<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昔の人でさえ

小さな頃 TVが我が家に来た時の事は よく覚えています。

最近は殆ど地上波は見ず BSとケーブルTVの国際ニュースを見るのが日課で

小さな頃のワクワクとした 感動が無くなったのは 何時の頃か思いだすのも

難しいです。

TVで放映されるアメリカのホームドラマや

シリーズ物の映画に出て来るアメリカは豊かな国で物が溢れ 

子供心に こんな国と日本は戦争したのかと 負けるのも無理ない事と

みような 納得をした事を覚えています。

勿論 現在ではニュースに流れるアメリカの警察官が又黒人を射殺した事実を

見ても 現実のアメリカ社会が貧困と差別が蔓延する酷い国と理解出来ますが 

当時の敗戦国 日本国民に対する刷り込みと洗脳のブロバガンダと解りましたが 

当時は何の疑いもなく 見入って居ました。


ハリウッド映画もアメリカの国策遂行を補完するブロバガンダと知りましたが

娯楽として見るぶんには良いのですが、それが事実と錯覚すると

大きな間違いを犯しますね。


最近はハリウッドも不景気らしく良い脚本も集まらず 一時のような

大掛かりな映画は難しい時代を迎えているようです。

SNS(ソーシアル.ネットワーク.サービス) インター.ネットの発達は

手ごろな料金で映画や音楽 そして読書する本迄手軽な価格で配信され

益々 TVや映画は厳しい時代のようです

そんな中 大ヒットした映画「スター.ウオーズ」の次回作の製作が

発表されました。


ロシアのネット配信記事「スプートニック」に面白い記事を見つけました 

以下に引用です

「大英図書館に所蔵されている1340年付けの古文書の中に、

宗教上の人物として、スター・ウォーズのある主要キャラクターに

驚くほど似ている図像が発見された。」

英ケンブリッジ領内に中世の墓地、1000体以上の遺体は貧しい研究者 

大英図書館職員が、サムソンに関する聖書史のイラストに、

ジェダイマスター・ヨーダに酷似した緑色の人間を発見した。

c0192063_12181751.jpg


ちなみに 映画の中のヨーダはこんな感じです

c0192063_11525827.jpg

c0192063_11532748.jpg


「なぜ800年前の中世の画家がサムソンをめぐるその文書の中に、

いまや惑星的人気を博した架空のキャラクターとあたかも2滴の滴のように

互いによく似た不思議な生物を描き込んだのか、永遠の謎である。」引用終わり

不思議ですね 良く似ています。

聖書史のサムソンとは 旧約聖書の中の「士師の時代」ルツ記に出て来る

力自慢のリーダーに成る サムソンの事です。
      サムソンとデリラ(妻) 
c0192063_1284784.jpg


旧約聖書は言うまでも無く ユダヤ教の聖典ですが 中の規則に触発された

こんな 絵もあります

余りにも有名な「ミレーの落穂拾い」です

c0192063_12364345.jpg


イスラム教でも教えとなっていますが 農作物を収穫した後に落ちている

落穂や様々な農作物は 寡婦にそれを拾う権利が約束されていました。

小麦の収穫などに使うフオークは 下の写真のような大雑把な機具の為

落穂が沢山 出る訳です

c0192063_1226922.jpg


病気や事故 そして戦争等で主人を亡くした未亡人や子供達の為の権利でした

現代の中東で 難民キャンプに子供や女性を楯に立篭る 

過激派の自称イスラム教徒たちは 食料もなく上下水道の設備もない避難民を

如何考えているかしら? 聖典を知らないのか?文字が読めないのか?

随分昔の人達にもこんな 心配りがあったのに・・・・・・・。

朝流されていた ニュースの一部に 

酷い状態に置かれた避難民に触れていましたが 

結局 弱い人達にしわ寄せが行くのですね。

   (弱くないんだよ ちょっと 真似てみました強そうでしょう)
c0192063_1251915.jpg

    春は眠たいのだ!
c0192063_12532765.jpg


ハナミズキがとても 綺麗に咲いています お散歩に出かけます。
[PR]
by monk-1 | 2015-04-23 12:57 | Comments(0)

