人気ブログランキング |

少し 薄日が射してきましたが、肌寒い日曜日になりました。
昨夜から小雨が降り始め、今日一日 雨模様の土曜日でしたが 
気の早い若者達がハローウインの仮装で
東京、大阪、博多、札幌の繁華街に繰り出したようで
ニュースでは渋谷の様子が流されていました。

徘徊、痴呆症老人のモンクとしては 
寒いのにね~ ご苦労さん、御同情申し上げますと、しか

熱燗を”チビチビ”やりながら 日本シリーズを途中まで見ていました。

リビア沖では 未だ難民を乗せた船がイタリアを目指して漂っていて、
今年は去年より死者が多いとか?
3800人の死者が出ているそうです。 
地中海は本当に「缶桶が漂う」海に為ってしまいました。
トルコからの難民が 少し減ったと思っていたら、
相変わらずリビア沖で難民が多発しています
経済的な豊かさを求めて中東からだけではなく 最近はアフリカ中央部、東南アジア、
中には カリブ海の方面からも来るそうです。

4人の妻と23人の子どもを抱えドイツにたどり着いたシリア難民が
様々な助成金をあわせて年間36万ユーロ以上を受け取っていた事が明らかになりました。
サン紙が独ライン新聞の記事を引用して報じた。
c AFP 2016/ Francois Lo Presti数百の難民が仏カレーのキャンプを後に

独では一夫多妻制は法律上認められていないため、
このシリア難民ガジマ氏は4人のうち1人を「基本的」妻として選び、
残りの妻らは文書の上では「友人」とするよう提案された。
サン紙の報道ではガジマ氏は2015年に独に到着して以来、1日も仕事をしていない。
ガジマ氏は「我々の宗教では私は各家庭を訪問してまわる義務がある。
このため始終家族らとともに時間を過ごしているが、
もし勤め口があるならば嬉しい」と語っていて
2015年、北アフリカ、中東から独に入国した移民は110万人を超えています

4人の妻の家を訪問することが 唯一の仕事のようです。
メルケルは罪な事を言いましたね。

後10日程で 漸く”嘘つき”と”詐欺師”の戦い、 アメリカ大統領選挙に決着が付くようです。
個人的には クリントンの次の女性大統領と 噂されている 
拙ブログで何度も紹介しました オプラ・ウインフリーさんに出てもらいたかったのですが?
2代 続いてアフリカ系アメリカ人の 男性オバマの次に 女性 ウインフリーさんと

マスコミを敵にして 選挙は不正だと大騒ぎしているトランプですが
此処に来て ヒラリー・クリントンにもFBIが 又メール問題で再操作を始めるとかで
マスコミも隠す事ができずに 報道し始めています。

米FBI(連邦捜査局)は、民主党のクリントン大統領候補に対し
メール問題で再調査に取りかかる事を発表しました。
理由は、彼女の側近の夫が、セックス・スキャンダルの渦中にあることから
FBIのコミ―長官は「調査が、
クリントン候補の個人的なメール・サーバーとは関係がないこと」を確認した。

クリントン氏、米国人に対するスパイ行為についてロシアを非難
調査の理由となったメールは、実際、クリントン氏宛ではなく、
彼女の側近であるフーマー・アベディン氏の夫アンソニー・ワイナー氏宛である事
2011年ワイナー氏は、性的なSMSが原因でスキャンダルを起こし、
その結果、下院議員のポストを失った。
そして今年再び、
15歳の少女と性的なメッセージを交わした疑いで、FBIの捜査対象となっている。
アベディン氏は、2011年の事件では夫を許したが、
今回は「彼とは別々に住むことになるだろう」と述べた。
しかし今のところ、離婚手続きはなされていない

正直に言って もう どうでもよいです、精神科医の治療が必要な人が
アメリカ政府中枢や大統領候補に成っている事が”悪夢”です。
       学生時代のヒラリー(使用前)です
c0192063_1035832.jpg

       現在のヒラリー(使用後)です
c0192063_10352971.jpg

良く覘く スプートニクにこんな記事が

2011年10月20日、
全世界のテレビ局はヒラリー・クリントン米国務長官が
心底喜びを表現して笑う様子を映し出した。
そうしたTV局のひとつ、ロシアの「レンTV」は映像にこんなナレーションを付けている。

「この美しい女性は狂乱した群集が
血を流すカダフィ大佐を嘲笑する動画を見ながら嬉しそうに笑っていた。
わずか数ヶ月前にホワイトハウスを訪れた際に
ヒラリー氏本人が握手をして迎え入れたカダフィ大佐は、
公衆の面前で暴行を受けた挙句、残酷の限りを尽くして殺害された。
これがヒラリー・クリントン氏には見ていて可笑しかったのだ。
米国のナンバー2のレディーのヒラリー氏はビデオを見て全世界に向けてコメントを発している。
『カダフィっていう人がいたけどね、私たちが来て、それでカダフィは消えました』と。
このコメントでキーとなるセリフは「私たちが来て」という部分。
「私たち」とは、あらゆる犯罪、卑劣な行為、シニカルな嘘、
いかなる手段に訴えてでも自国の権益を守り通すこの米国という世界大国を指す。




リンチを受けたカダフィ氏のビデオはソ連崩壊後に仕切られた世界秩序に抗おうとする
勇気を持つ多くの指導者を立ち止まらせ、
再考を強いるものとなることだろう。 賽は投げられた。
今や、大人しく言うことを聞かない国はどんな国であろうと
簡単にリビアと同じ立場に立たされるのだ。

おりしも ロシアのソチで開かれている国際討論クラブ「ヴァルダイ」の総会で
プーチン大統領は「米国は、国連憲章に反し、世界で武力を何度も用いてきた」と述べた。
c0192063_1154248.jpg

c0192063_11543651.jpg

プーチン大統領 
アレッポの戦闘員らに対する空爆再開を拒否
プーチン大統領は「国連が、世界において一定のパワーバランスがあった
第2次世界大戦後に創設された」事に注を促し
「しかしその後、ソ連邦が崩壊すると米国は、
もはや基本的な諸問題は誰とも打ち合わせる必要はないのだと決め、
1999年にはベオグラードを空爆した」と指摘した。
さらに次のように続けた- 「さらには、イラクでの出来事があった。
その前には2001年のアフガニスタンがあった。
我々は、確かに2001年9月11日の悲劇的出来事を知っている。
しかしそれでもやはり、現行の国際法に従い、国連安保理事会にはかって、
まずそこでしかるべき決議を下す必要があった。」
このように述べたプーチン大統領は、
国連憲章に反してリビア決議が採択されたことに注意を促し、
次のように力説した- 「この決議を、そこに何が書かれていたかを皆さんはお読みになったか? 
飛行禁止区域だ。
しかし、領土中でミサイル攻撃が始まった時に、飛行禁止ゾーンなど一体何なのだ。
単なる乱暴極まりない歪曲だ。
国連憲章にまたも違反したのだ。
そして今度はシリアである。」...NaverLineBloggerGoogle+80  引用終わり

又 シリアの停戦について プーチン氏はオバマ大統領と電話で直接話し合い
そして シリアの人道支援目的での一時的停戦を決めた事も 秘密を話してしまいました、

学校をロシアが空爆したという 写真についても ロシア国防省は
十数枚の元になった写真と 現在の学校の空映の写真を提示して
学校には銃弾の後は数発見られるが ほぼ無傷であると

寧ろ 人道支援目的の車に紛れて多数のIS向けの武器、薬品、食料、弾薬があると

ロシア側はシリア政府は 穏健な反政府側とは話し合う用意があるとして
穏健な反政府側と ISを区別する必要があると有志連合に注文をつけていましたが、

新たな武器弾薬補給を受けた ISやアルカイダ系ヌスラ前線は
停戦期間中にシリア政府軍に攻撃を仕掛け 
シリア政府軍は百人単位の死者を出しました。

つまり 大統領が外国の元首と電話会談で決めた停戦も
現地の軍人は無視して戦いを進めると言う アメリカの無茶苦茶振りを晒しだしました。
大統領選挙中で 死に体のオバマ大統領、軍人達が情報機関と全てを決めて戦争する
こんな状態なのです。
ロシアのラブロフ外務大臣とケリー国務長官が スイスで頻繁に会談していますが
ケリー長官がピエロに見えてきます。

イラクでは ISと戦い シリアでは ISを支援すると言う 捻じれ現象です。
キイワードは 石油利権です イラクのモスル攻撃に イラク政府の許可を無視して
トルコ軍の参戦を許可した時点で アメリカはイラン政府も敵にしてしまいましたね、
ロシア、シリア、イラク、イラン、パレスチナ すべてを敵にですか?

報道機関もブロバガンダ一色で 捏造、、偽造報道のオン・パレードです。
今年の イギリス、アメリカの武器輸出(航空機や艦艇、弾道ミサイルを含まない)は
昨年の2倍を越えたそうです、
かって アイゼンハワー大統領が退任時に言った
「軍産複合体が政治に大きく与える影響は 政策をねじ曲げている」が 現実に見えます。

リビアとイラクの中央銀行は目論み通り ロスチャイルド系に決まりました、
シリアでは 如何なるのでしょう、
幾つかのブログで散見する 近年国際金融資本は
ロスチャイルドとロックフエラーの対立の構図で読み解かないと
政治が読めないと書かれていますが ソースも解りませんし確かめようがありません。


カナダとユーロは 今日(日曜日)に漸く 自由貿易協定(CETA)に 調印のようです。
Ceta: EU-Canada trade deal to be signed on Sunday
Canada and the European Union are to sign a long-delayed
landmark trade deal at a summit in Brussels on Sunday.
c0192063_11511411.jpg


今日は猫ちゃんの動画で
米国のチェロ奏者であり作曲家のデイビッド・テイエさんがUniversal Musicの協力の下、
猫の聴覚に合わせて作られた音楽アルバムを作曲した。
米国国立交響楽団のソリストでもあるテイエさんがかいた音楽は、
猫が友好的にごろごろと喉を鳴らす音、心臓の鼓動音をまねており、
全体として、友好的な猫の存在を形容している。
これは猫をリラックスさせるはずだ。

この音楽のプレゼンテーションが行われた、
訪問客と触れ合う用意のある15匹の猫が集められた猫カフェで、
まさにこの猫のリラックス効果が起きた。
猫用に人間が作った音楽を聴いたほぼ全ての猫が、すぐさま眠り始めたのだ。
前にもテイエさんはタマリンや犬などの具体的な生物学的な種用にと志向した
音楽アルバムをすでに作っていた。



今夕も矢張り 熱燗と・・・・・・・・です(笑)。
by monk-1 | 2016-10-30 11:59 | Comments(0)

昨日 書きました EUとカナダの自由貿易協定は 雲行きが怪しくなったようです。
ユーロのバローゾ委員長とトウスク議長まで仲介に入り まとまったようですが、
やはり ベルギーのワロン地区の議長が反対しているようです。
c0192063_1025566.jpg


