、千葉)
引用終わり

現在ではネットの発達とSNSで新聞やTV局の偏った報道に
国民の多くが騙されなくなりました。
情報の拡散も早く 情報量も多く
後は情報の「真贋」を見極めるだけですね。

韓国のサッカーが ボールを蹴るのではなく、
相手選手の足を蹴るのが 韓国式サッカーとは
お笑いにも成りませんが、言えてます。

中国人に言われるとは・・・・。

トランプ大統領の英国訪問は散々のようです。

NATOサミットが開催されている ベルギーのブリュッセルで
英国の大衆紙「ザ、サン」のインタビューを受けたのですが、
又余計な事を言いました、
本人は捏造されたと弁解していますが・・・・。

閣僚二人が辞任したイギリスの離脱問題で
私がメイ首相にアドバイスした通りに メイ首相は行動していない、
外相を辞任した ボリス・ジョンソンは首相に成れる人材だ・・・
私ならもっと上手く離脱交渉を遣る 等、等、

メイ首相の別荘で記者会見に応じていましたが
記者の鋭い突っ込みに タジタジで 報道はフエイクニュースだと

ロンドン市内では数千人の反トランプデモが行われていましたが、

始めから余計な事を言わなければ良いのに
アホですね・・・・・。

女王陛下と会い 閲兵式でも ウロウロと、
挙句 女王陛下の前を歩き 女王の通り道を塞ぐ格好に成りました。

c0192063_16170156.jpg
タイムス紙は 皮肉たっぷりに

Royal family ‘snub’ Donald Trump during UK visit

Queen left to go it alone as Charles and William avoid

president
The Queen and President Trump inspect the Coldstream Guards

at Windsor Castle before having teaMatt Dunham/AFP/Getty

Prince Charles and Prince William were unwilling to meet

Donald Trump on his visit to Britain, leaving the Queen to

greet the US president alone.
https://www.thetimes.co.uk/
"snub" → 鼻であしらう、わざと無視する、と

ウインブルドンの大会のロイヤルボックスには

c0192063_16171215.jpg

Kerber seizes Wimbledon crown

German ace adopts aggressive tactics to avenge
2016 defeat by Serena Williams in 65 minutes
Angelique Kerber clearly does not believe in sticking to ­pre-ordained scripts.
The stage was set perfectly for a high-society acclamation
of Serena Williams and her return to Wimbledon
as the first title-winning mother in 38 years.

https://www.thetimes.co.uk/
2日間の滞在でスコット・ランドの自分が経営するゴルフ場へと
ゴルフ場でも 反トランプのデモが・・・

c0192063_16173087.jpg
c0192063_16174504.jpg
雑誌に表紙も
大統領の訪英を無視して ローヤル・ファミリーの動向を、
c0192063_17250292.jpg
c0192063_17245215.jpg
此処まで嫌われると、
後は大統領側近に 頑張って貰うしか無いですね。



西日本を襲った豪雨災害の為に
安倍総理の代理でフランスを訪問している河野外相は
フランス革命記念の式典に出席していました。

自衛隊もパレードにシンガポール部隊と行進参加です。

半島人が見たらヒステリーを起す 旭日旗も参加です。

【パリ=三井美奈】訪仏中の河野太郎外相は14日、
フランス革命記念日恒例の軍事パレードを
マクロン仏大統領とともに観覧した。
パレードには日仏友好160年を記念し、

陸上自衛隊の隊員も参加した。

 
河野外相は、
西日本豪雨への対応で訪欧を中止した安倍晋三首相に代わり招かれた。
自衛隊からは、第32普通科連隊(さいたま市)の横山裕之連隊長らが参加。
国旗と自衛隊旗を掲げてシャンゼリゼ通りを仏軍とともに行進した。

c0192063_16311069.jpg
自衛隊が革命記念日の軍事パレードに招かれたのは、
今回で3回目。
2008年に国連平和維持活動(PKO)への参加隊員が初参加した。


フランスを訪問中の河野外相は、
パルリ国防大臣と「日仏ACSA(=物品役務相互提供協定)」に署名した。
協定は自衛隊とフランス軍の間で
食料や燃料、弾薬などの物資を提供しあうための手続きなどを定めたもので、
締結はアメリカ、オーストラリア、イギリスに続いて4か国目。
http://www.sankei.com

【軍事】自衛隊とフランス軍が弾薬や燃料など相互提供へ 
河野外相が協定に署名 
海洋進出を強める中国を念頭にフランスと連携強化

フランスを訪問中の河野外相は、
パルリ国防大臣と「日仏ACSA(=物品役務相互提供協定)」に署名した。
協定は自衛隊とフランス軍の間で食料や燃料、弾薬などの物資

を提供しあうための手続きなどを定めたもので、
締結はアメリカ、オーストラリア、イギリスに続いて4か国目。

ニューカレドニアなど太平洋に領土を持つフランスと日本は
共に「太平洋国家」として海洋進出を強める中国を念頭に、
連携を強化する狙いがある。
ソース:http://www.news24.jp/articles/2018/07/14/04398704.html

フイガロ紙も

c0192063_16305395.jpg

Emmanuel Macron salue le ministre des Affaires étrangères japonais Taro Kono.

http://www.lefigaro.fr/actualite-france/2018/07/14/01016-20180714ARTFIG00060-un-defile-du-14juillet-sous-le-theme-de-la-fraternite-d-armees.php

c0192063_16310285.jpg

Les drapeaux singapourien et japonais ont ouvert
le défilé aux côtés de l'emblème français,
escortés par sept soldats de chaque nationalité.

http://www.lefigaro.fr/actualite-france/2018/07/14/01016-20180714ARTFIG00060-un-defile-du-14juillet-sous-le-theme-de-la-fraternite-d-armees.php

何時も引用させて頂く 宮崎正弘さんのメルマガには
普段報道されない貴重な情報が満載なのですが、

今日も書評欄と読者投稿から引用させてもらいます。

(読者の声3)
1910~1945朝鮮に於ける日本の植民地支配の遺産:新しい視点から
ジョージ・アキタ & ブランドン・パーマー
書評者:アルドリック・ハマ
 韓国は日本の帝国主義の犠牲者だったのであり、
「文化抹殺」「搾取」「慰安婦(性奴隷)」などの
諸悪の根源は日本人だった、
というのが韓国の民族主義的な歴史観です。
 
ハワイ大学のジョージ・アキタ教授は、
この広く広まっている史観を素朴に信じていたそうです。
あるきっかけからこれを徹底的に検証してみようと決意し、
ブランドン・パーマー教授とともに取り組んだ研究成果が
『1910-1945朝鮮における日本の植民地支配の遺産:新しい視点から』
という本です。
まだ日本語訳版が出ていませんが、
ハマさんの書評でその概要と意味とを知ることができます。
 
「文化抹殺」を調べていくと、
それどころか総督府は「朝鮮の文化遺産を保存する法律」まで制定して
歴史遺産を保存することに尽力していたことが分かりました。
朝鮮衣装ハンボクを禁止したわけでおないし、
ハングルを使って朝鮮語と朝鮮の歴史を公立の学校で教えていたのでした。

 
「搾取」についても、朝鮮人は課税もされましたが、
朝鮮の近代化を賄うにはとても足らず、
日本からの資金を当てました。
もちろんこれは日本の納税者の負担によるものです。
 
すなわち、韓国の民族主義的な歴史観は全く事実という根拠をもたない、
イデオロギーに過ぎないことが明らかにされています。
しかし評者が、大きな問題と指摘しているのは、
このような根拠のない幻のような「歴史観」が韓国だけでなく、
アメリカをはじめとして世界に当たり前のように広がっていることです。
アメリカ議会で慰安婦非難決議が可決されたというのも、
このような土台があったればこそのことです。
この虚偽イデオロギーとの戦いは容易なことではないことが痛感されます。
しかし、虚偽は虚偽、戦い続けるしかないと思っています。

  英語原文: http://www.sdh-fact.com/CL/1910-1945-Japanese-rule.pdf
  日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/1910.pdf
    (「史実を世界に発信する会」茂木弘道)


(読者の声2)貴誌前号で紹介した貰った
『1910~1945朝鮮に於ける日本の植民地支配の遺産:新しい視点から』
ジョージ・アキタ & ブランドン・パーマーですが、
当該書の日本訳版はまだ出版されていない、と書きましたが、
これは間違いでした。
複数の方からご指摘いただきました。
 
2015年にアメリカで発売になるとすぐに、
草思社より、
『『日本の朝鮮統治を検証する1910-1945』というタイトルで
出版されていました。
無知をお詫びいたします。
書評もいくつも出ていました。ご参考までに、二つほど紹介します。
 ■「九分どおり公平」だった
 実証主義的歴史学者アキタ教授が若いパートナーと、
今日きわめて微妙かつ重大なテーマである
日本の朝鮮統治問題を取り上げ検証する試みに先ずは敬意を表する。
著者らは主として
「韓国語あるいは英語を母国語とする朝鮮問題の専門家」の研究などを取り上げる。
これらの多くは民族主義的歴史観
(朝鮮民族の優秀性や自立性を強調するいわゆる「民族史観」)の信奉者で、
著者らの立場はそれへのアンチテーゼとしての追究「修正主義史観」である。
 
検証方法は、「民族主義的歴史観」的研究の立言の根拠を検討し、
比較的最近の「修正主義史観」的研究から、
信頼できる根拠に基づく事実を拾い出すことと
「列強の植民政策との対比」を行うことだった。
 
第15章では
「朝鮮人は史上最も残酷だったとして知られる
 日本の植民地支配の下で生きたか否か」を検証する。
強制労働と強制収容所に代表される欧米の植民地支配に対し、
日本が朝鮮の経済・産業・教育等の施設構築のために
はるかに多くの努力を払ったとしている。
日本による教育・産業開発への「巨額の投資」や公衆衛生の取り組みは、
他の植民地保有国を凌(しの)ぎ、
朝鮮では一度も飢饉(ききん)が起きていないことをも指摘。
 