繋がるかも

日差しはあるのですが 風が強いですね、

バス停の傍の花水木の薄いピンクの花が揺れていました。

隧道の手前の八重の枝垂れサクラも咲いていて「春爛漫」です。

やがて 初夏を迎え そして 又熱い夏がすぐ来ますね。

季節は正直に巡って来ますが 懲りない人たちは相変わらずです。

久しぶりにウクライナですが 米軍の空挺部隊300人がウクライナ兵の

訓練の為に と言う名目でウクライナ入しました

c0192063_14195110.jpg

      (スプートニクより)

一方 キエフでは 議会の野党議員や与党の中でも政策に反対する議員

そして ジャーナリスト等 数名が暗殺されました ネオ.ナチグループが

犯行声明を出しています

c0192063_14243881.jpg


まるで マフイアの抗争のようです、マフイアの2代目ポロシエンコは

お手の物でしょうね アメリカの副大統領バイデンは諦め切れないのですね



次期大統領選挙でバイデンは 大統領の座を狙って居ましたが

ヒラリー.クリントンが いち早く手を上げてしまいましたので

武器の次は 空挺部隊ですか ロシアがどう出るかそれが心配ですね。

スペイン、オーストラリア、カナダ、インドネシア、

世界中でISISに洗脳された若者がテロ容疑で捕まっています 

勿論 アメリカでも・・・・・・

後数年はこんな感じで世界中が 推移していくのでしょう

地中海はユーロへの密航者の 墓場となっています 無事にイタリア海軍に

保護される人数より 途中で転覆して亡くなる人達の数のほうが多いと言う

悲惨な事になっています  今年に入り無事保護された人数が2万人で

北アフリカ(リビア)で待機中の密航者は数十万人いると言われ

中東や北アフリカで 紛争が激しくなるのに比例して難民も増えると言う

解決しようのない 状態です。

イタリア政府の金銭的な負担も大きく ユーロに相応の負担をと言っていますが

口も金も出さず 見て見ない振りです(ユーロも一枚岩では ないようです)

ギリシアも「ごね」ていますが 

昨日はIMFからつれなく約束の返済を履行するよう

ラガルド女史に念を押され どうするのでしょう?


閑話休題

1099年ゴドフロワ.ド.ブイヨンに率いられた十字軍により 

聖地エルサレムの奪還に成功したキリスト教徒でしたが 

1118年 フランスの貴族

ユーグ.ド.バイヤンにより 設立された「キリストの貧しき騎士」は後に

テンプル騎士団と呼ばれるようになります、 

バイヤンの領地があった 南フランスのラングドック地方は後に 

カタリ派の虐殺で知られますが バイヤン自身も

カタリ派(グノーシス主義の中のボゴミール派)ではないかと言う人もいます。

斬首された ヨハネ そしてヨハネに指名された次の指導者 シモン.マゴス

西洋思想史では グノーシス主義の創始者とされる シモン.マゴス

そしてグノーシスを信じていた ユーグ.ド.バイヤン(テンプル騎士団創設者)

