人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あの国のこと

お天気予報が当たりました。
本を読んでいたら窓に当たる雨音に気が付き,
外を見ると 雨が・・・
朝 土曜日ですからゴミ出しに出た時に 
厚い雲に覆われて少し湿り気がある生温かい空気が立ち込めていましたが、   
矢張りです。

お昼のニュースを見ていて笑いました、 
TBSのアナウンサーが 英国のブラック・フライデーのセールの混雑で逮捕者が出たと
そして 金曜日が黒字に成る事からブラック・フライデイと言います、  
こんな言い方です  
えっ!本当?なの・・・・・。
朝4時から放送のBSで 、BBCが放送していた物の受け売りニュースでしたが
11月の第4週の木曜日がサンクス・ギビング(感謝祭)で、
キリスト教徒は皆家族で七面鳥等のご馳走を食べ、
毎日の食事を神に感謝する日と言う事ですが、
翌金曜日は商店の売り上げが毎年非常に悪くなり 
世界大戦に突入した時の 世界同時不況時のブラック・サンデー(暗い月曜日)に擬えて
(銀行が倒産し失業者が大勢溢れ出た) 
ブラック・フライデーと言い始め
打開策としてセールが始り、年末のクリスマス商戦まで一気に売り上げを上げるために
近年、サンクスギビング明けのセールは金曜日に限らずどんどん拡大していて
例えば、ブラック・フライデー翌日の土曜日はスモール・ビジネス・サタデー
(Small Business Saturday)、
週明けの月曜日はサイバー・マンデー(Cyber Monday)などと呼ばれるセールの日で
最近、前週水曜日をオレンジ・ウェンズデー(Orange Wednesday)と、
強かな商魂です。
ブログ「ニューヨークの遊び方」さんより 引用です。

TBSのアナウンサーは 金曜日が黒字 になるのでそう言う呼び名だと・・・・・・・。 
不勉強と捏造も此処まで来ると(笑)
笑うしかないですね。 
そんな嘘をしらーっと、アナウンサーがTVでしゃべるのですから。

閑話休題
案の定密漁船に底引き網でガリガリやられた小笠原の海底は砂漠の様な状態で、
資源が回復するには数年掛かり、特に赤サンゴはまったく回復のメドは立たないようです。
「APEC」に合せた様に数百隻で泥棒ですから、中共政府のやり方はえげつないです。
中国共産党政府は政府の指示で出漁する船の船長には、一回出漁するごとに
200万円の手当てを出していて、船も衝突に備えて鉄製に改装をすることを奨励し、
補助金も出しているのです。
ですから、密漁した赤サンゴは持ち帰らず、洋上で台湾籍のサンゴ加工業者の船に移し
船主は2重に儲けが懐に入る仕組みになっています。
表向きは政府は関知せず、むしろ取り締まっていると言いながら黙認しているのです。

密漁された赤サンゴは台湾の加工業者の所に洋上引渡しで行っていますので、
母港に戻った船には赤サンゴは存在せず、したがって捕まえる事はできない仕組みです。
中国政府の顔は立つわけです、
「政府は民間の漁業者には注意喚起し取り締まりを行っている」と・・・・・・。

おりしも 新日中友好協会とやらの会談の為日本から 東芝の相談役や元宇宙飛行士
そして、なんで?と思う NHKのクローズアップ現代の国谷が・・・そうあの反日女です。
(クローズ・アップ現代で 解説者と一緒に天安門で虐殺は無かったと、
中共のスポークスマンを演じた女で 
その後スペインのジャーナリストが隠しカメラで撮影した
血だらけで戦車に踏み潰された遺体や 体の一部が欠損した遺体などが、
世界中に発信されて、
大虐殺が起きていた事が西側に知らされ大恥を掻き物笑いになった女です)
しかも 受信料を強制的に国民から徴収している「国営放送」なのです。

現在の中国共産党と中国について、日本人はとんでもない誤解をしているようです、
私達は学生時代古語と漢文の授業を受けましたが 
あれは遣唐使や遣隋使が持ち帰った、漢の書籍や思想書などの中の一部で
おおよそ 2000年前の書物で、その後 前漢、後漢共に滅ぼされてしまい
以来 漢人は流浪の生活を送り現在では中国南部にその末裔と言われる人達が
僅かに生き残っていて、ささやかな生活をしているだけです。

行く先々で他の部族からの略奪や殺戮の中2000年近く漂流していました 
現在 漢人の末裔たちと言われる人達が住む場所と、建物です。
  閩南語(ミンナン)を 話す、客家(ハッカ)と言われる人達です。
c0192063_125439.jpg

円形の家で共同生活をしています、砦のようになっていて中庭が広く家の
出入り口は丸い中庭に面しています。 
外側は窓も少なく山賊等の襲撃から家を守る為、外見は砦のようになっています
c0192063_12544268.png

その末裔はシンガポールのリー・クアンユーさん、台湾の元総統 李登輝さん等です
特に台湾にはポルトガル人が、フォルモッサ(美麗島、麗しの島)と呼んでいた頃から
客家の人たちの移住が確認されていて、
現在でも本省人と外省人(大陸からその後移住した人)とは区別があるようです、

いみじくも漢人が 
東夷西戎北荻南蛮(とうい、せいじゅう、ほくてき、なんばん)、と読んだ
四方に居住する人たちを野蛮人と位置付けていましたが、
文明とは程遠い野蛮人と蔑んでいた騎馬民族や遊牧民などに
滅ぼされてしまいました。

中原に鹿を追うと言われ「中華文明」を誇り、
世界の中心に花が咲いたような文明を誇った漢人、
現在の中国とは 縁もゆかりも無い2000年前の文明です

春秋戦国時代に花咲いた、日本人が尊敬してやまない「諸子百家」と呼ばれた、
孔子、老子、孟子、筍子、墨子などの真の思想家は始皇帝が国家統一した後、
忽然と集団で歴史の闇に消えていきました。
「焚書坑儒」で 多くの書物は徹底的に焼かれ 
500~600人とも言われる思想家も生き埋めにして殺されてしまい、 
以後 日本人が愛し尊敬して止まない漢籍は、中国には存在しません。

