<   2017年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

オカルト宗教

未だ 5月なんですが、と 言っても明日から6月ですが、
風が在るのですが、蒸し暑い日です。

中世ドイツの 異端狩りや 魔女裁判について少しだけ書きましたが、
キリスト教の犯罪とも言うべき 様々な拷問による締め付けが、
現在のバチカンの権威を強化する基礎になっていた事が理解出来ます。

ローマ教皇は 本来なら謝罪の為の旅行をすべきで
偉そうに 祝福を与えた とか、お説教を海外の首脳に説く前に
自らの拠って起つ所の”いかがわしさ”に、反省と謝罪を永遠に行わなくては
犠牲になった人たち(その中には 植民地で殺戮された原住民をも含む)は
浮かばれないでしょう。

神などは居ないのですが、キリスト教徒が信じる神がいるのなら
一番最初に天罰は キリスト教徒に対して 神は罰を与えるはずです。

キリスト教のいい加減さを断罪する本が出ました。

いつもは メルマガで映画評論を書いている方なんですが、
奥山篤信さんが 本を出版されました、 
以下にメルマガから引用です。

本メルマガの主宰者奥山篤信の渾身の新著<キリスト教を世に問う>展転社 


未だかって実証主義において日本国内でこれほどキリスト教の本髄を
神の存在から山上の垂訓さらにその偽善と欺瞞をついた著書は日本にはないだろう。
すべての資料は原書によるものだ!
これでもキリスト教を信じますか?
本書は、荒々しく旧来からの偽善と欺瞞を誤魔化すキリスト教の美辞麗句に
感心して素直に従っている戦後の風潮を殴打する。

西村真悟推薦の言葉(下記)

序 章 ジョン・レノンの指摘
第一章 神は存在するのか?
第二章 パウロ神学がイエスの思想を捻じ曲げた
第三章 山上の垂訓(SERMON ON THE MOUNT)に見るお伽話の世界
第四章 キリスト教的生命の尊さという欺瞞
第五章 欺瞞と偽善だらけのキリスト教
第六章 キリスト教の歴史と闇の世界
第七章 キリスト教の本質はこれだ
第八章 キリスト教が存在できる可能性
第九章 我々には倫理は必要だが宗教は必要ない
第十章 ヘドニズム(Hedonism)讃歌
付録? マザー・テレサの仮面を剥ぐ
付録? 無神論者列伝

https://www.amazon.co.jp/キリスト教を世に問う-
奥山-篤信/dp/4886564364/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494295855&sr=8-1&keywords=奥山篤信

ジョン・レノン殺害の真実や マザー・テレサのいかがわしさも
拙ブログで新・旧聖書のいい加減な捏造も書きました。

奥山篤信さんは、
京都大学工学部と東京大学経済学部を卒業し、
三菱商事に勤務してニューヨークで活躍し、
退職後の六十歳の還暦を過ぎてから、
上智大学大学院神学研究科に入学して神学修士号を取得し、
次いでフランスのパリ・カトリック大学に一年間留学した。
実に、昔の武者修行の如き求道である。
但し、その間、フランスの美味美女への求道も怠りなかった。
これが奥山さんの幅の広さである。

上智大学においても、パリ・カトリック大学においても、
奥山さんの同級生は四十歳ほど年下であった。
そして、カトリック大学での留学を終えて、奥山さんは、
これが実に面白いのだが、
完全なる無神論者となってパリから帰国し、
しばらく美味と美酒を求めてウロウロしながら、
キリスト教の偽善と欺瞞を暴いて、
西洋的なものとキリスト教的なものを、
未だに盲目的に尊重し、ありがたがり、素直に受け入れる日本に警告を発し、
日本人は堂々と教育勅語の精神を守れという結語を以て締めくくる本書を執筆したのだ。


一四九二年、コロンブスが西に向かってアメリカ大陸の西インド諸島に到着し、
同時期、バスコ・ダ・ガマが東に向かってインドに到着してから
欧米列強が、東と西から開国した我が国周辺に現れるまで、
約三百五十年を要した。
その三百五十年の間に、アジア・アフリカそして南北アメリカは、
ほぼ、欧州のキリスト教国の植民地となっていた。
キリスト教諸国は、激しい植民地獲得競争をしながら支配圏を拡大したのだ。
一四九四年のトルデシリャス条約と一五二九年のサラゴサ条約は、
スペインとポルトガルが、ローマ教皇の承認の下に、非ヨーロッパ世界、
つまり、アジア、アフリカ、南北アメリカを
如何に分配するかを勝手に取り決めたものである。
そして、その彼らの剥き出しの物欲と支配欲を
カモフラージュして覆い隠す「大義」は、
アジア、アフリカそして南北アメリカの有色人種つまり未開人を
文明化しキリスト教徒にするという
「マニフェスト・デスティニー(神から与えられた摂理)」であった。
このマニフェスト・デスティニーに包まれた白人の剥き出しの物欲連合と
十九世紀の半ばに開国した我が国は遭遇し対峙した。
そして我が国は、二十世紀の半ばまで独立自尊を守るために戦い続けることになった。

この彼らキリスト教徒が掲げるマニフェスト・デスティニー(神から与えられた摂理)、
即ち、キリスト教とは何か、が分からなければ、
我が国は、歴史戦という文明の戦いを克服できないし
自国の歴史と歩みを説明できない。

例えば、
欧米諸国による植民地支配と、
我が国による朝鮮や台湾の支配や戦時中のジャワ支配は如何に違うのか。
実は、この違いは、天と地の違いである。
しかし、キリスト教が分からなければ、我が国は、欧米との違いを弁明できない。
そして、この違いこそ、キリスト教の本質に由来するのだ。

欧米の白人のキリスト教とは、
異教徒や有色人種を人間とみなさないことができる恐ろしい宗教なのだ。
従って、欧米人は現地の植民地の民を人間とみないで支配した。
しかし、日本人は、現地人を同じ日本国民として支配したのだ。
相手を人間とみるか人間とみないか、
これ、天地の違いではないか。
また、
ナチスドイツのユダヤ人虐待と大量殺戮と同じことを
我が国もしたと言われたときに、
キリスト教の偽善と欺瞞を見抜いて隠された本質を知っておれば、
ナチスドイツのユダヤ人虐殺は、
旧約聖書にも記載されており、
キリスト教徒がかつて十字軍や宗教戦争でしていたことであるが、
我が国の精神世界には
そのような神の意志に基づく虐殺はあり得ないと言えるのである。


以上の通り、
我々は、今こそ、キリスト教の本質を知るべきである。
そうでなければ、我々は、
キリスト教を禁教にして日本を救った秀吉の慧眼も、
開国以来のキリスト教列強を相手とした
我が国の苦闘の歩みも実感し理解することもできない。

次に、奥山篤信さんの新書
「キリスト教を世に問う!~マザー・テレサの仮面を剥ぐ~」
に掲載される私の推薦の辞を掲載して、諸兄姉の一読を乞う。


二十世紀初頭の現代史を大観すれば、
ユーラシアの西端の欧州を本拠地とする白人が、
数世紀におよぶ植民地獲得競争の果てに、
アジア、アフリカそして南北アメリカのほぼ全域を支配し、
ただ、ユーラシアの東端の極東にある日本のみが、その植民地支配を受けず、
欧州列強と肩を並べて独立自尊を貫くために苦闘していた。
 