少し 繋がって来ました テンプル騎士団は アッコン城陥落以降 聖地には

戻りません、

異端としてフランス王と教皇の呼びかけで 虐殺され滅ぼされるまで

テンプル騎士団は 全ヨーロッパ中に金融のシステム 今で言う銀行のような

金融システムを作り上げました が それが 災いの元になり 

フランス王に疎んじられ 異端攻撃を受け弾圧される 要因となりました

フランス王フイリップ4世は 多額の借金を一気に踏み倒す良い機会と考え

又 ヨーロッパから中東まで 広大な農地とぶどう園を持ち各国の王や貴族に

融資されている全ての金額を独り占めできると考えたのも無理の無い事でした

一方 古代エジプトやギリシアの石造建築 そして 中世以降作られ始めた

教会建築等は 当時イスラム社会から その技術は輸入され

ヨーロッパ全体に石工の組合(ギルドのような)が作られ

その 組合はフリーメーソンと呼ばれて居ました 組合員だけが知る秘密の

握手の作法 家の入口で踏む 独特の秘密のステップ等 当時の石造の技術は

王者の技術と言われるもので まさに 門外不出のものでした。


現在 世界遺産に登録されている ケルンの大聖堂を見ても

その石造建築技術には 驚かされます、

日本でも 築炉の国家試験一級に出るそうですが 

煉瓦をアーチ型に積む試験だそうです 

石造のアーチ型の橋を見てもお解りのように 物理の力学の知識が要求され

「力の合成」や「力の分散」が計算されていて 

大聖堂の伽藍の天井のアーチを見ると

その技術と計算力には 驚かされます。後に錬金術になっていくようです

c0192063_15422333.png


お馴染みフリーメーソンのマークですが コンパスと定規 そして中にG

これが 問題なのです 何時頃から G の字が入ったか

まさしく グノーシスの G なのです

弾圧を受けたテンプル騎士団は パリ本部も襲われ殺されなかった団員は

異端審問を受け焼殺されました ラングドックでも同じようなもので只

峻険な山城に立てこもった騎士団の少數は切り立った崖を降り逃亡に成功し

ドーバー海峡沿いの港から ポルトガルとスコットランドへと逃亡しました

ポルトガルでは キリストの十字軍に紛れ込んだと言われ

スコットランドでは先祖がバイキングと言われる 

シンクレア家の庇護を受けます 

紀元前より広く海洋進出をしていたバイキングは その足跡をたどると

北ヨーロッパはもとより アイスランド、グリーンランド、アメリカ、まで

コロンブスが新大陸発見の300年以上前に アメリカ大陸に上陸して

足跡を残しています


これからは 私見ですが スコットランドに逃れたテンプル騎士団は

キリスト教徒の目から 逃れる為にフリーメーソンに多勢加入したのでは?

元々 ユダヤ教の中でも ファリサイ派、サドカイ派、そしてエッセネ派と

比較的利権から遠く「祈と労働を重視」する エッセネ派は 

斬首されたヨハネが荒野で祈と労働の日々を送っていたと言われている事から

グノーシス的で 中には同士で修道院を作ったり 

隠者と呼ばれる 洞穴に住み祈と労働の生活をする者もいて 清貧な修行僧の

集団でした。

その頃 イエスとその取り巻きは神のリセットを説き 天国に行くには

その 手持ちのお金を喜捨して 私たちに預けなさいと 金持に断られると

そのセリフは「地に蓄えずに、天に(神の国に)蓄えなさい」私が預かります

断られると「金持ちが神の国に入るのは ラクダが針の穴を通るより難しい」

と 捨てせりふを吐き 

これは「金持ちに財産を全部私に寄付して付いて来なさい」と言ったら

金持が悲しそうに去っていった時の イエスのセリフです。

何処か 似たような怪しげな宗教が現代にも有りましたね


パブテスマのヨハネの考えとは大きく違いますね、 

イエスが後継者に指名されなかったのが良く解ります。


幸い 近年 エジプトで発見された 「ナグハマデイ文書」の研究が進み

数は少ないですが 少しづつ研究成果が発表されたり 本に纏められたり

していますので 「隔靴掻痒」ですが 少しづつ 読み解こうと考えています

日本では 東大の荒井献さん他数名の方の本が 出版されています。



予断ですが 皆さんご存知のニュートンはリンゴ(重力)の側面が強いですが

彼は 錬金術師です イギリスの造幣局の責任者になった時の彼の仕事は

錬金術を活かして 偽金を見つける事でした メッキされた偽金を見つけ

犯人を捕まえると 彼は 犯人が持っている錬金術のメモや本を全て没収し

自分の物にしていたと 後年彼の子息が書いています。

フリーメーソンの科学的な思考方式は後に錬金術や科学、数学、天文学等

後にイスラムの影響で始ったと言われる ルネッサンス運動にも

大きく影響を与えているように 思われます

イギリスは ロンドンのシテイと並ぶ アメリカのウオールストリートは

世界の金融の中心地ですが

(テンプル騎士団 → グノーシス→ フリーメーソン)×(金融システム)

と考えると 何故か 現代に結びつきますね。

      (まあ~一杯どうぞ もう疲れて眠たいよ)
c0192063_16425112.jpg

  (余りにも可愛かったので「きのこ」さんのツイッターより拝借しました)
[PR]
by monk-1 | 2015-04-18 16:58 | Comments(2)

もしかして  「四面楚歌」

静かな 日曜日です、昨日までの統一地方選挙と政令指定都市の選挙の応援カーが

走っていないだけで こんなに違うものなのかと、 


静かな日曜日は良いですね。

私は 先日雨の中 期日前投票を済ませ 図書館に寄り本を返却して来ました

一度に用事を片付けないと なにしろ 出不精になってしまいましたので。

雨の中 バス停で降りて 何気なく建物のガラスに写っている自分の姿を見て

白くなった頭 丸くなった背中で肩を落として歩く老いた男が 

自分なんだと再認識しました・・・・・。 


これではいけないと胸を張り 背筋をのばしましたが 数分も続かず

吐く ため息も年寄りのものです ・・・ まあ いいか! 年相応で。



ユーロ各国が AIIB(アジア、投資開発銀行)に 多く参加したせいでしょうか?

