大掃除ですか?

年末を迎えて 車の行き来が極端に減り、
静かな一日のようです
故郷へ帰る人たちで 高速の下りの渋滞情報が流れています。

くれぐれも 気をつけてお帰りください。

どうやら異常な気象は北日本だけでは無いようですね、
アメリカとカナダを襲った低気圧は 今日一日は落ち着きましたが
明日から又 猛烈な低気圧が来るようです。

降雪量も一年分が二日で降ったり、暴風雪に襲われた都市では
都市機能が麻痺してしまい、雪に埋もれた車や家が多数あり
州兵の動員まで行う州があるようです。

イギリス、ドイツ、イタリアも低気圧の暴風雪に襲われているようです。
異常な積雪を喜んでいるのは スキー場だけのようです。

アジアもフイリッピンを通過した熱帯低気圧は 多量の雨を降らせて
現在はヴェトナム上空ですが 洪水危機の警報が出ているようです。

更に 今週末には又 フイリッピンを台風が襲うようです。
2018年の元日は アメリカでスーパー・ムーンが見られると
期待している人が大勢いますが、 晴れるのかしら?

南アジアも年明け早々に 暴風雨の警戒だそうです。

世界各地の様子です。

フイリッピンの洪水の様子です。
c0192063_12095864.jpg
イタリアの漁港では 出漁出来ません。
c0192063_12102881.jpg
スペインでも・・・・
c0192063_12093209.jpg
イギリスの天気予報でも、
c0192063_12101289.jpg
零下20℃が当たり前の ポーランドでも
c0192063_12104166.jpg
飛行機が飛ばず 2日も待っている乗客達です。
c0192063_12112186.jpg
雪に喜ぶのは
犬と子供ですね、
c0192063_12110734.jpg
c0192063_12113644.jpg
c0192063_12115149.jpg
来年こそは 世界中が平和で穏やかな世界をと 思いますが、
気候も世界情勢も そうは行かないような 予感です。

北朝鮮から 流れ着く木造の漁船?一部軍属と言われていますが、
検査する 日本人係官の白いツナギの保護服を見て、
冬なので 警察の鑑識も着用するのかな?と思っていましたら、

脱北 兵士の血液検査で 炭素菌の抗体があると韓国政府が発表し
昨日のCNNでは
板門店で銃撃を受けながら 脱北した兵士の所持品の中に
炭素菌の解毒剤を所持していたと ニュースが伝えています。

北朝鮮は核兵器以外にも 
生物化学兵器が通常装備されている事が解りました。
流れ着いた漁船の検査官の白いツナギは防護服と解りました。

総連の幹部には 既に解毒剤の支給や、
抗体を作るワクチンが支給されているのでしょうか?
怖いお話しですね。

戦前でしたら 強制的に立ち入り調査の対象なんでしょうが、
戦後の日本は 民主国家だそうで? スパイの出入りは自由だそうです。

アメリカのFOXニュースは 偵察衛星の画像から
中国が国連決議に従わず 洋上で北朝鮮船に石油を輸出している
証拠の画像を発表しました。

トランプ大統領はすかさず「中国には失望した」と発表しました。

今後の動向が 気になります。
洋上取引の現場の写真ですが、衛星写真ですから 鮮明な画像は
伏せられています。
c0192063_12310767.jpg


China spotted illegally selling oil to North Korea, report says

U.S. spy satellites reportedly captured photos
of Chinese ships illegally selling oil to North Korean boats
some 30 times since October.

