ネットで聴くことが出来る 海外のバッハ専門のFM放送も
時節がらなのでしょうか?、
クリスマス・オラトリオが多いようです。

漸く カナダのFM局がネット配信で
グレン・グールドのプレイ・バッハを流していました。
ドイツ、フランス、アメリカ、
いずれもクリスマス絡みの選曲ですね、

今世紀に入り 
商業主義のイヴェントで最大の効果を上げ成功したものは
クリスマスでしょう・・・・・・・。

ネット徘徊、惚け老人のモンクはこれを 
キリスト教受難史観によって書かれた、
「キリスト教物語」と呼んでいます。

脚本は数え切れないほど改編されていて、
その多くは捏造、偽造で事実とは大違いです。

19世紀になり それまで触れる事も読む事も禁止されていた新約聖書でしたが
プロテスタント急進派{清教徒からいわゆる福音派(聖書原理主義)}
等の発言が無視できなくなり、

聖書が一般人の間でも 読まれるようになりましたが、
(グーテン・ベルグの印刷機の発明も大きく寄与しています)

同時に 新、旧、聖書供に その内容が研究対象となり
多くが古の多神教時代の神話や 
捏造から出来ている事が知られてしまいました。

エルサレムの(ベッレヘム)イエスの生誕教会でも昨日から 
多くの信者や観光客が大勢詰めかけ広場でお祈りと 
お祝いのミサが行われているようですが、

パレスチナ人のテロを警戒して、
周りを警備の兵士に取り囲まれて行うミサは不思議な光景です。

フランスでも全国4500箇所ある教会の中、
大きなミサを執り行う2400箇所の寺院では
多くの警備兵と警察官が張り付き

パリのノートルダム聖堂でも 2重3重の持ち物チエックが行われています、

ノートルダム(聖母)教会は「黒いマリア」信仰の時代に作られた

古代エジプトのイシス信仰の秘儀を行う場所か?
はるか中東から逃亡してきた
異教の司祭のマグダラのマリア信仰か?
意見が分かれていますが、

テンプル騎士団、フリーメーソン、シトー修道会の合作と言われているのですが?

イエスやイエスの母マリアとは関係が無い聖堂なのです

カリホルニア州クレアモント神学校の 
聖書学者バートン・L・マック教授が言う
「聖書の成立に関する 平均的なキリスト教徒の恐るべき基礎知識の不足又は無知」と
嘆いています。

一方 ISのウエブサイトでは 
相変わらずキリスト教徒は現代の十字軍であるから
世界中で聖戦(ジハード)を行うようにと 洗脳教育に予断がありません。

洗脳され、騙される 若者がいるわけですから 無視できませんね。

特にクリスマスは教会に多くの信仰者が集まる 
ソフト・ターゲットとして各国が警戒しています。

一週間くらい前から 贈り物の買物などで個人消費が伸び経済にも影響するので
テロ防止は大問題なのです、

イギリス、フランス、ドイツでもテロを計画していたと 
何人も逮捕されているようです。

以前「街にクリスマスキャロルが流れ始めると 財布の中が気になり始める」と嘆く
若者の意見を載せましたが、
コマーシャリズム(商業主義)と占領軍の政策でしょうか?

日本でもキリスト教受難史観が 大手を振って歩いているようですが、
ネット徘徊、惚け老人モンクは訝しく眺めています。

捏造された福音書(聖書)を除くとイエスの実在を証明する文書は存在せず、
イエスの存在自体が疑われる事態になっています。

19世紀の多数の歴史家はイエスと同時代の記録が無い事が気になっていて

バンパー・ギャスコインによると 
「いわゆるキリスト教時代の最初の50年間 
 キリストやその信望者達に関する記録は一切残っていない。」と記しています。

ローマの歴史家タキトウスが残した 
紀元115年頃の年代記には

エルサレムとローマにおけるキリスト教の伸張を「危険な迷信」と書き

その 創設者の処刑には軽く触れているものの 詳しい記述はなく

(その後の ローマの大火では 放火犯と暴動の罪でキリスト教徒が多数死刑になっています、
 故に 後世皇帝ネロは「暴君ネロ」と呼ばれるようになります、
 又 荒らされた多神教時代の神殿に心を痛めた 皇帝ユリアヌスは
 神殿の再建に力を注ぎますが 又もキリスト教受難史観で
 「背教者ユリアヌス」と呼ばれる始末です)

スエトニウスの「ローマ皇帝伝」紀元120年頃には 
紀元49年「クレタス」の煽動で
ローマ市内でユダヤ人が不穏な動きをしたと 記され

当時のローマ市内のユダヤ人の中には 多数の自称「メシア」が出現し
彼等は皆ギリシア語の「キリスト」を名乗っていたと書き

スエトニウスは このような中の一人が 
当時のローマでユダヤ人の暴動を積極的に煽っていたと記しています。

アレキサンドリアでのキリスト教徒による 暴動、焼き討ちも有名で
世界最大の蔵書を誇っていた図書館も焼き討ちに会い消滅してしまいます、

何とも残念な放火、焼き討ち事件でした。

自称「メシア」「キリスト」を名乗るユダヤ人が ローマ市内に数多く居たのです。
キリストとは 古代ギリシア語の「クリストス」から来た言葉で
「預言者」「占い師」「魔術師」
そして 後世になり 使徒と呼ばれる連中が
ヘブライ語のメシア「救い主」を意味に加えました、捏造、偽造なのです。
当時はエジプトの影響が強く エジプト魔術師が多数いて
イエスもユダヤ教徒からは エジプト魔術師と呼ばれていました。

魔術師が救い主になったようです。

イエスの事を ナザレ人と言う人もいるようですが
この時代のローマの版図に 
ナザレ地方と言う地名は在りません

後世 ナザレと呼ばれるようになった地方を 
昔からナザレが在った様に言う事も捏造です。

私見ですが ユダヤ教最後で最大の預言者ヨハネを、
「洗礼者ヨハネ」に貶めた
イエスの取り巻き「自分達は使徒と呼ぶように決めました」達は

ヨハネから「ヒエロガモス」多神教時代の秘儀を教えられた 
マグダラのマリアこと「ベタニアのマリア」が邪魔な存在でしたが

マグダラのマリアは当時珍しい 様々な修行を体験した
女性の司祭でした。

磔刑後にイエスの足に塗由の儀式を執り行ったとされ
使徒達は自分達の無知を知り
徹底的に 特にペテロ等はマグダラのマリアを排除に動き出したのでは?と考えられます。
多神教時代の エジプトで信じら執り行われていた 
イシスの秘儀信仰で 王が亡くなり新しい王が位に付く時に

様々な儀式を執り行う祭司に成る為「ヒエロガモス」の秘儀が必要で
水を使い身を清め(洗礼)色々な修行を通じて最後に行われ、知るのが「
ヒエロガモス」の秘儀でした。

ヨハネの斬首の後 後継者のシモン・マゴスはアレキサンドリアに移り住み
後に グノーシス主義と呼ばれる教えを広め 
ヨハネの教団を隆盛に導きます。

又 シモン・マゴスが去ったエルサレムでは 
同じくヨハネの弟子であったドシテウスが後を継ぎグノーシスの教えを広げていきますが、

後世 ならず者集団(ユダヤ教の教会で暴れたり ローマ市内で暴動寸前迄行った)
自称メシアの使徒達は 異端、異教として グノーシス主義者を弾圧してゆきます。

現代にも通用する グノーシス主義の疑問と祈の 
「私達は何処から来て、何処に行くのだろう?」と考える事が異端になるのです。


閑話休題
先日 ツイッターでサイモン・マグドナルド氏がパーマストンの近況を 
猫、名前はロンドンの首相官邸に住むネズミ捕り主任(公式に)のパーマストンの動きを

c0192063_1154579.jpgSir Simon McDonald
? ?@SMcDonaldFCO

Guard of Honour for @DiploMog ! Last year on the streets - thx to
@BDCH he now gets the respect he deserves @foreignoffice#HappyChristmas
9:41 PM - 22 Dec 2016
835835 Retweets    1,5361,536 likes
c0192063_119840.jpg

以前 拙ブログでお伝えしました ハーマストンです
c0192063_11162468.jpg


サイモン・マクドナルド外務次官がツイッターに写真を投稿しました
猫「外交官」はまた、自らのツイッターアカウントを持っており、フォロワーは3万8000人以上。
パーマストンの「政治的ライバル」は、英国首相官邸の猫ラリーだ。
2016年夏、両猫は影響範囲分割のため一度ならず争った。
彼らに委託された省庁はロンドンでお互い近所に位置するのだ。
先に、ビールとおしゃれな服を愛する猫ブロガーが
インスタグラムのユーザー45万人の愛を獲得したと伝えられた。以下に其の写真です
c0192063_1118679.jpg

c0192063_11182525.jpg
c0192063_11192164.jpg


イギリス人の猫好きも 半端じゃないですね、
そして「ネズミ捕り主任」とか 可笑しいですね。
そういえば スコッチ・ウイスキーを作る醸造所の 麦芽を発酵させる部屋にも
ネズミを捕る猫が 必ずいるようで 可愛がられていると聴きましたが、
ダウニング街では 猫が公務員なんです。
[PR]
by monk-1 | 2016-12-25 11:21 | Comments(0)

お天気予報では 午後遅くから雨、風の予報なんですが、
日が射していたのは早朝だけで”どんより”とした 暗い雲が垂れ込めています。

バイエルン市のクリスマス用品市場のテロ犯が解り 指名手配されましたが、
ドイツでは「ドイツの選択肢」が主催する メルケル首相退陣要求のデモが行われています。
メルケル支持派は 彼女は人道主義者でリベラルな考えの 優しい人だと 
攻めるのは間違いだと、

エコノミスト紙にはリベラリストが考える未来を皮肉ってこんな絵が

c0192063_1151812.jpg

Liberals lost most of the arguments this year.
They should not feel defeated so much as invigorated
Dec 24th 2016

リベラリズムやグローバリズムの言葉に潜む危うさを 真剣に見直す事が重要な時代では?
所詮 金融資本側の便利な言葉で 物を作らず 売らず
物を作り、売る人間を 金融によって支配しようとする側の言葉上のまやかしです。
グローバリズム=正儀は 地球レベルで行われている メデイアの洗脳支配からきています。
世界を制する要因は 食料、エネルギー、そして金融となって来ています。
(キッシンジャーが言った セリフです)

ギリシアより先に イタリアの銀行が一つ破綻したようですが
FRBの利上げ発言でドルが買われて居ますので 
欧州の通貨は不安定になっています。
どちらに転んでも 国際金融資本は儲かる仕組みが出来上がりつつ成って来ています、
あと少し グローバリズムを徹底すると 思惑通り 世界の金融支配が完了します。

IMFの専務理事のラガルドが フランスの高等裁判所で拘留無しで有罪の判決を受けました。

ご存知の事と思いますが 2008年サルコジ大統領の時代に
ラガルドがフランスの財務大臣時代の出来事です。
国有企業の株を取引していた投資会社と 国有企業の争いの仲介に入りましたが、
その時に「職務怠慢」であった と

この紛争を収めた事で 投資会社(国際金融資本)の覚え目出度く現在の地位に?
考えすぎでしょうか?。

少し古いですが(11月の事)
ナショナル・ジオグラフイック協会が応援するチームが
聖墳墓教会に在るとされる 「キリストの墓」の調査を行いナショジオで紹介されています。
エルサレムに在る 聖墳墓教会は世界中のキリスト教徒が訪れる聖地中の聖地です。
以下 ナショナル・ジオグラフイックより 引用です