総督府の地籍測量を通じ朝鮮人所有地を収奪したという主張も
修正主義史観による調査で完全に否定し、
産業化と土地制度の改革が
植民地時代後の朝鮮の発展を可能にした最重要の要素としている。
 
第17章「修正主義陣営の多様な声」は多様な実証的な研究成果を取り上げる。
いわゆる「従軍慰安婦」が“性的奴隷”だったというのは「不適切な主張」とし、
李朝時代から引き継がれた「鞭打ち刑」が三一運動後に廃止されたこと、
「少なくとも日本と同等の刑法制度を」もたらしたと指摘する。
 
そして「朝鮮の近代化のために、
    日本政府と朝鮮総督府が善意をもってあらゆる努力を惜しまなかった…。
    汚点は確かにあったものの、同時代の他の植民地保有国との比較において、…『
九分どおり公平』だった」と結んでいる。
(ジョージ・アキタ、ブランドン・パーマー著、塩谷紘訳/草思社。
評・伊藤隆・東京大名誉教授)
 以上です。
      (茂木弘道)

モンク注 最近北朝鮮と会談せよとか、国交回復時には
戦後賠償として 数兆円の賠償金を北に支払えとか
そんな論調が見えますが、

当時併合した北朝鮮に日本は ダムや工場等 現在の金額にして
8兆円強の資金を投入して、ダム、発電所、数々の工場等と、
道路、学校等のインフラの整備を行いました。

敗戦時に引揚げた日本人が残した財産等も
4兆円を超えます
合計すると13兆円近い資産や、資金を北側に残してきています。

戦後賠償等は在りません。

台湾に逃げ込んだ中国国民党の蒋介石は 
戦後賠償を要らないと言い、
老子の論語から「以徳報怨」を引用して 賠償金を断りました。
(怨みに報いるに徳を以って)と、笑えます。

台湾に日本総督府が残して来た資産 数々の工場、やダム、発電所等
全て外省人の国民党が乗っとりました。
製糖工場、化学工場等、等

現在でもその為に国民党の資産は 数十兆円あります。
多くは蒋介石夫人が個人崇拝を利用して着服し、
アメリカの銀行に隠匿しましたが、

現在でも台湾国民党は民営化すると称して 
株を少しづつ市場に売り出しています。

台湾人特に日本総督府が治世を行っていた頃の
内省人は皆知っています。

堅苦しいお話しばかりで申し訳ありません。
少し夢のあるお話を

ウクライナで発掘された 古代の墓からこんな・・・・

愛情のこもった抱擁
西ウクライナのテルノーピリ市南の Petrykiv の村の近くで
封印されている有史以前の Wysocko 文化からのカップルが見つかりました。
あの世に夫に同行するために 妻?女性は生きた儘埋葬されたと、
考古学者は信じる。
死体解剖の専門家は、それは彼女が既に死んでいた場合、
そのような”愛情のある位置”に女性の体を配置する事は無理だと言います。
永遠の愛は青銅器時代から・・・・・。
一緒に抱きあうカップルを見ています。

c0192063_17094334.jpg
The wife who made the ultimate sacrifice for a 3,000-year loving embrace:
Man and woman found together in Ukrainian grave after
she was buried ALIVE with her dead husband
The couple,
from the prehistoric Wysocko culture were found
locked in a loving embrace near Petrykiv village,
south of the city of Ternopil in western Ukraine.
The woman was willingly entombed alive in order to accompany
her husband to the next world,
archeologists believe.
Autopsy experts say it would not be possible to place t
he woman's body in such a loving position
if she was already dead.
The extraordinary burial has seen the couple clasped together
since the Bronze Age in eternal love.

http://www.dailymail.co.uk/home/index.html

3000年前の青銅器時代のお墓から発見された
カップルの遺骨です。

想像力を掻き立てられますね。


ボケ老人のモンクにも 
こんな夢を見ていた時代も在りました。








[PR]
# by monk-1 | 2018-07-15 17:14 | Comments(0)

アメリカの二極化

連日の猛暑ですね、
西日本豪雨の被害や犠牲者は想像を超えています。

関係者の方々が 暑い中賢明に頑張っていますが
どうぞ 御自身のお体にも 十分御気をつけ下さい。

未だ多くの方が行方不明のようですが、
一刻も早く見つかると良いですね。

お風呂屋さんの開業です・・・・・。
自衛隊の皆さん 有難う御座います。
c0192063_12240569.jpg
ベルギーのブリュッセルで開かれた NATOサミットは
予想していた通り
トランプ大統領が引っ掻き回していきました。

NATOの事務総長との食事会では、
何故?ロシアがバルト海に建設する 
ノルドストリーム(ガスパイプライン)の建設費用の一部を出して
ドイツがロシアからガスを買うのか?
そんなドイツをアメリカが何故?守らなければいけないのか?
ドイツはエネルギーでロシアにコントロールされていると。
言いたい放題でした。

先ず 食料、そして エネルギー、現在は金融
それらを支配する事が 世界支配に繋がると キッシンジャーのセリフです。
c0192063_13562851.jpg

確かに NATOの拠出費用は 当初の約束の 各国のGDPの2%は
幾つかの国は 守っていません。
c0192063_12315882.jpg

ドイツのメルケル首相と トランプ大統領の仲は険悪でした。 が、
メルケル首相は 学生時代の生活を 東ドイツで送っていましたので、

ドイツは何処の国にもコントロールされない、
独立国としてドイツが決めていると、やんわりと発言していました。

c0192063_12451170.jpg
c0192063_12455354.jpg
c0192063_12454341.jpg
c0192063_12460274.jpg
c0192063_12452052.jpg
c0192063_12461851.png
c0192063_12453210.jpg
大統領夫人のメラニアは メルケル首相と 夫との不仲を意識してか?
メルケル首相と笑顔で抱擁の挨拶です。

トランプ大統領は ツイッターでも・・・
c0192063_12463514.jpg
c0192063_12462729.jpg
トランプ氏は 結構 シツコイ男なのですね、

自画自賛と自己顕示欲 記者会見でも 
次の訪問先イギリスでも
大規模なデモが行われる事を記者に尋ねられて、

「私は アイルランド、スコットランドにも 不動産を持っている」
「多分好かれている筈だ・・・」

ゴルフ場の事を言ってるようですが、イングランドとは
かけ離れた場所なのですが?地理の位置関係が判らないのか?
誤魔化していますね。

かなり アバウトです。

トランプ大統領は挙句に 
GDPの4%迄NATOへの拠出金を上げては如何か?と

NATO諸国は 取り敢えずGDPの2%を
努力してNATOに支払う事を各国が確認して
4%の話は 聞かない振りです。

トランプの脅しと言うか?ブラフですね。

宮崎メルマガでも

NATO首脳会議をかき荒らしたトランプとエルドアン
  プーチンは「敵ではないが、友人でもない。競合相手だ」とトランプ

NATO首脳会議(29ヶ国のNATO加盟国首脳が参加)を終えて、
トランプ大統領はつぎに英国を公式訪問する。

ロンドンでは歓迎ムードはなく、
メイ政権は内紛の最中。

非常に冷淡にトランプを迎えるだろう。
その後、ヘルシンキへ飛んでロシアのプーチン大統領と米露首脳会談を行う。

 
ブラッセルで記者会見に臨んだトランプは、「
プーチンは敵ではないが、友人でもない。
いつか友人になりたいものだ。
いまは、競合相手として見ている」とした。
その理由は「クリミア併合とウクライナの混乱は気分を害したが、
しかしあれを許したのはオバマ前政権の不手際だ」と
オバマ攻撃を忘れなかった。

 
ロシアとは、新しいSTART(戦略核兵器削減条約)と、
INF(中距離核戦略)違反に関して討議し、
軍備管理を議題とすると述べた。
ロシア制裁を強化するのか、緩和するのかの見通しは語らなかったようだ。

 
NATO首脳会議では「防衛分担をちゃんと加盟国は増大し、
アメリカの一方的負担を軽減するべきである」と、
防衛費分担に背中を向ける諸国を非難した。
しかも「もし米国の要求が受け入れないなら、米国はNATOから撤退する」と
やや脅迫じみたニュアンスを籠めたのだった。

 
この会議で、もう一人の主役はエルドアン(トルコ大統領)だった。
NATO首脳会議に乗り込んだエルドアンは、
EU諸国のトルコへの態度が気に入らないらしく、
トランプとぴったり寄り添い、
それをNATO加盟国に見せつけた。

 
トルコの情報機関は、
その直前にウクライナとアゼルバイジャンで、
ギュラン師の反政府集団の工作活動を展開していた二人のスパイを拘束し、
自家用ジェット機でイスタンブールに連れ帰った。
これは換言すれば、主権国家に侵入し、
容疑者を拉致していったことになり(金大中事件と同じ)、
国際的非難を浴びることを意味するのに、
ウクライナも、アゼルバイジャンも沈黙している。
 
エルドアンはNATO首脳会議で、朝から晩まで精力的に動き回り、
イタリアの新首相、フランスのマクロン大統領、
ギリシアのツィピラス首相らと意見を交換したばかりか、
ブラッセルにあるNATO司令部のトルコ連絡事務所に、
ウクライナのポロシェンコ大統領、
アゼルバイジャンのアリエフ大統領、
ボスニアのイゼトビゴビッチ大統領などを招いて会談している。

 
エルドアンがNATOに要求しているのは、
イスタンブールにあるトルコ軍司令部を
NATOの新しい陸軍司令部として組織再編するという大胆な提案だ。
 
くわえてイラクにおけるNATOの訓練部隊副司令官を
トルコが派遣することが決まっているが、
NATO軍司令本部にトルコ軍の役割を増大させることも要求した。
引用終わり

イギリスを訪問したトランプ大統領一行は
オックス・フォードのグレンハイム宮殿での歓迎式に向かいました。
トランプが好きだと言う 故チャーチル首相が誕生した場所です。
政財界の主だったメンバーを招待して食事会です。

記者会見で余計な事(メイ政権の2閣僚が辞任した事を)を言い
「イギリスも混乱しているようだ」と・・・。
本当にトランプは お粗末な大統領ですね。

c0192063_13020297.jpg
c0192063_13011524.jpg
c0192063_13012593.jpg

新聞各紙は「ビースト」と呼ばれる大統領専用車の説明や、
イングランドでの移動先を地図で・・・・
まさか?デモ隊への・・・・?

c0192063_13013943.jpg
c0192063_13005309.png
c0192063_13010280.jpg
c0192063_13014898.jpg



国賓では有りませんが、それに準じる”おもてなし”です。

c0192063_14360615.jpg
その後 女王陛下にも会う予定なのですが?

