人気ブログランキング |

曇り空ですが 明るい空で凌ぎやすい初夏のお天気になりました

もう少しすると ジメジメとした 梅雨の季節ですが

つかの間のお散歩日和のようです

事件や事故 そしてサミット アメリカ大統領の被爆地訪問と

何かと賑やかな一週間でした。

関係者の皆さん方には ご苦労様とねぎらいの言葉を、

色々な詮索、憶測を呼んだ オバマ大統領の被爆地訪問ですが

アメリカ国内向けと、日本向けと両方の面子を巧みに使い分けたようです。

つまり 一部識者が徐々に隠された歴史を知り始め 

日本が不意打ちして戦争が始ったと言う、ファシズムの帝国、侵略者日本、加害国だと

ハミルトン、フイッシュが著書で書いているように、アシュケナージの(改宗したユダヤ人)

英国のチャーチル首相から 度々参戦を要請された為 アメリカ国民の意識を参戦する

方向に持っていく必要があり、様々な計略を日本に仕掛けてきました。

行き詰った日本の政治家は まんまと計略に引っ掛かり 戦争へ突入します。

ハミルトン・フィッシュの「ルーズベルトの開戦責任」の中には、

スペルマン枢機卿の証言が紹介されています。

スペルマン枢機卿はルーズベルトの支援者で心を開いた友人でした。 

単に個人的な友人と言うだけでなく、大統領選に見られるように 

宗教票は昔から強い影響力がありました。

ルーズベルトの名代として南米を視察したりもしていた人です。

1943年9月3日、このスペルマン枢機卿(当時は大司教)がルーズベルトに会った時に、

ルーズベルトは彼に自分の考える戦後のプランを話しました。

この時の話は、スペルマン枢機卿の伝記「スペルマン枢機卿物語」の中に書かれています。 

それをフィッシュが引用しているのです。

「スターリンはバルト三国、フィンランド、ポーランドの東半分とベッサラビアを取るであろう。 

東ポーランドの住民は概ねロシア人になる事を望んでいる。」

またルーズベルトの計画では世界は四大強国によって分割される事になっていました。

「中国が極東地域を、アメリカが太平洋地域を取り、

イギリスとロシアがヨーロッパとアフリカを分割する。  

英国が世界に植民地を確保しているので、ロシアがヨーロッパを勢力下におくであろう。」

「もちろン希望的観測と言われるかも知れないが、

ロシアの勢力下にあってもその支配のやり方は穏健になるだろう。 

共産主義の勢いは今後とも強まるであろう。 

フランスについて言えばレオン・ブルムが政権を取っていれば、

共産主義者はそれで十分だと考える可能性がある。」

「ロシア経済が見せた驚くべき躍進は見逃す事ができない。 

ロシアの財政は健全である。 

ロシアの勢力下に入るヨーロッパ諸国はロシア的システムに舵を切るのに、

激しい変革が必要になるだろう。 

ヨーロッパ諸国はつまりフランス、ベルギー、オランダ、デンマーク、ノルウェーに加えて

現在の敵国ドイツとイタリアも含むのであるが、

ロシアの影響下で生きる事に耐えなければならない。 

十年 いや 二十年経てばロシアと上手くやれることを期待しながら頑張らねばならない。」

フィッシュの本に出ているルーズベルト発言の一部ですが、最初から世界の分割、分捕りが

決まっていたようです。

スペルマン枢機卿も腰が抜けそうになったと思います。 

彼はアメリカのカソリック聖職者の最高位者なのです。 

当然、アメリカの国益と共に或いはそれ以上にカソリックの利益を守る義務があります。

そのカソリック代表を前にルーズベルトはヨーロッパの主要カソリック国を全て、

ソ連の支配下に置く計画を告白したのですから。 

イタリアがソ連の支配下に置かれたらバチカンはどうなるのでしょうか?

しかもこの時期はドイツ、イタリア、フィンランド以外の国々は、

アメリカの同盟国としてドイツと戦っているのです。 

首脳達は勝利の暁には祖国がソ連の支配下に置かれる事を想定していたのでしょうか?

実はこの話は、同じフィッシュの著書「日米開戦の悲劇」にも出てきました。 
 
「日米開戦の悲劇」でも「ルーズベルトの開戦責任」でも、

フィッシュは第二次大戦前からルーズベルトの死までの彼の外交内政政策に対する知見や、

フィッシュ自身の体験を元に

第二次大戦はルーズベルトが

イギリスやフランスを焚きつけて起こした戦争であると主張しています。

 
しかしそれでは一体何の為にルーズベルトは戦争を起こしたのか?

どのような戦後を想定したのか?と言う点については、

フィッシュ自身は殆ど何も書いていません。

これらの本を書くにあたって極力断定できる事実だけを取り上げ、

自分の憶測や推定は書かないようにしていたのです。

ルーズベルトの戦争目的と彼が作ろうとした戦後世界像を

唯一明確に描いているのが、このスペルマン枢機卿の証言なのです。

フィッシュはルーズベルトがこのような途方もない終戦処理プランを作ったのは、

ルーズベルトの側近の共産主義者達の影響だろうと言います。
 
またルーズベルトはド・ゴール将軍を非常に嫌っていたのですが、

ルーズベルトと言う男は実はこうした個人的な好悪を政治に持ち込み、

嫌った相手は 実に執念深く追い込む性格だったからとも言います。

ルーズベルトは1945年4月12日に死にます。 

アメリカ史上空前絶後の4選目の途中の死でした。 
 
もし彼が死なずにアメリカ大統領として戦後処理をしたら世界は大変な事になっていました。

ルーズベルトの個人的考えではなく 裏に潜み表に出てくる事を嫌がる

金融資本の意志を感じるのは 私だけでしょうか?

フリーメーソンによって行われた ロシア革命
 赤い旗に「自由、平等、友愛」フリーメーソンの言葉で、アメリカの自由の女神と一緒です。
c0192063_17145722.jpg


ロマノフ王朝は一人残らず殺されましたが、

アシュケナージと呼ばれるユダヤ人達の組織と別な

セファルデイムと呼ばれる ラテン系フリーメーソンの大国スペインには 現在も

ロマノフ王朝の最後の血筋の方が存在しています。

きっとバチカンにはスペルマン枢機卿からの報告書は保存されていると思います。

ヨーロッパのカソリック界の命運の掛かった情報です。

スペルマン枢機卿の報告書を元に、

法王以下バチカンが総力を挙げて対策を練り、親ナチスの政策を取り反共を詠い

戦後 戦犯容疑のナチス党員を数多く かってスペインの植民地が多く存在する南米への

逃亡をバチカンが行っていた事は有名な事実です。 
 
いずれそれが公開されたときには、

ルーズベルが第二次大戦を推進した真意がより明確になるかも知れません。

ウクライナの近辺にあった 「ハザール汗国」 

国教としてユダヤ教を 取り入れたのですが、後にロシアに滅ぼされます。

東欧の白人(アーリア人、スラブ人)と混血したユダヤ人(アシュケナージ)は、

又流浪の民族となります。

原始キリスト教を調べていたら 思いがけない色々な事が出てきました。

ヨハネが教えを広めたと考えられる グノーシス主義、イエスの弟子達が押し広げた

イエス・キリスト教(多数派教会)、フランス南西部、スペイン東部、北部で広がっていた

カタリ派(グノーシス主義ボゴミール派)のユダヤ人達 

整理して解り易く書こうと考えていますが、私の二日酔いの頭では 少し難しいですが、

頑張ります。


サミットの議論に見られるようにドイツはしたたかでした、

前回のサミットでは「安倍ノミクス」に対して、

メルケルは財政再建に注意をと注文をつけましたが、

今回はドイツ銀行が抱える多量の COCO債(偶発転換社債)不安や

VWに 政府主導でドイツ銀行が一兆円に上る融資を考えると、

中国経済の破綻がドイツを直撃するのでは?(リーマン・ブラザース破綻以上の衝撃)

中国経済破綻やドイツ銀行の名指しをしなかった安倍総理の気配りが通じなかったようで、


イギリスは取り敢えず ドイツに同調して誤魔化しましたが、 

英国の問題は 6月23日のユーロ離脱を問う国民選挙にらみが最優先でした。

日本では相変わらず意味不明な 反オバマデモがありましたが

c0192063_12591895.jpg


どうせ 共産党の路線を忠実に守る

「党の無謬性」を信じる カルトのような団体なのでしょう?
(プラカードと赤い旗に自治労の名前が書かれていましたが)

役所に国家の解体や、天皇制を廃止して共和国を作ると言う思想の人たちが大勢いて

そんな人達を税金で食わしているのですから、日本は不思議な国ですね。



最初に 四王天延孝氏の講演がから 

後少しですので引き続き引用させていただきます。  以下引用ですが

前回 長過ぎて載せきれなかった 続から始ります。


・・・・・・しかして正義、人道、自由、平等などと金看板をかかげて、
それについて来る人間を色々に教育しまして、
彼等と同様の腸[はら]までユダヤ精神になるようにしております。
先刻申しました、
十五階級にまで進んで居りましたフランスのアルバン・セリーと云う教育家の如き、
よほど国民教育が出来て居りましたと見えて、
結社に入って色々な形式によって色々な教育をやられるうちに、
腸[はら]までユダヤ人になってしまうようであります。

甚だ遺憾に堪えない事には、日本にもそう云う手合がいるのであります。
ユダヤ人の指図したる極端なる自由主義を強調し、
そして共産主義や社会主義の旗幟をおし立てていい気になって、
その魔手に翻弄されて居る。

斯かる種類の人達は、多くはこのフリーメーソン秘密結社に加入している人々であり。
それらの人々は、腸[はら]がユダヤ人になりきっている。
そういう関係で彼等ユダヤ人等はどうしても、ユダヤの最終的大目的である
世界統一を達成する為に、フリーメーソン秘密結社と云うものを拵えたのであります。

その中心人物にはユダヤの百科全書にある如く、
最高幹部にはユダヤ人が居るのでありますから、
フリーメーソン秘密結社の最後の目的は何であるかと申しますと、
無神論的の、或いは無宗教的の、共和国の建設と云う事であります。

それに加盟している他民族どもは、一生懸命に世界共和国の成立の手伝いをなし、
そして出来上った暁には、これをユダヤ人に差上げせしめられるのであります(笑)。

でありますから、これはユダヤ民族の理想にピッタリとくっついているわけであります。
この秘密結社に加入するには一体どう云う事が必要であろうか、
どう云う試験をされるかと申しますと、
これには色々な猟奇的な事がありますが、
何しろ私どもは彼等の内に一歩も入る事が出来ないのでありますから、
自分では実見した事はありませんが、
これは明瞭に彼等の教科書に書いてあるのでありまして、
非常に面倒な手続きを必要とするのであります。

