鼻毛抜きぬき 考えた事

ネット徘徊呆け老人の脳には 余りある情報が、
ネットには 溢れています。

中には フム、フムと 一人で頷きながら、
世の中には 本当に頭の良い人が居るもんだ と、
日々驚いています。

愛媛県知事が 野党の推薦で議員に成っていたことも
ネットで知りましたが、

自民党の中の反安倍総理議員 村上との関係も知りました。
背中から鉄砲を撃つ 石破、村上、小泉等と同類の御仁でした。

怪文書の類を小出しにして、
倒閣運動を野党やメデイアと共闘しているのですね。

当時の総理の動静を 総理番の記者の目をかいくぐり、
加計氏と会っていた 証拠だと!

こんな捏造書類を出すとは 呆れてしまいます。
ご丁寧に 参考人として国会で証言した柳瀬(当時の総理秘書官)氏が
首相案件 → その言葉は使わない 総理と言うと証言したら

今回は 総理と訂正されていました。
笑うに 笑えない 偽造文書を楯に 
野党の議員先生が意気込む様子は滑稽さを通りこして、
日本の行く末が案じられます。

県知事の人柄や過去にも似たような行動を・・・
詳しくは 
「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんのブログに
解かり易く全容が書かれています。
https://ttensan.exblog.jp/

アメリカの財務長官 ムニューシン氏が 対中制裁で
破産寸前の中国の通信機器大手の中興通訊(ZTE)を
救うと言い出し初めました。

北朝鮮やイランへの禁輸製品の輸出を行っていた事から
制裁の対象に成っていたのですが・・・・・。

中国市場を手放したくない 国際金融資本の強い意思が見えます。

ムニューシンはゴールドマン・サックスの元幹部で
ユダヤロビーのボスのキッシンジャーが 
トランプ政権内に送り込んだ人物なのです。
c0192063_10081758.jpg
c0192063_10085198.jpg
c0192063_10084865.jpg

イランへの強い経済制裁を匂わしていますが、
ユーロ各国は 制裁に参加しない事を言外に匂わしています。

アングロサクソン系フリーメーソンと
ラテン系フリーメーソンの対立の様に見えますが

どちらも同じ ユダヤ系金融資本です。

食料を制覇する事、
エネルギーを制覇する事
金融を制覇する事 が 世界を制覇して手に入れる事だと信じて
その通りに 行動してきています。
「街に血が流れると 投資のチャンス」
此れは ロスチャイルドの言葉ですが、
遅れて投機家に成った ジョージ・ソロスはこの言葉を実行しています。

ウクライナで、ハンガリーで、チエコでも、
NPOを作り 現地で煽動をするのです、
人権問題、汚職問題、選挙の不正問題、何でも有りなのです。

北朝鮮への経済制裁も 中国が直接関係し始めてから
不透明に成りました、

ボルトンが行った「リビア方式には乗らない」と 
北は言い初めました。

リビアは核廃棄を行いましたが、
豊富な石油資金で 金を貯めていました、

その金の保有高を信用に 
北アフリカに独自の経済圏を作ろうと計画していました。

仏、英は 核の無いリビアで 
独裁政権打倒を叫ぶ人間を集めて 反政府運動を支援し初めました。

そして空爆に踏み切りました、

当日 呆け老人は 深夜のBBC・TVを視ていましたが、
ヤンキースのキャップを被った若者に
カダフイー大佐の愛用の 黄金色の銃で 
腹部と頭を撃たれた 血まみれの映像が流されていました。