遣隋使や遣唐使が持ち帰った膨大な漢籍を読み込んで中国人を知ったつもりになり、
中国人を偉大な民族であるとの幻想を多くの左翼人士が持ってしまいました
その後 宋 強大なモンゴル(元)に支配され、
いわゆる秦や漢時代の中国人はそのほとんどが大陸からいなくなり
漢時代の皇帝システムだけ生き残り、髄、唐、宋といった王朝に受け継がれていきました

現代でも広東語、上海語、北京語と言うように50以上ある民族は
それぞれ別の言葉を話します、
公用語とされる北京語も 公用語を持たない異民族の混血種に悲嘆した
日本に留学していた魯迅が、日本語の口語体に当てはめて作成した言語なのです。

予断ですが 天安門事件の時に中共政府が動員した軍は 
北京語を話す事ができない軍で学生達にしたら外国人のような
(軍服は着ているが言葉が違う)。
軍隊に虐殺させました
権力者が変る度に墓まで暴かれて遺体を粉々にし 
生きている親族も全て殺されます。

中国5000年の歴史とよく言う人がいますが、
土地の歴史で文明の歴史ではありません
1949年 毛沢東が建国を発表してから 未だ僅か65年の蛮族の歴史であり、
漢籍で知った中国とは別の異形の国家ですから 
泥棒、殺人、ゆすり、たかり、は お手の物です。 
ノー天気に憧れにも似た中国観であの国と付き合うと 
散々な目に遭う事は、多くの事例が示すように、

中国東北部で 先の大戦で日本軍が遺棄したとマスコミは言いますが 
遺棄された化学兵器を無害化するために日本がお金と技術を出した工場が完成したと
報じていますが、
あれは遺棄ではないと 
数年前の総合雑誌に幾人もの人が発言していますが、
ボツダム宣言を受けて関東軍は軍装を解き、全ての兵器を中共軍に引き渡しました
武装解除なのです。

引き渡された兵器を管理する体制すら出来ていない、
山賊に毛が生えたような中共軍は埋めてしまいましたが、(兵器を理解していなかった) 
数十年たって畑を耕していた農民が掘り出してしまい
化学兵器で被害を受けてしまい、 
引き渡した兵器なのに責任問題だといわれ
1000億以上の資金と技術をみすみす中共政府に約束した、 
利権屋の政治家がいるのです。
様々な理由をつけて”たかる”る心算です。
でも未だ形を変えたODAを外務省を通じて行っているのです 
ハニートラップに掛かり恥ずかしい写真を撮られた 
外務省のチャイナ・スクールと言われる役人と同じく 
抵抗できない政治家がいるうちは無理でしょうね。

国民から徴収した税金を、中国様と韓国様に貢つもりのようです。

福澤諭吉翁が 言ったように
  「脱亜入欧」
これが一番で 是是非で行くしかないのです。

       気をつけよう
c0192063_13575535.jpg

by monk-1 | 2014-11-29 14:13 | Comments(0)

報道

良いお天気ですね。

鉢植えのクリスマス・カクタスが 沢山の花芽をつけ半数以上にやや色が付き始めました

前のマンションに引っ越した時に買い求めたものですから かれこれ10数年経っています

幹が木化して 褐色で太くなっています。

選挙の予測が 早くもネットでは 出回っていて 安倍自民党は 単独で過半数超えて

300議席を 大きく上回るのでは?と予測する 識者もいるようです。

反対に野党は 壊滅 つまり消えていく政党が幾つかと、民主党は現有議席維持すら

難しいのではと 嬉しい予測ですが あくまでも 予測ですので 「気を引き締めないと」

たぶん マスコミは 安倍叩きを盛大に行って 野党の援護射撃をするつもりでしょうから

せいぜい ネットで 安倍総理を 応援しようと考えています。

そこで 捏造、偽造、で 日本を貶めている幾つかの新聞が世界中に広めている嘘を

事実の描写 つまり戦時中のニュースと インタビューで事実はこうなんですとUPする事に

しました。  

以下に載せた動画は拡散自由と言う事ですので 慰安婦、南京などについてです

右端が切れていて 少し見ずらいですが 悪しからず。





ついでに 

先のG20で各国首脳が宿泊したホテルの値段が外国メデイアで報道されていました、

最高は アメリカのオバマ大統領で 最低は 日本の安倍総理でしたが、

オーストラリア在住の日本人の方のブログより 引用です。

日本の総理大臣はとても質素ですよ~(豪より)』

「ここ数日、オーストラリアのニュースはブリスベンで行われたG20の話題で持ちきりでした。

その中に各国の代表が泊まったホテルの値段リストがあったのでご紹介。(中略)、

ということで Daily Mail Australia からのニュースです。
So where do the G20 chiefs sleep? Obama books£1,370 presidential suite, while  Cameron gets £690 a night room for Brisbanesummit
(で、G20のお偉いさんはどこに泊まったの? 
オバマは1370ポンドのプレジデンシャル スィート、キャメロンは一泊690ポンド)
一番高い部屋に泊まったのはアメリカのObama大統領、
マリオットホテルでAU$2,500.日本円で25万円くらい。
その次は中国のXi Jinping President (こっちでは習近平大統領と呼ぶようです)は、
1,695ドル(17万円)のホテル。
お国のGDPランキングの順番と同じになるか?と思いましたが、
三位は日本でもドイツでもなくイギリス。David Cameron 首相が1259ドルのホテル。
4位はミャンマーの Thein Sein、5位はロシアのVladimir Putin大統領。
さて気になる日本はというと、なんとG20のリーダーの中で一番安く、
Novotel で$200ドル!二万円ですよ。
これはホスト国であるオーストラリアの Tony Abbott 氏の$309ドル(3万円ちょっと)よりも安いです。
これを見たからと言って、誰も日本やオーストラリアはなんて貧乏とは思いません。
このニュースを教えてくれた友人も「日本はお金持ちなのに、
トップは質素なんだねぇ」と言っていました。
やはり独裁国家気味のところは自分の権威を誇示するためにも
ハイクラスなホテルの一番豪華な部屋に泊まるようですね。
その点日本もオーストラリアも貧富の差が少なめの超優良民主主義国家ですから。」
http://ameblo.jp/happychild-peace/entry-11953430163.html

