<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏も 終わりですね。

あっと言う間に 月日が過ぎて行き 8月も今日で終わりですね。

雨模様の曇り空で 湿った空気が部屋に流れ パイプの煙と一緒に

ヴェランダに流れ出て行きます。 

あの狂おしい暑さに比べると シットリとした空気は過ごしやすく  秋ですね。

国内のニュースでは 閑な人たちが未だ 安保法制反対とか デモを行っています、

主催者は10万人、警察発表では2万人 何時もの事ですが、

数日前から ツイッターで発信していましたが、JRの送電線や発電所を狙った

放火事件は 戦後の混乱期に共産党が起こした「首都圏に騒乱を」を思い出させます。

東京を騒乱状態に落とし込み 革命ですか? 馬鹿なことを昔通りにやってます。

ここは是非 警察や公安庁に頑張っていただきたい物です、

如何せん 野中某の件でも 述べましたが中国大陸や シベリア帰還兵の多くが

赤化教育、共産主義者教育を受けて 帰還し 国は当時の国鉄に大勢採用し

失業者対策を国策としていましたが 

多くの帰還兵が洗脳教育を受けてきた事を知ったのは 後のことです。

組合を組織化し ソ連コミンテルン日本支部(日本共産党)の指示通り

日本の天皇制を廃止し 革命を起こし 共和国にする事が コミンテルンが指示し

資金などを送る最低条件でした。

その後洗脳された人たちが組合を作り始め 資金は組合から上納されるようになり

コミンテルンの資金は共産党から社会党へと移り 離合集散を繰り返してきましたが

日本国内に革命を起こすと言う 当時のコミンテルンの指示を 未だに守っています。

その手口は 動脈でもある国鉄の輸送を邪魔するつまり、 

鉄道破壊を行い日本を内乱状態にするという 方法をとっています。 

現在のJR放火事件も 同じ手段で日本共産党が直接ではなくても 

傘下の左翼団体が行った事件でしょう。

何度も言いましたが 世界的には 共産主義の壮大な実験は ソ連邦の崩壊で

終了したと 言うのが世界共通の認識ですが 生活の為か?お金の為か?

「化石のような脳みそ」の人たちが 未だ大勢いるのですね。

騙され 振り回されている若い人達が 人生を棒に振らないよう 

早く事実に気付く事を祈ります。


閑話休題

トルコが有志連合に参加し単独ではなく共同で ISに空爆を行いました。

秋口に再度総選挙を行うトルコでは エルドランが世俗主義を捨て

オスマントルコ帝国を夢見て イスラム化を強めましたが国民の支持は離れ始め

連立も組めない状態ですので 選挙睨みの有志連合参加でしょう。

国内のPKK(クルド労働者党)との 和平交渉を一方的に打ち切り攻撃をし始め

シリアのアサド大統領憎しと 反アサド陣営に肩入れしている事は周知の事実で

ISではなく ISと戦うクルド兵を攻撃するとは・・・・・。

影でアメリカや欧州が 強い圧力をかけた事が自明です。

同じくブロバガンダを流し続ける 

反アサドのカタールの放送局アルジャ・ジーラの記者が3人エジプトで逮捕されました

エジプト国内で「イスラム同胞団」と接触したという 嫌疑です。

軍事革命でイスラム同胞団を認めていない軍事政権は世俗主義を徹底し

宗教の政治への関与を認めなくなりました。

軍事パレードでサダト前大統領をイスラム過激派に暗殺された歴史を持つ

エジプトは イスラム化の末路を軍事政権は見てきているのです。

以前にも「イスラム同胞団」は 一つの政党ではなく 寄せ集めで

エジプト観光に訪れた海外からの観光客をテロで殺害した 過激派も含む

寄せ集め集団なのです。

日本人観光客も 大勢殺されています。

観光が大きな産業のエジプトで観光客を暗殺し 経済的な騒乱を起こし

イスラム原理主義国家成立を夢見ている「イスラム同胞団」は認められないのです。


イスラム同胞団と接触したアルジャジーラの記者達は 

謝った記事を報道した疑いで 逮捕 起訴されましたが、話題になったのは

記者の国籍がカナダ、オーストラリアと契約記者で 

弁護士にアマル・クルーニが付いた事です

アマル・アラムデイン・クルーニはレバノン系イギリス人で 彼女が有名なのは

あの アメリカの俳優 ジョージ・クルーニと結婚したばかりなので

嫌でも注目を浴びました。
       
       (拘束され裁判を受ける アルジャジーラの記者)
c0192063_10363694.jpg

c0192063_10374841.jpg
c0192063_10381392.jpg

      (一躍注目を浴びている、人権派弁護士アマル・クルーニ 下はご主人)

c0192063_10503679.jpg


有り余る資金で TV局を開局し その放送が欧米に都合の良いプロバガンダで

目出度く アメリカにも開局した アルジャジーラが公正な報道等行う筈も無く

恐らく何がしの情報か?資金?を そんな情報をエジプト国内のイスラム過激派と

接触したのでしょう、エジプトの情報機関は イスラエル情報機関とも仲が良く

表向きは誤報を流したと言う事ですが 、事実は発表しないでしょう。

判決は禁固刑で 3年~3年半と言う事ですが、英、米は反発しています。

アメリカ大統領のオバマですが 引退後のファンデーション(財団)の資金集めも

上手く集まり 手持ち無沙汰のようです

近々 アラスカを訪問するらしいですが、アラスカ州にあるアメリカ一番の高山

MT マッキンレイーの名前を変えると言い出しました。

c0192063_10554594.jpg


ソ連からアラスカを譲り受け 一番高い山に

アメリカ大統領の名前 マッキンレイーと名付けていたのですが、

アラスカ訪問前に 先住民の間で古くから呼ばれていた名前「デナリー」にすると、

アラスカの先住民の言葉で 高い山 と言う意味らしいです。

大統領は 何でも出来るのですね、他にすることないのかしら?