ベルギーは7つの地域議会が賛成しないと 協定にはサインできないそうです。
フランス語圏のワロン地区だけが 
域内の零細農家保護の為に反対しているそうです。
c0192063_10225791.png

未だ 残り数時間あるようですが
27日に予定されていた 
カナダのトルード首相が訪欧してサインする予定は延長になりました。
ぬか喜びの カナダ貿易相 クリステイア・フリーランド
c0192063_10253636.jpg

Canada and the European Union say they remain hopeful a landmark
free trade deal can go ahead despite three Belgian regions led
by Wallonia blocking it.
Chrystia Freeland said the Ceta deal was 'not dead'
and that Canada had satisfied its obligations
The European Commission, which has negotiated the deal on behalf
of the 28 nations, had asked Belgium to make its decision by Monday.
崩壊寸前と見られたくない ユーロの各国はベルギーを厳しく非難していますが、
WTOは世界経済の成長率を 2・8%から1・7%へ下方修正しました。
先の国民投票で移民問題にノーを突きつけた ハンガリーのオルガン首相についで
オーストリア自由党のハインツ=クリスティアン・シュトラーヘ党首は
マスコミに対してこうした声明を表した。
「メルケル独首相は欧州にとっては難民危機のスタートボタンを押してしまった最も危険な女性。」

フランスのカレー海岸に居座った難民達の住む場所は「ジャングル」と呼ばれていたが
事実上 スラムとなっていました。
フランス政府が解体を決め 難民達はフランス国内の移民専用アパートへ移動させられ
それでも イギリス行きをあきらめない人たちは 
居座り路上で寝泊りすると息巻いていて、投石などで抵抗しているようです。
カレー地区の住民たちは 自分の農地に居座るのでは?治安がより悪化するのでは?と
   カレーから移動する移民たち
c0192063_10391036.jpg

© AFP 2016/ Francois Lo Presti
数百の難民が仏カレーのキャンプを後に 移動させられています。
シュトラーヘ氏はさらに、現在の移民プロセスは欧州にとって正真正銘の脅威となったとして、
「この移民の流入によって統合も同化も望まない人々が我々のところに流れ込んできた」と補足し、
異文化の移民の止まらない流入が自分たちの社会システムに浸透しつつあり、
その社会構造に穴を開けているとの見解を表している。
現在欧州は第2次世界大戦以来最大の移民危機を経験している。
アラブ、アフリカ諸国からの移民の流入は
2014年から2015年に最大の人数に達したと発言しています。

11月に開かれるドイツ最大与党のキリスト教民主・社会同盟の党大会には
メルケル首相は参加しないようで,招待されなかったのでは?と憶測を呼んでいます。
c0192063_10471429.jpg

c0192063_11131546.jpg


大統領選挙を控えている フランスも事情は似たような者で
オランド大統領の次の芽はきえたようです、
左翼陣営に対抗する形で 保守党は大統領候補者を決める全国大会に向け
候補者は運動に入っています。

離脱を決めたイギリスは むしろ 現時点では ポンド安で輸出しやすくなり
観光客も増えていて 離脱反対派には逆風となっています

UK(ユナイッテド・キングダム)連合王国の名前の通り
北アイルランド、スコットランドは離脱反対で イングランド、ウエールズは賛成派です。
スコットランドの女性党首は 議会で離脱に関する条件を議論しないのなら
再度 スコットランドの独立を図る国民投票も辞さないと 強気の発言です。
  ポンド安で観光客が増えたロンドンで 買物をする中国人観光客
c0192063_1131467.png


ユーロはどうなるのでしょう。

8月にアメリカの若者が 冗談半分に始めたピエロに仮装して通行人を脅かす動きは
欧州にも真似する若者が出てきて イギリス、フランス、デンマークと広がりを見せはじめ
ついに ドイツでも若者がピエロの仮装で 夜の公園や 車道に現れて驚かしていましたが
今度はピエロの格好で バット、チエンソー、を持ち 強盗事件にまで発展し始めました。

c0192063_11183454.jpg


当初は夜の闇から突然ピエロが現れて 人々を驚かしていただけなのですが
エスカレートし 最近は十数件の強盗事件にまでなっています、
フランスやイギリスでも ゴルフクラブを持ったピエロが 車を襲う事件が起きています。

ハローウインに紛れて 真似をする馬鹿な人が出てこなければ良いのですが。
ドイツだけで 十数件の強盗事件が発生していて
他の国でも 数件の強盗事件が起きているようです。

予断ですが 早朝のニュースで NHKが流していましたが
「国境無き記者団」が沖縄の高江で 沖縄の新聞記者が機動隊に移動を命じられ
反対派のデモの取材を妨害されたと 訴えていると 声明を発表しましたが、
取材の自由を妨害していると
例の沖縄2紙でしょう、過激な左翼の機関紙みたいな 一応新聞です。
ネッに載っている デモ隊の過激な暴力は何故捕まえないのか?と
全国から意見が続出している事案です、
神奈川新聞の I記者と言い 少し頭がおかしいのでは?と
笑止千万です。
イタリアの過激派に属し 爆弾事件にも係わり欧州の検察にマークされている記者も
日本の外国人記者クラブに所属して活動しています、
ドイツ人で滞在20年以上と言う 禿頭のドイツ人記者は 
日本から日本を貶める 所謂 従軍慰安婦だの、南京大虐殺だのの記事をドイツに送り
ドイツの新聞は其の記事を載せて 欧州全域に反日の機運を喧伝しています。
 
彼等は訳の解らない記事を海外に発信していますが、
特派員協会や外国人記者クラブって?何、
安倍総理が訪米した時の会見で 
所謂 安倍総理は右翼だ、軍国主義者だのレッテル張りの次元を越えたプロバガンダに対し
日本の防衛予算の伸び率を 近隣諸国や欧米と比較し 説明して、
それでも 私を軍国主義者と考えるのなら 「どうぞ」と発言しています。

以前書きました様に 所詮 知性と良心に従って記事を発信するのではなく
たかり ゆすり、おもねりの記事で口を肥えさせる 「羽織ゴロ」のレベルです。

7月に書いて載せました イギリスの政治家の言葉ですが、
「永遠の敵国は無い、永遠の友好国も無い、在るのは永遠の自国の利益だ」
ダウニング街の首相官邸の猫の名前に其の名を残すハーマストンの言葉ですが、
詳しくはこちら
       バンクシーの猫の絵です
c0192063_11274640.jpg

   いつも 机の上に置いてある頂き物の ルネ・ラリックの工房製
          クリスタルの猫像です
c0192063_11294427.jpg

by monk-1 | 2016-10-25 11:43 | Comments(0)

外を行き交う車も少なく 静かな日曜の朝です。
コーヒーを 落としながら 見るとも無く外を見ていて感じた事なのですが、
昨夜 遠くのマンションのベランダで光っていた灯りは 
ハローウインの飾りのようです

朝日に照らされた プラスチック製のカボチャモドキの飾りは
何か 間の抜けた”おばけ”で 収穫祭とは程遠く チープな感じですが、
商業主義に踊らされる 現代人が置かれた悲しささえ 覚えます。
子共が喜ぶなら、季節の風物詩として、目くじら立てずに

まあ~いいか。

早く 終って欲しい アメリカの大統領選挙ですが、
皮肉っぽく こんな風刺画も、候補者は4人出ているのですが?

c0192063_112354100.jpg


ユーロサミットが終りました。
移民問題、イギリスの離脱、シリア爆撃のロシアに対する新たな経済制裁。
そして 対EUとカナダの自由貿易協定と
何一つ 決まらず終えようとしていました、カナダの貿易相クリステイア・フリーランドは
ブリュッセルの空港から帰国する所で記者団に取り囲まれて
半分泣き顔になり 涙を浮かべながら 一国だけ ベルギーが反対して纏まらなかったと

c0192063_11311820.png

An emotional Canadian Trade Minister Chrystia Freeland left the talks in Brussels,
saying the EU was "not capable" of signing a trade agreement.
Tears over the collapse of the EU-Canada trade deal
ベルギー代表 ポール・マグネッテイ 代表(左側)です。
c0192063_11403622.jpg

このままでは ユーロは何も決められず 纏まりのない組織と 
悪いイメージを世界中から持たれると
ユーロ議長が仲介し ベルギーを納得させて 
空港のカナダ貿易相を引き返させ 何とか纏まったようです。
一応 ユーロとカナダの協定がまとまり 顔もたちました。
c0192063_1144075.jpg

このままでは ユーロの星(イギリス)ひとつだけなく 
ユーロ自体が空中分解のイメージになるのを 怖れたわけです。
一方離脱を決めた イギリスにとっては カナダとユーロの自由貿易協定は
将来のイギリスとユーロの 来年2月正式発表、3月から交渉開始に
今後の大きな参考になります。
イギリス首相はユーロサミットに参加して、各国首脳と個人的な友好関係を築く
とても 大事なチャンスなのです。
c0192063_11515222.jpg

c0192063_1152391.jpg

c0192063_1152585.jpg

      アイルランド首相と笑顔で握手
c0192063_11531659.jpg

対ロシア制裁はイタリアを始めとする 複数の国が公然と
「経済制裁は我が国になんの利益もない、むしろ逆に経済制裁を受けているようだ」と
国内農家の反対が強く まとまりませんでした。
元々NATOの東方不拡大を ロシアと約束していながら
約束を破ったのは NATOの方で、
クリミアの住民投票で圧倒的に住民が 帰属先の国をロシアと選んだ事で
ロシアは 堂々とクリミアを併合してしまいました、
アメリカの目論見は見事にハズレてしまい ロシアへの経済制裁を押し付けたわけです。
元々 ウクライナの政変はジョージ・ソロスが資金を出した NPOが
自由が無いとか 人権がとか、汚職が・・・・、お馴染みのプロバガンダでデモを組織して
親ロシアの大統領を引きずり下ろして 現在のポロシエンコを据えたわけです、
問題の根本には ウクライナ経由で ユーロにロシアから送られるガス、石油の利権です
ロシアは 最近トルコと外交関係を回復し(サウス・ストリーム)パイプライン2本敷設を決め
トルコ系由のパイプ・ライン建設に同意して、一本はトルコ用
残りの一本は 南ヨーロッパ向けで、ギリシア、イタリアに取っては嬉しいお話です。
こうして 先手々をロシアに打たれるので 石油メジャーを抱える国 米、英、蘭には
プーチンは目の上の タンコブ状態なのです、メデイアも倣って
      エコノミスト紙の表紙まで?
c0192063_12105169.jpg