Satellite images released by the U.S. Department of Treasury appeared
to show vessels from both countries illegally trading oil in the West Sea,
The Chosun Ilbo reported Tuesday, citing South Korean government sources.
http://www.foxnews.com/world/2017/12/27/china-spotted-illegally-selling-oil-to-north-korea-report-says.html

そして ヒラリー・クリントン議員への疑惑も報じています。

FBIの副長官が来春引退するのですが、
大統領選挙中に 地方空港でクリントン夫妻と秘密会談を持ち
ヒラリー議員のメール問題の捜査をしなかったと批判を浴びていた人です。

民主党の議員(サンダース議員を支持していた議員)からも
疑問の声が上り始めました。
共和党の下院議員は FBIの職員二名を名指しで解雇するようにと
発表しました。
現政権が不利になるよう 偽情報を流し大統領の疑惑を掻き立て
肝心の捜査を意図的にしていない、と・・・・

c0192063_12313500.jpg

Liberal outrage erupts after Vanity Fair pokes fun at Hillary Clinton
Vanity Fair sent liberals into a tizzy this week by posting a video
that mocks Hillary Clinton by suggesting New Year’s resolution possibilities
for the failed presidential candidate.

The 63-second video recommends
that Clinton starts working on a sequel to her book,
“What Happened,” but with a new title,
“What the hell happened?”
Another Vanity Fair staffer thinks Clinton should “disable autofill”
on her iPhone so that typing a simple “f” doesn’t automatically become
“form exploratory committee.”

http://www.foxnews.com/world/2017/12/27/china-spotted-illegally-selling-oil-to-north-korea-report-says.html
民主党内からも 相当疎まれる数々の問題がヒラリー自身に在る事が理解できます。
一挙に噴出し始めました。
年明けから 早々に問題になりそうです。

一年以上もCNNなどは 大統領のロシア問題があ~!と 
大騒ぎしていましたが、事実関係も証拠も出て来ません。

明らかに 視聴者の洗脳、誘導が目的とはっきりしました。
現在CNNで 共和党のブレーンに キャスターが突っ込まれて、
私は言っていませんと、
風が逆風に成り始めると 白を切る
卑しい人格のTV司会者なんですね、

日本も似たようなものですが。

オバマ元大統領も ヒラリー議員も 金融資本が狙う中国には大甘でした。
トランプも金融資本の代理人 キッシンジャーと会談していますが、

c0192063_12540828.jpg


同じポーランド系ユダヤ人のブレジンスキーが言った事
大統領候補として オバマを俺がピックアップして
最近亡くなりましたが、デビッド・ロックフエラーに紹介して、

あたかも 俺(ブレジンスキー)が 大統領にしてやったとばかりに、

アメリカの国内にある 中国系民間企業からの資金提供には
目に余る物がありました。
第一次安部政権時に 訪米した安倍総理に対する仕打ちは
酷い物でした、
ヒラリー国務長官も同じです。

中国系の情報機関はアメリカ国内の政権閣僚に
日本への明らさまな 敵意をむき出しにして、
在る事無い事を吹き込んでいました。

そして 中国は北朝鮮と言うカードを使うのです。
オバマ元大統領は政権末期になり 
日本と安倍総理に対する考え方の間違いに気付きましたが
その隙に 北朝鮮は核開発をし、ウクライナからミサイル技術を買い
南砂諸島は自国の領土と言い始め 埋め立てて軍事基地化を行いました、
そんな時に
中国で18~20名以上のCIAスパイが殺害、拘束されていた
  
オバマ政権下で、CIAの不手際がつづき、米国に中国の「もぐら」がいた

CIAの士気の低下はオバマ政権下で顕著だった。
殆ど機密情報が取れず、
また重要な亡命希望者(王立軍)らをオバマは放置した。
 
2010年から2012年にかけて、18名から20名のCIA協力者(中国人)が逮捕され、
殺害もしくは刑務所に送られていた。

かつてCIA、FBIの内部にロシアのスパイが紛れ込んでいた。
オルドリッチ・アーメス(CIA)とロバート・ハンセンン(FBI)事件は
米国のインテリジェンス機能に大きなマイナスとなった

CIAが、米国の情報漏洩と中国の工作員ネットワークの消滅に気付いたのは、
協力者の北京における中枢からの情報が途絶え、
工作員らが消えてしまったことだった。
そのうえ、類似の機密が
中国のハッカーと推定できるルートからウィキリークスに漏洩していた。