元記事にはこうあります。
「Japanese Prime Minster Shinzo has perhaps selected
the cheapest stays off all, with a room booked at the
£110 a night (AUS$200) Novotel. 」 
※ Ministar(首相)が Minster(大聖堂)になっていますが元記事のままです。

引用終わり


質素な海外の宿泊先ですね。 そして リコール運動が来年2月から本格的に起こる

都知事の枡添ですが 都市外交とかで 早くも数回海外遠足を行っていますが?

「舛添都知事 2泊3日韓国訪問費用1007万円、宿泊は1泊7万円
2014年11月18日 16時01分 提供:NEWSポストセブン」

2月の就任以来、舛添要一・東京都知事の外遊はすでに6回を数える。
中でも注目されたのは日韓関係が冷え込む中で敢行された7月のソウル訪問だ。
「東京都民の90%は韓国が好き」と現地でリップサービスしてみせたが、
その効果は費用に見合うものだったのか。

7月23~25日の2泊3日の舛添訪韓には、政務担当特別秘書、都の部長級幹部2人、
局長級幹部2人ら計10人が同行した。
11月6日にこの11人による外遊の総経費が公表された。
その額は1007万円。一人あたり100万円近い金額となる。

「予算は約1400万円だったので節約できた」(都庁関係者)とする見方もあるが、
詳細を検証すると首を傾げたくなる。

舛添氏が宿泊したのはソウル一の繁華街・明洞(ミョンドン)のすぐ近くに位置する
ロッテホテル。38階建てと35階建てのツインタワーからなる高級ホテルだ。
ホテル関係者が明かす。
「舛添知事が宿泊したのは新館の『コーナースイート』(約64平方メートル)という部屋です。
宿泊費は平日でサービス料込み67万7600ウォン(約7万1000円)になります」

都条例の規定によれば、知事の出張の際の宿泊料の上限は2万6900円である
(滞在地によって異なる。ソウルの場合)。
「担当部局の承認があれば上限を超えてもよい」(政策企画局外務部外務課)というが、
とても節約旅行とはいえない。

 しかも同ホテルは、舛添訪韓の直前に「反日活動」の舞台となっていた。
7月11日に日本大使館の主催する自衛隊創立60周年記念行事が
同ホテルで開催予定だったが、
前日になって「国民の情緒を考慮する」という理由で場所の提供をボイコットしたのである。

「舛添知事は騒動のことを気にする素振りもなく上機嫌に見えた」
(前出のホテル関係者)というから、
「総理大臣が会えない韓国大統領と会談できる」と浮かれていたのだろうか。

 23日午前に羽田空港を出発し、
昼に金浦空港に到着した舛添氏は「都職員と同行記者をぞろぞろ引き連れ、
まるで大名行列」(現地メディア関係者)という中で、
ソウル特別市庁舎前にあるセウォル号沈没事故の合同焼香所や
ソウル歴史博物館を訪れた。

 最終日に行なわれた朴槿恵・大統領との会談は
舛添氏が卑屈なお辞儀をするなど屈辱的な内容だったが、
会談後にソウル大学で150人の学生を前に講演し、
「タイトなスケジュールにもかかわらず、『90%以上の東京都民は韓国が好き』と
リップサービスを忘れず、学生から日本語で質問が出ると嬉しそうに答えていた」(同行記者)
というから、成果がなくてもよほど充実感を覚えていたと思われる。

※週刊ポスト2014年11月28日号     引用終わり


その後もロンドンオリンピックの施設の視察とやらで イギリス遠足を行い

宿泊ホテルは イギリスでも 最も格式の高い 「ドーチエスター・ホテル」に宿泊し

料金は 当然一桁では ありません。

なんなの?これは

マスコミが 安倍総理叩きを始める前に 事実関係を 海外報道から引用してみました。


一方 ウクライナを昨日訪問したアメリカのバイデン副大統領は 

選挙後連立政府が組めないウクライナの状況に危機感を抱き 何と取引したかは

解りませんが、無理やり連立政権を組んで 西側に発表しました。

意見が ばらばらで 政権の正当性そのものが 疑われる寸前でした、

挙句に 「ロシアは東ウクライナから 軍を引かなければ さらなる制裁がある」と

馬鹿な事言いました。

民間機撃墜調査に入っている欧州安全理事会のメンバーの邪魔をしているのは

c0192063_11272471.jpg


ウクライナ政府軍と解っているのに これが プロバガンダの見本とばかりに

矢張り 「3馬鹿トリオ」です、シエールガスの掘削を何が何でもやりたいのですね。

暴動を演出した 西ウクライナの民族主義者と 英米、ポーランドの情報機関

罪の無いデモ参加者を狙撃し殺し暴動を発展させ 自国の利益に合う政府をと

暴動一周年では キエフの広場で 日本や 欧米では放送されないこんな事が・・・・




今日ウクライナはユーロマイダン一周年を祝っている。
結果として国家の転覆を招来した出来事だ。キエフでは式典が始まり、
ポロシェンコ大統領は口笛で冷やかされ、「恥だ!」と叫ばれている。

この出来事はポロシェンコ大統領が
キエフ中心部のインスチトゥート通りにある「天なる百人」十字架に献花するときに起こった。
この通りの上で抗議行動中に死亡した人たちのことを「天なる百人」と呼んでいる。