欧米のメデイアは まさに「坊主憎けりゃ 袈裟まで憎い」を地で行ってます。
シリア政府と連携して 次々とISの拠点を破壊し
ついに アレッポ陥落も時間の問題となりました、
イラク攻撃でトルコのIS攻撃を トルコ訪問中のカーター国防長官が要請した形で
イラク北方から参加を決めましたが、
イラク北部のクルド人部隊攻撃と 国内に抱える反エルドランのクルド人への迫害を睨み
難しい問題に アメリカは GOサインを出してしまいました。
イラク政府はトルコ軍介入に反対していましたが 主権を無視して決めてしまい
IS壊滅後のトルコ、イラクの間に 大きな問題を抱えるようです。
メデイアも シリアのアレッポ空爆で ロシアは民間人を殺傷していると、こんな写真を載せて
c0192063_1229521.jpg

c0192063_12292890.jpg

ロシアのイメージを悪化させようと 必死です。
メデイアの記事捏造は 日本でも 殆どのニュースで
民進党の党首が 27年間国籍法違反をしていて 
被選挙権も無い不法状態で議員を続けていた事は 一切報道しません、」

先日も沖縄派遣されている 大阪の若い機動隊員の発言の一部だけ取り上げ
反対派の日本中から動員をかけられ 反対運動をしている過激な左翼の暴力を始めとする
様ざまな 違法状態を報道しません。
沖縄の機動隊には 自宅も家族も全て”ばれているから”と 脅しています。
それで 他県から 機動隊を派遣している状態なのです。
ロシア憎しで事実を捻じ曲げる報道の姿勢は 酷い物です。

上の写真の 女の子と母親がインタビューに応じていますが、スプートニク電子版(日本語)より

一連のメディアで「ロシアおよびサウジ軍の犠牲になった」として取り上げられた
アレッポ出身の多数の火傷を負った少女は
消されていなかったローソクの灯りによる火災で火傷を負っていたことがわかった。
スプートニクはアフド・アル・ハデリちゃんが治療を受けている病院に赴き、
父のアラア・アル・ハデリ氏に起こったことの真相解明を試みた。
アラア氏によれば、父娘はシリア軍の管理下にあるアレッポのアル・ジャビリア地区に住んでおり

「火事で死んだ6歳になる息子はまだみな寝ている時間に朝早く起き、
トイレに行こうとローソクをつけた。そうして消し忘れて戻ってきた。
姉が煙のにおいで目覚め、叫んで母を起こした。
母はパニック状態で子供を連れて逃げることを思い至らず、
それでも外へ出て隣家に支援を請おうとした。
ドアをあけると酸素のため火の手が家中にすばやく広がり、
一番上の娘も家から逃れたが、アフドと弟は家の中に残された。
我々は隣家とともにアフドだけは助けられ、
アル・ラジ病院にすぐに運ばれ、第3度の火傷と診断された」

現在アフドちゃんは整形を含め多数の手術を必要としている。
父によれば、娘はとても気立ての良い子で、面倒見のいい11歳の小学4年生という。
アラア氏は知人らがダマスカスとモスクワが市民を空爆しているとして非難を行うための
「空想的な」ニュース種として
アフドちゃんの写真がメディアで報じられているのを見てショックを覚えたという。
© REUTERS/ Goran Tomasevic
イタリア、ロシアとの対テロ共同戦線の強化に意欲
「娘の写真が、シリアとロシアの空爆で被害にあった
シリアの少女に関するニュースの中で、使われていたのを見せられた。
子供の写真を戦争のプロパガンダの手段に使ってはいけない、と言いたい。
これは呪わしい戦争であり、私の子供たちの写真を自分の目的に使ってはいけない!」と同氏。
一方アフドちゃんの主治医アラア・アド・ジン・アル氏はスプートニクに対し、
アフドちゃんは顔、肩、腕に第3度の、また足に第2度の火傷を負った状態で
病院に搬送された、と述べた。
c0192063_12473142.jpg


https://jp.sputniknews.com/opinion/201610212926252/

アメリカの大統領選挙でも トランプはマスコミの 反トランプ報道に耐えかねたのでしょう
「不正な選挙だっ!」 選挙後 公正な報道?をする TV局を作るそうです。

英国王立気象学会は、英国王立写真協会と共同で写真コンテスト第1回「Weather Photographer of the Year」の結果を発表した。

c0192063_12542698.jpg

c0192063_12544541.jpg


最後に 先日アメリカを襲った ハリケーンですが こんな 思いがけない良いことも
ハリケーンの置き土産で、えび漁が豊漁のようです。
c0192063_12571715.png

Fisherman catches "sea monster" of a lobster after Hurricane Nicole
伊勢えび(ロブスター)でしょうか? ラングストンでしょうか? 何人前出来るのでしょう?
by monk-1 | 2016-10-23 12:59 | Comments(0)

寝不足気味です

天気予報がはずれて 横浜は朝から良いお天気です。
北国の上空には寒気が流れてきているそうで、
北よりの風が心地よく感じられます。

気候が安定しないせいでしょうか
もう咲き終わった金木犀と 咲き始めの金木犀が同じ場所に
そして季節はずれの 百日紅も おかしいですね。

最近寝つきが悪く 寝ても2時間ぐらい置きに目が覚めてしまい、
ウトウトと浅い眠りが続いています、

見るとも無く 海外のニュースを見てしまいますが
何処も似たような物ばかりで 食傷気味です 
PCでネットのFMを聞きながら本を読むのですが 長続きしません、
どうしたものか?
眠くなるまで起きていると 寝付くのが明け方になってしまいます。
自律神経失調症なのかしら?(お酒 飲み足りないのかな!)

大統領選挙戦は 益々泥仕合の様相です。

メデイアは次々とトランプの女性問題を ”これでもか”と取り上げていて、
ニューヨーク・タイムス以外のメデイアまで取り上げ始めました
異常ですね、 
セクハラを訴えた女性の数は 9名になりました。

中には女性が執拗なので トランプがトイレに逃げ込んでいる 現場を見たと
証言者まで現れて、何処まで本当のお話なのか

マスコミの意図的な操作や捏造は 日本だけではなくアメリカも一緒なんです、
そのうち 又 「キル・ザ・ジャップ」なんて
戦前の 出っ歯で目の釣りあがった 日本人の漫画を載せて
「日本人悪玉論」を言い始めて 日本叩きですか、
知性のかけらも無いですね マスコミ人は 日本もアメリカも。

一方 ウイキリークスは 
国務省退任後にヒラリー・クリントンがゴールドマンサックスで行った構演の発言を
以下にウイキリークスから引用です

ウィキリークスの暴露でばれたヒラリーの無知
  中国が「南シナ海」と言うのなら「太平洋は『アメリカの海』ね」。
ウィキリークスが暴露したヒラリークリントンの中国に関して演説内容を読むと、
彼女が中国に対して無知と誤解による幻像を抱いていることが明らかになった。
ヒラリーは国務長官辞任後、ウォール街の大手ゴールドマンサックスや、
その関連会社、CMEグループなどへでかけて、高額な講演を行っている。
そのときの講演録が、こんかい、ウィキリークスの手で暴露されたのだ。

 「習近平は胡錦涛より、はるかにマシな政治家よ」と彼女は言い放った。
 「胡錦涛がなしえなかった経済改革と社会改革に壮大なビジョンがありそう」。
 「なによりも彼は短時日で軍を統率して、権力を集中している」。

 習近平をほめあげる理由として、「30年前にアイダホ農家に短期だが、
 ホームスティの経験があり、彼の娘がハーバード大学に留学していることは、
 発表はないが中国高官はみな知っている。
 つまりかれらの「中国の夢」って、「アメリカンドリームの中国版」なのよ」。

 しからば、中国軍人たちの愛国心とは何かと問われたヒラリーは
 「人民解放軍の幹部、とりわけ50代、60代の軍人等は
 周りに親戚や家族や友人が「日本軍に殺された」というわ。
 中国のナショナリズムって、『反日』なの」。
 
 講演したのは2013年の6月4日(天安門事件記念日に中国を褒める無神経に注目したい)、
 そして同年10月(日付け不明)と同年11月18日。
 いずれも習近平が国家主席となって数ヶ月ばかりの頃である。
 中国へのあまい評価と幻像を抱いていることがこの演説からも読み取れる。
引用終わり
    メール問題で議会証言するヒラリー・クリントン
c0192063_13325141.jpg


当初の安部政権への冷遇も解りますね、
ヒラリーの歴史認識もこの程度なのです。
元大統領のビル・クリントンの財団への中国マネーの流入と言い
ヒラリーへの選挙資金菅理団体への 中国共産党政府が迂回して
民間企業の名前で寄付をしていることもばらされてしまい
大統領候補がこの程度では アメリカ国民も本当に不幸ですね、
もっとも アメリカ国民自体が 情弱者でお人よしですから
マスコミの煽動に乗る人か 意外と本音で話すヒステリックなトランプ支持者か
大国も内情は ローマ帝国末期のようです。

オバマまで
US election 2016: Stop whining, Obama tells Donald Trump
意図的に訳すると 「負け戦だからって 泣き事言うんじゃないよ トランプ」と
c0192063_13144820.jpg


トランプが演説会で 次々とセクハラ問題で非難をするメデイア、そして
共和党の実力者が マスコミ報道に煽られて トランプ支持を撤回すると言う
前代未聞の話になってきています、
トランプは演説会で
 「RIGGED SELECTION」・・・・・・不正な選挙だ!!
 「CORRUPT」・・・・・・堕落した、退廃したメデイアに依る意図的な選挙民への
 洗脳や刷り込みが 行われていると。
c0192063_13321225.jpg


両者の支持率はマスコミが煽るほどには 離れず
大票田フリリダ州の帰趨が選挙戦に大きく影響するようで 
両陣営とも 必死です。

トランプ候補は 大統領に決まったら真っ先にロシアを訪問して
プーチン大統領と会談すると発表しました。

ウクライナ問題、中東の作戦で ロシアに先手を取られて
シリアで アメリカとロシアはぶつかり 戦争に成るのでは?
新たな冷戦時代に入ったと マスコミが煽り立てている時の
ロシア7訪問発表です。

ネットの発達で 今まで報道されてこなかった、
細かな情報に接する事が出来るようになりました。

前回 少しだけ書いて載せましたが
イラクのモスル侵攻で IS駆逐は時間の問題と書きましたが、
矢張り モスル近郊の村が 20ほど開放されました、
問題の ISの残党をサウジアラビアと共同で6000人シリアに送り込む心算で
モスル侵攻のクルド人部隊、イラク政府軍と支援する 英米は
モスルの東側(シリア側)に ISの逃げ道を作って攻撃しています。
さあ そちらから シリアにどうぞ?と 言う訳です。

そのシリアですが アレッポの爆撃をロシア空軍と シリア政府軍は
人道支援物資輸送の為 8日間休戦すると発表して 攻撃を止めました。
アレッポ北側と西側(トルコ国境に近い)に IS専用のバスを用意して
このまま戦死するか、 戦闘の意志を放棄してバスで逃亡するか?と
2社択一の選択を迫っています。
モスル陥落まではおおよそ 8日掛かりそうで アレッポの停戦も8日?
早朝発表されたイラク軍の担当者は モスル攻略には3ヶ月掛かると発表しました。

