雪模様を眺めながら

ニュースが 北国の吹雪模様を放送していますが、懐かしく眺めています。

積雪が1メートルとか 言っていますが 昔はよくありました

地吹雪で雪と風が一緒になり 上空からではなく横殴り又は下から顔に吹き付けてきて

目も口も開けられず 顔を横向きにしながら 吹雪の中 新聞配達をしていました。

腰まで積もった雪は 冷たさを直ぐには感じず

むしろ 吹き付ける地吹雪を受けない分だけ 温かみさえ感じる雪でした。

久々に懐かしい子供の頃の北国の生活を思い出しました

札幌近郊にある 手稲山は 未だ冬季オリンピックが決まる前でしたので

コースも整備されていない山で 頂上まで上り山小屋で一泊し

早朝 林間のダウンヒルを楽しみます

奥手稲、無意根山と山スキーのメッカで 積雪は3~4メートルあり

一度転倒すると 大変な想いをした 記憶もあります

山スキーには 昔はシールと言って スキーの裏にアザラシの皮を付けて

下降だけでなく 登坂が出来るようになっていました。

今は シールなんて あるのかしら?

手稲山に上る時山道で 頂上に荷物を運ぶキャタピラーを装着した

雪上車に出会ったときには 気の良い運転手さんでしたら

後ろに掴り 楽をして上る事も出来ました。

オリンピックが終わり 数年ぶりに帰郷したときに スキーを楽しみましたが

その変容振りには 驚かされました

手稲オリンピアスキー場の支配人 T さんと知り合ったのもそんな頃でした

大手広告会社の 札幌支店長の紹介で知り合いましたが

博識で温和な人柄がとても 魅力的な人でした

伺うと 札幌のHBCTVと言う会社から転勤してきたそうで

ススキノでご一緒させて頂き 色々な思い出があります。

低気圧が発達し 大荒れのお天気と放送していますが

北国の雪には 良い思いでしか有りません、

年のせいでしょうか?悪い思いでは忘れてしまう いい加減な私の精神状態の故か?


閑話休題

中東では 内向き外交のアメリカ大統領オバマの外交路線とは反対の

シリアとの同盟関係で ISに対する空爆で 存在感を示したロシアが

ISの資金源と それらを支援する トルコや石油メジャーの存在を明らかにし

慌てて撤退したと言われる ガルフオイル(アメリカメロン財閥)そして

ウクライナでも シエブロン石油が撤退し 

国際金融資本が 世界中を自己利益のために アメリカ政府の政策を歪めて

世界中にアメリカの敵を作り 尚世界中を混乱させたままで引っ込むと言う

いい加減さも見せ付けました、

此処にきて 昨年から湾岸諸国のロシア詣でが続いています。

昨年から ヨルダンのアブドラ国王は 三度も訪ロし

カタールのタミム首長、クエートのシャビール家のナワーフ皇太子

バーレンのハリファー家や アラブ首長国連邦のハリフアー大統領 そして

シリアのアサド大統領も

中東の(スンニ派の)盟主 サウジアラビアとペルシャ帝国の末裔でシーア派の盟主

イランが アメリカとの核開発合意で表舞台に登場し

対 ISとの戦闘、イエメン内紛では 南、北に分かれた 政府軍と反政府軍を

それぞれ 肩入れし イエメンで代理戦争状態になっています

存在感を見せた ロシア詣では アメリカの衰退を見越した

アラブの商人たちが 現実的な対応を見せ始めています。

梯子をはずされた ウクライナを見ているだけに 

保険を掛ける様に ロシアへ向かっています  もっとも

肝心な ISは 既に次の戦場(石油利権)はリビアと決め 激しい戦いをリビアで行い

地中海を挟んで すぐ向かい側に ISが勢力を伸ばすと

難民危機どころか 海を伝って 夜間テロリストのユーロへの輸出が始まる危機です

リビアの石油利権も多く持つユーロ各国は 如何するのでしょうね?


その難民問題ですが ドイツ政府とドイツマスコミは 年末のケルンを始めとする

ハンブルグ等 数都市で起きた事件の被害女性が 700人を越すと発表しました。

3週間たち 隠し通す事が出来ないと 発表したようです、

ネット上に動画がUPされていますが 酷い状態ですね、一人の女性を数十人が取り囲み

地下に下りる階段を引き摺り下ろしている 男たちの数は 数十人です

悲鳴と助けを求める 女性の声が痛々しいです、警察官は多数に無勢と

見てみぬ振りをしていたようです、前の戦争のユダヤ人迫害が トラウマなのかしら?