では、数世紀にわたって膨張し、
遂に極東に迫って我が国最大の脅威となった欧州列強が、
剥き出しの物欲と支配欲を覆うために掲げたものは何か。
それは、未開人である有色人種を文明化し、キリスト教徒にするという
「神から与えられた摂理」(マニフェスト・デスティニー)の実現である。
即ち、キリスト教は、
白人が有色人種を支配することを正当化する宗教として機能し世界史を動かしてきたのだ。
 
そうであれば、さらに、
アジア・アフリカそして南北アメリカにおける白人の「キリスト教による支配」の実態は
何かを問わねばならない。

それは、端的に言って、異教徒や有色人種を、人間とみなさないことができる支配である。
つまり、キリスト教とは異教徒を人間とみなさない恐るべき宗教として
数百年にわたって非ヨーロッパ世界に君臨したのである。

白人キリスト教徒は、アジア・アフリカにおいて、
原住民を「家畜」として売買し、
キツネやウサギの狩りを楽しむように「原住民」の狩りを楽しむことができた。
我々は、オーストラリア政府が、
オーストラリアの原住民であるアボリジニを「人間」とみなして人口統計に入れたのは、
実に一九七六年(昭和五十一年)の憲法改正以降であったことを記憶すべきである。

また、キリスト教徒は、欧州においても千年にわたって、
隣人を「魔女」や「異端」と決めつけて火あぶりにして殺戮(リンチ・テロ)してきた。

再び言うが、このような恐ろしい宗教があろうか。
 
以上の通り概観すれば、ローマ帝国が三九二年に、
キリスト教を国教としてローマ帝国の支配圏に広げたことは、
二十世紀に至る人類の大惨害の発端であったと言わざるを得ない。

その上で、我が国が、このキリスト教による惨害を免れたことは、
ひとえに、
キリスト教の本質を直ちに見抜いて
禁令の措置を執った秀吉の決断によるものであることを思い、
秀吉の慧眼に感謝し、
この時にこの指導者をもった歴史に誇りをもつべきである。

当時、非欧州世界の指導者は、
スペイン・ポルトガルの植民地化の尖兵で工作員である
キリシタン宣教師のもたらす利益に籠絡されてきた。
我が国の「キリシタン大名」もそうである。

しかし、秀吉だけは違ったのだ。
彼はキリシタンの口先の偽善と欺瞞に怒り、我が国の国柄すなわち國體を護った。
もし秀吉がいなければ、今、日本は日本ではない。
モンク注(日本人奴隷貿易を秀吉は知り 激怒しました)
 


そこで、本書「キリスト教を世に問う!」の著者である奥山篤信氏は、
何のために「世に問う」のか。
それは、まさに十六世紀後半の秀吉の慧眼を、
現在に甦らせて、日本を護るために「世に問う」ているのである。

そして、その精神的な格闘の末に、
秀吉と同じように偽善と欺瞞に怒り、警告の書である本書を執筆した。
それ故、本書は、
荒々しく旧来からの偽善と欺瞞を誤魔化すキリスト教の美辞麗句に感心して
素直に従っている戦後の風潮を殴打する。
そして、最後を、日本人は堂々と教育勅語の精神に戻れと結んでいる。
まことに、本書は、
千数百年のキリスト教文明の偽善と欺瞞を破り、
日本の伝統と文化を甦らせて将来を拓く愛国救国の書碑である。
引用終わり

アメリカのユダヤ人は 何処から?来たのでしょう。
フェルナン・デ・ノローニャ島の場所

 
ブラジル北東部のペルナンブッコ州とアフリカ大陸の間の大西洋に、
「フェルナンド・デ・ノローニャ島」という
国内屈指の観光地として繁栄している群島があります。
2001年に世界遺産リストに登録され、
登録名は「フェルナンド・デ・ノローニャ諸島とロカス環礁の保護区群」です。
 
そこは、フェルナンド・デ・ノローニャ島を中心に、
20の火山島などの島々から成り、人口は約3500人(2012年)。
ブラジル本土のレシーフェやナタールとの間に、
1日3便の定期航空便が運航されています。

2009年6月1日、エールフランス447便墜落事故の際に、
事故現場が近いことから捜索・残骸回収の拠点となった場所でも在り知られました。

徘徊惚け老人のモンクが その島の存在を知ったきっかけは、
現在、アメリカ経済、政治、軍事を左右するといわれている、
通称ユダヤロビーと呼ばれる アメリカのユダヤ人社会の成立や

最初に新大陸へ渡ったユダヤ人を調べている事で知りました。

おりしも トランプ政権非難を強める マスメデイアは
娘のイバンカの夫のユダヤ人 クシュナーが昨年末から
ロシアの銀行家や大使館関係者と連絡を取り
ロシアへの秘密の回線を作ろうとしていたと、
FBIを中心に捜査が始っている、いわゆる クシュナー疑惑と・・・・。

まあ  次々とトランプ叩きは止まりませんが、

インターネットサイトで見る島の景観、特にその海は驚くほど美しく
調べてみると、
この島にはいろいろな歴史があることが解かりました。
 
イギリス観測船ビーグル号が南米の正確な経度を計測、確認するために
1832年2月19日の真夜中、
フェルナンド・デ・ノローニャ島に上陸したました。
その航海にチャールズ・ダーウィンが参加していて
 
ダーウィンはその時の島の印象を次のように称賛している。
 
「島全体がひとつの森であり、木々の枝は幾重にも絡み合って、
その中に這い入るのも難しい。
風景はとても美しく、大きな木蓮の繊細な花に飾られた木々は、
見るものの魂を捉えた」と。

ダーウィンは、島での経験を日記に記録し、
それは後に「ビーグル号の航海」として出版されています。


同ノローニャ島のモーロ・ド・ピッコ海岸は特に美しい海岸として近年有名です。

 
島の名前になっている「フェルナンド・デ・ノローニャ」は人名です。
その人は、
ブラジルを最初に植民地としたポルトガル王室の新世界貿易政策に深く関わって、
この国の特産品「パウ・ブラジル」を国際商品とするための
伐採・収集から、融資、販路の開発といった産業発展の重要な役割を担い、
本格的なビジネス産業としての
「パウ・ブラジル輸出入業」を発展させた最初の貿易商であり、
今日で言うところの市場開拓者のような役割を担い、
連合企業体のようなグループを統括していたようです。
 
この島の名前は発見当時、「サンジョアン」であったが、
1530年代のマルチン・アフォンソ・デ・ソーザの航海日誌にはすでに
「フェルナンド・デ・ノローニャ島」と記されている事が解かり

さらに、「ノローニャ」は元来ユダヤ貴族の「ロローニャ」家であるが、
間違って広まり、
それがそのまま通用し、今では公式名称になっています。

ブラジル建国時の新キリスト教徒のユダヤ人移民ノローニャは、
ユダヤ人の「コンベルソ」
(新キリスト教徒=15世紀にスペインで起きた凄烈なユダヤ人迫害から逃れるために
 キリスト教に改宗した人々のこと)
(英国ではマラーノといわれます。ユダヤ教からキリスト教に改宗した人を)
 

この頃の新キリスト教徒ユダヤ人は
中東、北アフリカのアラブ諸国から難民として流入してきたスペイン系ユダヤ人で、
「セファルディ系」と呼ばれ、経済的に割合豊かで、
商人、各種の専門家、学者などが多かった。

