<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

異常なのは気象だけでないようです

太平洋を挟んで 日本列島とアメリカ東海岸に寒気団が 下がって来て、

アメリカには おまけ と言うと 叱られるかも知れませんが、ハリケーン並みの

低気圧が東海岸を襲い ワシントンDCを含む13州に影響と被害を与えています。

11州では非常事態宣言が出ていて 外出を控えるようにと、

又 車の使用を禁止した州も ニューヨークでは 橋やトンネルは全て封鎖され

緊急車両以外の 通行も禁止されているところもあるようです。

メデイアは24時間 悪天候と大雪情報を流し続けています、

宇宙からの画像や 衛星写真を載せて 注意喚起に余念が無いようです。

c0192063_12293229.jpg

  盛り上がった 低気圧の雪雲が巨大さを
c0192063_12304671.jpg

c0192063_1231638.png


昨年も似たようなニュースを 拙ブログで取り上げ 写真をupしましたが

今年も似たようなニュースです

巨大な低気圧のせいで 海面が上昇し 高潮と吹き寄せる暴風で海水が浸水し

ニュージャージー州では 又浸水騒ぎです、
海に近いところでは
c0192063_12373598.jpg

c0192063_1238112.jpg

c0192063_12382359.jpg

市内でも 大量の降雪で雪かきを
c0192063_123920100.jpg


色々なところの 先ずはワシントンの 雪のシーンを
c0192063_12435032.jpg

c0192063_12442134.jpg

c0192063_12455983.jpg

    犬(いーぬ)は喜び 庭駆け回り ねーこ(猫)は~~ですね、
c0192063_12443863.jpg


ホワイト・ハウス 警備のシークレット・サービスも ご覧の通りで「ご苦労様」としか、

c0192063_12495978.png


一方 外出を控えるように通告が出ている ニューヨークでは

ここぞとばかりセントラル・パークや タイムズ・スクエアに繰り出す人も大勢居て

c0192063_12525581.jpg

c0192063_12531036.jpg

c0192063_12532447.jpg


その他 ボルチモア、ボストン、フイラデルフイア、コネチカット、最後に

メリーランド州のアーミッシュの移動手段を

c0192063_12563223.jpg

c0192063_12565522.png

c0192063_12571815.jpg

c0192063_131413.jpg

c0192063_132633.jpg

c0192063_132301.jpg

c0192063_1324415.png

c0192063_133151.jpg



何故か アーミッシュの馬車は風景に溶け込んでいますね、

亡くなった方が既に 十数名とか報道されていますが 多くは凍った路面での

スリップ事故のようです、TVでは深い雪に車が突っ込むと エンジンを切るようにと

排ガスが逆流して 気が付かない打ちに眠り死んでしまうと 注意喚起です。


何か 写真週刊誌のようになってしまいましたね。


閑話休題

此処へ来て 野党が参議院選挙を意識して 様々な活動をしているようです、

目に付くのは 安倍総理がヒットラーに似てきたと 馬鹿丸出しのデマゴギーです

中国共産党が 日本を貶める為に世界中で宣伝工作している 戦犯国が~

慰安婦が~、侵略国が~と 同じフレーズです、

日本の野党が中国共産党と シンクロして 安倍政権批判は見苦しいですし

批判は当りません、第一次世界大戦で疲弊したドイツ経済を立て直し

失業率を改善し 人気が出 国民の支持を集めた ヒットラーは 

国家社会主義者で 社民党や民主党と同じ左翼政党です。

カラフト経由で 演出家 杉本某とソ連に亡命した女優 岡田嘉子を取り上げた処でも

少し触れましたが、ソ連の秘密文書解禁で 女優の岡田が苦しさの余り 

演出家杉本が 恋人で一緒に亡命したにも拘わらず 杉本がスパイと証言し

その結果 杉本はラーゲーリ送りになり処刑された事、

又女優岡田嘉子がソ連共産党にいくばくかの金銭を与えるようにとか 

惨めな生活を嘆く様子が 秘密文書には書かれています、

罪をでっち上げ一説では1000万人をラーゲリ(強制収用所)に送り

粛清した スターリンは共産主義者 つまり 左翼なのです、

中国の毛沢東も同じく 共産主義を信望?する 左翼です

スターリンと毛沢東が 粛清の名目で殺害した人間の数は数千万人になり

ナチス、ヒットラーの数十倍の一般人を 餓えや労働矯正所で殺しています。

左翼政権とは 怖い物なんです、幻想を振りまくプロバガンダを信用してはいけません。


今回はからずも 週刊誌ネタで贈収賄疑惑と追及された 甘利経産大臣の問題も

余りにも 出来すぎの感想を私は持ちます 以下に引用です

・・・・・・・・ 「私は自分の身を守る手段として、やりとりを録音しています(中略)
領収書はメモと一緒に保管してきました。
口利きの見返りとして甘利大臣や秘書に渡した金や接待で、
確実な証拠が残っているものだけでも千二百万円に上ります」

そう言って、彼(一色氏)は膨大な資料やメモ、
五十時間以上にも及ぶ録音データなどを小誌に提供したのだった〉
引用終わり

一色武  清島健一(公設第一秘書) 両人共 行方不明だそうです、

ネットでは 建設会社の総務部と所属が書かれているのに

住所には存在せず 建設会社にも 色々と噂があり 

関東の広域暴力団との繋がりも 噂されていて(事実は不明)

URの土地買収用地から 産業廃棄物が出て トラブル その口利きと

一連の流れは よくあるお話です 産廃が絡むと 出てくる暴力団の名

公設秘書の元々の所属は 現在民主党と合併する しないで噂の維新の

江田代議士だそうです

江田代議士と言えば 故橋本総理の側近で 橋本総理が現職中に

故人の名誉を考えてお話しする人は少ないですが

総理の周りに居た 中国共産党の女性工作員(スパイ)との関係が噂され

その女性にお店を持たせたとも 言われ 中国に情報が 駄々漏れしていたと

江田代議士も当然 その渦中に居たわけで 当時 秘書だったのが 清島氏と

しかも 週刊誌の記者に 録音や写真撮影までOKしているとは?

出来すぎですね、 参議院選挙前に  なんとしても政権を貶めようと・・・・

これは 公安イシューです 公安関係者はお仕事ですよ。

甘利さんには 申し訳ないですが 脇が甘すぎますね 

辞任は止む得ないでしょう。 中国共産党の日本貶める工作活動は世界中で

現在進行中ですが アメリカでは こんな報告も  

宮崎メルマガの書評の引用です

ジェフリー・レコード著 渡辺惣樹訳・解説
『アメリカはいかにして日本を追い詰めたか』(草思社

米国陸軍戦略研究所から衝撃的な報告書が出ている。
原題は『日本の戦争決断1941、その今日的教訓』とするもので、
執筆は米国空軍大学教官で乗員軍事委員会専門委員のジェフリー・レコードである。
 
その主旨は「あの戦争はルーズベルト外交の失敗が半分の原因」としていることで、
日本だけを原因とする解釈に立っていないポイントが重要、
しかし『ルーズベルトの陰謀』説には加担していない。
まだアメリカ国内世論に配慮して、
「修正主義」のレッテルを貼られることを警戒しているのだろう。
 
内容に関しては本書を克明に読んでいただくしかないが、
後半の渡辺氏による解説が実に詳細を究めていて、
微に入り細に亘ってアメリカに於ける戦争原因究明の多彩な論争の中味、
その軌跡を的確に要約解説して呉れる。
 
実際、アメリカではルーズベルトの対日政策批判は多彩に展開されていたのである。
真珠湾攻撃の直後からも多くが出版されたが、
最初はルーズベルト御用学者、
ジャーナリストらによる日本悪玉論、
しかし冷静に暗号解読による日本軍の通信内容とその作戦を
ルーズベルトが事前に知っていたとする説も早くからアメリカにはあった。
 
評者(宮崎)などはどこをどう読んでも、
あれはルーズベルトという狂人大統領の病的な日本嫌いと中国贔屓、
しかも政権の周辺がコミンテルンの指令をおびた共産主義者らに固められ、
日本に戦争を仕向けた陰謀であったと考えるしかないと思っている者の一人である。
 
しかし、そのことはここでは議論しない。
むしろ渡辺氏の解説の一端に触れよう。
 
「ルーズベルト政権の対日外交、アジア外交はとても褒められたものではない。
そのことは戦後世界を知るものには自明であるからだ。
ルーズベルトに日本への悪意があろうがなかろうが、
彼の外交がソビエト(共産主義思想)への
無警戒という致命的欠陥があったことは事実である。
あの悪夢のような冷戦をうみ、
数千万の自国民の命を奪っても何ら悔恨の情もない
共産主義国家中国の産婆役となったのはルーズベルトであった」。
 
かれは議会で「恥辱の日」という演説をし、
議会に対日戦線布告の同意を求めたが、
このときに「アメリカ政府は誠実な態度で対日外交交渉を進めていたと強調し」、
だが日本が「卑怯なだまし討ち攻撃を仕掛けた」などと扇動した。
しかも「ルーズベルトはハルノートの存在を隠し続けた」のである。
 
最後に渡辺氏は重要な指摘を忘れない。
つまり日米論争の系譜をみながらも、
日本の保守はえてしてアメリカの法律用語や、
論法の手段をよく理解していない点を指摘する。
 
アメリカで重視される裁判の有罪と無罪の岐路ともなりかねない用法とは
「証拠の優越原則」と「合理的な疑いのない証明基準」であり、
従って「ルーズベルトの陰謀の有無については「民事裁判では有罪、
刑事裁判では推定無罪とせざるを得ない」となる。
そうした論法の彼我の差がアメリカ理解に繋がるとされている箇所も傾聴に値する