後日その部分は流されなく成りましたが、

トラックのコンボイで移動していたカダフイー大佐は
衛星画像で 位置を特定されていて、
その情報で仏軍機と英国機は爆撃しました。

逃げたカダフイー大佐は衛星画像に写らない様にと
大きな排水菅の中に逃げ込みましたが
付近を捜索していた反体制側の人間に 
裁判無しで射殺されました。

医療、学校教育、全て無料にして
将来は北アフリカの貧しい人達にも 石油の恩恵をと考えていた
カダフイー大佐の夢は消えました。

リビアの中央銀行は 目論み通りに ロスチャイルド系に
溜め込んでいた 数百トンの金塊は行方不明に

リビア軍が欧米から買っていた武器の一部は
ヒラリー国務長官がアフガンの米軍基地を訪問が建て前でしたが、
裏でトルコ経由でイラクのISへと売り渡しました。

国際金融資本が描く 金融支配の非情な一面を 垣間見せました。

メデイアは「狂犬カダフイー」と
彼の異常さを刷り込む報道を繰り返していました。

一部 イスラム原理主義者が欧州の飛行機テロも行っていましたが、
資金を提供したのは リビアのカダフイーと・・・・・。

現在のイランも 同じ理屈で強弁しています。

怯えているのは イスラエルで 西岸地区への侵攻と
エルサレム旧市街への 経済制裁に反対する
アラブ人が恐怖なのです。

十数年後にイランが核兵器を持つと 
イスラエルが狙われる恐れがあると

ユダヤロビー嫌いのオバマも極端でしたが、
トランプのユダヤ人への異様な傾斜は 
危なっかしくて 視ていられません。

北朝鮮との対話は 先に言いましたが失敗します。

中国市場をドイツの金融資本に代わり アメリカが手に入れる為に
制裁は口先ばかりで、

ムン・ジェインとの会談では
北には核廃棄をするなら 
「日本、中国、韓国が巨額の投資をお行う用意がある」と発言しています。

日本は 相変わらず「A・T・M」なのです。


若い女優と結婚したばかりの ムニューシン氏は
政府専用機に若い夫人を乗せて買物に行き
エルメスのバーキンを 数点買ったらしいのですが、
ツイッターで 国民と遣りあい
「無駄に税金を使うな・・」と指摘されて
「私達は貴女の数倍の税を納めてる」と・・・・。

その感覚を 夫婦揃って疑われていました。

Secretary Mnuchin Works with Congress to Pass Historic Tax Cuts & Reform

https://home.treasury.gov/
ムニューシン米財務長官と妻のルイーズ・リントンさんは、
長官の公務に夫人が同行した際に発生した旅費を政府に支払う意向だ。
財務省当局者が明らかにした。

英スコットランド出身の女優で
今年6月に同長官と結婚したリントンさんは、
政府専用機を降りる自らの写真をインスタグラムに投稿。
写真には販売価格が1万ドル(約109万円)を超える
エルメスのバーキンと見られるハンドバッグが写っていたほか、
リントンさんは身に着けていた
デザイナーズブランドの衣服、靴、サングラスのそれぞれに
ブランド名が分かるようにハッシュタグを付けていた。
ムニューシン長官の公務は
全米で最も貧しい州に数えられるケンタッキー州で、
中間層向けの減税など
トランプ政権の税改革アジェンダをアピールするものだった。
投稿は炎上し、
「税金で小旅行」と批判したオレゴン州の女性のツイートに対し、
リントンさんは21日に見下した態度で反論。
「この日帰り旅行に、あなたより多くの税金を私たちが払っているはず」
と主張。
「あなたが私の立場にあったとして喜んで自分を犠牲にする量よりも、
ずっと多くの犠牲をわたしたちは払っているのは確か」と連投、
「世間知らずなのはかわいらしいけれど」と一蹴した。


炎上後、リントンさん(36)は
インスタグラムのアカウントを非公開にした。
リントンさんは22日、
自身のソーシャルメディアへの投稿は
「不適切で極めて無神経な」内容だったと謝罪した。
広報担当者が電子メールでコメントを発表した。

夫人発言の炎上は、
税制改革を全米に売り込み
年内可決に十分な票を集めたいトランプ政権の取り組みにとって妨げとなった。
投資銀行勤務やハリウッド映画の投資家の経歴を持つ
ムニューシン長官(54)は、
税制改革の恩恵は富裕層に偏ったものにはならないと
一部民主党議員を説得しようとしており、
21日には「最高税率の大部分の人々にとって、
減税にはならない」と述べていた。

原題:Mnuchin’s Wife to Pay for Trip as Furor Erupts Over Comments (2)(


【2月14日 AFP】米上院は13日、
金融大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)の元幹部
スティーブン・ムニューシン(Steven Mnuchin)氏の
財務長官就任を承認した。
ムニューシン氏はドナルド・トランプ大統領政権の経済政策の要となる。

同氏は承認後すぐにホワイトハウス(White House)で、
トランプ大統領の他、
ムニューシン氏の婚約者でスコットランド出身の女優
ルイーズ・リントンさんも出席する中、
マイク・ペンス副大統領による進行の下、宣誓式に臨んだ。