CIAの高層部の内部に中国政府のモグラが潜んでいたのだ。

「その男」(The man)は永年にわたってトップの機密、
暗合のマトリックス、スパイの落ち合う場所や方法などCIAテクニックを、
中国に漏らしていた。
CIAが、その男を疑い始めたことに気付くと、かれはさっとCIAを退職し、
アジアに移住して企業経営を始めた。
その資金はおそらく中国が用意したのだろう。

 
以上の衝撃的なニュースは『ニューヨークタイムズ』のトップ記事で始めて
アメリカ政府は知ることとなった。
アメリカ国内では 民主党贔屓のメデイアは詳しく報道していませんが
無能な大統領と議員が閣僚になると、 各国は突いて来ますね。

BBCなどが後追いで報道し始めており、
在米中国語新聞も大きく採り上げて。
「中国逮捕殺害20名美国間諜」(博訊新聞網、5月21日)。

 
CIA、FBIはともに、この情報に関して一切のコメントを出していない。
中国もこのニュースをまったく伝えていない。

そりゃそうでしょう、ヒラリーや夫のビルの財団には
巨額の中国マネーが入っていますから、
カナダのウラン鉱山をロシアに売ったときにも
クリントン夫妻には 巨額のロシア資金が行っています。

ロシアの情報機関は中国関連で クリントン夫妻の「吝嗇」振りを知り
資金提供することで、アメリカの国家安全に係わる鉱山を売ってしまいました。

本来は議会で審議する案件なのです。

現在は 反面教師としてオーストラリアが 脱中国を行っていますが
いかんせん 留学生と言う名目で 中国人を多く入れ過ぎました。

宮崎正弘さんに言わせると 
此れは中国の「サラミ作戦」と言うそうです。
薄く一枚、一枚づつ切り取り 
気が付くと全て乗っ取られてしまうそうです。

北海道の土地や対馬の土地も そんな感じで買われているのでしょうね。

マティスが兵士達に「準備万端にしたまえ」とクリスマス前に言ったそうです。
Yahoo!ニュース
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00010004-houdouk-int
12/25(月)
「だから、諸君、準備万端にしたまえ。」
“So you gotta be ready.“
アメリカのマティス国防長官の言葉である。
クリスマス前の22日、
アメリカのノース・カロライナ州にある陸軍基地
“フォート・ブラッグ”を慰問に訪れた際、兵士達に語ったものだ。
この日のマティス長官の発言の全文は未だ公表されていない。
この為、全体のニュアンスは良くわからない。

AP通信の報道によれば、この日、マティス長官は、
1960年代に書かれた朝鮮戦争に関する書物を読むよう兵士達に薦め、
その際、
「前回の失敗を学ぶことは、来るべき難題を知ることと同じように重要である。
・・・中略・・・だから、諸君、準備万端にしたまえ。」と述べたという。
もちろん、軍がいざと言う時に準備不足では困る。
だから、準備を万端に整えよと
国防長官が兵士達を叱咤するのは珍しいことではない。

だが、やはり気に留めざるを得ない。
◇朝鮮半島で「嵐雲が勢いを増している」
報道によれば長官は、朝鮮半島では「嵐雲が勢いを増している」
“Stormclouds are gathering“

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/

http://englishshooting.com/englishshooting/

年が明けて ドイツのキリスト教民主同盟はSPDのシュルッ氏と
連立の協議に入るのですが、
調査会社YouGovが行った世論調査の結果、
ドイツ国民の47%つまり半数近くが
メルケル首相の任期終了前の退任を望んでいることがわかった。
独紙Weltが伝えた。
一方、36%の回答者は2021年までの4年間の任期継続を希望。
調査はドイツ国民の有権者約2千人を対象に実施された。