ユーロ各国が 微妙にアメリカから 離れていくようです

ドイツメデイアが 初めて 親ロシア側に密着取材をし ドイツに伝えていましたが

密着取材中に ウクライナのポロシエンコの言う事を聞かない 民族主義者たちから

砲撃を受け 停戦違反の実態を伝えています。

フランスの情報機関もこんな事を言い始め・・・。   以下引用です

フランスの諜報機関によれば、ロシアがウクライナ侵攻を準備したことはない。

諜報機関の長官で大将のクリストフ・ゴマル氏がフランス国民会議で登壇し、述べた。


「ロシア人らは軍事的な侵攻を行う下地となったはずの

野戦病院など後列組織や司令部は設置しなかったと、

我々は確かに突き止めた。後方支援部隊は一度も定位置を動かなかった」と大将。

大将によれば、ロシア兵がウクライナに認められたとしても、

それはウクライナのポロシェンコ大統領に圧力をかけるための陽動であり、

軍事侵攻の試みではない、という。

大将によれば、米国の諜報機関は、NATOの権威を借りて、

ロシア軍のウクライナ侵攻に関する虚偽の証拠を提出していた・・・引用終わり

アメリカは懲りずに引き続き ウクライナの過激な民族主義者に兵器を渡しています

オバマ政権になってから アメリカは迷走しているようです。

ISISの影響力は中東に留まらず 北アフリカ、中央アフリカ、

そしてイエメンのシーア派の過激派にまで及び本来シーア派の牙城 イランと核交渉を

しているわけですから、イランの影響力が 絶大なのではと考えられていましたが

どうやら  違うようです。

サウジアラビア主導のアラブ連合軍は空爆どころか 

イエメン国境付近に数万の陸上軍を配置し 直ぐにでも越境攻撃する構えを見せていて

シリアのパレスチナ難民キャンプでも 反シリア政府軍、

シリア政府よりのパレスチナ過激派、そしてISISまでが入り込み 4つどもえの

入り組んだ 解りにくい争いとなっています。

アフガンのアルカイダはISISと共闘を宣言し 激しい爆弾テロを行い始め

先日は アフガン政府軍の制服を着た国軍兵士にアメリカ兵が攻撃を受け死者まで・・・

アメリカの裏庭に手を入れようとする 中国政府を漸く意識し始めたのか

キューバ政府と交渉を始めましたが 未だ 五里霧中です

          キューバのカストロ首相と会談をするオバマ
c0192063_13215570.jpg


CNNニュースでは イリノイ州の大竜巻被害をこんな風に伝えています
c0192063_13241282.jpg

c0192063_13245512.jpg

c0192063_1328584.jpg


          木の枝に引っかかっている アメリカの国旗が悲しいですね
c0192063_13293141.jpg


      無事だった家族と全て家が破壊された為に途方にくれる家族
c0192063_13315321.jpg


一方CBSでは ケネデイ駐日大使を 取り上げていました

c0192063_1443089.jpg

c0192063_13332015.jpg

c0192063_1335194.jpg


ケネデイ大統領の執務室で遊ぶキャロライン.ケネデイ等 懐かしい写真を沢山載せて

キューバ危機を乗り越えた 決断力のあるケネデイ大統領を偲び・・・・。

もしかしたら これは オバマ大統領への 皮肉かしら

次期大統領選挙に 今週出馬宣言するクリントン女史は 

出来るだけオバマのイメージから 遠ざかることが 勝ちに繋がると言う事で

正面きってオバマ批判はしていませんが 無視する作戦のようです。
c0192063_13414786.jpg


いやはや 世界は どうなるのでしょう?



