人気ブログランキング |

これでも 残暑なんですね。

曇り空ですが、蒸し暑い日ですね。
鳥の声も聞こえませんし、
木陰で休んでいるのかしら?。

アメリカの大統領 トランプ氏は アリゾナ州フエニックスで開かれた
支持者を集めた講演会で、相変わらずの吼えまくりです。

学歴も素養も無い、徘徊惚け老人のモンクが聞いても、
政治家の経験が無い 素人と割り引いて考えても、
語彙も言葉数も著しく足りないですが、
これが本当のボキャ貧です。

支持者の集会での講演と言う事もあり
前日のバージニア州での衝突についての発言も、
メデイアは切り取り、捏造し、真実を伝えていないと。

記者達は不誠実な嘘つきばかりだと。
議会の民主党が反対しても、メキシコ国境には絶対に壁を作ると。
NAFTの見直しも 現在話し合い中で
アメリカ・ファーストを貫くと。

c0192063_09552021.jpg
c0192063_09555118.jpg
President Trump gives a thumbs up to supporters at the

Phoenix Convention Center during a rally on Tuesday.

[Trump administration unveils goals in renegotiating NAFTA]


Trump's threats to walk away from the 23-year-old free-trade
agreement with Mexico and Canada have been
made several times before,
as part of his objection to the $60 billion trade deficit with Mexico
and a loss of manufacturing jobs from parts of the United States.
In a phone call with President Enrique Peña Nieto in January,
Trump talked about imposing a border tax of up
to 35 percent on Mexican exports.
During the Group of 20 meeting in Hamburg last month,
Trump again reiterated his frustration with NAFTA,
according to a Mexican official informed
about the meeting between the two leaders.

https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2017/08/23/mexico-shrugs-off-trump-threats-to-scrap-nafta/?hpid=hp_hp-cards_hp-card-world%3Ahomepage%2Fcard


表には 反トランプを訴える人達も大勢集まり


アメリカの世論は分裂ぎみのようで、メデイアの反トランプ戦略は
現在のところ 目論見通りに行っているようです。

c0192063_10003759.jpg

トランプ大統領に記者の人間性迄 酷評された記者達も
CNNの番組では お抱えの評論家達がトランプを”此れでもか”とばかりに
批判していました。
挙句に 共和党内の不協和音を利用して、
議会で大統領罷免の動きを何故?取らないかと?
コメンテーター達が 大統領罷免の動きを煽る始末です。

中に一人 全てが反トランプでは番組の偏向ぶりが明らかになるので、
保守系の 初めてみる人が出演していましたが。
その人が 口を開き
あなた方は 何を言っているんだ、
少なくとも 貴方方と意見の相違は在るかもしれないが、
彼(トランプ)は選挙で国民に選ばれた アメリカの大統領ですよ、
しかも 支持者は大勢現在でもいると。
その大統領を罷免する方向に 世論をミス・リードするとは、と。

メデイアの 偏向報道を揶揄していました。

他の出演者は沈黙してしまいました。

これでは 拙いとばかりに 司会者が
やや暫くして 長々と弁解(エクスキューズ)です。
CNNもこの程度なんです。
Hiding secret anti-Trump messages in resignation letters is

latest political craze
Like a page ripped out of a really bad spy novel, Trump

critics appear to be slipping secret messages in their

resignation letters. But put away that decoder ring: the

code has been cracked.

http://www.foxnews.com/politics/2017/08/23/hiding-secret-

anti-trump-messages-in-resignation-letters-is-latest-

political-craze.html

前日の基地からの国民向けの演説では アフガン派兵の増員は
マテイス国防長官一任となりましたが、
タイムス紙は 産軍複合体の勝利と

c0192063_10371457.jpg

タイムス紙の風刺画では 塹壕の中でトランプ大統領が・・・。

c0192063_10372645.png

James Mattis to win battle for Afghanistan troop surge
国境の壁も作ると
Trump: if I can’t build the Mexico border wall
I’ll shut down the government
President Trump is careering towards a showdown
with Congress after he threatened to force a shutdown
of the federal government to extract money
from Capitol Hill to build a wall along the Mexican border.
CBSニュースも
"We can't build something.
We can't do anything concrete to the statue itself,
" Szakos said. "But shrouding it in cloth doesn't disturb the statue.
It doesn't hurt the statue and
it expresses our community's real mourning."