金曜、多くの人々が十字架を詣でた。しかしポロシェンコ大統領は不興を買った。
群集は大統領を見るや「恥だ!」
「あなたは私たちの英雄を死後に讃えている」と叫び声をあげた。

大統領は群衆を鎮めようとしたが、口笛は止まず。
大統領は赤っ恥をかいてその場をあとにした。

ポロシェンコ大統領と元マイダン活動家・現閣僚たちが早急に
経済問題・社会問題を解決しなければ、疑いなく、口笛は一層高らかに、
頻繁に鳴るようになるであろう。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_21/280332978/

政府の資金をくすねる事も 正業としてきたマフイア2世のポロシエンコの正体が

徐々に ウクライナ国民にも知られてきました。 そして
デニス・プシリン ウクライナ人民共和国 副議長
c0192063_1162295.jpg


「ウクライナ南部・東部で独立を宣言しているドネツク人民共和国は、
米国はウクライナ東部問題解決に関する連絡グループのミンスク・フォーマットにかわり、
紛争を激化させようとしている、と見ている。

同共和国議会のデニス・プシリン副議長が金曜述べた。
また副議長は、
米国のバイデン副大統領のキエフ訪問は
ウクライナ和平プロセスを引き裂くことを目的としたものだ、と指摘した。

副議長はインターファクスの取材に応え、
「米国は自らプロセスに参加し、調停者としてのEUの立場を弱めようとしている。
しかも米国は、ドネツク・ルガンスク両人民共和国をプロセスから排除しようとしているが、
そうすれば事態はいよいよ袋小路に陥るばかりだ。
また米国はキエフに飛び道具を供給する必要性を公然と口にしている。
米国は、結局、ミンスク合意を破棄し、戦争を再開することを望んでいるのだ」と述べた。

バイデン副大統領は金曜、ウクライナの首相や大統領と会談する。
ロイターによれば、バイデン氏はウクライナへの地上軍用品の供給量増大を宣言する。
軍用ジープの供給については既に計画がある。
しかし一方、ロイターによれば、米国はキエフに武器を供給しないことを決定している。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_21/280321707/」

アメリカ政府は武器支援を行わないと 言っているのですが、 バイデン副大統領は

武器の支援を行うと 発言しているのです。 ウクライナ盆地に眠る シエールガスの

利権は ロシアから ガスを輸入しているユーロを 決定的にロシアとユーロを切り離し

米国の凋落をごまかし利権に楔を打とうと 大博打をお馬鹿な大統領の任期中に

見果てぬ夢ならず 街に血が流れ 騒乱状態は 投資のチャンスを 地で行っています。


国際金融資本が進める金融帝国主義が 金融植民地の作り方を全て見せてくれました。

ポロシエンコは 自腹を増やす事は勿論、ガス代金、冬の燃料の確保をバイデンに

要求したのでしょう、 ウクライナ危機で 我が国は 幾ら支援しているんでしょうか。
      

      油断も隙も あったもんじゃない~~ こら~!バイデン、  じゃなかったか。
c0192063_11232416.jpg


少し お散歩してきます。
by monk-1 | 2014-11-22 11:28 | Comments(0)

何処から?

今日は爽やかな秋晴れになり、過ごしやすい日でした

雑用を片付け洗濯を済ませ、忙しい主夫の仕事をこなしました。

ウクライナのポロシエンコ大統領はスロバキアを訪問して、

スロバキアのキスカ大統領と会談しましたが 

群集から「ファシスト」コールと言う 罵声を浴びていました、

マフイアの2世は 東欧では有名なんですね?