そして 読者の声に投稿された 東海子さんの声です

貴誌前号で書評されたジェフリー・レコード著 渡辺惣樹訳・
解説『アメリカはいかにして日本を追い詰めたか』(草思社)について感想です。
 
日米戦争の原因見直し:戦後半世紀もたっているのに、
この重大な戦争原因がなぜ見直されていないのか疑問でした。
ウェデマイヤー将軍によると、
第1次大戦の責任論は戦後10年もすると
ドイツ単独責任論に疑問が出されて自由に検討されていたそうです。

戦争責任:占領中ヘレン・ミアーズ女史は、「アメリカの鏡日本」を著し
「戦前の外交記録を読めば米国が日本を圧迫し、
日本が必死に戦争を回避しようとしたことは明白」と記しています。
米国のアジア政策の狙いと失敗:
米国の狙いは、ジョンヘイの支那門戸開放機会均等宣言で明らかなように
支那満洲への進出です。
遅れてきた米国の白人植民地主義(帝国主義)でした。
1920年代のワシントン体制も米国は支那の保全をうたいましたが、
別に支那が頼んだわけでもなく、米国が自分で支那を取ろうとしただけでした。
そして日本を邪魔者として敵視しました。

マクマレの建白:そこで1935年古参外交官のマクマレは「このままでは戦争になる、
日本を滅ぼしてもソ連が南下する。
蒋介石は米国を利用しているだけだから、
極東は米国の自由にならない。
米国は支那に介入するな。
日米戦争は両国にとって大損害になる」と建白しましたが
ホーンベック極東部長は採用しませんでした。

しかし戦後全て的中しました。
真珠湾事件非難の勘違い:真珠湾事件は明らかな日本の反撃でした。
暗号解読と駐日グルー大使の警報でルーズベルトは攻撃を知っていましたが、
浅海用航空魚雷を知らず想定外の大損害となりました。
そこでうろたえたルーズベルトは「卑怯なだまし討ち」と非難しましたが、
これは戦争とスポーツを取り違えた詭弁です。
戦争にはルールはありません。
米国の被害は単なる油断です。

それなのに日本人までルーズベルトに騙されて反省しているのは
いかがなものかと思います。

大体、真珠湾事件は米軍の偽装義勇空軍フライングタイガーの
無通告対日攻撃に対する反撃なので宣戦布告は必要なかったのです。

ソ連の米国浸透:これはルーズベルトの大油断でした。
大統領特別補佐官アルジャー・ヒスまでソ連スパイでした。
これはあろうことかルーズベルトはスターリンに魅せられ、
たぶらかされたのです。
スターリンはルーズベルトの半身不随にもかかわらず
権力欲の強い心理的な不安定性を見抜いて巧みに操りました。
最後は世界最強の筈の米国大統領が遠く寒いソ連のヤルタまで呼びつけられたのです。
理性の光:米国側の新しい歴史分析は
日米戦争の日本犯人論にようやく冷静な歴史の光が差してきたということでしょうか。
東京裁判でパル博士はその判決文の最後を次の言葉で結んでいます。
「時が、熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、
また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきには、
そのときこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら、
過去の賞罰の多くにその所を変えることを要求するであろう」
  (東海子)

引用終わり

幾ら敗戦したとは言え 現在のジャーナリズムや左傾化が激しいアカデミズムには

辟易していますが きちんと検証する雰囲気が アメリカにも出てきたことは

喜ばしい事です

修正主義者(リビジョニスト)とレッテルを貼る事で真実を覆い隠す 

左翼と自称リベラリストの思考停止脳には 何を言っても無駄のようです。

蒋介石 国民党は アメリカのフライングタイガーの航空機による

日本爆撃だけでなく ドイツからも武器や装備の援助を受けていて

一時期 国民党将兵はナチスと同じ装備で日本軍に戦闘を仕掛けていました。

直ぐに逃げ出していましたが 証拠の写真も残っています。

国家単位で 嘘をばら撒き 日本を貶めようと 戦争犯罪国で

ナチスと同じ戦争犯罪を犯したと 南京事件をでっち上げたり

あきれて 物も言えません!!。

日本の野党のやっている事は 見事に沖縄を含めて 中国共産党の

プロバガンダを側面じゃなく 共闘して貶めています。

そんな中国に 補正予算で90億円の中国植林事業援助が

害務省主導で決まり

武装解除した時に 中国政府に引き渡した武器、装備等の中に

毒ガスと言われる物も含まれていましたが

中国政府はそれを 平地に遺棄し その後農民が知らずに触れ被害を受け

その 最終遺棄費用まで日本は一兆円以上にも処理費用は成るのです。

永遠に処理し続けると約束したのも 「河野洋平」 あの平塚のお馬鹿さんです。

政治家等にならず 丸紅で永遠に働いていればよいものを

ろくな事しません あいつは、

河野一族の中国利権が 暴かれるのは 時間の問題だと思います。

        (さーて 今夜も飲もう)
c0192063_14243111.jpg



      
[PR]
by monk-1 | 2016-01-24 14:30 | Comments(4)

雪模様を眺めながら

ニュースが 北国の吹雪模様を放送していますが、懐かしく眺めています。

積雪が1メートルとか 言っていますが 昔はよくありました

地吹雪で雪と風が一緒になり 上空からではなく横殴り又は下から顔に吹き付けてきて

目も口も開けられず 顔を横向きにしながら 吹雪の中 新聞配達をしていました。

腰まで積もった雪は 冷たさを直ぐには感じず

むしろ 吹き付ける地吹雪を受けない分だけ 温かみさえ感じる雪でした。

久々に懐かしい子供の頃の北国の生活を思い出しました

札幌近郊にある 手稲山は 未だ冬季オリンピックが決まる前でしたので

コースも整備されていない山で 頂上まで上り山小屋で一泊し

早朝 林間のダウンヒルを楽しみます

奥手稲、無意根山と山スキーのメッカで 積雪は3~4メートルあり

一度転倒すると 大変な想いをした 記憶もあります

山スキーには 昔はシールと言って スキーの裏にアザラシの皮を付けて

下降だけでなく 登坂が出来るようになっていました。

今は シールなんて あるのかしら?

手稲山に上る時山道で 頂上に荷物を運ぶキャタピラーを装着した

雪上車に出会ったときには 気の良い運転手さんでしたら

後ろに掴り 楽をして上る事も出来ました。

オリンピックが終わり 数年ぶりに帰郷したときに スキーを楽しみましたが

その変容振りには 驚かされました

手稲オリンピアスキー場の支配人 T さんと知り合ったのもそんな頃でした

大手広告会社の 札幌支店長の紹介で知り合いましたが

博識で温和な人柄がとても 魅力的な人でした

伺うと 札幌のHBCTVと言う会社から転勤してきたそうで

ススキノでご一緒させて頂き 色々な思い出があります。

低気圧が発達し 大荒れのお天気と放送していますが

北国の雪には 良い思いでしか有りません、

年のせいでしょうか?悪い思いでは忘れてしまう いい加減な私の精神状態の故か?


閑話休題

中東では 内向き外交のアメリカ大統領オバマの外交路線とは反対の

シリアとの同盟関係で ISに対する空爆で 存在感を示したロシアが

ISの資金源と それらを支援する トルコや石油メジャーの存在を明らかにし

慌てて撤退したと言われる ガルフオイル(アメリカメロン財閥)そして

ウクライナでも シエブロン石油が撤退し 

国際金融資本が 世界中を自己利益のために アメリカ政府の政策を歪めて

世界中にアメリカの敵を作り 尚世界中を混乱させたままで引っ込むと言う

いい加減さも見せ付けました、

此処にきて 昨年から湾岸諸国のロシア詣でが続いています。

昨年から ヨルダンのアブドラ国王は 三度も訪ロし

カタールのタミム首長、クエートのシャビール家のナワーフ皇太子

バーレンのハリファー家や アラブ首長国連邦のハリフアー大統領 そして

シリアのアサド大統領も

中東の(スンニ派の)盟主 サウジアラビアとペルシャ帝国の末裔でシーア派の盟主

イランが アメリカとの核開発合意で表舞台に登場し

対 ISとの戦闘、イエメン内紛では 南、北に分かれた 政府軍と反政府軍を

それぞれ 肩入れし イエメンで代理戦争状態になっています

存在感を見せた ロシア詣では アメリカの衰退を見越した

アラブの商人たちが 現実的な対応を見せ始めています。

梯子をはずされた ウクライナを見ているだけに 

保険を掛ける様に ロシアへ向かっています  もっとも

肝心な ISは 既に次の戦場(石油利権)はリビアと決め 激しい戦いをリビアで行い

地中海を挟んで すぐ向かい側に ISが勢力を伸ばすと

難民危機どころか 海を伝って 夜間テロリストのユーロへの輸出が始まる危機です

リビアの石油利権も多く持つユーロ各国は 如何するのでしょうね?


その難民問題ですが ドイツ政府とドイツマスコミは 年末のケルンを始めとする

ハンブルグ等 数都市で起きた事件の被害女性が 700人を越すと発表しました。

3週間たち 隠し通す事が出来ないと 発表したようです、

ネット上に動画がUPされていますが 酷い状態ですね、一人の女性を数十人が取り囲み

地下に下りる階段を引き摺り下ろしている 男たちの数は 数十人です

悲鳴と助けを求める 女性の声が痛々しいです、警察官は多数に無勢と

見てみぬ振りをしていたようです、前の戦争のユダヤ人迫害が トラウマなのかしら?