封印を解かれた「キリストの墓」の新事実

イエスはどこに眠るか――キリスト教最大の謎に科学が迫る
イスラエルのエルサレム旧市街にある聖墳墓教会で、
イエス・キリストの遺体が埋葬されていると伝えられる墓の調査が行われた。
墓を覆い包むように建っているこの教会は、何世紀にもわたって破壊や修復が繰り返されてきたが、
これまでに判明した調査結果からは、本来の墓の一部が今も残っているらしいことがわかってきた。

この墓はキリスト教世界で最も神聖な場所で、石灰岩の洞窟の壁を削って作られたもので、
「石墓」と呼ばれている。石墓の上には遅くとも西暦1555年、あるいはそれよりも数世紀前から、
大理石の板がかぶせられていた。
この覆いが設置されたのは、熱狂的な巡礼者が墓から
石の欠片を記念品として持ち去るのを防ぐためだと言われている。

大理石の覆いが外された10月26日の夜、ギリシャのアテネ国立技術大学の保存担当チームが行った
最初の調査では、覆いの下に敷かれていた充填材の層までしかたどり着けなかった。
しかしその後、60時間にわたって休みなく作業が続けられ、
表面に十字架が彫り込まれたもう一枚の大理石の板が見つかった。
そして10月28日の夜、墓を再度封印するまであと数時間というとき、
ついに本来の石灰岩の石墓が無傷のまま姿を現した。  引用終わり

未だ延々と続くのですが 無意味ですので 省略します 以下はその時の写真です。
聖墳墓教会の中に 当時の教会が其の儘で保存されています
c0192063_1137412.jpg

c0192063_11375960.jpg

c0192063_1138133.jpg

c0192063_11382650.jpg

c0192063_11483850.jpg

石灰岩の蓋がイエスの骨棺の蓋と言われるもので
大理石の十字架が描かれているのは 十字軍時代の物
c0192063_1149099.jpg


以前 映画監督のジエームス・キャメロンの考古学者のチームが
エルサレムのタルビオットの丘で 大工ヨセフの骨棺を見つけていて
中にはイエス・兄弟のヤコブ・家族の骨が発見された時 マスコミは殆ど無視していたと
ナショナル・ジオグラフイックが行うと 大々的に世界中に発信されます。

水を差すようで 申し訳ないのですが 又引用させていただきます。

「聖母マリアをめぐる 沈黙の陰謀」 グレアム・フイリップス著 立木勝訳より

紀元327年パレスチナを訪れた 皇太后へレナはきっと洞窟に特別な思いが在ったのでしょう。
以下略

つまり 皇太后と呼ばれるようになった 皇帝コンスタンテイヌスの母ヘレナが
アラム語で書かれた 古代ユダヤ教の聖書を知る由も無く
イエスが死んだ後 300年以上たってから 聖地と呼ばれるパレスチナを訪れ
伝聞で聞くイエスの墓の上に立てられた教会の上に もう一つ覆うように立てた教会が
聖墳墓教会なのです、この他にもヘレナは磔刑になった木の十字架の残骸や
イエスを刺した 槍の穂先等も見つけた?と。
死後300年以上経ってからです。

信者にとってはそのような事は無視することらしく
神学者が調べた 母親のマリアの処女懐胎も イエスの死後100年位経て捏造されたこと
様々な捏造で聖書が作られている事が はっきりしています。

皇太后と呼ばれるようになったヘレナは 皇帝コンスタンテイヌスが国教として
ローマ帝国に始めて キリスト教を認めた事から 皇太后、聖女と呼ばれるようになります。

以下に又引用です
「聖女ヘレナはコンスタンテイヌス大帝の皇太后としてよりも、むしろ
キリストの十字架を発見し、
これを救霊の印と仰ぎ大いなる崇敬を尽したことによって後世に名を残した。
我等人間の幸福というものは、この世の位階勲等や名誉を得るよりもむしろ
信仰を熱心に守る所に在すのではあるまいか。
聖パウロも「天主は智者を辱しめんとして世の愚かなる所を召し給い、
強き所を辱しめんとて世の弱き所を召し給い、
現にある所を滅ぼさんとて、世の卑しき所、ないがしろにせらるる所、
無き所をば召し給いしなり」と記している。

小アジアのビチニア州の貧しい家に生まれ、
ローマ将軍クロルス・コンスタンテイウスと結婚してコンスタンティヌスを生んだ。
クロルスは、その後、政治的理由からヘレナと離婚し、マクシミアヌス皇帝の皇女と結婚した。

クロルスが亡くなった後、コンスタンティヌスが後継者となり、
312年に皇帝マクセンチウスとの戦いに勝って、ローマ皇帝となった。
母ヘレナには皇太后アウグスタの尊号を贈り、貨幣に彼女の像を刻ませた。
ヘレナは、63歳のときに洗礼を受けてキリスト信者となった。
自らは質素な生活を送り、教会を建て、貧しい人びとを助けた。
 発見したイエスの処刑に使われた十字架とヘレナ
c0192063_1254490.jpg

ブルガリアのイコンに描かれている ヘレナ
c0192063_12542520.jpg

バチカン美術館にある ヘレナの骨棺
c0192063_12563659.jpg


324年にはエルサレムに巡礼し、カルワリオの丘に大きな教会を建て、
そこでキリストの十字架を発見した。
十字架の一部はエルサレムに保存され、他は諸教会に分けられた。
ヘレナは、トリーア、バーゼルの守護の聖人として知られている。
生まれた場所に諸説あり、メソポタミアのカパル・パカルともエデッサともビテュニアともいわれる
身分は低く、
セルビアのナイッススにあった旅館、または酒場で働いていたところを
捕虜としてコンスタンティウス・クロルスの手に陥る。
コンスタンティウスの妾(正妻ともいう)となり、274年にはコンスタンティヌスを生む。
293年にコンスタンティウスがマクシミアヌス帝の娘
フラウィア・マクシミアナ・テオドラと結婚するために政略的に離婚させられるが、
306年にコンスタンティウス1世が死に
ヘレナの息子が副帝に任命されたことにより彼女の皇后としての地位が追認された。
313年頃にキリスト教に改宗。
その後は私財を投じて巡礼・慈善・教会建立の仕事をしてキリスト
彼女が死んだ後にビテュニアのドレパヌムという街はヘレノポリスと名づけられた。」引用終わり

ヘレナは 現在セルビアのナイッススで旅籠と居酒屋を営む場所で生まれ
母親の影響でキリスト教を信じるようになりました、63歳で信者になったと言うのは間違いです
又コンスタンテイウス・クロルスは当時は将軍では無く 傭兵の将校クラスでした。
その間に生まれたのが コンスタンテイヌスなのです。

聖パウロと紹介されている パウロも 元々は両親ともにユダヤ教ファリサイ派の信者で
パウロ自身もユダヤ教徒です、
ダマスカスで天啓を受け キリスト教徒に改宗したと後世言われていますが
ファリサイ派のユダヤ教徒が 
エルサレムのユダヤ教会で暴れたキリスト教徒達を捕縛に行く途中でした。

書簡を調べると 金銭の援助を受けていた 「フイリポ゚の女性 リデイア」と恋仲になり
逃亡したユダヤ教徒がリデイアの影響で キリスト教徒になったと 言うところでしょう。
現時点では ヴァチカンのピエトロ寺院の地下に墓があるそうです。

イエスの死んだ時期さえ 捏造されていて ヘロデ王の晩年と言う事から
死期は紀元前 4世紀前後と現代では言われています。
死後100年から400年位の間に「ニケアの公会議」に合わせて
様々な捏造が行われていたようです。
ヘレナがパレスチナを訪問したのは 紀元327年ですから
イエスの誕生から逆算すると、
イエスの死後600年以上たってから イエスに纏わる品々を発見したことになります。

ナショナル・ジオグラフイックを覘いていたら 面白い記事をいくつか見つけました
アルジエリアの砂漠に雪が37年振りに降ったと 仏人写真家のツイッターから
c0192063_12474489.jpgKarim Bouchetata
11時間前

Les clichés ont été pris par Karim Bouchetata, un habitant de la commune d'Aïn Sefra située dans l'ouest de l'Algérie, à environ 1 000 mètres d'altitude.
EN IMAGES. La neige recouvre les dunes du Sahara pour la première fois depuis 37 ans
Le sable a été recouvert de blanc dans le nord-ouest du Sahara algérien
c0192063_12512949.jpg

c0192063_12585249.jpg

c0192063_1259843.jpg


アフリカのサハラ砂漠に雪が降った。サハラでの降雪は37年ぶり。
インディペンデント紙が報じた。「みんな砂漠に降った雪に感動していました。
本当にこんなことめったに起きないのです」と語る写真愛好家のカリム・ブシェタタさんは
サハラ砂漠の北部のアルジェリアのイン・セフラで撮影を行なった。
ブシェタタさんによれば降った雪は1日は溶けずに残った。

写真を見ると波うった模様の砂丘にうっすらと雪が降った様子がわかる。

インディペンデント紙によれば、アイン・セフラは「砂漠の扉」の異名で知られ、
夏季には空気中の温度は37度にも達すのに対して冬は零度前後まで下がる。
テレグラフ紙によれば、サハラ砂漠の降雪は観測史上2度目。
最初は1979年2月18日で半時間にわたって雪が降ったと記録されている。


欧米のキリスト教社会やキリスト教文明と呼ばれるものは
スタートラインから 捏造、欺瞞、洗脳によって 作られているのです。

砂漠の雪は本物ですよ!。
[PR]
by monk-1 | 2016-12-22 13:05 | Comments(0)

暖かい日が続きますね、
昨夜は早めに寝てしまいましたので 夜半過ぎに目が覚めてしまいました。
本を読みながら BBCを見ていましたら 突然ブレーキング・ニュースが流され
ロシアの在トルコ大使 アンドレイ・カルロフ氏殺害のニュースでした。

後で少し触れますが 其の前に 訪日したプーチンロシア大統領と
安倍首相の会談の記事についてですが、
マスゴミは国民の半数が ”期待はずれ” ”失敗した”と感じていると
プロバガンダ捏造の配信に躍起です。

共同通信の調査によると、
「日本人の54.3%が安倍首相とプーチン大統領の二国間会談の結果を否定的に評価している。
これを背景に安倍内閣の支持率は11月から5.9%下落、54.8%になった」と配信しています。

まあ共同通信のことですから このくらいの記事は配信するでしょう、
マスコミの安倍総理に対する扱いの酷さを 知ってますから 驚きません。
安倍総理からプーチン大統領には 
プチャーチン来日時の「プチャーチン来航図」の複製をプレゼントしたそうです、
又 プーチン大統領から 安倍総理には 
イーゴリ・ラズジヴィン作の絵「コローメンスコエのロシア」と「サモアール」が送られたようです。

サモアールと言えば 昔の事ですが 白系ロシア人の御祖母さんを持つ知人の女性宅に
友人達と招待を受けた時に  ロシアン・テイーをご馳走になった時
お湯を沸かすサモアールを始めてみました、
随分お湯が沸くのに 時間が掛かるものなんですね、
ジャムをたっぷり入れた ロシアン・テイーは 甘過ぎて私には 今一つでしたが、
年代もので ロシア革命のときに御祖母さんが 大事に日本まで持ち運んだ物だそうです。
話題が逸れましたが 
送られた絵と 現物ではありませんが サモアールの写真です。

c0192063_8553410.jpg

c0192063_856382.jpg

c0192063_8581715.jpg


https://jp.sputniknews.com/japan/201612183148250/" target="_blank">https://jp.sputniknews.com/japan/201612183148250/
画家の絵はHPで見ることが出来ます。
http://rivart.ru/?cat=1 画家のHP" target="_blank">http://rivart.ru/?cat=1 画家のHP