以前伝えました  歌姫のサラ・ブライトマンさんは 

宇宙旅行の為にトレーニングに入っているそうです、 

以下にロシアのWEBサイト スプートニックから引用です


英国の人気歌手サラ・ブライトマン氏がISSへのフライトを準備している。
地上のオーケストラとの共演で、宇宙で歌う計画だ。
サラの願いが実現すれば、サラは8人目の宇宙ツーリストとなる。
第一号は2001年のイタリア系米国人デニス・ティト氏。
だが一番有名なのは2009年の第七号、
カナダのサーカス「ジュ・ソレイ」の伝説的なディレクター、ギ・ラリベルテ氏だろう、
無重力下で明るい道化を演じて見せた。ある人は2度にわたってISSを訪れた。
女性もいた。
実に様々の人が、それこそ天文学的費用をはたいて、宇宙への夢を叶えてみせた。
そのいずれもが、ロシアのソユーズ宇宙船を利用した。
そしてフライトに先立つ全ての訓練を、彼らはモスクワ郊外の「星の街」の、
ガガーリン記念宇宙飛行士訓練センターで行った。

ツーリストの準備には1年がかかる。しかし宇宙への滞在時間はそう長くはない。
ISSに着くまでに1日。地球への帰還に1日。ステーション滞在は8日。
これが10年の慣行である。宇宙観光の始まりから10年で、
訓練法等はかなりよく練り上げられている。ツーリストはフライトに向けて、
少なくない数の特殊技能を修得しなければならない。
サラ・ブライトマン氏も一日16時間を訓練に使っている。
身体訓練から、ソユーズ宇宙船搭載機器の研究まで。
そして、ロシア語も必修ときている。宇宙空間における第一言語がロシア語なのである。
既にサラは、無重力における訓練も済ませた。彼女はこの訓練を楽しんだようだ。
今後は遠心分離機の訓練が待っている。こればかりは気持ちのいいものではない。
しかしもう55歳になるこのアーティストの、初志貫徹の決意は揺ぎない。

ところで宇宙ツーリズムは大衆化しうるか。
ロシア宇宙飛行学アカデミーのアレクサンドル・ジェレズニャコフ氏に話を聞いた。

「サラ・ブライトマンがいまやろうとしている軌道への宇宙旅行は
今しばらくは極めて希少な、単発の現象にとどまるだろう。
しかし弾道飛行とか、大気圏外への「ジャンプ」とかなら、2、3年後には大衆化するだろう」

サラ・ブライトマン氏の出発は2015年9月初頭に計画されている。
サラと一緒に経験豊かなロシア人宇宙飛行士であるセルゲイ・ヴォルコフ氏、
欧州宇宙局のアンドレアス・モゲンセン氏が飛ぶ。
これにサラが投じた金額は5000万ドル超。
ちなみに2001年の宇宙ツーリスト第一号デニス・ティト氏は2000万ドルを投じた。

  打ち上げる時の (重力)に対応する体力を付ける為か太りましたね。
c0192063_13515436.jpg


昔読んだ 三国志の中に出来た言葉ですが まさに オバマ大統領は

四面楚歌になりつつ ありますね。
   

やれやれ 太めで座禅が組めないのですが 空を眺めながら(行雲流水)
    瞑想にふけっています
c0192063_1405788.jpg

[PR]
by monk-1 | 2015-04-12 14:06 | Comments(6)

花に 嵐の・・・・

雨模様の日曜日になりました、花冷えとでも 言いますか はっきりしない天気です

ヴェランダや通路には飛ばされてきた サクラの花びらが多く見られ

「花に嵐の 例えもあるよ サヨナラだけが 人生さ」 

井伏鱒二さんの訳と言われていますが、

研究者に依りますと 井伏さんの父君の漢訳が正解だそうです。

短い期間でしたが サクラは日本人の心を騒がせる何か?が あるようです

人間だけでなく 鳥達も騒々しい位に 鳴いていました。

終末論を少し書いた時に リセットのお話しをしましたが 「ノアの箱舟」の事です

正確には シュメールの洪水伝説が元ネタらしいのですが 上手に取り込みました。

旧約聖書を時代区分しますと リセット以降 

預言者の時代 → 士師の時代(戦い等のリーダー) → 王の時代と進むそうです

預言者は戦闘に優れ組織のリーダーとして資質のある人間を 予言の形で選び

又 次には 神の意志として 預言者は 王を指名したそうです

いずれにしても 預言者は 神の意志を伝えると言う 凡人には 出来えない事を

行ってきました。

そんな中に 啓典の民の始祖と言われる アブラハムと言う預言者が居ます

ノアの洪水後 最初の預言者で ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、を信じる人の

祖先とも言うべき人です 三つの宗教を信じる人たちが 「啓典の民」と言われますが、
      それぞれの宗教のしるしが 描かれています
c0192063_126412.png