これに対し、戦後移民はロシア、ポーランドを中心とする
東欧系ユダヤ人(アシュケナジーム)とその子孫で「アシュケナジー系」と呼ばれます。
 
AHJB(Arquivo Historico Judaico Brasileiro)発行の「ユダヤ人のブラジル移民年表」
によると、
ユダヤ人はブラジル国発見時の1500年には、
すでに探検隊とともに上陸していた。
 
17世紀ごろにはスペイン、オランダ、ポルトガルから続々と移住し、
レシーフェを中心にペルナンブッコ州一帯のサトウキビ畑の大部分を所有、
当時の大西洋砂糖貿易で世界最大規模の砂糖産業を創り出した。
労働の人的資源の奴隷売買(日本人も含まれると言われています)
ユダヤ人商人が中心であった。
 
彼等はレシーフェにスペインやオランダの共同体と親近性の強い共同体を再建し、
南北アメリカで初の公的なシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)
カハル・ズール・イスラエル(イスラエルの岩)が建設されたことにより
宗教指導者の必要性が高まり、

オランダ支配下にあった1642年には、
600人のユダヤ人がアムステルダムから二人のラビ(聖職者)を伴って移住しました。
 
一人はユダヤ人ラビで学者、詩人のアイザック・フォンセッカであり
フォンセッカは新大陸で初のユダヤ教礼拝を奉修し、
初の賛美歌を作詞、
ヘブライ語からスペイン語へのカバラ(ユダヤ神秘思想)の翻訳、
多数の著書を残しブラジル・ポルトガル語、文学、音楽など、
ブラジルの文化形成に多大な影響を与えた人物と伝えられている。
 
現存する資料や書籍を広げると膨大な話になるのでここでは割愛するが、
新キリスト教ユダヤ人が、
ブラジル建国時にポルトガル王室の政策に深く関わっていたことは歴然とした事実である。
 
しかし1581年以降、ポルトガルやスペインの異端審問所は隠然として勢力を保持し
レシーフェの共同体を厳しい監視下に置いていた。

17世紀半ば、ブラジルから再びユダヤ人の移動が始まった。
その中に、北米・ニューヨークに渡り
アメリカン・ジューの創始集団となった23家族がいました。
アメリカ・ユダヤ人社会の始まりのようです。

厳しい異端狩りで テンプル騎士団と供に虐殺された、
カタリ派(グノーシス主義者)や 後にフリーメーソンの母体となる
様々な騎士団の末裔達は、
表面的にはキリスト教徒の仮面を被る人もいたようです。

それらの事に気付く人たちの中に
ヒットラーの親衛隊長ヒムラーがいましたが、未だ詳しくは調べていません。
キリスト教(バチカン)は
世界を狂わせて来て、現在も歪めた世界観を広げ信じさせようとしています。

キリスト教(バチカン)は オカルト宗教なんです。

マックス・ウエーバーの「古代ユダヤ教」も読みきっていないのに、
スピノザの「エチカ」ですか、

こりゃあ~ 大変だ 、未だ死ねないな~。





[PR]
by monk-1 | 2017-05-31 14:40 | Comments(0)

阿吽の像が 「鬼獣」像ですって。

今日は暑くなるそうです、
早めに洗濯機を回し、植木に水を遣り 掃除も済ませてしまい、
これで 日中は何もせず のんびりと出来ます。

熱くなると 少し動いても汗ばみますので、水分調整が難しくなり、
痛風の発作が気になるのです。

コーヒーを飲みながら ニュースを眺め、フム、フムとか?
何なんでしょうか? とか 独り言をつぶやいています。

徘徊惚け老人の 独り言です。

北朝鮮が撃ったミサイルに対する反応は それぞれ面白いですね。

面白がってはいけない事は 知っているのですが、

トランプ大統領の”つぶやき”では

中国の面子を慮った物や、中国は良く遣っている、と 責任の所在をぼかした発言です。

それ以前には 

「北朝鮮の狂人が核を持っている」(トランプ大統領)
「あの男は偏執狂」(ニッキー・ぺーリー米国連大使)
「もはや北との仲介役は止める」(プーチン大統領)
 日本はMDや護衛艦ではもはや防ぎようがない・・・・。と
そして 韓国の反応は
韓国は北の核ミサイルを脅威視せず、
「統一後は日本向けに使える」と歓迎しているようにも見えます。

大陸間弾道弾の実験は 即刻アメリカが反応して 決定的な場面を迎える事を
北朝鮮も中国も 良く知っているのです。
もしかしたら、? 
打ち合わせも 核実験と大陸間弾道ミサイル以外は黙認すると。

そして 敵対的な日本と 日本に在る アメリカ軍基地を叩く事ができるミサイルは
どんどん 精度を上げても良いと 

密約が在るかもしれません。

中国共産党政府は表面的には ミサイル発射実験を非難しますが、
制裁はこれ以上行わないようです。

裏読みには限がありませんが、日本国内の政治状況を見ていると
野党議員が行っている 「何でも反対」は
中国共産党、北朝鮮と パラレルに運動しているようです。

テロ等組織的共謀罪しかり、憲法改正の9条の問題しかり、

アメリカが助けてくれると 本気で考えているとしたら、
その人のオツムは沸騰しているのでしょう。

アメリカにとっては 
核実験とアメリカ本土に届く可能性の在る、 
大陸間弾道弾の実験さえ辞めさせれば良いのです。

こうして中国と北朝鮮は 日本を睥睨し、脅す事ができるミサイルを持ちました。

兵器は矛と楯 つまり矛盾したものなんです。 抑止力を持たない日本は、
こうして アメリカ頼みの何時もの逃げ口上しか出来ません。

貿易赤字を抱えるアメリカは 2国間対話を要求していますが、
会談前に 譲歩せざるを得ない状況が こうして作られていきます。

中国の為替介入による 元安、巨額の貿易赤字は 「お構いなし」で
核開発、大陸間弾道弾の実験との バーター取引がアメリカと成立したようです。

日本の野党議員の役割も 中共への側面援助活動と位置付けると解かりやすいです。

もっとも 国から多くの予算を受けている国立大学や、私学援助を受けている大学が
防衛省の防衛研究に対する 共同開発に反対している現状では、
技術も宝の持ち腐れですね。

名乗りを上げた大学は 一校だけです。

ある民間企業が 昨年 核のゴミが出なくなる 新しい技術開発に成功して
その実証実験を日本国内で行わずに アメリカの大学の研究所で秘密裏に行い、
かなりの確立で成功したことも 日本では伝えられていません。

民主党政権時に国家機密が中国や韓国に数十万件漏洩されていた事を考えると、
納得できますね。

自衛官は本気でクーデター考えていたらしい?です。

まあ 徘徊惚け老人はそんなに長生きしませんから、
死後のことは知りません。


フランスのマクロン大統領が ロシアのプーチン大統領を招いて会談を行いました。

ロシア側にすると ピヨートル大帝の欧州訪問の記念日とやらだそうです。

ピヨートル大帝は 国の遅れを取り戻す為に 単身で欧州へ向かい、
色々な国の 文明や文化を知り 又その技術を得る為に様々な苦労をしたと言われ、

オランダでは 一般労働者に紛れて 造船工場で働き、
その造船技術を取得して ロシアに帰って 造船を行ったと言われています。

ロシアを他の欧州の国々に負けないような 発展した国造りが夢だったようです。
面白いところでは 
ピヨートル大帝は 髭に税金を掛けていたそうです。
イスラム国家でしたら 大暴動?でしょうね。
c0192063_11562082.jpg
欧州視察の後 
西洋化の一環として髭に税を掛けて 髭を無くそうとしていたらしいです。
c0192063_12123691.jpg
スターリンは知らなかったんでしょうね、国父の思いを。