女王陛下が手を差し延べて握手をするのでしょうか?
女王陛下の体には 決して触れてはいけないのですが、
アメリカのメデイアは心配しています。

c0192063_13021878.png

大統領職に少し慣れてきたのでしょうか?
発言に少し 気の緩みが見られます。

イギリスの雑誌の表紙も

c0192063_13584527.jpg
c0192063_13582430.jpg
c0192063_13583389.jpg
そんなアメリカのニューヨークでは 民主党の候補者選びの地方予備選挙で
去年迄 ウエイトレスをしていた28歳の女性候補が
民主党の重鎮候補を破ってしまいました。
以下に NYのデモクラシー・ナウより引用です。
c0192063_13561845.png
中間選挙を控えた今年の予備選で、驚くべき番狂わせが起こりました。
26日に行われたニューヨークでの民主党予備選挙で
28歳の民主社会主義者アレクサンドリア・オカシオ・コルテスが、
10期連続選出されてきた現職の連邦下院議員、
ジョー・クローリーを破りました。
クローリーは民主党下院のナンバー4の地位にあり、
集めた選挙資金はオカシオ・コルテスの10倍。
クローリーは民主党の院内総務になるのではないかと有力視されていました。
それにもかかわらず、
オカシオ・コルテスは、「全ての人へのメディケア」と
ICE(移民関税捜査局)の廃止を訴える進歩的草の根運動を推し進め、
クローリーを破ったのです。
オカシオ・コルテスに、彼女の歴史的キャンペーンについて詳しく聞きます。
以下略
民主党革新派にとって26日は画期的な日となりました。
ニューヨークで、バーニー・サンダースの選挙運動オーガナイザーを務めた
アレクサンドリア・オカシオ・コルテスが
現職の下院議員ジョー・クローリーを破りました。
メリーランド州では、
全米黒人地位向上協会の前議長ベンジャミン・ジェラスが
州知事の民主党予備選挙で勝利しました。
民主党にとってこうした勝利は何を意味するのか、
ムスリムの人権擁護団体Mパワー・チェンジ(MPower Change)の
リンダ・サルスールから詳しく聞きます。
以下略・・・・
https://www.democracynow.org/2018/6/27/linda_sarsour_alexandria_ocasio_cortez_is


デモクラシー・ナウは NYのラジオ局ですので・・

c0192063_13560511.jpg
c0192063_13554923.jpg
前回の選挙で バニー・サンダース候補を応援していた人なのですが
自らソシャルリスト(社会主義者)と公言しています。
スペイン語圏からの移民のようです。

金塗れのヒラリー候補に呆れたグループの人なのですね。

アメリカも二極化しています。

アメリカ議会では 
FBIの調査員 ストロザック氏の公聴会が開かれています。

FBIの女性顧問弁護士とのSNSでのやり取りの中で
「トランプ当選は我々が阻止する」とか
「酷い候補者」だとか、
先日 アンデイ・チャン氏のレポートに書かれている
FBIの組織の中の 反トランプの秘密の連中なのです。

アンデイ・チャン氏からの 新しいレポートを
宮崎メルマガより引用です。

トランプが当選したのは奇跡だった。
ヒラリーが大統領になれなかったのは
アメリカに天佑神助があったとしか思えない

AC通信:No.700 Andy Chang (2018/7/09)
AC論説 No.700 アメリカの天佑神助

 最高裁のケネディ大法官が引退するので
トランプ大統領は替りの人選を発表する。
すでにメディアはトランプが4人の候補者から選ぶとしているが、
民主党は誰が推薦されても反対すると決めているので、
今は嵐の前の静けさでも、
この記事を読む頃は民主党側の「誰が選ばれても反対」論が
メディアを賑わすだろう。
 
民主党の反対は主に女性の妊娠中絶の権利(Roe vs. Wade)をめぐる論争だが、
実は女性の中絶権よりも最高裁の保守傾向が強くなるのを懸念しているのだ。
このほかに人種差別問題や宗教問題(カトリック)などを懸念する議員もいる。
トランプが指名した大法官は将来30数年も
最高裁の保守対リベラル論争に強い影響を及ぼすことなど、
それにトランプの傲慢な性格が影響していると言える。

 
もしもトランプでなくヒラリーが大統領だったらどうなっただろうか。
アメリカでは
左翼、右翼を問わずヒラリーのリーダーシップや
政治能力を信じるものは居ない。
それでもヒラリーの人気は高いし
無能でも法を無視しても起訴されることがなかった。
二年前の選挙ではヒラリー当選を信じるものが大勢だった。
無能なヒラリーが大統領になればサヨクが国政を把持して
アメリカは大変なことになっただろう。
トランプが当選したのは奇跡だった。
ヒラリーが大統領になれなかったのは
アメリカに天佑神助があったとしか思えない。

司法部やFBIなど政府の高級幹部が選挙に介入してヒラリーの応援、
トランプのロシア癒着調査などを画策したが、
結果は意外にもヒラリーが落選したのである。

 
この二年間の動向を振り返ってみると以下のようになる:
(1)16年3月、ヒラリーの個人スマホとサーバー使用が明らかになった。
(2)4月、FBIがヒラリーの調査を開始、すぐに極秘で不起訴を内定。
(3)7月、FBI/DOJの高級幹部がヒラリーの選挙を援助、
(4)10月、FISAの調査申請でトランプ陣営のロシア関連調査、
(5)11月にトランプが大統領に当選。
(6)ヒラリー落選のあと民主党側はすぐにトランプ罷免を画策し、
(7)17年5月、マラーを特別検察官に任命してトランプの違法調査。

●Peter Strzokのメール
(モンク注 現在議会で調査の審問が行われている)

一週間ほど前に国会の情報調査委員会のガウディ(Trey Gowdy)議員が
FBIから取得したメールの一部をテレビで公開討論した。
彼によると16年2月にヒラリーの違法サーバー使用が明らかになったあと、
16年3月にFBIのPeter Strzok諜報調査主任がLisa Pageに送ったメールで
「ヒラリー対共和党候補の選挙は一億対ゼロ
 (one hundred million to zero)」と述べたと言う。
ヒラリーが100%当選でなく一億%当選すると言ったのだ。

 
Gowdy議員の話では、FBIのStrxokがこのメールを送信したあと、
4月になると長官からヒラリーのサーバー違法調査を命じられたと言う。
ヒラリーが絶対当選すると確信している人間が
ヒラリーの調査を命じられたら彼は絶対にヒラリーを起訴するはずがない。
ヒラリーが大統領になったら報復され免職になると思うのは当然だ。
 
このメールに書かれたことは重大なことである。
情報調査機関であるFBIの主要人物が
ヒラリー当選を確信していたなら
大部分のFBI職員もそのように思っていたに違いないし、
保身のためにヒラリーが有罪とは口が裂けても言うはずがない。
 
コーメイ長官にしても同じで、
彼が自己保身のため4月末にヒラリー不起訴を内定したのは当然だし、
オバマ政権の政府高官が何人も
ヒラリーの選挙応援に回った理由もわかる。
それが増幅してヒラリー応援からトランプのあら捜し、
FISAの申請でトランプ陣営のロシア関連調査を始めたのも納得できる。
但し彼らはが保身のためにやったことは違法である。


●トランプは型破りだから勝ったのだ

Peter Strzokのメールに書いたことが当時の一般認識だったと考えてみると、
トランプが当選したことは奇跡というほかはない。
 なぜトランプが当選したかというと
トランプは型破りな人間だったからである。
共和党の候補者は19人いた。
当時は誰もトランプが18人の候補者を抜いて候補になるとは思っていなかった。
その他の共和党の候補者たち、
ブッシュ、クルース、グラム、ルビオ、ケーシックなど、
みんな堅実で有能な中道右派、
だれもが穏当な政治主張と支持者を抱えていた。
それでもトランプに勝てなかった。

 
トランプが候補者になったあとも
ヒラリーに勝つとは誰も思わなかった。
それが可能になったのは彼が型破りの人間で、
型破りの選挙をしたからである。
もしもトランプ以外の共和党候補なら、
正当な選挙でだれが出馬してもヒラリーに勝てなかっただろう。
そう考えるとトランプ当選は奇跡だった。
ヒラリーが当選しなかったのは
アメリカにとって天祐神助があったとしか思えない。

●ヒラリーはなぜ当選できなかったのか

 世界一の情報調査機関であるFBIが
「一億対ゼロ」と評価したほどの確率でなぜヒラリーは当選しなかったのか。
しかも相手のトランプは
傲慢で破天荒な人間なのに彼が勝ったのはなぜだろうか。
 
世間には国際金融資本がアメリカの選挙を左右できると思う人もいるし、
隠然たるユダヤ勢力がアメリカの政治を左右できると思う人も多い。
しかし国際金融資本やユダヤ勢力がトランプを支持する理由は見つからない。

 
国際金融資本にとってヒラリーの方がトランプよりコントロールし易く、
政治の中立を守るにしてもトランプ支持には至らないはずだ。
今回の選挙が示したことは
アメリカには選挙をコントロールできる
「蔭の勢力」は存在しないと言うことである。
 
なぜヒラリーが負けたかというと、
ヒラリーの法を無視した驕慢な態度に対する国民の反感と、
オバマが作った政治二極化に対する反感が
「アメリカの底流」を作っていることだと思う。
          (アンディ・チャン氏は在米評論家)
引用此処まで

トランプの傲慢さは誰でも知る所ですが、
シンガポールの米朝会談の時に
安倍総理がトランプ氏に対して
会談の成果は必ず書簡にして 互いにサインをする事を強調して
言ったそうです。
書簡にサイン つまり非核化に合意した サインなのです。
逃げ道は防いで有ります、後は時間がどの位掛かるか?