その他は 入っていません まるで それ以外は無視なんですね。


祖先としてのアブラハムの位置付けは 宗教に依り少し違いますが

妻との間に子共が出来なかったため 妾ハガルをとりその間に出来た子がイシュマエル

(イシュマイール) その後正妻との間に出来た子供がイサクです
     
      
     
       神に子息のイサクを差し出そうとする アブラハム
c0192063_1253423.jpg



以下に ウイキペデイアより引用します

ユダヤ人はイサクの子ヤコブ(ヤアコブ)を共通の祖先として

イスラエル12部族が派生したとし、

アブラハムを「父」として崇め、また「アブラハムのすえ」を称する。

一方でイサクの異母兄に、

妾ハガルから生まれた一子イシュマエル(イシュマイール)があり、

旧約聖書の伝承では彼がアラブ人の先祖となったとされる。

また、すべてのユダヤ教徒の男子はアブラハムと神との契約により、

生後8日に割礼を受ける定めである・・・・・・引用終わり

そして 又一部 引用しますが


元々 神も同じで 人も 同族なのですが 現在では激しく争っています

イスラム教徒の中で 最大の宗派 スンニ派と シーア派も

「預言者ムハンマドの時代から積み重ねられた『慣行』( スンナ)および

正統なる『(イスラーム)共同体』に従う・護持する人々」というほどの意味で、

アラビア語ではさらにこれを略して「スンナに従う人」を意味する「スンニ」の語から

スンニ派とも呼ばれる。

イスラームという宗教が生まれて間もない初期のころ(正統カリフ時代)に、

預言者の後継者(ハリーファ(カリフ))を誰にするかという問題において、

ムハンマドの従兄弟かつ娘婿であるアリーとその子孫のみが

イマームとして後継者の権利を持つと主張したシーア・アリー(「アリーの党派」の意。

後に略されて「シーア」、すなわちシーア派となる)に対し、

アブー・バクル、ウマル、ウスマーンのアリーに先立つ三人のカリフをも

正統カリフとして認めた大多数のムスリム(イスラーム教徒)がスンナ派の起源である。


現在 激しく殺し合いをしている 「スンニ派」と「シーア派」は 預言者の跡目争いが

今でも尾を引いているのですね、イスラム教徒の方は お怒りするかも知れませんが

何となく 現代暴力団組織の跡目争いに 似ていますね、

でも 1000年以上争うとは 想像を超えますが 素朴に信じている庶民とは別に

石油利権や 様々な権益が絡んでいるのでしょうが 

もう 殺し合いは止めた方が良いのでは 賢者は居ないのでしょうか?

因みに もう少し後の時代になりますと 「預言者」は 古代ギリシャ語の「クリストス」

現代では キリストと 成ります。

アメリカのインデイアナ州で 信教の自由を守る と言う建前で「福音主義」者を楯に

聖書原理主義者の意見を法律で認めようとしましたが

同性愛や同性婚を認めない福音派を喜ばせましたが

これは 差別だと 全米から 非難を浴び連日デモが繰り広げられ

挙句 企業も企業活動(人の採用に)差し障りが出 インデイアナ州から 撤退すると

大騒ぎです・・・・・・・・。

人の世ですね

話題を変えて ツイッターで こんなのが届きました

懐かしい ベッシー.スミスの自伝が映像化されたようです。


Bessie: Trailer (HBO Films)

Subscribe to the HBO YouTube:
http://itsh.bo/10qIqsj HBO Films presents Bessie,
focusing on legendary blues singer Bessie Smith,
Saturday, May 16 at 8PM. Con...

International JazzDay よりの映像です 懐かしい人達が出演しています

PBS Preview of International #JazzDay Special Airing April 10

Many of the world's greatest musicians from jazz
and other genres assembled at the United Nations
to celebrate the first annual International Jazz Day Concer...

ネットで アメリカのFMを聞く時は 

スムースJAZZとか クラッシックJAZZと分類されています

雨が 今止んでいるようです 酒肴の買出しに行ってきます。
      
         もしもし~ 買い物に行くけれど?
c0192063_124201.jpg

[PR]
by monk-1 | 2015-04-05 12:09 | Comments(2)