サンクト・ペテルブルグの広場に高く掲げられているピヨートル大帝は
現在も ロシアの人には人気があります。

ロシアのプーチン大統領はピョートル1世を尊敬しており、
執務室に肖像画を飾っているそうです。

そんなロシアの大統領を 
エリーゼ宮じゃなくベルサイユ宮殿に招きいれたと、
一部の野党の政治家と評論化が マクロン大統領を非難しています。

何処の国にもいるのですね、こういうトンチンカンが、
訪問した外国首脳に、各付けを行う、という階級意識や、優越感を味わう
愚かな人間観の人達が・・・・・・。

そう言いますと、イギリスでも有りました。
訪英した中国首脳の会談の席が トイレの前で行われたとか、
女王陛下が 手袋を取らずに握手した ・・・とか。

プーチン大統領との会談そのものは、
今後も話し合いを続けて問題を解決しようと言うセレモニーでした。

フランスの政治家の階級意識や人種(民族)差別が垣間見えます。

メルケルと供にエリーザ宮(大統領官邸)で会談するのが相応しいと、
反対するのです。
c0192063_12122669.jpg
c0192063_12121234.jpg
マンチエスター・テロ事件後 
一時、選挙運動が中止されていましたが、
イギリスで 又 選挙運動が始りました。

労働党のコルビンは、MI5が発表した報道に食いつき、 

「テロ事件の犯人に対する通報が少なくても3件有り、 
 事件発生前に犯人を逮捕する事が出来なかったのか?」と疑問をぶつけ

新たにこの件でMI5が捜査を始めるようです。

これを元に
激しい保守党非難を始めています。

メイ首相は 予算、権限供に何も問題は無かったと・・・・・・。

政党支持率では最近労働党が追い上げていて、 
保守党トップもテロなどが 支持政党に大きく響いたようだと、

メイ英首相率いる与党・保守党が、支持率で最大野党・労働党に追い上げられているようです。
6月8日に下院(定数650)選挙を控える中、
マンチェスターで発生した自爆テロなどが影響を及ぼしたようで
複数の世論調査から、このような結果が明らかになりました。

コルビン党首はその後 ラジオ番組に生出演し、労働党の公約を訴えていました。
が、 司会者から「公約の子育て支援」の予算額を問われて 答える事が出来ず、
その左翼のいつものパターン で、
バラ色の公約の予算額も知らないと言う無知さでした。
c0192063_12191520.jpg
c0192063_12184397.jpg


メデイアは
General election 2017: Jeremy Corbyn and Theresa May face TV grilling

Attacks on Corbyn do the Tories no favours

Rachel Sylvester

The Conservatives’ scaremongering revives their ‘nasty party’ reputation
and further undermines Mrs May’s credibility

c0192063_12192970.jpg
c0192063_12194066.jpg
c0192063_12190634.png
c0192063_12185599.jpg

メイ首相の風姿画は 鼻に特徴があるのですね?。

下から 2枚目の絵は 見方によっては ドイツのメルケル首相にも見えます。

欧州はこれから イギリス、フランス、ドイツ、と選挙の洗礼を受けます。

台湾で又 破壊事件だそうです、
先日 日本人技術者 八田さんの像の首が破壊されていましたが、
直ぐに親日の台湾人の方々が修理してくれて、元通りに直りました。

今回は
2017年5月29日、中国台湾網によると、
台湾台北市で28日、
小学校の門に設置されているこま犬がハンマーで壊されるという事件があった。
記事は「100年の歴史を持つ日本のこま犬」と説明している。

事件を起こしたのは先月中旬に台南市にある日本人技師像を破壊した
李承龍(リー・チョンロン)元台北市議会議員と仲間の女性で、
女性はこま犬を破壊する様子をネットで生中継した。
2人は今回の動機について「以前、(こま犬を)見掛けた時に奇妙な物だと感じた。
やっと日本植民時代に残されたごみを片付ける手助けができた」
「こま犬は第2次世界大戦で亡くなった軍人の魂を守る『鬼獣』。
しかし、学校で学んでいる子どもたちは台湾の未来の主人公でここには孫文氏の像もある。
『鬼獣』に子どもたちと国父を守らせるのか?」などと語ったという。


記事によると、問題の像は10年前の工事で掘り起こされたもので、
その後校門に設置されていた。2
人は事件後に地元派出所で記録を取られ、学校側も被害を届け出たという。
引用終わり

市議会議員の人らしいですね、
こま犬 が 「鬼獣」と言う発想は 私達日本人には有りませんね。

古くは「阿吽の像」(アウンの像)と呼びました、
神社やお寺の入り口に左右に 阿像、吽像が置かれています。
お寺に依りましては 左右に仁王像で 阿像、吽像となります。
余計な事ですが、 ”あうんの呼吸”も此処から来ています。

いずれにしても 片方の阿像は口を開けていて、命が誕生した最初の母音の形です。
オギャア~~の あ~ですね
吽像は 口を閉じていて 最後に息を引き取る時の形です。
ムッー ご臨終です、です。

人間の生命が誕生から死ぬ時までを あの短い入り口の左右に置く事で現し、
真摯な気持ちで 拝殿、参拝を行うようにと 
先人の知恵ですね、

台湾の議員さんは 由緒履歴を ご存じない方のようで、
単なる 反日の運動家のようです。

近年では日本人でも知らない方が 増えてきていますね。 残念です。

最後に 長くなりましたが 西村慎吾さんのメールを

西村眞悟の時事通信
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

━…━…━
忘れるな、真の脅威は中共である
平成29年5月29日(月)

イタリアにおけるサミットが終わった直後の本日午前五時半頃、
北朝鮮がまたミサイルを我が国の排他的経済水域に撃ち込んだ。
その弾着地点は、隠岐の島から三百キロ、佐渡から五百キロであるという。


安倍総理は、記者団に囲まれて、
アメリカと共同して「具体的行動」を執ると話した。
その「具体的行動」は、またもや「話し合い」ではなかろうな、と思って聴いていた。

そして、マスコミでは、ミサイルや軍事や国際政治の専門家が、解説をしている。

まるで、北朝鮮の三代目の一挙手一投足に関心を集中させているが如くである。

マスコミは、漫画のような豚が笑って敬礼している無意味な姿を放映しすぎる。

そこで、この「関心集中の枠」から外に出て言い放ってみたい。


北朝鮮は、今まで、オドシとタカリを繰り返して韓国と我が国から利益を得てきた。
とりわけ、
韓国の金大中政権と盧武鉉政権の時代の国家支援のうま味は忘れがたい。
金大中は、当時五億ドルの秘密支援を北朝鮮に行い、
南北首脳会談をしてもらってノーベル平和賞を受賞した。

盧武鉉政権も、北朝鮮に国家支援・秘密支援を行っていた。

そして、この度、新しい韓国大統領になったのは、
この秘密支援に深く関わった親北朝鮮の男である。

オドシとタカリが習い性になった北朝鮮が、
新しい大統領がカネを出しやすいように、
オドシから入ってくるのは習い性の為せる結果である。

今しているのが、それだ。

北朝鮮が、今までに発射したミサイルは、全て短距離と中距離である。
アメリカに届くミサイルがあるようなことを言っているが、
撃つのは中距離までである。
従って、北朝鮮は、アメリカを脅してはいるが、
巧妙にアメリカを過度に刺激してはいない。