かって 日露戦争があり辛うじて日本は「日本海海戦」でロシア艦隊を葬り去り
勝利を得ましたが その後の賠償問題で 有名な日比谷公園にある
現在では 十円カレーで有名な 「松本楼」焼き討ち事件がおきます。

明治38年(1905年)、日露戦争の戦利・賠償があまりに少ないと憤激した大衆が
交番や政府高官官邸、新聞社などを襲いました。
襲われた新聞社は「国民新聞」一社だけです。
日露戦争後のポーツマス条約の講和条件に憤激した人々が東京日比谷公園に集まり、
近辺の交番、新聞社、内務大臣官邸などを襲ったそうです。
翌6日には戒厳令がひかれ、ようやく騒ぎはおさまります。
騒動による死者は17人。負傷者は500人以上。検挙者は2000人以上だそうです。
東京だけでなく、各地で講和反対の集会が開かれたようです。
神戸や横浜では暴動もあったらしいそうです

きっかけとなったのは マスゴミの煽り記事でした
たとえば、明治38年(1905年)9月1日付の 赤い、赤いアカヒ新聞こと 朝日新聞には、
「講和会議は主客転倒」、「桂太郎内閣に国民や軍隊は売られた」、
「小村許し難し」などと書いて 大衆煽動を行いました
また、戦争中は多くのマスコミが戦争を支援する方向で記事を掲載していました

日露戦争では、日本は旅順を攻略し、
バルチック艦隊を壊滅させるなど、はなばなしい戦果をあげましたが
ロシア本土に侵攻したわけではありませんし
戦場はどちらにとっても本土以外の地域でした。
日本の国内の経済状況も酷い状態で 戦争の費用を作る為
ユダヤ系金融機関の クーンレブ商会にシンジケートを組んで貰い 
戦時国債の引き受け先としました
クーンレブ商会は後に 破綻して世界中を不況に陥れた。
リーマン・ブラザースです。

日本はギリギリの所で戦争に突入して 一歩間違えると 破綻していました。
一方ロシアは 国力が違いすぎます、艦隊こそ全滅しましたが未だ々余力が有り
当時最強の陸軍も維持していました。
停戦を仲介したアメリカも金融資本家の意見を受け入れたものなのです。
ロシアとしては負けたつもりはなかったのか、戦争を継続してもいいんだぜと脅しをかけたらしく
日本はとてもじゃないが金がなく、
戦争どころではなかったので、賠償金は一銭もとらないで講和したようです。

マスゴミが真実を報道せず 大衆煽動のゴミ記事を書いていた事を
日本人は知るべきで 忘れてはいけません。

北方四島での経済協力の内容も 現実にロシアの施政権下にある四島を
ロシアの国内法ではなく 日本の法律でもなく
新しい経済協力の為の 特別行政地区の扱いで細目を日本政府と詰めていく と言う
今までとは違う ロシア側の譲歩が 第一歩として見て取れます
ロシア・日本 両国民に取り 琴線に触れる領土問題のアプローチを変えたわけです。
後は 信頼関係を積み上げて行く事で 領土問題の解決を数年後に計ろうと、

四島全てが対象になりましたが、二島先行とか?色々な問題が未だ々出てきますが、
まずは 第一歩を

日露会談は成功したと ネット徘徊 惚け老人のモンクは考えます。
安倍総理の胆力は相当の物ですし 知恵者がいますね。

ロシアには 直ぐ下の弟が国立大学入学時に ロシア語を専攻させ
私自身も「内村剛平」さんの著書を愛読していましたので
本名「内藤操」さんが商社勤務を辞めて 北大の教授として赴任されたと聞き
弟に勧めた次第です。

其の当時に ロシアが抱える「タタールの頚木(くびき)」や シシリー地方の変遷等
「ハザール汗国」以外にも 色々と勉強になりました。

ちなみに タタールとは遊牧民モンゴルの西進でヨーロッパの半数が征服されましたし
タタールは「タルタルステーキ」に 名を残していますし
ハンブルグ風 タルタルステーキは 焼いてパンに挟み ハンバーグとなっています。

日比谷の松本楼を焼き討ちするような お馬鹿な国民ではないと 現在は信じていますが
マスゴミの煽動には 拙ブログ「悪の凡庸さ」でも 書きました通り
自分のオツムで冷静に考える事が大事ですね。

在トルコのロシア大使アンドレイ・カルロフ氏は
トルコの首都 アンカラの美術ギャラリーで開かれた 写真展で挨拶をしていた所を
後ろで 警護をする筈の機動隊員に後ろから銃弾を浴びて 射殺されたようです。

c0192063_100866.jpg

銃を構えて 絶叫する犯人の警護要員です
c0192063_1011487.jpg

c0192063_101527.jpg


シリアのアレッポ攻撃で一般市民と戦闘員に退去を呼びかけているのですが
一般市民に紛れて ISの戦闘員が武器を隠し持った儘 逃げようとし
又 市民が乗った移動するバスを攻撃し 火を放つという事まで行い
シリア政府は避難用のバス移動を中止していました、
様々な欧米の プロバガンダが行われていましたが トルコの仲介で
カザフスタンのアスタナで 反政府軍とのお話し合いをロシア側が行い
漸く 一般市民の移動と 
武器を持たない反政府軍が隣の県に移動を始めた其の日に 事件が起きました。

CNNのニュースでは BBCと違い 射殺された大使の遺体を写し続け
又 数分間犯人はマイクの前で絶叫し続けています。
撃たれた瞬間の顔も大写しされていて
アメリカの置かれた立場がそうさせたのか?遺体や大使に対する リスペクトは感じられません。
BBCではリビアのカダフイー殺戮場面の放映での非難に懲りたのか?
遺体も顔も写さないよう 画面は上部を向けたカメラ映像て犯人を写していました。

犯人が 絶叫していた言葉は「神は偉大なり」「シリアを忘れるな」「アレッポを忘れるな」と
ISを支援していた国々は 何度も書きましたので今更なんですが

世俗化を捨て 急激なイスラム化を推し進める エルドガン大統領は国内に
ISの戦闘員が 自由どころか 国家公務員しかも 治安や外国大使館の警護を担当する
機動隊員と言う エリート層にまで浸透しているという 現実ですね。
何が何でも アサドを引き摺り下ろすと紛争を長引かせて 
原油の密輸で大儲けすると言う構図で
ISも 手に入れた資金で武器の密輸を行い 戦う・・・・・・。
本当の悪は  矢張りマッチ ポンプです。

今現在のニュースでは ドイツのベルリンでクリスマス市でトラックが買物客に突っ込み
死者12名 50名以上が怪我をしたと
トラックのナンバーはポーランドの登録で 犯人は運転手の他一人が死亡
一人が投亡を図りますが 掴ったと 確認されていませんが 一部報道では
犯人の国籍(ポーランド人)を報道されています。

c0192063_111506.jpg


ドイツでは先日7歳の子共がネットで洗脳され テロを行う言動で補導されたばかりです、
そして「ルート・ウイッヒ・ハーゲン」でも 12歳の子供(ドイツ、イラクの国籍を持つ)が
テロを企てて 補導されています。

又 途中ですが スイスのチューリッヒでも銃撃事件が起きているようですが
イスラム教寺院の中で 発砲事件のようです。
未だ テロかどうかは解りません。

SNSを使った 世界中で有名になったシリアのアレッポに住む少女 バナちゃんの事ですが

c0192063_10395276.jpg


何とか アレッポから脱出させてあげたいと 考えた人がSNSで連絡を取り
事情を確認し続けていましたが?
彼女の父親がなんで「アン=ヌスラ」や「アハールアル・シャム」の
ジハード主義者の友達がいるのか 

そして 英国情報機関が資金援助を行っている「白いヘルメット」を通して
アカウントを登録し その仲間達はアラビア語を話せず
英語が日常会話と解ってしまい  
アレッポに手を出せない 欧米の「お涙 頂戴の」 
捏造された悲劇 プロバガンダとばれてしまいました。

油断も隙もないですね でもこれが日常的に世界中で行われているのですね、

最後に これも捏造を暴くツイッターからですが 親日家の台湾の女性が暴いた
南京問題です。 日本語は上手ですが 字数が制限を受ける ツイッターですので、
☆Chris*台湾人☆
@bluesayuri
2015年8月18日
貴重な資料!昭和13年「国民党が黄河爆破、100万人水没。
皇軍が敢然救助!」努力に救助のは「日軍」!
歴然とした蒋介石の支那軍が乱れ、虐殺、放火!同時の新聞「人類の敵!蒋介石!」と報道、
何故逆に日軍が残酷不仁と罪を着られたの?許せない!
pic.twitter.com/HTS6vXNuB8

c0192063_1154351.jpg


12月2日
これは重要な証拠です「第二次上海事変シナ軍の蛮行」と言う報道記事でした。
常に蒋介石軍の蛮行が日軍の仕業としてすり替えて語られてる。
シナ軍の蛮行は南京敗走前に略奪場と化して、放火、殺人、
軍紀逸脱の悩みを、蒋介石の日記もしっかり書いてた。
「捏造の南京の嘘」今は中共のプロパガンダです! pic.twitter.com/pTWR7lUerA
☆Chris*台湾人☆
@bluesayuri
12月13日
昭和12年12/13南京陥落後シナ事変画報の報道、
当時に120名を超える報道陣が南京に滞在してた、
南京の避難民は喜んで日軍に配給を受け、衛生兵に手厚いに世話され、
防空壕に避難の女性達は日軍に保護され、占領後の南京は平和に戻った、
略奪横行はシナ軍だった!これは歴然とした証拠です! pic.twitter.com/fmv4m28Juy
☆Chris*台湾人☆
@bluesayuri
12月17日
昭和12年12/17南京入城式、住民は喜んで礼儀正しい日軍を歓迎し、
略奪横行のシナ軍が敗走した、当日、日軍は戦没者に慰霊式を行ったり、秩序を維持したり、
南京城漸く平和に戻った。
当時、日軍と汪精衛の南京政府は協力で、「歓迎大日本帝国軍」の絵葉書も発行されたの、
虐殺は全くあり得ない! pic.twitter.com/3D0TX9nRwV

☆Chris*台湾人☆
@bluesayuri
12月18日
日本の方の疑問→2番目写真は南京?と、実は言ったら次に入れないかも、
これはC国中央档案館サイトで調べたの、間違えない!
館所蔵は80数万件の書類、80数万冊の資料、
沢山近代政治人物の手稿も保存「南京事件」の真偽が絶対分ってた!
でも、中共は日本を弱体化する為、使ったプロパガンダです! pic.twitter.com/TUjA0fX9Qo


@bluesayuri
2月13日
昭和12年12/13南京陥落後シナ事変画報の報道、
当時に120名を超える報道陣が南京に滞在してた、
南京の避難民は喜んで日軍に配給を受け、衛生兵に手厚いに世話され、
防空壕に避難の女性達は日軍に保護され、占領後の南京は平和に戻った、
略奪横行はシナ軍だった!これは歴然とした証拠です!
pic.twitter.com/fmv4m28Juy