人間は厳選主義をもってやりまして、そして度胸だめしをやり、
真暗闇の所で目隠しをして、井戸の中に吊り下げてみたり、
色々の所を歩かしておいて、それから耳の所でピストルを打ってみて、
震いあがるような奴は落第(笑)、と云う風にしまして、
或いは目隠しを取る時に、刀と槍とを八方から目の前に突きつけて、
吃驚する姿を見てやろうとか(笑)、色々な度胸だめしの方法があるようであります。
また固い誓いを立てるのでありまして、
如何なる事があっても自分の口から「われはフリーメーソン秘密結社員なり」
と云う事を公開しないような組織になっているのです。
首を刎ねられても自分の口からは言わない事になっております。
外国から日本に来ましても、
日本の結社の代表者が「お前はフリーメーソン秘密結社員であるか」と尋ねても、
決して「イエース」とは答えない。

然らば如何なる返答をなすかと申しますと
「人は自分をフリーメーソン秘密結社員であると呼んでいます」と答えます(笑)。

決して「そうだ」とは申しません。それは只今申しましたように、
絶対に自分の口から言ってはいけない事になっているからであります。

先程申しましたプリンチップと云う青年が、世界大戦の火付け人足の役をやりました結果、
セルビヤの裁判所に立つ日が来ました。
そこで彼は厳重なる調べを受けました。
その時に司法官から「お前はフリーメーソン秘密結社員か」と訊かれた時に、
ウンともスンとも言わない。

そして「何故そう云う質問をなさるのか、
何の必要があってそう云う事を訊くのか」と言うにとどまって、更に進展しない。
そこで司法官は──司法官も日本の司法官と違って、なかなかよく調べている──

ー「お前達は結社では、
自分の口から秘密結社員であると云う事を言わない規定になっている事を知って居るから、
改めて訊くが、若しお前がわしの問いに対して何も返答しなかった場合には、
肯定の答であると認めるぞ。──それで訊くが、
お前はフリーメーソン秘密結社員であるか」。

被告は黙して答えない。
「よしそれならお前はフリーメーソン秘密結社員であると認める」(笑)と云うので、
ずんずん裁判を進めて行きました。

「自分がそうだ」と言ったら、自分らの誓いにもとるが、
黙っている分には差支えないと云うのです(笑)。

そう云うような調子で、彼等は決して自分からは言わない事になっております。

吉野博士の如きも、こういう伏線を張っております。

これは実にいい機関であるが、(フリーメーソンについて)
私はまだ機会がないのでこれには加盟していないが、
或いは他日加入する事があるかも知れない」と、うまい事を言うておられる。

モンク注 吉野作造は大正デモクラシー時代の牽引者でしたが、
「聖書研究会」に加入してキリスト教から強い影響をを受けたようです。



7. フリーメーソンの象徴

このフリーメーソンのシンボルを、二ツ三ツ申し上げます。

彼等はコンパスを持って居る。これはまるい円と云う事を示すのであって、
「天」或いは「精神的な」と云う事を示しているのであります。
今一ツは直角定規を使用している。
定規は何であるかと云うと、道徳を意味しているのでありまして、
行為の正しい、規矩の「矩」であります。
それから普通に彼等が持っている徽章には、コンパスと定規が組み合わせてあります。
これは物質と精神両方面と云う風に、彼等は解釈を与えているのであります。
   旧共産圏の 東ドイツの紋章
c0192063_1744044.jpg

c0192063_17442166.png


今日、私は物好きに持って来ておりますが、
(実物を示して)これは単に見ただけではなんの変化もないが、
動かしてみると丁度コンパスと定規が組合された真中に、
英語のGの字が現れるようになっております。
その他色々な象徴もありますけれども、まあこれ位にしておきましょう。

以上 講演記録からの 引用終わり。

ネットで評判になり、世界中で見られている猫ちゃんです、

c0192063_17411373.jpg

今、「バレエダンサーの猫」として
世界中のさまざまなメディアで取り上げられて有名になった「ミルコ」ちゃんです。詳しくは

http://www.neko-cats.net/2016/05/13224/
by monk-1 | 2016-05-28 17:54 | Comments(1)

最近良く眠れるようになり、眠りの質もよくなりました。

以前は反覚醒の様な状態だったのですが、季節のせいでしょうか?


いつもと同じように 鳥達の声で起こされましたが、

いつもと少し違うのは コーヒーを落としながら 外を眺めていると

燕の他に スズメや やたら鳴き声の煩い 少し大きめの鳥もいます。

カラスが飛び移る度に スズメと其の鳥が 微妙に距離を置いた場所に止まり

泣き声を上げています、警戒音なんですね、

季節柄 鳥達は雛を育てているようで、その雛を狙ってカラスがやってくるようです

勿論 親鳥達は警戒しているのでしょうが、共同で対処しているようです。


もしかして これって 鳥達の集団的自衛権では?お花畑の左翼の人たちより

鳥達は遥かに現実的な対応をしているようです、日本人も見習わなくちゃ・・・・。


お騒がせの「パナマ文書」ですが ネットには 公開された住所禄から

地図上に当事者の会社や個人の場所を載せるツールが出回っています、

http://www.news-us.jp/article/438157718.html

関東地方はこんな感じでしたが

c0192063_9534425.jpg


詳しく住んでいる横浜近辺を見てみると

c0192063_954316.jpg


随分脱税(アッ失礼) 節税している方がいるのですね 驚きました、

国税庁は仕事し易いのでは? 中には地方の人でしたが

住まいの近所の 病院にマークが付いてて 笑えなかった等と・・・・・。

一般人のPCのスキルは役人を越えているようです

其の内人物や会社も特定して 発表されるかもしれません 何故なら

ソフトを作成した人がネット上で公開していて 

グレードアップを呼びかけているからです、只悪用される恐れもありますね。

ネット徘徊老人としては 楽しい限りですが、惚けている閑もなさそうです。

国家間で移動する資金の履歴や銀行間の取引状況を暴露されたら

もう 逃げられませんね。


欧州に誕生する保守政権は留まる所を知りません。
(極右と相変わらずレッテル張りですが)

次期フランス大統領選に出馬する事が確実な マリーヌ・ルペン国民党党首は

近い将来 ユーロは解体すると予言しています。
    ルペン党首と国民党議員になった姪っ子
c0192063_10115076.jpg


その 理由は 第一に域内の移動の自由を決めた シエンゲン協定が事実上

大規模な難民の流入で破綻している事と(多くの国が国境を封鎖しています)

ユーロの基盤が社会保障制度と経済力の格差で破壊されつつある事を上げ

東欧からの低賃金労働者が 近年は東欧の若者が仕事をしないで

社会保障目当てで移入している事をあげています、

ユーロの機関車と自認している ドイツ経済の独り勝ちに引きずられた結果が

違う価値観を受け入れられない民族意識に 火をつけたようです、

フランス、ハンガリー、ポーランド、ドイツ、デンマーク、

そして選挙中のオーストリアでも 大統領選挙中ですが

c0192063_10202823.gif


左側は 極右と呼ばれている 自由党のノベルト・ホッ・ファー党首で

右側が緑の党のファン・デア・ベルン党首です、現在のところ接戦で50vs50ですが

結果は今夕にも出るようです。

Austria's presidential election remains on a knife-edge with all votes
from polling stations now counted.

The interior ministry says that Norbert Hofer of the
far-right Freedom Party is currently slightly ahead of his rival,
Alexander Van der Bellen.

The result will only be decided
when hundred of thousands of postal ballots are counted on Monday.

A key campaign issue was Europe's migrant crisis,
which has seen asylum-seeker numbers soar.


デンマークの地方議会では流入する難民対策に

必要以上のお金を持っているのは没収し、

幼稚園では豚肉料理を義務付ける法案を 何度も提出しています、

イスラム教徒が豚肉を禁忌とする事を承知の上です。

ポーランドでも選挙で選ばれた政権が ナチスの再来だと デモが起きています。

既に ユーロは分裂気味ですね!イギリスのユーロ離脱の是非を問う投票が

ダメ押しに なるかもしれないですね、

トルコで開かれている 世界人道サミットに出席したメルケルドイツ首相は

c0192063_10301226.jpg


先にトルコ議会で決まった議員の不逮捕特権剥奪法が136対374で議決され。 

議員の不逮捕特権を剥奪する法案が決まった事に対して懸念を表明しましたが

ユーロ議会の委員長はトルコが要求している 

トルコ国民のユーロ域内の自由渡航は容認できないと発言し

難民問題で 30億ドルから 60億ドルへ倍増要求し 挙句トルコ国民への

事実上のユーロ加盟国と同じような権利を要求する事に呆れた顔です。

次々と要求する エルドガン大統領は何を考えているのでしょう?

議員の不逮捕特権剥奪も明らかに 野党のクルド人議員弾圧に口実を与えました。

益々 独裁政権化するトルコの大統領は 大丈夫かいな?と心配です

彼にはユーロには加盟していませんが NATOには加盟していますので

政経協定じゃなくて 軍事同盟に加盟している事が口実のようです

ユーロも足元を視られているようです が、イギリスのキャメロン首相が此処に来て

トルコは3000年になっても ユーロ加盟は出来ないと発言し 物議を呼んでいます。


G7サミットに出席する アメリカ大統領が 訪日前にヴェトナムを訪問しています。

c0192063_1042464.jpg


Obama in Vietnam: Arms and trade deal on agenda as trip begins
Barack Obama has arrived for the start of his three-day visit to Vietnam,
only the third by a sitting US president since the end of the Vietnam War.

The trip comes amid warming ties between the
countries as the US seeks to build relations with Pacific allies.
Vietnam is keen for the US to lift an arms embargo that has been
in place since 1984.
Mr Obama will later fly to Japan for a G7 summit.
He will also become the first US president to visit Hiroshima.

