ネット 徘徊老人。

気持ちの良いお天気なのですが、九州、熊本地方を襲った地震災害は

未だ 治まる気配を見せませんね、

地震災害で お亡くなりになった方々、御遺族、関係者の方々には

心より お悔やみ申し上げます。

又 災害に遭われて 避難生活を余儀なくされている方々には

お見舞い申し上げます。

これ程 文明が発展し 様々な科学技術が発展しても

何時、何処で起きるか解らない地震には驚かされますし、人間の限界すら感じます。

寝ていた断層が ある日突然目を覚まし暴れ始めた・・・こんな感じです。

一刻も早く 終息する事を願って止みません。

非常時の厳しい生活の中に ”ホッ”とするお話しも幾つか目に、耳にしますが、

非常時に見えてくる 日本人の心根には 誇らしさを感じますし、

小、中学生が プールの水をトイレ用にと数十回も往復している姿は、

教育して出来る物では有りませんね、

自主的に災害時に自分たちに出来る事をと・・・。

又 怪しい連中が出没しているようで こんなSNSも展開されています。
c0192063_13573325.jpg

熊本には自衛隊の駐屯基地が多く在り、災害出動した隊員が心配して 注意喚起の
メールのようです、
c0192063_13574852.jpg

こんな 日本人がいるとは信じられません、緊急時ですから 射殺しても良いのでは?

東日本大震災の時にも 日本語が「怪しい」日本人が出没して 色々と騒がれていましたが、

被災者の皆さん、頑張って下さい。




アメリカ議会が通そうとしている 9・11レポートにサウジ・アラビアが猛反発しています。

9・11テロに 間接的にサウジ・アラビアが関与(資金提供)したと

サウジ政府は もし その法案を議会が通過させるなら

サウジ・アラビア政府保有のアメリカ国債約78007500億ドルを売ると 

そしてアメリカ国内に保有する資産も全て売却すると ”脅し”です。

軍事力を背景に 各国に押し付けてきたアメリカの経済政策は事実上は破綻していると

見る向きもあり、ドルを支えてきた友好国が反乱を起こすと

アメリカ経済の先行きは不透明になり ドルの価値と威信も下がるでしょう。

大慌てのアメリカ大統領オバマはサウジを訪問して

言い訳するようだ と ワシントン・ポストは伝えています。

c0192063_13292683.jpg


任期終了まで 後僅かな所に来て 中国問題でミソを付け、今度はサウジ問題です。

中東政策でアメリカに梯子を外された形のサウジは イランの参加しないOPECで

産油量、価格共に産油国間で合意する事ができず、

イランは経済制裁前の日量生産200万バレルを暫定的な生産予定量とすると

現在より増産体制です。

価格競争でアメリカの中、小、シエールガス会社を生産中止に追い込みましたが

イラン、ロシア、ベネズエラ等の産油国は自国経済の先行きを 有利に展開しようと

合意には 至りませんでした。

挙句 アメリカ政府関係者が 国務省が資金援助している勢力と情報機関(CIA)が

援助(資金、武器)している勢力が シリアでは戦闘状態にあると?

アメリカは一体何をしているのでしょうね、 バラバラ勝手に政策を進めていて

整合性も無く オバマ大統領の政権内の立ち位置を如実に表しています。

リビア問題で イギリス、フランスのリビア政策を批判したと 前回書きましたが、

早速 イギリスの外務大臣 フイリップ・ハモンドがリビアを訪問しました、

c0192063_13445890.jpg


キャメロン首相は 大忙しで、6月に控えたユーロ離脱を決める 選挙、

パナマ・ペーパーに名前が出て 野党労働党からも 辞任しろと 挙句

イギリス鉄鋼業界だけでなく、ブルー・カラーの労働者も イギリスの不景気な製造業を

何とかしろ!と首相官邸前でデモが毎日交代で行われる始末です

c0192063_14215647.jpg


オランド フランス大統領は電話会談でオバマ大統領と今後の事を伝えていたようで

c0192063_1354257.jpg



そのリビアの近況ですが

c0192063_1422924.png


政府が影響力を持つ地域はトリポリ周辺だけで、

そのトリポリでも腐敗した政府批判のデモが起きていて”やり直せ”と、

c0192063_1412585.jpg


難民も 又増え始め

c0192063_14124545.png


トリポリからの難民達も
March migrant crossings up on 2015  9,600
migrants crossed the Mediterranean to Italy in March 2016
c0192063_14175310.jpg

c0192063_14373993.jpg

ドイツは取り敢えず 難民問題で トルコと合意して 知らぬ顔ですが 各国で問題が
  ギリシアの海岸には 以前ほどでは有りませんが 現在も
arrived in Greece from Turkey In March 2015:
2,283 made the sea crossing to Italy
7,875 made journey from Turkey to Greece  Source: UNHCR, Frontex
c0192063_14304577.jpg