又 ロシアとシリア政府軍に先手を取られたようです。
恐るべし プーチンとロシアの情報収集能力ですね。

戦が止み 平和裏に話し合いで解決してもらいたいものです。
中東に権益を持っている 英国・フランスは出番が無かったようですが、
フランスは湾岸諸国に せっせと 戦闘機を売り歩いています。 したたかですね。

以前書きました エジプト中王朝末期にパレスチナから流入する移民達は
紀元前1500年頃から始った エジプトの緑地の砂漠化と供に
王朝はナイル川沿いに移り行き
その勢力も 砂漠化と供に衰えて行き 当初は共存していた移民たちに押され
ついに エジプト中王朝は途絶えてしまい、
移民 ヒクソスにより 6代の移民王朝を誕生させてしまいます
ノアの箱舟で有名なノアの子孫 アブラハムがエジプトに移り住んだ時代と符合します。

全ユダヤ人の祖先と言われる アブラハムが一緒に移り住んだヒクサス人とは
パレスチナ近辺に住んでいたユダヤ人の事でした。

その時にエジプト王朝では 新王朝が出来る上で欠かせない(ヒエロガモス)秘儀が
新王誕生時の秘儀があり 
そのヒエロガモスとも言える秘儀を取り仕切る祭司の密議が必要でしたが
ヒクサス人は手にする事が出来ませんでした。
エジプトでは 王が死ぬとオシリスになり、その息子は直ちにホルスとなり
すなわち 新たな王となるのですが、王になる過程で秘儀が執り行われ
仕切る祭司が フリーメーソンのロイヤル・ロッジの役割をしていたようです。
薬剤や薬草を調合し臨死体験のような 数時間仮死状態になり
光に包まれ(イルミネーション)る経験をして 息を回復する事で新王、神の位に
就く事ができるそうです。
緻密な計算で仮死の状態から回復するのは 陽が上る朝だそうです。

ヒクソス人に秘儀を教えるように脅されたようですが 勿論断られてしまい、
取りわけ執心だったのは ヒクソス王「アポピ」だったようです
当時テーベにいた エジプト王セクエンエンラ2世に対して
オシリスの秘儀を明かすように求められましたが 断られ
ありとあらゆる嫌がらせををし 軋轢を生み 最後にセクエンエンラ2世は殺されます。

この セクエンエンラ2世こそメーソンリーの始祖
ソロモン神殿を建てた建築家として其の名前が書かれていたヒラム・アビブでした。

セクエンエンラ2世とアポピの闘争は 聖書にも書かれていて
この二人に繋がりのあると思われるのは
アブラハム、息子のイサク、ヤコブ、ヨセフ そしておそらくはモーゼです。

ソロモン神殿の秘宝とは「オシリスの秘儀」なのです、
財宝探しで映画や小説に出てくる 聖杯伝説や財宝ではなく
恐らく フリーメーソンリーの最高位に位置する人たちは
2000年以上前から 「オシリスの秘儀」を言い伝えられて知る人たちです。
自らが フリーメーソンの第三階級に所属する
「封印のイエス」の著者 クリストファー・ナイト とロバート・ロスが調査した
ヒラムの鍵が解く キリストのミステリーより 引用しました。

少し 長くなりましたので 又の機会に詳しく書きたいと思います。
     
         私は秘儀とは関係ありません、でも少し不気味でしょう?
c0192063_14294294.jpg

by monk-1 | 2016-10-19 14:33 | Comments(0)

一気に冷え込んだ お天気模様になりましたね、
紅葉もさぞ進む事でしょう。

アメリカの大統領選挙は 益々泥試合の様相で、
ニューヨーク・タイムスがこれでもか!と 又トランプの女性問題を報道しています。
2人の女性を登場させて 過去の行状の暴露記事です。
メデイアは 特にNTは 左翼系で民主党贔屓なので 又か・・・・と。
事実関係は解りません。

トランプが手を回した訳では無いようですが、
ツイッターには 
元アーカンソー州 州知事時代の元大統領クリントンが産ませた子共のツイートが

c0192063_1422158.jpgDanney Williams ?@danney_williams



c0192063_1474057.jpg

英デイリー・メールの報道によると、
デニー・ウィリアムスという若い男性がSNSに動画を投稿した。
そこでは、1984年アーカンソー州で、
元売春婦の彼の母親とビル・クリントン氏の間に情事があったと語られている。

クリントン財団の会長は自殺を望んでいた彼女が妊娠した時、
元大統領ビル氏は自らの子だと認めることを拒んだ。
さらに女性本人も、ビル氏はその期間で唯一の顧客だったため、
他の誰かの子供だということはありえないと断言している。
さらに、ウィリアムス氏は、
アーカンソー州では彼が大統領の息子だということは誰もが知っていて、
彼らの相似を強調していたと述べた。
ウィリアムス氏は、自身が全人生で父親と接触しようと試みていたが、
いずれも成功しなかったと述べた。
ある時、彼はクリントン夫婦の家の敷居をまたぐことにさえ成功したが、
彼の目の前でドアが勢いよく閉められたという。
動画でウィリアムス氏はヒラリー・クリントン氏に、彼を無視することをやめ、
彼の生物学的父親と再会するチャンスを与えるよう懇願している。
だがマスコミは、実施されたDNA検査は、
ビル氏とウィリアムス氏は血がつながっていないと示していると報じている。
一方、テストは不正確だったため、このデータに完全に頼ることはできない。
ウィリアムス氏自身は、DNA検査を受けたことは一度もないと述べている。
引用 終わり

いやはや 大統領選挙と言うよりも スキャンダル合戦です、
しかも 大手マスコミが主導しての 泥試合で
困った夫婦ですね、
そう言えば元大統領は大統領執務室でも下半身スキャンダルが在りましたね。

c0192063_14134682.jpg

アメリカ政界がこんな感じで乱れている事を良いことに
アメリカ海軍の巡洋艦が紅海を航行中に 
4日間に3発のミサイル攻撃を受けたと発表しました。
参謀本部は当然然るべき手を打つと、 つまり反撃の攻撃をすると発表しました。
複線があります、

先週 サウジアラビアが南イエメンの首都サアナを無差別空爆し 
数百人の反政府軍や病院関係者や患者を死亡させました。
イエメンの内戦は イランが応援する反政府軍が有利に展開し
サウジが空爆で政府軍の応援をしていますが、形勢は不利です。
c0192063_1418305.png

c0192063_14185048.png

緑色部分が反政府勢力の支配地で 赤色部分が政府側支配地です、
政府側は サウジアラビアに亡命政権を樹立していて 大統領はサウジアラビアにいます。

アルカイダの資金をサウジ政府が拠出していたことが明かされて
アメリカ議会の秘密文書解禁以来 サウジ政府はアメリカ政府との間に距離を置きはじめ
9.11の犠牲者の遺族が 
サウジ政府相手に訴訟を起す事をアメリカ政府が許可する法案を
大統領は 拒否権行使で対抗しています、
冷え切ったサウジとの関係を 修復するには
不利に展開している 南イエメン内戦にアメリカ軍が参戦する事で
サウジとの中を元に戻そうとする アメリカ軍の思慮遠謀でしょう。

こんな写真も中東のアルジャジーラの電子版からですが
            アルカイダの石油掘削基地です
c0192063_14351945.jpg

 アフガンの副大統領とアルカイダの幹部がテキサス州シュガーランドで会談し
 パイプライン創設を相談して決まったと。アメリカの石油業者と記念撮影です。
c0192063_14353574.jpg

Members of the Taliban at former Unocal Vice President Marty Miller's house
in Sugar Land, Texas for pipeline discussions [Al Jazeera]
The al-Qaeda chapter
Unocal continued with its plans and flew core members of the Taliban
to Sugar Land,
Texas and Unocal headquarters to further investigate the project.
At the same time, a new leader had begun
to reestablish himself in Afghanistan
post-Soviet rule: Osama bin Laden.

The Bill Clinton administration,
now aware of the value of the pipeline,
continued in its efforts to influence the Taliban regime.
However,
the 1998 bombings of the US embassy in Nairobi claimed by al-Qaeda
changed everything.

ブレジンスキーが言ってた綺麗ごとには裏があり、
ソ連よりの政府を倒し、オサマ・ビン・ラデインも殺してしまい
ビル・クリントン大統領時代のナイロビ大使館爆破の諸問題を解決し?
無事に当初の目的の 石油利権が手に入ったと、目出度し 目出度し!!
アフガンで血を流した 多くの若者達は 一体何だったのでしょうね。

大統領選挙でアメリカ国民が目を離しているスキに
元ヒラリー国務長官の部下だった シャーマン元国務次官が韓国を訪問しています
c0192063_14535480.jpg


アメリカでは 複数のシンクタンクの研究員や東アジア専門の教授から
米国の「先制攻撃論」(2016年9月) が発表されていて、
北朝鮮首脳部の首を取ると、
北朝鮮は例によって ホワイトハウスを灰にすると 威嚇しています。
そんな 中の米韓海軍による軍事演習です。

5日 北朝鮮、高速道路から3発の弾道ミサイル連射、1000キロ飛び日本のEEZに落下
9日 北朝鮮が5回目の核実験を実施し「戦略ミサイルの核弾頭の生産が可能になった」
10日 稲田朋美防衛相、韓民求国防相に電話会談で、GSOMIA締結を呼び掛ける
12日 韓国国防相報道官「日本とのGSOMIAは必要な雰囲気。ただ、国民の理解必要」
16日 マレン元米統合参謀本部議長「北の核の能力が米国を脅かすものなら先制攻撃しうる」
19日 カーター国防長官、在韓米軍のスローガン「fight tonight」を引用「その準備はできた」
20日 北朝鮮「推力重量80トンの静止衛星運搬用ロケットの新型エンジン燃焼試験に成功」
20日 ハイテン米戦略軍次期司令官「北朝鮮はいずれICBMを持つ。すぐに備えるべきだ」
22日 米大統領報道官、対北攻撃を聞かれ「一般に先制的軍事行動に関し事前に論議しない」
24日 ヴィクター・チャ教授、中央日報に「北朝鮮のICBMの破壊も検討」と寄稿
26日 米韓海軍、日本海で合同訓練。韓国軍「北朝鮮の核・ミサイル施設や平壌が攻撃目標」

北朝鮮はアメリカの本気度を計算しているのでしょう
中国もロシアも仲介はしないでしょうし。
又 アメリカはお得意の「誤爆作戦」でもするのでしょうか?

