夏も 終わりですね。

あっと言う間に 月日が過ぎて行き 8月も今日で終わりですね。

雨模様の曇り空で 湿った空気が部屋に流れ パイプの煙と一緒に

ヴェランダに流れ出て行きます。 

あの狂おしい暑さに比べると シットリとした空気は過ごしやすく  秋ですね。

国内のニュースでは 閑な人たちが未だ 安保法制反対とか デモを行っています、

主催者は10万人、警察発表では2万人 何時もの事ですが、

数日前から ツイッターで発信していましたが、JRの送電線や発電所を狙った

放火事件は 戦後の混乱期に共産党が起こした「首都圏に騒乱を」を思い出させます。

東京を騒乱状態に落とし込み 革命ですか? 馬鹿なことを昔通りにやってます。

ここは是非 警察や公安庁に頑張っていただきたい物です、

如何せん 野中某の件でも 述べましたが中国大陸や シベリア帰還兵の多くが

赤化教育、共産主義者教育を受けて 帰還し 国は当時の国鉄に大勢採用し

失業者対策を国策としていましたが 

多くの帰還兵が洗脳教育を受けてきた事を知ったのは 後のことです。

組合を組織化し ソ連コミンテルン日本支部(日本共産党)の指示通り

日本の天皇制を廃止し 革命を起こし 共和国にする事が コミンテルンが指示し

資金などを送る最低条件でした。

その後洗脳された人たちが組合を作り始め 資金は組合から上納されるようになり

コミンテルンの資金は共産党から社会党へと移り 離合集散を繰り返してきましたが

日本国内に革命を起こすと言う 当時のコミンテルンの指示を 未だに守っています。

その手口は 動脈でもある国鉄の輸送を邪魔するつまり、 

鉄道破壊を行い日本を内乱状態にするという 方法をとっています。 

現在のJR放火事件も 同じ手段で日本共産党が直接ではなくても 

傘下の左翼団体が行った事件でしょう。

何度も言いましたが 世界的には 共産主義の壮大な実験は ソ連邦の崩壊で

終了したと 言うのが世界共通の認識ですが 生活の為か?お金の為か?

「化石のような脳みそ」の人たちが 未だ大勢いるのですね。

騙され 振り回されている若い人達が 人生を棒に振らないよう 

早く事実に気付く事を祈ります。


閑話休題

トルコが有志連合に参加し単独ではなく共同で ISに空爆を行いました。

秋口に再度総選挙を行うトルコでは エルドランが世俗主義を捨て

オスマントルコ帝国を夢見て イスラム化を強めましたが国民の支持は離れ始め

連立も組めない状態ですので 選挙睨みの有志連合参加でしょう。

国内のPKK(クルド労働者党)との 和平交渉を一方的に打ち切り攻撃をし始め

シリアのアサド大統領憎しと 反アサド陣営に肩入れしている事は周知の事実で

ISではなく ISと戦うクルド兵を攻撃するとは・・・・・。

影でアメリカや欧州が 強い圧力をかけた事が自明です。

同じくブロバガンダを流し続ける 

反アサドのカタールの放送局アルジャ・ジーラの記者が3人エジプトで逮捕されました

エジプト国内で「イスラム同胞団」と接触したという 嫌疑です。

軍事革命でイスラム同胞団を認めていない軍事政権は世俗主義を徹底し

宗教の政治への関与を認めなくなりました。

軍事パレードでサダト前大統領をイスラム過激派に暗殺された歴史を持つ

エジプトは イスラム化の末路を軍事政権は見てきているのです。

以前にも「イスラム同胞団」は 一つの政党ではなく 寄せ集めで

エジプト観光に訪れた海外からの観光客をテロで殺害した 過激派も含む

寄せ集め集団なのです。

日本人観光客も 大勢殺されています。

観光が大きな産業のエジプトで観光客を暗殺し 経済的な騒乱を起こし

イスラム原理主義国家成立を夢見ている「イスラム同胞団」は認められないのです。


イスラム同胞団と接触したアルジャジーラの記者達は 

謝った記事を報道した疑いで 逮捕 起訴されましたが、話題になったのは

記者の国籍がカナダ、オーストラリアと契約記者で 

弁護士にアマル・クルーニが付いた事です

アマル・アラムデイン・クルーニはレバノン系イギリス人で 彼女が有名なのは

あの アメリカの俳優 ジョージ・クルーニと結婚したばかりなので

嫌でも注目を浴びました。
       
       (拘束され裁判を受ける アルジャジーラの記者)
c0192063_10363694.jpg

c0192063_10374841.jpg
c0192063_10381392.jpg

      (一躍注目を浴びている、人権派弁護士アマル・クルーニ 下はご主人)

