人気ブログランキング |

不動産屋は交渉が下手ですね

今 雨が降り始めました。
予想では 午後からでしたが、気温も幾らか低く成って来ました。

先日の台風被害の事が 色々と報じられています。
元首相の空き菅が 総理は遅いとか?
ツイッターで発信したところ
色々突っ込まれているようです。
反論する事も 馬鹿らしいです。

倒壊した家屋の前で写真撮影している野党の女性議員とか・・
台風被害と組閣を強引に結びつけている 
野党のアホな帰化人とか・・
次々と湧いてきます、 日本人もどきが。

千葉県の対応は知事が認めているように遅かったですね。
被害を過少に想像していました。

そして 普段送電線の周りの樹木の整理が 
行われていなかったことです。
そのことが原因で被害を拡大させました。
普通の都市部では 樹木の枝が送電線に罹る位に広がると
剪定してしまいますが、
為されていませんでした。

植林された杉の木の間伐もされていません。
地権者との折衝や 費用などの問題も有りますが、
起てみて 問題に気付くと言う 
日本の役人仕事の弊害ですね。
責任はウヤムヤです。


サウジアラビアの石油精製施設への攻撃が
無人機ドローンで行われると言う
不意打ちに世界中が驚いています。

イエメンの反政府組織が犯行声明を出していますが
アメリカ政府は無人機は 南西の方角 
つまりイランの方向から飛んで来たと・・・

イスラエルは 選挙中ですが
シリア国内のイラン政府が支援する 
革命防衛隊へのミサイル攻撃を行っています。

北朝鮮もトランプ大統領に秋波を送りながら
ミサイル実験です。

トランプ大統領は 
交渉(ネゴシエーション)に自信がある所為か?
問題が起きてからの処理が遅すぎます、
不動産取引の交渉と 国際問題での交渉と
取り違える勘違いをしていますね。
彼の最大の問題で逼近の重要事は 再選で
次期大統領選挙に勝つことが 
最大の問題の様です。

そうした トランプ大統領の想いを知り尽くし
様々な出来事が起きています。

反アメリカ勢力には好都合ですね、

更迭されたボルトン氏の様な 直言居士は邪魔なのでしょう?
アメリカ政権の内部事情をくみ取り
色々な紛争が拡大しています。

アフガンからのアメリカ軍撤退を睨み
アルカイダ幹部とキャンプデービッドで会談の予定でしたが、
あざ笑うかのような アフガンの自爆テロで
アメリカ軍人一人を含む 5人が死傷し

会談は中止と成りました。
その後立て続けに アフガニスタンでは5件の自爆や
車に積んだ爆弾で 100名以上が死んでいます。
中には 結婚式の会場に集まった アフガニスタン人を狙ったテロも起きています。

シリア、イラクで ISとの戦闘は終わったと発言していましたが、

アフガニスタンには  新たなISの前線基地が作られていて
タリバンさえ合意すればと言う考えは 時代遅れなのです。

アメリカの情報機関が イラク。シリアでのISとの戦闘で
自国に有利な展開をしようと 
トルコとの国境近くに展開した
リクルートしたIS兵士たちは 用が済んで 
それぞれ 中央アジアやアフガン、パキスタンへと向かいました。
現在アフガニスタンには IS兵士が溢れています。
そしてアフガンにおける 反政府組織は一層複雑に成りました。

故 ブレジンスキーが仕掛けた
アフガニスタンの親露政権への牽制で
「ロシアに 我々が味わったベトナムを味わせる」と言う試みは
現在 アメリカに降りかかっています。

カーター元大統領の安全保障担当補佐官のブレジンスキーにとり
ピーナツ畑の農場主のカーターは、
扱いやすい大統領だったようです。
NYのテロで 一般人3000名以上の犠牲者を出し
その後も アメリカ各地でテロ事件が起きていて
現在のアメリカ国民の分裂騒ぎの元凶は 
この時以来民主党政権の左傾化と固執です。

故ブレジンスキーは ポーランド系ユダヤ人(ハザール系ユダヤ)で
父親がポーランドの外交官で 
カナダへ赴任中に第二次世界大戦が起きました。
ポーランドでは富裕な貴族(ハザール人)で 
多くの小作人を抱え家紋も有る家柄でした。