TV等では イランの女性副大統領が(イラン革命の時に イランのアメリカ大使館を
                       占領した学生たちの 広報を勤めていた女性)

CNNのインタビューで 私達の反アメリカ路線は変わらないと 発言し

アメリカ議会では イランとの核和平協定とは 何なんだ?と

大統領補選に出ている民主党、共和党候補を巻き込んで大論争です。

本当にお馬鹿な大統領でした。

NYでは 先日載せた ドナルド・トランプを皮肉り こんな絵が

c0192063_11145827.jpg



ユーロの移民問題は酷い事になりましたね、以前拙ブログに載せましたので

スルーしようと 思いましたが ハンガリーがセルビアとの国境に防護柵を作り

何とか 難民を受け入れないようにしましたが、 この通り

c0192063_1112119.jpg

c0192063_11122435.jpg


ドイツ政府は公式に 移民80万人を受け入れるとメルケルが発言しましたが

ドイツ国内の反対派の動きも無視できない勢力になってきています。

イギリスは 既に30万人入国し フランスにも25万人以上が 

イタリア国境に待機しています。 各国に都合よい高学歴で資格保持者ばかりでなく

既に ユーロ諸国では ポーランドの運転手、ルーマニアからのロマ、季節労働者等

低賃金労働者が溢れています ドイツやイギリス、フランスの若い失業者の目から見ると

各国の政策は納得できるものではなく、

経済論理優先で 自国民を差別していると写るようです。


中国経済の低迷と先行き不安は ドイツ、フランスの経済にも影響を与え始め

エコノミストの表紙にはこんな

c0192063_11252834.jpg


下がり続ける成長率と万里の長城が重なっています。

中国政府が 今年の成長率は7%と発表しても 誰も信じていません、

おそらく マイナス成長で 最悪は地方銀行に始る倒産連鎖が 中央にもと

投資資金は100億ドル単位で 中国市場から引き揚げ始めました

軍事パレードなど やってる場合じゃないのですが 

国内不安をそらす為と考えると 軍部の暴発が一番怖いですね

早く 安全保障関連法案を成立させないといけません。


秋は矢張り サンマですね 今夕は 冷酒とサンマにします
        (僕も サンマ食べたい・・・・・)
c0192063_11333583.jpg

[PR]
by monk-1 | 2015-08-31 11:35 | Comments(3)

ご馳走

先週末とは うって変わり・・朝コーヒーを落とす頃は分厚い雲が流れ

雨もポツポツと降り始めました 落としたばかりのコーヒーを飲み

ニュースを横目で見ながら、気になる切り抜きに手を止めて何度も読み返しました。

記事は 産経新聞のかなり以前のものですが ロス支局松尾理也記者の記事です。

「ジーナ6」と言う 人種対立の記事で 要約して転載しますと

ルイジアナ州の小さな町ジーナで人種対立が起きていて、

人口3000人の町で 9月一万5千人位のデモが起きたと・・・・

発端は夏の暑い8月 白人が85%を占めるジーナ高校で 

校庭にある「白人の木」と呼ばれる一本の木があり、

その下には白人しか座れないとされていたそうですが

ある黒人が 校長に座る許可を求めたところ、

校長は「どこにでも座る事が出来る」と答えたため

その生徒はその場所に座ってみたそうです。

翌日 事件は起きました, その木に「首吊り縄」がつるされているのが見つかり 

かっての 白人による、黒人へのリンチを連想させるものでした。

犯人は3人の白人生徒で わるふざけと 3日間の停学でしたが対立は続き 

12月に暴力事件に発展し 黒人生徒6人が殺人未遂などで起訴され 

検事の白人に対して甘い一方 黒人生徒には極端に重い罪で訴追という批判が起き 

騒動は現在も全米を巻き込んで 続いているという記事です。

かなり以前の記事ですので 切り抜いた記事から抜粋させて頂きましたが

その後 どうなったのかは 解りません。

暫く聴いていませんでした ビリー、ホリデイの 「奇妙な果実」を思い起こさせました 

確か 私が20歳になった時の頃 成人式などには勿論行かず、

年上の友人K君と 未だ出来たばかりのジャズのお店で 明け方聴いていた曲です・・・

若いご夫婦で経営されており 奥さんのお腹が少しふっくらしていたのが 

少し記憶に残っていました。

「奇妙な果実」は後年 映画にもなりましたので ご存知の方も多いと思いますが、  

ビリー、ホリデイがアメリカをバスツアーで公演を行っていた時の実話で 

公演を終え次の町へバスで移動している夕方でした・・・・・・。

夕焼けの中に シルエットで浮かぶ一本の木、 多分周りは畑だったのでしょうね・・

バスがなだらかな丘の上の木に近づくにつれて黒い影になって見える 大きな木に 

風に揺れている木の実のようなものが見えはじめ バスがその木の傍を通る時には 

揺れているのは木の実でなく 白人のリンチで木に首を吊られた黒人でした。

「奇妙な 果実」・・・と 「首吊り縄」 そんな事が未だ有るのですね そんな対立が 

デイープ、サウスと呼ばれる南部には。 

アメリカでありながら福音派の宗教色が強く 原始的なアニミズムと混合したり、 

未だに・・聖書に始りヒットラーが信じた優生学 そして 

「レイシズム」、「カラード」、「ジム・クロウ」等と呼ばれる 人種差別の用語は

奴隷解放以前から宗教色と 共に色濃く残り それが 現在でも後を引いていると、

「善と悪」、「白と黒」、「天国と地獄」、「神と悪魔」 2元論ですか?