そこで、そのアメリカは、
中距離までのミサイルを何と呼んできたのか。
それは、「シアターミサイル」=「劇場のミサイル」である。
つまり、アメリカにとって自分に届かないミサイルは、
「劇場のミサイル」=「見物するミサイル」=「傍観するミサイル」なのだ。

即ち、アメリカは、自分に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)は
「具体的行動」によって阻止するであろうが、
アメリカには届かないが日本には届く中距離弾道ミサイルは
「シアターミサイル」であり「劇場で見物・傍観するミサイル」である。

従って、安倍総理が、
この度の北朝鮮の短距離ミサイル発射に反発して、
アメリカと共に「具体的行動」をすると言っても、
アメリカは、「オイオイ、何をやるっと言うんだよ、兄ちゃん」と思っている公算大である。


問題は、アメリカは自分の領土にミサイルが届くか否かを基準にしているが、
我が国は、自分の領土にミサイルが届くか否かを基準にしていなかったことだ。

我が国は、一九七七年九月の、ヘルムート・シュミット西ドイツ首相の
中距離核弾頭ミサイルに対する果敢な決断と行動を観て観ぬふりをしていた。

即ち、シュミット首相は、
ソビエトが西ドイツに向けて実戦配備した
中距離核弾頭ミサイルSS20に対抗して
同じく中距離核弾頭ミサイルパーシング2を導入して
ソビエトに向けて実戦配備して相互確証破壊の態勢をつくり、

その上で強力な軍縮圧力をかけてソビエトにSS20を撤去させている。
この時、アメリカは、SS20は「シアターミサイル」なので動いていない。

その十五年前の一九六二年、アメリカがキューバ危機で動いたのは


キューバに設置されたソビエトの核ミサイルがアメリカに届くからである。


安倍総理、
今からでも遅くはない。
丁度、四十年前のシュミット首相のように、
さらにその十五年前のケネディ大統領のように、
中距離核弾頭ミサイルを導入する為の「独自の具体的行動」、

さらに、核の脅威を除去するための「独自の具体的行動」を執るべきである。

待っておっても、
アメリカは「シアターミサイル」に対しては具体的な行動はしないのだから。


次に、最も警戒すべきは、中共であることを確認するべきである。

アメリカのトランプ大統領が、
中共の習近平主席と会談し、
北朝鮮に対して強い影響力を持つ中共に、
北朝鮮を抑えるように要請し、

中共もその要請に理解を示し、応じたような情報が流れてから、
我が国には、北朝鮮問題は、
米中がしてくれる問題との雰囲気がわっと広がった。

そして、北朝鮮問題は、
米中の問題として、他人事のように眺めると共に、中共に対する警戒感が一挙に薄れた。

これは、一番危険である。
中共こそは、ますます増大する我が国の最大の脅威なのだ。


我が国は、北朝鮮の三代目を煽てて、
そのミサイルを北京に向けさせる工作を進めることも考えてもいい

反対に中共は、北朝鮮の三代目をダシに使って、
アメリカの要請に応えるという表向きの米中宥和路線を演出して、
アメリカと太平洋を二分して支配する覇権戦略を実践に移しつつある。


不動産屋のトランプが、
その中共との土地線引きの取引に乗らないという保障は何処にもない。

その中共の着手点が、
南シナ海の南沙諸島であり東シナ海の尖閣と沖縄本島である。

我が国政府は、北朝鮮問題での中共の「影響力行使」に期待して、
尖閣諸島における中共の攻勢の増大に警戒心を弱めているが、
これが一番危険だ。

北朝鮮の三代目が暴れれば暴れるほど、
中共は南西方面の我が国の領空領海への攻勢を強めている。


以上、北朝鮮の花火のようなミサイル発射に過剰反応していると、
今まで通り騙されることになると警告し、

我が国とアジアの真の脅威は、
中国共産党独裁国家、中共であることを強調したい。

以上 引用終わり。

似たようなことを考えている方がいるのですね、








[PR]
by monk-1 | 2017-05-30 12:53 | Comments(0)

全ては・・・・の思し召し。

サミットも無事に終りましたが、何も 目新しい事は決まりませんでした.


アメリカの孤立感が 浮き出た会議のようでした。
c0192063_10032533.jpg

ドイツのメルケル首相は、その足でCSU(キリスト教社会同盟)の大会に出席して、
「ヨーロッパは自分達で運命を決めていかなければ行けない。」
「他に頼る事は出来ないと、」
「自分達の将来は 自分達で決めていかなければ行けない」と

暗に アメリカの保護主義や、
NATO加盟国への軍事費拠出の増額を言い出したり、
パリ条約(地球温暖化防止条約)からの 脱退の構を見せるアメリカと
ユーロを脱退するイギリスを念頭に入れて、このように発言しました。

これって 強力なアメリカ、イギリスへの 決別宣言ですね。
ロシアへの経済制裁は 間もなく終焉のようです。
これからは 以前から言ってますが
第四帝国化したドイツが 
他のユーロ加盟国を引っ張って行かなければいけません。


c0192063_10033610.jpg
c0192063_10031271.jpg
c0192063_10034912.jpg

Merkel: Europe 'can no longer rely on allies' after Trump and Brexit

    Europe can't rely on US and UK


The German chancellor says Europe must "fight for its own destiny"
at an election campaign event

Europeans must take "destiny into our own hands," Merkel says after G-7 summit

西側諸国も一枚岩で無い事が良く解かります。

各国の政治家は共に 自国の利益を最優先に考えて行動しているのです。

反ロシアで一致して ロシアに経済制裁をしていますが、
制裁した国が苦しみ 制裁を受けている国の経済は順調に成長すると言う
見当違いの 一時代前の発想でした。

ロシアに農産物の輸出が出来ないフランスの農家は悲鳴を上げています。
スペインは 北アフリカからの人件費の安い季節労働者を使い
フランス、ドイツの市場へと振り替えました。

ロシアは自国産と トルコから農産物を輸入してしまい、
影響は最小限に抑えられています。

アメリカの言いなりになると・・・・・。
メルケルはアメリカは頼みに成らないと 漸く気づいた様です。

日本の安倍首相は メルケルに次いで古参に成ってしまいました。

c0192063_10180168.png


会議ではトランプが孤立して 会議が決裂する事を防ぐ為に苦心していたようです。

欧米のメデイアでは 前首相小泉氏を抜く 長期政権になると、
Shinzo Abe marks 1,980 days as Japanese prime minister Saturday,
tying him with predecessor Junichiro Koizumi as the third-longest-serving leader
of the postwar era.

Abe will have third place to himself Sunday,
behind only Shigeru Yoshida at 2,616 days and Eisaku Sato at 2,798.
The tally includes Abe's first stint as prime minister, back in 2006 and 2007.

失業率の低下も成功し インフレからの脱却を目指していますが、
成長率はバブル以来の長い間 成長率も僅かながら上昇し続けています。

民主党政権時の悪夢から 漸く脱出する事ができそうです。

新しくフランス大統領になった マクロン氏はメルケル氏から 大歓迎を受けていました。
皮肉な新聞は マクロン夫人がメルケル首相より一つ年上である事を意識しての事と
そして タイムスは
https://www.thetimes.co.uk/

Emmanuel Macron, the boy president, to face down Putin the Great in Versailles

The setting is splendid but the mood will be bleak when Emmanuel Macron,
the new president of France,
greets Vladimir Putin, Russia’s strongman leader, in Versailles tomorrow.