中には 性的な被害や強奪もあり 治安に不安を持つ住民がそれぞれ

自警団を設立し 警察の力が行き届かないところを 若者達が自警団で補佐すると

マスコミは それまで 極右とか ファシストと レッテル張りをしていましたが

此処にきて 酷い現実を隠し通すことが出来ないと理解したようです。

今年になり 新年間もないのですが既に 23000人の難民がドイツに入国し

ドイツ政府の与党CDU(キリスト教社会同盟)の閣僚の ドブリット運輸省が

メルケルの政策を公然と批判し 又与党のボスバッハ議員団長は40名の連盟で

ドイツ国境の封鎖を働きかけ

オーストリア、スロバキア、ノルウエー、スウエーデンと ドイツの周り各国が既に

事実上の国境閉鎖に近い状態で 難民をドイツに送り返し始め

25カ国加盟のシエンゲン協定(協定加盟国はパスポート無しで自由に移動が出来る)が

事実上 崩壊し始めている事を認めざるを得ない状態です。


ユーロのユンケル委員長は、次のように述べた-

欧州委員会のジャン=クロード・ ユンケル委員長は19日、欧州委員会の会合で、

シェンゲン協定はアフリカや中東諸国からの難民が欧州へ流入する状態に

耐えられない可能性があるとし、危惧を表した。

シェンゲン圏には重大な脅威が差し迫っている。これは存続の脅威といえる。

今日喜んで国境管理を導入し、明日にはその経済コストは膨大だと考え、

明後日には、これ以上、域内市場や移動の自由がないならば、

なぜ我々には単一通貨必要なのだろうか?と疑問に思う可能性がある。

c0192063_14224812.jpg


© AP Photo/ Matthias Schrader

独バイエルン州首相 メルケル首相に難民問題をめぐり最後通牒

2015年末および2016年初頭、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フランス、

ドイツ、マルタなどのシェンゲン協定加盟国は、国境管理を再導入すると発表した。

1月16日、オーストリアも国境管理措置を導入した。

そしてオーストリアのファイマン首相も、

シェンゲン圏が今のような形で今後も存続することに疑問を呈した。

ファイマン首相は、次のように強調した-

「もしEUが対外国境を保護しないならば、シェンゲン協定のありかたに疑問が生じる。

その場合、各国は自国の国境を管理しなければならない」。

オーストリアが国境管理を導入した16日、

バイエルン州のホルスト・ゼーホーファー州首相は、メルケル首相に

「もし2週間以内に、ドイツ国境の秩序が保障されなければ、

ドイツ憲法裁判所に訴える」との最後通牒を突きつけた。

c0192063_1428404.jpg


あれ程高い支持率を持っていた ドイツのメルケル首相の支持率は急落し始め

現在34%まで 落ちてしまいました、政権崩壊になるのでしょうか?


もう 少し飽き飽きしてきた アメリカ大統領補選ですが 少し取り上げます

ドナルド・トランプ陣営に 

前回の大統領選挙で共和党の副大統領候補サラ・ペリンがトランプ支持を表明し

アメリカのマスコミを驚かせています、
c0192063_1448458.jpg


ペリンは テイー・パーテイ運動でクルーズ候補と運動を共にしてきていたからです

演説の中で ペリンはアメリカには今 レーガン大統領のような 強い大統領が必要だと

それが出来るのは トランプ候補と持ち上げましたが

早くも次の次狙いだとか 億万長者の資金に目が眩んだとか 賑々しい報道です。

そして 故レーガン大統領の子息が 「父のレーガンと比較するのは止めてくれ

父とは 似ても似つかない男だ」と

おまけに 福音派のケーブルTVや ラジオの人気キャスターマーク・デービスが

公然とトランプ批判をし始めました、

アメリカの選挙では 強い影響力をもつ 福音派(聖書原理主義者)の中でも

もっとも影響力を持つ人が 反対し始め共和党の大統領補選は混沌とし

挙句 イギリス議会では50万人の署名を集めた(イギリス議会では10万人の署名が

集まった議題は議会で取り上げなければいけない)

トランプのイギリス入国禁止についてイギリス議会は 様々な意見が飛び出しました

トランプは 対抗して スコットランドのゴルフ場に投資している資金を引き上げるとか

ブラフを切っていましたが、イギリスの議会では

「あざ笑い と言う古典的な手法に」で 落ち着いたようです。

フランス大統領は失業者が 360万に達した事で 危機感を深めていますが

妙薬も妙案もなく 取り敢えずは ISをロシアと共同で叩きつぶす事が第一で

ロシアのプーチン大統領に 空爆が生ぬるいと 強気な発言をしています、

今年も年明けから 世界は不透明なままですね。

雲が出てきたようで 鈍色(にびいろ)の雪雲が 遠くに懸っています。

今夜も 熱燗ですね!。
     

難民は来ちゃ駄目だよ!  難民じゃないよ 只の猫だけど~~。
c0192063_14564118.png

[PR]
by monk-1 | 2016-01-20 14:58 | Comments(2)

闇に蠢く 迷惑な連中

日中はベランダを開け放しでいますが 日差しが柔らかく

部屋に流れ込む 少し冷たい空気も心地よく感じられますが、

長時間は無理のようで 慌てて戸を閉めたり と

人間は我儘な生き物ですね、 自分でもあきれています。

伸び放題のゴムの鉢植えを 取り木して 鉢が2つに成ったのですが、

勢いは止まらず 先端部を切 成長を横にと 整枝し漸く収まりました。

太陽を浴びてゴムの木も元気です。

産経のオンラインの新聞でこんな記事を見つけました

国会中継は見ない事にしていますので 知りませんでしたが  以下に引用します

在京各紙の13日付朝刊をチェックして驚いた。
安倍晋三首相が自らの進退にまで言及した答弁が、
ほとんど取り上げられていなかったからだ。
12日の衆院予算委員会で、民主党の緒方林太郎氏が拉致問題をめぐり、
「首相は拉致を使ってのし上がった男か」と質問した件に関してである。

首相、誰より熱心に

緒方氏は、拉致被害者の蓮池薫氏の兄で家族会元事務局長の蓮池透氏
(後に家族会を離脱)の安倍首相らを批判した著書を論拠に、
首相は拉致問題を政治利用してきたのかと執拗にただした。
首相はこれに対し「私が言っていることが真実であることに(議員)バッジをかける」と
強く否定していた。

詳しいやりとりについては、13日付産経新聞で報じているため省く。
ただ、20年以上前から拉致問題に誰よりも熱心に取り組んできた安倍首相に対し、
緒方氏はよくもこんな露骨なレッテル貼りのような質問ができるものだとあきれた

引用終わり

民主党の議員だそうですが 失礼ながら こんな議員がいる事を知りませんでした、

そして メール通信をいつも頂いている 西村慎吾さんが

拉致議連のメンバーとして 頑張ってこられた方で渦中にいた方が 怒りの報告です。
以下に全文引用させていただきます

西村眞悟の時事通信

拉致問題の闇

          平成28年1月14日(木)

拉致問題の最大の闇は、「拉致被害者を救出しようとする者を貶めようとする力」
「拉致被害者の救出から国民の目を逸らそうとする力」
が政界と官界をはじめとする社会各層に根を張りうごめいているということだ。

この度の予算委員会でも、
この闇の力が提供した材料に飛びついた質問が行われたようだ。
曰く、「首相は拉致を使ってのし上がった男か」と。

そこで、この質疑に関して、
平成十四年の十月に五人が帰国した時の真実について語っておこう。

まず、帰国前月の十七日午前十時頃、訪朝した小泉総理が、北朝鮮から
「拉致被害者の内五名は生存しているが八名は死亡した」と告げられた。
その時、北朝鮮は八名の「死亡年月日、死亡原因リスト」を日本側に渡した。
 
その七時間後、小泉首相は平壌で、日本が多額のカネを北朝鮮に支払って
日朝国交樹立を約束した平壌共同宣言に署名した。
 
そして、トラック二台分のマツタケをお土産に貰って政府専用機に乗せて帰国してきた。

その平壌共同宣言署名のまさにその時、つまり、午後五時、
東京では官房長官と外務副大臣が、拉致被疑者家族を個別に個室に呼んで
「まことに残念ですが、貴方のお子さんは既に死亡されてます」と死亡宣告をした。

その後帰国してきた訪朝団は、不可解にも北朝鮮から渡された
「死亡年月日、死亡原因リスト」を隠して公表しなかった。
しかし、そのリストは、マスコミのスクープによって明らかになった。
そして、拉致被害者救出に携わる朝鮮語に堪能な西岡力や荒木和博が、
そのリストを点検し、直ちに、これはおかしい、虚偽だと見破る。
 
結局、横田めぐみさんを始めとする八人死亡という宣告は北朝鮮の「ウソ」だった。
 
問題は、北朝鮮がウソをついたことよりも、何故、日本側が、
リストを隠してそのウソの通りの死亡宣告を被害者家族に行ったのかである。
その理由は、
死亡したと家族に信じさせれば、
拉致問題自体が無くなり日朝国交樹立の障害が無くなるからである。

従って、あとは生きている五人が、「首領様のもとで幸せに暮らしています」と言って
自主的に「北朝鮮で暮らしますからご心配なく」と言えば、
拉致問題は完全に無くなり日朝国交樹立になる。

それ故、
日朝国交樹立によって日本からのカネが喉から手が出るように欲しい北朝鮮は、
翌十月、五人を帰国させてきたのだ。
そして、その帰国の際、日朝の担当者は、一週間から十日で、
帰国した五人を北朝鮮に帰すことを合意している。
北朝鮮は、
日本から北朝鮮に戻ってきた五人に、「首領様のもとに帰れて嬉しい、
これからもここで生きていきます」と言わせて、
そのビデオメッセージを日本国民に見せつける予定だった

以上、八名の死亡と帰国した五人のビデオメッセージで拉致問題は無くなる。
これが、北朝鮮と日本の「当局」との一致したシナリオである。

そして、その魂胆の元で五人が日本に帰ってきたのだ。

羽田空港に着いたチャーター機から五人が中山恭子さんらに付き添われて降りてきた。
全マスコミと拉致議連議員
そして家族関係者が帰国した五人を囲んでターミナルの方に姿を消していった。