☆Chris*台湾人☆
@bluesayuri
12月17日

昭和12年12/17南京入城式、住民は喜んで礼儀正しい日軍を歓迎し、
略奪横行のシナ軍が敗走した、
当日、日軍は戦没者に慰霊式を行ったり、秩序を維持したり、南京城漸く平和に戻った。
当時、日軍と汪精衛の南京政府は協力で、
「歓迎大日本帝国軍」の絵葉書も発行されたの、虐殺は全くあり得ない! pic.twitter.com/3D0TX9nRwV

☆Chris*台湾人☆
@bluesayuri

12月18日

日本の方の疑問→2番目写真は南京?と、実は言ったら次に入れないかも、
これはC国中央档案館サイトで調べたの、間違えない!
館所蔵は80数万件の書類、80数万冊の資料、
沢山近代政治人物の手稿も保存「南京事件」の真偽が絶対分ってた!
でも、中共は日本を弱体化する為、使ったプロパガンダです!
pic.twitter.com/TUjA0fX9Qo


C国档案館で調べた原日軍資料。蒋介石軍焦土作戦で人口脱出。
日軍南京入城後自治会成立、難民と復帰住民に食糧を救済し、
当時の正確な人口は17万2千人と把握したの、2ヶ月後23万5千人に増えて来た→虐殺があるなら、
何故人口が増えたの?
C国はこの正しい史料を決して隠して、出せれないの!
pic.twitter.com/UrXsnxKeoZ
c0192063_110287.jpg

23:19 - 2016年12月19日
[PR]
by monk-1 | 2016-12-20 11:12 | Comments(0)

冷え込んだ雲一つ無い冬の空が 何処までも蒼く澄み渡っています。
日本海側では荒れ模様で 西日本の各地からも初雪の便りです。
日差しが差し込む部屋の中は 暖房を入れなくても日差しで暖かいです、

今朝は少し寝坊してしまいました

いつものニュースを見ながら コーヒーを飲んでいたのですが
アメリカメデイアの トランプ叩きは異常ですね、
民主党候補のヒラリーが負けたことが 余程口惜しいのでしょうか?
ロシアのPCハッキングが主要な原因だったと ロシア そしてプーチン叩きです、

おまけに暗愚の大統領オバマまでが ロシアとプーチンに報復すると言い始めて
俄かに雲行きが怪しくなりました。

英国のデイリー・メール紙に 英国の元外交官で現在ウィキリークスのために協力している
クレイグ・ミューレイ氏が取材に答えた記事を載せています。
勿論 アメリカのメデイアは民主党に都合の悪い記事は載せるどころか 紹介さえしません。

内容は
AP Photo/ Hasan Jamali トランプ次期大統領 クリントン氏のせいでサウジとの協力を縮小?
ミューレイ氏は英タブロイド紙の「デイリーメール」からのインタビューに
「(漏洩は)ロシアから行なわれたものでは一切ない。
情報漏洩者は情報への合法的なアクセス権を持っていた人物だ。

(暴露された)文書はインサイダー情報漏洩の結果得られたもので、
ハッカー攻撃によるものではない」と語っている。
ミューレイ氏は資料を求めて自らワシントンに赴いたことを明らかにしており、
それによると文書の受け渡しはアメリカン大学付近の森の中で行われた。
情報漏洩者がこうした行為に出た動機について、ミューレイ氏は、
この人物がクリントン基金の活動にまつわる収賄に断固として反対し、
民主党の候補者争いでクリントン氏の主たるライバルであるバーニー・サンダース氏にとって
選挙キャンペーンの不利な条件を生み出そうとして行なったことと説明している。
先に米大統領選挙キャンペーン中に行われたハッカー攻撃について米国政権は
ロシアの仕業と非難したものの、
実際はオバマ政権と米特務機関が行った可能性があることが報じられた。...
TelegramWhatsAppNaverLineBloggerGoogle+200

何度も拙ブログで紹介した通り ウイキリークスにヒラリー・クリントン候補のメールがハッキングされ
一部をすこしづつ発表されて ヒラリーの悪行が暴かれた事が
大統領選の大きな敗因なのですが・・・・・。
メデイアは それを認めたくない、
つまり民主党贔屓でリベラルを標榜しているメデイアは トランプ次期大統領を叩き
選挙の敗因もロシアとプーチンに 擦り付けているわけです。
金まみれのヒラリーに嫌気をさし 自らソシヤリスト(社会主義者)と名乗るバニー・サンダース候補を応援し
彼に有利な条件をと 民主党議員が内輪でフイッシングメールをヒラリーの選対責任者に送りパスワードを盗み
メールを見た事がばれた訳です。
その後 ウイキリークスが少しづつハッキングしたメールを発表し 金塗れのクリントン一族を告発した、
こんな流れなのです。

こんな感じで先の戦争も 日本も民主党の狂犬 ルーズベルトに騙され、
罠に引っ掛かったんでしょうね。

シリア最大の都市 アレッポが陥落し 完全にオバマ政権の目論見は失敗しました。
目を逸らす必要も有り 執拗なトランプ叩き、プーチン叩きを現在進行中です。

中東はこれで シリア、ロシア、イラク、イラン、パレスチナ(ヒズボラ)、クルド人が主導権を執り
ISをあからさまに 支援していた サウジアラビア、カタール等湾岸諸国 イスラエルそして
米、英、独、仏、等欧州各国も影響力を失いました。

後はエジプト軍事政権ですが、イスラム同胞団の政権を革命でひっくり返した軍事政権は
政権誕生時に アメリカ政府は民主的に誕生した政権を軍事革命とは支持できないと
強く エジプトの軍事政権を非難していました、
曰く 軍事装備をエジプトには売らないと。

イスラム同胞団と言う組織は便宜的に付けられた名前であって一つのグループではなく
エジプト観光の日本人を殺戮したグループや、イスラム原理主義者のグループ(IS)
少ないですが 比較的穏健なグループも入っていますが、
同床異夢のイスラム過激派の寄せ集め的な団体なのです。
軍隊は建国以来 世俗主義ですので イスラム化は認めていません。

そんなエジプトの軍事革命政権をオバマは認めていませんでしたが
エジプト政府が ロシアに接近し始めた為 慌ててエジプトに擦り寄って行きました。
エジプト政府としては ロシアとアメリカの両方を軍事的に利用する心算なのでしょう が
政権発足時の オバマ大統領の発言を忘れた振りをしても 覚えているでしょう。

ユーロを離脱する英国の首相がEUのサミットに出席していますが
お目当ての会議には出席を認められず

Please somebody talk to me! Theresa May is left with NO ONE to talk to
as she arrives at EU summit in Brussels - and Brexit isn't even on the agenda

誰か?誰でも良いから 私とお話ししましょう~と揶揄されています。
c0192063_1438572.jpg

c0192063_14403740.jpg

c0192063_14432360.jpg


EU離脱に伴う貿易交渉には10年も=駐EU大使
英国の欧州連合(EU)離脱に伴う貿易交渉は、妥結まで10年かかる可能性がある上、
最終的に締結できないこともあり得る——。
英国のアイバン・ロジャーズ駐EU大使は10月、
こうした見通しを英政府に伝えていたことえを 明かしました。

そんな事情なのか 
メイ首相はリトアニア、スウエーデン、各首相と 各個撃破のようです。

軍事同盟のNATO そして経済同盟とも言うべき EU そしてユーロへ
緩やかな 各国の集まりが軍事的緊張をウクライナで作ってしまい対露制裁へ

お手本はアメリカ合衆国なのでしょう?経済力世界一位で連邦国家
合衆国憲法は 大枠を規制していますが 細かなところは州法で決める事が出来て
州の自治権が強い所もユーロが目指す所と似ています。

数年かけて アメリカ合衆国を真似た連邦国家ユーロを目指したのでしょうが
英国の離脱とドイツの先走りで 頓挫しそうです、
アメリカ合衆国を倣った 一大経済圏作りの夢は
リベラルが夢見た難民?への人道支援で 各国は夢の中から現実に引き戻されてしまいました。
ユーロ域内の通行の自由も
社会保証目当ての移動は 幾つもの条件が設定されてしまい、
今までのように 東欧から失業保険目当ての移動は出来なくなりました。

ギリシアのチプラス首相が
年収850ユーロ(約11万円)以下のお年寄りに 一時金を支給すると決めた所
ドイツの財務大臣が 緊縮財政の約束違反だ!と
財政援助を停止すると発表しました。

ギリシア政府の負債の保証は ドイツ銀行が行っているのです。
ギリシア政府へ国の資産を切り売りさせ 空港、鉄道、エーゲ海の島々、様々な観光資源、
港にホテル、何もかも売るように 圧力を掛けています。

今日もドイツ政府はアフガン難民34人を強制退去させアフガンへ帰還させましたが
犯罪容疑のアフガン難民が未だ一万二千五百人 ドイツ国内に収用されています。
来年1月 航空機でアフガンへ送り返すそうです。

リベラル、進歩的知識人、皆 胡散臭い人間ですね。

デイリー・メールが報じていた 英国の ハリー王子のお忍びデートの模様です。

c0192063_15173389.jpg

c0192063_15175386.jpg


訪日中のプーチン大統領ですが

c0192063_1519758.jpg


日本のTV局も あれこれ言っていますが、
かって 二島返還と後は経済協力 残りの2島の帰属先は又話し合いでと決まっていたのですが、
ぶち壊したのは アメリカ政府の意向を 外務省が忖度し

4島返還を言い始めた 元首相小泉と田中マキコ外務大臣です
お陰で 10年遅れてしまいました。

今回の来日もアメリカ政府が反対していて 2年間かかりました、
安倍総理の日露平和条約にかける熱意は 島の返還の道筋をつけると供に
戦後政治の 総決算となるでしょうか。
訳知り顔で TVでOPECの石油減産合意が達成したので ロシアは資金的に余裕が出来
日本政府に譲るつもりは無いとか 色々と言っています。

シリア内戦に見られる ロシアの関与はこれからも続きます
シベリア東部開発、北方諸島のインフラ整備 北極圏航路開発と北極圏の石油開発
日本の技術と資金が未だ々必要なのです。
中東への軍事シフトは予想外の資金が掛かります、
インフラ整備や開発までは手が回らないのではと考えられます。
信用できる国と経済協力は ロシアにも日本にもメリットが有ります。

数年後に島の返還がスムースに行われるよう 是非成功して貰いたいですね。
領土問題は存在しない等 こわもての発言は日本の対米関係を慮ってのものです。
会談を行う事事態に アメリカ政府は猛反対なのです。
これも トランプ現象かしら。
[PR]
by monk-1 | 2016-12-16 15:33 | Comments(0)

  場外論争

雨は降り止みましたが 冷たい北風が吹いています、
温かいコーヒーが 何時もより美味しく感じられます。

ニュースでは シリアのアレッポが 
事実上ロシア、シリア、イラン、レバノンのヒズボラ連合に依って陥落のようです、
BBC,CNN,アルジャジーラの各TV局は
悔しさを滲ませながら 人道的問題は解決していない、子共達が被害を受けている、
未だ 反政府軍側には数万人の一般市民が住んでいて 攻撃の被害を受けている と、

一方ロシアのTVは 最後の市民も非難させ人道支援をロシアが行っていると、
国連機関(ヒューマン・ライツ・ウオッチング)は 人道支援を行わずに
アメリカ、イギリス、フランス等 シリアの反政府組織を支援するプロバガンダ機関に成り果てたと
国連で 非難の応酬です。