宗教及び 宗教者の責任は とてつもなく大きいですね。

「日本人は名誉白人です」と言われて 馬鹿にするなと一言もいえなかった 

政治家や 評論家や 財界人。 

南アが独立する最近まで日本人はそんな扱いに、嬉々としていました。

晩年の薬物中毒で落ちぶれたビリー、ホリデイの「奇妙な果実」の方が私は好きです

白い梔子(クチナシ)は 勿論つけていません

母娘一緒にニュヨークに来て、 

二人とも売春で捕まった犯罪記録が残されているそうですが

壮絶な人生を経験しているようです。

好きだった男性に裏切られ 酒と麻薬でボロボロになっていた時代です。

ライブ版をその時も聴いていました、 

声もかすれ音程も揺れながら まるでユラユラ揺れている 木の実のように・・・・・

数年前 思い立って かのジャズのお店に行って来ました。

現在は有名店だそうで お店も広くなっていました 

金曜日にはライブをやっていますと答えてくれた女性の責任者は

あの時ふっくらとした女性のお腹にいた子供でした・・・・・・・。

勿論 女性の責任者は知る由も在りません。

何故今頃 そんな事を思い出して とお思いでしょうが、

先日 アメリカの共和党大統領補選で遊説中のトランプの大会でこんな事が、

トランプは人気取りか本音なのかは解りませんが

過激な発言を繰り返しています

ユーロでも現在 大問題になっている移民問題です

正規の移民以外にも業者が介在する 不法移民問題が争点になっています

密入国者を入れると現在アメリカには1100万人いると言われています

トランプは それらの人たちを全て母国に送還すると発言しています

当日記者会見の会場に ユニビジョンと言うスペイン語放送のアンカーマンで有名な

ジエフ・ラモスと言う記者が 会場に来ていて トランプに質問をしました。

貴方は何時も 1100万人を帰還させると言っていますが

そんな夢のような事が 本当に出来ると信じているのか それとも

プア・ホワイト(貧困層の白人)向けに

選挙の票欲しさに出来もしないウソを言ってるのでは?と。

c0192063_14101577.jpg

         トランプにつめよるジエフ・ラモス

明らかに トランプは感情が高まりました、数分やり取りしていましたが

トランプは質問を打ち切り 警備に退席させる様に言い

ラモス記者は 大きな警備員に強制的に退席させられました。

CNN,CBS,BBCまで 全米とおそらく英語圏に配信されたニュースを見て

判断をするのは アメリカ国民ですが、数兆円財産を残した成功者と言われる

大金持ちの白人の本音が出たようです。

トランプが財をなし 成功者と呼ばれるきっかけは 

NYに建てたトランプタワーと呼ばれる 高層ビルでしたが、

ビル建設に携わった低賃金のヒスパニック系労働者の事は都合よく忘れたようです。


一昔前 昭和30年代に経済を学んだ人達には 企業の3要素と言われると

人、物、金、と直ぐに出てくると思いますが 40年代前半からは

それらに加えて 市場(お客、マーケット)と言う物が入ってくるそうです。

ラルフ・ネーダーに代表される コンシュマーリズム(消費者運動)が 日本にも

影響力を持ち始めました。

付け加えて 時間研究 動作研究が続き 

コスト管理やQC(品質管理、クォリテイー・コントロール) 工程管理と続くそうです。

様々な目標の菅理方式を突き詰めて考えていきますと 

コスト管理が重要になってきます、コスト削減は直接利益に結びつきますから。


人件費がコストの多くを占めるようになると 安い人件費を求めて

企業が人件費の安い海外に移動するか、 

安い人件費で済む海外からの移民を求めるか いずれかです、

金(資金)も起業に必要な 小規模資金でしたら 現在ではネットを利用した

クラウド・バンキングや 担保なしで 小規模出資を募るサイトが多数あり

銀行融資の時などは担保物件を提供し 保証人も場合によっては複数必要ですが

大規模な投機資金の場合は その国の規制そのものを変えさせて

自由に移動できます、

しかも 直接国に投資せず タックス・ヘブンを通すと税も格安に 

銀行、証券会社、と棲み分けられていては進出出来ません

物 つまり商品に掛かる関税も国により 国内産業保護とか 政治的圧力を持つ

団体により 左右されます、 現在ストップしていますが TPP交渉もその一つです。

アメリカの各種団体、金融資本サービス、等々。

本来は全ての障害を取り払い なるべく同じ条件で競い合うのが 理想なんですが?

そんな 人、金、物の移動が緩やかな共同体を目指し、当初は鉄鋼生産だけでしたが

紆余曲折を得て ユーロのようになりましたが 

税と移民問題は 根本的な問題を突きつけました

法人税が安いルクセンブルグにグローバル資本が本社を置き

税金逃れと問題になり

中国経済がおかしくなり 世界中の市場が乱高下していますが

中国の人口を考えると むげに 中国市場から撤退とは言えづ 

恐る恐る 眺めている そんな感じですが ユーロの中で対中輸出は(仏)160億ユーロ

(独)740億ユーロと二国が群を抜いています、 中国の抱える債務はおおよそ200兆ドル

必死に株式市場の信頼を取り戻そうと 中共政府が色々繰り出しますが

アメリカ政府の後ろの国際金融資本が 如何?考えるかです。

市場としての 中国の魅力と 現在抱える債務や様々な問題(軍備や対外膨張)

日本でも中国銘柄と言われる企業の株価は下がっていますが トヨタ自動車も

下がっていますが トヨタの中国市場の影響は3%位でトヨタ自動車全体には

余り大きく影響しないはずです、

自由市場、人権問題等 耳障りの良い言葉だけが 一人歩きし

実際問題としては 各国の庶民が困り 一人大掛かりな名前も表に出てこない

金融資本だけが世界中を自由に移動し利益を追求できる仕組みになった事が解り

投機ファンドが 「混乱、騒乱、は投機のチャンス」とばかりに 

世界中で空売りを仕掛けて 大儲けしているようです、

中東の混乱も ユーロの混乱も ウクライナ問題も 中国は自業自得ですが

やはり 世界中を賭博場にしたようです。

人、物、資金、が 本当に自由に行き来していますが、

お客(市場)だけ 意見も言えづ 取り残されていませんか?