トランプ大統領はムニューシン氏の承認を遅らせたとして
民主党を批判している。
http://www.afpbb.com/articles/-/3117758?pid=18728501&cx_module=carousel&cx_position=4&act=all

c0192063_10090378.jpg
c0192063_10084865.jpg

ムニューシン氏の顔を見ても判るように
アメリカに移民として移り住んだ ユダヤ人です。

ムニューシン米財務長官、中国との貿易巡る合意を慎重に「期待」
ムニューシン米財務長官は、 トランプ米大統領が命じた500億ドル

(約5兆2400億円)以上の中国製品への関税を賦課しなくても済む

よう、米国と中国が合意に達することは可能との楽観的な見方を示

した。

ムニューシン長官は25日にテレビ番組「FOXニュース・サンデー

」で、中国との協議について「極めて生産的な会話を行っている」

と述べ、 「慎重ながらも私は合意に達することを期待している」

語った。

トランプ大統領は22日、米国が戦略的とみなす技術を保護するため

、中国企業に対する新たな対米投資制限の提案を60日以内にまとめ

るようムニューシン長官に指示した。また、米国の対中貿易赤字を

1000億ドル削減したい考えも表明している。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-

25/P65YVO6K50XS01

広大な国土と 人口 全ての消費者に カードを持たせて
金融支配するには 飴と鞭が古来から常道です。

プーチンがいる ロシアには金融支配は通じません
寧ろ ロンドンのシテイでは 
ロシアの投機資金抜きでは成り立たなくなりました。

中国人の拝金思想には 付け入る隙が沢山あるのです。

只 中国人に近代の法意識が欠けていますから、
知財と言う観念が欠如していて、
パクリが当たり前の方法なのです。
Mnuchin says no quid pro quo in ZTE rescue talks

WASHINGTON - The U.S. and China are working toward an agreement
that would ease U.S. sanctions that were imposed on ZTE Corp.
and let the Chinese telecommunications giant stay in business.

President Donald Trump said Tuesday the deal might require
ZTE to revamp its board and pay a fine of $1 billion or more.
https://www.cbsnews.com/news/mnuchin-says-no-quid-pro-quo-in-zte-rescue-talks/

日本でも 一部の識者が 警鐘を鳴らしています。

以下に 宮崎メルマガより 引用です。

ZTE(中興通訊)、スマホ生産激減、いきなりの経営危機
米中経済摩擦、さらに深刻化。中国政府、救済策に減税措置
中国国務院は法人減税政策を唐突に発表した。
ハイテク企業救済が主目的とされ、
第一は増値税率の切り下げ(僅か1%)、
第二に中小零細のハイテク企業ならびにベンチャー企業への増値税優遇、
第三はハイテク企業への増値税還付。
第四に法人税の軽減と赤字補填が隠れた目的とされる
購入設備の一括償却などだ。

 
この唐突な減税措置は、企業の海外流出を防ぐことが表向きの看板である。
米中の法人税比較では、米国(40%)に比べて、
中国(25%)のほうが安いように見える。
だが実質的には電気、ガス、運輸諸掛り、土地賃貸料などが米国より高く、
繊維、半導体、ガラスなどは米国で工場を建設し、
米国に移転した方が安上がりになる。


しかし法人税減税措置の実際の効果が期待されているのは、
ZTE(中興通訊)の救済にある。
華為技術(フアウェイ)とともに米国から排除されたZTEは、
世界最大の通信設備会社の一つだが、
スマホにも進出してきた。
そのスマホが、米国製からの半導体輸入が阻止されて、
中国での生産が難しくなり、出荷が激減したばかりか、
スマホからの撤退も余儀なくされようとしている。
ZTEの株価はピークの32ドルから、
制裁直後には24ドルへ下落、時価総額で25%が蒸発した。

 
対抗して中国は大豆を狙い撃ちする。
また米国からの輸入品を陸揚げするコンテナ基地などで、
意図的に通関を遅延させる戦術をあちこちの港で実施している。
かつてフィリピンがスカボロー岩礁の帰属をめぐって
ハーグ国際裁判所に提訴しておりも、
フィリピンバナナを港で滞留させ、腐らせたような嫌がらせである。

 
難癖をつけるのは、中国にとって専門的な得意芸であり、
例えば米国産リンゴは、「害虫が発見された」。
米国製家具には「病原菌付着」とか。
とくに大豆は、
トランプ大統領が中間選挙を前にしての
オハイオ州など保守地盤が産地である。
このため米国との交渉を有利にするための恐喝的な戦術行使である。


 ▼物別れに終わった米中貿易協議

2018年5月3日から二日間の日程で、
北京で開催された米中貿易協議では、
米国からムニューシン財務、ロス商務、ライトハイザーUSTR代表らが出席し、
「2020年までに貿易赤字を2000億ドル減らす」
「中国製造2025」への補助金を停止する」ことなどを米国側が要求した。