カナダからアメリカえと、
父親や家族と共に亡命しましたが、
何故かロシア憎しの感情です。

現在世界中に住んでいる ハザール人同士の確執は
世界の紛争の半数以上です。

歴史上の出来事を 現代に迄引きずる考えは
過って イスラエルの首相が 演説で
我々はマサダの悲劇を忘れないと・・・・

紀元後68年~73年ころに起きた マサダ砦の立てこもり事件以降
ユダヤ人は住むことを禁じられたのですが、
ユダヤの歴史をハザール人が取り込む事で
アラブ人のユダヤとの違いを追及されることを逃れています。

ブレジンスキーがタリバンに資金と武器を与えて 親露政権へのけん制を始めました。

ロシアは直ぐに介入しましたが、
反政府組織が ロシア軍の武装ヘリをRPGで攻撃する能力を見て
直ぐに撤退を始めます。

その後は20年近く アメリカとその同盟軍が矢面です。
元々イギリスの植民地とは言え
アメリカが介入する理屈など無いのですが
アメリカ国民には知らされないまま  
ズルズルとです・・・。

事実はフランスに週刊誌のインタビューに
ブレジンスキーが応じて 明らかにしましたが、
この記事も アメリカでは伏せられています。

パキスタン国内の隠れ家で殺された
若き ウサマ・ビン・ラデインにカラシニコフ銃を渡す
ブレジンスキーの写真も有ります。

ビン・ラデインが後を託した 息子を殺害したとアメリカ政府が発表した後に
アフガンでの自爆テロが激増しています。

世界中で起きる紛争の大多数には
ハザール系ユダヤ人か 国際金融帝国主義者が絡んでいます。

世界制覇を夢見ているようです。

日本の日銀が大規模な国債の発行と 
マイナス金利政策を続けるなら
 
銀行の利幅が大きく失われてしまうと
懸命に キャッシュレスをTV、CMで喧伝しています

ポイントバック?何の事か ボケ老人には解りませんが、

手数料で稼ぐ方向に変えたようです。

当然 紙幣や貨幣の発行権の95%を握る
国際金融植民地主義者への反動から
ネットを使う 貨幣通貨が出て来ます。

フエイスブックが発行許可を求めて 仮想通貨「リブラ」は
彼らには脅威に写るでしょう。


基本的に 食料、エネルギー、金融の世界で覇権を求めた 誰かさんが?
思惑通りには 行かないものなのです。
ボケ老人には携帯電話もカードも縁遠く・・・

当然アプリも知りません。

鶏舎で毎朝卵を産む 鶏の様な生き方はしたくありません。

誕生以来 波乱万丈な船出の英国のボリス・ジョンソン政権ですが。
元首相キャメロン氏も 自著本の中で 「ジョンソンは嘘つきだ」と
厳しい ジョンソン批判を行っています。
‘Johnson is a liar who only backed Leave to help his career’ – David Cameron
Former PM vents fury in his memoirs at his old colleagues over their stance
on Brexit and compares Leave campaign to racist Tory electioneering in 1964

Boris Johnson is a liar who only backed the Leave campaign to help his career
and Michael Gove was a “foam-flecked Faragist” whose “one quality” was
disloyalty, David Cameron writes in his memoirs.

https://www.theguardian.com/politics/2019/sep/15/david-cameron-slammed-for-horrendous-mistake-brexit-referendum

c0192063_11262897.jpg


c0192063_11264581.jpg



スコットランドの高等裁判所の判決は ジョンソン氏が政権維持の為
つまり 合意無き離脱を行う為に 
下院議会の閉会を女王陛下に進言したのでは?と
嘘を進言して 下院議会の閉会を決めたと  
今度はイギリスの最高裁判所で 意見聴収が始まっています。

合意なき離脱の最悪シナリオ 暴動や食料品価格の上昇など
英政府は11日、合意なき欧州連合(EU)離脱に伴い想定される
最悪のシナリオをまとめた公式文書を初めて公表した。
暴動や食料品価格の上昇、医薬品の不足、金融サービスの混乱などの可能性が示されている。
政府はこれまで、この情報を機密としていたが、
議会閉会直前に下院で政府にその公表を義務付ける案が可決されたことを受け、
この日に政府ウェブサイトに掲載した。(シニアエディター・高嶋幸司)
https://europe.nna.jp/news/list/uk