Both are aware that Putin, 64, hoped one of his pro-Kremlin friends ? either
Marine Le Pen of the far-right National Front
or the conservative Francois Fillon ? would win the French election on May 7.

c0192063_10040156.jpg


ISのテロに対する 各国の協力は確認出来ましたが、

もう一方の北朝鮮の ヤンチャ将軍様は
今朝5時半過ぎに 又ミサイルの試射を行ったようですね、
North Korea launches short-range ballistic missile, U.S. military says

The missile was tracked for six minutes until it landed in the Sea of Japan,
according to the U.S. Pacific Command

子供に悪いオモチャを与えてしまいました。

c0192063_10313165.jpg

一方 核兵器は持たせないと広言しているアメリカは 
空母をもう一隻 近海へ派遣すると決めました。

c0192063_10324802.jpg

異例ですね、

折しも 南沙諸島上空で 二日続けてアメリカの偵察機に中国空軍機が接近し
お互いに 非難し合うと言う 緊張状態が続いている状況での
北の挑発です。

G7サミットで 南沙諸島への中国の進出に対して 非難声明を出し、
中国はそれらに反論すると言う、間隙を見計らったような ミサイル発射です。

BBCでは アジアビジネスのチャンネルで 
中国の甘言に乗り スリランカが港を作りましたが、入港する船が限られていて
港を中国に明け渡す事になったようだと、

AIIB,や 一帯一路、の現実が 良く解かる出来事です。

中国からの借入金は スリランカ政府の年間予算の95%に及び、
借金を払う為に 国家財政の多くを返済に回すため
スリランカ経済は 破綻してしまい、後は ギリシアと同じように
国土の切り売りしか無いようですが。

国民の間に 急速に反中感情が芽生え始めました。

国土の切り売りと言う 異常な状態に成って始めて国民も気が付いたようです。


以前 拙ブログに ピタゴラス教団の事を少しだけ書きました、
エジプトで幾何学とエジプトの宗教の密儀を学び、フェニキアで算術と比率、
カルディア人から天文学を学んだと 言われていますが、
拝火教(ゾロアスター教)に入っていた事も在ると言われています。

c0192063_11280379.jpg
ヨハネが広めた グノーシス思想は
当初は エジプトの秘儀思想 イシス信仰でしたが 徐々に「知識」「認識」へと向かい、 
既にピタゴラス教団にその初期の段階が見て取れるようです。

17世紀の偉大な哲学者 スピノザも言ってるように
ユークリッド幾何学の様な 論理的な思考が必要で

モンクは読んでいませんが、ユークリッドの「幾何学原論」を勧めています。
例ですが  2点間を通る 直線は一本であると、
先ずは「点」や「直線」を定義して 次の段階に行く論理性ですね。

イエスとその出来の悪い弟子達が考えた
「オレオレ詐欺」みたいな
見た事も無く 在るかどうかも解からない、「天国に貯金をするようにと」 
信仰をお金の担保にする 勧誘は・・・・?。

グノーシス思想の 「知識」「認識」は
全ての現代の学問、芸術、思想の「揺りかご」だったと 考えられます。

科学者のニュートンが 有名な錬金術師で、
贋金(メッキされた金貨)を見破り防ぐ為に 造弊局の局長に付いた事、
天才と言われる レオナルド村のダビンチのデッサンに見られる
色々な物の設計図の細密さと 論理性、
そして絵画の「洞窟の母子像」に見られるヨハネ主義は 
当時のローマ教皇や教会の目を欺き 現代に伝えられています。

ストーン・メーソンと呼ばれる 古代の石工が計算して作った 大きな石造の建造物は
現代でも 不思議がられていますが、
私達の知らない、知らされていない、
グノーシスと言う考え方、思想を勉強しなければいけないと 考えています。


先日 あの悪名高き ブレジンスキー氏が亡くなりました。
アメリカ国民を欺き、嘘を吐き アフガン、中東の混乱を招いた張本人です。
c0192063_11274057.jpg
歴代のアメリカ大統領に対する 影響力の大きさは?
オバマ元大統領を 「俺がピックアップして来た」と言い放ち
事実 その後、先日やはり亡くなったデイビッド・カーネギーに面接させて 許可を得たと。

操り人形の オバマでした。

反ソ連、反ロシに凝り固まった PTSDのブレジンスキーですが、
弔意は 止して置きます。 
アフガン、中東が平和に成ったら その時に。

宗教戦争が止みませんね、サラセン帝国がイベリア半島に攻め入り、
レコンキスタ(領土回復)で取り戻すのですが

東欧には熾烈な キリスト教徒とイスラム教徒の争いが在りました。

信仰を捨てる事が出来ない人たちは 山のおく深くまで逃げて
こんな場所に 教会や修道院を作りました。

この場所では 勇将のサラセンも攻め入る事が出来ませんね。
c0192063_11390324.jpg
c0192063_11385057.jpg
それにしても ユダヤ教、イスラム教、キリスト教等々・・・、
神を信じている人たちは 幸せなんでしょうね。

すべて神の思し召しですから、








[PR]
by monk-1 | 2017-05-29 11:42 | Comments(0)

悪しからず。

昨日のお昼に 急に睡魔に襲われまして、少しお昼寝をしました。
シトシトと まるで梅雨時のようでしたが、ぐっすり眠ってしまいました。

その所為か?今朝は早く目が覚めてしまいました。

早朝の未だ 薄暗い朝に、 
台所でコーヒーを落としている自分の姿を想像してしまい、
知らない人が見ると、如何?思うかしらなどと 
詰らん事を考えていました。

コーヒーを飲みながら ニュースを見ていたのですが、

突然思い立って 早朝のお散歩に出ました。

遠出はせず、近くに在る山手公園まで行って来ましたが、
雨に洗われた 新緑が眩しく、
つい先日までの薄緑の葉の色が 鮮やかな緑に成っています。

無人の公園には鳥の声しか聞こえません、

花壇の薔薇もとても綺麗でした。

2,3度 深呼吸し、ベンチに腰を下ろしてパイプに火を付け、
煙の流れを所在無く眺めていました。

外でタバコを吸うのは 何年振りかな~と。 美味しいですね。


ネット徘徊しながら 横目でニュースを見、音声で確認しながら、
無視するニュースを選択しています。

あきれ返るニュースが放映されています。

触れたくないのですが、余りにもお粗末な捏造ニュースですので、
こんなネットの意見も 流れていますよ と、

組織的な天下り問題で 責任を取る形でその職を辞任した、
文部科学省の次官 前川氏が騒がれています。

なにやら在職中に見たメモで 自分の関係する業務を歪められていたと発言したそうです。

築地に本社の在る 赤い新聞社も 必死にそのメモを証拠にして
安倍総理非難を書きなぐっているようです?
(私はその新聞を今まで読んだことが無いのです)

官房長官の記者会見では メモではなく怪文書のたぐい と 無視し、
あまつ 在職時代に 前川氏が 次官としては 不適切な場所に
頻繁に出入りしている事を 上司から注意を受けた挙句に
天下り問題で 辞職を余儀なくされたと。
退職金は8000万円 法令にのっとり 支払われている事も事実のようです。