中には 性的な被害や強奪もあり 治安に不安を持つ住民がそれぞれ

自警団を設立し 警察の力が行き届かないところを 若者達が自警団で補佐すると

マスコミは それまで 極右とか ファシストと レッテル張りをしていましたが

此処にきて 酷い現実を隠し通すことが出来ないと理解したようです。

今年になり 新年間もないのですが既に 23000人の難民がドイツに入国し

ドイツ政府の与党CDU(キリスト教社会同盟)の閣僚の ドブリット運輸省が

メルケルの政策を公然と批判し 又与党のボスバッハ議員団長は40名の連盟で

ドイツ国境の封鎖を働きかけ

オーストリア、スロバキア、ノルウエー、スウエーデンと ドイツの周り各国が既に

事実上の国境閉鎖に近い状態で 難民をドイツに送り返し始め

25カ国加盟のシエンゲン協定(協定加盟国はパスポート無しで自由に移動が出来る)が

事実上 崩壊し始めている事を認めざるを得ない状態です。


ユーロのユンケル委員長は、次のように述べた-

欧州委員会のジャン=クロード・ ユンケル委員長は19日、欧州委員会の会合で、

シェンゲン協定はアフリカや中東諸国からの難民が欧州へ流入する状態に

耐えられない可能性があるとし、危惧を表した。

シェンゲン圏には重大な脅威が差し迫っている。これは存続の脅威といえる。

今日喜んで国境管理を導入し、明日にはその経済コストは膨大だと考え、

明後日には、これ以上、域内市場や移動の自由がないならば、

なぜ我々には単一通貨必要なのだろうか?と疑問に思う可能性がある。

c0192063_14224812.jpg


© AP Photo/ Matthias Schrader

独バイエルン州首相 メルケル首相に難民問題をめぐり最後通牒

2015年末および2016年初頭、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フランス、

ドイツ、マルタなどのシェンゲン協定加盟国は、国境管理を再導入すると発表した。

1月16日、オーストリアも国境管理措置を導入した。

そしてオーストリアのファイマン首相も、

シェンゲン圏が今のような形で今後も存続することに疑問を呈した。

ファイマン首相は、次のように強調した-

「もしEUが対外国境を保護しないならば、シェンゲン協定のありかたに疑問が生じる。

その場合、各国は自国の国境を管理しなければならない」。

オーストリアが国境管理を導入した16日、

バイエルン州のホルスト・ゼーホーファー州首相は、メルケル首相に

「もし2週間以内に、ドイツ国境の秩序が保障されなければ、

ドイツ憲法裁判所に訴える」との最後通牒を突きつけた。

c0192063_1428404.jpg


あれ程高い支持率を持っていた ドイツのメルケル首相の支持率は急落し始め

現在34%まで 落ちてしまいました、政権崩壊になるのでしょうか?


もう 少し飽き飽きしてきた アメリカ大統領補選ですが 少し取り上げます

ドナルド・トランプ陣営に 

前回の大統領選挙で共和党の副大統領候補サラ・ペリンがトランプ支持を表明し

アメリカのマスコミを驚かせています、
c0192063_1448458.jpg


ペリンは テイー・パーテイ運動でクルーズ候補と運動を共にしてきていたからです

演説の中で ペリンはアメリカには今 レーガン大統領のような 強い大統領が必要だと

それが出来るのは トランプ候補と持ち上げましたが

早くも次の次狙いだとか 億万長者の資金に目が眩んだとか 賑々しい報道です。

そして 故レーガン大統領の子息が 「父のレーガンと比較するのは止めてくれ

父とは 似ても似つかない男だ」と

おまけに 福音派のケーブルTVや ラジオの人気キャスターマーク・デービスが

公然とトランプ批判をし始めました、

アメリカの選挙では 強い影響力をもつ 福音派(聖書原理主義者)の中でも

もっとも影響力を持つ人が 反対し始め共和党の大統領補選は混沌とし

挙句 イギリス議会では50万人の署名を集めた(イギリス議会では10万人の署名が

集まった議題は議会で取り上げなければいけない)

トランプのイギリス入国禁止についてイギリス議会は 様々な意見が飛び出しました

トランプは 対抗して スコットランドのゴルフ場に投資している資金を引き上げるとか

ブラフを切っていましたが、イギリスの議会では

「あざ笑い と言う古典的な手法に」で 落ち着いたようです。

フランス大統領は失業者が 360万に達した事で 危機感を深めていますが

妙薬も妙案もなく 取り敢えずは ISをロシアと共同で叩きつぶす事が第一で

ロシアのプーチン大統領に 空爆が生ぬるいと 強気な発言をしています、

今年も年明けから 世界は不透明なままですね。

雲が出てきたようで 鈍色(にびいろ)の雪雲が 遠くに懸っています。

今夜も 熱燗ですね!。
     

難民は来ちゃ駄目だよ!  難民じゃないよ 只の猫だけど~~。
c0192063_14564118.png

[PR]
by monk-1 | 2016-01-20 14:58 | Comments(2)
Commented by saitanii at 2016-01-22 21:30
雪って不思議ですね。
白くて綺麗だけれど、甘く見ると危険で命取りにもなる。
けれど、温かみもある。

EUも・・・
Commented by monk-1 at 2016-01-23 12:48
故 中谷宇吉郎先生が人工雪を作り 雪の結晶を初めて見た時の驚きは今でも覚えています、乳製品の雪印は有名ですね。
昨日 フランスのバルス首相は「統一ヨーロッパは、崩壊の危機にさらされている。EUは、数か月も持たない」と述べていますね、どうなるのでしょう。


<< 異常なのは気象だけでないようです 闇に蠢く 迷惑な連中 >>