神輿は馬鹿で軽い方が良いよ

朝から雨模様です
コヒーを飲みながら 雨の通りをボンヤリ眺めていたら
通学の小学生でしょうか,黄色の帽子にお揃いの雨具黄色のカバーが付いたランドセル
交通事故防止のための黄色なんですね、
雨の中でも 鮮やかに映えています。
山手の双葉の生徒さんのようです、時々バスで一緒になりますが
降りる時にはそれぞれ運転手さんに「ありがとうございます」と挨拶して降車します。
学校の教育方針なのでしょうが 清々しいですね。
大人のほうが近年は挨拶も出来ない人が多いようです。

挨拶と言えば 未だ仕事をしていた頃 
出向先の会社が、京浜東北線で東京方面に向かい川崎駅まで電車通勤をしていました。
早朝 駅のホームで毎朝会う小学生がいましたが
小柄な新一年生のようで、体より大きそうなランドセルを背負い 
大人に混じり通学していました、 
何時の頃からか駅のホームに上る階段で
毎朝「おはよう」と声をかけるようになりましたが、
恥ずかしそうに最初の頃は頭をコクリとするだけでした
慣れてくると、走りながら「おはよう」と側にくるようになり 
ホームは反対側でしたが短い朝の挨拶でした、
どうやら逗子にある聖マリア小学校の生徒さんのようでした。

定年退職後、買物の用事で横浜駅西口まで出かける為に 
久しぶりに石川町駅に行きました。
ホームで後ろから 「解りますか?」と 女性に声をかけられて振り向くと
私より背の高い若い女性でしたが、
顔に面影が残っていて 「お元気ですか?」と
あの時の小学生でした、 
現在は東京の大学に行ってるそうで
今日は午後からの授業だそうで、 
それにしても大きくなるのは早いですね
口には出しませんでしたが、内心驚きました。
横浜駅までの短い間のお話でしたが、立派な大学生に成っていました。
その分 私が老いたと言う事ですね。

GNNのニュースが早朝6時から現在11時ですから 
サンフランシスコ近郊のサンバーナディーノ市の障害者支援施設で
2日午前(日本時間3日未明)、に起きた銃乱射事件を長々と 放送しています。
SUVで 逃走した犯人はどう言う訳か数マイル先で車が発見され
犯人2人は射殺され 
一人が逃走中のようです 
14人が死亡、14人が負傷し中には重傷者もいるそうです、
すっかり陽が落ちた暗い街の中を一軒一軒 捜査が続いているようです、
各局は ヘリコプターを飛ばし、空撮の映像を流しながら解説をしています。
次々と銃犯罪が起きるアメリカは明らかに病んでいますね。
事件の内容は未だ不明ですので、テロなのか、単なる銃撃事件かは未だ解りませんが 
爆弾のような物も用意されていたそうです。
日本時間の11時過ぎに FBIがアパートを急襲したと、結果は未だです。

閑話休題
ロシア国防省は記者会見を開き 
トルコが ISの資金源である石油の密輸に深く関わり密輸現場のビデオを公開しました、
(偵察衛星の赤外線画像と無人偵察機によるものを)
シリアとトルコの国境を何のチエックも受けずに行き来する、多数の石油タンクローリと
カモフラージュのつもりなのか?トラックなども、
トルコの大統領エルドランは会見で、「証拠を見せろ、事実なら辞任する」と
大見得を切っていましたが もう逃げられませんね、
娘婿でエネルギー相もアウトのようです。 
(ロシア国防省発表の動画を下に)

ロシア国防省は、トルコの石油密輸を裏付けるビデオを公開。
ビデオにはトルコ南部のレイハンルィ地区を通るシリアとトルコの国境を何の障害もなく
大型輸送トラックが通過する様子が収められている。
ロシア国防省のFacebookには
「大型輸送トラックが何の障害もなく国境を通過している。
この場所のシリア側の国境地帯はテロ組織『ヌスラ戦線』が掌握しており、
それが石油を積んだタンクローリーや大型トラックをトルコ領に自由に通過させている。
こうした輸送車の検問は国境を越えたトルコ側でも行われていない。
こうした輸送車は何百台にも達する」と書かれている。