欧米諸国とサウジ、湾岸諸国は従来のシリアの利権から遠避けられる事ははっきりしました。

有志連合とイラク、イラン、クルド人部隊が攻撃している筈の イラクのシルトの事情は
報道無しです、一説にはシルトのISを一掃するには、未だ後半年くらい掛かると
アルジャジーラは伝えています。
制空権を持つ有志連合が本気で攻撃しているとは考えにくいですね。
イラク北部のクルド人が押えている石油基地以外の 石油利権をお互いに盗掘しているでしょうね。
とんだ 有志連合とトルコ軍です。

   非難するアレッポ市民
c0192063_10463364.jpg


イギリスのメイ首相はサウジアラビアを訪問して 
新たに友好の確認とユーロ離脱後も従来通りの通商の合意を確認しました。
イギリスの外相で元ロンドン市長の ボリス・ジョンソンは
記者会見でサウジアラビアとイランはイエメンで代理戦争を行っていると発言しましたが、
イギリスの議会やマスコミは メイ首相の足を引っ張っていると 大騒ぎです。

事実を語る事を非難される 英国の自国利益第一主義も此処まで来ると 異常ですね。
世界中がイエメンで代理戦争をしていることは 衆知の事実なんですがね~、

アメリカの民主党政権時代に 世界中を混乱(カオス)に陥れた政策は
国際金融資本にとっては 大きなチャンス(街に血が流れると 投資のチャンス)となりましたが、
一般人にとっては 良い迷惑でした。
軽い処か 操り人形のような政策は 歴史上最低の大統領と評価を受けるでしょう。
当選直後は 始めてのアフリカ系アメリカ人大統領の誕生と
多くの人たちの期待、希望の星でしたが リベラリズムの底が見えてしまいました。
安倍政権誕生時のアメリカ政府の態度は 何度も書きましたが もう一度
靖国神社参拝を行った 安倍総理をリビジョニスト、歴史修正主義者と
まるで 中国共産党政府の代理人のような発言をし 日本批判を繰り返したのですが

クリントン国務長官とご主人が主催するクリントン財団への
中国共産党から多額の資金が流れていた事を ウイキリークスにすっぱ抜かれてしまい
大統領補選での負けも決まりました。
アメリカの民主党贔屓でリベラル左翼のマスコミは 未だトランプ叩きを放送中です。
曰く 娘のイバンカの扱う商品のうちの衣類は 中国製なので
トランプ次期大統領は其の製品にも高関税を掛けるのか?
曰く 自分の事業を息子に譲っても 利益相反になるのでは?

いやはや BBCの番組でフランス人政治評論家が言ってた
「アメリカのマスコミはトランプ次期大統領が 就任する前に潰そうとしている」が
本当に聞こえます
ウインスコンシン州の票の再計算では逆に トランプ票が増えてしまいました。

トランプ次期大統領は ツイッターで例のごとく 「緑の党」と「民主党」は詐欺だ!と
次はマスコミが トランプ候補が有利になるように ロシアがPCをハッキング操作をしたと
CIAが言い始めたことを理由に ロシアとの繋がりが懸念されると、
トランプは「イラク侵攻時に 大量破壊兵器が在ると間違えた情報を大統領に伝えたCIAか?」と
何名の若いアメリカ兵が命を亡くし 血を流したのか?と反論です。
FBIはCIAと対立する 違う意見を出しています。

選挙を終えても 泥試合は続いているようですが

閣僚にウオール街のゴールドマンサックスの幹部やエクソン・モービルのCEOを就任させる事で
ダウ平均は最高値をつけ 引きずられ日本の株式市場も19000円超えです。

市場の反応は現実的ですね。

以前書きましたが ローマ帝国がキリスト教を国教とした件ですが
[初期キリスト教を 東ローマ帝国支配の道具、手段として取り入れたコンスタンチヌス帝は
手に負えないくらいの 様々な教義を持つ色々なキリスト教を取りまとめる必要に迫られ
「ニケアの公会議」を開催して バラバラのキリスト教の教義を強引に取りまとめますが、
その中に 「位階制」を取り入れます、
犯す事の出来ない 位階を決める事が 後のキリスト教文明の「階級性」を生み出します。]


欧州の階級社会の萌芽が見て取れます、
司祭等の犯す事が出来ない権威として 「位階制」を取り入れますが
キリスト教の法皇の地位はその後絶対的権威として 権力を上手に使いながら存続します。

国が滅びても 権威としてのキリスト教は現代まで 其の権威を維持し続けます。
あまたの教義を持つ 幾つものキリスト教徒達を纏める為に
認められていない教義を書いた書物も徹底的に「焚書」されてしまいます
領土を拡大し続ける ローマ帝国の統治に最初は利用されていた キリスト教ですが
その後はキリスト教自身が「鵺」のように生き続けます、

死海が見下ろせる丘の洞窟から見つかった「死海文書」や 
エジプトのナグハマデイで発見された「ナグハマデイ写本」は
イエスの生きていた時代と 同時代の違う教えのキリスト教?の写本ですが
文書には イエスの事は書かれていません

古代ギリシア語のクリストス、ラテン語ノキリスト、後にヘブライ語でのメシア
いずれにも イエスの名前は出てきません、研究者がイエスは実在した人間なのか?と
疑う理由も此処から来ています。
古代ギリシア語からラテン語そして 現代に伝わる聖書となるのですが
聖書が編纂された時代 古代ギリシア語で後世に写本士により 
書き加えられた部分が多く 真贋判定は 黒が覆いようです、

イエスと言うのはラテン語で 元の名はギリシア語で”イエソス”古代では
”イェシュア”と読むのが正しく 一世紀ヘブライ人の中ではありふれた名前です。
紀元68年のマサダ砦の立てこもり事件で ローマ軍に殲滅されたユダヤ人の中で
唯一生き残り 捕虜になった州知事ヨセフはその後ローマの市民権を持ち
歴史家ヨセフとして 一世紀後半に全28巻からなる「ユダヤ古代史」を書きます。
そのなかの 短い段落の中に二箇所”イェシュア”の記述が有り
ひとつは イェシュアの兄 ヤコブの死刑について述べた物で
もう一つは 後世書き加えられた物と言われています。

イエスは実在を疑われる 使徒達が創作した人物なのでは?と疑われる訳です。
又 疑問につきましては 次の機会に・・・・・・・・・・。

フランスから こんなお話が

時価1500万ユーロのレオナルド・ダヴィンチ筆の絵画がパリで偶然発見された。
テレグラフ紙が報じた。
絵画を所有していたのはフランス人の元医師。
年金生活を送るこの人物は仏中部に暮らしていた父の遺した15枚の絵を
仏最大のオークションハウス「タハン」に持ち込んだ。
絵画を調べていた「タハン」はその中の1枚の木にくくりつけられた
聖セヴァスチアンの墨絵に注目した。
鑑定の結果、この絵はレオナルド・ダヴィンチの筆によるもので、
制作年は1482年から1485年の間であったことが判明した。
c0192063_12144635.jpg


c0192063_12121844.jpgTAJAN Auction House ‎@Tajan_Auction

Relayé par @nytimesarts, @Tajan_Auction vous annonce la découverte d’une oeuvre exceptionnelle de #leonardodavinci https://goo.gl/hKmIKQ
8:07 PM - 12 Dec 2016
1515 Retweets
 1010 likes

未だ々 こんな事があるのですね、
イエスの磔刑の 図 と言われている 2世紀の絵
c0192063_12193011.jpg

      祈っているんじゃ無いよ 赤外線ストーブ温かいんだよ、
c0192063_12262216.jpg

[PR]
by monk-1 | 2016-12-14 12:28 | Comments(0)

穏やかな日差しですが、空気は段々冷たくなってきて 
ああ 12月半ばなんだ 相応しい気候に収まるんだなあ~と、
妙な納得をしています。

パイプの掃除をしようと リーマー(ボウルの内側がに付いたカーボンを削る道具)を取り出し、
手持ちのパイプ数本のカーボンを削り 
ついでに煙道(マウスピース)をモールで掃除して

お気に入りの タバコを詰めて 先ずは 一服です。

年末だからと 言う訳ではないのですが カーペットを洗濯屋さんに出したので、
プローリングの部屋の掃除がし易くなりましたが、逆に
今まで気が付かなかった 彼方此方の汚れが見えて”やぶへび”でした。

やれやれ、

穏やかなお天気のうちにと 鉢植えの手入れも終ったし
後は ゆっくり 美味しいお酒を飲みながら 本を読むだけです。

先日 投稿しようとして中断した気になるニュースは ヨーロッパで行われた2つの選挙の事でした。

イタリア、とオーストリアの事実上の大統領選挙では
イタリアの憲法改正を問う 国民投票では大統領が負けたならば辞任すると言い
事実上の信任選挙となりました。

イタリア上院の議員数を減らし 権限を削ぐ事で 大統領の権限を強くする
そんな 憲法改正法案でしたが 国民の返事は ノー でした。
ユーロの言いつけ通り 財政を削減した緊縮財政法案に国民は疲れていたようです。

お隣ギリシアの悲惨な例を見るに付け ユーロって?IMFって?多くの疑問が噴出したようです。

国際金融資本が進める「グローバリズム」とは?

経済学のイロハを勉強した時に 「金、物、人、市場、」と企業活動に必要な原則を教わりますが、
金、物、人が国境を越えて自由に行き来できる「ゾーン経済圏」を理想と歌っていますが
実際には 力の論理が働きます。

例としては余りよくないですが 世界中を博打場のようにした 金融資本ですから

手持ちの資金が 1000円の人と、 100万円の手持ちの資金の人が
同じルールで賭け事をしたと仮定しますと
手持ち資金1000円の人は絶対に負けます。 何故か これは数学の確率論なのです。

脆弱な経済力の国を経済圏(ユーロのような)に取り込むことで
脆弱な経済圏の国々は 経済を支配されてしまいます。
金融資本の狙い通りです
一部の人間だけが富 多くの人がギリギリもしくは 生活が成り立たなくなり
国を離れて富める国、社会保障が充実した国へと移動します。

富の偏在と人間の立ち居地が決められてしまうのです、

初期キリスト教を 東ローマ帝国支配の道具、手段として取り入れたコンスタンチヌス帝は
手に負えないくらいの 様々な教義を持つ色々なキリスト教を取りまとめる必要に迫られ
「ニケアの公会議」を開催して バラバラのキリスト教の教義を強引に取りまとめますが、
その中に 「位階制」を取り入れます、
犯す事の出来ない 位階を決める事が 後のキリスト教文明の「階級性」を生み出します。

富の偏在と人間の生活水準が 現在ユーロ諸国のみでなく
グローバリズムの名の元に 世界中に階級性社会の出現を後押ししています、
鶏舎で 毎朝 卵を産む事を義務付けられた ニワトリのように、
根底にはキリスト教文明の如何わしさがあります。

幸いにも イタリア国民は 否の投票行動を行い 大統領は辞任声明を出します。
          辞任表明したレッツイオ大統領
c0192063_1035547.jpg

オーストリアでも かって オーストリア、ハンガリー帝国を経て 
そして ナチスの贖罪意識が消えない国民にメデイアは
極右 ファシズム、独裁などの プロバガンダ報道で危機感を煽り
かろうじて 「緑の党」の大統領候補が勝利しますが
私から見ると 「緑の党」が 極左の過激団体に見えます。
マスコミ報道が 勝たせた選挙と言って良いでしょう。
Austria elects a president on Sunday, and one candidate hopes to duplicate Donald Trump's win. Norbert Hofer's right wing Freedom Party, founded by a former Nazi officer, was emboldened by Donald Trump's win. Seth Doane has more.