先の選挙では一時首相を辞任発言したヤツエニクでしたが、

これはまずいとアメリカに引き止められて

選挙の結果はヤツエニク率いる政党が第一党になり

c0192063_15419.jpg


ポロシエンコの党は第二党となりました。  

おまけにロシアの国防省から、アメリカ人が送ってきたと言う衛星画像を発表されて 

打ち消しに大慌てですが、私としては今頃と言う感じです。 


欧米のマスコミは捏造だと無視していますが        

衛星画像がハッキングされています。

c0192063_1574190.jpg


左下に見えるウクライナ空軍機から右上のマレーシア機に対して、

銃撃か?ミサイルを打った後の白い航跡が右下の拡大された写真です。

ウクライナはこれから寒くなり 

ロシアのガス以外にエネルギー(石炭)の確保に大変なようです。

ポーランドが産する石炭の余力も限られていますし・・・・・・どうするんでしょうかね。

c0192063_15143764.jpg


一方アメリカのオバマ大統領は 大統領令で移民法案を成立させましたが

c0192063_15164621.jpg


年明けから上下院とも多数派になった共和党は弾劾決議も辞さないと怒りまくり

日本のツイッターにもオバマの中国贔屓を揶揄して、

身内の中国人夫人とビジネス上、中国資金で商売を進めていることを暴き出され 

日本の政治家からは「民主党は日本もアメリカもどっちもだめだと!」 

日米安保を過信するなと・・・・・・・・。

大東亜戦争もアメリカの民主党時代の陰謀だと まあ~賑やかです。

c0192063_15225888.jpg


日本は衆議院が解散して総選挙になりましたが、結果はある程度予測でき

消えていく政党が幾つか出てくるようです、まあ 当然でしょうね 

売国政治家をこの際落とさなきゃと、

様々な連絡メールの数がいつもの倍に増えています。

一票しかないんですがね。


それはさておき 中東が酷い事になっているようです。

イスラエルは西岸地区に無理やり住宅を増やして建設しています。

国際世論もなんのそのと反発して、何処吹く風です 

開き直っていますね。

そもそもユダヤ人と言いますが スファラデイーと言われる中東系のユダヤ人と

アシュケナージと呼ばれる ドイツ、東欧系との混血ユダヤ人

およそ 600~800年前に成立したと言われていますが、その後

アシュケナージとスファラデイの混血も増えています。

モーゼが ヘブル人(ヘブライ人の語源)の奴隷を引き連れてエジプトから脱出し

神が約束した蜜の流れる地には 元々ペリシテ人(パレスチナの語源で 海から来た人)が

現在のガザ地区に住んでおり、

それから数々の戦闘や紛争を起こして無理やり進入したと言うのが本当のところで 

要するに見たことない神が約束したと、それだけが理由です。

勿論 現在のユダヤ人とは全然見た目も宗教も別な人たちです、 

旧約聖書自体もっと後で、都合よく編集されて成立しました。


元々住んでいた人にとってはたまりませんね、

当時から領土を巡る争いが当たり前のようにあり 

殺戮、強奪、人質は奴隷として売買(特に女性と子供)が、普通の風景のようです。


元々 エジプトで奴隷の生活をしていたヘブル人は何処に住んで?いたのでしょう。

現在研究中ですが、詳しくは未だ解りません。

ドイツの裁判所が失業保険の給付やその他の社会福祉の対象に含まれていないのは

違憲だと訴えていたルーマニア人女性に 訴えを棄却して合憲と判決を出しました。

何度も書きましたが ユーロ域内は移動が自由でサービス、資金、人の移動が自由です

所が東欧から移入してくる人達は、

仕事をしている人より社会福祉の手当て目的で移入してくる人が多くいて 

財政的にも厳しい国には大きく負担が増え 

失業中の自国民の怨嗟の対象となり、デモや暴動まで起きています。

しかも 国に依り特に法人の税率が違うので 大手企業は税率の低い国に本社を移し

今までのような税収すら当てにならない状態です。

イタリアやフランス、英国などでも移民問題が大きな問題になっています。

ユーロの委員長になった元ルクセンブルグの首相は 

首相時代にルクセンブルグの企業に掛ける法人税を安くして

大手企業と密約を結んでいたことを イギリスのキャメロン首相に厳しく言われ 

開き直っています。

「首相時代に自国に不利なことをする 馬鹿な首相はいない」と ゴリッパですね?

フランスは立ち退かしても すぐに又集まり、

不法占拠を止めない ロマ(以前はジプシーと言っていましたが、最近は差別用語とかで)

の集団は次々と東欧などから移住し始め、

特にルーマニアから移住してきて所構わず住み着いてしまうそうです

インド 北東部がロマの故郷と言われていますが、 

古くからあるカースト制度を嫌い移動民族になったようです?が理由は詳しくは解りません、

その他 色々な理由で放浪するようになったようで

賤民として扱われ仕事も限られているようです 

パリではもっぱら子供達を中心にスリ、や泥棒等で生活しているようです、 

中には得意な民族舞踊や歌等で喜捨を貰い生活している人もいるようですが 

数はすくないそうです。

ヘブル人はエジプトの奴隷生活以前は 何処で?何を?していた部族なんでしょう。

調べなくっちゃ・・・・・・・・。

時間が罹りそうです。

      拾い物です タグは 「だらしないにも、ほどがある」 ですね・・・。
c0192063_1644031.jpg


ふひゃー!
         酔って寝てしまった、 私みたい・・・・・・・・・。
by monk-1 | 2014-11-21 16:05 | Comments(2)

救いとは?

晩秋などと のんびり構えていたら、あっと言う間に 初冬の感じですね。

土曜日はゴミ出しの日ですので朝の6時頃外に出たのですが、

かなり冷え込んでいました。

部屋に戻り温かいコーヒーを飲み 一息です、一年は早いですね(年寄りの実感です)。

街角には先に飾った方が・・・・・とばかり、気の早いクリスマス商戦がスタートしています

9世紀のベアトウス本で 確立されたと言う 捕食対比の色が(赤と緑、青と黄色)

クリスマスカラーとして 赤いリボン、緑色の柊、包装紙、街中までもが捕食対比です、


お話しは変りますが APECでの 習近平の安倍総理との握手のシーンが笑えました

こわばった表情で 傍らの通訳の女性の話しも無視して 子供みたいでした

一般的な報道では条件が 全て日本側に断られてしまい それ以上無理強いして

日本側が APEC不参加等と言い出したら 習近平の顔が国際社会で丸つぶれになり

それを 避けるためにどちらとも取れる合意事項を発表して

中国国内向けにあの表情になったと、 

トップになっても 習近平は国内全てを掌握できていないのですね、

挙句に 英国の自然保護団体からタイミングを計算したように 

アフリカ訪問時に習首席の専用機を利用して 帰国時に 

象牙の密輸が行われたと報道されてしまう お粗末さです

一方 中間選挙で大きく負けた オバマ大統領は 敗戦後の議会関係者との会議で

責任は自分にないと 他に押し付ける等 トンチンカンな答弁を残して後始末もせず

中国に乗り込みましたが CNNでは 到着時にガム(禁煙ガム)を噛みながら

しかも ラフな 服装でと 袋叩きです。 マナーを知らなさ過ぎると。

口の悪い コラムニストは オバマ大統領、バイデン副大統領、ケリー国務長官

  「3馬鹿トリオ」 だそうです。

安倍総理は その後 ASEAN、G20と 現在はオーストラリア訪問中ですが、

アメリカ国内では デンプシー議長がイラクの空爆は余り効果が出ていないと認め

地上軍の派遣も必要と議会で述べていますが、大統領は 地上軍派遣はしないと

日本でしたら 閣内不一致と 野党が大騒ぎでしょうね、

なんとしたことでしょう あの大統領は。


クリスマス定番の様々な 光の飾りつけも(イルミネーション)最近は より豪華で

華やかに成ってきていますが 10月28日に記載した「何処も同じですね」の中

少し 補足しないと解り難いと言われまして、下記の文を後日にUPしました。


「これは多神教時代の秘儀思想に共通する部分があり

イニシエーションを段階的に行い 神の意志を聞く(感じる)ことが出来るようになると 

似たような考えでは?