チャーター機の回りは無人になった。しかし、
私と佐久間という仲間はそのチャーター機の下で、
必ず北朝鮮からの監視員が同行しているはずだと待ち構えた。
果たして彼ら(二人)は出てきた。
 
私は彼らの顔を写真に撮り、拉致議連の中川昭一会長と打ち合わせて
マスコミに拡散し、これによって彼らの隠密行動を不可能にした。
 
私たちは、チャーター機の下でなおも待った。
佐久間はチャーター機に上がって機内を点検しきて、
一人もいないと私に報告した。
 
すると機内から沢山の北朝鮮からの荷物が運び出されてきた。
帰国した五人は、北朝鮮のお土産を持たされていたのである。
お土産以外の大量の荷物が何か分からなかった。

帰国した五人がそれぞれ郷里に戻る報道が続いているときに、
 
外務省の幹部が、われわれ拉致議連幹部に
「彼ら五人を北朝鮮に帰さねばなりません」と言ってきた。
それに対して、
最初に平沢勝栄議員が「そんな、馬鹿な」と言った。
外務省が、五人を帰すことは国家間の約束ですからと反論した。
 
「国家間の約束には国会の議決がいる。そんな約束知らん」と私が言った。
それでも、外務省の馬鹿幹部のおっさん(名前など忘れた)が、
唇を振るわせて帰さねばならないんです、と言っていた。

我らは、絶対に五人を帰したらいかん、と言い張った。

外務省のおっさんは反論に疲れてきた。
 
そのとき、後ろの方から女性の小さな声がした。
見ると、内閣参与の中山恭子さんが私たちに念を押そうとしている。
 
「あのー、五人は北朝鮮に帰さない、それで、いいんですね」
 
私たちは、そうです、と言った。すると、中山恭子さんは、
「五人は北朝鮮に帰さない、それでいきます」と言った。

外務省は絶句していた。
 
これが、我々が、政府内閣内から五人を帰さないという発言を聞いた最初であった。

それから、政府内および内閣内での、
五人を北朝鮮に帰すという外務省路線の絶対多数派と
帰さないという拉致被害者救出派の攻防があった。
 
中山恭子内閣参与と共同して戦ったのは安倍晋三官房副長官である
そして、安倍晋三は、中山恭子さんと共に帰さないという当然の原則を掲げて、
外務省路線(あえていう、闇の中の悪の路線)に打ち勝ったのである。

もし仮にあの時、五人を北朝鮮に帰しておれば、どうなったか。
 
彼らの帰国後、平壌から五人の映像が送られてくる。
そのなかで、五人は、言わされる。「平壌の首領様のもとに戻れて幸せです」と。
そのとき、拉致問題も、拉致被害者救出運動も終わる。

そして、我が国は小泉総理と金正日の平壌共同宣言に則って、
北朝鮮に対して彼の国の国家予算の五倍のカネを提供する。
そのカネで、北朝鮮の独裁者一族は世界一の金持ちになってブタのように肥り、
北朝鮮政府は早急な核開発と核ミサイル開発を進める。

そのうちに、その核ミサイルは日本に向けて実戦配備される。
 
即ち、我が国は、天に向かって唾を吐くように、
地球上のもっとも危険なテロ支援国家に転落している

これで、明確だろう。
拉致問題における外務省路線は闇の中の悪の路線である。
 
しかし、この路線は、今も健在であり一昨年のストックホルム合意においても、
未だ、平壌共同宣言に則って、
北朝鮮に巨額のカネを支払って日朝国交樹立を目指している。
そして、
その為の最大の障害を拉致問題であると位置付けて拉致被害者を救出するよりも、
「拉致問題という障害」をなくそうとする。

その為に、この路線を推進する闇の力は、
拉致被害者を救出しようとする者を貶めようとするのだ。
 
かく言う私も、そのターゲットである。従って良く分かる。
 
この度の、予算委員会での安倍総理に対する質問もその一環である。
質問者は元外務省官僚だということも符合するではないか

お問い合わせ:西村眞悟事務所
TEL:072-277-4140 E-mail:sakaioffice@n-shingo.com
http://www.n-shingo.com/     引用終わり


質問したのは 民主党議員で 東大の学生時代に上級試験合格 外務省入省

そして 現在は民主党の議員だそうです

何時も 害務省と批判する理由が お解りいただけたでしょうか、

売春婦を慰安婦と言いくるめ 捏造された記事を出した 朝日新聞と植村記者

そして その活動を捏造と知りながら 報告を横から援助した

福島、村山、河野と真性の馬鹿左翼議員たち

国連人権委員会のクマラスワミ報告が出たときに

反論文書を出そうとした外務省に対して それを握りつぶした

外務次官 小和田 皆国賊です。

注意深く見ていないと 日本を破壊し半島や中国の属国に貶めようと

様々な勢力が蠢いています。 生きている間 彼らとの戦いは続きます。


閑話休題

エコノミストに こんな物が

c0192063_14174156.jpg


全ては共産党政府のコントロール下にあると 言いながら

竜に乗った習近平が コントロールを失ってしまい 竜と共に急降下(落下)していく

そんな風刺画が 表紙に載っています

非公式に 日本やアメリカに 「元」 を20%程度切り下げて

市場の目を誤魔化そうとしたらしいですが どうなることやら。

元 決済で貿易の決済をしていた ユーロ各国は 特にドイツは泣きっ面に蜂でして

おまけに 難民問題では ケルン以外にも 数都市で女性が暴行を受け

あちこちに 自警団が出来ていて 

マスコミが 極右とか ファシストとかレッテルを張ってみても

メルケルの難民政策が 過ちであった事を拭う事は出来ず

支持率も急降下で政権内部から崩壊しそうです。

目減りする 中国貿易で受け取った 「元」 

暴れまわる自称難民達 そして 国旗に忍び寄る 黒い影が

c0192063_14273581.jpg


あの国に拘わると ろくな事はないようです、

ドイツに福沢諭吉はいませんでしたね、 福沢翁は けだし 慧眼です。


台湾の総統選挙は今日現在 投票中ですが

c0192063_14301090.jpg


【台北=向井ゆう子】16日の投開票に向け、最終盤にさしかかっている台湾総統選は、

地元メディアの最新世論調査によると、

民進党候補の蔡英文ツァイインウェン主席(59)が依然、首位を独走する情勢だ。

台湾では、投票日の10日前から、世論調査結果の公表が禁じられる。

その直前に大手テレビ局TVBSが発表した世論調査によると、

蔡氏ら民進党の総統・副総統候補への支持率は43%に上った。

国民党の朱立倫ジューリールン主席(54)らは25%、

親民党の宋楚瑜ソンチューユー主席(73)らは15%だった。

気の早い 海外一部メデイアでは もう既に 蔡英文総統と報道する所まであり

c0192063_14344493.jpg


ドサクサ間際に習近平と会談した 馬総統は 逆に国民党の支持率を下げる事に

大貢献したようです、目出度し、目出度しです(私的にはです)

ツイッター上で見つけた こんな物も序です

崔碩栄
@Che_SYoung
ある慰安婦の手記。 「サイゴンではフランス製レインコート、ワニ革のハンドバッグ、
ハイヒールの姿で街を闊歩した。誰にも私が慰安婦には見えなかったはず。
今もその日を思い出したら懐かしくなり、当時の自信満々だった気持ちがよみがえる」 pic.twitter.com/IuT0FPyguy
7:48 - 2016年1月16日
c0192063_14384921.jpg


従軍慰安婦なぞ居なかったのです、軍を追っかけていた売春婦が実態で

その当時 売春は職業として認められていて 

売春防止法が成立するのは 戦後の事です。

勿論 苦界に身を置き 女性の人権問題として同情は致しますが

当時の歴史的背景を考慮に入れても 慰安婦はいません

職業売春婦だったのです、国中でこんな 解かり切った話を国家が捏造して

そして 議員や弁護士 そしてマスゴミもそんな与太話に大勢食いつき 

日本政府から金を強請る心理は 

在日がヤクザに多いと言うお話に 説得力を増すだけです。


口直しの写真です

c0192063_14485574.jpg

[PR]
by monk-1 | 2016-01-16 14:49 | Comments(0)