トランプ次期大統領の選挙報道でもマスメデイアの偏向報道は酷い物でしたが、
報道する側が そうは 感じていない所が
グローバリズムの本当の「怖さ」です、
時間と資金をかけて 洗脳はユックリ行われて行くのです。
日本のメデイアも酷くなり、民主党党首の二重国籍問題や
在日の犯罪は 報道しません 報道しても通名(日本名)です。

野党の党首が 二重国籍もしくは3重国籍では?と疑われていても
まったく報道しないのです。

【12月8日 AFP】
ドイツで女子医学生(19)をレイプして殺害した容疑で
難民申請中のアフガニスタン人少年(17)が逮捕された事件について、
反移民感情をあおるとの懸念から報道を控えたドイツ公共放送ARDに批判が殺到している。

ARDは3日、夜のニュース番組「ターゲスシャウ(Tagesschau)」で
アフガン少年逮捕のニュースを報道しないことを決めたが、
これについてインターネット上では膨大な批判が巻き起こった。

ドイツの報道問題をスプートニクからの引用です

未成年のアフガニスタン人難民が大学生マリア・ラデンブルガーさんを殺害した事件で、
放送局ARDのニュース番組『ターゲスシャウ』(Tagesschau、『今日の出来事』)が
当初これを報道しないとした決定はインターネットユーザー以外にも批判を呼んだ。
政治家の間でも反響を呼んだのだ。
c REUTERS/ Fyodor Porokhinオンラインマップで
移民によるドイツでの犯罪規模が表示ドイツ連邦議会内政委員会の
アンスガー・ヘフェリング(CDU; Ansgar Heveling)氏は火曜日、
メディアグループの出版物を前にして次のように述べた。
「私は『ターゲスシャウ』の決定は間違っていると思います。
なぜなら、この殺人事件が報道されなかった理由について、
容疑者が保護者を伴わずに入国した政治亡命申請中の未成年だからだという印象を与えてしまうからです。これでは不快な印象になってしまいます。」
ヘフェリング氏はまた、19歳の大学生がレイプされ殺害された事件は、
殺人犯が特定される前から全国的に報道されていたと強調した。
大多数のマスコミはフライブルグでの殺人事件を発生当初から報道してきた。
一方、ARDはその間ずっと沈黙を続けてきた。
ニュース部門(ARD-aktuell)編集長のカイ・グニフケ(Kai Gniffke)氏は
『ターゲスシャウ』が個別の犯罪を取り上げるのは稀なことだとして、次のように書いている。
「『ターゲスシャウ』は国内外の重要な社会的ニュースを報道する番組だ。
殺人事件はこのようなニュースにはあたらない(中略)
年間300件も起きている殺人事件を個別に報道することはできないし、するつもりもない。」
グニフケ氏は『ターゲスシャウ』の決定と容疑者の出自は一切関係ないと強調した。
しかし、インターネットユーザーとマスコミ各社はこれとは異なる見解を示し、
この決定には政治的動機があると述べた。
c Sputnik/ Evgeny Yepanchintsevロシア、ウクライナ難民110万人以上を受け入れ
月曜日の夜、ARDは結局この事件を報道した。
テレビ番組『ターゲステーメン』(Tagesthemen、『今日のテーマ』)の中で、
難民を十把一絡げにした非難に警告を発する
アンゲラ・メルケル首相のインタビューにこのテーマを盛り込んだのだ。
ドイツ政府報道官のシュテフェン・ザイベルト(Steffen Seibert)氏もまた、
これは一人の難民が個別に起こした犯罪だと述べた。
キリスト教民主同盟副党首のユリア・クレックナー(Julia Klockner)氏はさらに、
同様の犯罪はドイツ国民や外国人によっても発生していると強調した。
一方で、ドイツ警察労働組合のトップを務めるライナー・ウェント(Rainer Wendt)氏は
『ビルト』紙へのインタビューで「この国が、大量移民に必ずつきまとう危険性に備えていたならば、
今回の犠牲者や他の多くの犠牲者は生まれなかったかもしれない」と語った。
社会民主党副党首のラルフ・シュテーグナー(Ralf Stegner)氏はこの発言について
自身のツイッターの中で「政治的には最低で、警察にあるまじき愚劣なものだ」と記している。
10月半ば、フライブルグで女子医学生のマリア・ラデンブルガーさんがレイプされ殺害された事件。
彼女はドライザム(Dreisam)川で遺体になって発見された。
警察は12月2日になってやっと、17歳のアフガニスタン人難民を容疑者として逮捕したと発表した。
現在、容疑者は留置所に勾留されている。
引用終わり

キリスト教民主同盟の先の党大会で来年秋に行われる 首相選挙に
メルケルは出馬を表明しました。
党大会では」五月の難民理解と支援の発言を後悔し反省していると 党員に表明して
自身の再出馬に理解と支持を求めて 了解されましたが、
とにかく難民が起した事件を覆い隠さなくちゃと(日本では報道しない自由と皮肉られています) 
国営放送が慮ったのでは?と疑問が出て来て
湧き上がる疑問を 報道各社に追及される メルケル首相
c0192063_944416.jpg


不法難民が起す事件は続出していて 再選を目指すメルケルにとっては
メルケルが招いた 災いの事実を毎日報道されては困るのです、
彼女が指示しなくても 彼女の取り巻きが指示した事は十分考えられます
駅の通路 階段で理由も無く ドイツ人女性を蹴り落とす難民達

BYなでしこりん

こうした批判に対しARDのカイ・グニフケ(Kai Gniffke)ニュース担当部長は、
番組内の国内ニュースでは「個人による犯罪事件を報道することは非常にまれ」であり、
「社会、国内、海外」の分野で適切と判断した出来事を主に扱っていると説明した。

しかしソーシャルメディア上では、
「ポリティカル・コレクトネス(政治・社会的な公正さ)」の立場を維持したいとの思惑や、
政府のリベラルな移民政策に否定的なイメージを与えるとの懸念から
事件を故意に無視したとの番組批判は収まっていない。

ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は2015年におよそ90万人、
16年にはさらに30万人の難民・移民を受け入れてきたが、
これに関する評価は敬意と厳しい批判とに割れている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3110554
  殺害された 19歳の女性 マリアさん
c0192063_9562764.jpg

Maria L was 19 when she was murdered in October.
German refugee murder arrest in Freiburg heightens tensions
For days now photographs of a smiling young woman have haunted newspaper headlines and online news sites.
c0192063_9565494.jpg

c0192063_958053.jpg


そんな中 フランスでは「国民党」の党首 マリーヌ・ルペン氏は
正規の移民でフランス語が不自由な移民にたいして 
無料の フランス語教育の学校を開きました、
勿論 来年の大統領選挙を意識しての事でしょうが、正規の移民は受け入れると言っても
正確な報道は望む事ができない現状に対して 行動で、
本来は政府(社会党。左派が)遣る事を 極右とレッテル張りされている ルペンが行うとは、
c0192063_10211334.jpg


かって ユーロ議会の重鎮として顔を合わせていた首脳達ですが
c0192063_10241741.jpg


キャメロン、オバマ、オランド、レッツイオ、皆 いなくなります。
残るはメルケル氏だけですが 選挙で矢張りいなくなるのでしょうか

時の流れを 感じさせますね、 
正に無常な必滅で 日本人の感性が理解できますかね。

それとも 未だグローバリズムと叫ぶつもりなのでしょうか、

     今日は日本大通りの 黄葉した銀杏並木を
c0192063_10264378.jpg


冷たい風が吹いています 皆さん風邪をお召しになりませぬよう ご自愛を。
[PR]
by monk-1 | 2016-12-10 10:28 | Comments(0)

風邪が少し冷たいですが 穏やかな日差しが部屋に差し込んでいます。
小春日和ですね、
水曜日からは 又 来日するロシアのプーチンが連れてくるのか?
シベリアからの寒気団が南下してくるとかで
関東平野の北部には 降雪注意報がでるようです。

CNNのニュースでは トランプ氏のツイッター発言(中国関連)が大きく騒がれていて、
既存のメデイアを通さないので、記者達の顔色も変っているようです。
このお話しは後半にしますが、もう一つ

カリフォルニア、オークランド市の倉庫火災で現在確認できているだけで36名が死亡と、
通称「幽霊船」と呼ばれていて 地元の若者達には人気がある
自称アーチスト達が大勢活動、生活していて 定期的にパーテイなども開かれていたそうです。
元々閉鎖されていた倉庫なので スプリンクラーも無く
消防法に適合していない 幾つもの欠陥がる
怪しい建造物に住み着いていたようです。

各階を行き来する階段は 木製のパレットを積み上げた物で
出入りする 入り口も狭いものが2箇所しか無かったようです、 
スペースもカーテンで仕切られていて 勿論不燃仕様ではなく 
火はあっという間に燃え広がりました。

c0192063_12522260.jpg

c0192063_12524353.png


亡くなった倉庫「幽霊船」の主催者 32歳のブランドン氏
c0192063_12591130.jpg

This photo from Facebook is of Oakland warehouse fire victim
Brandon Chase Wittenauer.
According to authorities, Wittenauer was 32 years old,
and from Hayward, California.
使われなくなった倉庫街や 寂れた街に多くの芸術家が安い家賃に惹かれて住み着き、
集団で活動する事で 街が違う顔を見せ始め
街の再開発に繋がる例は NYが有名ですが
其の例に倣ったのかしら?
亡くなった犠牲者の方には心よりお悔やみ申し上げます。

BBCでは 訪英した習近平とキャメロン(当時の英首相)が行ったパブが
中国資本に買われ チエーン展開する模様と 伝えています。

A village pub made famous by the visit of China's President Xi Jinping
and then Prime Minister David Cameron has been bought by a major Chinese firm.
SinoFortone has bought The Plough at Cadsden, near Princes Risborough in Buckinghamshire.

c0192063_1313123.jpg

c0192063_13131945.jpg


中国政府は激減する外貨残高を懸念し 外貨の持ち出しに制限を架けて来ましたが
駆け込み買収のようです
降下する 元を何とかしようと 
香港と深圳の市場を繋ぎどちらからも売買が出来るようにし、香港の資金を当てにしましたが、
現実は上手くいかず 逆に深圳から香港市場への買いが多く
バブルで有り余る通貨 元も為替の変動で下がり続けていて
いち早く 香港に逃げ出していると言うのが実情のようです。

前回キッシンジャーが訪中し 習近平と会談したのに 合せた様に
台湾の蔡総統との電話会談を発表しましたが、
中国共産党政府は中国に事前に断りも無くと 高飛車な発言でトランプ氏を非難したところ
トランプ氏は次にツイッターで
中国政府の為替介入、アメリカからの輸出物に掛ける高関税、そして
南シナ海の環礁を埋め立てて 「大きな軍事基地を作るときにアメリカの了解を得たのか?」と
強烈な反撃でした
中国政府は反論できず 現在までコメントを出していません。

