人気ブログランキング |

連休も無事に終了です

連休最後の日曜日ですね、

例によって未だ明けやらぬうちから、燕のさえずりで目を覚ましました。

風も左程強くなく 爽やかな日曜日のようです。

連休中は様々な催しが行われていて、多くの人出で歩くのも苦労しました

国際仮装パレードを横目に お散歩していましたが、

フエイス・ブックより 以下に
U.S. Army Japan Band participated in the 64th Yokohama Parade in Yokohama city, Kanagawa prefecture, May 3rd, 2016.
5月3日、在日米陸軍軍楽隊は、神奈川県横浜市で開催された第64回ザよこはまパレード(国際仮装行列)に参加いたしました。
(Photo by E. Minto, USARJ Public Affairs Office)
c0192063_7581511.jpg

c0192063_7583732.jpg


中々の演奏でした

安倍総理が連休の間に欧州各国を巡り、

伊勢・志摩サミット参加国首脳と会い G7の根回しを行いましたが、

その足で ロシアのソチを訪問してプーチン大統領と会談を行いました。

気配りは中々の者です、本来G・8なのですが ウクライナ問題?とかで

アメリカのロシア嫌いの連中の政策が取り入れられ 

ロシアに対して経済制裁中なので ロシアには参加申請をせず、

ロシアが参加せずG7と為っているわけですが 
(まるでアメリカ政府の遣り方は まさに いじめっ子政策のようで)

いじめはいけません、あくまでも話し合いです。

最後にロシアを訪問してロシアの面子を立て、

尚且つ北方領土問題を含む様々な経済協力の可能性の打ち合わせでした。

秋にはウラジオストックで行われる再会談で 具体的な首脳交渉の約束を交わし

アメリカ大統領選を視野に したたかな外交術です。

c0192063_8361691.jpg

c0192063_858644.jpg


日本メデイアは 反安倍連合の様で訪問の意義を伝えたくないようですが、

イギリスでは女王陛下への表敬訪問も行いました。
c0192063_8373979.jpg


アメリカの保守系の情報誌は素早く反応を示し こんな記事を

米国の大手総合情報サービス会社ブルームバーグは
「安倍首相のソチ訪問は、クリミア統合後ロシアが陥っている
『国際的孤立』に逆行するものだ」と指摘した。

これに対しモスクワ・カーネギーセンターの専門家アレクサンドル・バウノフ氏は、
今回の安倍首相のソチ訪問について
「日本は、ロシアの孤立化のような贅沢を自分に許すことはできない。
これは、
中国や韓国が日本そのものに『疑い』を持って接していることと関係がある」と述べ、
次のように続けた―
「日本は、東アジアに友人がいない。
まさにそれゆえに日本にとってロシアとの関係は、大変重要なのだ。」

安倍首相は、ソチ滞在中、
クリル(北方領土)問題、貿易経済及び人道分野での日ロ協力発展の現状及び見通し、
さらにはシリア情勢などについてロシア側と協議する計画だ。

また安倍首相は、エネルギー産業を含めたロシア経済の支援、
そして極東地域の産業発展のため、8つの方向性に沿った協力プランを提案する考えだ。

c Sputnik/ Michael Klimentyev
米紙「日本 ロシアとの友好路線をとる」
再生可能な代替エネルギー源の分野での協力、
平和的な原子力エネルギー分野での協力の見通しもあるという。

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行やみずほ銀行など日本の銀行最大手も
エネルギー分野におけるロシアと日本の間の協力、
特にガスプロジェクト「北極LNG 2」の資金調達に参加する見込み。
2015年、ロシアから日本への液化天然ガスの輸出量は650万トン、
原油は1450万トン、石油製品は170万トン、石炭1620万トンだった。
引用終わり