中国も関税戦争で アメリカに音を上げそうです。
北朝鮮が頼りとする 中国も関税戦争に巻き込まれて
「四苦八苦」の状態ですね。
アメリカは民主党や議会が 対中 強硬論なようです、
PCのハッキングで最新の技術を盗む方法を
何度もアメリカ政府から注意喚起されていたのですが?
中国は「遣り過ぎました」ね・・・・・。

そんな中国で 爆発事故のようです、
19人が現在死亡とBBCが伝えています。

China industrial park explosion kills 19

An explosion at an industrial park
in China's Sichuan province has left 19 people dead
and 12 others injured, according to state news agency Xinhua.

In a statement quoted by Reuters,
the authorities in Jiang'an county said the blast happened
at a chemical plant run by Yibin Hengda Technology.

https://www.bbc.com/news

どうやら 四川の様ですね

c0192063_13525040.png


ポンペオ国務長官は北朝鮮での2日間の会談を終え、
7月7日に来日しました。
7月8日に安倍総理大臣と会談後、日米韓3カ国の外相会合を行いました。
 
 ポンペオ国務長官、河野外務大臣、韓国の康(カン)外交部長官による共同記者会見
https://www.state.gov/secretary/remarks/2018/07/283888.htm
 ポンペオ国務長官の冒頭発言と質疑応答(仮訳) 在日米国大使館 2018年7月8日
https://jp.usembassy.gov/ja/secretary-of-state-pompeo-joint-press-conference-ja/
 また外相会合に先立ち、ポンペオ国務長官は安倍総理大臣と会談を行いました。
https://www.state.gov/secretary/remarks/2018/07/283886.htm
 7月5日‐12日の国務長官の外遊中の発言などは、国務省の以下のページでご覧下さい。
https://www.state.gov/secretary/travel/2018/t10/index.htm
   (アメリカンセンターの告知より)

【ワシントン、北京時事】トランプ米政権は10日、
中国から輸入する2000億ドル(約22兆円)相当の製品6031品目に
10%の関税を上乗せする追加制裁の手続きを始めると発表した。
中国は「これまで通り必要な反撃をせざるを得ない」(商務省)と
報復強化の方針を表明した。

 米国は、中国の知的財産権侵害を理由に、
ハイテク製品など340億ドル相当に
25%の関税を上乗せする対中制裁を6日に実施したばかり。
月内にもこれを500億ドル相当分へと拡大する方針だが、
中国が報復措置を講じたため、
制裁の大幅な上積みを図る。
 
国内手続きを経て9月以降に実際に発動されれば、
知財問題での一連の制裁対象は2500億ドルに達する。
中国から輸入する年間総額のほぼ半分に高関税を課すことになり、
米中が制裁と報復を繰り返す「貿易戦争」が一層エスカレートしそうだ。
 
米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は声明で、
中国の知財権侵害について「米国経済の未来を危険にさらす」と非難し
制裁を正当化した。
トランプ大統領は、
制裁対象が「総額5000億ドルを超えるかもしれない」と
さらなる拡大の可能性を示唆している。
 
米国が公表した対象品目案には、
中国が巨額の補助金を注ぎ込んで支援するハイテク関連の製品だけでなく、
輸入額上位の家具、生鮮食品、葉タバコ、トイレ紙が含まれた。
高関税は小売価格の上昇をもたらし米家計にも打撃を与える恐れがある。
(2018/07/11 時事通信)

そんな中 欧州委員会の委員長が訪日して
EPAの条約に調印するようです。
日本のゴミメデイアは報じませんが、
安倍総理は混乱する世界情勢を尻目に
TPP11カ国を纏め上げ アジアに経済圏を作り
EPAでは欧州と日本の経済圏作りに成功しています。

日本を中心に アジアと欧州に
凄い仕事です・・・・・・。
西日本豪雨の対策で 外国訪問を全てキャンセルした所
欧州から委員長が来日して調印したいと・・・

日・EU首脳協議、東京で開催へ

欧州委員会のマルガリティス・シナス報道官は、
日本で大雨による被害が発生したのを受け
安倍首相がEU・中東訪問を取りやめたのを受け、
11日にブリュッセルで予定されていたEU・日首脳協議を
17日に東京で行うと発表した。

シナス報道官によると、
欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は
安倍首相に哀悼の意を表した。

欧州委員会は来週日本との間に貿易協定を結ぶ。
ヴァルディス・ドンブロウスキス欧州委員会副委員長が
11日の記者会見で明らかにした。

副委員長は、
「ユンケル欧州委員会委員長が来週、野心的な貿易協定を日本と結ぶ」と語った。

日・EU首脳協議、東京で開催へ
貿易協定は今週予定されていたサミットで調印が行われるはずだったものの、
西日本集中豪雨による大洪水で安倍首相がブリュッセル行きを取りやめたため、
調印の場は東京へ移され、17日に行われることになった。

これより前、欧州委員会は同貿易協定について、
EUにとっての最大の貿易合意となり、
来年2019年の年頭にも、
世界GDPの3分の1を生む、
6億人の居住人口域をカバーする
自由貿易圏が始動することを明らかにしていた。

この合意によってEUと日本の間に存在する
貿易関税の圧倒的大半が取り除かれることになる

何故メデイアはこんな重要なことを 
きちんと報道しないのでしょうね?

安倍総理の地球を俯瞰する外交なんですね。
凄い 仕事師です。

帯状疱疹の治療は進み 後は神経系統の痛みを和らげる治療です。

暑い日が続きますが ご自愛を・・・・。










[PR]
# by monk-1 | 2018-07-13 14:14 | Comments(0)

32度かあ~、はあ~

今日も暑くなるそうです。
天気予報では 32度迄・・・と、

そんな折ですが、
アメリカのネブラスカ州の気象学者ニック ハンフリーが
'海の怒り' を示すと
ブログに注意を載せました。

メイン大学と地球規模の気候を視覚化する
全米科学財団が開発したプラットフォームを使い

マップに示すように暑い天気の極端な理由を明かしました。


ハンフリーは、メイン大学の気候 Reanalyzer からの
気象データマップを分析 後にコメントを出しました、


彼は高温は地球環境の 後退の兆候を示す物と
考えています。

熱波、乾燥による山火事、集中豪雨、と
欧州、アメリカ、アジアと 異常な気象が続いています。

昔でしたら 預言者や占い師、そして おかしな宗教家が
お告げを告げる 良い場面ですね。(稼ぎ時です)

衛星写真は北極の氷が溶けた部分の気候が
ジエット気流の異常な流れを起していると主張しています。
さて?如何なのでしょうか。

c0192063_11045998.jpg
c0192063_11050877.png
c0192063_11044874.jpg
c0192063_11043825.jpg

Fascinating maps have revealed the true scale of 'one of the

most intense heat events ever seen' on Earth.

The maps show how cities across the Northern Hemisphere

witnessed extreme temperatures in the past week, with

records breaking in North America, Europe, the Middle East,

and Western Asia.

Nebraska-based meteorologist Nick Humphrey, who runs the

'Ocean's Wrath' blog, said the extreme spell of hot weather

shown in the maps amounted to 'a true roasting'.

'It is absolutely incredible and really one of the most

intense heat events I've ever seen for so far north,' he

said.

Humphrey made the comments after analysing weather data from

the University of Maine's Climate Reanalyzer maps - and he

believes the high temperatures show no signs of subsiding.
http://www.dailymail.co.uk/health/article-5932953/Brave-

スパンを100年~500年単位で考えますと
何も地球は変っていない、と説く学者もいます。
ビッグ・バン以来の年数を考えると
宇宙時間では"刹那”の時間(仏教の単位で最小の時間)なのです、


西日本を襲った 集中豪雨は多くの被害と
数多くの尊い人名が失われました、
色々な問題が在るようですが、後にきちんと検証されなければ
亡くなった方々に申し訳が立ちませんね。

報道されませんが 自衛隊員の活躍には目を見張る物が在ります。

呉市では自衛艦 5隻が
艦内の風呂を解放したり、
陸路が遮断されている場所には海上からの救援を行っています。

海上自衛隊呉地方隊は
護衛艦「かが」、「いなづま」、「さざなみ」、補給艦「とわだ」、
輸送艦「しもきた」の5隻で入浴支援を行いました

海上自衛隊呉地方隊は、
呉市阿賀で発生した土砂崩れによる行方不明者の捜索を行いました。
道路が寸断されていたため、隊員は水中処分母船4号(YDT04)に乗船し
現場に向かい
海上自衛隊呉地方隊は、
川尻地区、安浦地区及び倉橋島地区で被災者に対する給水支援を行いました

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/52209352.html

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [KR] 2018/07/09(月)
12:37:40.15 ID:JGEXt2Iq0 BE:416336462-PLT(12000).net