原告には ビジネス・ウーマンのジーナ・ミラー女史で
彼女の弁護人のパニック卿が法廷で証言しています。

c0192063_11271441.jpg

c0192063_11265166.jpg


c0192063_11262322.jpg


c0192063_11261733.jpg


c0192063_11261384.jpg


Supreme Court showdown to decide if PM or parliament reigns supreme
Both sides of the Brexit debate sparred before the UK’s most senior judges yesterday.
Chris Smyth sums upAgainst the government
First to speak was Lord Pannick, QC, acting for the anti-Brexit businesswoman Gina Miller.
He laid out his appeal against an English High Court ruling
that the prorogation was not a matter on which judges should rule.

https://www.thetimes.co.uk/edition/news/supreme-court-showdown-to-decide-if-pm-or-parliament-reigns-supreme-on-brexit-3qqfr5h8s

議会閉会巡る訴訟の審問開始 英最高裁、閉会中止の可能性も
英最高裁判所は17日、ロンドンの高等法院は政治的な動きは
裁判所の管轄外として訴えを棄却しており、
いずれも敗訴側が上訴していた。
審問は19日まで続く見通しで、
判決によっては議会の閉会中止を余儀なくされる可能性もある。
BBC電子版などが伝えた。(シニアエディター・高嶋幸司)
https://europe.nna.jp/news/list/uk





判決はまだ出ていませんが
最高裁判所ではどの様な判決が出るか 見ものです。

ボリス・ジョンソン氏はルクセンブルグで
ユーロのユンケル氏と会談しましたが、
ユンケル氏は 合意も何も 議論する法案も持たずに来ていて
飯を食っただけと・・・・

c0192063_11265576.jpg


ルクセンブルグの首相は 記者会見を表で行いましたが、
反離脱派の野次を嫌がり ジョンソン氏は記者会見を拒否しています。

イギリス議会の混迷をあざ笑う様に

サザビーは バンクシーが数年前に描いた
イギリス議会で議員の代わりにサルが議席を占める絵を
オークションに架けると・・・

10月3日にオークションが行われるそうですが
最高の値が付くのでは?と言われています。

Banksy's painting of UK Parliament
as chimpanzees could break auction record for the artist
A painting by the illustrious and elusive artist Banksy,
depicting Britain's parliament as chimpanzees,
will soon go up for auction -- but not without one last dig at the artwork’s subjects.

https://abcnews.go.com/International/banksys-painting-uk-parliament-chimpanzees-auction/story?id=65663289&cid=clicksource_4380645_null_sq_hed

オークションに架けられる作品
以前紹介しましたが 議員が全員猿です。

c0192063_11264063.jpg



時期が時期だけに 皮肉でしょうか?


オーストラリアでは
女性議員が中国政府の 中国統一工作部門の政府部門で過去に活動していたと
問題に成っています。
世界中に中国人が進出していますが、
各国の中国大使館を通じて 
統一工作部門の軍事工作部門や政府部門が暗躍している事がバレ始めました。

オーストラリア連邦議会のグラディス・リュー(Gladys Liu)下院議員が、
海外に浸透工作を展開する
中国共産党中央統一戦線工作部(省)と近い関係にあるとされ、
波紋が広がっている。
リュー議員(55)は香港出身で、
1992年オーストラリア国籍を取得。与党自由党に所属。
今年5月の総選挙でビクトリア州チザム地区から出馬し、
中国系の女性下院議員として初当選を果たした。
オーストラリア放送協会(ABC)など10日付の報道によると、
リュー議員は2003~15年まで、
中国海外交流協会広東支部の理事を務めた。
また、同氏は2010年に同協会山東支部の理事会メンバーを兼任したという。
中国海外交流協会は、
海外在住の中国系住民への政策を担う
中国国務院(内閣)僑務弁公室の統括を受けていた。