50年前の ヴェトナム戦争終了後始めての大統領訪問です、

近年増大する中国の脅威に対抗する為には 

ヴェトナムにとって アメリカとの関係は大事になってきています、

特に 武器購入は双方にメリットがあり 成長途中のベトナム経済に投資する事も

アメリカ経済に取り 大事な問題となっています、

中国は 渋い顔ですが 自国政権が撒いた種ですから 表だって反対は出来ません、

東南アジアに中国政府が圧力を掛ける事が出来るのは

各国における華僑経済力の強さを利用して 

利に敏い華僑に経済的利益の優先権を与える事で政治的影響力を強めてきましたが

あくまでも経済面ですので 

南沙諸島での軍事的緊張に華僑は表立って介入は出来ません、

変に中共寄りの発言をすると 華僑自体が其の国での経済的立場を失います、

微妙なバランスを 中国政府も華僑も採らないとやっていけないのです。

中には あからさまに 中国政府よりの発言をする華僑もいるようですが

鼻薬の効きすぎのようで、中国政府の焦りとも 受け取れます。


アメリカ大統領補選では民主党のヒラリー・クリントン候補は 大統領に成った時に

経済閣僚として 彼女の夫で 

前アメリカ大統領のクリントン氏を起用すると発言しました。

すかさず トランプ氏は 大統領時代の女性スキャンダル問題を取り上げて

激しい攻撃を加えていましたが、 不動産王と呼ばれる彼の納税問題を取り上げられて

“It’s none of your business.”
Donald Trump responds to a question about his tax rate.
ABC News

ダンマリを決め込んでいます。もしかしたら 命取りになるかも知れませんね。



前回 取り上げなかった 「四王天延孝講演 フリーメーソンについて」を 以下に

   5 フリーメーソンの発生

最初はイギリスのスコットランドに発生したのでありますが、それが大陸に移り、
またアメリカに移り、今日では全世界に波及して居るのでありまして、
これに加入して居る人員はどの位あるかと申しますと、
世界大戦勃発以前に於いては235万人を数えたのであります。
それが今日に於いて440万人という多数になりました。
無論我が国にも、
不幸にして斯かる団体に入って居る知識階級、有力者が居るのであります。

このフリーメーソンというものは、一体何の為に生れたものであるか、
これにも色々な説もあるようですが、
或る人はこれをもって英国が世界を統治する為の機関であると申します。

英国の皇室は、代々これに御関係になって、現在に及んで居るという風な関係から、
世界各国がその結社に加入し英語を使い、英語をだんだん広めて行く結果は、
英国の統治下に屈服するようになって来るという風に見て居る人もある。
またそういう著書も出ております。

しかしながら又他の一説は、そうではない、実はユダヤ人の機関である、
ユダヤ人の世界統一を助ける為の機関である。
イギリスに本拠を置いたのも、それ等の意味から置いたのであって、
決してイギリスの為という訳ではない、という説があります。

色々調べてみましたが、最も信頼し得べき事は、
フランスの教育家で、随分永い間フリーメーソンに加盟して、
三十三階級ある中の十五階級まで上がって、
書記局にずっと居って実際の事務を取り扱って居った人が、
今から二十数年前に、どうもフリーメーソンのやる事は裏表がある、
外部に向って言う事と実行している事が違う。インチキだ。
政治に超越した機関であると称し乍ら、実は政治に干渉し、
不都合千万であるというので、暗殺を覚悟の前で脱退しました。
事実、暗殺の脅威を受けたのであります。

即ち「お前はこの結社を脱退すれば天ヶ下には隠れ家がないぞ」と脅され、
また「反対に思いとどまるならば特別をもってもう一階級を上げてやる」
というような点で勧誘も受けましたけれども、断然その結社を脱退して、
自分の手に掛けて居ったところの、
色々と経験した事を基礎として「余は如何にして、フリーメーソン秘密結社に加入し、
これより脱退せりや」という、思い切った本を出しております。

それ等の本を見ても、ユダヤのものであるという事は、
私は確信を得て来たのでありますが、
なお近来ユダヤの百科全書に、彼等自らが告白して居るものを見ますると、
まことに明瞭であります。

「友愛」という名前をつけた秘密結社がありまするが、
ともかく色々なフリーメーソンの団、社が出来て居る。
──そして表面上はユダヤ人でない、友愛の教会みたいなもので出来て居るけれども、
それはほとんど全部、或いは完全に全部、最高幹部はユダヤ人から成り立って居る。

斯かる団体の中に於いては、
多くのユダヤ人が最高の位置を占めて居るんだ、というのです。
例えば、ニューヨークのダイシアスという団体に於いても、
ユダヤ人が最高幹部に選ばれている、という風なことを書いております。

まだもう一つあります。
フリーメーソンの、そのテクニカルな言葉、或いはシンボリズムというものは、
ユダヤの考えに充ちて居るんだ。
それからまたユダヤの言葉が沢山採用されて居るんだ、と明言しております。
これはユダヤ人の、世界統一の為の機関という事が本当であります。

6. ユダヤ人と秘密結社

何の為にユダヤ人が斯かる機関を必要とするか、という問題について論ずる為に、
ここに於いてユダヤ人の世界征服、
世界統一の野望をお話する必要が起こったのであります。

彼等は元来自己民族をもって世界唯一の人類であるとなして居る。
ババメチア〔Baba Mezia〕という経文の104章の第6節に
「この世に人間と称すべきは唯ユダヤ民族だけである。
その他の民族は人間に非ずして獣類也」と云う事が書いてあるのであります。

これは随分思い切った言い方でありまするが、
彼等は彼等の言葉で、獣類をゴイと呼ぶのであります。

また聖書に「神は諸民族の中より、我等を選びて彼等の上に置き給う」、
こういう事が書いてあります。
またさっきの古い経文の中にありますが、

「他民族の所有する財産は、結局ユダヤ民族の所有に帰着すべきものである。
それだから今のうちに、
我等の手に回収する事は何ら差支えなし」という事が書いてあります。

旧約聖書のイザヤ書第60章第15節にも
「海の富汝につき、諸々の国の宝は汝に来たるべければなり」、
こういう事が書いてあります。

そこで、
世の中にある財産という財産はほとんど全部ユダヤ人の所有に帰するものであると
彼等は考えて居る。
それだからインターナショナル・バンキングコーポレーション(銀行組合)は、
色々なインターナショナル的の組織で国際銀行を拵え、彼等が牛耳を取って、
どしどし彼等の手に金が収まって行くようになっております。
詐欺破産であろうと、また如何に悪辣な手段であろうとも、
そんな事には全然お構いなしに大投機を張って行くのはそれが為であります。

またアブダサラ〔Abda Zara〕という経文の中に「ゴイがゴイを殺し、
或いはゴイがユダヤ人を殺害した場合は、その責任を取るべきものであるけれども、
ユダヤ人がゴイを殺したる場合にあっては何の責任もない」と書いてある。

昔、封建時代に武士が百姓町人を傷つけ、殺してもお構いなし、
謂ゆる切捨て御免と同じ事が書いてあるのであります。

これ等は実にとんでもない事でありまして、
あの民族の中からアインスタイン博士という碩学の士を出し、
哲学方面に於いてはベルグソン博士というような世界的な大哲人を出して居る、
ユダヤ民族が二十世紀の今日、
斯かる愚劣な差別的言辞を弄して居るという事はあるまいと、私も見当をつけました。

それで段々とさぐってみますと、
今申し上げましたような酷い言葉をそのまま書物の中に残してあるのは、
オランダのアムステルダムのユダヤ寺院と他に一ヶ所だけで、
その他のお寺にあるのは、そんな激しい文句は皆消してしまって、
書き替えられてあります。

大正14年にロンドンに於いて国際航空会議が開かれました時、
私がそこに参りまして、
会議の余暇一生懸命に、こうしたタルムード(ユダヤ聖書)を捜して歩きました。

すると一人のユダヤの本屋が、私に見せに来てくれたのが、
その当時出来たばかりの新しいもので、
その中には今のような文字はなくなって居りました。

大変喜んで、終りまで読んでゆこうとすると、まことに嫌な文句に出会いました。

「ザ・ワールド・ウォズ・クリエーデッド・オンリー・フォア・イスラエル」、
即ち「世界というものは、単にユダヤ民族の為にのみ、創造せられたものである。

その他の民族は、大和民族であろうと、チウトン民族であろうと、スラブ民族であろうと、
それ等が死のうと生きようと、そんな事はちっとも吾々には関係はない。
兎に角世界の全部が、吾々ユダヤ民族の為にのみ造られた」という事で、
こうした確信を持って居る。
これは実に偏狭な事でありまして、左様な偏狭な、おかしな考えというものはない。
これは実にとんでもない考えであります。
それがどうです、八年前に英語でちゃんと印刷して、青年に読ますべく仕組んであったのです。

我が大和民族も、勿論民族的誇り、自信力を持って居る。確信を持って居る。
がしかし、吾々のそれは、
斯かる排他的な偏狭極まるものに非ずして、確固たる歴史的背景に基礎づけられた、
正当なものであって、斯くも盲目的に「他民族はつまらん、吾々以下の動物である。
世界は大和民族の為にのみ造られて居る」というような事はない。
「世界は人類共通的のもの」であると思惟し、
斯かる偏狭なる自負心──根拠のない自負心を持っていないのでありますが、
彼等ユダヤ民族が左様な偏見、排他的考えを持って居る事は、
実に世界平和の乱れる元であるという事を、はっきりと意識して頂きたいのであります。

而して、このユダヤ人が、
自分等の野望、非望〔=分不相応の大きな望み〕を充たさんが為には、
色々な方策を企ててやまないのであります。
これ等は蓋し一々枚挙すべく暇がないのであります。
彼等はその為には総てをやる。

「ザ・エンド・ヂャスティファイス・ザ・ミーンズ」、即ち「目的の為には手段を選ばず」、
つまり「目的さえ善であれば何をやってもいい」というのが彼等のやり口でありますから、
他の国々民族間に「流血の惨事」を惹起させようと、どうしようと平気の平左であります。
自分等の世界統一さえ出来れば、何らの差支えなしというのです。

或いは一国の中に階級闘争を起こさして、助け合うべき愛し合うべき同胞を、
階級闘争の渦中に投入して、血で血を洗う悲惨事をやらして、
自分達は高見から見物して、彼等の目的が着々と、その実現へと進行して行く有り様に、
微笑しているのであります。

斯く彼等は、目的さえ善(但し彼等にとってのみ)でありさえすれば、
その手段は如何に非人道的であろうと差支えない、
要はその当初の目的を貫徹するにありというのであります。

神武天皇は「六合を兼ねて都を闢き、八紘を掩うて宇となす、
また可ならずや」〔八紘一宇〕と仰せられましたが、
吾々は目的も善でなければならず、手段もまた善であらねばならぬというので、
皇道は坦々としているのが我が国惟神の大道であります。

けれども彼等は、何処を通ろうと構わない、というやり方でありますから、
これは覇道であります。

近年になりまして──彼等が自白した色々な文献を私は持っておりますが、
その中にあるのですが──
或る時は、1920年頃になって、ユダヤ民族が非常につけあがりまして、
ジュネーヴで発行されたユダヤ人の本の中に、詩文でいろいろ書いてありましたが、
余り自分等の思い通りに行く為に、
すっかりつけ上がって、やたらに豪語したものでありました。

ところがその頃から、全世界に亘ってユダヤ民族に対しての反感が起きたのであります。
それは1920年の6月20日、ロンドン・タイムスに、
この本の原書であるユダヤの著書を発表しました為に、
世界的にユダヤ民族に対する反感が巻き起こりました。
そこで彼等は鳴りを静めて、余り露骨に自分の方策を暴露し、
他民族にぶっつかるような事をしちゃいかんというので、静かに沈黙を守る事にしました。

その頃、即ち大正11年の4月の某日、私は丁度ハルピンに居りまして、
あの辺一帯にかけての、ユダヤ教の一番えらい、レービンという坊さんが、
春の復活祭の晩に、演説をするのを聴きに参りました。

なかなか普通には這入れないのでありますが、幸い或るユダヤ人に懇意な者が出来まして、
それと一緒に這入って行きました。演説を聴いてみると驚きました。
それはこういう事を言っているのです。

「吾々ユダヤ教での復活祭とキリスト教での復活祭とは、
暦日によれば一日の違いしかない、
しかしながらその意義に於いては実に大なる相違がある。

何故かならば、キリスト教の復活祭というのは、
ナザレのイエスというたった一人の人間が十字架に磔りつけられて
三日後に甦ったという話なんだが、
吾々ユダヤ民族の復活祭は、民族全体が亡び、国を亡くしてしまって、
それがまた二千年の後に復活して、立派な民族として浮かび上がって、
民族の使命を達成するという実に大なる復活であるんだ。

