春は遠いですね。

今日は冷たい雨ですね!

元気な小学生が 半ズボン姿で登校するのを見ていると、
寒くないのかしら?と 人事ながら心配します。

北関東や茨城県の一部では 雪も降っているようです。

春は未だ 遠いですね。
昨日は 女子スケートのパシュートの決勝に見入っていました、
金メダルですね、 お酒も美味しく頂きました。

c0192063_16282799.jpg

フロリダの高校で起きた 銃乱射事件では 大勢の若者が亡くなりましたが、
友人を不条理にも失った高校生が、
銃社会に対して反対意見の声を上げ始めました。
c0192063_16113638.png
c0192063_16114470.jpg
NRA(全米ライフル協会)は 強力なロビー団体で、
多くの議員が選挙資金の寄付を受けているので
表立って反対派出来ません。

事件が遭ったフロリダ州選出の議員マルコ・ルビーは
矢面に立たされています。

SNSで必死の弁明をしていますが、

全国で被害に遭った学生数を献金額で比較して
一人の命の値段は・・・・と 数字迄出されては
いくら反論をしても 説得力に欠けて 無駄な足掻きのようです。

高校生達が昨日は全米各地とホワイト・ハウス前でデモを行い、
c0192063_15121499.jpg
トランプ大統領と面会し 銃規制を訴えています。

大統領も重い腰を上げましたが、
地身が選挙資金の寄付を受けている以上 大幅な銃規制には踏み込めず、
機関銃のように連射できる アダプターの販売禁止と
販売時に厳しい規則を義務付けると 歯切れが悪いです。

犠牲になった高校生の友人達と親に合う 大統領です。
c0192063_15120196.jpg
所が 普段から意味不明な暴言で有名な大統領ですから、
スタッフが カンペ代わりのメモを渡していました。
曰く 私は貴方方の話を聞きたい とか?
c0192063_15122871.jpg

カメラマンが見逃す筈は無いです・・・・この通り。

対話する要点を 五つの注意書きにしています。

銃規制はアメリカでは 無理ですね、
アメリカ建国の歴史が 銃によるネイテイブの殺戮や、
世界中で軍事力(力)が全てを左右すると考えている人たちですから。

そんなアメリカの福音派のリーダーだった、
ビリー・グラハム子が 99歳で亡くなりました。
A Very Special Man':
Trump, Pence, Bush React to Billy Graham's Passing

全米で最大のケーブル・TVで 福音を説く彼は、
歴代の大統領や 上下両院の議員達に 選挙で最大の支援者でした。
福音派(聖書原理主義者)で
最大の団体を率いるビリー・グラハムは晩年
「天国で神に遭い 良くやったと褒められたい」と 
発言していたそうです。

「悪魔の辞典」を書いたピアスなら、
「血塗られた多数派教会の歴史こそ現代文明の恥部だ!と」
書くでしょう。

c0192063_15330754.jpg
c0192063_15325481.jpg

反核団体や 核兵器禁止を訴える団体は
長崎、広島に原爆を落とした エノラ・ゲイ号の搭乗員に祝福を与え
自ら飛行機に同乗して、原爆投下は神様が望む福者の行いですと
神の名の元に 出撃前に祝福を与えているのです。

鬼畜にも劣る 黄色い猿の日本人など数万人殺しても
神は喜びますよと、

その後 バチカンの法皇もキリスト教会も、
そしてビリーも 反省処か強弁しています。

時々 ボケ老人のモンクは 夢を見ます。

エルサレムに存在する 
ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」や
イスラム教の聖地「岩のドーム」
そして キリスト教徒の聖地「聖墳墓教会」
全て 誰か数百年位 側に近付く事が出来ない様に破壊して
放射能で汚染させることが出来ないか?と

これらの宗教が 世界中に害悪を撒き散らし
歴史を血塗られた物にしてきましたから。

夢ですよ。

ついでに バチカンもメッカも サドルシテイも ・・・・全て。

パット・ブーンとか言う 歌うたいもメッセージを出しているそうです。
Singer Pat Boone remembered his late friend, the Rev. Billy

Graham, Wednesday on "The Story."

Graham died earlier Wednesday in Buncombe County, N.C. at age 99.

Boone said his family and Graham's family met very often and

routinely attended the same functions.