On Wednesday afternoon,
a man who identified himself as John Miska apparently tried to remove
a portion of the tarp by cutting through it.
Video of the incident was posted on social media.

City workers drop a tarp over the statue of Confederate

General Stonewall Jackson in Charlottesville, Va., on Wed.,

Aug. 23, 2017


https://www.cbsnews.com/news/charlottesville-begins-covering-confederate-statue-in-black-shroud/
フランスのル・モンド紙も アフガン派遣の兵士数について
Le president Donald Trump a annonce des renforts de troupes dans le pays,
ou l’armee americaine est presente depuis

2 400 morts, 20 000 blesses, 840 milliards de dollars
le lourd bilan americain en Afghanistan
En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/les-decodeurs/article/2017/08/22/2-400-morts-20-000-blesses-840-milliards-de-dollars-le-lourd-bilan-americain-en-afghanistan_5175241_4355770.html#7DUUbFdshPSGEX6I.992001.
En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/#i0UY69xhdPovghQq.99

益々 混迷が深まるアメリカです。
殊更 強調される連中と 

c0192063_10233076.jpg
首が無くなった 南軍兵士の像です。
c0192063_10234215.png
リー将軍の像も
c0192063_10241799.png

欧州でも
スペインのテロ事件を受けて オランダのロッテルダムで
スペインナンバーのバンの中から
ガスボンベが見つかり 
アメリカの音楽家のロックコンサートが中止になりました。
A van containing gas canisters has been discovered near a

music venue in Rotterdam, hours after a tip-off from Spanish

police led to the cancellation of a rock concert.

The driver of the Spain-registered van was detained by

Dutch gig cancelled over terror tip-off

police, Mayor Ahmed Aboutaleb told journalists.

US band Allah-Las - which often gets threats because of its

name - had been due to perform at The Maassilo.

But the warning led to the gig being called off at the last minute.
http://www.bbc.com/

c0192063_10344259.jpg
c0192063_10343353.jpg


不法入国する難民の勢いは 止まるところを知りません。
Migrant crisis: how the EU’s solution backfired
While fleeing their war-torn countries for the sanctuary of Europe,
most Syrians or Iraqis probably did not have Latvia in mind
as their new home.
Yet in the spirit of European Union solidarity
the tiny Baltic nation agreed to take in 531 people
under a two-year Brussels scheme
to redistribute asylum seekers around the continent.

https://www.thetimes.co.uk/edition/news/migrant-crisis-how-the-eu-s-solution-backfired-vznx30gjm

Europe under threat from terrorists posing as migrants

Europe will be increasingly at risk from terrorists posing as migrants
unless western capitals help Libya to stem
the numbers crossing the Mediterranean,
the country’s prime minister has told The Times.

c0192063_10422257.png
c0192063_10423369.jpg
c0192063_10424456.jpg

ドイツのメルケル首相は 何を考えているのでしょうね。
左派の人権や環境に注文を付ける政党との 連立を意識しているのでしょうが?


北朝鮮問題を巡り アメリカの圧力が功を奏したのか?
中国の圧力が効いたのか?
今の所 静かな北朝鮮ですが、中国本体の経済状態が酷いようですね。

国営企業の海外投資や海外とのM&Aも禁止されてしまいました。
内情はかなり厳しいようです。

数年前に 北京大学を卒業して中国政府の統計局に勤務していた後に
アメリカに亡命した 荷青蓮さんの記事でも書きましたが、
中国共産党政府が発表する数字は全て 都合よく捏造された数字であると。
こんな情報がイギリスから出始めました。
宮崎メルマガからの 引用です。