   「街に血が流れると 投資のチャンス」・・・ ロックフエラー
   「世界中が騒乱と不安に包まれると 投機のチャンス」・・・・ハゲタカファンド

c0192063_1514267.jpg

     世界中には未だ々 ご馳走があるんだから
[PR]
by monk-1 | 2015-08-26 15:24 | Comments(2)

風の抜け道

涼しい風が 部屋の中を通り抜けていきます、

久しぶりです こんな過ごしやすいのは お陰で植木の手入れが念入りにできました。

不思議に思いますのは 毎日次々と色々な事件が起きるものですね、

一日ぐらい 静かな日があっても良さそうなものですが、  人の世です

人の数だけ 悩みや 問題 考え方があると言うのは どうやら本当のようです


海外では ベルギーのブリュッセルから パリへ向かう高速鉄道で

モロッコ生まれのイスラム教徒がテロを行おうと 

カラシニコフ銃、弾倉、自動拳銃等で武装し テロを実行しようとしたところ

偶然休暇で乗り合わせていた アメリカ兵3人に取り押さえられました。

お客とアメリカ兵一人が軽傷を負いましたが テロ行為は未遂に終りました。

3人は アフガンに出兵していて 休暇で旅行中に遭遇したらしいです。


機関銃で武装していましたし 高速で走る列車の中ですから 一歩間違えると

大変な事件になるところでした。

犯人はスペイン警察がマークしていた モロッコ人の移住してきた人物で 

フランス内務省には通報済みと言うことでしたが、

フランスでの被害者を出さなくて良かったです

今夜はオランド大統領が3人を招待しての 晩餐会だそうです、

記者会見に挑んだアメリカ兵は 照れくさそうに記者の質問を受けていましたが

同時に並んで会見に出席した アメリカ大使(女性)は 少し誇らしげでした。

オバマ大統領も 声命を出し 「彼等は本物の ヒーローだ」と

フランス政府は彼等3人に レジオン・ドヌール勲章を授与すると発表しました。

CNN,CBC,などアメリカのメデイアは アンカーマン(ウーマンも)

嬉しそうに 放送しています。

川崎で火事だそうですが 新日鉄住金鋼管の工場の解体工事中だそうです、

昔 朝車で 湾岸線を浮島まで 出向で通っていましたので 

お隣の「花王」の工場は大丈夫かしら?その又お隣にある警備の厳しい「東芝」は

確か 原発の燃料を作ってるはずですから とか 

色々思い出しながらニュースを見ていました。

多摩川を挟んで羽田空港ですね。


趣味で宗教を勉強し始めてから 抜書きのメモや資料を整理しながら

まさに『蝸牛の歩み」状態です、 次つぎと 読まなければいけない本が増え

取り寄せた本は 積んどく状態です 過ごしやすくなりましたので

少しは 進むかしら? 


多神教時代の参入儀礼と 聖職者集団に入る儀式などから パブテスマのヨハネは

志半ばで斬首されますが ヨハネが荒野の生活で「祈と労働」を大事に考えていたと

何回も書きました そして ヨハネが 「私の後に来る者は もっと凄い人」と

シモン・マゴスを後継者に指名していました。

後に 西洋思想史に 魔術師シモンが創始者と書かれている「グノーシス主義」へと

発展して行きます。

後 フランス領ラングドックで パリの本部と同時に襲われて虐殺された

「テンプル騎士団」とカタリ派の住民達。 

カタリ派とは グノーシス主義ボゴミール派の事で 主に東欧に勢力を広げていて

正教会(ギリシア、東方)共に ボゴミール派の影響を強く残しています、

一部 スコットランドに逃れた テンプル騎士団も勿論 グノーシス主義者で

スコットランドのシンクレア家に援護されます、シンクレア家は現在も続いていて

当主は1398年に ヘンリー・シンクレアが アメリカ東部のオークアイランド島に

渡ったと言っています コロンブスがアメリカ大陸発見の およそ百年前の事です。

アメリカ大陸には 元々 オークと言う木は生えていないので 

先祖が オークを植林したと言い伝えられているそうです、

勿論 シンクレア氏と共に 元テンプル騎士団の関係者も一緒です。

ここで 押えて置かなければいけないことは ヨハネの「祈と労働」の生活 つまり

祈が 如何発展していくか? 労働の意味と質が どの様に発展していくか?