ロシアのプーチン大統領は 欧米の投資家を集めた講演会で
c0192063_153666.jpg

ロシア側は米国のパートナーらに対し、前向きな対応をしたにもかかわらず、
米国はシリア停戦の合意を破った。
プーチン大統領は仏TV局「TF1」からのインタビューにこう語った。
ロシアは誰がアレッポ付近で人道援助の車列攻撃したか知っている
プーチン大統領は米国との交渉がどう行なわれたかについて、
ロシアはテロリストとシリア反体制派の中でも健全な組織とを分け、
その後停戦を宣言する必要性を主張したものの、
米国は逆の手順で事を進めるよう呼びかけたと語った。
「最終的には我々は米国の呼びかけに応じ、9月12日、『静寂の時』、停戦が宣言された。
ところが9月16日、米国航空隊はシリア軍に攻撃し、80人が戦死したのだ。」
「そしてまさにこの瞬間、
〔米軍の〕空爆の直後にダーイシュ(IS,イスラム国)はこの地区で攻撃に転じたのだ。
」 プーチン大統領は、米軍のある人物が、
この空爆を米国は数日間にわたって準備したとずばりと明言した事実に注意を向けた。
「米国がこれを準備したのであれば、
彼らがはずすわけがないだろう?そんなわけがないではないか?」
プーチン大統領はこう問いかけた。続きを読む

そんな中 プーチン大統領はフランス訪問を中止しましたが、
フランスの週刊誌が 情報筋の話として、
サウジ政府とアメリカ軍はシリア東部に 
イラク国内のISを6000名移動させる事で合意したと、
駆逐されたシリア東部に再び6000名のISを送り込み 
アレッポ周辺で壊滅が近いISを 再び復活させようと試みているようです。
イラク国内のISは ほぼ壊滅に近く
c0192063_15134891.jpg

シリア国内でも4000名程のISメンバーのうち大多数が戦闘で殺され
3割のISメンバーが 国に戻りましたが欧州では行方を捜すのに 大変です
1200名ほどが 欧州にもぐりこんでしまいました。
イラクも地図を見て解るように IS壊滅は時間の問題です。
残党をシリアに送り込み 最後の紛争を起し 利用しようと 何故?
勿論 石油利権です。
             こいつらは 何て事考えるのだ 恐ろしい!
c0192063_15233624.jpg

by monk-1 | 2016-10-13 15:26 | Comments(0)

吝嗇な 大統領候補者

連休も終わり 漸く秋らしくなりました、
夜半過ぎに目が覚めてしまいましたが、良く眠れます。 
早めにコーヒーを落として 読みかけの本に目を落としていました。

昨日は見るつもりはなかったのですが 
アメリカの大統領候補の討論会を見ていました。

横浜ベイスターズのSC 対ジャイアンツ戦の決勝戦まで
雑事を片付け 酒肴の用意を済ませていたのですが
その後時間が余ってしまい 討論会を見る破目になりました。

一年以上前にも 拙ブログに書いたのですが
両候補とも 余り私には好きになれません。
ヒラリー・クリントンは後援会への チャイナマネーが嫌ですし
安倍総理誕生した時の冷遇は忘れる事が出来ません 
オバマ大統領始め アメリカ民主党の後援会に中国共産党が民間会社を装い
多額の資金提供をしていて(元大統領 ビル・クリントンの財団にも)

アメリカの政策に注文をつけていて 中国贔屓の高官が安倍総理は右翼だとか
歴史修正主義者 だとか、 
民主党贔屓の多くのマスコミも一緒になって日本叩きでした。
その後
中国共産党の様々な場面での強引さが顰蹙を買い
真の中国を知るに付け 政策が少しづつ変化してきました。

遅すぎましたね! 
韓国、中国のアメリカに於ける反日政策のブロバガンダは目に余ります。

トランプ候補はあの通りです
作家の城山三郎さんの小説に 
題名が「粗にして野だが 卑ではない」と言う小説が在りましたが、
自らの出自を卑下して 租野な人間だが 卑しい人間ではないと、
国鉄総裁の石田礼助さんの伝記小説でした。

オバマ大統領が言った Vulgar comment (バーガー・コメント)
つまり 下品、無作法、無教養、租野、卑しい オツムが弱くバランス感覚が無い
単なる成金上がり こんな感じでしょうか。
親の不動産業の遺産を引き継ぎ 事業を成功させてきたように見えますが、
幾つも裁判を抱えていて、下請け業者への支払いも踏み倒し
不法移民を低賃金で使いビルを作り
おまけに 連邦法で義務付けられている 税金を8年以上も払っていないと
納税証明書を あれほどマスコミから見せろ、出せと言われても
何処吹く風です
億万長者になるには 
この位悪どく仕事をして生きてこないと、成れない事を実証しました、
まさに吝嗇ですね。

世界最大のイギリスの銀行 HSBC(香港上海銀行)の創設者サッスーン一族も
創設者のユダヤ系ペルシャ人は アヘン戦争で有名な
東インド会社と供に 明国にアヘンを売った儲けで設立された銀行で
香港上海銀行時代、戦前の金解禁に際し、モルガン商会やクーン・レーブ、
ロスチャイルドなどとシンジケート団をつくり
その直後のドル買い事件ではナショナルシティ銀行や野村証券などと買いに走りました。
HSBCはその個人口座を使い 麻薬資金のロンダリングを始めとして
脱税幇助、等 各国検察から頻繁に捜査を受ける悪名高き銀行です。

トランプもHSBCも金儲けにルールは無いようです。

アメリカの大統領候補の選び方を見て感じることは
広いアメリカを自家用機 もしくは リースを受けて 一年間東西南北を飛び回る
選挙キャンペーンを繰り広げるのですが
その資金を先ず集める事から 大変です。
逆に言いますと 候補者の見識や思想 政策等の以前に資金が豊富でないと
大統領候補の予備選挙にさえ 出ることが出来ないと言う
金まみれの選挙だと言う事です。

調査会社のアンケートによりますと
アメリカ国民の7割以上が 貯金10万円もないと言う現実です
カード社会で信用度は カードを持つ事で何とか生きていける社会なのです
金融資本の思惑通りに、アメリカ国民の大多数は 鶏小屋で毎朝卵を産まされる
ケージ社会で 卵を産む鶏が より良きアメリカ人なのです。

クリントン候補に負けた サンダース議員を支持した多くの若者や
トランプ支持に走る プアホワイト(貧しい白人)達の閉塞感が
アメリカ社会の現実を 顕現しています。

保守党の重鎮のポール・ライアン下院議長も
c0192063_1303677.jpg

Paul Ryan, the highest-ranking Republican officeholder, has officially given the signal. The SS Trump is sinking, and it's time for members of his party to calmly, quietly head to the lifeboats.
トランプの応援はしないように共和党議員に呼びかけ
前カリフォルニア知事のシュワルツネッガー氏も共和党議員20数名と供に
トランプ候補には投票しないと発表し
俳優 ミュージシャンのボノボ等も 
ミック・ジャガーは講演会でローリング・ストーンズの曲を使用するなと抗議し
反トランプを鮮明にしています。

俳優のロバート・デニーロも
c0192063_1393814.jpg

Robert De Niro has dismissed criticism from Jon Voight over a video in which De Niro said he would like to punch Republican presidential candidate Donald Trump in the face.
In a video released on Saturday, De Niro called Trump “blatantly stupid … he’s a punk, he’s a dog, he’s a pig, he’s a con, a bullshit artist. A mutt who doesn’t know what he’s talking about.
“He talks how he wants to punch people in the face.
Well, I’d like to punch him in the face.”
顔面にパンチを食らわしたいとは 過激ですね。

マスコミの多くも反トランプで纏まり 元々リベラルを詠い民主党贔屓でしたから
トランプの負の部分を掘り起こし 一大キャンペーンです。
どっちもどっちで、 どうでも良いのですが。

アメリカ社会の”ゆがみ”や ”ひずみ”は犯罪の多発に繋がっています。
討論会の前日も ツイッターより

c0192063_13181733.jpgEvan Dean
@_EvanDean
Grand Rapids, MI
PHOTOS: 9 shot, 1 killed at large party at GR strip mall. "Clearance Outlet" looks more like party hall inside w/ balloons, streamers, etc. pic.twitter.com/EO0MqFBIWY
19:50 - 2016年10月9日
c0192063_1323410.jpg

c0192063_13232471.jpg


ショッピング・モールで銃の乱射事件です、死者と負傷者の多数出ているようです。

ハリケーンの被害も酷いようで

c0192063_1339810.jpg
c0192063_13392270.jpg

c0192063_13394431.jpg
c0192063_13395995.jpg


ネットで一躍有名になった トムビリの猫ちゃんですが、
日本のTVでも紹介されていましたね

c0192063_13434417.jpg

こんな 銅像が作られました
c0192063_13445429.jpg

by monk-1 | 2016-10-11 13:46 | Comments(0)

始めて知りました。

北国からは 山だけでなく平地にも降雪が在ったようです、
ニュースでは 初冠雪の東北の山の映像が流されていますが、
何故か北国生まれのモンクには 雪景色の山は懐かしさを覚えます。
札幌冬季オリンピックが決まる 以前ですが
学校が終ると 夏は馬術の為馬場へ、冬はスキー部の練習で山へ
週に一回は札幌近郊の手稲山へ出かけて 山スキーを楽しんでいました。
奥手稲や春香山も 懐かしい山です。

リオ・オリンピックのメダルを取った選手達のパレードが銀座で行われていますが
TVは 何処もパレードを放映しています。
祭りや花火の後の寂しさにも似て ああ 終ったんだな~と、
次の東京に向けて 既にトレーニングに励む選手達もいる事でしょう、
次に向かって頑張って欲しいものです。

連日になりますが、昨日フイリッピンの大統領の発言を伝えましたが、
西村慎吾さんから メルマガが届きまして
私も始めて知る事実が記されていましたので 此処に載せさせていただきます。

西村眞悟の時事通信
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
ドゥテルテ発言の背景にあるフィリピンの歴史と現状
平成28年10月5日(水)

 ロシアからフィリピンを連想した訳ではないが、
 ロシアの次ぎにフィリピンについて書いておきたい。
 フィリピンの新大統領ロドリゴ・ドゥテルテの
 発言の背景を知っておく必要があると思うからである。
 
 フィリピンは、ポルトガル人のマゼランが、
 一五二一年、スペインの艦隊を率いて太平洋の東から到着してから三百年間以上、
 スペインの植民地となり国名もスペイン国王のフィリップ二世にちなんで付けられた。 
 しかし、スペインは、南のミンダナオなどのムスリム地帯を遂に平定できなかった。
 スペインとムスリムのモロ族は、
 ミンダナオなどで三百年間戦い続けたのである(モロ戦争)。
 
 さて、
 一九一一年以来七十四年間、アメリカ軍の正式軍用拳銃は、
 日本名コルト45自動拳銃(M1911、ナインティーンイレブン)であった。
 そして一九八五年に軍の正式拳銃がべレッタ92Fになった後にも
 コルト45はアメリカ軍の特殊部隊などで現在も使われ続けている。
 このコルト45の誕生こそ、
 フィリピンとアメリカの関係を如実に示すものであり、
 ひいては、
 今年九月のロドリゴ・ドゥテルテフィリピン大統領の
 オバマアメリカ大統領に対する発言につながってゆく。