記録的大雨により甚大な被害が出ている岡山県倉敷市で、
レスキュー隊や自衛隊に似た服を着た泥棒が大量発生しているとして、
市民らが注意を呼びかけています。
この騒動は7月6日~7月7日頃にかけて非常に強い雨が降り
、一級河川の高梁川に繋がる「小田川」が氾濫したことで、
倉敷市の真備地区の広い範囲が水没したもの。
2階建ての屋根がギリギリ出ている程度で、
小田川が氾濫した付近の地域はほぼ全滅の状態となっています。
自衛隊や消防隊、
さらにはボランティアの漁師など大勢が救助活動にあたっていますが、
1000人以上が住宅等に取り残されていることや、
真備以外でも中四国の広い範囲で同時多発的に災害が発生したことから、
人手が足りず救助活動が難航しています。
また関係者によると、
「この騒動に便乗してレスキューの服を着た泥棒が窃盗を繰り返している」
ということです。
窃盗事件を繰り返しているのは、
大阪ナンバーの白いパジェロやセレナ、
それから岡山ナンバーや倉敷ナンバーの車で
窃盗を繰り返している犯人もいる模様。
窃盗団とみられる集団の男らも目撃されており、
プロの犯行とみられています。
現時点で窃盗団が本当に盗みを繰り返しているという確証は得られていませんが、
倉敷市民、特に真備地区にお住まいの方は、
不審な窃盗犯らに十分ご注意ください。

https://breaking-news.jp/2018/07/09/042484

c0192063_11121002.jpg
c0192063_11124210.jpg
c0192063_11122019.jpg
c0192063_11130266.jpg
c0192063_11123148.jpg
c0192063_11125240.jpg
c0192063_11120162.jpg
遠く 仙台駐屯の陸上自衛隊も駆けつけて
被災地支援を行っています。

反日の左翼で反自衛隊の野党の議員は 
何を?しているのかしら。

早朝 仙台駐屯地を災害支援の為に出発する 自衛官です。
c0192063_11154177.jpg


非科学的ですが・・
これも 八百万の神々に 祈を捧げる筈の方が
神事を省略されていると?伝えられていますが、
天皇家は・・・・・。

キリスト教徒の皇后に習い 耶蘇教信者に成ったのかしら??。

NATOの会議に出席する 欧州訪問を前にして
トランプ大統領が
最高裁判所を引退するケネデイ判事の後任に
ブレット・カバーノ氏を推薦しました、

c0192063_12113903.jpg
c0192063_12130850.jpg
ジョージ・ブッシュ元大統領のブレーンだった人で
ブッシュ元大統領は ステートメントを発表し
トランプ大統領が カヴァノー氏を指名した事は「稀に見る判断だ」と
絶賛しています、 が、
議会での審問が待ち構えています。
反トランプで「坊主憎けりゃ袈裟迄憎い」の民主党議員達は・・・。


ステートメントでは
「ブレットの履歴は申し分のない履歴で、憲法学への知見と
 彼の憲法に従い遵守する12年間は、憲法に 忠実な適用者である、
 彼は、良い夫、父と友人- と最高の整合性の男です。
 彼"が成る米国の最高裁判所の見事な正義を実行する」と

Brett Kavanaugh is nominated by Trump to succeed Supreme

Court Justice Anthony M. Kennedy

President Trump on Monday nominated federal judge Brett M. Kavanaugh
to the Supreme Court,
elevating a conservative stalwart with deep ties
to the Republican establishment to succeed retiring Justice
Anthony M. Kennedy and triggering a partisan war over the court’s future.

https://www.washingtonpost.com/?nid=top_news

特に女性の妊娠中絶を巡る 女性の権利についての判断が
議会の審問でも厳しく聴かれるでしょう。

出産から2ヶ月を過ぎて 
洗礼式を迎えたルイ王子が久しぶりにマスコミの前に現れました。

Prince William, Kate, Prince Harry and Meghan gather for

Prince Louis' christening

c0192063_11512395.jpg
c0192063_11504565.jpg
c0192063_11522609.jpg
c0192063_11524614.jpg
c0192063_11513566.jpg

Princess Charlotte and Prince George hold the hands of their

father Prince William while Kate, Duchess of Cambridge holds

Prince Louis as they arrive for his christening service at

the Chapel Royal, St James's Palace, London, Monday, July 9,

2018. (Dominic Lipinski/Pool Photo via AP)

シャーロット王女と王子のジョージは父親のケイト、ウィリアム王子の手を握り
ケンブリッジ公爵夫人は王子ルイを抱き、
王室礼拝堂で 彼の洗礼サービスの為に到着しました、
セント ・ ジェームズ宮殿では 
カンタベリー教会の大司教が洗礼式を執り行いました。

ロンドンで月曜日 2018 年 7 月 9 日。
(Ap 通信経由でプール/ドミニク・ リピンスキー写真)
Prince William and his wife, Catherine, were present for

their third child's ceremony, which took place at the Chapel

Royal in St. James' Palace. Guests included Prince Charles

and his wife Camilla as well as Prince Harry and his new

wife Meghan Markle.
http://www.foxnews.com/entertainment/2018/07/09/prince-william-kate-prince-harry-and-meghan-gather-for-prince-louis-christening.html


そのイギリスでは お目出度いお話しだけでなく
先日のユーロ離脱担当大臣の辞任の後
外相のボリス・ジョンソン氏も辞任しました。
外相の後任には ジェレミー・ハント氏が就きました。

離脱強硬派の二人が辞任してしまい、
メイ首相が主導して考える ソフト・ブレクジットに反対しています。

それでは イギリスはユーロの植民地に成ると 反対意見を述べています。

タイムス紙の風刺画も

c0192063_13005792.png
そして 雑誌の表紙も
c0192063_13024882.jpg
c0192063_13041684.jpg
c0192063_13042569.jpg
c0192063_13040443.jpg
c0192063_13034718.jpg
Jeremy Hunt replaces Boris Johnson amid Brexit turmoil
Health Secretary Jeremy Hunt has been named
as the new foreign secretary after Boris Johnson quit,
accusing Mrs May of pursuing a "semi-Brexit".

His departure followed that of Brexit Secretary David Davis

and several junior figures.

https://www.bbc.com/news/uk-politics-44774702

Boris Johnson tells PM she is suffocating Brexit 'dream'
The PM's response to Johnson

In her letter accepting his resignation,
the prime minister said
she had allowed cabinet ministers "considerable

latitude to express their individual views" on Brexit.

"But the agreement we reached on Friday marks the point

where that is no longer the case and if you are not able to

provide the support we need to secure this deal in the

interests of the United Kingdom,
it is right that you should step down."
https://www.bbc.com/news/uk-politics-44774702

ドイツのシュピーゲル紙は 
フランスのマクロン大統領の議会演説を取り上げています。

c0192063_12460907.png

国民から多くの非難を浴びているマクロン大統領の姿勢は
富裕層しか見ていない、貧乏人の切捨てだ、
様々な批判を浴びている事を 知り
言い訳に終始しています。

元々 ロスチャイルド系の投資銀行の役員だった事からも
彼等の意向が政策にも強く反映されていて、
大統領選挙の時に 保守系候補の躍進が疑われていて
フリーメーソンが形振り構わず表面に出て来て
全仏に号令を架けていた事もバレていて

以前紹介した 実体経済じゃなく 
投機、投資で水ぶくれの経済を支持し
当然現象として起きる 富裕層との格差は見ない振りなのです。

金融機関の代弁者だと言うことは 隠しようも無くなりました。

Rede zur Lage der NationMacron will Staatsausgaben kürzen

Im französischen Parlament verteidigt Emmanuel Macron seine

wirtschaftsfreundlichen Reformen und kündigt an, fortan die

soziale Ungleichheit zu bekämpfen. Mehr Geld ausgeben will

er dafür aber nicht.

Emmanuel Macron gilt als engagierter Reformer - doch die

Unzufriedenheit der Franzosen mit seiner Politik wächst.

Nach einem Jahr im Amt ist die erste Euphorie für den jungen

Präsidenten verflogen, die Umfragewerte sinken. Bei seiner

Rede zur Lage der Nation vor dem französischen Parlament hat

sich der Staatschef bemüht, die Bürger wieder mehr zu

begeistern.

http://www.spiegel.de/politik/ausland/frankreich-praesident

-emmanuel-macron-verteidigt-reformen-a-1217473.html


離脱強硬派の閣僚2人が辞任 メイ政権の「柔軟路線」に反発
 メイ政権が新たに打ち出した柔軟路線の欧州連合(EU)離脱方針を巡り、
ブレグジット強硬派のデービスEU離脱相とジョンソン外相が相次ぎ辞任した。
2016年から離脱交渉を先頭で率いてきたデービス氏と
「ブレグジットの顔」ともいえるジョンソン氏の離反により、
離脱方針を巡る政権内の不和が鮮明化。
さらなる離反者も出かねない状況で、
メイ首相の立場もにわかに危ぶまれている。BBC電子版が伝えた。
(シニアエディター・畠中千鶴)
https://europe.nna.jp/news/list/uk


c0192063_12084438.jpg



c0192063_12085456.jpg


c0192063_12090611.jpg
c0192063_12083470.jpg

Theresa May has launched a reshuffle of her top team after a

string of resignations over her Brexit strategy plunged her

government into crisis
http://www.dailymail.co.uk/home/index.html
メイ首相はユーロを離脱するのですが、関税等ではユーロに合わせる様ですが、
同時に安倍総理にTPPに参加を仄めかしています。

人口数も成長率も 伸びしろの多いアジアへも関与したいようです。

ドイツのメルケルは 中国の李首相と会談して
多額の商談を纏めたようですが、
トランプ大統領が打ち出した 中国との関税戦争が気に成ります。
シーメンス、ワーゲン等が 更なる投資を決めたようですが、

中国は経済成長率を水増ししている事もバレてしまい。

中国経済の行方が メルケル首相とドイツ経済の命運を握っています。

日本の中国地方の河川の氾濫情報が 又 流されています。

これ以上 被害が広がらない事を願っています。

薬を飲む時間です。











[PR]
# by monk-1 | 2018-07-10 12:30 | Comments(0)