この他、国防省は、石油を積んだタンクローリーや大型トラックは国境を越えたあと、
タンカーが接岸できる特別な設備のある
デルトイルやイスケンデルンの港へと向かっていることを指摘している。
これらの港の衛星写真は2015年11月25日の撮影。
積み替えを待つ石油輸送車が連なる様子がはっきりとわかる。
http://jp.sputniknews.com/russia/20151203/1263997.
 html#ixzz3tDLSFika

イギリス議会では慌てたキャメロン首相が 
シリア空爆に参加しようと議決をせまっていましたが賛成397票 反対223票で
今までのイラク国内だけじゃなく、シリアのISに空爆攻撃参加を始めるようです。
中東の自国の利権を絶対に離さないという固い決意のようです。
このままでは イラン、イラク、シリア、ロシア、クルド人、レバノンのヒズボラが
ISを掃討してしまい 
イギリスの発言権は無くなると慌てたようです。

ガートルード・ロージアン・ベルの処で述べましたが
ロレンス大佐(有名なアラビアのロレンス)と 共に中東の国境の線引きに
英、仏は 深く係わり、それぞれの利権を守ってきました
第一次世界大戦時 ドイツとオスマン・トルコは 同盟軍でした
ばらばらに分割されたオスマントルコの領土の中の
英、仏の植民地や利権に目を付けたドイツは
第二次世界大戦時 北アフリカ、中東に侵攻しましたが
自国の利権と石油を守りたい英、仏は色々な手段を講じていました 
その中でも部族が中心の社会で空手形を切り 
有力部族を口説き兵站である鉄道を破壊しようと
ロレンス大佐は沙漠をラクダで越えてドイツの基地を襲撃したりと 
映画でお馴染みの中東政策でしたが 
これが 巨大石油メジャーを作り出しました、
遅れて利権に飛びついたのは 
第二次世界大戦で大儲けしたアメリカの金融資本です。
イラク政府は トルコがISの石油密輸を行っているなら 
国連安全保障理事会に提訴すると発表しました、
トルコ国内ではイスラム化を進めるエルドランの政策で 
実質ISはフリーで国境を跨ぎ出入りしているようで 
先日もトルコ弁護士協会の会長でクルド人弁護士が、
記者会見の最中に
警護の警察官2名と共にカメラの前で射殺されてしまい 
トルコ国内で大騒ぎになり
政権に批判的な記事を書いた編集者も逮捕する異常さです
c0192063_12441316.jpg

エルドラン一族は いずれ亡命するしか無いのでは?
受け入れ先は勿論アメリカです。
ISの訓練キャンプの沙漠のテント映像には支援しているUSのマークが
c0192063_12453385.jpg

何故なら 密輸された石油売買や精製の後ろには表面には出ない
「中東の石油産業を支配してきたアメリカがその気になれば
ISISが石油を生産、精製、輸送、販売することは不可能に近い。
ISISの販売を請け負っている会社はARAMCO、
つまりSOCAL(スタンダード石油カリフォルニア)、テキサコ、
スタンダード・オイル・オブ・ニュージャージー、
ソコニー・バキューム(後のモービル)が出資している巨大企業だと言われ、
トルコやイスラエルも輸送や販売に協力していると伝えられている。」
浮世風呂さんの ブログより

オバマ大統領といい キャメロン首相といい情報工作機関からは
バラ色の耳障りの良い情報しか聞かされていないようで
もし 全てを知ってての行動や言葉でしたら 
大きくそれぞれの国民を裏切っている大嘘吐きと言うことです。
もう一つは 
IMFのラガルド専務理事が
来年9月をメドに中国元を通貨バスケットに入れると発表しました、
アメリカからは猛反対の議員の発言が届いていますが 
もう無理でしょう。
国際金融資本が中国経済を取り込む事に決めたようです。
習近平がイギリス訪問時の女王陛下を巻き込んだもてなしと言い
知っていながら イギリスの原発を中国に発注したりと 
一般には理解できない事ですが 
まさに14億近い人口を抱えた中国経済は、無視できないスケールになっています
勿論 共産党政権を支えると言う訳ではありません
オバマやキャメロンと同じく 
軽い神輿で儲かるような政策を取ってくれるなら
政体は如何でも良いのです、
次は人口増加が著しいインドでしょうね
そして 幾らか落ち着いたらアフリカです、