移民を認めると言う事は

漸く 冬らしい寒さになってきましたね、

早朝(4時頃)コーヒーを落としていたのですが 窓の外に白いものがチラホラと

小さな雪片が 舞い降りていました。

やがて 小雨に変ったようで 

少し明るくなった頃には雨が降ったり 止んだりしています。

ニュースをあちこち見ていましたが、アメリカの大統領補選で トランプが

二番手まで 追い上げてきた共和党候補 テッド・クルーズ候補の資格を疑うと

発言し始め 憲法違反ではと 言い始めました。


その前には 民主党のヒラリー候補に アフリカのISに忠誠を誓う 

テロ組織ボコ・ハラムのメッセージビデオに 

「アメリカにはイスラム教徒の移民を禁止する」と 発言したトランプが利用されていると

大統領候補とは 思慮深く発言しないといけない、彼にはそれが無いと

民主党候補ヒラリーに批判されました。

それに対して トランプは ヒラリー候補のご主人で前大統領クリントンが

ヒラリー候補の応援演説を始めた事に対して

過去の女性問題を蒸し返し 攻撃を始めました

今度は すぐ後にまで迫る テッド・クルーズを標的にし始めました。


それには 複線がありましてテッド・クルーズ候補の選挙ヴィデオに 

自邸で二人の女の子とくつろぐ映像を使用した所

民主党贔屓の「ワシントン・ポスト」が 

クルーズの似顔絵の男性が 2匹の猿をリードで繋いだ風刺画を紙面に載せて

娘をダシにすると 皮肉った所 読者から非難の大合唱となり

慌てて ワシントンポストは 風刺画を削除しました。

テッド・クルーズ陣営は 自分のメッセージ・ヴィデオに

ヒラリー・クリントンが リードで繋いだ 2匹のダック・スフンドを散歩する画を載せて

その ダックス・フンドに「ワシントン・ポスト」と「ニューヨーク・タイムス」と書かれた服を着せ

二つの新聞は 民主党贔屓の「民主党のポチ」と逆に皮肉って 話題を誘いました、」

トランプは 話題から 自分が逸れる事が 我慢できなかったようで

クルーズ候補がアメリカ人女性が クルーズ候補をカナダで産んだことを問題にし

大統領候補として 憲法に違反しているのでは?と言い始めたようです。

まさに 自由の国アメリカの泥試合に成って来ました。

テッド・クルーズ 略歴
誕生日1970年12月22日
住居テキサス州ヒューストン郊外のコンドミニアムで家族とともに暮らす
政界とのかかわり1995年にハーバード大学法学院を卒業後、
法曹界で働き始める。
2000年のジョージ・W・ブッシュの大統領選で国内政策のアドバイザーを務める。
2003年にテキサス州の訴訟長官として働き始める。
2008年までの任期中に、最高裁で9件の裁判を争った。
テキサス州で保守派や草の根保守運動「ティーパーティー(茶会)」からの支持を集め、
2012年に上院議員に。
それ以来、医療保険制度改革(通称オバマケア)を最も声高に
批判する上院議員の一人となる。3月23日、
大統領選出馬を表明した最初の共和党議員となる。
政界での経歴上院議員(テキサス州、2013年~現在);
テキサス州訴訟長官(2003~08年)

オバマケア法案の反対演説を上院で徹夜で行った事で有名になりました。


閑話休題

ドイツのケルン市で起きた 

移民希望者達が起こした事件は 様々な反応を起こしました、

どうやら 事件は偶発的に起きたものではなく SNSを使用して

お互いに連絡を取りながら 組織的に起こされた事件と解ってきました。


以下に引用です
ドイツのマース司法相は、
同国西部ケルンで大晦日に大勢の女性が襲撃された事件について、
事前に計画されたものだったとの見方を示した。

1月初旬、ケルン警察には、大晦日の夜に「アフリカ系やアラブ系の外見」をした
移民とみられる男たちから性的嫌がらせを受けたとして、
約90人の女性から被害届が出された。現在、被害届はすでに350件にのぼり、
その数はさらに増え続けている。

伝えられたところによると
大晦日の夜、ケルン大聖堂の前に年齢が15歳から35歳くらいまでの
およそ1000人の男たちが集まった。
目撃者たちの証言によると、
酔っ払った移民の集団が女性たちを取り囲み、財布や携帯電話を奪い、
止めようとした人たちは、
残酷な仕打ちを受けることになると脅迫されたという。

マース司法相は、ドイツの新聞ビルド・アム・ゾンタックに、次のように語った-
「犯罪を行うためにこのような群集が集まる時、それは
何らかの形で組織されたものであったりする。これが合意によるもの、
あるいは準備されたものだったと私に言える人は誰もない。
我々は、このような不快な犯罪の経緯を早急に明らかにしなければならない」。
マース司法相はまた、
「群集」による数多くの襲撃が「同じ日」に行わることとなった関係も
明らかにする必要があると指摘した。  引用終わり

12日現在 訴えは516件に及び その内の4割が性的な事件で 半数近くが

強姦事件と、事件の性質上 被害届が出ていないものも 相当数有るのでは?と

その他 ハンブルグ市、シュットガルト市でも 同様な事件が起きています。

飲酒を宗教上 禁止されているはずの イスラム教徒が 酒に酔ってです、

フインランドでも 同じ様な事件が起きています。

フィンランドの難民は公共の場所で女性に乱暴を行っている
© Sputnik/ Sergey Stroitelev


又 周辺各国にも 大きな反響と影響を与え   以下に又引用です

欧州
2016年01月10日 21:47(アップデート 2016年01月10日 22:08)
フィンランド警察は難民の大勢流入で性的犯罪が増えていると指摘する。
ヘルシンキ市警察次長イルッキ・コスケミャキ氏は、
2015年までフィンランドでは公共の場所で
女性を襲うような野蛮さは御目にかからなかった、と述べた。

ノルウェー 2016/1/6(水)
ノルウェー、最大5千人の難民をEUに送還へ[社会]
ノルウェーは、欧州連合(EU)加盟国から入国した4,000~5,000人の難民を
これらの国に送り返す方針だ。
うち単身の未成年者を含む860人が難民への厳しい対応で批判される
ハンガリーに戻される見通しで、これらの難民の安全を懸念する声もある。
現地紙アフテンポステンが4日伝えた。

ノルウェーはEUに加盟していないが、
難民に関するEU規則の適用を受ける取り決めを交わしている。
ノルウェー入国管理局(UDI)によると、
同国には昨年に3万3,000人の難民申請希望者が入国したが、
うち4,000~5,000人をこの規則に基づき他のEU加盟国に送り返す方針という。
EUでは、
難民申請希望者は域内の最初に到達した国で手続きを行うことが定められている。

最大の送還先となるハンガリーには、シリア難民50人を含む860人を送り返す予定。
同国には既にこれらの難民の受け入れを要請済みで、
1月中に回答が得られる見通しという。
ただハンガリーでは反移民感情が高まっており、
難民支援団体からは懸念の声が上がっている。

ソルベルグ首相は今回の措置について、
「既存の制度を維持する必要がある」と説明。
難民申請者は手続きを行う国を選べるわけではないとした上で、
「最初に登録した国が申請を処理する必要がある」と話している。
ノルウェーでは難民流入数の拡大を受け、昨年11月に規制を強化する法案が成立。
国民の間でも受け入れ制限を支持する意見が強まっている。[EU規制]
© AFP 2015/ Roberto Pfeil
ドイツ司法相:ケルン大晦日女性襲撃事件は計画されたものだった
「女性が頻繁に性的いやがらせを受け、それにつきまといがともなうなどは、
フィンランドにとって新しい現象だ。
男が女のすぐあとをついて行き、接吻し、
最悪の場合それよりもっとひどいことをするなどは」。フィンランドのマスコミが報じた。
警察は、犯罪の目撃者は犯人を外国人として描き出しており、
それが危惧を呼んでいる、と指摘する。

ドイツのケルンと違い、
フィンランドでは大晦日の夜に暴行が行われることは阻止された。
ヘルシンキの地下鉄道駅に1000人ほどの移民が集まったが
事前に警告を受けた警察が適時に現場に到着した。
警察の警備強化にもかかわらず、この夜、3件の暴行ケースが認められた。

昨年フィンランドには3万2000人の難民が到着。これは一昨年前の10倍だ。

ドイツ 2016/1/12(火)
独ケルンの集団性犯罪、被害届は516件に[社会]
昨年の大みそかに
ドイツ西部ケルンの中央駅前で起きた集団性犯罪の被害届が516件に達した。
ケルン警察が明らかにしたもので、うち約4割が性的暴行だという。
一方、事件を受け、同市では外国人を標的とした暴力事件が相次いでいる。

警察は10日時点で身元を特定した19人を調べている。
大半は北アフリカ出身もしくはアラブ系で、
その多くは難民申請者または不法滞在者という。
ケルン警察は9日にも、
この19人とは別に19歳のモロッコ人男性1人を窃盗の容疑で逮捕している。

一方、ケルンでは10日夜、20人組がパキスタン人6人に暴行を振るい、
うち2人が病院に搬送された。
またその直後に、シリア人男性1人が5人組から暴行を受ける事件があった。
現地紙ケルン・エクスプレスによると、
インターネット上にこの日、
ケルン中心部で外国人を狙った暴行を企てていた形跡があるという。
警察は事件に絡み市内で職務質問を行い、4人を逮捕している。

また9日には、
東部ドレスデン発祥の反イスラム団体「西洋のイスラム化に反対する
欧州愛国者(PEGIDA)」がケルンでデモを行った。
参加者はおよそ1,700人で、デモ中に爆竹や石を投げるなど暴徒化し、
警察隊と衝突。警察は放水車を使用し事態を制圧したが、
警官や報道関係者にけが人が出た。また、
警察はこのデモで15人の身柄を拘束している。  引用終わり

メデイア では 極右とか ネオナチと決め付けているようですが

格地方都市に 自警団が出来ているのです、

ケルン市の例でも解るように 警察は政府を慮ってか 当初は

「比較的に穏やかな 年末、年始をケルンは迎えた」と 発表していました、

実態は 明らかになり 警察官の目前で事件が起きていたのですが

警察は 見て見ぬ振りをして事件を 葬る心算でした。


以下に 又東欧の引用です

スロバキア 2016/1/11(月)
フィツォ首相「イスラム教徒の難民受け入れない」[社会]
スロバキアのフィツォ首相は7日、
イスラム教徒の難民受け入れを拒否する意向を示した。政府はかねて、
キリスト教徒の難民を優先的に引き受ける考えを明らかにしてきたが、
難民絡みの事件の発生を受け、態度を硬化させた格好。ドイチェ・ウェレなどが伝えた。

フィツォ首相は昨年11月にパリで発生した同時多発テロや、
大みそかに独西部ケルンの中央駅前で起こった性的嫌がらせや強奪事件について、
「明らかに、難民の大量受け入れとつながりがある」と指摘。
同様の事件がスロバキアで発生するのを防ぐべきとの考えを示した。
また、移民が居住国の文化と融合することは不可能とし、
国内にイスラム教徒の共同体が形成されることは許容できないと息巻いた。