ネットでは こんな風に

匿名(17/05/26(金)19:53:31 ID:2zQMy1D1E) 〆返信
出会い系バーで貧困女子の調査とは笑わせる。

歌舞伎町の「出会い系バー」要するに買春に通っていたことを追求されて、
「貧困女子の実態を知るため、話を聞きたかった」。
こんな話、誰が信じる!? 前川喜平・前文科省事務次官、
これで通ると思っているところが、
甘いというか、図々しいというか。

「お話や、食事をしたり、一定のお小遣をあげたりということはあった」
要するに 買春してたということだろう。

『週刊新潮』(6月1日号)で女性たちが証言している。
「ああ、知ってる、知ってる。冬くらいまでよく来てた。
女の子を買ってたかって?そりゃ、
ここに来るのは女の子とホテルに行くのが目的でしょ。
話をするだけなんてありえない」「週3、4回くらいじゃない」
「何度も店にきたってことは、色んな女の子とヤリたかったんじゃないのかな」

今週の『週刊文春』では150分という「独占告白」をしているのだが、
出会い系バー通いについてはこう答えている。

「その店に行っていたのは事実ですが、もちろん法に触れることは一切していません」
『文春』の取材が終わってから、記者会見までの間に、
前川・前次官一生懸命言い訳を考えたのであろう。
結果、「貧困女子」。

笑うしかない。

菅官房長官ではないが、こんな男の言うことに振り回される方がバカだ。

前川・前次官、数週間前からこのネタをNHKや朝日に自ら売り込んでいたという。

もしかしたら、問題の文書も自分で打ったのでは。

要は天下り問題で責任取らされ、就任半年でクビ。
ことがことだけに天下りもできず、
その間、出会い系バー通いもバレて官邸に注意され、
逆恨みの結果が今回の告発なのだろう。

ご丁寧に 惚け老人にも解り易く、解説図解されています。

c0192063_10411043.jpg

http://gensen2ch.com/archives/70764002.html
現場の店は 新宿の歌舞伎町に在るらしいです、
国連の人権に関する組織から、
日本では高校生が性産業の対象と成っていると、非難されているようなお店ですね。

文部行政の役人のトップが 出入りするようなお店で無い事は確かです。

本人は貧困な女子高生の実態を調査に行ったと 弁解していますが、
語るに落ちた とは こんな事を言うのでしょう、

TVの番組でも 取り上げられていたようで、
https://twitter.com/take_off_dress/status/867943357460369409
DAPPI‏
@take_off_dress
寺脇研「前川喜平は本当に優しい人で弱い人を助ける人!弱い人を助ける為に力をつけた」
長嶋一茂「だったら前川さんはなぜ天下り斡旋した?公正公平じゃないのか?
 前川氏の人格者アピールをされても信じられない!」

その通り!
弱きを助ける人格者は天下り斡旋なんかしない#モーニングショー
(動画)2017年May26日 12:19

図解の解説を読むと マジックミラーで仕切られていて、
客席からは中が見えるのですが、中に居る 女子高生からは見えないそうです。

お気に入りの女子高生を指名して お金を払うと一緒に外出出来るシステムで
外出してからの事に お店は責任を持たないと言う、
現代版 売春斡旋業の様です。

おまけに この前川(元)次官の奥さんは
自民党二階派に所属する 中曽根議員の妹さんと迄 ネットで明かされています。

すは 二階派の反安倍運動?なのかと、 
記者会見に臨んだ二階氏は 不機嫌だったと、

文部行政のトップが こんな輩で
しかも 歌舞伎町のお店は 総連系統の在日が経営者だとか?確認できていません。
その遊ぶ資金の出所も 不思議ですね、

前のローマ教皇が 「欲望」に負けて 隠して愛人を持つのですから、
前川氏の「性欲」も理解できなくは無いのですが、奥さんや家族の事、
自身の立場を考える理性が働かない人なんですね。
ですから あの様な「怪文書」を作成し、メデイアに売り込んで、
官邸に意趣返しとは?
情け無い お話しです。
http://monksin.exblog.jp/25306747/ 「欲望」

前川氏は在職中に 朝鮮学校への資金を出すよう(朝鮮学校無償化)にと
働きかけた 旗振り役だったとも、明かされています。
朝鮮学校の授業料を無償化の対象にすると 言う事は
総連にそのお金が吸い上げられる事と 知っていて 旗を振っていたのでしたら、
確実に 確信犯ですね、
北朝鮮、総連は日本人を拉致して 居直っているテロ、犯罪組織集団なのです。
先年北朝鮮の工作船が 日本近海で海上保安庁の沿岸警備挺に 銃撃、沈没した時に
海に捨てていた物は 誰でも海上で受け渡しを行う 覚せい剤の密輸だと言う事は
承知しています。
そんな 国の 怪しげな団体と・・・・・・。

腐りきっていますね。

沖縄の左翼ブロバガンダ新聞、沖縄タイムスにも
沖縄タイムス辺野古・高江取材班 @times_henoko

5月26日午前11時ごろ、
米軍キャンプ・シュワブゲート前で韓国からきた十数人があいさつをしました。

代表者の女性は「韓国でも米軍基地反対運動があり、政府と戦っている。
長い間、朝から晩まで戦っている皆さんを応援したい。
一緒に頑張りましょう」と話しました。

c0192063_11042310.jpg

日常的に 中国人、韓国人が沖縄で反基地闘争を 行っているそうです。
公安の発表では 共産党、民進党、中核派等 左翼過激組織が運動していると、
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/
こんな人達らしいです。
▼コリア国際学園の関係者▼
金時鐘 (詩人)
姜尚中 (東京大学大学院情報学環教授)[3]
文弘宣 (株式会社 アスコホールディングス 代表取締役会長 兼CEO)
李康烈 (ウィンググループ会長)
姜誠 (ルポライター)
白盛基 (株式会社 ペックコーポレーション 代表取締役社長)
黒田征太郎 (イラストレーター)
梁石日 (作家)
寺脇研 (京都造形芸術大学芸術学部教授、元文部科学省大臣官房審議官)
朴一 (大阪市立大学経済学部教授)
金淳次 (株式会社 エスエープランニング 代表取締役社長)
金希征 (HANA文化交流センター 代表)
洪孝子 (舞子インターナショナル・プリスクール 代表)
監事 梁英哲 (弁護士、コリアン弁護士協会所属、在日本朝鮮人人権協会近畿地方本部 事務局長)
監事 金光龍 (税理士)

c0192063_11111339.jpg

真ん中の男性が TVで長島氏とお話ししていた寺脇氏らしいです。
「5万円で 沖縄行きませんか?」と沖縄の運動員を募集していた事を ばらされて、
暫く ニュージランドへ雲隠れしていた、 シンなんとか?さんが主催する
反日組織だそうです。


気分を害しますので、
口直しに 猫ちゃんの記事からです、
http://justcats.ie/careers
アイルランドの首都ダブリンにある動物病院Just Catsは、
一日中猫を抱いている事が出来る人を募集中だそうです。

c0192063_11211246.jpg


Just Catsのホームページに掲載された情報によると、
候補者は
「柔らかくて優しい手を持ち、長い時間猫を撫で、毛を梳かすことのできる人」
でなければならない。
また優しくて穏やかな声や、猫の種類を判別できることも歓迎している。
「抱っこ係」は、不安に陥り、動揺している猫たちを落ち着かせる役を担う。

c0192063_11210286.jpg

先の報道によると、多くの人が、猫を飼おうとしたものの
猫アレルギーで断念せざるを得ないという問題に直面している。

c0192063_11212144.jpg

HPには 細かなグーグルの地図も用意されていますので、
夏休みを迎える 猫好きな大学生や高校生は 御一考を 如何?。
地図を見て 詳細な案内も書かれています。

Welcome to JustCats.ie,
Dublin's first and only dedicated feline veterinary clinic.
We are proud holders of the Gold Standard Award for the Cat Friendly Clinic program,
making us one of only two Cat Friendly Clinics in Ireland.
We are within easy reach of all areas of Dublin and surrounding counties,
just off the M50 near Castleknock and Blanchardstown.
Our aim at Just Cats is to make a visit to the vet as enjoyable as possible,
for both you and your cat.
In our brand new clinic we have
an enthusiastic team
of cat-focused veterinary professionals alongside state of the art equipment,
so feel assured that your cat will be very well cared for.