2018年、僑務弁公室は党中央統一戦線工作部に合併された。
弁公室は海外の中国系住民を通じて、
世界各国における中国当局の影響力拡大を任務とする。
リュー議員は豪メディア「スカイ・ニュース」に対して、
「報道されたように12年間も活動していたなら、覚えているはずだが、
 全く覚えていない」と述べた。
議員は11日に発表した声明で、
2011年に中国海外交流協会広東支部で名誉職を務めたと認め、
11年以降、同協会とのやり取りはなかったと主張した。
同協会山東支部での職務について言及しなかった。
野党労働党は現在議会で、
リュー議員が同国憲法44条に違反したかを追及している。
同44条は、「外国勢力への忠誠、服従、加担」などの行為がある国会議員は、
議員資格をはく奪と定めている。
自由党党首のスコット・モリソン首相は12日、
記者団に対して、リュー議員への支持を示した。
(翻訳編集・張哲)

https://www.epochtimes.jp/p/2019/09/47210.html


中国系議員のリュー議員です
c0192063_11270568.jpg



イスラエルの選挙は 右派連立政権の組閣に失敗したネタニエフ氏が
捲土重来と 再選挙を行っています。

野党「青と白の同盟」のベニー・ガンツ氏が 32議席~34議席と予想されていて、
ネタニエフ氏率いる リークード党は30~33議席と予想されています。

元防衛大臣の野党党首 ベニー・ガンツ氏がやや有利と見られています。

ヨルダン川西岸をイスラエルの領地にすると 右派向けの発言で
国際社会とパレスチナ人からは 
強烈な反感と抵抗を受けています。

Israel election result too close to call - exit polls
The centrist Blue and White alliance of former military chief Benny Gantz is projected
to win between 32 and 34 seats,
Likud party 30 to 33 seats.

https://www.bbc.com/news/world-middle-east-49735963

c0192063_11260859.jpg



11月に バチカンのローマ法王が来日すると発表されました。
長崎県、広島県を訪問する事も 発表されました。

オカルト組織、犯罪集団のトップがです。

偶然でしょうか?先日 衛星放送の映画で
ボストン・グローブ紙が書いた
スクープ記事の映画を見ました。

未成年への性暴力の加害者の教会組織が 
どの様に圧力を掛けたか?

当初被害者は200名くらいの少年でしたが、
記事が出た後には、 
全米から数千人の暴力被害の訴えが有りました。

未成年への性暴力で 訴えられた牧師は 約30人でしたが、
訴えられると 2~3年で転勤させるという教会側の誤魔化しと、
教会専属の弁護士達の卑劣な手段です。

法皇の右腕で財務長官だった 
オーストラリアの大司教 ベル氏の裁判も 2審です。
いずれも 有罪判決を受けていて 体刑(懲役刑が)言い渡されています。

過去の犯罪行為への謝罪も無く
現在も進行形の オカルト教の犯罪です。

日本カソリック協会の 神父達は
犯罪集団の片棒を担いでいます。

長崎の世界遺産登録された場所には、
拙ブログで指摘した 前の法皇の胸像が立つ始末です。

再度 写真を載せます。
法皇ヨハネと不倫相手の女性です。
女性はアメリカへ帰化したポーランド人の、
女性哲学者 アンナ・テレサ・テイミエツカヤです。

c0192063_07421160.jpg


c0192063_07420429.jpg

c0192063_07421899.jpg



日本人奴隷貿易の総括で 売られて行って
異国で死亡した日本人への謝罪も無いのに
もろ手を挙げて受け入れるという 愚かさ。

何度も言いますが
国際金融帝国主義者達と オカルト教徒集団は「同根」の犯罪集団なのです。

What really goes on in the Vatican (and the battle to stop what shouldn’t)
Inside the secretive city state there’s a railway, designer sales —
and a man charged with tackling abuse by Catholic priests.
Tom Kington meets him
wenty years after the Catholic church entered a nightmare spiral of sex abuse scandals,
which shows no sign of ending,
the Vatican’s top expert on protecting children
has some shocking advice
for the rest of the world.
Hans Zollner, a German priest,
claims there are just as many predators lurking among groups ranging
from American Protestant pastors to German sports trainers,
yet unlike the Catholic church no one is doing anything about it,
and the scandals are just about to begin.
“Boy Scouts, Mormons, Jehovah’s Witnesses,
they are all being hit by abuse scandals,
and one by one they will have to face up to it —
this will not spare anybody,” he says.
“In Germany it has just emerged there have been more allegations…

https://www.thetimes.co.uk/edition/times2/what-really-goes-on-in-the-vatican-and-the-battle-to-stop-what-shouldnt-6z8jjdff7

c0192063_11272073.jpg



やれやれです・・・・・・・。



by monk-1 | 2019-09-18 12:17 | Comments(0)

森羅万象 気になることを記します