この間を埋める作業が 膨大な資料と精神力を要求されます

時間にすると 2世紀から 11・12世紀頃 約1000年位あります

私的には 錬金術やフリーメーソンの お勉強になると思います。

労働(少数の石工の秘密めいたギルドが後に物理(力学)や数学等近代科学の礎に)

祈は当初は多神教時代の洗礼の儀式等から 弾圧された結社の儀式となり

英国での理神論の影響も受け 西洋哲学の礎になったと 考えています。

一方 イエスとその取り巻き立ちは まさに 神がかりとでも言いますか

奇跡や予言そして 組織維持の為 様々な公会議を行い イエスを神の子にまで

いやはや です。イスラムも似たようなもので 現在の世界中の混乱の大多数は

こういった 宗教上の諍いから 始っています、

又 後日続けます  今日は 冷酒です。

下の子供の肩の人差し指はヨハネのシンボルです 作者はイエスとヨハネの関係を
知っていたようです,教会が絵の発注者ですから こういう形でヨハネの優位性を?
c0192063_16571385.jpg
c0192063_16573472.jpg

[PR]
by monk-1 | 2015-08-24 17:01 | Comments(0)

空の色は秋です

昨日迄の湿り気を帯びた空気と違い 今日は日差しも秋の気配です

肌に纏わり付く 重い空気は嫌ですね。

連日高校野球に見入っていました 今日は準決勝がありますが 買物に出るので

時間が 間に合うか気になります パイプたばこが 切れそうなのです、

暑い夏ですから 水の事故や 熱中症 車の事故も多いですね

安全に気をつけて 楽しい最後の夏休みを家族の皆さんと お過ごしください、

藤沢では 竜巻があったそうですが 空が真っ暗で 滝のような雨が降っていましたね

あの 時刻の頃です 横浜は雨以外には左程風も強くなく 

連日の暑さで 火照っている地表の熱が 気化熱で奪われ

今日は温度ほど 暑くはないようです、・・・・ もうすぐ 秋ですね。

ブログを見ても 北のほうに住む方のブログの写真は 秋を感じる風景が多いです。

昨日も上海の株式市場は下げ止まりで 中国経済は本格的におかしくなってきました

一部では 権力闘争で内乱では?と言われる 天津の爆発事故ですが

情報統制が 厳しくネットの書き込みなどで 覆い隠しようのない情報は

中国政府もシブシブ認めているようですが、爆発した薬品は

第二類:圧縮液化ガス(アルゴン、圧縮天然ガスなど)
第三類:引火性液体(メチルエチルケトン、酢酸エチルなど)
第四類:可燃性固体、自然発火性を持つか燃焼しやすい物体(硫黄、ニトロセルロース、
      炭化カルシウム、カルシウム合金など)
第五類:酸化剤と有機過酸化物(硝酸カリウム、硝酸ナトリウムなど)
第六類:有害化学物質(シアン化ナトリウム、トルエンジイソシアネートなど)
第八、九類:腐食生成物、
       その他(ギ酸、リン酸、メタクリル酸、苛性ソーダ、硫化ナトリウムなど)

未だ 3000トン余り 残っていて 手が出せない状態のようです。

これらが信じられないほどの基準を超えた量保管されていて

台湾筋からの情報によると、

軍関係の企業でなければこんな所にこんな大量の危険物を保管しないし 出来ない、

爆発の原因も軍関係者でなければ不可能な所だということ。

最初の爆発時の炎から落ちる火の粉は、

爆発物がほぼ爆弾で間違いないだろうとのことです。

権力闘争説は こんな所からも来ているのでしょう、 

以下に 宮崎正弘さんのメルマガより

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成27年(2015)8月19日(水曜日)
  通算第4631号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 米国に逃亡した令完成は中国政界を震撼させる機密情報の爆弾を保持
  中国は百名ちかい秘密工作員を派遣し、米国内で「無許可捜査」をしていた
****************************************

 ニューヨークタイムズが報じた(8月16日)。
中国が百名ちかい秘密工作員を米国委派遣し、米国内で「無許可捜査」をしている、と。

中国は米国で雲隠れしている令完成の隠れ家を暴き、
拉致するなどして中国へ連れ帰る特殊工作のために
中央紀律委、公安部、検察などからなる百名近いチームを密かに米国へ派遣し、
無許可捜査をしていると在米華字紙「博訊新聞」が報じた内容の追跡記事だが、
国務省のカーリー報道官が「不快感」を表明したことにより、
動かぬ事実として表沙汰となった。

令完成は失脚した胡錦涛の右腕、令計画(元中央弁事処トップ)の末弟。

かつて薄煕来(元重慶特別市党書記)の右腕だった
王立軍(重慶市公安局長、副市長)が、
いくたの証拠書類、ヴィデオ、録音テープなどとともに
四川省成都の米国領事館へ駆け込んで政治庇護を求めた事件が起きた。
これによって薄煕来の犯罪、
とりわけ夫人の英国人殺害事件が明るみに出て薄煕来は失脚した。
そればかりか、以後の周永康一派への取り調べと失脚に繋がるのである。

こんかいの令完成の米国逃亡に対して、
中国がこれほどの執念をもって秘密工作を米国内で展開していたことは、
冷戦時代ならともかく、米中関係の複雑な状況下においては考えられない。

台湾は蒋介石独裁時代に
ヤクザのヒットマンを送り込んで在米中国人作家を殺害したことがあった。

ソ連は秘密工作員を外国へ送り込んで裏切りスパイや政敵を粛清することがあったが、
中国は昔ながらの時代感覚で秘密工作を外国でも展開するという並外れた、
独裁的な神経を持ち合わせていることになる。

いずれにしても令完成が持ち出した2700件の機密は、
何をこれからの中国政界にもたらすか。

また令完成の米国亡命が、
「中国版スノーデン事件」のような性格の外交機密などを含むとすれば、
裨益する米国と、その後の米中関係がいかなる展開になるか。
まさに興味津々である。

以上 引用終わり

さすが 易姓革命の国です

共産党と言うのは 何処の国も内ゲバ(権力闘争)が激しいですね。

以下に 天津爆発事件の写真を載せますが 一部残酷な写真も在りますので

自己責任でお願いいたします。

http://linkis.com/www.molihua.org/2015/JW8zg(閲覧は自己責任で)

c0192063_8581776.jpg

c0192063_8584575.jpg

 真ん中の大きな穴が爆発した場所で その向こう側が車のヤードで数千台焼けてます
c0192063_922375.jpg

c0192063_925468.jpg

生き残ったマンション住人が上から通りを撮影(死者が多数横たわっています)
c0192063_934648.jpg

マンション一棟でこの数ですから 周辺のマンションではどれだけの死者が?