中国の債務爆発はリーマンショックを超える時限爆弾
英国の「オウトノマス・リサーチ」が早期警戒予報

中国のシャドー・クレジット(隠れた債務)はGDPの51%と予測され
巧妙に不良債権を隠してきた悪知恵も、
底が透けて見えてきました。
銀行の不良債権をいかにして隠ぺいしたか。
具体的な方法が、
このアウトノマスリサーチという英国の金融シンクタンクが暴露された
(2017年8月18日)。

第一がWMP(Wealth management Produst)
と呼ばれる『理財商品』の一種である。
これが典型の不良債権隠し、およそ3兆7000億ドル。
償還期銀が短いわりに利息が良いので預金者や投資家に販売した。
つまり不良債権を表面化させないために、
投資信託のたぐいの金融商品に化かしたわけだ。

第二がAMP(Asset Management Plan)で、
総計1兆9000億ドル。
債権を上記WMPとセットにして銀行に売却し、
投資(債権)にみせかけるのだ。
合計額は5兆6000億ドル内外となり、中国のGDPの51%、
恐ろしい数字となって表面化した。
 
この帳簿上の債権の実態は不良債権であり、
ともに中国経済を根底的に揺さぶる時限爆弾である。
おそらく中国共産党は党大会を控えているので、
それまでは必死に不良債権隠しを行うだろう。
しかしそれ以後は爆弾の破裂を待つのかもしれない。
     
IMFは中国経済の薔薇色の未来を描いて久しいが、
それでも多少は客観的であり、
中国の負債をGDPの235%
(ウォール街とシティはいずれお300%を超えていると推計しているから、
 IMFの数字は低すぎるのだが)、
負債がバランスシート上、かなり不均衡であると警告している。

そして 海外への事業投資のばら撒きの結果も、
1962年の軍事衝突の再来はあるか?

 
インドはバングラデシュの北側を領有し、
東インドを繋げる「シリグリ回廊」
(シッキム、ブータン、チベット三角地帯)
という重要なルートを保有している。
このルートの分断を図るのが中国の軍事目的であり、
印度軍とのにらみ合いはそろそろ50日となる。

 
1962年のインド中国国境紛争は、
シッキム高原の侵略を狙って中国が軍を進め、アクサイチンを軍事占領し、
インドから シッキムを奪った。
ちょうどキューバ危機の最中、
世界は、この国境紛争を小さな 出来事として注目しなかったが、
インドはこのときの屈辱感から核武装への道を決断した。


中国はシリグリ回廊の495平方キロが
「歴史的に中国領土だ」と歴史的根拠のない主張を続け、
そのうえで、「インドは軍隊を撤兵させよ」と言うのだ。
尖閣諸島もいずれ、同じパターンで奪取しようとしている。

 
インド陸軍は第十七山岳師団をシッキム地方に駐屯させており、
そのうちの三千名は中国軍が展開する係争地で臨戦態勢にある。
中国軍はすでにチベット側に35トン戦車を待機させており、
同時にブータンの領土に建設中の道路は
40トンの戦車が通行可能 だという
(アジアタイムズ、6月29日)。
もちろん、ブータン王国は中国に撤兵を要求している。

インドの中国に対する不信は高まることはあっても鎮まることはない。
そこでインドは、海洋に眼を転じ、中国海軍のゆくてを遮る戦略にでる。
中国の石油輸入の80%は、インド洋からマラッカ海峡を越える。
インド洋が、中国の経済の生命線であり、
インド洋を「中国洋」とさせないという決意をしめすため、
米軍との軍事同盟を強化し、
日本を加えた三ケ国で共同軍事演習を展開してきた。
 
この軍事演習は「マラバール2017」と命名され、十日間に渡った。
そのうえ、この列にオーストラリアも加えようとしている。
南インド洋には豪のほか、フランスも幾つかの島々を領有している。

