風の抜け道

涼しい風が 部屋の中を通り抜けていきます、

久しぶりです こんな過ごしやすいのは お陰で植木の手入れが念入りにできました。

不思議に思いますのは 毎日次々と色々な事件が起きるものですね、

一日ぐらい 静かな日があっても良さそうなものですが、  人の世です

人の数だけ 悩みや 問題 考え方があると言うのは どうやら本当のようです


海外では ベルギーのブリュッセルから パリへ向かう高速鉄道で

モロッコ生まれのイスラム教徒がテロを行おうと 

カラシニコフ銃、弾倉、自動拳銃等で武装し テロを実行しようとしたところ

偶然休暇で乗り合わせていた アメリカ兵3人に取り押さえられました。

お客とアメリカ兵一人が軽傷を負いましたが テロ行為は未遂に終りました。

3人は アフガンに出兵していて 休暇で旅行中に遭遇したらしいです。


機関銃で武装していましたし 高速で走る列車の中ですから 一歩間違えると

大変な事件になるところでした。

犯人はスペイン警察がマークしていた モロッコ人の移住してきた人物で 

フランス内務省には通報済みと言うことでしたが、

フランスでの被害者を出さなくて良かったです

今夜はオランド大統領が3人を招待しての 晩餐会だそうです、

記者会見に挑んだアメリカ兵は 照れくさそうに記者の質問を受けていましたが

同時に並んで会見に出席した アメリカ大使(女性)は 少し誇らしげでした。

オバマ大統領も 声命を出し 「彼等は本物の ヒーローだ」と

フランス政府は彼等3人に レジオン・ドヌール勲章を授与すると発表しました。

CNN,CBC,などアメリカのメデイアは アンカーマン(ウーマンも)

嬉しそうに 放送しています。

川崎で火事だそうですが 新日鉄住金鋼管の工場の解体工事中だそうです、

昔 朝車で 湾岸線を浮島まで 出向で通っていましたので 

お隣の「花王」の工場は大丈夫かしら?その又お隣にある警備の厳しい「東芝」は

確か 原発の燃料を作ってるはずですから とか 

色々思い出しながらニュースを見ていました。

多摩川を挟んで羽田空港ですね。


趣味で宗教を勉強し始めてから 抜書きのメモや資料を整理しながら

まさに『蝸牛の歩み」状態です、 次つぎと 読まなければいけない本が増え

取り寄せた本は 積んどく状態です 過ごしやすくなりましたので

少しは 進むかしら? 


多神教時代の参入儀礼と 聖職者集団に入る儀式などから パブテスマのヨハネは

志半ばで斬首されますが ヨハネが荒野の生活で「祈と労働」を大事に考えていたと

何回も書きました そして ヨハネが 「私の後に来る者は もっと凄い人」と

シモン・マゴスを後継者に指名していました。

後に 西洋思想史に 魔術師シモンが創始者と書かれている「グノーシス主義」へと

発展して行きます。

後 フランス領ラングドックで パリの本部と同時に襲われて虐殺された

「テンプル騎士団」とカタリ派の住民達。 

カタリ派とは グノーシス主義ボゴミール派の事で 主に東欧に勢力を広げていて

正教会(ギリシア、東方)共に ボゴミール派の影響を強く残しています、

一部 スコットランドに逃れた テンプル騎士団も勿論 グノーシス主義者で

スコットランドのシンクレア家に援護されます、シンクレア家は現在も続いていて

当主は1398年に ヘンリー・シンクレアが アメリカ東部のオークアイランド島に

渡ったと言っています コロンブスがアメリカ大陸発見の およそ百年前の事です。

アメリカ大陸には 元々 オークと言う木は生えていないので 

先祖が オークを植林したと言い伝えられているそうです、

勿論 シンクレア氏と共に 元テンプル騎士団の関係者も一緒です。

ここで 押えて置かなければいけないことは ヨハネの「祈と労働」の生活 つまり

祈が 如何発展していくか? 労働の意味と質が どの様に発展していくか?

この間を埋める作業が 膨大な資料と精神力を要求されます

時間にすると 2世紀から 11・12世紀頃 約1000年位あります

私的には 錬金術やフリーメーソンの お勉強になると思います。

労働(少数の石工の秘密めいたギルドが後に物理(力学)や数学等近代科学の礎に)

祈は当初は多神教時代の洗礼の儀式等から 弾圧された結社の儀式となり

英国での理神論の影響も受け 西洋哲学の礎になったと 考えています。

一方 イエスとその取り巻き立ちは まさに 神がかりとでも言いますか

奇跡や予言そして 組織維持の為 様々な公会議を行い イエスを神の子にまで

いやはや です。イスラムも似たようなもので 現在の世界中の混乱の大多数は

こういった 宗教上の諍いから 始っています、

又 後日続けます  今日は 冷酒です。

下の子供の肩の人差し指はヨハネのシンボルです 作者はイエスとヨハネの関係を
知っていたようです,教会が絵の発注者ですから こういう形でヨハネの優位性を?
c0192063_16571385.jpg
c0192063_16573472.jpg

[PR]
by monk-1 | 2015-08-24 17:01 | Comments(0)


<< ご馳走 空の色は秋です >>