最後の段階でイルミネーション(光に包まれる)を体験し、

(病気などで 臨死体験をした方のお話に多くきかれる 眩い光に包まれた、とか
 綺麗なお花畑で 亡くなった人に出会い こちらに来るなと言われて目が覚めたとか
 イニシエーションを修行と考えると極限まで肉体を疲労させる事と 病で生死の境
 を さ迷う事とは 何か共通点があるように 私には考えられます、様々な脳内物質
 の働きで 幻覚を見るのか?肉体の状態とは別な動きを脳自体がするのか?
 いずれにしても 素人の私には未知の分野で脳科学者の意見を聞きたいですが)

そんな体験をした司祭たちのグループ(イルミナテイ)と呼ばれる人達が数千年前に

組織として 作り上げた プロトコルのようです。」
以上を補足としてUPしました。


多数派教会(ローマ)がイルミナシオン(イルミネーション)を

現在のように教会と共に変化させ 字(聖書を)読めない大衆を洗脳する為

ステンドグラスや彫刻、絵画などで 聖書の世界を教え込もうとしてきました

以前TV放送でヨーロッパの教会のなかで

石造りのゴシック建築の中ステンドグラスから差し込む光の中

教会専属の聖歌隊が謳うグレゴリウス聖歌を聞きながら 涙ぐむ日本の女子大生が

放送されていましたが、刺激と洗脳は耳と目から 飛び込んでくるのですね。

年末の風物詩として すっかり溶け込んでいるようですが?

私の家は先祖代々 禅宗なので・・・・・・・。

閑話休題

先日外出した時に 元町商店街の入り口ですれ違いざまに 深々とお辞儀をされ

慌てて頭を下げましたら、代官坂のお蕎麦屋さん ご夫婦でした

先般行った時に ご主人はすっかり元気になられていましたが 今度は奥様が

病に罹り 伺うと「ガン」と言う事でした 手術は無事に終わり

現在は効ガン剤治療中と言う事で 少し痩せていましたが立っているのが辛そうでした

それから 暫く代官坂のお蕎麦屋さんにはご無沙汰していましたが、

伺うと お店を閉めたそうです。 矢張り立っているのが少し辛いそうで

現在は 効ガン剤治療も終わり自宅で静養しているそうです。

あの時より 少し ふっくらした顔になっていました、血色も良さそうで 

お大事にと別れましたが、 「ヨブ記」を思い出しました

C・G・ユングの名著 「ヨブへの答え」は未読ですが、

次々に苦難に遭うヨブが考えた事などを思い出してみましたが、

人生は先が解りませんね 次から次へと・・・・。


今日はこれから 石川町の お蕎麦屋さんに出かけます。 
by monk-1 | 2014-11-15 13:47 | Comments(2)

古の多神教

久しぶりに バッハを聴いていますが、 
少し冷たい空気が部屋を満たしていて
落としたばかりのコーヒーが とても温かく美味しいです。
横目で ケーブルTVを見ながら キーボードを打っていますが、
為替相場が円安に振れて、株価が上昇していますね 
国内の産業構造が変り 円高の時に悲鳴を上げた大手製造業は 
生産拠点の海外シフトに励んでいたので
円安の効果は期待するほどではないようです。

拘束されていたヒコックスさんの裁判は無事に訴えが通り 
週一回の血液検査を条件に 
無事に自宅に戻る事ができたようで 
同居中の男性と笑顔で取材を受けていました。

c0192063_9323272.jpg



先週末のハローウインは渋谷あたりの人出がすごくて
機動隊が交通整理をしたとか、
ご近所でも子供達が仮装して商店街を大勢歩いていました、
元町の商店街も大変でしたね。
おまけに こんな ハローウインを 下に載せます
             有名なTV司会者 ケリーもこの顔で・・
c0192063_9381022.jpg


             翌日からが リス達にご馳走が
c0192063_938649.jpg


  随分老けましたね 雑誌「プレー・ボーイ」の創始者ヒュー・ヘフナーです
c0192063_939051.jpg



スコットランドからアメリカに移民した人たちが 
古くからあるケルト(ドウルーズ教)のお祭り収穫祭を 
ささやかに行っていたのですが、いつのまにか商業主義と結びつき
今ではキリスト教徒迄が キリスト教のお祭りと勘違いして・・・・・・。
こんなありさまです。

ハローウイン、セント・パトリックデイ、クリスマス、全てキリスト教とは関係の無い
古くから欧州にあった 多神教時代のお祭りを(特にケルト人のドウルーズ教の祭事を) 
キリスト教会が盗んだ物です。
キリスト教がローマに取り入れられる以前は 
様々な多神教が信じられていたと、少し前にこのブログで書きました、
そして宗教ごとに色々な儀式があり
特に熱心な信者は祭司職を目指し イニシエーションと言われる
門外不出 つまり 他人に話す事や教える事が禁止されている秘儀を経験しようと、 

宗教に依り違いますが 
幾つもの段階の「秘儀」と言われる 儀式を体験しなければ司祭などには成れず、
当然それらを子供に伝える事により世襲制のような形をとる宗教もありました。
代々祭司を司る家柄から 預言者や魔術師(クリストス、キリスト)と言われる人が出ていたのは
納得できますね、

キリスト教が認められる以前のローマには 無数のキリストを名乗る人間がいて
多くは ローマ市内で暴れまわる 迷惑者だったそうです。
後に皇帝ネロが ローマ市内に放火したキリスト教徒を捕まえて
磔刑にした事は有名ですが
ローマ帝国にキリスト教を認めた コンスタンテイウス帝以後には
皇帝ネロは キリスト教徒により 暴君ネロと呼ばれてしまいます、
キリスト教徒の得意な 捏造です。

背教者ユリアヌスと、後世に呼ばれる皇帝も、 
ユリアヌス帝は キリスト教徒に破壊された多神教の神殿の破壊を嘆き
多神教の神殿の復活を行った為に
キリスト教徒により、背教者の冠を被せられました。
(現在 左翼や反日の人達の常套手段 レッテル張りですね)