He said he remembered being with the Grahams at Montreat -

their North Carolina home - the day that Saddam Hussein was

captured, and discussed the way the world was changing at

the time.
http://insider.foxnews.com/2018/02/21/billy-graham-death-

remembered-pat-boone-evangelist-who-said-answers-are-god

ビリー・グラハムの影響力が強い州では
妊娠中絶が病院でも出来なくて、患者は州を超えて
中絶が認められている州の病院を探して行きます。

福音派の信者は州を越えて病院へ押しかけ、
入り口で「殺人者は地獄へ落ちろ」とか プラカードを掲げて
病院の入り口で嫌がらせです。

中絶を行う医者も 数名殺されています。

ヨーロッパで理神論に触れて 欧州では啓蒙思想が発達しました、
有名なのはフランス革命で 第五共和制に成ったフランスですが
啓蒙思想に触れた フリー・メーソンが建国したアメリカで
福音派が巨大な勢力を持つと言うアンビバレンツ、

一部のアメリカ人は気が付いているのですが、
最近のアメリカメデイアを見ていると
無理かも知れませんね。

閑話休題
少し前に タイで日本人の父親がタイ人女性に代理出産させた
13人の子供が保護されたニュースが 流れていました。

メデイアでは人身売買の疑いもあるとか、と
タイの司法当局が裁判で判決を出しました。

父親は一人 代理母らに産ませた13人の幼児 
タイ司法が億万長者の日本人父親の親権を認める

日本人企業家、重田光時氏(24)が
複数のタイ女性の代理母に産ませた13人の幼児らが裁判所の決定で
重田氏のもとに返されることが決まった。
サウスチャイナモーニングポスト紙が報じた。

裁判所の決定により
重田光時氏はこの子どもたちの親権を唯一持つ人物となる。
裁判所は重田光時氏が犯罪的な傾向を持つわけでもなく、
逆にこれだけの数の児童を
養育できる可能性を持っていることに着目した。
重田光時氏はすでに日本に子どもたちを住まわせる邸宅を用意し、
シッターや看護婦らまで雇用している。

2014年、
バンコク郊外のコンドミニアムに生後2週間から2歳までの
9人の幼児と妊娠7か月の代理母が暮らしていたことが発覚し、
大きな話題を呼んだ。
これらの子どもたちの父親は
「光通信」の創業者の重田康光氏(49)の息子、
重田光時氏であることが明らかにされると、
さらに騒ぎは大きくなった。

捜査の結果、
重田光時氏は合計19人の子どもを
代理母らに産ませていたことが明らかになった。
そのうち6人をすでに重田光時氏はカンボジアと日本に出国させていたが、
残りの子どもたちは重田氏から取り上げられ、
裁判所の決定が出されるまで、
タイの孤児院に収容されていた。
治安維持機関は重田氏が
闇の人身売買に絡んでいると 疑って調べを進めてきたものの、
そういった証拠は挙がらなかった。

重田光時氏はタイの代理母に
赤ん坊1人を妊娠するごとに
少なくとも30万バーツ(102万円)は支払っていた。
卵子のドナーは豪州、米国、スウェーデン、中国、スペイン、ブラジル、
マレーシア、イスラエルの女性らとされている。
重田氏の代理出産に協力したある企業の創始者の話では、
同氏は毎年10人から15人の子どもの出産を
計画していたことがわかっている。
https://jp.sputniknews.com/life/201802214599989/

不思議な お話しですね、
既に 20名近くの子供を養育しているようです。

まさか?教祖様に憧れているのでは無いでしょうが、
理解できません。
単なる子供好きなのかしら・・・・・・・。


イギリスでは 女王陛下がファッションショーに出かけた事と、
オックスファムと言う 慈善団体が セックス・スキャンダルです。

c0192063_16243236.jpg
c0192063_16251135.jpg
国から資金が出ている他に、
大勢の世界中の人達が毎年寄付金を送る団体ですが、
ハイチの地震の時に オックスファムも当然 他のNPO団体と供に
ハイチ救援に出向きましたが、
女性職員から 役職者がハイチ人の未成年女性の売春婦を買っていたと
内部報告が有りながら無視され メデイアに暴かれると
その人間を解雇にしますが、その後その男性は
「セイブ・ザ・チルドレン」と言う組織の役職者としてアフリカに行き
同じように 現地の未成年売春婦を宿舎に連れ込み、
半同棲状態になっていたと。
「それは 拙い」と 内部告発した女性職員が却って冷ややかな目で見られると
イギリス人が紳士と言うのは ウソですね。

女王陛下のファッション・ショー見学の写真の横には
閣僚から 資金の拠出を止める発言が雑誌に書かれています。

c0192063_16253775.jpg
c0192063_16254716.jpg
c0192063_16250178.jpg
c0192063_16245271.jpg

訳の解らない NPO団体が次々と出来ていますが、
怪しい団体が多いですね。
震災復興資金を騙し取った団体だとか、

北朝鮮へ資金を送る グリーン・ピースとか言う団体使用する船が
あの北朝鮮の船で 工作員と資金を送る秘密の手段とは?


ああ~あ~~
春は遠い~~な~~。

 

c0192063_16481439.jpg


[PR]
by monk-1 | 2018-02-22 16:49 | Comments(0)


<< 歴史の恥部 預言者 >>