昨日は 天津に雨が降り 上空のシアン化合物が雨と共に降り注ぎ

雨に打たれた人達は そろって 皮膚がピリピリした、痛くなったと被害を訴え

残りの危険物質を 早く処理しろと 天津では暴動寸前と言うお話もネットには

書き込まれています。

上空に舞い上がった 様々な危険物質は お隣韓国の公的機関では

c0192063_912478.jpg

国立環境科学院が事故当日の12日、
天津上空20メートル・50メートル・100メートルで吹いた風を分析した結果、
すべてが中国側に向かって吹いていたことが分かった。
17日に吹いた風も韓国側には向かっていないと分析されている
=資料:環境部国立環境科学院=。環境部はこれより前にも、
事故当日の12日に天津から吹いた風の流れ分析=グラフィックス=などで、
この風が韓国に向かっていないことを確認していた。
地上20メートル・50メートル・100メートル上空の3つの高度で吹いた風は、
北朝鮮の一部地方を経て中国に向かって吹いたり(上空100メートル)、
中国北部の内陸地方に向かって吹いたりしていたと分析された。
環境科学院のホン・ユドク課長は「17日午前1時に吹いた風も、
19日まで韓国方面には吹いてこないものと予想される。
現在まで天津から青酸ソーダが韓国に流入した可能性は
ほとんどないと見られる」と述べた。
中国大陸へ吹いているので 実害はないので心配しないようにと

これが 公式見解です、

一方 日本では

c0192063_919394.jpg


NASAの衛星画像を2つの大学の専門家が精査した結果

周辺地域には、まだ数百トンのシアン化ナトリウムが残っていて、
雨が降るとシアン化水素が発生する恐れがあるそうだ。
又、空気中に飛散しているシアン化ナトリウムの濃度もまだ高いので、
復興に向けては化学防護部隊を派遣して
土壌の汚染除去から始めねばならない様で

シアン化ナトリウムは水や酸などと反応すると、
有毒で引火しやすい青酸ガスを出す。
口に入れたりガスを吸い込んだりすると、呼吸困難やめまいを引き起こし、
数秒で死亡することもある。

写真に黄色く 色をつけてあるのが 黄砂です

果たして中国共産党政府は、隠さずにこの喫緊の作業を、真面目にやるだろうか?

黄砂と共にPM2・5が飛んできて 観測で確認されている地域は厳重な警戒をと

偉い違いですね・・・・・・・・。

被害に逢われた中国の人達にはお気の毒ですが 対応が余にもお粗末ですので

私達日本人も気をつけましょう。


8月15日を向かえて 安部総理は談話を発表しましたが 良かったと私は思います、

靖国神社には 参拝されませんでしたが 代わりに 令夫人が行かれました

 http://www.akie-abe.jp/
靖国神社参拝。 小方権宮司は山口出身です。知覧の後の靖国は想いが違う
九州の 特攻基地 知覧に行かれて後 直ぐに靖国です。
  写真は総理夫人のフエースブックより
c0192063_9301246.jpg



ユーロでは難民が次々と押し寄せて来て 各国とも悲鳴を上げ始めました。

地中海では 取り締まりと救助に当たるイタリアが 艦船派遣をしているフランス、

イギリス、スペインに 北アフリカ 特に密入国業者が徘徊している 混乱している

リビアの国内を安定させないと きりがないと言い始め リビア混乱の元凶

アメリカ、フランス、イギリスに恨み節です、ユーロトンネルのフランス側には

簡易テントに寝泊りする難民が ゲットーを作り始めています。

一方 取り締まりの比較的緩やかな トルコからギリシア 

そして マケドニア、セルビア ハンガリーへとルートが出来上がりつつありましたが

8月31日で ハンガリーはセルビアの国境に塀を完成させます

急ぐ難民はおおよそ 25万人 どうなるのでしょう。

マスコミは報道しませんが ドイツ東部では特に(OSS)
                   オールド・スクール・ソサエテイの

活動が激しく 移民に猛反対の右翼の団体ですが 難民受け入れ宿舎を焼き討ちし

移民を襲い州によっては 内乱状態です、

メルケル大統領も ギリシア救済問題で政権与党から 反乱者を出し

ユーロから 「ギリシアを追い出せ」ドイツ国民の税金を 怠け者ギリシアに使うな と

国内から猛反対です、その ギリシアも与党は分裂で 国有資産の港や飛行場を

ドイツに売り渡すまで来ています、が

メルケル大統領は 難民問題でギリシアどころでない状態です。

おまけ と言っては何ですが、アメリカに同調してロシアに制裁をしたのが逆効果で

ユーロ域内で農産物が余り 安い豚肉が ドイツ、デンマークから 流れ込み

フランスの農業生産者はドイツ国境を封鎖したり 大手のスーパーに豚を連れ込み

ストライキです  写真: Twitter/@MailOnline
フランス農夫、激昂のあまりスーパーに豚を放つ

c0192063_103854.jpg

 農民にドイツとの国境を実力封鎖された 国道
c0192063_1033656.jpg


ポーランドのサヴィツキー農相は、「プーチン大統領殿、食品を廃棄しないでください。
自国の国民がそれらを購入することを許し、
ポーランドとEUが提供するロシア社会との開かれた協力に関する
良い提案として利用してください」と訴えた。