洗礼者ヨハネの親は、
父はユダヤ教エッセネ派の祭司ザカリアで、
母はエリザベトと言う名前の、両親の間に生まれた事から、
幼い頃から ユダヤ教エッセネ派の薫陶を受けていたようです。

その後洗礼を授けたイエスは父が大工でしたが、
母のマリアの家柄は過ってソロモンの王の時代からの、
神職と言われた一族の出身と言う事ですが、真偽は不明です。
(後の多数派教会の使徒達が 箔付けの為に捏造したようです)

2世紀のギリシアの哲学者で歴史家が書き残した書物には
イエスは
駐留していたローマ軍の兵士とマリアの間に出来た、
不義の子との記述も有ります。
イエスはローマ軍の傭兵だった東欧系の駐留軍兵士との間の
不義の子と言われています。

ヨハネとイエスは 従弟の関係と言われ、
そんな事情で洗礼を授けました。

初めて ユダヤ教にはそれまで無かった洗礼と言う儀式は
ヨハネがアレキサンドリア時代に知った イシス信仰の秘儀で
イニシエーションの第一段階と考える事ができます。

前回書きましたが エレニウス密儀、オルペウス密儀、デイオニュソス密儀、
イシス・オシリス密儀、ミトラス密儀、キュベレ密儀、等の中で

供物の羊や牛を屠ってその血を体に浴びたり、
体を鞭打つなどの過激な儀式を行わず 

比較的に静かな瞑想を行うイシス信仰は 
中東以外にも 広くヨーロッパで現在でも形を変えて生きています。
自らも作家で フリーメーソンリーの人が 本に書いてあるのですが、
フリーメーソンの会員の序列が上る儀式の時に、唱える言葉は
古代エジプト語(コプト語)で イシスの秘儀の時に唱える言葉だそうです。
本人は最初 言葉が理解できず、何語?も知らなかったそうです。

ヨハネがアレキサンドリアでイシス信仰を知り 
利権と汚職にまみれたユダヤ教に代わる新しい宗教として、
エルサレムに持ち帰ったと私は考えています。
死海周辺に紀元前から在った「クムラン教団」も、
ユダヤ教エッセネ派の教団と 死海文書の発見で明らかに成りました。

アレキサンドリアも後に
キリスト教徒(自称預言者、クリストス)の焼き討ちに会い
有名な図書館の蔵書と供に 破壊されてしまいます、
よって貴重な歴史的資料も現在では存在しません。
古代ギリシア語の預言者を表わす言葉 クリストス →キリストは
過激なオカルト集団で、粗暴でした。
賛同しない者への 集団リンチや破壊、放火が、日常茶飯事だったようです。

その 信仰の入信する儀式(洗礼)はイニシエーションの最初の段階です。
最後は 自身が生まれながらに持つている ゲニウス(守護霊)に目覚め
瞑想の中で イルミネーション(光に包まれ)を体験し 
霊性に目覚めるものと、
誕生日のケーキと蝋燭の事も 
以前述べましたがゲニウスはジーニアス(天才)の語源で
ギリシャ語ではダイモン 
後のキリスト教徒(多数派教会)はデーモン(悪魔)にしてしまいました。

古代ギリシア(ソクラテス、プラトン、)の影響か?
ロゴスとパトスが問題なのですね。

洗礼者ヨハネが斬首されて亡くなったために、
最後のイルミネーション迄教えを受けた人はいなかったようで、
ヨハネに後継者と指名された シモン・マゴスも
ヨハネの死後アレキサンドリアに出かけて勉強していたようです。
留守を預かった ドシテウスの言葉も後世
ローマの哲学者や詩人に大きな影響を与えています。

ゴーギャンの大作(ボストン美術館所蔵)に書かれた言葉、
「我々は何処から来て 何処へ行くのだろうか?・・・以下省略)も
教師ドシテウスの言葉です。

イエスとその取り巻きの、
ガリラヤの漁師達は知る由もありません。
マグダラのマリアは
塗油と言う儀式を行える女性祭祀の立場でした。
(古くエジプト古代王朝の王が亡くなった時に、神に成る為に 亡くなった王と、
 新王にイシスが行う復活、再生の儀式です)
 

マグダラのマリアは
イエスの死語に祭祀の指導者として死後の塗油の儀式を行ったと言われていますが、
イエスは磔刑になっていません。
レビ人のイエスと、ユダヤ族のイエスと二人いて、
過越しの祭りの風習として 減刑、釈放が許されていました。
レビ人のイエスは鞭打ちだけで 釈放されているのです。

磔刑で死んで、その後復活したと言う話は
エジプト魔術師イエスを利用する使徒達の捏造です、
故に ユダヤ人のユダヤ教徒から 「詐欺師のイエス」と言われる訳です。

斬首された ヨハネから教えを受ける事が出来ないイエスとその仲間達は
糸の切れた凧の様に 今風に言いますと「オレオレ詐欺」集団化します。

「天国に貯金を」と オレオレ詐欺師達、現在使徒と呼ばれる人たちからは 
マグダラのマリア妬まれ、邪魔だったようで
特にキリスト教を広め根付かせたペテロとの間は
決定的に悪かったようです。
後世 娼婦マリアと貶められてしまいました。

ヨハネが言った「私の後に来る人が・・」を イエスのことと喧伝されていますが、
それは後継者のシモン・マゴスの事で、
後世異端として弾圧されてしまいました。
エイレナイオスの異端弾圧の手紙からも解ります。

ローマに国教として取り入れられてからは、辻褄合せの為に
数度の公会議を開き 様々な修正を行って行きます。

「古代ユダヤ教」を全て読んだわけではありませんが(読書中です)
ペルシャに滅ぼされた北部イスラエル10部族が虜囚になって 
ユダヤ教の神殿を作る事を禁止されていた時代 
預言者は「黙示録」の形で神の意志を伝え書きし(ヨハネの黙示録等)