ケルンでは大みそかを祝うため、駅前広場などに集まっていた女性に対し、
男性の複数の集団が財布を強奪したり、性的嫌がらせを働いた。

人口540万人ほどのキリスト教国スロバキアは、移民受け入れの実績に乏しく、
国内のイスラム教徒数は数千人規模にとどまっている。
昨年の難民申請数は169件だった。
このような中、欧州連合(EU)は昨年9月、
中東やアフリカからギリシャとイタリアに到着した難民
12万人を欧州連合(EU)加盟各国に移住させる方針を決定。
うち802人がスロバキアに割り当てられた。
この施策に対し、
スロバキア政府はEU司法裁判所に決定の無効化を求める訴えを起こしている。
[EU規制]

チェコ 2015/12/24(木)
チェコ国民の8割「独の難民政策理解できない」[社会]

ドイツの難民政策は理解できない――。国境を接するチェコの国民の半数が、
難民危機によるドイツとの関係悪化を予想している。
世論調査機関STEMが実施した調査で明らかになった。チェコ通信が22日伝えた。

それによると、国民の8割がドイツの難民政策が理解できないと回答。
「全く理解できない」と強く否定したのは4割に達した。また、
73%がドイツは難民問題に対処しきれないと考えている。

一方、チェコの難民政策が理解できないと答えた人も7割に達しており、
国民が政府に漠然とした不満を抱えている様子がうかがえる。

また、国民の6割超がナショナリスト集団の急進化や影響力拡大を懸念。
全く恐れていないとの回答は9%にとどまっている。

引用終わり

抗議する ドイツ人女性達です

c0192063_1354391.jpg

c0192063_13696.jpg


どうやら ユーロは分裂気味ですね、

新保守主義とやらの口車に乗り 比較的好調な経済を維持してきたドイツですが

此処に来て 一気に歪みが噴出してきました、フランスもイギリスもイタリア、ギリシアも

難民問題では悩んでいます。

ユーロの委員長は 昨年30億ユーロを難民問題の為に 拠出したのに

トルコ政府は手を打っていないと 今頃トルコ批判です。

エルドアン大統領とトルコ政権は 利権を独り占めして

他人の不幸は 蜜の味 ですか、

笑っていられませんよ日本でも

報道されていない 通名の在日犯罪や 地方参政権を外国人に与えるとか。

スヒョン文書でも明らかなように 地方参政権を与えてしまうと

地方に一斉に住所を在日が移して 地方から 在日の独立を!と言う

沖縄と同じことが起こり 

日本国内に 在日の独立国が彼方此方にと言う状況が起きます。

地方参政権を与えると言う事は そういう事なのです、

資金提供の見返りに 国と魂を売った 民主党、共産党等 

参政権付与を言う野党や議員は 韓国政府の意と資金を受けた民団や

北の将軍の意を受け日本人拉致 誘拐をサポートした 総連の操り議員なのです。

お気を付け下さいね。

今日は猫の写真を載せるのは 遠慮します。

遅れましたが、猫ちゃんです。
       イスラム教徒じゃないよ、 イタズラしてたの!
c0192063_96722.png

[PR]
by monk-1 | 2016-01-12 13:08 | Comments(2)

今年もよろしく お願いします。

新年のご挨拶も しないまま 8日を迎えましたが

皆さん方は ゆっくりと 新年をお迎えした事と思います。

私は 街が静かなのを幸いと のんびりと寝正月でした

何十年も 盆暮れの挨拶をしない事を信条としていますので

ブログにオメデトウと書く事も わずらわしく感じていました。

昨年最後の お勉強の現状を書きましたが

何故 こんな宗教上のことに興味を持ったのか?いきさつを少し書こうと思います。

仕事をしている頃 休日や有給を生かして 小旅行をと日頃考えていまして

興味があった 東北地方の案内を取り寄せて見ていた所

秋田県の木造のマリア像の奇跡?や 山形県鶴岡市にある「黒いマリア」像が

パンフレットに紹介されていたのが 最初のきっかけでした、

鶴岡市には一度行ってきましたが 不思議な像でした

私が 考えていたマリア像は 多くの皆さんと同じ白い大理石の像を考えていましたが

何故?が 最初の素朴な疑問でした

その内に 矢張り不思議に思い 調べて本を書かれている方がいると知り

何冊かの本を読むうちに 私の知らない世界があることが解り

好奇心だけは旺盛な私も 引きずられるように少しづつ調べるようになりました。

書かれている本の中には 遠くヨーロッパに向かい 色々な所で現地調査された

成る程と 思わせる内容が多く書かれていましたが、自分なりに 納得したくて

少し 捻くれた解釈をするようになりました、

多くの本は 要約すると イエスは結婚していて相手は マグダラのマリアです

イエスの磔刑の後 疎んじられ地中海を渡り南仏に逃げたマグダラのマリアは

イエスの子共を身ごもっていて その子共が フランス最初の王朝

紀元507年に始る フランス第一王朝メロウイング朝が

イエスの聖なる血を引き イエスの教えを引き継ぐ正当な血筋と書かれていました。

作家のダン・ブラウンが 

BBCで放送された「クロニクル」に出演した主人公が発表した小説で

「レンヌ・ル・シャトー」に触発されて書いた ベストセラー小説「ダヴィンチ・コード」と

内容が似通っていて 勿論小説よりは 日本人の書かれた黒いマリアの謎の方が

念入りに調査されていましたが、

拙ブログに書きましたように エルサレムのタルビオットの丘でイエスの墓が見つかり

その中には 大工ヨセフ等 弟の骨等と一緒に

 「マリアムネ」と書かれた マグダラのマリアの遺骨も発見されていますので

マグダラのマリアが身ごもって 南仏に逃亡、漂着説は 後のプリ・ウレ・シオン団の

捏造ではないか? 風説の流布と言う奴ではと私は考えました。

早速 廃刊になっていた「レンヌ・ル・シャトウの謎」を探し 読み込んでみて

気が付いたのは 異様に「洗礼者 ヨハネ」に関する記述が多く

フイレンツエにある ミケランジエロが作成したと言われるヨハネ像の天を指す

人差し指のポーズや 「ニコラ・プッサン」の絵画等 書き切れないほどの

私には未知の事が書かれていました。

これが 始まりで好奇心の赴くまま 仕事の合間に本を読み高まる気持ちで

「洗礼者ヨハネ」について 調べ始めて 現在に至るわけです、

前回と記述内容が 前後しますが 現在では確信に似た考えとなっています。

多数派教会(バチカンが推し進めるイエス・キリスト教)とは 別の世界が

確実に最近まで いや 現在も「洗礼者ヨハネ」の教義を信じている人たちや

強く影響を受けた宗派が存在していますが 「暗黒の中世」と言われた時代に

異端審問を避けるため 色々な形に中には 宗教と解らないように、

又 異端として殺戮、弾圧を受けた テンプル騎士団の発展的な組織と結びつき

フリーメーソンのような組織も生まれ 

その資産の運用方法は現在の国際金融資本の原型となり

僅か200数十年の建国の歴史しか持たないアメリカの強さの基本となり

今の世界を作っているという 私の妄想にも似た 今まで余り考えられてこなかった

世界や宗教の 通史が見えてきたような気がします。

細部に これから肉付け、補強資料の探索と 

定年後の比較的時間が自由な私には 手に余す部分もありますが

ノンビリと好奇心だけが武器の お勉強が横たわっています。 

専門家からは 笑われそうですが まあ 冥途の土産と考えています。

そんな 訳で ウエーバーのユダヤ教も未だ 三分の一しか読んでいませんが

前回触れたように 古代ギリシアの哲学から ヘレニズム化を推し進めた

セレウコス朝シリアも少し 勉強しなければいけなくなりました。

ヘレニズムと錬金術、そして ヘルメス文書も読もうと考えています。

グノーシス主義が 現在のあらゆる科学、数学、物理学、哲学の基礎のようです。


閑話休題

相変わらず ユーロは難民問題、アメリカは大統領補選 そして オバマは突然

ガン・コントロール 銃規制を涙ながらに言い出しました、

私には 白々しく写ります、何故ウクライナ、や 中東で 武器や資金を提供し

多くの罪も無い人達や子共達が苦しみ 死んで行く 騒乱や混乱を作り出すのか?

エネルギーを 牛耳る事が 金融と並び世界を牛耳る事と信じる人たちは

大統領さえも操りながら 己の欲望をむき出しにしています

様々な法律を作り 彼等の勝手な欲望を制御する事が 世界中を安定化させ

平和な世界を作る 一歩ではと? 適正な利潤 適正な市場占有率

地球レベルでの 強力な権限を持つ公正取引監視委員会が国連に必要ですね


既にマス塵が伝えていますが 昨年末のドイツのケルン市では

駅前の広場で 大勢の中東や北アフリカ系の人たちが 千人以上集まり

大騒ぎをし 中にドイツ人女性を襲い 携帯やバッグを奪い

中には強姦事件も多数起こし ケルンの警察発表では

比較的に穏やかな 年末 年始を迎えたと発表しましたが 大騒ぎになっています。

ケルン駅前広場だけでなく 駅構内でも強姦事件は複数起きており

そのほかに ハンブルグ、シュットガルトでも同じような事件が多数起きていて

当初被害を訴えたのは 60人でしたが すぐに90人となり

8日現在では126人が被害を訴えました 未だ々増えるようです。

以下 引用です

ドイツ西部ケルンで、移民と思われる集団による襲撃事件を受けて
女性たちが抗議を行った。
先に約90人の女性が性的嫌がらせなどを受けたとして警察に被害届を出していた。