 一八九八年、アメリカとスペインの米西戦争の最中、
 戦場のアメリカ軍から拳銃に関して次の要請が参謀本部に届いた。
 「一発で、敵の動きを止められるだけの威力が欲しい」
 この要請を受けて、
 コルト・ファイヤーアームズ社がジョン・ブローニングの考案のもとに制作したのが
 45口径の自動拳銃コルト45である。
 では、その戦場とは何処で、「敵」とは誰か。
 場所は、「フィリピン」であり、
 「敵」とはスペイン人ではなくフィリピン人またムスリムのモロ族である。
 米西戦争の最中、アメリカ軍はフィリピンでスペイン軍だけではなく、
 それまで、独立のためにスペインと戦っていた原住民やモロ族とも戦った。
 そして、その「敵」は、アメリカ軍にとって始めて遭遇する恐ろしい敵であった。
 彼らはジャングルに潜んでいて、
 突如、蛮刀を振りかざしながらアメリカ軍に突撃して来た。
 その時、アメリカ軍の正式拳銃であった38口径の回転式拳銃では、
 弾が命中しても彼らは止まらず走り続けて切り込んできた。
 それで、フィリピンのアメリカ軍兵士は、
 一発の弾で彼らを倒せる大口径弾を連続発射できる拳銃を欲したのである。
 このこと、かつてアメリカ軍が出て行った後のフィリピンのスービック基地を
 軍事専門家のガブリエル中森氏と訪れたとき、
 フィリピン人の元警察官から聞いた。
 彼は、コルト45を撃ちながら、
 この弾が当たれば、身体は後ろに飛ぶと言って、仰け反って後ろに飛ぶ身振りをした。
 この時、フィリピンの民衆は、このコルト45を生み出したアメリカが
 フィリピンで何をしたか知っていると感じた。

 米西戦争でアメリカが勝ち、スペインがフィリピンから出て行った後も、
 アメリカ軍は、フィリピン独立を求めるフィリピン民衆と戦い続け、
 スペインと三百年間戦ってきたミンダナオやパラワン島やスールー諸島のムスリムである
 モロ族とも戦い続けた。
 アメリカがミンダナオを制圧し全フィリピンを平定したのは、
 米西戦争から十七年後の一九一五年である。
 その間、アメリカ軍は、
 ルソン島で六十一万六千人のフィリピン人を殺し、
 レイテ島では現地人にアメリカ軍三十八人が殺害されたことに対する報復として
 十万人以上のフィリピン人を殺した。
 その他の多くの島々からなるフィリピン全土で、
 一体何百何十万人がアメリカ軍に殺されたのか私は知らない。
 アメリカ軍が見せしめのためにフィリピン人を殺した残虐で執拗な殺戮の様子を、
 高山正之さんが週刊新潮(16.9.29)の「変見自在」に書かれている。
 それを読めば、アメリカ人はシナ人と同じように残虐である。

 昭和二十年の硫黄島において、
 アメリカ軍は次の「無期限の日本人狩り許可証」を発効している。
 
       Jap Hunting 
         License
  GOOD FOR DURATION OF SEASON
  No,1664         Open Season 
                   No Limit  
 
 この実物の写真を東京都写真美術館で観た
  (アメリカ在住杉本博司撮影、11月30日まで展示)。
 この硫黄島の三十年ほど前にも、
 アメリカ軍はフィリピンで「フィリピン人狩り(Hunting)許可証」を発行して
 フィリピン人を狐を狩るように殺しまくっていたのではないか。
 その時のアメリカ軍の最高司令官は、
 ダグラス・マッカーサーの親父のアーサー・マッカーサーだ。
 しかし、
 昭和十七年(一九四二年)五月七日、
 フィリピンのアメリカ極東陸軍は、日本軍に降伏した。
 その時のアメリカ軍の最高司令官は息子のダクラズ・マッカーサーで、
 既に部下を見捨てて家族を連れてオーストラリアに逃げ去っていた。
 そして、アメリカは、
 日本軍がマッカーサーに見捨てられた兵士を歩かせたことを
 バターン半島死の行軍と、自分たちのしたことを棚に上げて
 日本軍は残虐だと、未だに喧伝している。
 
 昭和十八年七月四日、
 日本政府はフィリピン共和国の独立を認め、
 ホセ・ラウレルが大統領となって東京の大東亜会議に参加してくる。
 その大東亜会議における大東亜共同宣言は、
 人種差別撤廃と諸民族の共存共栄を掲げており
 アメリカの苛酷な支配を経験したホセ・ラウレル大統領も
 参加各国首脳と共に感慨無量で署名したであろう。
 しかし、昭和二十年九月二日、日本は連合軍に降伏し、
 フィリピンにアメリカ軍が戻ってきた。

 フィリピン人は、
 以上のフィリピンの歴史の中で度々交替した支配者に関して
 次のように言うのだと教えられたことがある。
 
 最初に来たスペイン人は、悪かった。
 次ぎに来たアメリカ人は、もっと悪かった。
 その次ぎに来た日本人は、さらに悪かった。
 帰ってきたアメリカ人は、最悪だった。

 さて、新しいフィリピン大統領のロドリゴ・ドゥテルテは、
 一九四五年(昭和二十年)三月、レイテに生まれた。
 父は、華人の血をもつ。母はミンダナオのマラオナ人である。
 貧しい中で育ち、大学を卒業してから十年間、検察官をして、
 ミンダナオの政治・経済・文化の中心都市ダバオの市長を合計七期務めた。
 そして、本年六月三十日フィリピンの大統領になった。
 
 このドゥテルテの生年である昭和二十年から何が分かるかというと、
 彼はスペイン人より悪かったアメリカ人、
 アメリカ人よりさらに悪かった日本人、
 帰ってきた最悪のアメリカ人の行状を、
 生々しく祖父母や両親から聞き、
 また自らの目で見て耳で聞いた世代であるということである。

 ドゥテルテは、
 ダバオ市長時代もダバオの犯罪撲滅と治安維持に辣腕を振るったというが、
 大統領になってからは、さらに過激な麻薬犯罪撲滅を打ち出して、
 捜査機関に麻薬に関するマフィアや密売人の現場での即射殺を促し、
 警察は、既に千名以上を射殺していると伝えられている。
 このことが報道されてから、
 かつて警察庁の警察官から外務省に出向して在フィリピン日本国大使館に勤務した
 大学の先輩から聞いたフィリピンの治安状況を思い浮かべた。
 それは、
 フィリピンでは全ての犯罪者が拳銃を所持していて、素早く撃ってくる。
 警官は、相手を銃撃で倒しても、必ず近づいてトドメを刺さなければ、安心できない。
 という状況であった。
 その状況の中のドゥテルテ大統領の強硬方針である。
 従って、千人の麻薬犯罪関係者を警察が射殺した後でも、
 八十%のフィリピン国民はドゥテルテを支持している。

 そこで、
 アメリカのオバマ大統領は何を言ったのか。
 麻薬犯罪者の射殺は、人権上問題であるとドゥテルテ大統領を非難したのである。
 そこでドゥテルテ大統領は、
 カチンと来た。
 アメリカ人は、
 俺の生まれたレイテでも何十万人を殺しまくり、
 俺の母親の郷里のミンダナオでも何十万人を殺しまくった、
 お前ら、アメリカだけには、俺が人命軽視だとは言われたくないワイ、と。
 さらにドゥテルテ大統領は、
 アメリカからフィリピンへの武器供与を拒否されたことを明らかにして、
 また言った。
 アメリカの武器なんかもらうか、ロシアやシナからもらうワイ、と。
 その時、ドゥテルテの脳裏に、
 アメリカの武器は、ナインティーンイレブンの様に
 フィリピン同胞を一発で殺すために造られたのではないか、
 という記憶がよぎっていたのかも知れない。

 以上、
 アメリカのドナルド・トランプ大統領候補と
 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領を
 日米のマスコミは、こぞって無茶苦茶な暴言男と
 申し合わせたように、ネガティブキャンペーンに似た報道をする。
 しかし、彼らは馬鹿ではない。
 独りは既に大統領であり、
 もう一人も大統領になる公算大である。
 従って、同じ東アジアの我々日本人こそ、
 ドゥテルテ大統領の発言の背景をもっと知るべきと思い本稿を書いた。
 ともかく、
 ドゥテルテでなくとも、
 私においても、
 アメリカ大統領は、あんまり、人権や自由やと、
 ええ格好言うな、
 と言いたくなる。
 それでも、アメリカ人がええ格好を言うならば、
 貴公らの西部開拓は、
 「開拓」ではなく、数百万の先住民の「土地と命の略奪」である。
 東京で一夜にして、非武装の婦女子老人を十万人以上焼き殺し、
 広島と長崎の無辜の市民の上に原子爆弾を投下した
 お前らには言われたくない、
 と言いたくなる。
 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
お問い合わせ:西村眞悟事務所
TEL:072-277-4140 E-mail:sakaioffice@n-shingo.com
http://www.n-shingo.com/

今まで 知らなかった事を知らされました
「オバマは地獄に落ちろ」と過激な発言をする
c0192063_12394421.jpg

ドゥテルテ大統領が反発する理由の一端が理解できました。

確かにバルカン半島、アフガン、中東、北アフリカ、アメリカの政策は無茶苦茶で
新約聖書に書かれた白人至上主義にも似た 傲慢さが見え隠れします、
口先では 人道、自由、反差別、美しい言葉が並びますが
国の政策は 正反対の事をやっています、

現在もBBCやCNNは シリアのアレッポの病院を爆撃していると
負傷し 治療を受ける子共の映像を お決まりのように流しています
アメリカの大統領府報道官はロシアとシリア政府を非難していますが、
アフガンで誤爆作戦を決行して
「国境の無い医師団」が運営する病院を爆撃し 
患者と医師を殺した事は忘れたようです。
コソボ紛争では 中国大使館を誤爆し 
都合が悪いときは「誤爆作戦」を行うようです。

昨日も書きましたが 
大統領の指示や命令(軍事行動の拡大禁止)を無視して 
シリア政府軍を攻撃しようと現地の軍人と工作員は相談しているようです。

ロシアは基地に SS300を配置して
アメリカ軍にミサイルの性能を誇示して牽制しています。
ステルス機も無駄だとまで言っています
本当にアメリカとロシアは シリアで戦闘を始める心算なのでしょうか?

ドイツ経済の悪化の第一は ドイツ銀行と書きましたが
どうやら JPモルガンの援助?か 傘下に治まる方向で
内密な話が進んでいるようです、
JPモルガン一社なのか 他の投機会社も参加するのか?
詳しい事は解りませんが 表面に出てくるかどうかも解りません。
大株主として参加し 会社を(ドイツ銀行)を切り売りする心算かもしれません。
JPモルガンの名前にもなっている 
ジョージ・ピーボディは、ロンドン在住中にロスチャイルド家から支援を受け、
ジョージ・ピーボディ&カンパニーを設立し金融業を始めました。
当初は米国債をイギリスの投資家に仲介するのが主な業務でした
このとき共同経営者として迎え入れられたのがジニーアス・スペンサー・モルガンで、
のちにモルガンが代表を引き継ぎ、社名はJ. S. モルガン&カンパニーとなりました。
後にチエース・マンハッタン等 大小の銀行や投資会社、保険会社を次々吸収して
現在の JPモルガンがあるわけですが
必ずと言っていいほど ロスチャイルドの名前が出てきますね、

ドイツ銀行も金融帝国主義の傘下に入るわけです
抱える多くのデリバテイブは 切り離すのかしら?