又 ネプカドネザルによる 南部ユダヤ族が滅ばされた時にも 
生き残ったユダヤ人の中に 
いずれも取りまとめる祭司の名前の中に、
シモンと言う名前が出てきますが
シモン・マゴスとの関係は解りません。 

解説している様々な人の中にはマゴスと言う名に着目し 
多数派教会が言う イエスの誕生時に訪れてきた 
「東方の3賢人(マギ)」になぞらえて 
マゴス→マギ と繋がりを言う人もいますが 
いずれにしても シモン・マゴスの家柄は
何がしかの 宗教行事に携わる家柄の出身と思われます。

アレキサンドリアを訪問した シモン・マゴスは
当時 世界で一番文明の発達していた都市で
セレウコス朝シリアの時代に推し進められた ヘレニズム化も知り
遠く東方の文明にも触れていたと思われます、
一神教の激しく 厳しい戒律のユダヤ教が主流のパレスチナとは違う
多神教時代を知り 
静謐な祈とロゴスによる真理を求める事を理解したのでは?と考えられますが、
秘儀は別です。
エジプトの亡くなった王を神として送り、新王を迎える儀式なのです。

ヨハネが未だ教えてくれていなかったイシス信仰の秘儀を途中まで知り 
最後のイルミネーションを知る事は出来なかったと考えられます。

人間が生まれながらに誰しも持っている 
守護霊ゲニウスの霊性に自身が目覚める事
それを認識して、知る事を、祈を通して希求する事が大事だと・・・・。
グノーシスですね。

多数派教会が目の敵にした 
グノーシス主義と言われる宗教が少し見えてきました。

フランス南西部ラングドックで 
テンプル騎士団と一緒に虐殺されたカタリ派は
東方正教会の司祭が言うには 
グノーシス主義エッセネ派のボゴミール派でした。

テンプル騎士団とグノーシス主義の繋がりが 始めて見えてきました。

他言無用で全てのイニシエーションが秘密の為か?様々な憶測を招き
悪魔崇拝だとか秘密の世界政府組織とか 
多数派教会(ローマキリスト教)から異端とされて、色々な弾圧を受けた為か
書き記したものが少なく 
極少数の研究者の書いたものに頼るだけで
現在でも詳しく解らない為に 色々な事が言われていますが 、

エジプトの辺鄙な村 ナグハマデイで発見された「ナグハマデイ文書」のお陰で
グノーシス思想、主義が 漸く研究され始めています。

多数派教会が捏造した「裏切り者 ユダ」も捏造と解りました。
ユダは「ユダの福音書」を書き残しているのです。
グノーシスの影響を強く受けています。

私見ですが 
最後に光に包まれるイルミネーションの体験をした 
ごく少数の人達の組織、グループの事を、
宗教改革がドイツから始まり
聖書に触れる 一般人が増えて研究も行われ始めました
古代の宗教を未だ知らない(ナグハマデイ文書は未発見)宗教家達は
様々な騎士団を作り、当時は異端とされるグループを作りましたが
秘密結社も在ります。

現在も「イルミナテイ」と呼んでいたと考えますが、
(光に包まれる心地よい体験は 現在でも臨死体験を経験した人達が、皆同じような経験を
 口にします。穏やかな気分で苦しく無く、光輝く場所に居たと、単なる脳内経験なのか?
 私にには解かりません、生死の狭間を体験した人の脳内には神経回路として、その様な
 ものが出来ているのかも知れません)
実際には 無理だと思いますが 名前だけが少数の秘密の会員に与えられ
古(いにしえ)を偲んでいるのでは?と思います。

故に現代「イルミナテイ」と呼ばれる組織も作られます。
詳しくは 何時か又書き記します。

現在は様々な怪しげな組織では?と
憶測が多く飛び交っていますが・・。
イラク南部のチグリス・ユーフラテス川の三角州地帯まで逃げ延びて
信仰を守っている最古のキリスト教徒マンダ教徒は
ヨハネ主義者と解りました。
最近イラク問題で突然脚光を浴びた ヤジデイー教徒
多神教時代の 多くの宗教が小数派として現存しています

マンダ教徒に イエスの事を質問すると、
誰だ?そいつは と 答えるそうです。

ユダヤ教徒がペテン師イエスと呼ぶのと 同じですね。

秋の祭り メヘレンガで蝋燭に火を灯すゾロアスター教(拝火教)の少年です
c0192063_114361.jpg


   ヤジデイー教徒の聖地、ラリッシュ神殿が奥にあります
c0192063_1162616.jpg


余り日本では話題になりませんがエジプト文明より古いヨーロッパ文明の故郷

   黒海に注ぐ ドナウデルタの地図です
c0192063_11103577.png



ドナウデルタは広大で 現在はルーマニアで黒海に3本の川が注いでいますが
昔は9本の川だったそうです、
お隣ブルガリア沿岸で発掘された最古の分明は歴史を書き換えました。 
エジプトのピラミッドが出来る 数千年前の文明ですが
調査は全体の おおよそ数十分の一だそうです。
大河の三角州は 文明の「ゆりかご」のようで、早く解明してもらいたいです。
多神教時代の様々な信仰が少し形を変え 現在でも生きています。
ローマ(バチカン多数派教会)は酷い弾圧を加えてきましたね
アルゼンチンで ナイトクラブの用心棒をやっていた人が 悔いて現在は
c0192063_1114446.jpg


まあ~~便利と言えば便利ですが、罪を犯しても反省するとこうなれるのです。

昔 日本のCMでは反省するなら猿でもする・・・。
そんなフレーズがありましたが?
          
            少し反省しなさい!!
c0192063_11274087.png



雑用を片付けに 外出です。  

又。












 

by monk-1 | 2014-11-04 11:42 | Comments(0)

森羅万象 気になることを記します