生物としてのヒト

一時 午前中に日が刺しているのに、雨が降り始めましたが、
直ぐに止みました。
その後は良いお天気なのですが、
神奈川県には雷注意報が出ているようです。

不安定な気象条件なのですね。

西日本に大雨をもたらした 梅雨前線にも
漸く 梅雨明け宣言がでたようです。

未曾有うの大雨で 各地に大きな被害が出ていますが、
被災された方には 心よりお見舞い申し上げます。

又 残念にも 亡くなられた方々には
衷心より御冥福を お祈り致します。


異常な気候は地球規模のようです、
熱波に襲われているイギリスでは山火事が漸く収まりましたが、
泥炭地ゆえ 完全に鎮火したかは確認する事が難しく
早く一雨が待ち遠しいようです、
乾燥した泥炭層は 良く燃えるのですね。

スペインでも乾燥から 山火事が起きています。
一ヶ月起きに 山火事が発生しています。

その一部は放火らしいと報道されていて
被災者の怒りは収まらないようです。

アメリカ西海岸の山火事も大きくなりましたが、
熱波と乾燥で何時?又広がるか見当が付きません。

Crews Gain Ground on California Wildfires
LOS ANGELES (CBS/AP/BCN) —
Firefighters continued to build
containment around several destructive wildfires burning
in California on Sunday,
though one stubborn blaze in the northern part of the state grew significantly
and crossed the border into Oregon.
https://sanfrancisco.cbslocal.com/2018/07/05/massive-county

-fire-provides-dramatic-backdrop-for-wedding-photos/


又 山火事をバックに結婚写真を撮る人も現れて
失笑を買っています。

c0192063_13215001.png
c0192063_13210849.png

映画「風と共に 去りぬ」を真似たのでしょうか?。

Massive County Fire Provides Dramatic Backdrop For Wedding

Photos
Sacramento-based wedding photographer Alisha Cole was hired

to shoot a wedding at venue nestled in Yolo County’s Capay

Valley near the Cache Creek resort last Sunday. Little did

she know that she was heading into the teeth of the massive

County Fire.

https://sanfrancisco.cbslocal.com/2018/07/05/massive-county

-fire-provides-dramatic-backdrop-for-wedding-photos/


こんな微笑ましい お話しも有りました。
FOXニュースからです、

With ring found in ashes of burned home, man proposes again

LOS ANGELES – A Southern California couple who lost their

home in a wildfire made a new happy memory Sunday amid the

ashes when they found what was left of the wife's wedding

and engagement rings.

http://www.foxnews.com/us/2018/07/08/with-ring-found-in-

ashes-burned-home-man-proposes-again.html

c0192063_13220819.png

焼けた家の灰の中から 結婚指輪を見つけだした男性が
奥さんかしら?
再度 プロポーズの姿勢で指輪を奥様に・・・・・。

結婚指輪だったようですね。

災難の中の 微笑ましいシーンでした。

あれこれと、次々とトランプ大統領叩きが終らないアメリカメデイアですが、
トランプ大統領は NATOの会議に出席し
その後 イギリスを訪問して、その後
ロシアのプーチン大統領と会談する予定のようです。

始めは バイの会談だそうですが、大統領側近は
必要以上に ロシアに譲歩するのでは?と
心配しているそうです。
NATO加盟国も固唾を呑んで 見守っています。

イギリスでは先週末 メイ首相の別荘に閣僚が集まり
ユーロ離脱の内閣の権限は決まったのですが 条件で
閣内に不協和音が在ります。

別荘での打ち合わせでメイ首相は何とか 同意に漕ぎ着けたようですが
強硬派、条件付派 双方が引かず首相も苦労しています。
Cabinet in crisis as Davis resigns

Ally also quits, raising fears of more to come
David Davis resigned last night, signalling that he could no

longer support Theresa May’s approach to Brexit and

prompting the worst crisis since the prime minister lost her

government majority.

https://www.thetimes.co.uk/edition/news/cabinet-in-crisis-

as-davis-resigns-rwwfb5bhm

c0192063_13405868.jpg


風刺画も
タイの洞窟で少年達を どの様に?救出するか?
イギリスでも話題に成っていますので、

c0192063_13414623.jpg

c0192063_13404469.png

Brexit Secretary David Davis has resigned from the UK government.

His resignation comes days after Theresa May secured
the cabinet's backing for her Brexit plan despite claims
from Brexiteers it was "soft".
Brexit Secretary David Davis resigns

https://www.bbc.com/news/uk-44739152

c0192063_13410931.jpg

一旦収まったようでしたが?
離脱担当大臣のデビッド・デイビス氏が辞任してしまいました。
穏やかな離脱をと 決着した筈なのですが・・・・・?

c0192063_13412270.png

穏健な離脱なのか? それとも 強行な離脱なのか?
未だ不透明ですね。
政治家の思惑も 産業界、国民、ユーロ市民、其々から圧力を受けています。

How Trump's UK visit will be different to those of other US presidents
Donald Trump's trip to the UK will be the 12th by a US president.
But this working, not state,
visit is expected to be different to those that have gone before.

In 1977 Jimmy Carter came to Britain on his first overseas trip as president.
His main aim was to attend the G7 summit in London,
but he also chose to visit Newcastle.


https://www.bbc.com/news/uk-44739152

トランプ大統領の訪英は 過去の大統領の訪英とは違うと・・・・。
アメリカ・ファーストをイギリスでも 言うのかしら??

BBCは 先ほどのスペインの文化遺産の修復を皮肉っています。
復元失敗と・・・
The well-intentioned copies that went wrong

After a botched art restoration in Spain
gave St George a cartoonish facial glow,
Kelly Grovier looks at artistic likenesses that have gone wrong.
The only thing more memorable than a great work of art is a truly awful one.
Every so often a painting
or sculpture comes to light that is such an odd likeness,
the world’s toes collectively curl.
Gathered together,
these misfires of imagination and skill
would fill a curiously compelling museum of fumbled

face and form – one capable of proving, paradoxically,
the miracle of any artist ever actually seizing a sitter’s elusive essence
or capturing the mysterious music of being in the world.
https://www.bbc.com/news/uk-44739152
先ずは御覧ください。
歴史的な文化遺産も滅茶苦茶ですね、修復技術が???・・・・。

c0192063_13593534.jpg
c0192063_13594772.jpg

ヒットラー、と サッカーのロナウド選手だそうです。

           
c0192063_14001206.jpg
 
c0192063_13595974.jpg

サリン事件の首謀者達の 刑の執行が行われました。
又 パヨクが事件の真相が究明できていないとか?
意味不明の事を言っていますが、

徘徊ボケ老人のモンクは 古代の宗教を少しだけ勉強していますので?
あんな在日帰化人のインチキに引っ掛かった
高学歴の人間がいる事が問題と考えます。

戦後のGHQの占領史観を押し付けられていて、
怪しげな宗教?が大手を振っています。

誰しも人間は不安や疑問を抱えて生きていくのですが、
宗教は救ってくれることは有りません。
精精 幾ばくかの、場合に拠っては多額の金銭を
毟り取られるだけです。

人間の悩みに付け込むビジネスなのです。

何度も言いましたが
古くは プラトンのロゴスとパトスにつきます。

生物としてのヒトとしての抑えきれ無い様々な欲望と本能、
論理的な思考をして 考える事で進化して来た人間、
その狭間に悩みが出来、苦悩するのです。

救いは自分で見つけるしか在りません。

大好きな良寛さんも「華美に飾った伽藍や、苦行の末に悟は無い」と
大陸を通して 日本に渡って来た「大乗仏教では 多数の民衆を救済すると」
本来の仏教哲学とは離れてしまっていますが、

生まれて来て 死ぬ 只それだけです。

荒野で労働と祈の生活をしていた ヨハネの思想も
生きていたならば・・・・・と、
グノーシスを演繹的に時間軸を遡ると
そう考えたくなります。

ヒトは愚かですね・・・・・。









[PR]
# by monk-1 | 2018-07-09 14:24 | Comments(0)

独断と偏見

蒸していますが漸く 気温が低くなりました。
朝から 小雨が降ったり 止んだりと、通勤する人も
傘を開いたり、閉じたりと、傘が手放せませんね。

先日の拙ブログに書きました
中国国内で起きている 退役軍人のデモの様子が
ツイッターで呟かれましたが 直ぐに削除されたようです。

中国国内の検閲は凄まじいですね。
習皇帝にとり 不都合な事実は全て覆い隠し 削除するようです。


ツイッターより

c0192063_09172288.jpg
☆Chris*台湾人☆
@bluesayuri

日中記者交換条約で、中共が虐殺あったとしても報じられない。
鎮江市で元軍人数千人が政府に向けデモを、
当局に強制排除されて三人死亡、
けが人が出たと言う、
デモに参加した人まだ沢山消失して、行方不明になった!
228事件や64事件等の様にこっそり銃殺したら埋めたでしょ、
国共のやり方同じです!
pic.twitter.com/zmOt6bKB0G

21:04 - 2018年7月4日
c0192063_09180489.jpg
c0192063_09221067.jpg
習近平氏の経済ブレーンの人が
中国経済に警鐘を述べていましたが 
直ぐに削除されてしまいました。

上海証券市場で 元が下がり続けています。

イギリスの経済学者が 中国の経済成長率のウソを見破り
過去の10%を越える成長率は 高く見積もっても7%台だと!

そうすると 現在中国政府が発表している7%台の成長率は
もっと低くて 4~5%台なのかしら?