ドイツのメルケル主導で推し進めた 難民問題に対するハンガリーの国民投票は
投票者数が5割に満たず 効力を持ちませんが
投票者数の9割近くが 難民受け入れ反対と言うものでした、
通貨の発行権を統一ユーロに持っていかれ
税制までもユーロに決められ 
国の自主独立権を放棄したと受け取られるようなユーロは
今度は難民の受け入れ人数も割り当てて ドイツの負担を軽減しようとしましたが 
各国も此処に来て漸くその意味を 理解し始めてきたようです。

又 カソリックの大国ポーランドでも
政権与党が提出していた 妊娠中絶を禁止する法律が反発を呼び
数万のポーランド女性が大規模抗議活動「ブラック・マンデー」と呼ぶデモに参加し
参加者は全員黒い服を着用し(喪服)
参加者は、国内での中絶が禁止される可能性に不満と反対を訴えました。
参加者たちは同国での中絶完全禁止計画反対の意思を示すため様々な口実の下、
仕事に行くことと、娘を学校に行かせることを拒否しました。
フェイスブックにある活動の公式ページで参加意向を表明したのは約10万人だ。

ポーランドでは中絶を禁止し、違反者に刑事罰を課す計画がハイレベルで審議されている
違反すると 医師も患者も最高で懲役5年だそうです。

c0192063_1333117.jpg

c0192063_133449.jpg

c0192063_1335782.jpg


十数万人に及ぶ喪服の女性だけのデモが行われて
驚いたのでしょうか?
政権与党は 昨日その法案を反対多数で否決してしまいました。

アメリカでも妊娠中絶は議論を読んでいて
医師が殺されたり、中絶を行う病院の前には 多くの宗教団体が集まり
病院が少ない為に 他州から病院にやってくる患者に対して
神の教えを説き 邪魔をしているそうです

神は無神論者なんですがね~~。

拙ブログを読んだら 気絶するのではないかしら、

今日のエジプト学では、紀元前1782年から前1570年を中王国と新王国の間の
「第二中間期」と呼ばれています。
この時 異民族ヒクソス(牧人)が侵入し
6代に渡って征服王朝を築きました。
エジプト中王国の崩壊は並みの文明であれば、殆ど回復不可能な破局でしたが、
こと エジプトに限り 6代におよぶ異民族支配の後に
かっての栄華を凌ぐ高度な文明を速やかに回復する事に成功しました。

メイソンリーの第3階級の儀式で言及される、
「ソロモン王の神殿の完成直前に殺害された建築家の棟梁「ヒラム・アビフ」です。
だが 聖書の何処を見ても 
ソロモン王の神殿を建造した建築家の名前は登場しません
シリアやパレシチナを故郷とする 「ヒクソス」のお話がここから始まります。
長くなりますので 後は次回に

       リスも祈るんです(本当かな?)

c0192063_13302548.jpg

by monk-1 | 2016-10-07 13:30 | Comments(0)

秋なんですが?

気温が 上ったり下がったりなので 天気予報を気にして見る様になりました。
関内大通りの銀杏並木の下は 落ちた銀杏が踏み潰されて
独特のにおいが漂い 足元を気にしながらのお散歩でした、
金木犀も咲いていて 香が漂っていますが
季節は 確実に秋になったようです。

台風が次々とやってきて 落ち着きませんが
海の向こう アメリカでもハリケーンが暴れ周っているようです。
お隣韓国でも台風が 南岸をかすめて通り 多くの被害が出ているようです。
海水温が例年と違い 高い為に予期せぬ天候になるようですね、
c0192063_1028295.png

地球の自転で遠心力が働き 海水が赤道近辺に集まる為に 
地球はやや楕円形になっており、暖められた海水の影響が大きく作用するようです。

ハリケーン「マシュー」はハイチを直撃し その後アメリカ東海岸に向かっており
アメリカ当局も州兵を動員し 警告を出しています。
c0192063_10322599.jpg

c0192063_10324470.png

c0192063_1033788.jpg

c0192063_10342725.jpg

c0192063_10344489.jpg

c0192063_10372977.gif

大きな被害が出なければ 良いですね。

一方 アメリカ社会を騒がせているサムスンの携帯電話ですが、
電池を充電していると発火が相次ぎ リコールを行っているのですが、
昨日 ケンタッキー州 ルイビルの空港で 
ボルチモア行きのサウスウエスト航空機内の乗客が持っていた携帯電話が発火し
「まるで 航空機に対する携帯爆弾テロだ」と
しかも 乗客の話では リコールにより 新品に交換したものだと!
どうなってるんでしょうね?
無視できなくなり事故調査の為に NSAが派遣されるようです
c0192063_10432593.jpg

Samsung phone emits smoke, sets off scare on Southwest flight
A passenger’s Samsung Galaxy Note 7 cellphone began smoking
just before takeoff on a Southwest Airlines flight
from Louisville to Baltimore today,
setting off a scare and raising larger questions
about the safety of the devices weeks
after a nationwide recall of Samsung Galaxy Note 7s.
韓進海運に次いでサムスンですか、
財閥頼りの韓国経済も「泣きっ面に蜂」状態のようです。

ホワイトハウスの軍人上がりのアーネスト米大統領府報導官が 
ロシアの通信社の女性記者から質問を受けて
眦(マナジリ)を決して 遣り合っている風景がニュースで流れていましたが、
アメリカ軍はホワイトハウスには 知らせず
シリア政府軍を空爆するかどうか?打ち合わせ中と 言われています。
オバマ大統領に知らせると 反対されるのは解っているので
内密に爆撃してしまおうと言うことらしいです、
又「誤爆作戦」ですか?軍部は過ってに暴走するようです。
そう言えば ネットに流れていたニュースで 確認は取れていませんが
オバマ大統領が 中南米訪問中に 大統領警護のシークレットサービスが
ホテルに売春婦を呼び込み 後日全員更迭されたと報道されていましたが
事実は 売春婦からの情報漏れで オバマ大統領暗殺未遂事件だと!
今になると 考えられますね、 
軍産複合体にとっては、オバマの軍事嫌いが目の上の「タンコブ」なんですね。

元々リビアに供給した武器を ISや反政府軍に回して供給した張本人は
現在 大統領選挙に出ている ヒラリー・クリントンなのですが。
チグハグな中東政策ですね

トルコはイラク北部に2000人を越える兵士を常駐させました
以下に 宮崎メルマガより 引用です

トルコ国会はイラクのモスル北方にあるバシカに2000名のトルコ兵の残留を決議し、
他方、イラク国会は、トルコ軍の即時撤退を決議し、両国は大使を召還。
泥沼の非難合戦に入った。
新展開である。
もともとトルコ軍がイラク領内に侵入したのは
「クルド自治区地方政府のマスード・バルザニ『首相』」の要請に拠るものであり、
実際にクルド勢力を(このクルドはアンカラ政権の傀儡)ISの攻撃から守った。
トルコ政府は「もともとISの脅威を増大させたのはイラクの無能によるものであり、
我々は自国民を守るために無政府地帯に作戦上、駐屯しているだけであり、
バグダッド政府の抗議は受け入れられない」と突っぱねた。

 ISが片付くと、次はトルコ vs イラク戦争?    引用終わり

対クルド人対策と石油の密輸利権ですね、手放す気は無いようです
アサドを何としても退陣させたい アメリカを始めとする 有志連合も「同じ穴の狢」で
武器を売り、石油利権に食らい付く メジャーの言なりに 
アメリカの若者が血を流しています。

オバマ大統領は レイムダック状態なんですね、 ですから フイリッピンの大統領も

「フィリピンのドゥテルテ大統領がまた国際ニュースのトップに登場しました
今回の事件は またしてもドゥテルテ大統領のオバマ米大統領への非難発言で
ただし言い方はかなりきつく「地獄へ落ちろ」と  スゴイですね、
ドゥテルテ氏はつい先日もオバマ氏に暴言を吐いており、
今回の発言は1月の間に2度目。

9月5日、ドゥテルテ大統領はオバマ大統領に対し、
国内で麻薬撲滅対策のために司法判決なしで死刑が行なわれている事実について
自分にいちいち問うことのないよう呼びかけ、激昂した挙句、
オバマ氏を「雌犬の息子」呼ばわりしている。
今日のドゥテルテ大統領の「地獄へ落ちろ」発言は、
オバマ大統領が再びフィリピンのラディカルな麻薬撲滅対策法について
苦言を呈したのが原因だそうです
ホワイトハウスのアーネスト報道官は記者団に対し、
米国は憂慮の念を抱いてはいるものの、
フィリピンとの同盟関係は「堅い」ととらえていると語っていますが、

フイリッピン軍の兵器の7割はアメリカ製なのですが
今後は 中国、ロシアから兵器を購入すると言い
アセアンも足並みが乱れ始めました、
南シナ海問題はどうなるのでしょう。

閑話休題

複雑怪奇な世界情勢は 置いといて イエスについて少しだけ
ユダヤ教最大で 最後の預言者 洗礼者ヨハネが斬首された後
彼が主導していた 派閥は数奇な運命を迎えますが
グノーシス主義として浸透していきます。
イエスは ヨハネ亡き後 野望を持ったようです。

民衆の間に伝わる ゼカリア書の予言 ソロモン王の末裔が救い主として
ロバに乗って現れる と、
又 ユダヤ教の利権である両替商の所で 机をひっくり返す行いをし注目を浴びます
いずれもユダヤ教の主流派にとっては迷惑な行為ですが
ローマの慣習では微罪で ローマ帝国に反乱を起したと言うような
磔刑に値するような 犯罪ではありません、
又 ナザレ人イエスと 後世言われていますが
ローマ帝国の版図には ナザレと言う地名もありません、

預言者ヨハネの父親がレビ人で 
祭祀を司る高位の司祭で有在った事を考えますと
親戚のイエスはレビ人です
拙ブログ 9月14日より 再び載せますが

「過ぎ越しの祭りの際には一人の囚人を釈放する慣わしがあるから」と称して、
「釈放するのは イエスかバラバか、どちらが良いか」と民衆に問いかけました。
此れに対して ユダヤの民衆は救世主であるイエスではなく、
バラバの方を救った、と新約聖書には記述されています。

ユダヤ人はその後2000年間以上 この記述を拠り所に
あらゆるキリスト教国で迫害を受ける事になります。
この新約聖書の記述こそ キリスト教国の反ユダヤ主義の格好の口実とされました。

しかし 当時の言語に対する初歩的な知識があれば
「バラバ」とは 名前でなく称号であるということが 解るはずです。
Barは「~の息子」の意味であり、abbaは「父なる神」を表わしていて、
すなわち バラバとは「神の子」表わす言葉なのです。