ところが吾々民族の中には、実に聖書に対する信仰が薄くって、
これを本当に信頼出来ないで、気の弱い事を言って居るものがあるようだ。
吾々が今日、国をずたずたに切られて、
世界各国民の中に──世界大国の間に介在して居って、如何にしてこの復活が出来るか、
これは聖書の、文学的の観察に過ぎないという弱音を吐く者もあるが、
これは蓋し思わざるも甚だしいものである。
これ等薄信の教徒は須く、

欧州大戦に於いて
彼の山のような戦闘艦を何人[なんぴと]が打ち沈めたかを静かに考えて御覧なさい。
彼の大軍艦を沈めたのは、これは潜水艦というのが行って、
海水を潜って戦闘艦に接近して、命中確実というところまで行って、
水雷を仕掛けて爆沈せしめたではないか。
即ち吾々民族は極めて少数であるが故に、あからさまに暴露して邁進すれば、
直ちにやられてしまうが、そこを即ち潜水式の努力をする事によって、
正に吾々の目的を達成する事が出来得るのである、
という事を同民族に話して居たのであります。

その話のあったと前後して、
クリオリンと云うユダヤ人で社会主義新聞を出しております私の知人が、
日本海海戦の事を短篇的に書き、
中心人物としてはヨリサキ公爵と云う海軍士官を持ち出しまして、
その公爵が一生懸命に敵の方を向いて命令して居るが、
その舟の龍骨の下には敵の水雷が近づいて居るのを知らずに、
敵の方ばかり見て指揮をして居ると云う、嘲笑的の言葉をもって面白く書いてある。
その短篇物を載せた新聞を若い記者に持たして、私の所へ寄越して、
どうぞこの記事だけは見逃さないで下さい、お読みになったら御感想を承りたいと、
言い置いて帰って行ったのであります。
見るとそこには御丁寧に朱線が引いてある。
私はその前に、レービンと云う坊さんのお説教も聴いておりますし、
愈々この手で来るんだなと考えました。

彼等の宣伝団は「もうお前さん達が、一生懸命でシベリア出兵とか、
或いは対外関係などもやっているけれども、お前さん達の本拠の日本には、
ずんずん社会主義、共産主義を持ち込んで、
床の下は猛火になっているんだぞ」と云う風刺的なものを、
私に突きつけた訳でありましょうが、
その後会った時に、手ひどく反駁しておいてやりました。

「君達の所に情報なんか持ち込む奴は、金でも貰らおうとか云うような、
色々なインチキ先生達で、今にも日本が潰れそうな話をするけれども、
日本には実に何とも云えないところの一ツの力があるんだ。
舟でいうならば復原力というのであって、
左に傾いたと思えば、その反動でまた右に傾いて正位に復し、
いくら動揺しても沈没しないのと同じように、我が大日本帝国は出来ているんだ。

また国家主義者なんか極く少数であると思うているが、
一見社会主義者、或いは共産主義者らしく、ただ表面だけのみで講演するとか、
文章に訴えるとかしているにすぎない。
ヒョロヒョロの主義者であって、内地に行ってみろ、
隠れたる無数の国家に忠実なる人間が雲の如くに居るんだ。

君等から報酬をもらう事を当てにして、虚報を平気で売る奴の言を信じているなんて、
随分お目出度すぎるぞ」と話した事がありましたが、
要するに彼等は、如何にしても少数民族であります。
地球上に1545万人しか生存していない。
全人類の120分の1にも当らないのでありますから、
表面から彼等がやって来たのでは敵わないから、
どうしても浮きつ沈みつ潜行的な色々な方策をもって、彼等は手を変え品を変えて来る事は、
ほとんど潜水艦式努力の如きものでありますが、
彼等自らが手を下して、その国の人をしてやらしめようとするには、
どうしても秘密結社というものを拵えなければ出来ないのであります。

彼等の言葉に「ゼンタイル・フロント」というのは、
ユダヤ人に非らざる者を「フロント」即ち第一線に起たしめて、
彼等は蔭からそれを統御しつつ、自分達の計画の完成へと志すのであります。

その統御は何によってやるか、
即ちそれをフリーメーソン秘密結社によってやるのであります。

引用終わり

現在の公開されている資料とは一部違いも見受けられますが 

大筋では変っていないようです。

「街に血が流れると 投資のチャンス」 昔のままですね、そして

小泉、竹中路線の「グローバリズム」も この延長線です、

国際金融資本の設計図です。

        一人占めだよ~~ん、美味しいな!
c0192063_1271996.jpg

by monk-1 | 2016-05-23 12:13 | Comments(2)

お昼寝のつもりが こんな時間になっていました。

涼しくて ついついと・・・・・・・。

見るつもりは無かったのですが、国会中継が流れていました

実につまらない質問を次々とする 野党議員の見え透いた思惑は 

確実に議席を減らすと思われるあせりから 選挙向けのパフオーマンスなのですね。

もう 無理でしょう・・・・・・(嬉しいですね、早く来い来い 投票日)

安部政権の支持率が又上がり 50%を越えたと伝える所もあります

東京オリンピックのお金の疑惑では もう 隠しきれないと諦めたのでしょうか

コンサルタント会社への仲介に「電通」の名前が やっと出てきました。

キックバックで幾ら 電通が懐に入れたか?閑な野党議員は調べなくちゃ

毎度言うのも 嫌なのですが メデイアが何処も報道しないので


8 日の午後1時、120名を超す在日チベット人や支援者たちが待つ成田空港に

ダライ・ラマ法王がご到着された。

日本で生まれ育ったチベット人やチベット人と 日本人の間に生まれた子どもたちも集まり、

法王のご到着を歓迎した。

子どもたちは、チベットの儀礼用のスカーフ「カタ」を手に、

「タシデレー」とチベット式の挨拶で法王を出迎えた。(撮影:テンジン・ジグメ)

http://dalailamajapanese.com/japan-visit/2016-05-08
c0192063_14194997.jpg

c0192063_14201259.jpg

c0192063_14203334.jpg

c0192063_14205592.jpg


さすが中国共産党政府に忠誠を誓った日本のマスゴミです 

見事に足並みを揃えて、ダライラマ法皇の来日を一切 報道しません、

何処の国のマスメデイアなのかしら??。

こんな連中に捏造、偽造、洗脳されたお馬鹿な国民が未だいる事に対して

哀れみの感情さえ浮かびますが、当然怒りの感情も ふつふつと。



後 数ヶ月で開かれるリオデジャネイロのオリンピックですが

日本人選手の若者が頑張っています、

いまじゃ 現役選手(オリンピック標準記録を出す)は 中、高生が主流になりつつあり

非常に楽しみです、 バルセロナオリンピックの水泳競技で あっ!と言わせた

岩崎選手(中学生の金メダリスト)の様な 選手が大勢出る事を期待していますが、


ブラジルでは 女性大統領のデイルマ・ルセフ氏が役職停止を議会が可決して

ルセフ大統領は 「これは クーデターだ!」と

c0192063_14272410.jpg

c0192063_14385253.jpg


ブラジル大統領が役職停止になり 副大統領がその間大統領職を代行するようです。

オリンピック大丈夫?なのかしら、 こんな コラ写真も

c0192063_14414323.jpg


大統領代行のミッシエル・テメル氏

c0192063_14445541.jpg


久々に名前を聞くウイキリークスが又 下記の様な暴露記事を

「ポータルウィキリークスは、ミシェル・テメルブラジル大統領代行が過去に
米国の軍と諜報機関に協力していたことを示す文書を公開した。
ウィキリークスに公開された最初の電子メールは、
同氏がサンパウロからマイアミに送ったもの。
マイアミには中南米地域における米軍の指揮本部があった。
この中でテメル氏は、ルーラ・ダ・シルヴァ氏が大統領だった2006年時点の
ブラジルの政治情勢を説明している。」

c0192063_14511422.pngFollow
WikiLeaks
✔ ‎‎@wikileaks   
Brasil's new president #Temer was an embassy
informant for US intelligence, military
c0192063_153063.jpg

https://wikileaks.org/plusd/cables/06SAOPAULO30_a.html#efmAJZAKWAKfAK-ARrASHAS1ATbCf0Cf9CgLCgZDOLDOVDWDDX7EGjEHl

11:33 PM - 13 May 2016
3,3803,380 Retweets
1,5411,541 likes

具体的に ルセフ大統領の役職一時停止にCIAが関与した とは言っていませんが、

BRICSの一角 ロシア、中国、ときてブラジルですか?CIAの狙いは解りやすいですね。

死に体の大統領オバマ氏はもう諦めて 政策にはタッチしていないようです、

ヒロシマ訪問も 最後の人気取りと 感傷旅行(センチメンタル・ジャニー)のようです。


一方 6月にユーロ離脱を問う選挙を控えた 次々と問題多発のイギリスで

ユーロ離脱派の看板で 前のロンドン市長のボリス・ジョンソン氏が こんな発言をして

「過去2000年の間にローマ帝国以来 

ナチスのヒットラー、ナポレオン、スペインのフイリップ2世等

ヨーロッパ帝国を作ろうとしたが 皆頓挫した」と、物議を呼んでいます。

EU Referendum: Boris Johnson compares EU's aims to Hitler's
Boris Johnson has compared the EU's aims to Hitler's, saying
both involved the intention to unify Europe under a single "authority".

The pro-Brexit Tory MP said both the Nazi leader
and Napoleon had failed at unification and the
EU was "an attempt to do this by different methods".
Former mayor of London and Vote Leave campaigner
Boris Johnson wears protective equipment as he visits Reid Steel
during a campaign stop in Christchurch, Britain, May 12, 2016.

c0192063_15104084.jpg


拙ブログでも ユーロはドイツの第4帝国と何度も書きましたが

同じことを ボリス・ジョンソンが考えているとは知りませんでした。

経済圏を 地政学的な位置でブロック化した経済圏と交渉するほうが

各国とバラバラに個別の折衝するより 金融資本側としては交渉しやすいですね。

昔は人件費は固定経費と考えていた時代が在ったのですが

現在では 利益確保の為に 何時でも削れる変動経費とカウントし

正社員を少なく 非正規の従業員を増やし、

仕事も外注できる物は コスト競争で競わせて外注し

利益を出せないと サラリーマン経営者は左遷です。

生まれながらの「株主」と言う職業の人たちにとり トップは誰でも良いのです、

非情な遣り方でも利益を生み出し 高配当する経営者が有能な経営者なのです

東欧から、そして難民達も そんな低賃金労働者をユーロに呼び込み

利益を生み出す変動経費(現代版 奴隷制度)として扱い、人間として見ていては

経営者として失格だそうです そうですね?竹中さん。

竹中本人は 人材派遣会社の役職を勤め 前の韓国大統領の経済顧問だそうです

どうりで 円安政策で輸出企業は 海外に出て行き 

国内はデフレで非正規労働者がどんどん増えて 日本は沈没寸前でした。

韓国の前大統領が「既に日本は乗っ取った」の発言も其処から来ていたのですね

小泉、竹中 お馬鹿さんに任せると 国が滅びると言う見本です。

国際金融資本の思惑通りに進めたお馬鹿な日本人と 

ナチス発言までする イギリスの反乱はどうなるか?見ものです。


今日は猫ちゃんじゃ無く 徘徊中に見つけたこんな物を 笑えます。

c0192063_1521367.jpg


70代は未だ子共ですね 今度チャンスがあったら 渋茶でも是非ご一緒に
by monk-1 | 2016-05-16 15:42 | Comments(2)