大統領候補選中の発言といい 台湾の蔡総統との電話会談といい
次期副大統領のペンス氏が 当選祝いの一般的な祝意の電話だと
熱くなるメデイアや中国向けに発言していますが、
トランプ氏の粗野な発言を「つかみ」とみると
ペンス氏との掛け合い漫才 「ボケと突っ込み」のようで 計算されていますね。

特に キッシンジャー訪中には 訳があります。
次に「中韓を知り尽くした男」さんのブログ 
少し古いですが7年前のブログより引用させていただきます。

悪魔を育てたキッシンジャー博士

キッシンジャー博士 岡山大で講演(産経新聞4月20日)
世界史において色んな巨悪な人が表れます。
その中でもキッシンジャーは巨悪中の巨悪と言っても過言ではありません。
しかしアメリカから見た場合は多少巨悪が薄まりますが!
彼は権力欲の塊で目的のためには手段を選びません。
彼によって弱者や弱小国が数え切れないほどの犠牲者を作り出しました。
彼の評価を決定付けた第一は「ベトナム戦争和平」への貢献が上げられますが、
事の真相がジョセフ・ヘラーによって暴露されています。
1968年民主党のジョンソン大統領によってベトナム戦争を終結させるパリ和平交渉が進められていました。
当時大統領選が迫っていました、対立候補のニクソンは選挙を有利に進めるために、
パリ和平交渉を決裂させるように仕組みました。
その提案と工作をキッシンジャーが全て執り行いました。
その功績でキッシンジャーは政権誕生とともに大統領補佐官として政権
の中枢に入り、外交全般を取り仕切りました。
それから4年後、
ニクソン政権はパリ和平交渉で提示されていたものと同じ条件で戦争を終結させました。
キッシンジャーは南ベトナム軍の上層部に「当時米国の政権を取っていた民主党より
共和党のニクソンの方があなた達に有利な条件で締結できる、」と言って
相当な資金援助も約束しました。
それに乗った南ベトナム代表団はキッシンジャーの作戦通りに
大統領選前日に和平交渉の席をけり、決裂させました。

結果「平和公約」を掲げていた民主党を打ち砕き、見事ニクソンが大統領に選ばれました。
しかし当時ジョンソン大統領の和平交渉はほとんど締結寸前でした。
キッシンジャーの邪悪な野望によって戦争終結が4年間延ばされました。

その間2万人を超える米国人と数え切れないほどのベトナム、カンボ
ジア、ラオスの人々の命が失われました。

この裏工作と大虐殺で彼はノーベル平和賞を受賞しました。
邪悪な裏の見えない政治家に贈る平和賞は殆ど間違えます。

キッシンジャーの犯した悪事の数々は、クリストファー・ヒッチンスが色々書いています。
バングラデシュでの大量殺人、東チモール民族大虐殺の扇動と援助、
クルド人をそそのかしてフセインに対して攻撃させ
最後は彼らを裏切り見捨ててフセインに大虐殺されました。
その他クリストファーはキッシンジャーの多くの悪事を書き連ねています。

しかし私が今日書きたかった事は、この二人の作家が見えていない
キッシンジャーの悪事と陰謀です。
キッシンジャーの最大の罪は
悪魔の巣窟、中国の竹のカーテンを無理やりこじ開けて毒ガスを世界中に撒き散らした事です。
彼はソ連を牽制するために野蛮国中国を世界のグランドに招きいれました。
そして中国と取引して台湾と日本を見捨てました。
中国と手を握る事によってソ連を孤立化させました。敵の敵は味方を実践したのです。
しかしこの策謀家の最大の弱点は権力欲と金銭欲です
途中からミイラ取りがミイラになってしまったのです。
当初彼は、
一党独裁の共産国であり、
国民を過酷な統制下においていた中国を経済発展させれば
資本主義開放経済への道を進みやがては
中国も民主国家へとなっていくと思っていました。
そして中国発展のために彼はあらゆる便宜を図りました。
ところがこのずる賢い極貧国家中国が
キッシンジャーの予測以上に経済発展をとげ魔王に育ってしまったのです。
そしてこの悪魔は目もくらむぐらいの大金でキッシンジャーを中国の走狗にしてしまったのです。
中国はキッシンジャーを使ってアメリカ政権内部に入り込み
信じられない大金を使ってクリントンを大統領にしました。
中国はクリントン大統領夫妻や民主党有力政治家と癒着して
国防総省の機密情報が大量に北京にながれ、
ミサイル技術や核弾頭の技術まで中国は手に入れてしまいました。

いまや米贈賄工作は官僚の末端まで浸透して、
中国スパイは捕まる事もなく大手を振って政権内を闊歩しています。
これは私の妄想ではありません。
クリントン夫妻がワン・ジュンというスパイから何回も賄賂を受け取っていた事は
アメリカでは周知の事実です。

中国に取り込まれてしまったアメリカを眺めた時、アメリカが日本を守ってくれるなどありえない、
核の傘は存在しないと言う事が分かっていただけたと思います。
これら一連の流れを作り日本滅亡に手を貸しているキッシンジャーを
2千500万円の大金を払って日本に招き日米関係などを拝聴するなどバカらしくて涙が出ます。

彼は「拉致は最も悲惨な事件」と心にも無い事を平気で言って日本に同情したように見せるなど、
とんでもない老人です。
またそれをありがたがって拝聴している日本人の無知さにもがっかりします。

彼は既に85歳になりましたが
今も厳然とアメリカ政権内で外交アドバイザーとして影響力を発揮しています。
ブッシュ政権下で起こったイラク戦争も彼のアドバイスと言われています。
当初 彼も中国もヒラリー・クリントンが大統領になると思って資金援助をしていました、
ところが中国は途中から盛んにオバマにも大量の資金を流して保険をかけ始めました。

世間ではオバマの場合ネットによる個人献金と言われていますが、
この方法のほうが目立たなくて資金を投入できます。アメリカ在住の大量の中国人を使って献金しました。
名前だけ使われた中国人も多くいます。
オバマが選ばれた時点で中国の資金まみれのヒラリーを国務長官に押し込みました。
人間の心情として選挙中にあれだけオバマを口汚く罵ったヒラリーを
政権のNO2に取り込むほど人間は寛大ではありません。
しかし中国に尻尾を握られたオバマは拒否できなかった。

最近オバマがチェコのプラハで提唱した「核兵器の無い世界」が世界で失笑をかっていますが、
ホンネはこれ以上核保有国を増やさないということです。
つまり世界は中国と中国に取り込まれたアメリカが世界を支配すると言うことです。
結果として中国という悪魔が地球を支配してしまうことになります。

日本の右も左も「日本は自主防衛する必要はない。
日本の安全保障はアメリカに任せればよい」という人たちが圧倒的ですが、
中国から収賄する米国大統領や国防省幹部たちが日本を守ってくれるなど
100%ありえません

「アメリカFBIは中国スパイ組織が米国政治家に対して大規模な贈賄工作を展開している事に
警告を発している」とワシントン・ポスト紙は報道しています。

これらの事実をもってしても日本にアメリカの核の傘がすでに無くなっていることに気がついてください。
日本が中国という悪魔に滅ぼされないために、
自主的な核抑止力を構築する方法を皆で考えましょう。
今の世界情勢から見て日本が核を持つ事は至難の業ですが、
勇気を持って皆で声を挙げていきましょう。
たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せます。
日本の運命は決して神や仏が握っているものではありません。
日本国民の心の中に運命を左右するカギがあります。

引用終わり

7年前の記事ですが 現在の情勢にも影響力を見て取れる記事です。
残念ながら 日本の現況は中国政府の「鼻薬」が効いている
メデイア、自称知識人、評論家、大学教授、政治家が全くの 「お花畑脳」状態です。

アメリカの保守本流の知恵者が トランプ次期大統領に知恵を付けたと考えると
中国政府の戸惑いが 良く理解できます、こんなはずじゃ無かったと。

26日に安倍総理はハワイの真珠湾を訪問してオバマ大統領と最後の会談をするようです。
日本のメデイアのヘッドラインには
オバマ大統領のヒロシマ訪問への返礼と決め付けていますが、
モンクは オバマ大統領に幾らかでも 良心があるなら
安倍総理誕生時の非礼な 冷遇を詫びる筈です。
それが 去り行く賢者の礼儀と言うものです。

ムリかな~。

今日は昨日の イタリア、オーストリアの選挙結果について
思うところを書き記そうと考えていたのですが、
ユダヤ人キッシンジャーの悪どさと 名前は出て来ていませんが同じくポーランド系ユダヤ人
ブレジンスキー達の世界中を狂わせている 
アメリカ中枢に巣食う「ねずみ」の話しでした。
          

      NY5番街のテイファニー宝飾店の クリスマス仕様です
c0192063_14214271.jpg

          寝る子は 育つんです
c0192063_1425750.jpg

[PR]
by monk-1 | 2016-12-06 14:27 | Comments(0)

  道しるべ

この月の 年寄りの常套句、 早いですね!もう12月に成りました、は言いません。
あっ! 言っちゃったか(笑)

東北、北海道地方は 一気に低気圧が20ヘクトパスカルも下がる
爆弾低気圧が横断していて 台風並みの暴雪、風雨のようです、
外出する方は十分お気をつけ下さい。

大統領選挙は終ったと思っていたら、
未だ々続いているのですね、
接戦の州 3州はクリントン候補が楽勝の見込みが 
接戦の末にトランプ候補が勝ってしまい 
大統領選挙の分水嶺になりましたが

「緑の党」の候補者の言い分は、 
ロシアからのハッキングによりPCが違法な操作をされた疑いが有ると
集計をやり直すよう求め 
3州の選挙管理委員会は票数の再計算をするようです。
泡沫候補の「緑の党」が再計算を求めた所が 見え々ですね。

又 獲得した選挙人の数でトランプ候補が勝る事から
選挙人の切り崩しも行われているようです、

共和党の選挙人もトランプ候補に票を入れることを義務付けられていないと言う
あざとい戦略を立てたようです、
クリントン陣営は必死ですね。

その理由は次のようなことからでしょうけれど。
早くからトランプ当選を言っていた藤井厳喜さんの説では 

藤井厳喜『トランプ革命で復活するアメリカ』を取り上げた 宮崎書評から引用です。

「11月22日、トランプはクリントンへの訴追はしないと寛大な発言をした。
しかしヒラリーの犯罪の本質に横たわるのは
「国務省を『クリントン商事』に変えた」ことなのであると藤井氏は言う。
「彼女のやり方は、まさに売国奴そのものといっても過言ではない」と比喩は激しくなる。
私的に使用したというeメールの中味を公開しないのは、
外国政府と献金と引き替えに政治取引をしていたからだ。
これがなぜ問題にならないかといえば
「主流メディアのクリントン支持」によって意図的に伏せられるか、
あるいは曖昧な報道しかしなかったからだ。
とりわけ怪しげな中国人のクリントンへの献金は王文良なる人物で、
クリントン選対幹部だったマコーマック(バージニア州知事)に12万ドルを献金し、
「クリントン夫妻が主催するクリントン財団に200万ドルを寄付していた」
 
予備選最中の16年6月27日、アリゾナ州フェニックスの空港で、
ロレッタ・リンチ米司法長官と秘密裏に30分間、クリントン夫妻は会談していた。
司法長官はFBIと監督する役所である。
「そうとう強い言葉でリンチ長官を脅迫恫喝した模様である。
クリントン夫妻の周辺では、50人近い人間が不審死を遂げている」が、
その背景をしるリンチ長官が震え上がったのではないかとする推測記事は
ミニコミやネットに流れ 多くの人が知る所になりました。