ロシアは一年前にEU加盟国と米国が新たな制裁を導入したために
農作物・食品の禁輸措置を行った。
EU加盟国と米国の肉、乳製品、果物、野菜、ナッツ類などが禁輸対象となった
なおロシア政府は対ロシア制裁における日本の立場が控えめであることを考慮し、
日本の食料品は制裁対象外とされた。

ロシア連邦獣医植物検疫監視局のアレクセイ・アレクセンコ氏は、 
ポーランド農相の発言について、次のように語っている。

米国はドルを使ってロシア・EUを攻撃している
このような疑わしい食品が人間の健康にとって安全であることを
誰が保証できるというのでしょうか?そんなこと誰もできません!
ですから私たちは食品の廃棄という方法で密輸との戦いを続けます。
なおここで指摘しておきたいのは、制裁の発動を提案したのはロシアではなく西側です

特にEU加盟国です。これは一種の恐喝のようなもので、
私たち全員にとって高くつきました。
私はポジティブに考え続けます。
あるいは、制裁が解除され、
ロシアと欧州の私たちのパートナーとの経済およびビジネス分野における
相互に有益な関係が徐々に回復する時が来ると信じています。
しかしいずれにせよ、
いかなる条件の下でも私たちの国に密輸品が入ることはできないでしょう」。

ロシアによる食料品の禁輸措置とそれの1年間の延長は、EUに大きな影響を与えた。
それは顕著に表れている。
欧州農業組織委員会・欧州農業協同組合委員会(Copa-Cogeca)の会長によると、
EUの農業生産者は、禁輸措置によって55億ユーロの損失を被った
最も大きな被害を受けたのは、ポーランド、フィンランド、ドイツ、イタリアの生産者だという。

収穫した農産物を石の代わりに ぶつける農民達、
c0192063_10145723.jpg


以前 ユーロは ドイツの第4帝国化していると 書いて載せましたが

ドイツも大変のようです ・・・・・一方 

世界中を引っ掻き回した アメリカのオバマ大統領は 任期が切れた後の

オバマ基金(ファンデーション)の資金集めのメドも立ち 一息ついてゴルフ三昧でしたが

イランとの核協議を締結し イスラエルとは 決定的に仲たがいのようです、
ニューヨーク在住ユダヤ系アメリカ人の反オバマデモ
c0192063_10324593.jpg
c0192063_10336100.png

 建国時のフリーメーソンが信じていた (ウジャトの目)

おまけに 大統領の予備選挙に共和党から 出馬を予定しているドナルド・トランプは

その 発言の激しさとお粗末さが共和党から危惧されていました。
c0192063_10373891.jpg


此処に来て トランプの娘が(日本風の言い方では トンビが鷹を産んだ)

応援演説で イスラエル贔屓な発言を繰り返し 当選したら イランとの協議は

無効にすると、ユダヤ系アメリカ人が 大挙 トランプ陣営に付くのでは?と

民主、共和 両党の選挙関係者は 大弱りです、2位のブッシュ候補も

パパブッシュの資金だけでは 難しいと言われ始めていますが?

   娘のIvanka Trump
c0192063_10422852.jpg


どうなりますか アメリカも。

独特の髪型のトランプ候補ですが 猫ちゃんも負けていないですね。

c0192063_10451743.png

  (私はトランプと違って 余計な事言わないし 品が違うでしょう) と猫が言ってます




 
[PR]
by monk-1 | 2015-08-19 10:51 | Comments(2)

真夏の夜の夢

8月も第2週を過ぎると、気のせいか暑さも少し緩んだ気がします。
時節柄 戦争関連の報道が多くされています 
「ヒロシマ」「ナガサキ」の原爆犠牲者の慰霊祭から 8・15の敗戦記念日と
夏の暑さと共に否応無く戦争について考えさせられます。

実は私は中学生の頃に父親が軍人だったせいでしょうか?学校の社会科の先生と
戦争について討論になり、挙句「お前は右翼だ」と言われました。
その後他人とは 余り戦争や政治について話し合う事を避けてきましたが
個人的には 何故あの戦争に突入していったのか?と 勉強は続けてきました。
一部中国大陸で関東軍の暴走もありました 
戊辰戦争以来 薩長主流の陸軍は少し暴走気味でした。
江戸に向かって戦闘を続けた薩摩と長州の戦闘部隊は、
幕軍の遺体の処理を禁じ幕府側の死体を放置させていましたが 
東海道一番と言われた博徒の親分
清水次郎長が「死んでしまえば、勤皇も幕府側もない」と 遺体を丁重に弔いました。
同じことが会津の戦いでも行われ 
会津藩兵の遺体は放置され野犬等に食い荒らされ
酷い状況だったと言う事も知りました。 
特に長州の奇兵隊とは 正規の長州兵ではなく 
ならず者や犯罪者などの寄せ集めが多く 
その素行はほめられたような物でない事も知りました。

元総理の菅直人が奇兵隊を尊敬していると聞き耳を疑いましたが
「浮世風呂」さんのブログで 彼は済州島出身と知り納得しました。
開明的と言われていて、アメリカ訪問の経験もある海軍長官「山本五十六」には
芸者の妾がいて 
真珠湾攻撃の前に長いラブレターを書いていました、
様々な人が出入りするお座敷で、お酒を飲みながら世間話をし 
お客に合わせて色々な話をする芸者が、お座敷でお客と話す事で 
日本の最高機密「真珠湾攻撃」の情報漏洩を考えなかったのでしょうか?
山本連合艦隊司令長官には 故郷長岡市以外にもフアンが多いと思いますが
私は 好きでは有りません。

むしろ エリートではない
世界中に駐留していた駐在武官は情報戦を良く戦ったと思いますが、
如何せん 薩摩、長州が主流の軍閥の弊害が風通しを悪くし 
世界中から集まった有意義な情報は握りつぶされ
思い上がった成り上がり軍人が先走り、暴走もあったと考えますが