ロシアの専門家も我田引水ぎみで 

日本には東アジアの友人がいない等と解説していますが

アジアは東南アジア諸国連合等 多くのアジアの友好国と良好な関係ですし、

インド、中東等に対して 過去に「汚れた手」を持っていません、

過って エジプト「建国の父」 ナセル大統領はイギリスからスエズ運河を取り戻し、

非同盟諸国会議で中東の悲劇について、インドを始めとする非同盟諸国に対し、

「中東には日本がいなかった」とアジアを植民地から開放した日本を称え、

羨ましがったものです。

特亜三国(中国、韓国、北朝鮮)以外のアジア諸国とは非常に友好的な関係です。

注目されるのは 北極海産ガスプロジエクトに日本企業が参加するか?どうかです。

温暖化のせいで 北極海の氷が溶けて色々な事業が見直されていますが、

北極海の資源探査では 北欧諸国を押えてロシアが抜きん出ています

領土的にもロシアの裏庭と言った感じですが、

資源以外にも大きな影響があり、

更に北極海航路が確保されると欧州にはとても近くなります

中国政府も「一帯一路」政策で 

インド洋からユーロへの入り口 ギリシアへの投資と頑張っていますが
(軍事的プレゼンスは別として)

比較すると かなり遠回りになり 

時間、コストを考えると中国政府の投資が無駄になりそうです。

北極海航路が運用され ロシア政府の認証が下りると大幅なコスト削減が出来ます。

中国政府も何とか食い込んでくると思いますが 

トップ同士が会い、決めると言う、首脳外交の良いところです

安倍総理は強かな外交戦略を持っているようです。

そんなロシアのエネルギー戦略ですが

ロシア国家企業「ロスネフチ」の子会社である「ロスネフチトレーディングSA」が
初めてとなるエジプト向けの液化天然ガスを出荷した。RNSが報じた。
報道によれば、
今回の出荷は「エジプシャン・ナチュラルガス・ホールディングカンパニー」との間に
2015年夏に結ばれた契約の枠内で行なわれているもので、
初荷はタンカーGOLAR ICEによってすでにアイン・ソフナ港に着いている。

今回の液化天然ガスの出荷はロスネフチのオペレーション活動では初めてのこと。
「ロスネフチ」と「ガスプロム」は、
炭化水素の抽出および処理のための
共同プロジェクトの実施について日本企業と交渉している。
ユーリイ・ウシャコフ大統領補佐官が語った。

ロシア政府は中東(エジプト、トルコ)への南方向と 

北極海からの北周りとエネルギー戦略がはっきりしています。

トルコ政府は首相が辞任発表し エルドガン独裁体制に成りつつありますが

未だ予断できません、

       辞任発表する ダウトオール首相
c0192063_8561255.jpg



アメリカの大統領補選で共和党候補はどうやらドナルド・トランプで決まりのようです

私は彼が好きではありませんが、途中の彼の発言からは興味を少しだけ持ちました

日米同盟による在日米軍の費用を全額負担しろ、とか 嫌なら米軍を引き揚げると

そして 米軍が引揚げた後に、

北朝鮮の核から日本防衛の為には核武装を容認する等々と・・・・・。

車にも日本が牛肉に掛けている38%の関税を掛けるとか(認識不足でお笑いですが)