なお9月24日の連邦議会選挙直後に行われた10月初めの世論調査では、
メルケル氏の退任を望む回答は36%、任期継続は44%だった。
同氏が率いる与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は、
第2党の社会民主党(SPD)と連立政権樹立に向けた協議を
年明けに始める予定。
連立協議で合意に至らなかった場合は、
ドイツ連邦共和国史上初の少数派政権が誕生するか、
再選挙となるか、どちらかになる。

そして
ドイツ外相:ウクライナとトルコのEU加盟はすぐには実現しないと発言、

ドイツのガブリエル外相はメディアグループFunkeのインタビューで、
ウクライナもトルコも、
少なくとも直近では欧州連合(EU)に加盟しないだろうとの見方を示した。
ガブリエル氏は
「この数年の間にトルコやウクライナが
 EU加盟国になることは想像できない」と発言。

          ガブリエル外相

c0192063_13315814.jpg
その一方で、EUはウクライナやトルコとの相互理解のための
特定のモデルを作る必要があるとの見解を述べた。
ブレグジット後の英国とEUとの関係を規定する効果的な合意が
EU本部と英国政府との間で得られるのであれば、
このモデルによって
トルコやウクライナとの相互関係も調節できるだろうとしている。

また、トルコの国内情勢が変化すれば、
ドイツが同国と
「更に緊密な関税同盟の形態」を達成できる可能性にも言及した。

オーストリアのクルツ首相は先日、
現トルコ政権が国内で人権侵害を行っているとして非難し、
EU加盟への反対を表明していた。

なお、ウクライナのポロシェンコ大統領は今月初め、
EUと北大西洋条約機構(NATO)の加盟につき
国民投票を行うことを明らかにした。

欧州連合(EU)欧州委員会は20日、
ポーランドのドゥダ大統領が
同日に司法介入の道を開く2法案に新たに署名したことを受け、
法の支配を侵害する懸念があるとして、
制裁手続きに入った。AFP通信などが伝えた。
これに対し、ドゥダ大統領は地元テレビ局ポルサットの番組で
「ポーランドに関してうそをついている欧州機関の代表が山のようにいる。
彼らはうそつきだ。
われわれは民主主義の基準を向上させているのに、
彼らはポーランドでの変化は法の支配の違反につながるなどと
うそをついている」と非難した。

           ドゥダ大統領

c0192063_13321690.jpg
共同通信によると、 ポーランドでは今年7月、
一般裁判所の裁判官の定年延長と、
裁判所長の免職や指名などの権限を法相に付与する法律が成立。
市民の抗議にもかかわらず、
ドゥダ氏は裁判官の人事権の掌握などを可能にする残り2法案に署名した。

ポーランドの野党は、ドゥダ大統領や右派の与党「法と正義」率いる政権は
「EUとの戦争に向かっている」として大統領の措置を非難した。


https://jp.sputniknews.com/politics/201712284430302/

EUもどうなるか?解りませんね。

CNNでは 司会者と共和党のブレーンが 実況中に罵りあいをしています。
共和党のブレーンは 司会者にロシア疑惑と一年前から言ってるが、
何処に証拠が出てきたか?と詰め寄り、
司会者は 私は言っていない!を連呼です。

馬鹿みたいな 司会者です。

にほんのTV局は殆ど見ないのですが、
何やら 大相撲がどったら、こったら、言ってますね、どうでも良いですよ。
かっては神事としての存在が在りましたが、
現在では宮中でも神事は省略されているようで、
在日と左翼に宮内庁も乗っ取られているようですから。

国会開催初日に 天皇の臨席を仰ぐのですが、
野党から 立っているのしんどいと さっさと座れよと
野次を浴びる位ですから、誰も注意もしないようですし。
どうなっているのか??

お隣の国は 又売春婦像でお代わりの催促ですね。

国内の大掃除の前に 自宅の掃除をしなくちゃ・・・・・・。

皆さん 風邪など引かないように 御気を付け下さい。

良いお年をどうぞ お迎え下さい。






[PR]
by monk-1 | 2017-12-29 13:44 | Comments(0)


<< 年明け早々ですが・・・・。 今日は暖かいですね。 >>