 
対して中国は劉鶴副首相が中心となって、
[ZTEへの制裁見直し]をいの一番にあげたほか、
ハイテク製品の対中輸出制限の緩和を要求した。
冒頭にのべたようにZTEへの制裁がブローのように効いている証拠である。
 
米国の論理はWTOのルールにしたがって
中国は知財への特許料金をちゃんと支払えということ、
WTO違反の輸出補助金をやめろという要求などである。
 
 焦りまくる習近平、同日にシンガポールに闖入する可能性

米朝会談は6月12日、シンガポールと発表された。
それまでにあがっていた候補のうち板門店は最終的に除外された。
トランプにとっては「呼びつけられる」印象を避けたということだろう。

 
また中国、露西亜という米朝会談の候補地は、
アメリカから見れば情報漏れの危険性があり始めから慮外の地。
のこるモンゴルとマレーシアは、
前者は治安面でセキュリティの確保がされにくく、
後者は金正男が毒殺された場所だから、やはりふさわしくなかった。

 
シンガポールはセキュリティ、環境から考慮しても申し分なく、
また国際会議にはなれている。
「シャングリ・ラ対話」も、舞台はシンガポールである。
 
しかし米朝首脳会談の会議の場所は間違いなく
「マリナベイ・サンズ」という予測がシンガポールのメディアで囁かれている。
 
同ホテルは三層の高層ビルのてっぺんに軍艦のようなプールが設備され、
世界中から観光客を集める新しいメッカでもある。

シャングリ・ラホテルはマレーシア華僑のロバート郭が経営しており、
どちらかと言えば親中派華僑として知られる。
 
同ホテルは中国各地にチェーンを展開しているからだ。
その点でトランプの最大の献金者でもあり、
ラスベガスのホテル王シャルダン・アデルマンが経営する
マリナベイ・サンズならば トランプ大統領にとって安心感がある、
というわけだ。
引用終わり

そのZTEを救済する為に と 政策変更をムニューシン氏と
トランプ大統領が言い初めたのです。

知的財産権とハイテク製品を守り抜くと・・・・・・・。

以下は読者の投稿なのです

日本で行われた「中華覇権主義の拡張を許さない会」で
上薗益雄氏の講演要旨をまとめました。
以下の通りです。
 <日本 敗れたり!――中国による日本侵略 新潟ルート>
1.中朝国境に2本の橋。 一本は完成。 2本目は半分。
2.中朝国境から羅津港まで、60km租借道路建設。
3.羅津港は50年租借。清津港は30年租借。直近のロシアにも大港建設。
4.佐渡道の駅15000!)、建坪3700!)、地下室250!) →武器の補給敞。
 武器は夜間、真野新町の海岸より陸揚げし、東方交易の倉庫に保管。
5.新潟新光町の領事館予定地は、15000!)中国が購入済 →外務省の許可待。
6.渋川市伊香保町に佛光山法水寺完成。新潟と東京の中間点。
 人民解放軍本隊と留学生、研修生の結集地点。
7.中国大使館教育処(江東区平野2?2?9)→人民解放軍のスパイ教育所。
8.中国大使公邸(港区南麻布4?28)→人民解放軍日本司令部(未着工)
 この侵略ルートを止めているものとは
(1) 北朝鮮の中国に対する不信(2)日米合同軍事演習 !)「佐渡奪還作戦」
(3) 安倍政権の対中政策 !) 新潟、南麻布の不許可。
 
それゆえ中国国内で、スパイ容疑で日本人が逮捕、起訴されているのは、
新潟領事館、大使館公邸の打開の為であると思われる。

<中国による日本侵略 北海道>
1.千歳市某所の暗号通信アンテナ3基 →人民解放軍前線指揮所
2 赤井村字明治56 赤井川 TOMO PLAY PARK
    270ha + α → 軍事訓練場(研修生、留学生の訓練)
3. 苫小牧駒澤大学 → 人民解放軍の若手訓練施設、看護学部創設予定
4.ニトリの「一万人住宅」 道内に数ヶ所予定
→ 人民解放軍の一個師団の宿舎
5.麓洋 小樽市若竹町19?25 → 小樽港の監視所
6.豊糠 沙流郡平取町豊糠 → 生産建設兵団の進出地
7. 星野リゾート・トマム 勇払郡占冠村中トマム → 夏場の宿営地
8. 釧路 採炭企業・コールマイン → 中国人研修生500人 →人民解放軍の精鋭
9. 釧路周辺の小中学校で、中国語教育の開始 → 孔子学園
10.北極海航路の船が釧路に入り始めている。 → 武器の搬入