私は自主防衛論者で 日本の現在の押し付けられた憲法は廃止し

抑止力として核開発、核武装論者ですから 願っても無い事と考えています。

在日米軍の抑止力を考えると 

アメリカ人は内向き指向が強くなり 

景気もドル価値も下がり気味のアメリカ経済を考えると

以前 宮崎正弘さんが主張していたように 

ドルを支える為に日本が買い貯めたアメリカ国債で 第七艦隊を買うと言う論が

現実的に成るのでは?と思います。

自前で単独整備するには 時間と費用が掛かりますが、

あの特亜の国々(中国、韓国、北朝鮮)には常識が通用しませんから 

無駄な空白を作らない為にも

アメリカ国債で 機動部隊(第七艦隊)を買うのです。

私は宮崎さんの意見に 大賛成です。

日米同盟は維持するとしても、漸く 元都知事の石原さんが言ってた

「ノーと言える 日本」が実現するかもしれませんね。  是是非で世界に貢献できます。

国際金融資本の伝書鳩 ユダヤ人キッシンジャー博士が言った

食料を制する者は・・・・、エネルギーを制する者は・・・・、

最後に 金融を制する者が世界を制すると・・・・・、

流浪の民となり 国を持てなかったユダヤ人が金融の世界で力を付けて

2000年近くの間に 洗練された金融事業を展開してきましたが

世界中を歪な形にしてきたのも 事実です、

移民問題でユーロでは政界地図を変え始め、

アメリカでもウオール街を占拠せよから始る サイレントマジョリテイの意識変化は

アメリカの政策を内向きにして トランプ現象を生み出し

保守本流の 共和党は股裂き状態になりました、

フランス、ドイツ、スペイン、イギリスも保守勢力が選挙で票を伸ばしていて

日本のメデイアは極右政党と 毎度お馴染みのレッテル張りで脳死状態ですが

日本の野党も似たような者で 激変する世界情勢には付いていけないようで

思考停止状態、脳死のようです。

安倍が~、戦争法案が~と 訳がわかりません????。


国会図書館のオンライン版ですが 以下に先人の講演から引用します。

四王天延孝さんと言う 軍人のお話ですが・・・、

因みに 私はユダヤ陰謀論には組みしません 国際金融資本を法律でと・・・

フランス革命もロシア革命も フリーメーソンが仕掛けたと、

陸軍中将 四王天延孝(しおうてん のぶたか)氏講演
c0192063_1032993.jpg


フリーメーソン秘密結社について  世界覆滅の大陰謀暴露

昭和八年九月九日
於: 飛行会館
主催: 人類愛善会亜細亜本部速記: 東京講演会

四王天延孝氏略歴
明治12年9月2日、埼玉県比企郡唐子村に生まる。明治33年6月少尉任官、
同42年11月陸軍大学校卒業。
その後関東軍参謀、砲工学校教官兼陸軍大学校兵学教官、仏国軍従軍武官、
西比利亜派遣軍司令部付、所沢陸軍飛行学校教育部長代理、同下志津分校長、
陸軍省航空課長、国際連盟に於ける帝国陸軍代表兼空軍代表、豊予要塞司令官、
第十二師団司令部付等を歴任し第三師団司令部付にて現役を退き
現在帝国飛行協会総務理事に就任、ユダヤ問題に関しては吾国の権威たり。
著書──「ユダヤ民族の研究」「国際共産党の話」外多数あり。

本日はフリーメーソン秘密結社についての話をしてくれという御注文でありますが、
このフリーメーソンという問題を研究する必要が
いずこにありやという事から先ず申し上げたいと思います。

彼の我が大日本帝国を破壊し、自由、平等、友愛、の名に於いて、
実は国家を混乱に陥れようとする、共産党の如き、
これは世界秘密結社であるところの、フリーメーソンの一つの機関であります。

              国際連盟半公式紋章(五芒星)
c0192063_103115.jpg


また、平和の機関として実に立派な金看板をかけて居るけれども、
実は平和を攪乱する事になって居るところの、彼の国際連盟もまた、
秘密結社の拵えたものです。

左様な訳でありますから、この秘密結社の正体を調べるという事は、
対外的には我が国の崩壊を考えているところの彼等の輩に対しても、
また内憂に対する上からしても必要でありますが、
更に、執拗にも支那を使嗾して世界の大動乱を惹き起そうとしつつあるところの、
彼の国際連盟の魂胆を看破して、そしてこれに対応する為にも、
フリーメーソンという秘密結社を分解してみる必要があるのであります。