其々 抱える人口は無視できない多きな金融サービス業のお客なのです。
中国共産党としては国内向けには南沙諸島や尖閣で緊張感を煽り 
党が金融資本に泣き付いた等とは口が裂けてもいえません、
上海市場が夏場暴落した時に、仕掛けた香港の投機会社の経営者は江沢民の孫で
役員には ウオールストリートの面々が並んでいます
「不正を正す」と中国国内的には言いましたが 
上海派閥のボス江沢民には手を付ける事ができず 
むしろ息詰った経済のソフト・ランデイングに四苦八苦の挙句の今回です。
IMFのラガルド専務理事は来年9月までの猶予期間を与えていますが
共産党の独善的な市場介入、為替操作、人権問題、自由 等など
解決しなければいけない問題が沢山ありますが 解決は出来ないでしょう。

余りにも可哀想な チベットの子共達 悲しすぎますね これが現実です。
c0192063_1248545.jpg

フランス人で弁護士上がりのラガルドの中国理解は
19世紀にフランスで流行した 「シノワズリ」程度の理解しかないのでしょう。
次期も専務理事と何処からか?確約も得たようです
イギリスロンドン金融街 シテイでは元立の中国国債を売り出すようですね。
起債する銀行は 悪名高きHSBCで(サッスーン財閥)そのスタートは
安いインド産の麻薬を中国に売りつけて儲けた、香港に本社を置く
香港、上海、銀行がHSBCです、現在本社は昨年香港に移る話もありましたが
ロンドンに本社があります。
当時はペルシャ系ユダヤ人と言われる不良が
一攫千金を狙って東インド会社経由で大儲けし
サッスーン財閥の基礎を中国で作った訳です。
言わば 麻薬取引のボスですね。
(現代でも通用する手口で、麻薬、覚醒剤、武器密輸等 
 非合法な金儲けで得た資金を マネーロンダリングして タックス・ヘイブンで合法化し
 投機や投資資金にしてしまい 合法的な会社を作る遣り口です)

フランスで行われた 地球環境を維持する為の会議で 
温暖化防止を議論していますが、 
又 怪しい日本の国会議員が出てきて
中国の工場に環境技術と資金をと言い出すのが目に見えています。
それでなくても韓国、中国はサイバー攻撃で
日本企業の先進技術をハッキングが国策ですから、
日本の中小企業が開発したエボラ出血熱に効果が認められる新薬も
何時の間にか、中国共産党軍が特許を取ろうとして 
余りにものやり方で、世界中から嘲笑を浴びても何処吹く風で、
栃木のイチゴから北海道大学の実験農場で盗まれた新種のトウキビが
数日中に 韓国で特許申請などと 
サイバー空間だけでなく 
実社会でも盗みがふつうなのです。

そういえば靖国神社のトイレに爆弾を仕掛けたのも韓国人でした
直ぐに韓国に逃げ出したようですねが 

韓国の原発製造技術や 中国の原発製造技術には 
大手保険会社がUAEの韓国原発製造時と同じく 
原子炉の製造に日本メーカーが入らないと大手保険会社は保険契約を断るようです。   
見ものですね!

くれぐれも馬鹿な議員がしゃしゃり出ないように、見張っていないと大変です。
雨が止んだようですので 雑用を片付けに外出します。 

新しい 世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)を作ってるのは 私です。
c0192063_1251235.jpg

[PR]
Commented by saitanii at 2015-12-03 23:08
アメリカは銃乱射事件が起きると護身用に
更に銃が売れるそうですね。
一般の家庭に銃があるなんて恐いです。
以前、ハロウィンの夜に「プリーズ」と「フリーズ」を
聞き間違えて、撃たれてしまった日本人がいましたね。

「おはよう」の小学生のお話
良い話ですね。
そんな偶然があるのですね。
Commented by monk-1 at 2015-12-04 09:01
子共は国の宝物と考えています、
迫害を受けているチベット、ウイグル族の子共達の写真を見る度に
怒りを覚えます。
動かない国際社会、とユニセフ 長い物には巻かれろとばかり 
中国に何も言えません。
by monk-1 | 2015-12-03 12:51 | Comments(2)

森羅万象 気になることを記します