c0192063_10503679.jpg


有り余る資金で TV局を開局し その放送が欧米に都合の良いプロバガンダで

目出度く アメリカにも開局した アルジャジーラが公正な報道等行う筈も無く

恐らく何がしの情報か?資金?を そんな情報をエジプト国内のイスラム過激派と

接触したのでしょう、エジプトの情報機関は イスラエル情報機関とも仲が良く

表向きは誤報を流したと言う事ですが 、事実は発表しないでしょう。

判決は禁固刑で 3年~3年半と言う事ですが、英、米は反発しています。

アメリカ大統領のオバマですが 引退後のファンデーション(財団)の資金集めも

上手く集まり 手持ち無沙汰のようです

近々 アラスカを訪問するらしいですが、アラスカ州にあるアメリカ一番の高山

MT マッキンレイーの名前を変えると言い出しました。

c0192063_10554594.jpg


ソ連からアラスカを譲り受け 一番高い山に

アメリカ大統領の名前 マッキンレイーと名付けていたのですが、

アラスカ訪問前に 先住民の間で古くから呼ばれていた名前「デナリー」にすると、

アラスカの先住民の言葉で 高い山 と言う意味らしいです。

大統領は 何でも出来るのですね、他にすることないのかしら?

TV等では イランの女性副大統領が(イラン革命の時に イランのアメリカ大使館を
                       占領した学生たちの 広報を勤めていた女性)

CNNのインタビューで 私達の反アメリカ路線は変わらないと 発言し

アメリカ議会では イランとの核和平協定とは 何なんだ?と

大統領補選に出ている民主党、共和党候補を巻き込んで大論争です。

本当にお馬鹿な大統領でした。

NYでは 先日載せた ドナルド・トランプを皮肉り こんな絵が

c0192063_11145827.jpg



ユーロの移民問題は酷い事になりましたね、以前拙ブログに載せましたので

スルーしようと 思いましたが ハンガリーがセルビアとの国境に防護柵を作り

何とか 難民を受け入れないようにしましたが、 この通り

c0192063_1112119.jpg

c0192063_11122435.jpg


ドイツ政府は公式に 移民80万人を受け入れるとメルケルが発言しましたが

ドイツ国内の反対派の動きも無視できない勢力になってきています。

イギリスは 既に30万人入国し フランスにも25万人以上が 

イタリア国境に待機しています。 各国に都合よい高学歴で資格保持者ばかりでなく

既に ユーロ諸国では ポーランドの運転手、ルーマニアからのロマ、季節労働者等

低賃金労働者が溢れています ドイツやイギリス、フランスの若い失業者の目から見ると

各国の政策は納得できるものではなく、

経済論理優先で 自国民を差別していると写るようです。


中国経済の低迷と先行き不安は ドイツ、フランスの経済にも影響を与え始め

エコノミストの表紙にはこんな

c0192063_11252834.jpg


下がり続ける成長率と万里の長城が重なっています。

中国政府が 今年の成長率は7%と発表しても 誰も信じていません、

おそらく マイナス成長で 最悪は地方銀行に始る倒産連鎖が 中央にもと

投資資金は100億ドル単位で 中国市場から引き揚げ始めました

軍事パレードなど やってる場合じゃないのですが 

国内不安をそらす為と考えると 軍部の暴発が一番怖いですね

早く 安全保障関連法案を成立させないといけません。


秋は矢張り サンマですね 今夕は 冷酒とサンマにします
        (僕も サンマ食べたい・・・・・)
c0192063_11333583.jpg

[PR]
by monk-1 | 2015-08-31 11:35 | Comments(3)
Commented by fuurai12 at 2015-08-31 15:11
いよいよ9月ですね。
そうですか、クルーニさんが弁護士の女性とねぇー知りませんでした。
中国の成長率と万里の長城の比較おもしといですね。成長率5%と耳に致しましたが?日本の輸出企業への影響は?打撃受けますね。
それから、トランプ氏って、利口なの足りないのかよく解りませんが?
Commented by monk-1 at 2015-09-01 06:58
カタール政府は有名人の弁護士を採用することで 事件に注目を
集める作戦なのでしょう。中国経済は電力使用量、貨物輸送量などからマイナス成長と見ている国が殆どです。日本企業の投資金額も年々減りつつあるそうです、
トランプ氏は私の一番嫌いなタイプです、知性の無さ、吝嗇、思い上がり等です。
Commented by fuurai12 at 2015-09-01 16:07
トランプ氏の事、とてもmonkさんらしいお言葉と感じました^^。


<< 住む国を失うと言う事と  かの国 ご馳走 >>