軍閥の弊害と、いい加減で自己保身が全ての官僚組織の弊害と 二つも重なり
挙句、統帥権の悪用(天皇以外は軍人には命令できない)と・・・・・。
マスコミもここぞとばかりに煽り立てていました
スターリン、ルーズベルトの戦略も読めず、チャーチルの策謀に引っかかり
アメリカ参戦を余儀なくされます 
三国同盟も余計でした
ルーズベルトの取り巻きには既に多くの共産主義者が居て
ドイツと日本、両国と戦う2正面作戦は何としても回避したいスターリンは
先ず 何としても日本を中国の内乱に足元を取らせ、
次にアメリカ参戦を画作し
そしてスターリンの思惑通りに進行して行きます。

分岐点があるとすれば満州鉄道建設時に 
アメリカのユダヤ系財閥ハリマンが共同で鉄道を引き 
満州の利権に食い込もうとした時に 組まなかった事です。
独り占めを日本と言うより、軍部が考えてハリマンの提案を拒否した時点で
国際金融資本は日本に見切りをつけたのでしょう。
資源が乏しい日本とすれば、
横から割り込もうとするユダヤ系国際金融資本は邪魔にしか写らなかったのでしょう、 
もし、とか タラ、レバが許されるなら
満州国は日本とアメリカの経営になり 中国は共産国家でなく普通の国で
現在の中、韓との問題もなかったでしょう。

勿論 「大東亜共栄圏」白人支配からの脱却、植民地解放と言う志は
紆余曲折がありましたが結果として達せられました。

「真夏の夜の夢」です

戦争そのものより 戦争に成らざるを得なくなった袋小路に我が国を導いた
政治家と軍人、官僚の責任は重大ですし 
国家の有り方と同時に多くの勉強材料になります

閑話休題
前回書ききれなかったトルコのIS空爆ですが
エルドラン大統領はオバマ大統領と電話会談をした結果 
今まで使用させなかったインジルリク空軍基地の使用を認め 
その代わりに IS以外のエルドランの目の敵の殲滅作戦も認めたようです 
オバマとの密約でしょう
オバマはどうせ自身の大統領在任中には解決しないと踏んだのですね。
IS攻撃と同時に その倍以上の攻撃をクルド側に始めました。
c0192063_1248334.png

c0192063_12485024.png

先の総選挙でエルドラン大統領が夢見た 「オスマントルコ」帝国の夢は潰え
連立政権を組まざるを得ないエルドランにとり 
目前の敵は現在 和平交渉中のクルド労働党(PKK)と左派の野党HDPです。
そこで一斉に国内で内通者として 両陣営の工作員?を400人近く逮捕し
シリア、イラク、国内のクルド人居住地区に攻撃を開始しました
ところが 
イラク北部の有力油田を押えているイラクのクルド人は武器も資金も豊富で
その規模は国家並です
トルコは エルドランの野望で始めた紛争で 内乱状態に成るのではないかしら
   トルコ軍の空爆で家族を亡くし泣き叫ぶクルド人女性
c0192063_1331310.jpg

   イラク国内のクルド人居住区への爆撃で亡くなったクルド人幹部の葬儀
c0192063_1335157.jpg

シリア国内のIS攻撃は あくまでアサド憎しで 反シリア政権側の応援ですね、
c0192063_1354183.jpg

  アレッポの空爆で負傷し治療を待つシリア人女性
c0192063_136153.jpg

  クルド労働党の戦闘員
c0192063_136509.jpg

オバマ大統領は引退後の基金の目途も立ち、現在は避暑地の別荘で毎日ゴルフだそうです、 
罪なことを認めてしまいましたね
これで 中東は益々複雑になり 又多くの難民がユーロを目指します。
堅いお話が続きましたので 「スマホを持った猿」を書きましたが
同じ事を考える方が居りました。
故 足立勝美(あだち・かつみ)
{『ケータイを持ったサル「人間らしさ」の崩壊』(中公新書)を読んでいただきたい。
今の青少年は携帯を持ったサルになっているのではなかろうかと}
私は読んでいませんので 内容については解説できませんが
こんな トラブルが
オフ・ブロードウエイの劇場でロングランの「エビータ」での出来事です。
観客席で上演中携帯でメールを送信し続ける客に怒り 
出演者がステージを降りて携帯電話を取り上げてしまったと言うニュースが流れ
そして同じようなことが 
名門劇場 ロンドン・ヴイック劇場でも起こりました。
TVドラマ シャーロック・ホームズでお馴染みの「ベネデイクト・カムバーバッチ」が
シエークスピアの「ハムレット」に出演しているのですが
c0192063_1338827.jpg

出演中の携帯による撮影を遠慮してくれと 写真もビデオも
舞台の上から 観客席が赤い灯りが点いていて演技に集中出来ないと。
笑えない現実です 

先般横浜駅で優先席に座りスマホを操作していた女子高生に怒り
降車した女子高生を下り階段の上で足蹴にした中年男性のお話を載せましたが
色々な所で問題になっているのですね
牛の尻尾は「オックステイル・スープ」に成りますが、
ハムレット(豚の尻尾)を書いたシエークス・ピアもそのシニックな冷笑すら 
醒めてしまいそうですね。(冷めたスープがお好きな方もいるようですが)
夏休みに沢山の思い出を作ってください 
          横浜 金沢八景のシーパラダイスにて
c0192063_13494465.jpg

ブログで知り 写真も一度載せさせて頂いた神太君が急逝しましたので

猫ちゃんの写真は”おやすみ”します。
[PR]
by monk-1 | 2015-08-11 13:52 | Comments(3)