納得出来ませんね

天気予報で言われているほど暑くなく,
ヴェランダから涼しい海風が入るので
ノンビリと音楽を聴きながら、ネット徘徊老人をやっています。
アメリカの情報機関の前の長官が通信社のインタビューに答えて、
「先日 パキスタンのタリバンと中東のISに対して 結束して戦うように」と 
ビンラデインの後を継いだ息子が 声命を発信している事を明らかにしました。
【5月10日 AFP】国際テロ組織「アルカイダ(Al-Qaeda)」の指導者だった
故ウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)容疑者の息子が、
シリアのイスラム過激派に対し、
団結を呼び掛ける音声メッセージをインターネット上に投稿した。

ビンラディン容疑者の息子、
ハムザ・ビンラディン(Hamza bin Laden)氏(23)は声明の中で、
内戦で荒廃したシリアでの戦いが「パレスチナ解放」の道を開くと述べている。
同氏は「イスラムのウンマ(共同体)はシャーム(シリア)での聖戦に集中すべきだ…
そこにいる聖戦士たちは団結しなければならない。
イスラム教徒に対して全世界が動員された今、
分裂や抗争を続ける者に弁解の余地はない」と語っている。
さらに、エルサレム(Jerusalem)をアラビア語でアルクッズ(Al-Quds)と呼び、
シリアは「アルクッズの解放を導く最適な戦場だ」「聖なるシリア革命以前と比べ、
パレスチナ解放までへの道のりは今日、ずっと短くなった」などと述べている.

米情報当局によれば、ハムザ氏はビンラディン容疑者が最も気に入っていた息子で
アルカイダの指導者を継承するように育てられたという。(c)AFP
.
c0192063_13214793.jpg

殺されたオサマ・ビンラデインには約20名くらいの子供がいると思われますが、
正確な数は解っていないそうで
消息もはっきりしているのは数人だけで、後は解らないらしいです。
名前を代え 戸籍やパスポートも偽造して
既に欧州やアメリカの大学に留学してテロのチャンスを伺っているのでは?と
各国情報機関も戦々恐々だそうです。
はっきりした証拠となるのは 
ビンラデイン殺害時に遺体から収拾したDNAだけが頼りなので
各国情報機関はDNAのデーターベースの共有化を進めているそうですが、
中々網には掛からないようで、
アメリカ議会が発表すると言う,
サウジの反発を招いた報告書には
資金援助の相手にビンラデインの息子達も含まれているのか?興味深いです。
末っ子のハムザ・ラデイン(23歳)は通称「恐怖の王子」と呼ばれていて
ビン・ラデインも 彼を跡継ぎにすることを了承していたそうです。
性格的に闘争心が旺盛で かつ冷静沈着なのでアサシン(暗殺集団)向きと
掴ったテロリストが言っているそうです。

タックス・ヘイブンのパナマ・ペーパー問題は
10日未明に大量の文書の内容が発表されて 
多くの日本人個人と法人名が明かされましたが、一番大騒ぎに成っているのは
イギリスですね
c0192063_9233494.gif

以前から ロンドンの金融街シテイに流れ込む資金の半数以上が
租税回避地でロンダリングされた資金で,ロンドンの不動産を買いあさり
ロンドンの不動産高止まりは、其の所為だと言われていました。

過っての大英帝国の面影は薄れ、ユーロ内でも経済はドイツに
金融システムさえも 少しづつドイツに奪われそうですが 
金融システムはフランスが進んでいて、
シテイとしてはロンダリングされた資金でも形振り構わず受け入れていたので
何を今更 と言う感じですが、
ロンドン一の不動産王ウインザー城(女王陛下)は
苦虫を咬んでいるのが想像できます。 
イギリスは何処に向かうのでしょう?

そんな女王陛下とキャメロン首相が心配している 
ユーロ離脱を問う選挙を控え
BBCが偶然マイクで拾った女王とキャメロンの音声が放送されてしまい
イギリス政府と王室は打ち消しの声命を出しました。
女王陛下は 園遊会で
c0192063_14172735.png

"Oh, bad luck," she says,
after hearing commander Lucy D'Orsi had been in charge
of security for Xi's visit.
"I'm not sure whether you knew,
but it was quite a testing time for me," D'Orsi tells the Queen.
"Yes, I did," she responds.   BBC
エリザベス女王は、ロンドン警視庁のルーシー・ドーシー警視長との会話で、
警視長が2015年に中国の国家主席が英国を訪問した際に
安全保障を担当していたことを知り、
「あなたは、なんてついていなかったのでしょう」と述べ、
「彼らは、私たちの大使に対して大変失礼だった」と語った。
大使とは、英国のバーバラ・ウッドワード駐中国大使のことで、
警視長は、中国国家主席の英国訪問は「非常に苦い体験」となったと述べ、
ある時、中国代表団が「訪問は終わった」と述べて、
大使とドーシー警視長のもとから「去った」と訴えた。
女王は、「信じられない」と述べ、ドーシー警視長は「はい、非常に失礼で、
外交的ではなかった」と答えた。 ガーデイアン紙
習近平が訪英する打ち合わせの時に 
英国駐在中国大使が無理難題を突きつけて
議論が中々妥協出来ない時に 
訪英は中止すると捨て台詞を言い席を立ってしまった時の事を、
非礼だと、言っているんです。
そして・・・・・・・。退屈そうな王室のメンバー(演説中です)
これが英国風のシニカルです
c0192063_13541661.jpg

表では チベット問題で 反中デモも
c0192063_1431266.jpg

したたかな 英国王室ですね
c0192063_1441367.jpg

其の他にも 女王陛下が習近平と握手を最初にしたシーンでは手袋をしたままでした
ネットではさんざん中国政府の非礼と、王室の対応については言われていましたね。
そしてキャメロン首相は
c0192063_1415453.jpg

英国連邦の反汚職対策会議を開く事前の会合で
「参加国は最大の汚職塗れの国だ」と言う発言を拾われていて、
名指しされた ナイジエリアのブハリ大統領は怒り心頭で
c0192063_14242479.png

c0192063_14244472.png

Nigeria not seeking a Cameron apology, but 'wants its assets back'
President Buhari says he would rather have some of the billions stolen
from his country returned than an apology
for ‘fantastically corrupt’ comments
おりしも パナマペーパー問題で ロンドン金融街シテイが抜け道になっていると!
ユーロ離脱問題も抱えていて悩みはつきないようですが、 下図の通り
c0192063_14323186.png

パナマは ほんの小さなタックスヘブンで 
英国連邦に所属する島嶼や他の国は手付かずです、
各国で税を逃れている総額は800兆円を越えると言われていて 
毎年30兆円が脱税されていると 専門のNPOが発表しています。
世界中で貧富の格差が大きな問題に成っていますが、
経済社会の血液とも例えられる資金が 偏って集まる仕組みが出来ているのです。
パナマペーパーは ほんの氷山の一角ですね、 

東京オリンピックの招致活動中に 世界陸連の会長の子息のシンガポールの口座に
疑惑を招く資金が振り込まれていて、贈賄では?とフランスの検察が調査中ですが、
何時も出てくる 「電通」を何故 マスコミは報道しないのか?
海外メデイアでは 間に電通が介在していると 報道されているのに
c0192063_8452875.jpg

あきれますね。

オバマ大統領の訪日中ヒロシマ訪問が決まり アメリカ政府は国内向けに
原爆投下に対する謝罪ではないと、わざわざ報道官が発表し、
韓国では日本は加害者であって 被害者ではない!と吼えまくり、
韓国は関係無いだろ!と言いたいですが 
アメリカ政府に対するロビー活動の遅れた事に対し
韓国は悔しさを滲ませています、
アメリカでは「ルーズベルトの犯罪」と 
先の大戦と原爆投下の評価を変えることは多くのマスコミ歴史学会が
「歴史修正主義者」とリビジョニストと叫ばれるわけです、
最近は色々な情報も公開されて来て 
歴史の見直しも進みつつありますが、 
宮崎メルマガの書評から以下に引用します。
ヘンリー・S・ストークス、藤田裕行訳『戦争犯罪国はアメリカだった!』(ハート出版)
戦後、GHQ史観に洗脳された日本人がまだ多い中で、
英国人ジャーナリストがついに正史に挑んだ。
 
東京裁判は茶番であり、A級戦犯は東条英機ではなく、
チャーチルとルーズベルトだというのは、歴史通なら誰もが知っているが、
これを外国人が言い出したのだから画期的なのです。
書いたのはご存じヘンリー・ストークス(元ニューヨークタイムズ東京支局長)で、
三島由紀夫の伝記を書いたジャーナリストである。
 
マッカーサーの占領は同時に日本の歴史観を改竄させ、
そのままの精神的退嬰状況が続いている。
まだあの戦争はアメリカが正しいと思っている日本人が多いのは困ったことである。
アメリカを誤解している証拠でもある。
そもそも西部を『開拓』した「マニフェスト・ディスティニィ」とは何か。
 あれは『開拓』ではなく、虐殺と強姦と略奪である。
異教徒を殺せ、ということなのである。
「新大陸へのヨーロッパ人の侵略が、一億人以上の原住民を死に追いやった。
(中略)独裁的な神の使命を掲げる人々が、
排他的な開拓精神で(インディアンの住んでいたアメリカ大陸を)席巻した。
神の教えを信ずる者のみが、存在することを許される。
異教徒達は、殺してもかまわないという思想だ」とストークスは、本書で強調している。
じつに分かりやすいが、

これこそがマニフェスト・ディスティニィの根幹にある発想、考え方である。
このように歪んだ、一方的な教えが十六世紀に日本に押し寄せてきた。
キリシタンバテレンの宣教師は日本を侵略する前の洗脳軍であったと位置づけられる。
(そんな中で日本人が奴隷として、キリスト教徒による日本人奴隷貿易が在りましたが
 歴史上では無かった事のように扱われ、誰も知りません)

それを予知し、よくよく観察した挙げ句に禁教を命じたのが秀吉だった。
秀吉は外交力もあり、国際情勢の洞察力があった。
世の中の裏の動きを読むのに慧眼だった。
 ストークスは続ける
「秀吉は、キリスト教徒が最初は宗教の布教をしているが、
いずれは武力による軍事侵略をすると聞き及んでいた。
実際に世界に於ける白人キリスト教徒の罪状は、先述した通りで、
戦国武将の秀吉が、天下統一、天下太平にとって、
キリスト教の?、侵略を脅威に感じたとしても不思議はない」
やがて秀吉は去り、徳川の天下がめぐってくる。
 