しかも「マタイ福音書」第27章16節には
この男の名前が「バラバ・イエス」であると 書いてあるのです。
つまり ユダヤ人民衆の要求によって、十字架に架けられることなく開放されたのは
「神の子イエス」と呼ばれた人物であることが 
福音書にはっきり記されているのです。

ユダ族の「バラバ・イエス」が処刑され、レビ人の今日イエスと呼ばれているイエスは
処刑されずに釈放され、
死海の辺に在った「クムラン教団」に逃げ込んだ事が研究で明らかになっています。

後に「マサダ砦の屈辱」として 現代でもユダヤ人の記憶に残る立てこもり事件は
圧倒的なローマ軍に包囲され全滅してしまいます、
後に州知事でローマ軍に捕虜として掴った「歴史家ヨセフ」が記録を残しています。

立てこもり ローマ軍に歯向かったのは セロテ派(熱心党)主導と言われていますが
熱心党のシモンや イスカリオテのユダ(聖書では裏切り者)といわれています
イスカリオテは当初 村の名前と言われていましたが
現在の研究ではシカリ派と判明しています、

宗教と政治が混ざり 都合の悪い部分が聖書学者や使途と呼ばれる連中に削除され
摩訶不思議な物語が作られました、
イエスを弟子と呼ばれる人たちと別に 利用し、支援していた謎の集団がありました
「ベタニアの集団」です、
弟子達の知らない 
秘儀宗教の儀式がイエスにより伝えられていた事も判明しています

古くエジプトの多神教時代の参入儀礼で少しだけ書きましたが
イシス信仰の儀礼で 一時途絶えていましたが
エジプト新王朝時代に復活した 王になる儀式です、
一度死に 復活する オシリスとイシスの神話に習う儀式です、
詳しくは後日載せようと考えていますが、この秘儀が
ソロモン神殿の地下から テンプル騎士団により 発掘されたと私は考えています。
又 現在も不思議な組織のフリーメーソンの最高位の人たちに伝わる儀式では?と

預言者ヨハネがアレキサンドリアで知った エジプト神話から伝わった
「王になる儀式」が復活、再生の儀式では?と考えています。
イエスはヨハネから 全てを教わっていなかったのですね
むしろ 「ベタニアの集団」と過激派に 利用されていた人なんです。
        アムール豹の子共です
c0192063_11582445.jpg

        もう一つ 絶滅危惧種マヌル猫です 
c0192063_1159426.jpg

c0192063_120285.jpg


追記
ああ さんまの塩焼きと 冷たいお酒がいいですね 秋は~~。
by monk-1 | 2016-10-06 12:01 | Comments(0)

街も人も 秋模様

雨は止みましたが、曇り空の下涼しい風が吹いています、
道行く人の中に 夏色の原色は見られず 心なしか秋の風情です。
選挙と鉄道事故のアメリカの事は後で少し触れることにして
インドとパキスタンがカシミール地方で一部は銃火を交えたようです。
昔からカシミール地方を巡って 領土の主権問題が対立していましたが
此処に来て 中国軍がインド領土とされているカシミール地方の国境を越え
数日間 中国軍が居座り、間もなくパキスタン軍とインド軍の対立です。

中国共産党は親毛沢東派と呼ぶ工作員を周辺諸国に浸透させて
国境近辺で絶えず 争いを起させています。
チベット、モンゴル、インドネシア、タイ南部、フイリッピン、インド、ミヤンマーと
飽くなき領土拡張を目指すか、騒乱を起こし親中共政権を樹立させるかと
其の領土の膨張指向は異常なぐらいです。
尖閣を含む東シナ海や南シナ海だけではないのです
周辺国全てに 影響力と中国共産党の権威を認めさせ
属国のように配下に置くつもりのようです。
c0192063_14515129.png

c0192063_14522462.jpg

一方 日本企業がチャイナリスクを避けて
他の東南アジア諸国に生産拠点を移している事は既にご存知の通りですが
此処に来て 訪中した日本人や現地の日本人が 
「スパイ容疑」で逮捕される事件が続出しています、
人質なんですね、
中国から退去する日本企業に難癖をつけて中々企業閉鎖、撤退の許可を
地方政府が出さないそうです
中には従業員に半年分の給与保証や望外な保険金の保証、と手当てを要求するとか
挙句次は人質ですか、    あきれますね。
前中国大使で 伊藤忠の前社長 丹羽は何も言いませんね、
「日本は中国経済抜きでは立ち行かない」と 
あの ぬめり顔で、日本企業の中国進出を煽っていた張本人なんですが、

その中国経済も アメリカ政府から為替の不透明さを強く指摘されて
IMFも通貨バスケットに入る「元」の為替管理が不透明で
為替市場の完全な自由化と透明性が絶対条件といい始めましたが 
其の前に
日本企業が撤退した後に進出激しい ドイツ経済に赤信号が灯りました。
ドイツ銀行はアメリカ政府から 住宅ローンを含む債権ローンで
消費者に正確な情報を提供せず、不利益を与えたと判定されてしまい
罰金1兆5千億円を要求されてしまいました。
一部で違約金減額の報道もありますが 未だ解りません。
ドイツ政府は難民に次ぐ難題が持ち上がりましたが 救済処置は採らないと・・・。
それを見た ヘッジファンドや投資家がドイツ銀行離れを次々と起し始め
確認できてはいませんが 
ドイツ銀行の負債は7000兆円と言われています。

日本銀行が「安倍ノミクス」のQEで国債を買い始めましたが
未だ国民が政府に貸した金額は1000兆円に満たず、
色々な国の資産を計算に入れると、正確な数字では100兆円位です
ドイツ銀行の負債総額を見ると その大きさが解りますね、
リーマンショックどころの騒ぎでは有りません、
中国も共倒れになります 
ユーロを離脱したイギリスは知っていたのかしら?
年末を控えてユーロのニュースから 目が離せません。

台風の進路が何時もと違い 台湾経由 中国本土直撃が増えていますね、
色々な被害も出ているようですが 一派庶民は自己防衛するしかないですね
海水温が以上に高くて 日本の漁業にも影響出ているようで
サンマ、や 鮭が不良とか??

以上に高い海水温のせいでしょうか 南国タイのビーチにも異常が出ています。

Thai PBS
The Broadcaster You Can Trus から
c0192063_15282577.jpg

Portuguese man-of-war spotted in Phuket sea off three beaches
The sea off Nai Yang, Nai Thorn and Layan beaches
in Phuket has been declared off-limits to swimmers
by the Sirinart national park after Portuguese man-of-war
jellyfish-like creatures have been spotted.
日本人にもお馴染みの プーケット等のビーチに「カツオノエボシ」と言う
「毒くらげ」が 現れて遊泳禁止処置が取られているそうです。
海水の影響で 一箇所だけでなく 複数ビーチで海水浴をする観光客が減り
地元経済にも 少なからず影響が出て来ていると、

海水の温度が高くなり環境が激変すると 
人間の生活にも大きく影響があるようです。

パナマ文書で大騒ぎしましたが、政府が新たな規則を決めたようです。
海外子会社を通じた日本企業の税逃れを防ぐため、
政府が検討する新たな課税ルールが27日判明しました。
ペーパー会社を海外に作った場合、
その国の法人税率がどうあれ全て日本の税率を適用して課税することが柱と成り
税逃れを指南する専門家への開示義務も新たに定め、
必要に応じ罰則を科します。
新ルールは段階的に適用し、
ペーパー会社の課税強化は今年末の2017年度税制改正、
指南役対策は18年度改正に盛り込みます。
節税目的の所得移転に網を掛け、
「パナマ文書」問題で批判が高まっている税逃れに厳しく対処する姿勢を示すしました。
共同通信を参考にしました

素早い対応ですね
なにせタックスヘイブンの中のケイマン諸島分だけで
↓過去記事中の記事(?)より引用すると
今の法人税率が適用されれば約14兆円もの税収になる計算です
消費税率1%で税収2兆円分――といわれているから、
ケイマン諸島分だけで7%に相当し
他のタックスヘイブンを合わせたら、とてつもない金額になります、
世界中が協力し合わないといけないのですが、
抜け道となる国が 沢山ありますからどうなる事やら
でも 一定の評価は出来ます。
不透明なお金でボロ儲けはいけませんね、

タイミングよく「エコノミスト」の表紙にも
c0192063_15492241.jpg

世界中で叫ばれる 「反グローバリズム」の嵐が特集でした
c0192063_15505738.jpg

Anti-globalists
Why they’re wrong
Globalisation’s critics say it benefits only the elite.
In fact, a less open world would hurt the poor most of a

拙ブログでも ジエイコブ・ロスチャイルドが7月に会員に配信した資料の中で
「我々は現在 人類を相手に初めての実験を行っている」と
ユーロを始めとするグローバリズムの名の金融帝国主義の事でしょう、
一部の金融資本家とエリートが世界の利益の8割を専有し
残り 2割で世界中の一般国民が生活しているわけです、
大事2次世界大戦後 
石油利権でサウジアラビアのサウド国王が残した資産が900兆円と言われています
数世紀に渡り 金融や多国籍企業の収益で残した資産は 想像もつきません。
そんな資金が世界中を 「グローバリズム」の名で 徘徊しているのです。
モンクがネット上を 惚け老人として 徘徊しているのとは
同じ徘徊でも随分違います、その一つの拠点が タックス・ヘイブンなのです。
勿論銀行や投資会社、農地、様々な多国籍企業
世界中の利益が 其処に集中して集まる仕組みが出来上がっているのです。

おりしも ハンガリーではユーロの難民協定に反対する大統領と国民が
国民投票を行います
ハンガリーでの難民受け入れは無理でしょうね  と 言う事は
ハンガリーのユーロ離脱もある訳です、次々と国民投票や選挙が続き
メルケル(本人が仕向けられている事を知りません)の政策は 頓挫するのでしょう。

シリアでは 有志連合の「誤爆作戦」に気付いたシリア・ロシア軍は
容赦のない攻撃を加えています
アメリカ軍部が政権のトップの意向を無視して軍事作戦を行う事は
以前 拙ブログでも 
カーター大統領時代の安全保障補佐官 ブレジンスキーが
アフガニスタンの親露政権に反対する「タリバン」に資金と武器を与えて
親露政権を崩壊させた事を フランスの週刊誌のインタビュー記事を引用して
伝えましたが、アメリカ国民は知りません。
大統領選挙で忙しいのでしょうか?同じ事を繰り返しています。
       ロシア宇宙航空軍
c0192063_1611232.jpg

c0192063_16111934.jpg

写真はエジプト紙 電子版からです。
ロシアは同じ間違いを犯さないようです。

ネットで海外でも有名になった 渋谷のハチ公像の猫です。

c0192063_16161516.jpg

c0192063_161637100.jpg

by monk-1 | 2016-10-01 16:20 | Comments(0)

森羅万象 気になることを記します