     欧州議会議事堂
c0192063_1013207.jpg
        第三インターナショナル記念塔
c0192063_10134626.jpg
















  第一インターナショナル
c0192063_10155892.jpg

 ロシア革命でも 自由、平等、友愛の旗が
c0192063_10233452.jpg

  旧東ドイツの紋様 石工の道具コンパスと定規、フリーメーソンと同じ
c0192063_10402271.jpg


共産党という党派は、今如何なる形式をもって進みつつあるかと云えば、
即ち第三インターナショナルという世界的機関が動かして居るのでありまするが、
その第三インターナショナルという機関は、これは秘密結社が拵えたのであります。
その第三インターの母体たる第二インターナショナルというのもまた、
世界秘密結社が拵えたのでありまして、もう一つ遡れば、第一インターナショナルも、
マルクスその他の秘密結社員が拵えたのであります。

インターナショナルの大会合は、
いつでも秘密結社の総会等と前後してやって居るのです。

例えば第二インターナショナルというのは、
1889年の7月14日〔パリ祭〕、即ちフランス革命の百年祭の日に創立されました。
それから中一日置いて、7月16、7日の両日に、世界秘密結社の大会合が、
やはりパリに行なわれて居る。
そういう具合に、いつでも一緒に同一の機会にやるように致しております。
第二インターの第五回大会は、万国博覧会が1900年パリに於いて開催せられた時で、
やはり世界秘密結社の会合の機会であります。

そういう具合に
インターナショナルの組織と秘密結社の組織とは切っても切れない関係にあるので、
話は色々混雑致しますが、第一インターナショナル第一回大会を1866年の9月、
国際連盟が毎年総会を行うところの彼のジュネーヴに於いてやって居るのであります。
ついででありますから申し上げますが、
今年の国際連盟の総会も9月にジュネーヴでやります。

これは今年ユダヤの正月元日が9月30日でありますから、
その関係でいつもよりも遅れて、9月25日に開会する訳であります。
大体9月の第一月曜日をもって総会の開催日にしておりますが、時々閏が入るので、
10月の初めにユダヤの正月の元日が来る年があるのです。
そんな関係で今年は少し遅れて居るようであります。
大体共産党とか社会主義というものが
インターナショナル秘密結社の手で動いて居るという事は、
私が詳しく例証をあげて説明しなくても既に御承知と存じますから、
その方面はこれで打ち切って、
国際連盟と秘密結社の関係を更にはっきり申し上げたいのです。

四王天氏はあとでこう言います、
「社会主義の一般が、皆これでありますが、
これは皆、このイルミナティから来ているのであります」。
「一般」とか「皆」とかいう言葉を使ったこの言い方を、人は極端と思うかも知れません。
しかし、上のこれらのロゴを見れば、
いわゆる共産主義も社会主義も「フリーメイソン製」であることが分かると思います。
「ロゴなど当てになるか」という人のためには、或るユダヤ人の言葉を紹介します
──「我々は彼等に新しい理論を教えた。共産主義、アナーキズム、社会主義など、
実現不可能の理論を。
そしてそれらの理論は今、我々の目的に仕えている」参照。

つまり、今の世界、これまでの世界は、
自由主義圏も共産圏も共に「フリーメイソン製」であります。


色が違う所の発言はオンライン・ライブラリーから引用している あるブログの
管理人さんの補足説明です。

次回に続を 又載せたいと思います。
(フリーメーソン、イルミナテイ等謎の多い団体が出てきます)

漸く連休も終わり 少し静かになりますね、

上野の国立西洋美術館に 漸く行く事ができそうです、

カラバッチオ展で どうしても「法悦のマリア」を見ておきたいのです、

彼が死ぬ時まで離さなかった絵なのですが、お気付きでしょうか?

マリアの左肘の下には スカル(頭骨)が描かれているのです

カラバッチオが最後にたどり着いた マルタ島はマルタの騎士団で有名な場所で

先祖はバイキングと言われています、そして マルタの教会壁画(カラバッチオ作)は

ヨハネの斬首の場面なのです・・・・・・・・・・。
            カラバッチオ作 ペテロの否認 
(マグダラのマリアと仲が悪くマリアを追放した言われるペテロ 
    多数派教会では聖人ですが)
c0192063_10521923.jpg



今日は猫ちゃん お休みします。
by monk-1 | 2016-05-08 10:58 | Comments(0)

森羅万象 気になることを記します