ドイツ司法省は、
大晦日の夜に女性たちに性的嫌がらせなどを行った移民たちを正当化したとして、
同国西部ケルンの市長を批判した。

ハイコ・マース法相は、女性に責任はなく、
彼らにつきまとった者たちに責任があると述べ、
ケルン市長の発言を否定した。   ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)では、
ケルン市長に対して批判の嵐が吹き荒れた。
人々は、大晦日の夜に町の中心部にある駅前広場で
アラブ諸国や北アフリカ出身の移民たちに襲われた女性たちは、
何も悪くないと指摘した。

またケルン市長のほかに警察も批判を浴びた。
警察は、職務怠慢として非難された。
警察には、性的嫌がらせを受けたとして150件の被害届が出され、
女性2人は大晦日の夜に性的暴行を受けたと伝えた。

目撃者の情報によると、女性を襲った約1000人の中には、
酒に酔った男たちが大勢いたほか、未成年者も含まれていたという。

男たちは挑発的な行動を取り、
地元の人々に爆竹を投げつけたり、集団で女性を襲ったりした。

なおこの事件のあと、ケルン旅行のキャンセルが相次いでいるという。
ドイチェ・ヴェレが伝えた。
ドイツの旅行会社は、移民がケルンのイメージを大きく損ねたことを認めている。

なおケルン警察は、今回の事件でわずか3人の容疑者しか特定していないうえ、
まだ1人も逮捕していない。
ケルンのヘンリエッテ・ヘーカー市長は、
性的嫌がらせを防止する方法についてドイツの女性たちにアドバイスした。
市長によると、女性は見知らぬ人と腕を伸ばした分の距離を保つ必要があるという。
また市長は女性たちに、外出時には数人のグループで行動するよう提案した。

AP Photo/ Santi Palacios
ドイツメディア:テロリストは数千通の「難民パスポート」を手にしている
12月31日の大晦日から1月1日にかけての年越しの際に、
ケルン駅の駅前広場やその近くの通りに、
年齢が15歳から35歳くらいまでの
主にアラブ系とみられるおよそ1000人の男達が集まり、
グループに分かれて女性を囲み、財布などを奪ったり、
侮辱したり、嫌がらせなどをした。
服を剥ぎ取られた女性たちもいた。
また少なくとも、1人の女性が性的暴行を受けたという。

現在、数人が拘留されているが、ドイツ司法省は、
全ての難民を非難することを控えるよう呼びかけた。現在、調査が行われている。

なおメルケル首相は、ケルンでの大規模な性的犯罪に断固として対応するよう求めた。

引用終わり

この他にも ギリシアの難民集要所でも暴動が起こり 警察が対処していると

こんなニュースも入っています。

抗議する ドイツ人女性達

c0192063_11594043.jpg


ユーロの機関車と言われ 好調な経済発展をしてきたドイツですが

実態は ユーロ域内の通行の自由と言う名目で 低賃金の東欧の労働者を受け入れ

高齢化と社会保障費の高騰と言う 日本と同じ悩みを抱え

低賃金労働者の確保が必要でしたので 先のドイツ連銀総裁やメルケルの

「ドイツには 100万人の移民を受け入れる用意がある」と言う 発言になりました、

何のことない アメリカのネオコン(新自由主義者)や 

竹中平蔵の言っている事と同じ事で 

国際金融資本の我々がもっと 金儲けする為に必要な事だ と

OECDの発表を待つまでもなく 現在の貧富の差は1820年頃より 酷くなったと。

オーストリア(プロイセン王国)のユダヤ人街で 友人の妻と不倫をしながら 

マルクスが貧富の差に恨みを抱き 「資本論」を書いた時代より

現代は酷い時代に なってきているのです。

メルケルも 中国経済は下降し受け取った「元」は どんどん目減りし 

いずれ紙くずに、今年の9月に通貨バスケット入りを目指すとIMFが発表していますが

持つのかしら??

サーキット・ブレーカーとやらで 市場が7%値下げしたら売買取引停止と発表し

初日から 取引停止 そして昨日は 2度も取引停止に追い込まれてしまい

不安の連鎖で世界中の市場が 荒れ気味に 値下げしています。

そして 今日は決めた「サーキット・ブレイカー」の運用を停止しました。

これが 本当の3日坊主ですね。


暫く話題にしていなかった シリアですが

ロシアの空爆参加で帰趨は見えてきたようです 既にISの主力部隊は

リビア、イエメンに戦場を移し それぞれ 酷い事になっているようです

シリアの密造石油とイラクの精製所を 容赦なく爆撃を受け

石油の密輸による利益は3割ほど 低下したのでは?と言われていますが

リビアには 未だ入り込む余地があるようです。

シリアでは 女性の志願兵の部隊が始めて明かされました。

c0192063_12285453.jpg

c0192063_12291058.jpg

c0192063_12293167.jpg


予断ですが デンマークの選挙で議席を増やした 保守系右派の議員が

難民問題で「難民にかかる経費は難民の持つ金銭で賄え」と発言し物議を読んでいます

難民申請する人の中に 自家用機でデンマークに来て 難民申請をした人達がいて

キレタようです。

今まで 自由に行き来してきた スエーデンとの海上の橋も検問を厳しくし

ドイツとの通行も厳しい検問を行っています、

世界中が 混乱していますね。

最後に 人類学者で法医学者のリチャード・ニーブさんが 様々な資料から復元した

イエスの顔です

c0192063_12371894.jpg

c0192063_12374193.jpg


多数派教会のイメージ戦略により 洗脳されていた方は おや?とお思いかも

これが 一番忠実に復元した イエスの顔です。

         春は眠いのだ~~ 寝る子は育つ って言うでしょう!
c0192063_12394677.jpg

[PR]
by monk-1 | 2016-01-08 12:41 | Comments(0)

静かな 年末ですね

いよいよ 年末ですね。

昨日(28日)が御用納めのせいでしょう、車の通行量も少なく

静かで穏やかな町並みです、日差しも柔らかくウトウトして来ます。

昨日の日韓合意を受けてネットでは 喧々囂々ですが 私は失敗したと思います。

日本の外務省というのは どうしようもないですね。

今日はそんなことより 個人的なお勉強の進捗状況を少し書いて

来る来年の方向性を確認しておきたいと考え記します。

テンプル騎士団がパリ本部と同時にフランス南西部の山城 モンセギュールで

フランス国王と 国王により教皇に選ばれたクレメンス5世により

異端宣言された為に迫害を正当化されて 厳しい弾圧を受けました、

カタリ派(グノーシス主義ボゴミール派)の多くの住民と共に

テンプル騎士団も弾圧され殺された事は以前記しました。

その狙いは テンプル騎士団が持つ巨額な資産、財宝でしたが

パリ本部にも モンセギュールにも財宝は見つかりませんでした、

この お話が後でお話しする機会もあるかもしれませんが

トレジャー・ハンテイング(財宝探し)として 

現在でもアメリカの多くの人の興味を引き続けています、

ノバスコシア州 オーク・アイランドでは財宝探しが続いているそうです。


一部のテンプル騎士団の騎士達はスペイン国境に近いロッシエルの港から 

スコットランドに逃げて バイキングの祖先を持つシンクレア家の保護を受け 

その後 有名な建築でも在る ロスリン教会を造りました。

現在でもその壮麗な建築とテンプル騎士団の足跡を残す教会は

観光名所ともなっていて、その複雑で華麗なな紋様は美術史的な価値と共に

テンプル騎士団の謎を解く多くの鍵が含まれるといわれています。

グノーシス主義とは 原始キリスト教の研究の中で

ユダヤ教の中の比較的利権や権力と遠いと言われたエッセネ派の人と思われる

パブテスマのヨハネ つまりイエスに洗礼を与えた洗礼者ヨハネが創設し

その後継者 シモン・マゴスが発展させたと考えられます。

エッセネ派以外にも 福音的(ユダヤ経典に忠実な)な ファリサイ派(パリサイ人)や

サドカイ派(祭儀を主に取り仕切る)や 

セロテ派(熱心党)と言われる派閥がありましたが

洗礼者ヨハネのように エッセネ派は 荒野で祈と労働を主要に考えていました。

洗礼の儀式は ヨハネがアレキサンドリアで勉強後取り入れた

多神教の参入儀礼がヒントになっていると思われ

段階的に修行を積む事で ある種の薬草や薬物等を使用し トランス状態に陥り

光に包まれると言う 儀式の中では最高位の経験をした人が

司祭としての道を進むことが出来ると言うものだったらしいです。

薬草や薬物の使用など 

又厳しい修行の為 ある種のトランス状態に入ると考えられます

洗礼者ヨハネは 近親婚を批判したためにヘロデ王に捕らえられて

斬首されますが 生前「私の後に来る人はもっと素晴らしい」と言ったとされ

それはイエスの事と イエス亡き後の取り巻きの中の知恵者が言いますが

実際のパブテスマのヨハネの後継者は 

ヨハネ自身がシモン・マゴスと指名しています

つまり「私の後に来る人・・・・」は シモン・マゴスの事なのです。

当時のユダヤ人社会では 「預言者 ヨハネ」として 

多くの人の支持を受けていた事を 覆い隠す為 パブテスマのヨハネと聖書に

記述せざるを得なかったようです。

シモン・マゴスは ヨハネが斬首された為に 全ての教えを聞いていなくて

ヨハネと同じく アレキサンドリアに遊学します。

当時のアレキサンドリアには ヨハネ教団の本部があったと言う説もあります。


現代西洋思想史では シモン・マゴスはグノーシス主義の創始者とされています。

ここで 問題なのは当時のアレキサンドリアと言う都市が どんな都市だったのか?