中国ウオッチャーの宮崎先生は 随分以前から
見抜いていましたね。
慧眼です。

米銀大手のバンク・オブ・アメリカ(BAC)は、
1998年のアジア通貨危機と同様の危機が
世界の株式市場で起こる可能性があると警鐘を鳴らした。
ブルームバーグが伝えた

BOCの専門家集団は、株価トレンドの分析の結果、

1998年のアジア地域で起こった経済危機、
及びロシアで起こった債務不履行(デフォルト)が再来し、
ドル高の圧力の下で発展途上国の株式市場が崩壊すると予測する。


中国経済が怪しくなると ドイツ銀行も危うくなります。
メルケルには「泣きっ面に蜂」状態です。

オバマ大統領の時には 上手く関係が進んでいたのですが、
移民政策をトランプ大統領が激しく非難し、

イランの核合意破棄、そしてパリ合意からの離脱と

以来 ユーロ主導でアメリカが譲歩して来た色々な合意は
全て 破棄されました。

地球環境を大げさに報道するメデイアも有りますが、
日本でも 福島の原発事故以来 太陽光発電をと、

事故の最中 韓国企業の代表とソフトバンクの孫氏
そして 当事者の アホの菅総理の密談がすっぱ抜かれて以来

太陽光発電の買取が約束されたようで
高い電気使用料を日本国民は払わされ続けています。

そんな折に
渡辺正『「地球温暖化」狂騒曲 ――社会を壊す空騒ぎ』(丸善出版)
が出版されて そのカラクリが暴かれています。
宮崎メルマガの書評欄で 宮崎さんがこのように 以下に載せます。


地球温暖化なんてまことしやかな嘘に踊らされた人、儲けた人
日本は数兆円も投じて「善意の暴走」、
効果がゼロだった事実を知っていますか?

シェイクスピアの『空騒ぎ』は、善意と悪意の騙し合いである。
まさに過剰、誇大宣伝の
「地球温暖化」というドタバタ騒乱をみていると、
これに近いのではないか。
 
筆者の渡辺教授は、これを「善意の暴走」と譬喩されるが、
まさにその通りだろう。
ちなみにこの著者が使っている「狂騒曲」とはクラシック音楽で、
自由な形式の曲を意味する「狂想曲」とイメージを繋げ、
大騒ぎ、狂乱を意味する広範囲な文脈で使われる。 

おりしも新聞を開くと、
環境対策のために講じられた予算は国防費よりも多いうえ、
最近は環境債(グリーンボンド)の発行額が鰻登りという。
2018年上半期だけで、
発行額は6兆6000億円だ(日本経済新聞、7月1日)。

著者はこう言う。
「2006-11年に約三兆円ずつだったところ、
民主党政権が2012年に導入した『再生可能エネルギー補助金』のせいで、

2107年は約5兆円
(単純平均で一日あたり約140億円!)にふくらみました。
四人家族のお宅なら月々、
電気代よりやや多い1万3000円を、

そうとは知らず『温暖化対策』に献上している」
 
しかも、「その巨費がCO2の排出量を減らした気配はありません(中略)。
要するに温暖化対策は、亡国の挙としか言いようがありません」

この予算をぶんどって肥った、一群の人々がある。
 
テレビの天気予報は台風被害予測を大袈裟に報じるが、
かならず地球温暖化議論を結びつける。意図的である。
 
島国が水没するとしてNHKは「ツバル危機」を訴えたが、
しかし潮位観測のデータは横ばいを示している。 
 
氷河がとけてクマが絶滅するという予測もあった。
しかしシロクマ(北極熊)の数は二万頭から二万六千頭に増えていた。
これなども捕鯨禁止と鯨の増殖の関係に似ている。
 
日本ばかりではない。
発祥地アメリカでも、地球温暖化を声高に叫んで、
人々に恐怖を煽り立てたのはクリントン政権の副大統領一派ではなかったか。

トランプが決断した「パリ協定」からの離脱はまことに正しい選択であり、
日本も三兆円をどぶに捨てる愚をやめ、
パリ協定も京都議定書は廃棄するべきではないかと、
本書を読了後に考えたのである。
 
著者の渡辺氏は環境化学などを専攻する東京大学名誉教授。
これ以上の専門家はいないだろうし、

そのエキスパートが地球温暖化なるは、嘘であると言い切っているのだ。
福島原発、豊洲のベンゼン騒動などもこの類いである。
 
こうした真実を知って、グリーンピースや反原発の虚偽を見抜き、
運動から離れて真実を訴え始めた科学者が、
日々夥しい数で増えているのである。
引用終わり

貿易の関税戦争で中国経済が最悪の状態を迎える事は
ドイツ経済も一蓮托生に成ります。

メルケルとトランプの関係は最悪のようです。

ヘルシンキで16日 
ロシアのプーチン大統領と会談するトランプ大統領は
どんな?会談にするのか予断は出来ませんが、

欧州の首脳は 固唾を飲んで見守ります。

グローバリズムからナショナリズムへと、
止めようの無い流れが出来上がっています。

難民問題で ドイツは連立を壊さないようにと
八方美人の曖昧な表現で 一見纏まったようですが?
執りあえず オーストリアとの国境 バイエルン州に収容所を作り
国境警備を強化すると・・・・。

フランスのマクロン大統領は
欧州の中央に収容所を作ることに懸念を表明しています。
海の向こう 地中海のアフリカ側に収容所を作り 
資金をユーロ各国で分担すると考えているようです。

資金負担をユーロが強制すると、分裂しますね。
特に東欧は・・・・・・。

政治や経済の近年の流れの底流には
世界情勢の底流に流れている事実を俯瞰すると、

新保守主義者(ネオコン)リベラリスト(形を変え擬態する左翼)
国際金融資本(主にユダヤ系)が動かし共鳴しあっている。
彼等の正体が、グローバリズムを唱える人達の事実です。

つまり もっと大儲けしたい連中なのです。

ウクライナ、アフガン、リビア、イラクで頓挫し
中東、東欧の政局を大きく変えてしまいました。

終焉を迎えた共産主義者は 子や孫でも在る 新左翼陣営に潜り込み
擬態しながら生き延びています。

彼等に逆からう指導者が 
プーチン、トランプ、安倍信三と考えられています。

16日の米露会談でクリミア併合をトランプが認めたら 
面白くなるどころか 大問題に成ますね。
それは さすがに無いでしょうが。

国際金融資本の起す紛争の所でも 述べましたが、
ロシアには国際金融資本は体制変換を起こし
ロシアの中央銀行を手に入れる事は 
現在考えにくいですね。

コソボの紛争では 調停役のユーロ側の人選に、
ジョージ・ソロスが国務長官のヒラリ・クリントンに指示を送り
言った通りの人選で 調停委員長が決まりました。

リビアのカダフイ大佐を殺害して体制を変え
リビア中央銀行をロスチャイルド系が手にしましたが
もう 手口はバレバレです。

BBCが先頭になり 反ロシアの政治宣伝(ブロバガンダ)も

ノビチョクと言う 毒薬使用の暗殺事件の
その後の成り行きは不透明で 
イギリス情報局の自作自演では?と
世界中が疑い始めています。

ロシアで行われているワールド・カップのサッカー試合が
今まで無いような 盛り上がりを見せている 
この時期に

又 ノビチョク事件が起きたとBBCは伝えています。
感想は又か??
情報機関も手詰りのようです。

トランプ大統領の正当性を貶める「ロシア疑惑」も
元情報員の「ステイール文書」も
FBIのインナー・サークル(反トランプ)の捏造と判りました。

被害者は アルコール中毒で麻薬中毒の夫婦だと
BBC以外のニュースは伝えています。


数々の本を出版されている
元外交官の馬渕睦夫さんの最近の本からも

馬淵睦夫 ウイキペデイアより
在英国日本国大使館、在インド日本国大使館、在ソビエト連邦日本国大使館、
ニューヨーク日本国総領事館に勤務し、EC代表部参事官1989年-1991年)、
在イスラエル日本大使館公使1991年-1995年
在タイ日本大使館特命全権公使(1997年-2000年)を務めた

2000年平成13年)に特命全権大使キューバ国駐箚に就任。
2003年(平成15年)5月には
財団法人国際開発高等教育機構専務理事に就任[4]し、
2005年(平成17年)より駐ウクライナモルドバ大使を3年間務め、
2008年(平成20年)11月、外務省退官。
同月防衛大学校教授に就任し、2011年(平成23年)3月、定年退職。

「共産主義者、リベラル、ネオコンの共通点はグローバリズムだ
かれらが世界秩序を破壊したのだ」 
馬淵睦夫『馬淵睦夫が読み解く 2019年世界の真実』(ワック)
ユニークな世界情勢分析の旗手である馬淵氏は、
次の世界はグルーバリズムからナショナリズムへ移行し、
秩序が地殻変動に襲われるだろう、と説く。
現在、世界の「闇」を形作っているのは
「リベラル」なメディアが連日量産するフェイク・ニュース。
世界に代理戦争を仕掛ける「ネオ・コン」、
そしてユダヤ人の多い「国際金融資本」であり、
これに真っ向から挑戦しているのが
トランプ、安倍、プーチンという構造になる。
 
だから三人はリベラル派マスコミの敵であり、
ロシア・ゲート事件をでっち上げてトランプを叩き、
かれらがしかけたウクライナがうまく行かないのでプーチンを非難し
モリカケというフェイクをしかけて安倍を批判してきた。
 
まっとうな政治家は、
かれらの目ざすグローバリズムの実現に邪魔というわけだ。 
ところが、「グローバリズムと共産主義は同質」であり、
『世界の破壊をしてきたのはアメリカである』
(最近のリビア、シリア、
 そしてウクライナのロシアからの離脱の動きは裏にネオコンがいた)と
著者の分析は大胆不敵である。
 
米国の政変は、リベラルが、
かれらの世界戦略の反対する政治家を謀略報道で葬ることで起きる。
しかし、彼らの理想に近い者なら、モラルが欠けていても擁護する。
クリントンは確実に弾劾に値したのに、
「モニカ・ルインスキー事件」を小さく、小さく報道した。
いまの{Me、Too運動}とまったく違う。

そのくせ、ニクソンに関しては些細な事件を針小棒大に報じて、
とうとうニクソンを辞任に追い込んだ。
リベラルなメディアは『マッカーシー旋風』で大活躍した
反共主義者のニクソンが嫌いだった。
 