 ブタペスト中央駅にも
c0192063_14314557.jpg

 セルビア国境でも
c0192063_1432264.jpg

 パキスタン、モロッコ、バングラデッシュ、アルジェリアからも、
c0192063_14331083.jpg


そんな世界の出来事の間隙を突いて 中国は埋め立てた環礁に いよいよ
戦闘機を配備しました。
c0192063_1439713.jpg



そんな中 メルマガに載っていた 加瀬さんのコラムから 一部引用します、

「・・・・・・・言葉も、そうだ。そのよい例の1つが、「認知症」だ。
「呆け」とか「痴呆症」というと
差別語になるからといって、「認知症」にしたという。
 だが、民法では婚姻外の男女に生まれた子を実子として認めて、
親子関係とすることを、認知という。非嫡出子を実子として認めるのは、
厳粛な行為だ。痴呆症、いや認知症と一緒にしてほしくない。
しばらく前に、
警察庁が「婦人警官」「婦警(ふけい)」の婦が女性を蔑視しているといって、
「女性警察官」「女警(じょけい)」と言い替えた。
女性が帚(ほうき)を持っているから、蔑んでいるというのだ。
私は幼い時から、母が箒を手にして、心をこめて掃除しているのを見て、
帚が母の心の延長なのだと思ってきた。

ついこのあいだまでは、毎朝、家を出ると、
路面に清々(すがすが)しい箒目(ほうきめ)があった。
路地は舗装されていなかった。
路地に面した家の主婦たちが、掃いたのだった。
「掃(はく)」という字は、手と帚が組み合わさっている。

電気掃除機が心の延長になるだろうか。
テレビのコマーシャルに自動掃除機が登場するが、
手間よりも、心を省いているのだろう。
 
一事が万事だ。
コンクリートが細やかな心の働きを、封じ込めてしまった。
家電製品はすべて心を省く。
心が余計な時代になった。

「婦」が女性を差別しているといって、男女の違いをなくしてよいのか。
「男ごころ」「女ごころ」という言葉も、死語となった。
演歌の題やことばに、「女の港」「男の港」「女坂」「男坂」があった。
ちょっとした女らしい仕草に、胸を躍らせたものだった。
もう女の港も、男の港も消えてしまった。

“ことば狩り”によって、やれ「セクハラ」だ「パワハラ」だ「右寄り」だといって、
先祖から受け継いできた文化が否定されて、
本音を語ることができない、息苦しい社会をつくってしまっている。」
引用終わり

ネット上を 毎日徘徊している 痴呆症に近い わが身を考えると!!

痴呆症のネット徘徊老人 モンクは いけないのかな??

つまんない 世の中に成りつつ ありますね。

      痴呆症の徘徊老人 モンクじゃないよ! 猫だよ。
c0192063_1459389.jpg

[PR]
by monk-1 | 2016-04-19 15:00 | Comments(2)
Commented by saitanii at 2016-04-20 23:43
そうですね。
「婦」は、女性に帚ですね。
しかし、何故それが女性蔑視なのか
一応、女の才谷ですが 理解できません。
だいたい、こういうことに騒ぐのは女性だけですよ。
女は浅はかなんですよ。
男と女が違うのは当たり前です。
Commented by monk-1 at 2016-04-21 14:49
左翼政党と人権派弁護士が応援する、西早稲田が本拠の 
日本を共和制にして、天皇制を廃止すると言う思想を持った
団体がたくさんあるようです。
多くの韓国人、中国人、そして左翼の日本人の巣窟です、
国連人権問題委員会の日本人女性弁護士と中国人副委員長が
男系天皇制は女性差別だと言うのもその活動の一環なんですね。


<< 独り言 花散らしの 雨ですか >>