マケドニアは現在シリア難民問題で 時々国名が出てくるバルカン半島の国ですが

あの有名な アレキサンダー大王が帝国を築いた国と考えると 楽しいですね
c0192063_11524331.jpg

現在のトルコから ギリシア、メソポタミアを含め 東はインド西部まで領土としていて

現在のシナイ半島からエジプトまで北アフリカに及び

古代ローマ帝国が盛んになりマケドニア帝国が没した後 

セレウコス朝がローマ帝国に滅ぼされるまで続きました。

大王の家庭教師は 名門家庭にふさわしく 古代ギリシアの哲学者アリストテレスで

アリストテレスの講義を受けるアレクサンドロス
アレクサンドロス3世はピリッポス2世とエペイロス王女オリュンピアスの間に生まれた。
ピリッポス2世はヘーラクレースを祖とする家系で、
オリュンピアスはアキレウスを祖とする家系であったから、
ギリシア世界で最大の栄光を持つ両英雄の血筋を引くと考えられ、
家系的栄誉はギリシア随一であった。
紀元前342年、
ピリッポスはアテナイからマケドニア人の学者アリストテレスを「家庭教師」として招く。
アリストテレスは都ペラから離れた「ミエザの学園」で、
紀元前340年までアレクサンドロスとその学友を教えた。
アレクサンドロスは「ピリッポス2世から生を受けたが、
高貴に生きることはアリストテレスから学んだ」という言葉を残すほどに、
アリストテレスを最高の師として尊敬するようになる。
また、彼と共にギリシアの基礎的な教養を身につけた「学友」たちは、
後に大王を支える将軍となった。

東征中、アレクサンドロスの要請で
アリストテレスは『王道論』と『植民論』を書き送ったといわれる。
アレクサンドロスも、各国から動物や植物を送り、
アリストテレスはそれらを観察し、研究を続けた。
アリストテレスとの交流はこうして、アレクサンドロスの死まで続いた。

以上 ウイキペデイアより

当時の古代都市アレキサンドリアは世界中で一番発展した都市で

70万冊の蔵書を誇る図書館には古代ギリシアの哲学書を始として

東征で知りえたインドのバラモン教やヒンドウー教の経典等もあり

思想、美術、建築ありとあらゆる学問の専門書が在ったと言われていて

人種も様々な人たちが街を創っていて 勿論ユダヤ人街もありました

以前 海のエジプト展の所で少し触れましたが

欧州海洋考古学研究所の所長で フランス人のフランク・ゴデイオ氏が

海中から引き揚げた 古代都市アレキサンドリアの数々の貴重な財宝の

お話しをしましたが、 後にはエジプト女王クレオパトラも住んでいた町です。

引き揚げられた数々の考古学的価値の高い品々の幾つかを紹介しましたが

後にエジプト神話の中の イシスの女神像や イシスの母子像は

後のキリスト教の聖母子像の原型と言える物で

多数派教会が真似て言葉が悪いですが マリア像や聖母子像はパクリと解ります

又 素焼きの皿に香油をたらし その流れ方で占いをすると言う事も

そして それらの皿には 古代ギリシア語で クリストス(預言者、占い師、魔術師)と

書かれていて、本来キリストとは古代ギリシア語で クリストスと言う予言や占いをする

人たち 全員の呼び名と言う事も書きました。

洗礼者ヨハネの旅を追う シモン・マゴスもアレキサンドリアで

様々な最新の思想や考え方を学んだようです。

特に気にしている事は 古代ギリシア哲学で 後のローマ時代の哲学者で詩人のセネカ

そして セネカが始めて知った言葉 「我々は何処から来て 何処に行くのだろう?」

この言葉が グノーシス主義ボゴミール派の教師が伝えた事など

アリストテレスが考えていた事でもあります。

ヨハネの祈とは 哲学的な疑問に向き合う事のようで 

従来の宗教と少し離れていたようです、

最後の審判と言う リセットを詠いながら 地上にではなく天国で貯金をしなさいと

喜捨を求め 信者からイエスがお金を集めるような行為とは別の

思想的な次元を 求道者のように 思索するヨハネの教えは別物のようです


預言者ヨハネとして人望を集めていたので 時の王 ヘロデ大王には邪魔な存在で

斬首は好都合のようでした

グノーシス主義は東欧にも広く伝わっていて テンプル騎士団が有名になって以降

様々な騎士団が作られ 東欧や 東ローマ帝国、北欧にも作られています

そして 表面的には異端視されぬように 修道院が数多く作られて

祈と労働と言う哲学的な思考をする騎士団と修道院が

ローマの多数派教会(イエス・キリスト教)の目を誤魔化すように沢山出来ています

むしろ グノーシス主義へのの弾圧が始るまでは 

勢力としてはイエス・キリスト教を凌いでいて 多くの人達がヨハネの教えを実践し

祈と労働の深い意味を知っていたようです。

スコットランドへ亡命したテンプル騎士団は当初 キルイニング修道院に匿われ

そのキルイニング修道院の系列になる フランスのテイロン修道会を知ります

この テイロン修道会は建築技術に優れていて

その理由は 何度も登場させた石工のギルド フリーメーソンの会員がいたのです

以降 フリーメーソンとテンプル騎士団はその秘密性や普通の人には解らない

独特の握手や儀式などで 秘密組織として潜行して行きます。

11世紀頃のフランス西部に現存する古い教会の石を使った建築技術は

要石を用いた アーチ型が美しいに美術史的にも価値の高い建築物だそうです。

その後 スコットランドのシンクレア家に招かれ有名なロスリン教会を造りますが

一見の価値があるテンプル騎士団の教会です

バイキングを祖先に持つシンクレア家のヘンリー・シンクレアが 祖先の辿った

北欧からグリーンランド、そして南下して現在のカナダ領や、

アメリカ東海岸ノバスコシア州に来たのは ポーランドポルトガルのキリスト教騎士団の会員を

叔父に持つコロンブスが新大陸発見のおよそ 300年前になります。

ノバスコシア州の先住民族 ミクマク族の旗が 何故かシンクレア家の旗と

紋様が 正反対の対になっています。

北方の狩猟民族は 交易の品である海獣の毛皮をとる為に

現在の国境など意識せず狩猟の旅をしていた事実は 

現在はお話しの端にもでてきませんが 北海道の東部の町には

私が小さな頃 オロチョン族、ギリヤーク族といった 

北方の狩猟少数民族が居た事で 納得できます 現在ではアイヌ民族だけが

ある 特定の思想的な思いを持つ人たちに利用されていますが

多くの少数の狩猟民族が 近年迄 北海道に存在していたのです。


全ては書ききれませんが 北欧のデンマークの騎士団が使用していた

ルーン文字そして暗号表のターンテーブルも

北欧の騎士団や修道院で 他者に解らない様に使用されていたものです。

独立戦争以前にフリーメーソンが アメリカを作ったというのは真実のようです、

エルサレムに向かう巡礼者向けの金融保証の性格を持つ 割符

寄進された多額の資産を現代の銀行業務に近い形で 

王侯や貴族に貸していた事実を考えますと 現在の国際金融資本の原型も

僅かですが 見えてくるような気もします。


ナチスの親衛隊長 ヒムラーが ドイツの騎士団の調査をしていた事は有名な事実で

親衛隊の徽章に ルーン文字が使われていて軍帽の徽章も「スカル&ボーン」

頭骨と大腿骨で 薔薇十字団の研究も国家ぐるみで行っていたようです。 

ヨハネが斬首された後 何故か頭骸骨信仰(バルカン半島、地中海沿岸)が浸透し

親衛隊長 ハインリッヒ・ヒムラーは戦争当時 フランス西部にある

カタリ派の多い町 アレ・レ・バン村を調査しています、

アメリカ東部 アイビーリーグに現存する 秘密クラブ スカル&ボーンは

アメリカでの出世を約束された 大学生だけが入部する事が出来るそうです。

海賊の旗として 有名ですが スカル&ボーンは預言者パブテスマのヨハネを信仰する

グノーシス主義者との関係を私は疑っています・・・・・予断でした。


テンプル騎士団が聖地エルサレムへの巡礼者の保護の為と言う理由で

過ってのソロモン神殿の跡地に住んだことから テンプル騎士団と呼ばれるようになり

巡礼者に割符を与え 金銭を持たなくても巡礼出来る、

現代で言う 小切手や手形の原型を造りましたが

フランスに帰国してからも寄進を多く受け 受け取った土地や財産は天文学的で

その資金で 今で言う銀行業務のような 資金の貸付なども行っていました

借りた膨大な資金の返済に困った フランス王フイリップが

教皇を暗殺し 自分の言う事を聞く教皇を就任させ 異端と判定し虐殺します。

どうやら 金融帝国主義者の原型が少し見えてきたようですが。

グノーシス主義者が異端とされ キリスト教の目を離れ 新大陸へ・・・・


シモン・マゴスがアレキサンドリアで見聞きした事は ヨハネの教え以外にも

ヘレニズム文明や錬金術(後に様々な科学の元になっていきます)

予断ですが 偽金に悩んでいたイギリス造幣局が 局長として選び

偽金追放の為努力した アイザック・ニュートンは錬金術師としても有名で

名前のアイザックは 旧約聖書の予言者 イサクから付けられています

又 死後子息が語ったところによると メッキした銀貨や金貨を見つけて

製作者の錬金術氏を捕まえると 犯人が持っていた蔵書を全て時分の物としてしまい

様々な研究をしていたそうです、一般には万有引力が有名ですが

死後 彼の蔵書の中で一番多かったのは哲学書で古代ギリシアのスコラ哲学書で

物理学書は僅かで 半分以下だったそうです。

少し長くなりましたね 年末に来年の抱負をと言う訳ではないのですが

少しづつですが 独り言をつぶやけるように 前に進んでいるのか?自己確認でした

c0192063_13242429.jpg


      アラ~天地が逆さまだ~~歴史と同じだね 迂闊に信じちゃいけないよ。
       誤字脱字は後ほど推敲しますので 悪しからず
[PR]
by monk-1 | 2016-01-01 14:37 | Comments(0)