ストークスは鎖国の政策的正しさをこう書く。
「キリスト教徒が、異教徒を大虐殺している情報は徳川幕府にも次第に入ってきていた。
そうした中で、段階的に、徳川幕府は『鎖国』へと外交政策をシフトしてゆく。
もっとも完全な鎖国ではなく、長崎・出島に限定し、明、朝鮮、オランドなどと交易をした。
(中略)徳川幕藩体制が、経済的な利益を切り捨てても、『鎖国』に踏み切ったのは、
キリスト教が国内に広まる脅威に歯止めをかけるためだった」
 
ストークス史観は近世から近代へ、そして現代へと飛躍する。
「日本がアメリカ、イギリスなどと大東戦争の開戦に到るには、その背景があった。
日本は、この五百年間、ずっと日本と独立と権益を守ろうと努力してきたのだ。
他国を徒に侵略、占領、支配、搾取する意図はなかった。
また、実際にそのようなことは、過去してこなかった」。

幕末にロシア、英国、アメリカ、そしてドイツ、仏蘭西の武器商人らがうろつき始め、
日本は列強の脅威の前に団結、明治維新をやり遂げた。
 
おそるべき侵略の牙から、われらの先人達は祖国を守り抜いた。
自衛自立の発想が歴然とあったからで、現代日本人が理解できないのは、
まだ占領軍の洗脳の毒素が脳内を汚染しているからである。


このお話しに尽きますね。

         陸軍中将四王天延孝(しおうてん のぶたか)氏講演の続です
                3. 世界大戦と秘密結社

何が為に世界大戦を作ったか、という事になりますと、これは世界革命を企て、
世界大戦を勃発せしめたのは、平時に於いては何事も出来ないから、
戦争という事を始めさして──戦争のどさくさに紛れて、革命をやろうというのである。
この事は世界大戦勃発の七年前に第二インターナショナルの第七回大会に於いて、
充分協議尽くされて居るので──これは天下に隠れもない事実であります。

事実、先般の世界大戦は、露独墺の三国の革命をもって終わって居るのであります。
この三国革命の終了が、即ち戦争の終了であります。

ユダヤ人であるロシア共産党の大立物の彼のトロツキーも
「革命と戦争の間に何らの限界なし」と高唱し豪語して居る位であります。

事実、先般の世界大戦というものは、彼等秘密結社が、色々方法を講じて拵えたので、
サラエヴォのブローニング一発の銃声というものは、
ただ積んだ薪にガソリンがかけてあったのに
マッチで火をつけたまでのものでありますが、
この薪もまたちゃんと彼等によって積まれて居ったのであります。

或る個人その者が飛び出して来てやったのではなく、
例えば日本で云う彼の佐郷屋留雄と云うような個人がやったのではない、
大なる組織の下にやったのであります。

オーストリアのウィヒテル博士の発表を見ますというと、
フェルディナント二世殿下を倒すという事は、
その前々年、大正元年5月24日、
ドイツの秘密結社に於いて既に決議になって居ったのでありますが、
その実行は翌年、即ち西暦で云えば1913年に事をあげる筈であったのが、
色々の手違いからして
遂に一年遅れて1914年に始める事になったのだと発表されております。

左様な訳で、この国際連盟なるものは、
世界秘密結社の深い計画から出来たのであります。この事につきましては、
フリーメーソンとユダヤ人の関係を申し上げますると、
尚はっきりして来ると思いますから、この辺でとどめて置こうと存じます。

斯様なわけで、我が国がこの非常時に於いて内憂外患を切り抜けるについて、
この禍根であるところのフリーメーソンというものを知るという事は、
実に必要な事であると私は信じて居るのであります。

4. フリーメーソンは秘密結社なり

そもそもフリーメーソンとは何であるか。
或る人はこれを秘密結社ではないと称しております。
例えば東京帝国大学に於いて久しく教授をしていられ、
この間鎌倉で亡くなった吉野作造博士の如きは秘密結社でないと称しておりますが、
とんでもない間違いであります。
普通巷間にありふれた辞書を持ってきても、
秘密結社という事になって居るのであります。
事実、秘密結社でありまして、私もパリのカデー町16番地の大本山を訪問して来ました
特別の紹介を持ち、厳密なる合言葉を持たない以上は、一歩も中へは入れません。
また幣原元外相の如きは、これは社交機関である、
そういう怪しい秘密結社ではないと弁護をされた事があるそうでありますが、
これらは人を誤る〔=誤導する〕の甚だしいものでありまして、
正に秘密結社であります。
このフリーメーソンと云うものは、
一体いつ頃世の中に現れたものであるかと申しますと、
この起源については多くの説があるので、
世にありふれたものだけでも少なくとも一ダースはあります(笑)。

或いはユダヤのソロモン王の時からであると称し、
或いはピラミッドの出来た時から既にそうであるという事を申します。
本当の事は秘密結社の事でありますから、わかり難う御座いますけれども、
要するに元は石屋の組合であったという事は本当であります。
今日色々な道具を持って居り
又フリーメーソンの色々な名士が盛装をして写真を撮って居るのでも、
石屋の前掛けをしめて居る事が、彼等の伝統を忘れない為でありまして、
石屋の使うノミもありますし、
更に名称から云っても「メーソン」という事は
「石屋」という事でありまして──石ばかりでなく、
煉瓦や、雑多の石材などを──寺院の大建築をする
ああいう風な事はみなメーソンがやったものであります。
つまり、正直な極く信頼の出来る石屋には国境がないというので、
それ等が昔、あちらこちらと国境を越えて歩きます時、
そのメーソンは兄弟として扱ったのであります。
十八世紀の始め、即ち1717年、これがスコットランドに於いて、
少しく形体を改めて、インテリゲンチャがこれに参加して、

そのメーソンの組合組織というものを
精神的の方向にもって行ってしまったのであります。
それでありますから、メーソンはオペレーティヴ・メーソンであったのが、
1717年以後、スペキュラティヴ・メーソンという名前になっております。
そんなになってからして、漸次秘密結社になって来たのであります。  引用終わり

スコットランドはシンクレ家に保護された テンプル騎士団がいた所で

イギリスで変化するのは哲学者スピノザの世界が広く知られ

「理神論」が活発になり 変化してゆきます。


今日の猫ちゃんは ABCのツイッターから  30歳の猫だそうです、
長生きするのですね。
c0192063_15291026.pngABC News
✔ ‎‎@ABC
c0192063_15321760.jpg

30-year-old Siamese cat declared world's oldest living cat by Guinness Book of World Records http://abcn.ws/1qbUmLW
10:42 AM - 11 May 2016
276276 Retweets
by monk-1 | 2016-05-13 15:38 | Comments(0)

午後からは雨の予想なので、
今日は外出を控えて読書でもと考えたのですが
連日の投稿になります、
年寄りの気まぐれに”怒らないで”ください。

少し前の事ですが シリアの古代都市パルミラを 
シリア政府軍が奪還したとニュースが流れていました。
ロシア空軍の応援を受けて漸く取り返したそうですが、
ISは遺跡の破壊を自分達がユーチューブで世界中に放送しましたが、
考古学者のみならず一般人からも酷い事するもんだ?と

そんな古代都市遺跡パルミラは”あっちこっち”そこらいら中地雷だらけで、
周辺に住む住民も以前の家に戻って住むことができなく 
難民キャンプ住まいを余儀なくされていました。
ISの度重なる蛮行(女性を性的奴隷として
中、高生達まで怒りの声を上げてデモ行進を始め

c0192063_10272064.jpg


シリア政府と一部停戦協定が合意したはず?なのですが
ダマスカス郊外には 散発的な迫撃砲の攻撃が続き 子共達も

c0192063_1032348.jpg


アルジャジーラやBBC放送は,政府軍の攻撃でと伝えています。
西側メデイアも受け売りでシリア政府軍の停戦協定違反と伝えていますが、
少しでも自分達、反政府軍としての存在感を示し 
和平後の利権睨みの行動は
シリア人以外の海外から流れ込んでいる傭兵と直ぐわかります。

とにかく 反シリア、反ロシアのプロバガンダ放送には うんざりです。
そんな中パルミラ遺跡と、周辺の地雷撤去を行っていたロシア軍が
地雷撤去完了を宣言して周辺住民も漸く戻り始めました。
国連の考古学者主導の遺跡調査団もパルミラに入り被害の調査を始め

c0192063_10442064.png


c0192063_10445079.jpg


ロシア政府はパルミラ奪還と地雷撤去完了のイベントとして
古代ローマの円形劇場で世界的に有名なロシアの指揮者であり
マリインスキー劇場の芸術監督兼総合ディレクター ヴァレリー・ゲルギエフ氏が
戦争で荒廃したシリアのパルミラで交響楽の演奏会を催しました。

c0192063_10492831.jpg


c0192063_10495381.jpg


c0192063_10501889.jpg


c0192063_10503824.jpg


ロシアのプーチン大統領も大型のモニター画面で参加し、
パルミラ奪還と演奏会に祝意を表していました。


写真と動画はスプートニクからです。
http://jp.sputniknews.com/

首席バイオリニストの ”バッハ” はため息が出ました。
そんな中イギリスのハモンド外務大臣が、演奏会に否定的なコメントを出すと、
ロシア政府のマリヤ・ザハロフ公式報道官は
「英国の外務大臣は音楽が理解できないらしい」と、痛烈な皮肉を返して、
               マリヤ・ザハロフ報道官

c0192063_11418100.jpg


イギリスの子共じみた反ロシア感情も、此処までくると頭をひねりたくなります。

前回 昭和初期の軍人でフリーメーソンの研究家でもある
四王天延孝の公演記録の一部を載せましたが、
石工の組合(ギルド)が何故現在のように変化していったか?そして
イルミナテイと呼ばれる秘密の組織が、ドイツの十字軍(薔薇十字軍)と
関係が有る事も
スカル&ボーンで書きましたように、ドイツのナチス親衛隊の徽章や襟章に
スカル&ボーンやルーン文字が使われていた事、
(シトー修道会が使っていた暗号表ターンテーブルがないと読めない文字)
先の大戦時にナチスの親衛隊は
フランス南西部のテンプル騎士団の足跡を探し回っていた事等々・・・・。
未だ解明されていない事が多く有りますが、 
以下にテンプル騎士団の発展形態を少し書きます。

パリ西南約90キロに位置する、ケルト人のカルニュート族が支配したケルトの聖地
シャルトルは12~13世紀シャンパーニュ伯の所領でした、
テンプル騎士団の創設者ユーグ・ド・バイヤンは シャンパーニュ伯の従弟で
後にシャンパーニュ伯もテンプル騎士団に参加しています。
又 9人の騎士の一人アンドレ・ド・モンパールは クレルヴォールの
聖ベルナール(シトー修道会)の叔父にあたり 
聖ベルナール自身もシャンパーニュ出身で彼は 「神とは何か」と言う問いかけに、
「神とは 長さであり、幅であり、高さである」と答えています、
この考えはフリーメーソンの宇宙を創造した「全能の建築士の神」の事らしく
石工の技術の 「王様の技術」と共通点があります。