すでにクリントンと中国の腐臭にみちた関係は
夫君のビルがアーカンソー州知事時代から始まっており、
インドネシアのリッポ(華人)は96年の大統領選挙で相当額の献金をしていた。

この華人集団は「中国共産党政権とクリントン夫妻を結ぶパイプ役」だったと藤井氏はみる。
「チャイナとのダーティマネー・コレクションは、極めて長い腐れ縁がある」。
ヒラリーが国務長官時代のことだが、
「クリントン財団の収入の40%は、外国から」だった。
だからトランプは訴えたのだ。
「政府高官は辞任後五年間、外国ロビィをしてはいけない規律をつくる」と。

そのうえ、
「彼女と直接、面談した人間および事前に計画された電話での会談をしたものの
55%がクリントン財団の献金者となっていた。
 
さらにこれらの85人の個人がクリントン財団に献金した総額は、
なんと1億5600万ドル」。
(なんと、これじゃ中国共産党幹部の腐敗とちっともかわらないじゃない)

クリントン夫妻のことを評者(宮崎)は
「アメリカの薄煕来・谷開来夫妻」と比喩したが、
ともかく本書にはアメリカの権力周辺の内部情報がやまのように詰め込まれている。
引用終わり

いやはや ですね 噂としては聞いていましたが、

曰く クリントン国務長官に面会を申し込む時には 
事前にクリントン財団に寄付金が必要だとか

チャイナ・マネーに蹂躙されたアメリカの外交政策は納得できますね。
安倍総理誕生後 靖国参拝をした日本の総理に失礼なコメントを出した
アメリカ国務省と在日米大使館 そして
頭越しに 飛行機が北朝鮮へ飛び立ってから日本政府に通告し
みすみす 北朝鮮が核を開発する時間を与えた 
国務次官補のクリストファー・ヒルの無知で無能な馬鹿さ加減、
例を挙げると 納得できる事が沢山あります。

大統領選終了後 
メデイアのトランプ候補の報道の扱いは「意図的で不公正だ」と言い
トランプ候補と主要なマスメデイア(新聞、TV局)の幹部やキャスターが
トランプ次期大統領と会合を持ち 一見仲直りしたのか?と思っていたら

レストランで家族と食事をした所
記者と大統領には暗黙の約束事(プロトコル)が有り
大統領の所在は絶えず記者たちに 知らせていなければいけないとか、

主要な閣僚の任命をツイッターで発言するなど 
メデイアの役割が消えて無くなりそうです。
国防長官に「狂犬」の異名をとるマティス将軍を指名したのですが、
これで米国の軍事拡大路線がきまったようなものとする新聞報道が多いですが

マティスはアフガニスタン、イラク戦争でたたかった歴戦の勇士です
「MAD DOG」(狂犬だそうですが)、
別名では「戦う修道士」 FIGHTING MONKと
余計な事ですが(清貧な修道士)モンクです、

海兵隊一筋で独身だそうです、そんな所から来た別名らしいです。
トランプ次期大統領のマスコミ不信は未だ々拭えていないようです。

民主党政権と中国の橋渡しをしている、重鎮のユダヤ人
キッシンジャーが中国を訪ねて、習近平と会談しました、
共和党に政権が代わり
中国共産党はすっかり思惑が外れてしまい、
どうして良いか「暗中模索」のようです。

すかさず トランプ次期大統領は台湾の蔡英文総統と電話で会談したと
これ又 ツイッターで発表しました、
4十数年間 歴代大統領はキッシンジャー訪中でニクソン大統領による
米中国交回復以来 中断していた台湾総統と電話で会談したと発表した物ですから
しかも ツイッターで発信です、
中国共産党のうろたえ振りが 目に見えるようです。
c0192063_12121445.jpg

 【12月3日 AFP】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は2日、
数十年にわたる米国の外交政策の慣例を破り、
台湾の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統と電話会談した。
中国が激しく反発する恐れがある。

トランプ氏の政権移行チームによると、
トランプ氏と蔡総統は電話会談で
「(台湾・米国間の)密接な経済、政治、安全保障上の結びつきに言及した」という。

トランプ氏は、蔡英文氏が今年総統に就任したことを祝う言葉も述べたという。
この電話会談を持ち掛けたのがどちら側なのかは今のところ明らかになっていない。

トランプ氏には世界各国の多数の指導者から
次期大統領になったことを祝う電話が寄せられている。
 
今月1日まで米国務省当局者は、トランプ氏から外国の指導者と接触するに当たり 
米国の外交政策について正式な状況説明を受けたいとの依頼は受けていないと
報道陣に説明していた。

しかし国務省のジョン・カービー(John Kirby)報道官は2日、
バラク・オバマ(Barack Obama)現政権は
「政権移行チームが進めている外国とのコミュニケーションの一部を支援している」と述べた。

■「一つの中国」政策は堅持

 トランプ氏と蔡総統の電話会談が報じられたことを受け、
米国家安全保障会議(NSC)のエミリー・ホーン(Emily Horne)報道官は報道陣に対し、
平和的で安定した中台関係は米国の基本的な国益だと指摘し、
米国は長年取ってきた『一つの中国』政策を堅持すると述べた。
(c)AFP/Jennie MATTHEW, with Dave Clark in Washington
.
アメリカメデイアは大騒ぎです、
CNN等は あのクリストファー・ヒルを映し出しトランプの外交に疑問を投げています。
(外交官としての ヒルのお馬鹿さ加減は拙ブログで何度も取り上げましたので)

おまけに
フイリッピンのドウテルテ大統領とも電話会談を行ったと
「オバマは地獄に落ちろ」発言で騒がれ 
冷え込んでしまった対フイリッピン外交ですが
双方が 来年自国に招待する事まできめたようです。

形破りなトランプの方法にマスメデイアは 引きずり回されています。

こうした トランプ次期大統領の行動に ある民主党議員がツイッターで
「米中国交回復後 我々は「建設的な曖昧さ」で台湾問題を 扱ってきた」、
おまけに「こうして戦争が始る」と発信し 
猛烈な批判に晒されています。

当選オメデトウと、たかが電話で話したことが戦争が始ると??アホかお前はと

キッシンジャーも中国政府を慮って訪中して意見を具申したのでしょうが?
強烈なトランプのお返しでした。

CNNの看板キャスターで数々の賞を取っている クリステイアン・アマンプールが講演で

c0192063_12224199.jpg


Amanpour's plea to protect journalism

CNN's chief international correspondent made the statement
while accepting the Committee to Protect Journalists' Burton Benjamin Memorial Award.
Source: CNN
先のトランプ次期大統領のメデイア批判に対して
聴衆に「弁解、言い訳、」をしていました。

イラン人の父と英国人の母の間に生まれましたが
イラン革命時に英国へ家族で亡命しました、
イギリスで妹が申し込んでいた ジャーナリズム講義に妹が行けなくなり
代わりに講義を受けたことが マスコミ入りのきっかけになったそうです。

イタリアとオーストリアで事実上の大統領選挙が始っていますが、
両国とも 緊縮財政と難民問題が争点のようで
マスコミがレッテル張りで「極右」と呼ぶ 
中道右派、保守系が有利な選挙戦を展開しています。
間もなく結果が出るようです。

来年大統領選挙のフランスも 
現大統領のオランドが社会党からの候補者を辞退すると事実上の大統領選挙への
不出馬を発表しました。

先に鳴り物入りで「経済回復の切り札」として 
ロスチャイルド銀行から閣僚に迎えた
           エリートのエマニュエル・マクロン

c0192063_12382329.jpg

マクロン経済相は先般
同国最大の労働組合連合組織「フランス労働総同盟(CGT)」の組合員2人と
激論を交わした様子をビデオで撮影された。
その中で「スーツを買えるようにする最善の方法は働くことだ」と同相が述べると、
組合員の1人に「マクロンさん、しかし、私は働くことを夢見ているんですよ」と、
切り返される場面があった。
(c)AFP
結果 辞任してしまいました、

うがった見方ですが、オランド大統領の不人気ぶりに ユーロ崩壊の危機感を抱いた
欧州のエリートや上流階級が送り込んだ次期大統領候補は
ロスチャイルド銀行出身と言う肩書きからも ”刺客”の指名を帯びているようです。
次はライバル候補を マスコミが叩き始めるのでしょう。
 
そして 虎視眈々と社会党の大統領候補を狙っていたバルス首相は

c0192063_12465474.jpg

一部 社会党の幹部との会話の中で
「私がその時に(候補者選びの時)オランドのポスターを貼っていると考えたなら大違いだ」と

事実上のオランドに対抗して 大統領候補者選挙への出馬宣言でした。
腹心の部下達から 後ろから刺された感じのオランド大統領
c0192063_12502385.jpg


大統領在職中に下半身の問題で話題になり 私達とはかなり違う感性の持ち主と思いますが
拙ブログで過去に取り上げていますので 此処には書きません。
こちら「ジエームス・ボールドウインが受けた区別と差別」をどうぞ・・・・。

そんなフランスのストラスブールで 又ISのテロ要員が5名逮捕されています、
押収されたハードデイスクを解析した所 狙っていた場所は
シャンゼリゼ、地下鉄、警察、デイズニー・ランドと判明しました。
未然に防ぐ事が出来て 良かったですね。

欧州に潜り込んだ ISのテロ要員は巧みに潜り込んでしまいました。
元々は 第二次大戦後 中東の線引きをした仏、英が
石油利権確保の為に行った行為が原因で
後に遅れてきた帝国主義国家 アメリカの石油産業と棲み分けを始めた事でして、

イギリスの植民地エジプトはスエズ運河を持つ中東の要でしたが
以前に触れた ナセルが英国の植民地支配を終らせて独立国家になり、
運河も接収して、エジプト国営とした時
ナセルの同士であった サイード・クトーブも協力していました。

イスラム化の危険を知るナセルは世俗主義、と軍事国家を目指し
サイード・クトーブとは袂を分かちます。

サイド・クープが率いるイスラム同胞団は
イスラム法に依る国家統治を目指す集団から暗殺集団まで、
イスラムの名の元に集まった様々な集団で
サイード・クトーブがイスラム教に民族主義を入れた過激な集団でした。

投獄と保釈を繰り返していましたが、
最後はナセル暗殺の首謀者として死刑になります。

イスラム教を強く信じていたクトーブは最後に強い民族主義に傾いて行き
逮捕、投獄されますが、
獄中で覚書として書かれた「道しるべ」がその後
フランスに亡命中のシーア派の指導者 ホメイニがアラビア語に翻訳してから
イスラム教の予言の書として、
本来のイスラム教を離れ「思想書」として 
過激なイスラム原理主義者に評価されます。
            
           裁判中のサイード・クーブ
c0192063_13384668.jpg

パキスタンでアメリカ海軍の特殊部隊シールズに暗殺された 
ウサマ・ビンラデインも、当初は
サウジアラビアに何故 米軍の基地があるのか? と言う程度の愛国心でしたが

「道しるべ」を読み始めてから 過激なイスラム思想に染まってゆきます。
以前「ブーメラン」で取り上げましたので 詳しくは避けます

モンクは呼んだ事がありませんので 「道しるべ」の評価は避けます。
     道標(しるべ) 在ったよ 其処右だよ~
c0192063_13562756.jpg

          おまけの 子猫で~す~。
c0192063_13571216.jpg







[PR]
by monk-1 | 2016-12-03 13:59 | Comments(0)