米国はインドへ輸送機など3億6500万ドルの軍事物資供与を決めた。
くわえて20億ドルにおよぶ無人偵察機の供与を検討している
(サウスチャイナモーニングポスト、7月31日)。
       
パキスタンに裨益しないCPEC(中国パキスタン経済回廊)
IMFも「一方的な中国の利益」とプロジェクトに懐疑的な報告

「ちっともパキスタン経済に裨益していないじゃないか」と
パキスタン経済界から不満の声があがっている。
中国から安い物資がどんどんパキスタン市場に流れ込み、
パキスタン製品が駆逐され、
そのうえグアダール港工事のための建機、
セメントなど全部が中国からの輸入となって、
貿易赤字が拡大、外貨準備は底をついている。

「なにが双方の利益だ」と嘆きの声は日々大きくなる一方だ。


一帯一路の目玉プロジェクトは中国が500億ドルを投じ、
イランよりのグアダール港から新彊ウィグル自治区のカシュガルまで
鉄道、ハイウェイ、パイプライン、光ファイバー敷設という
四つの工事である。
これがCPEC(中国パキスタン経済回廊)だ。
すでに工事は佳境に入っている。

ところがグアダール港の位置は「パロチスタン藩国」の領地で、
英国が勝手に地図をひいてパキスタンに編入した経緯があり
(ちなみに国王(藩主)は英国に亡命中)、
バローチ人はまったく歓迎していない。
そのため中国人へのテロ、誘拐事件が繰り返され、
その工事現場の警備をパキスタン軍がおこなうという皮肉。

もっと具体的に言えば、プロジェクトの資金は中国が寄付するのではなく、
中国がパキスタンに貸与するのであり、
担保は将来の「通過料」「道路使用量」「鉄道運賃」などである。
当初の計画ではパキスタンは、
2024年には35億ドルから45億ドルの
「収入」が見込めるという青写真になっていた。


IMFの報告は「輸出力向上が見られず
  (そもそもパキスタンからの輸出品は殆どない)、
予測される利益はなく、
パキスタンの赤字拡大の怖れがある」と警告している。

大型のプロジェクトはいまも不足している電力を必要とするが、
そのためにはダムがもっと必要になる。
中国からの代金決済は人民元ではなくドル決済のため、
ますますパキスタンの外貨準備が激減している。

あまつさえ隣国インドが中国主導の一帯一路そのものに反対しており、
しかもパキスタンとインドが抱える領土係争地を、
このプロジェクトが通過する。

スリランカ、インドネシアほかで、
中国の提案を再検討する動きがあったように
「パキスタンはプロジェクトそのものを再検証しなければならないだろう」と
パキスタンの識者は口を揃えている(アジアタイムズ、7月31日)。


いやはや前途多難というより真っ暗、
そのうえパキスタン政変はシャリフ政権を崩壊に追い込み、
北の隣国アフガニスタンへは
IS兵士が帰還し始めて大がかりなテロが予測され、
西の隣国イラン国境も剣呑な情勢である。
 一難去って、また一難。
引用終わり

中南米での中国政府の投資事業は ベネズエラを始めとして
全て焦げ付いてしまい、事業も中断しています。

日本国内の政治家には 今からでも遅くないから
中国主導のAIIBに加入すべきと言う人がいるようですが、
目が節穴どころか、情報も不足していますし、
何か弱みでも 握られているのでは?と
あらぬ疑いを持ってしまいます。

講演会で中国賛歌を言う 元中国大使で日商岩井の名誉顧問の
ぬめり顔の・・・・・・さん、名大卒らしいですが、
大学で 女性の股間でも勉強していたのかな?

台風13号が 中国本土に上陸して、香港、マカオを始めとして
死者を含む 被害がでているようです。

一般庶民は大変ですね!
亡くなった方々にはお悔やみを申し上げます。

c0192063_11152593.jpg
c0192063_11151394.jpg

蒸し暑い日ですね、冷たいお蕎麦食べてきます。









by monk-1 | 2017-08-24 11:17 | Comments(0)

森羅万象 気になることを記します