陸上自衛隊第7師団は迎撃態勢をつくっている。

<中国人の合言葉:「釧路を北のシンガポールに」。
 「北海道の人口を1,000万人に」>
 
これらの本当の意味は:
(1) 北海道への中国人大量移民
(2)外国人参政権の確立
(3)独立の可否を問う住民投票の実施 → 北海道の分離独立
(4)まさにシンガポールは、このような手順を踏んで、
1965年に独立した。
 
<弱い外務省と、無知な政治家>
長い間、田中派、竹下派が支配した為に
外務省は中国に服従する外交を続けてきた。
毎年100億円を王毅へプレゼント→ パシフィックコンサルタントの社長言。
ある年は毒ガス処理費、ある年は黄砂の緑化費として、
30年間この金が、日本の土地買収、対日工作費として使われている。
<目覚めよ 日本人!>
中華覇権主義の暴走を止めなければ、暗黒の世界が待っている。
アジアのリーダーは、日本である。
発言し、行動せよ。その為に、意識を変革せよ!
フランツ・ファノン(アルジェリア独立運動の志士)は言った。
「ここに橋を架けるには、人々の意識の変革が必要である」

ペマ・ギャルポ先生のご著書「侵略に気づいていない日本人」を読みなさい。
高潔な日本人の魂にふれることができるだろう。
日本を守り、アジアの平和と安定を守る為に、
あなた自身の意識の変革、行動の変革が必要である。
(松戸の老人)様の投稿より 引用です。

長崎市の教会群が世界遺産登録に推薦されたようですが、
キリスト教徒による 日本人奴隷貿易は触れられていません、

明治維新が薩摩と長州の連合で行われたと信じている人には
生麦事件はイギリスのフリーメーソンには格好の事件でした、

馬関戦争で兵器の威力を見せ付け 

驚いた薩、長は 次々と大砲、銃を買い付けました。

今も屋敷跡が 観光名所の トーマス・グラバーはフリーメーソンで
坂本竜馬のスポンサーでもありました。

公家の岩倉に西陣で織らせた通称「錦の御旗」を掲げさせ
武家政権の崩壊を目論見たのも 
フリーメーソンなのです。

天皇は 何も知らされていません。

国際金融植民地主義者の手段は 
数世紀に渡り世界中をかき回しています。

アメリカのFRBが金利を上げました、
国内景気が順調なことから 年内に再度の利上げも考えられています。
投資資金は利上げを見て アメリカに向かいます
資金流出で困る国は・・・・・・。

ギリシアやイタリアを見ると よく判りますね。

現在は アルゼンチン、トルコが 要注意の状態です。

ムニューシン氏はドル安容認を呟いています。

来月 数億ドルに及ぶ債権を償還する韓国は 火の車状態で
日本に再度スワップを要請しています。

ドル安容認で 株式市場を揺さぶり 為替を操り
どちらに転んでも 儲かる仕組みなのです。

野党議員は何も 考えていません、

ひたすら 中国様、北朝鮮様なのです。

ロイヤル・ウエデイングの翌日
女王陛下はチエルシーのフラワー・フエステイバルに行ってます。

c0192063_11534574.jpg
c0192063_11540578.jpg
c0192063_11535554.jpg

タイムス紙の風刺画は

c0192063_11533239.png

同じくイギリスの労働党の
コルビン党首と長年の盟友 リビングストン氏が労働党を離れました。

ユダヤ人差別と執られる 怪しげな発言があり、
他の労働党議員からは 「良かった」との意見も
Ken Livingstone: It's better for Labour if I resign


The former mayor of London Ken Livingstone is resigning
from the Labour Party.

He has been suspended since 2016 in a row over allegations of
anti-Semitism following comments he made about Hitler and Zionism.

Mr Livingstone said he did not accept
he was guilty of anti-Semitism or bringing Labour
into disrepute but his case had become a "distraction"
for the party and its political ambitions.
https://www.thetimes.co.uk/

c0192063_11593901.jpg
c0192063_11592968.jpg
c0192063_11595068.png
「シオンの議定書」は偽書とされていますが、
本当かしら???
c0192063_10075879.png
今のニュースで 社青同出身(赤松、横路等 旧社会党員が多い)の
池上彰が嘘ばかり言ってると 
殺害予告をした男が逮捕されたそうです。
呆け老人のモンクは 
端からあの男の言うことを信じていません。
悪しからず。







 




[PR]
by monk-1 | 2018-05-23 12:04 | Comments(0)


<< GDPR 寝不足です。 >>