『ディープスロート』の首謀者はマーク・フェルトという「ユダヤ人だった」。
ハリウッドは、この機密漏洩者(つまり売国奴)を英雄扱いして
映画(『ザ・シークレットマン』)を作ったが、
フェルトは言ってみれば、
「アメリカの前川喜平みたいなもの」だと馬淵氏はいう。
 
さらに独自の解釈はトランプが
FRB議長にパウエルを指名した意味である。
 
歴代グリーンスパン、バーナンキ、イエレンとユダヤ人だった。
30年にわたって彼らが米国の金利、通貨政策を差配してきた。 
馬渕元大使はこう言う。
 「ジャパンハンドラーたちの言うことは、あまり訳に立たない」。
対象は日本のメディアが重視する
アーミティジ元国務副長官、ジョセフ・ナイ教授。
マイケル・グリーン(政治学者)らだと名指しである。
 
また「ネオコン」は保守主義の範ちゅうで論じられるのは間違いであり、
「世界統一を目ざす『保守の皮を被った極左』」だという。
なぜならネオコンは「民衆の価値なんてどうでもいい」、
「金儲けが一番大事という思想に染まってしまえば、
いとも簡単に世界をグローバル市場で統一することができる。
彼らの目的達成においてトランプ大統領が目指す、
強力な主権国家の存在は邪魔で仕方がない」ということになる。
 

徘徊ボケ老人のモンクが 酒を飲みながら、鼻毛を抜きながら
主張して来た事と 大きく違いません・・フム。フムです。

後 欲を言いますと キリスト教と言う「オカルト」宗教にも
触れて欲しかったのですが、残念です。

でも 長崎県の世界遺産登録が決まってから
色々なブログに 日本人奴隷貿易に触れて
世界遺産登録を 批判する言説が見受けられることは 
嬉しい限りです。

『「潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産への登録について』
https://sns.orahonet.jp/blog/blog.php?key=16752
 や、『フェイクニュース?』
https://sns.orahonet.jp/blog/blog.php?key=16393
の最後のコメント欄を参照ください

なにしろ 当時奴隷市場が在った 印度のゴアには
原地人の数より 日本人奴隷の数の方が多いと記録されているのです。
幼い少女が 裸で連れてこられた その人生や運命を考えると
怒りとやり場のない感情が沸き起こります。

決して歴史上の 過去の出来事ではなく
形を変えて現在も
キリスト教徒とグローバリストが裏で 蠢いているのです。

難民達の置かれた状況や、紛争で怪我を負い
爆弾に逃げまどう人達も
その原因は
「街に血が流れると 投資のチャンス」と嘯く
国際金融資本の仕掛けなのです。

宮崎メルマガの一説から

トランプ外交の全貌が、霧が晴れるように見えてきた
  喫緊の議題はないが、
プーチンとじっくり話し合おう(7月16日。ヘルシンキ)
就任以来、トランプ大統領が行ったことはと言えば、
国内的には
(1)オバマケアの改編
(2)メキシコ国境に壁
(3)雇用の増大、米国企業を本国へ戻すなど公約の実行である。
結果的にはフェイクニュースを垂れ流す
リベラルなメディアの偽善も明るみに出た。
意外なトランプ効果、支持率は51%以上ある。
対外的には次の公約を果たした。
デメリットも大きいが、トランプは気にしている様子がない。
(1)TPP交渉から離脱(結局「TPP11」が発足したが、RCEPに勢い)
(2)「パリ協定」から離脱(地球温暖化は嘘だった)
(3)イラン核合意から離脱(EUが慌てた)
(4)NAFTAの見直し(カナダ、メキシコとも紛糾)
(5)「一つの中国に拘らない」→「台湾旅行法」
(6)エルサレムへの米大使館移転 
トランプが掲げたのは「アメリカ・ファースト」であり、
「世界一の軍事力を保持し」「中国には強硬に対応する」
「日韓独などに防衛費負担増を求める」などである。
 
「MAKE AMERICA GREAT AGAIN」は
トランプの出願した商標でもある。
「太平洋艦隊」を「インド太平洋艦隊」とし、
インドへの姿勢を旋回させた。
そして「リムパック」の軍事演習から中国を排除し、
南シナ海では「航行の自由」作戦を継続して実施している。 

中国マネーに懐柔されたかに見える、オバマ外交の否定を次々と続け、
クリントンの曖昧戦略とG2、オバマのピボットからリバランスへの変遷を、
一気に乗り越えての中国敵視政策を鮮明にした。 
底流にあるのは米国のヘゲモニーを新興国に渡さない、
つまり中国が米国を凌ぐ軍事力を保有することは阻止する、
という決意である。

「ツゥキディデスの罠」という歴史の法則を思い出した。
この戦略を達成するための具体的な地域外交とは、
北朝鮮を引きずり込み、逆に中国への布石として活用できないか。
すくなくとも中国が北朝鮮に疑惑を抱かせただけでも成功である。
つぎにロシアを反中国包囲網に加えることが出来ないか、という目的が生まれる.
北朝鮮の金正恩との会談は、
非核化を表向きの交渉課題としてはいるが、
ホンネは北朝鮮の対米姿勢の変化
(その後、北は「米帝国主義打倒」を言わなくなった)。

ともかく不気味に鎖国してきた北朝鮮のドアを蹴飛ばして、
風通しを良くしたのである。
 
ポンペオは「二年以内」(ボルトンは議会向けに「一年以内」と言い換えているが)
という交渉期限を記者会見でおもわず喋った。
ということは2020年東京五輪のころに、
劇的な政治ショーが実現する。

なぜならトランプは本気で在韓米軍の撤退を唱えている。
縮小を検討せよとすでにペンタゴンに指示している。
在韓米軍が撤退すれば、
在韓アメリカ人の生命の危険を顧慮しないで、
北朝鮮を攻撃できるからである。

同時にトランプは「宇宙軍」の創設を検討するように指示した。
 ▲これからが米中対決の本戦を迎える 

中国に対してはすでに
(1)輸入物資に高関税を課した
(2)知財盗取を許さないために、中国資本の米国企業買収を認めない
(3)金融で締め上げる。中国の在米資産凍結などの手段を法制化
(4)為替操作で対抗する中国の外貨市場への攻撃準備。
(5)華為技術と中興通訊(ZTE)を米国市場から排除。
(6)習近平の唱える「2025 製造大国」への懸念表明、
5Gなど次世代技術を渡さない。等々。 

イスラエルの要望に添ってのイラン制裁、サウジへのテコ入れ、
エルサレムへの大使館移転などで、アラブ諸国の反撥が殆どなかった。
中東のエネルギー政策で大きな懸念はトルコの扱いが慎重さを欠くことだ。

そして、ここでロシアの活用が次の段階の外交目標となる。
カナダのG7で、
トランプは「ロシアをG8に復帰させよう」と提言している。
欧州勢は無反応だったが、プーチンが反応した。 

先週、ジョン・ボルトン安全保障担当大統領補佐官はモスクワへ飛んで、
プーチンと下打ち合わせを完了、
記者団の「クリミア併合を黙認するのか」という質問に
「それはありえず、合意できないポイントがあることで
 合意することにもなるだろう」と煙に巻いた。 

米露首脳会談では議題を設けず、ロシアと接近する必要があり、
いずれ中国包囲網の仲間に加える腹づもりと推察できる。 

ロシアは中国人をまったく信用しておらず、
現在までの「蜜月」の演出は
武器と原油を購入してくれる大事な顧客であるという
打算がさせたものである。
 
7月16日、ヘルシンキでの米露首脳会談は、
1989年12月のブッシュ・ゴルバチョフの
マルタ会談(東西冷戦の終結を決めた)に匹敵する
歴史的意議をもつことになるかも知れない。
引用此処まで

世界中を俯瞰する外交とは 難しい物なのですね。

ツイッターついでに
グーグルのストリートビューの写真に猫が写り受けています。
c0192063_09185206.jpg

グーグル ビュー 猫
Everton Martins
@evertonmdz
Google Street View captures very confused cat hanging out in Rome
dlvr.it/QZKrjZ pic.twitter.com/OhebLLKUkJ

22:08 - 2018年7月3日
c0192063_09182224.png
c0192063_09183984.png
ローマ市内の広場だそうです。

Google Street View captures very confused cat hanging out in Rome
If something weird is captured on Google Street View,
someone on the internet is bound to find it.
Bonus points if it's a cute animal.
That's because,
while there are plenty of weird and wacky moments well documented
in the various lists we've created,
Google is constantly updating Street View for accuracy.
Due to the constant influx of revised images,
every so often the internet will discover a new little Easter egg
in the Google Street View world.
c0192063_09190282.jpg
This time, it's an adorable close-up of a cathttps://mashable.com/2018/07/02/google-street-view-cat-rome/?utm_campaign=Mash-Prod-RSS-Feedburner-All-Partial&utm_cid=Mash-Prod-RSS-Feedburner-All-Partial&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

そして もうご存知の事と思いますが、
世界サッカー協会の関係者が上げた ツイッターの写真に
ベルギー戦では負けましたが、

This is the Japanese dressingroom after losing to Belgium in the 94’ minute.
Thanked their fans in the stadium,
cleaned up everything (bench and dressingroom) and spoke to media.
Even left note with ‘thank you’ in Russian.
What an example for all teams!!
Privilege to work with! pic.twitter.com/eIryTdrlKA
? Priscilla Janssens (@priscillaboca) 2018年7月2日

日本のサポーターが負けたベルギー戦後
スタジアム のゴミを拾う姿と共に
選手のロッカーも綺麗に清掃されており、
ロシア語で「アリガトウ」と書かれた書置きが・・・・・。
c0192063_11020035.jpg

世界が日本人の習慣に拍手と 我々も見習うべきと
賞賛の声が起きています。

サッカー協会のスタッフ一同の皆さん、監督、選手の皆さん
お疲れ様でした。

胸を張って 帰国してください。


今日は独断と偏見の ボケ老人の独り言でした。


 


[PR]
# by monk-1 | 2018-07-05 11:04 | Comments(0)