後に 長さ、幅、高さ、は X軸、Y軸、Z軸で現される3次元の立方体、
ユークリッド幾何学の古典的初期の原型に成ると思われ 
これに 石積みの時に必要な力学が加わり
「力の合成」「力の分散」も加わり、
ケルト人の聖地に 初めてのゴシック建築、ノートルダムが作られます。

教会内部の見事な伽藍は音響効果と共に見事な石組み建築です。
因みに マドレーヌとはマグダラの意味で 
高貴なマダム(ノートル・ダム)もマグダラ賛歌と捉える人もいます
新しい加入者を入れずに7年間の間 
テンプル騎士団はエルサレムで何をしていたのか?
最古のキリスト教と言われる 
イラク南部マンダ教やイスラム・スーフィー派とも接触したと言われています。
マンダ教については 
マンダ教の聖典「ギンザ」について、後に整理してから
少し知りえた事を書きたいと考えています。

エルサレムから戻ったテンプル騎士団は
当時の教皇インノケンテイウス2世がシトー修道会で聖ベルナールの後輩に当たり
教皇のお墨付きの騎士団となり 多くの土地やお金の寄進があり
とてつもない裕福な騎士団となり、
後に (仏)の美麗王フイリップが教皇を2人暗殺し、
後釜に据えた教皇クレメンス5世により異端として認定され迫害を受けたときに、
ドーバー海峡を望むスペイン寄りの港ロッシエルから、
テンプル騎士団が所有する艦隊と供に、多くの騎士達が消えていきました。
ポルトガルのキリストの騎士団を頼った人達や、
スコットランドのシンクレア家を頼った人たちもいました。
後の私略船(海賊船)や コロンブスの航海船の帆に見られる
パテイ・クロスやスカル&ボーン(海賊船のドクロと交差する大腿骨)の印は
その後のテンプル騎士団を知る上で、非常に重要です。

王侯貴族や商人にまで金融を行う組織となっていた事は、
(言い換えると、情報や人が幅広く交流していた事の証でもあります。)
現代の銀行のような金融も行う組織でした。
金融だけでなく イスラム社会と接触した事で最新の文化も知り
一種の「最先端の科学・技術センター」としての役割もはたしていました、
兵器や皮革、石工、要塞の建造、教会や城の建造、工業分野でも
最新で最先端の知識や技術を独占的に持ち、測量技術、道路建設、航海術
そして 造船技術は後の 大航海時代の私略船(海賊船)に繋がります。
ルネッサンスは暗黒の中世から ヨーロッパを抜け出させてくれましたが
テンプル騎士団が持ち込んだ アラブの知識と技術が無ければルネッサンスも
起きなかったでしょう。
16世紀になり フリーメーソンの活動の中で錬金術が見直され
ゲニウス、やギリシア語のダイモン、
多数派教会はダイモンをデーモン(悪魔)としましたが、
人間が生まれながらに持つ霊的な魂ゲニウスを信じる事は
世の中の物質全てにゲニウスが有ると信じられていて、錬金術が発展して行きました。

続いて 四王天延孝 公演の続です
2. 国際連盟と秘密結社
人はよく、今の国際連盟は米国の大統領故ウィルソンが提唱したもので、
彼はそれを主張してその抱負を貫いたものであるとお考えになっております。
それは無理もない。
ジュネーヴにある国際連盟の外側の石垣の所に行ってみると、
あすこに花環が一つ捧げられてあって、
その下の石に
「国際連盟創立者米国大統領ウードロウ・ウィルソン君に敬意を表す」と刻みつけてある。
ですから世間ではウィルソンが拵えたとばかり思っておりますが、
実はウィルソンが提唱しました時よりはもっと前に、
アメリカが世界大戦に参加すると、
もうこれで世界大戦はお終いになるのだと云うて、
アメリカの兵隊が欧州戦場に到着すると直ぐ戦争をやめる話が出て、
国際連盟をつくる話が始まったのです。

当時私はフランスの中央軍に居りましたが、
フランスの国祭日7月14日〔パリ祭〕にアメリカの軍隊も参加して分列式をやりました。
これに先立つこと数日前、
大正6年〔1917年〕の6月28、29、30と三日間、
パリのカデー町16番地に本部を有する
グラントリアンという大陸フリーメーソンの大本山に於いて、
ユダヤ人アンドレ・ルベーが議長となって会議を催し、議事を重ねて、
遂に国際連盟を造ろうと云う話が始まり、
その成果が出来て、
そして連盟規約草案13ヶ条はその時に成り立って居るのであります。
現在の規約は26ヶ条から出来ておりますが、
その時のはその半数の13ヶ条であります。
条項は多くなっても、
大体その時の13ヶ条が今の連盟規約の骨子になって居るのであります。
その6月28日とはそもそも如何なる日であるか。
これを世人はウッカリ雲煙過眼(ウンエンカガン)視して居るのです。

(雲やかすみが目の前を過ぎ去ってとどまらないように、物事に深く執着しないたとえ。
物事に心をとめないで淡泊なたとえ。また、物事の過ぎ去ってとどまらないことのたとえ。
▽「雲烟」は雲とかすみ。雲とけむり。「過眼」は目の前を過ぎ去ること。
「烟」は「煙」とも書く。「過眼雲烟かがんうんえん」ともいう。)
その6月28日というのは、
大正6年6月28日から丁度三年前の大正3年〔1914年〕6月28日、
オーストリアのサラエヴォというユダヤ町に於いて、
そこをお通りがかりになりましたオーストリア皇太子フェルディナント二世殿下を、
フリーメーソン秘密結社員であるプリンチップというセルビヤの青年が、
ブローニングというピストルで、ギャングをやって暗殺した事に端を発して、
世界大戦が起こったのでありますが、
その6月28日の三年祭の日がその日で、
パリの〔フリーメーソンの〕本山で再び
今度は反対の平和の話を始めたという事は、
大いに注意すべき点なのであります。
そのプリンチップという青年にブローニングのピストルを貸与した
チガトーウィチという男、
また彼等に旅費を供給して援助したところの団体を調べ上げてみると、
皆このフリーメーソン秘密結社員なのであります。
でありますから、
このフリーメーソン秘密結社が世界大戦の火をつけて、
そしてその同じフリーメーソンが、今度は火消しに回ったのであります。
以上 引用終わり

まさに マッチ・ポンプですね、
「街に血が流れると投資のチャンス」 「コントロールされたカオス(混乱)」
ロスチャイルドとか・・・・・・・・・。

         すみません、又 貸してもらえませんか?

c0192063_12374847.jpg


    あんたにゃ お金貸さないよ~~。

c0192063_12382533.jpg


by monk-1 | 2016-05-09 12:41 | Comments(2)

連休も無事に終了です

連休最後の日曜日ですね、

例によって未だ明けやらぬうちから、燕のさえずりで目を覚ましました。

風も左程強くなく 爽やかな日曜日のようです。

連休中は様々な催しが行われていて、多くの人出で歩くのも苦労しました

国際仮装パレードを横目に お散歩していましたが、

フエイス・ブックより 以下に
U.S. Army Japan Band participated in the 64th Yokohama Parade in Yokohama city, Kanagawa prefecture, May 3rd, 2016.
5月3日、在日米陸軍軍楽隊は、神奈川県横浜市で開催された第64回ザよこはまパレード(国際仮装行列)に参加いたしました。
(Photo by E. Minto, USARJ Public Affairs Office)
c0192063_7581511.jpg

c0192063_7583732.jpg


中々の演奏でした

安倍総理が連休の間に欧州各国を巡り、

伊勢・志摩サミット参加国首脳と会い G7の根回しを行いましたが、

その足で ロシアのソチを訪問してプーチン大統領と会談を行いました。

気配りは中々の者です、本来G・8なのですが ウクライナ問題?とかで

アメリカのロシア嫌いの連中の政策が取り入れられ 

ロシアに対して経済制裁中なので ロシアには参加申請をせず、

ロシアが参加せずG7と為っているわけですが 
(まるでアメリカ政府の遣り方は まさに いじめっ子政策のようで)

いじめはいけません、あくまでも話し合いです。

最後にロシアを訪問してロシアの面子を立て、

尚且つ北方領土問題を含む様々な経済協力の可能性の打ち合わせでした。

秋にはウラジオストックで行われる再会談で 具体的な首脳交渉の約束を交わし

アメリカ大統領選を視野に したたかな外交術です。

c0192063_8361691.jpg

c0192063_858644.jpg


日本メデイアは 反安倍連合の様で訪問の意義を伝えたくないようですが、

イギリスでは女王陛下への表敬訪問も行いました。
c0192063_8373979.jpg


アメリカの保守系の情報誌は素早く反応を示し こんな記事を

米国の大手総合情報サービス会社ブルームバーグは
「安倍首相のソチ訪問は、クリミア統合後ロシアが陥っている
『国際的孤立』に逆行するものだ」と指摘した。

これに対しモスクワ・カーネギーセンターの専門家アレクサンドル・バウノフ氏は、
今回の安倍首相のソチ訪問について
「日本は、ロシアの孤立化のような贅沢を自分に許すことはできない。
これは、
中国や韓国が日本そのものに『疑い』を持って接していることと関係がある」と述べ、
次のように続けた―
「日本は、東アジアに友人がいない。
まさにそれゆえに日本にとってロシアとの関係は、大変重要なのだ。」

安倍首相は、ソチ滞在中、
クリル(北方領土)問題、貿易経済及び人道分野での日ロ協力発展の現状及び見通し、
さらにはシリア情勢などについてロシア側と協議する計画だ。

また安倍首相は、エネルギー産業を含めたロシア経済の支援、
そして極東地域の産業発展のため、8つの方向性に沿った協力プランを提案する考えだ。

c Sputnik/ Michael Klimentyev
米紙「日本 ロシアとの友好路線をとる」
再生可能な代替エネルギー源の分野での協力、
平和的な原子力エネルギー分野での協力の見通しもあるという。

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行やみずほ銀行など日本の銀行最大手も
エネルギー分野におけるロシアと日本の間の協力、
特にガスプロジェクト「北極LNG 2」の資金調達に参加する見込み。
2015年、ロシアから日本への液化天然ガスの輸出量は650万トン、
原油は1450万トン、石油製品は170万トン、石炭1620万トンだった。
引用終わり

ロシアの専門家も我田引水ぎみで 

日本には東アジアの友人がいない等と解説していますが

アジアは東南アジア諸国連合等 多くのアジアの友好国と良好な関係ですし、

インド、中東等に対して 過去に「汚れた手」を持っていません、

過って エジプト「建国の父」 ナセル大統領はイギリスからスエズ運河を取り戻し、

非同盟諸国会議で中東の悲劇について、インドを始めとする非同盟諸国に対し、

「中東には日本がいなかった」とアジアを植民地から開放した日本を称え、

羨ましがったものです。

特亜三国(中国、韓国、北朝鮮)以外のアジア諸国とは非常に友好的な関係です。

注目されるのは 北極海産ガスプロジエクトに日本企業が参加するか?どうかです。

温暖化のせいで 北極海の氷が溶けて色々な事業が見直されていますが、

北極海の資源探査では 北欧諸国を押えてロシアが抜きん出ています

領土的にもロシアの裏庭と言った感じですが、

資源以外にも大きな影響があり、

更に北極海航路が確保されると欧州にはとても近くなります

中国政府も「一帯一路」政策で 

インド洋からユーロへの入り口 ギリシアへの投資と頑張っていますが
(軍事的プレゼンスは別として)

比較すると かなり遠回りになり 

時間、コストを考えると中国政府の投資が無駄になりそうです。

北極海航路が運用され ロシア政府の認証が下りると大幅なコスト削減が出来ます。

中国政府も何とか食い込んでくると思いますが 

トップ同士が会い、決めると言う、首脳外交の良いところです

安倍総理は強かな外交戦略を持っているようです。

そんなロシアのエネルギー戦略ですが

ロシア国家企業「ロスネフチ」の子会社である「ロスネフチトレーディングSA」が
初めてとなるエジプト向けの液化天然ガスを出荷した。RNSが報じた。
報道によれば、
今回の出荷は「エジプシャン・ナチュラルガス・ホールディングカンパニー」との間に
2015年夏に結ばれた契約の枠内で行なわれているもので、
初荷はタンカーGOLAR ICEによってすでにアイン・ソフナ港に着いている。

今回の液化天然ガスの出荷はロスネフチのオペレーション活動では初めてのこと。
「ロスネフチ」と「ガスプロム」は、
炭化水素の抽出および処理のための
共同プロジェクトの実施について日本企業と交渉している。
ユーリイ・ウシャコフ大統領補佐官が語った。

ロシア政府は中東(エジプト、トルコ)への南方向と 

北極海からの北周りとエネルギー戦略がはっきりしています。

トルコ政府は首相が辞任発表し エルドガン独裁体制に成りつつありますが

未だ予断できません、

       辞任発表する ダウトオール首相
c0192063_8561255.jpg



アメリカの大統領補選で共和党候補はどうやらドナルド・トランプで決まりのようです

私は彼が好きではありませんが、途中の彼の発言からは興味を少しだけ持ちました

日米同盟による在日米軍の費用を全額負担しろ、とか 嫌なら米軍を引き揚げると

そして 米軍が引揚げた後に、

北朝鮮の核から日本防衛の為には核武装を容認する等々と・・・・・。

車にも日本が牛肉に掛けている38%の関税を掛けるとか(認識不足でお笑いですが)

私は自主防衛論者で 日本の現在の押し付けられた憲法は廃止し

抑止力として核開発、核武装論者ですから 願っても無い事と考えています。

在日米軍の抑止力を考えると 

アメリカ人は内向き指向が強くなり 

景気もドル価値も下がり気味のアメリカ経済を考えると

以前 宮崎正弘さんが主張していたように 

ドルを支える為に日本が買い貯めたアメリカ国債で 第七艦隊を買うと言う論が

現実的に成るのでは?と思います。

自前で単独整備するには 時間と費用が掛かりますが、

あの特亜の国々(中国、韓国、北朝鮮)には常識が通用しませんから 

無駄な空白を作らない為にも

アメリカ国債で 機動部隊(第七艦隊)を買うのです。

私は宮崎さんの意見に 大賛成です。

日米同盟は維持するとしても、漸く 元都知事の石原さんが言ってた

「ノーと言える 日本」が実現するかもしれませんね。  是是非で世界に貢献できます。

国際金融資本の伝書鳩 ユダヤ人キッシンジャー博士が言った

食料を制する者は・・・・、エネルギーを制する者は・・・・、

最後に 金融を制する者が世界を制すると・・・・・、

流浪の民となり 国を持てなかったユダヤ人が金融の世界で力を付けて

2000年近くの間に 洗練された金融事業を展開してきましたが

世界中を歪な形にしてきたのも 事実です、

移民問題でユーロでは政界地図を変え始め、

アメリカでもウオール街を占拠せよから始る サイレントマジョリテイの意識変化は

アメリカの政策を内向きにして トランプ現象を生み出し

保守本流の 共和党は股裂き状態になりました、

フランス、ドイツ、スペイン、イギリスも保守勢力が選挙で票を伸ばしていて

日本のメデイアは極右政党と 毎度お馴染みのレッテル張りで脳死状態ですが

日本の野党も似たような者で 激変する世界情勢には付いていけないようで

思考停止状態、脳死のようです。

安倍が~、戦争法案が~と 訳がわかりません????。


国会図書館のオンライン版ですが 以下に先人の講演から引用します。

四王天延孝さんと言う 軍人のお話ですが・・・、

因みに 私はユダヤ陰謀論には組みしません 国際金融資本を法律でと・・・

フランス革命もロシア革命も フリーメーソンが仕掛けたと、

陸軍中将 四王天延孝(しおうてん のぶたか)氏講演
c0192063_1032993.jpg


フリーメーソン秘密結社について  世界覆滅の大陰謀暴露

昭和八年九月九日
於: 飛行会館
主催: 人類愛善会亜細亜本部速記: 東京講演会

四王天延孝氏略歴
明治12年9月2日、埼玉県比企郡唐子村に生まる。明治33年6月少尉任官、
同42年11月陸軍大学校卒業。
その後関東軍参謀、砲工学校教官兼陸軍大学校兵学教官、仏国軍従軍武官、
西比利亜派遣軍司令部付、所沢陸軍飛行学校教育部長代理、同下志津分校長、
陸軍省航空課長、国際連盟に於ける帝国陸軍代表兼空軍代表、豊予要塞司令官、
第十二師団司令部付等を歴任し第三師団司令部付にて現役を退き
現在帝国飛行協会総務理事に就任、ユダヤ問題に関しては吾国の権威たり。
著書──「ユダヤ民族の研究」「国際共産党の話」外多数あり。

本日はフリーメーソン秘密結社についての話をしてくれという御注文でありますが、
このフリーメーソンという問題を研究する必要が
いずこにありやという事から先ず申し上げたいと思います。

彼の我が大日本帝国を破壊し、自由、平等、友愛、の名に於いて、
実は国家を混乱に陥れようとする、共産党の如き、
これは世界秘密結社であるところの、フリーメーソンの一つの機関であります。

              国際連盟半公式紋章(五芒星)
c0192063_103115.jpg


また、平和の機関として実に立派な金看板をかけて居るけれども、
実は平和を攪乱する事になって居るところの、彼の国際連盟もまた、
秘密結社の拵えたものです。

左様な訳でありますから、この秘密結社の正体を調べるという事は、
対外的には我が国の崩壊を考えているところの彼等の輩に対しても、
また内憂に対する上からしても必要でありますが、
更に、執拗にも支那を使嗾して世界の大動乱を惹き起そうとしつつあるところの、
彼の国際連盟の魂胆を看破して、そしてこれに対応する為にも、
フリーメーソンという秘密結社を分解してみる必要があるのであります。

     欧州議会議事堂
c0192063_1013207.jpg
        第三インターナショナル記念塔
c0192063_10134626.jpg
















  第一インターナショナル
c0192063_10155892.jpg

 ロシア革命でも 自由、平等、友愛の旗が
c0192063_10233452.jpg

  旧東ドイツの紋様 石工の道具コンパスと定規、フリーメーソンと同じ
c0192063_10402271.jpg


共産党という党派は、今如何なる形式をもって進みつつあるかと云えば、
即ち第三インターナショナルという世界的機関が動かして居るのでありまするが、
その第三インターナショナルという機関は、これは秘密結社が拵えたのであります。
その第三インターの母体たる第二インターナショナルというのもまた、
世界秘密結社が拵えたのでありまして、もう一つ遡れば、第一インターナショナルも、
マルクスその他の秘密結社員が拵えたのであります。

インターナショナルの大会合は、
いつでも秘密結社の総会等と前後してやって居るのです。

例えば第二インターナショナルというのは、
1889年の7月14日〔パリ祭〕、即ちフランス革命の百年祭の日に創立されました。
それから中一日置いて、7月16、7日の両日に、世界秘密結社の大会合が、
やはりパリに行なわれて居る。
そういう具合に、いつでも一緒に同一の機会にやるように致しております。
第二インターの第五回大会は、万国博覧会が1900年パリに於いて開催せられた時で、
やはり世界秘密結社の会合の機会であります。

そういう具合に
インターナショナルの組織と秘密結社の組織とは切っても切れない関係にあるので、
話は色々混雑致しますが、第一インターナショナル第一回大会を1866年の9月、
国際連盟が毎年総会を行うところの彼のジュネーヴに於いてやって居るのであります。
ついででありますから申し上げますが、
今年の国際連盟の総会も9月にジュネーヴでやります。

これは今年ユダヤの正月元日が9月30日でありますから、
その関係でいつもよりも遅れて、9月25日に開会する訳であります。
大体9月の第一月曜日をもって総会の開催日にしておりますが、時々閏が入るので、
10月の初めにユダヤの正月の元日が来る年があるのです。
そんな関係で今年は少し遅れて居るようであります。
大体共産党とか社会主義というものが
インターナショナル秘密結社の手で動いて居るという事は、
私が詳しく例証をあげて説明しなくても既に御承知と存じますから、
その方面はこれで打ち切って、
国際連盟と秘密結社の関係を更にはっきり申し上げたいのです。

四王天氏はあとでこう言います、
「社会主義の一般が、皆これでありますが、
これは皆、このイルミナティから来ているのであります」。
「一般」とか「皆」とかいう言葉を使ったこの言い方を、人は極端と思うかも知れません。
しかし、上のこれらのロゴを見れば、
いわゆる共産主義も社会主義も「フリーメイソン製」であることが分かると思います。
「ロゴなど当てになるか」という人のためには、或るユダヤ人の言葉を紹介します
──「我々は彼等に新しい理論を教えた。共産主義、アナーキズム、社会主義など、
実現不可能の理論を。
そしてそれらの理論は今、我々の目的に仕えている」参照。

つまり、今の世界、これまでの世界は、
自由主義圏も共産圏も共に「フリーメイソン製」であります。


色が違う所の発言はオンライン・ライブラリーから引用している あるブログの
管理人さんの補足説明です。

次回に続を 又載せたいと思います。
(フリーメーソン、イルミナテイ等謎の多い団体が出てきます)

漸く連休も終わり 少し静かになりますね、

上野の国立西洋美術館に 漸く行く事ができそうです、

カラバッチオ展で どうしても「法悦のマリア」を見ておきたいのです、

彼が死ぬ時まで離さなかった絵なのですが、お気付きでしょうか?

マリアの左肘の下には スカル(頭骨)が描かれているのです

カラバッチオが最後にたどり着いた マルタ島はマルタの騎士団で有名な場所で

先祖はバイキングと言われています、そして マルタの教会壁画(カラバッチオ作)は

ヨハネの斬首の場面なのです・・・・・・・・・・。
            カラバッチオ作 ペテロの否認 
(マグダラのマリアと仲が悪くマリアを追放した言われるペテロ 
    多数派教会では聖人ですが)
c0192063_10521923.jpg



今日は猫ちゃん お休みします。
by monk-1 | 2016-05-08 10:58 | Comments(0)

森羅万象 気になることを記します