As cat lovers,
we are excited to promote 'Cat Friendly' veterinary medicine
and we hope you will come and visit us soon.
Just call us on 01 8227270 for more information on coming to visit.

Getting here:

Just go to our Contact section for our map,
or look up Just Cats Veterinary Clinic on Google Maps
for directions from your location. Alternatively:
•From the M50, take the N3 Castleknock/Blanchardstown exit,
towards Blanchardstown
•Take the exit for Blanchardstown (Centre and Village)
from the N3 and continue left towards Coolmine/Clonsilla
•At the third roundabout, take the first exit/turn left
•At the next roundabout take the first exit/turn left again.
The clinic is on the right hand side
だそうです。

続いて 同じくデイリー・メールのオンライン版からです。

尾が3本ある猫が 北京で発見されて 話題を呼んでいます。
以下に その記事と 動画を(消されるかもしれません)

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4541918/Bizarre-video-footage-shows-cat-three-tails.html?ito=social-twitter_mailonline

'Oh God! ' the young women are heard screaming at the clip

posted by Pear Video after they discovered the extraordinary

creature at a residential area called Mayland Garden.

The cat turned its head to look at two strangers and remained

sitting on the stone paving.

Soon, the cat decided to run away from them and quickly

jumped onto another paving next to a tennis court before

vanishing from sight.

A cat with three tails was spotted wandering around a garden in Beijing,
the Chinese capital.

The calico feline was caught on camera
by two university students on May 24 afternoon, a video shows.

It appears to be physically fit and runs away after noticing the camera.


Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-4541918/Bizarre-video-footage-shows-cat-three-tails.html#ixzz4iEeb7POn
Follow us: @MailOnline on Twitter | DailyMail on Facebook


Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-

4541918/Bizarre-video-footage-shows-cat-three-

tails.html#ixzz4iEe6MkVi
Follow us: @MailOnline on Twitter | DailyMail on Facebook

http://video.dailymail.co.uk/video/mol/2017/05/25/2908577903191176611/1024x576_MP4_2908577903191176611.mp4



イタリア南部シチリア島タオルミナで開幕した
先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)が行われています。
諸問題に対して 先進国が方向と意志表明を行うわけですが、
話題はやはり テロと北朝鮮問題、そして 
トランプ大統領が言う 保護主義貿易に向かわないよう、自由貿易の確認ですね。
テロについては マンチエスターで起きた テロ非難で一致しました。

c0192063_11425248.jpg

週末にキリスト昇天祭を向かえ 連休が続く欧州諸国も警戒を怠れません。

イギリスの大衆紙も これでもか?と追い記事を載せています。
デイリー・メイル オンライン版から
Police 'have nine key suspects' in the Manchester terror network including
the bomber's friend from Moss Side barbers

c0192063_11422918.jpg
c0192063_11424277.jpg
Manchester bomber linked to group of young men who fought in Libya
with their fathers then switched to ISIS
c0192063_11421896.jpg
c0192063_11420493.jpg
Salman Abedi travelled to Libya during the 2011 Arab Spring alongside
his father to topple Muammar Gaddafi
Father Ramadan was one of men from the North West in Libya
who called themselves the Manchester Fighters
Counter terrorism raids this week were reportedly connected
to the gang of Libyan extremists after a tip-off
Terror police have raided barber shop in Moss Side,
Manchester, owned by Salamn's cousin Abdallah Forjani


http://www.dailymail.co.uk/news/article-4546694/Police-9-key-suspects-Manchester-terror-network.html#ixzz4iEfJAUY9
Follow us: @MailOnline on Twitter | DailyMail on Facebook

マンチエスターのテロ支援グループは多くが摘発されたようですが、
他の都市では 如何なんでしょうか?
イギリスだけでなく 
他の欧州諸国にもテロ支援組織が存在している事は解かっているのです。

昨年末 ドイツでクリスマス用品を売る市場にトラックが人ごみに突っ込み
多くの犠牲者が出ましたが、その後の調査で
犯人は日頃の言動から 要注意人物で 数件の通報があり
警察が逮捕する事が出来た と言う事がばれてしまいました。

警察は 暴かれるのを恐れて 書類を偽造していた事も知られてしまい、
大勢が処分を受けています。

テロに関係する情報を各国が共有して 防がなければテロは断てませんね。

日本でも テロ等共謀罪の法律の成立を、何んとしても邪魔したい勢力が、
総連を始めとする、北朝鮮のスパイ組織や 共産主義運動を沖縄等で展開し
中国、北朝鮮に優しい?日本にしようと(属国化推進議員や評論家、新聞が)
おかしな 左翼議員が騒いでいます。

モンクは修道士と言う意味もあるらしいので?
俗事は書きたくなかったのですが、
今回は援助交際ビジネスに通いつめた、元文部行政のトップにあきれて書きました。

悪しからず。








 


[PR]
by monk-1 | 2017-05-27 12:00 | Comments(0)

 テロ事件 続報

早朝から シトシトと雨が降ったり、止んだりのお天気です、

今日は忙しいサエズリも無く 無口?で 低空飛行を繰り返しているツバメですが、

何故か?雀が さえずりまくっています。
中には喧嘩?なのでしょうか、 雀は見かけによらず 凶暴なんですね。
仲間を追いかけて 突きまわしています。

今日は一日中 こんなお天気だそうです、涼しくて過ごしやすそうです。

お仕事の人たちには 迷惑なお天気でしょうが、
惚け老人のモンクは今日は外出の予定もありませんので・・・・。

前回少し書きました、悪名高いドミニコ派の異端審問官のコンラートですが、

彼に纏わる 有名なエピソードがあります。

ドミニコ派は元々 聖ドミニクスが設立した 異端狩りの急先鋒の修道会なのですが、
中でも コンラートの異端狩りの執拗さ、残虐さは歴史に其の名を残す程でした。

当初はドイツのヴァルド派に向けられていたのですが、
遣り方が 恣意的で かつ独裁的なものでした。

如何せん 神と教皇以外には 怖い物無しの状態でしたから、

彼とその一派は 狂信的なキリスト教徒だったからです。
自分達の行為が 絶対的に正儀であると信じきっていた事は
ある種 現代のオカルト信仰や 特定の思想を絶対的に信じて
党の無謬性などと 当たり前のように言う 左翼の政治団体と良く似ています。

後に名誉回復されて「聖女」と成ったエリザベートの例を少し・・・・。

地方の貴族のチューリンゲン伯の妃であった エリザベートに対して
些細な事で鞭打ちの刑に処して 尚且つ無理難題を課しました。

美貌と若さが嫉妬されたのでしょうか?
彼女は20歳の時に 夫と死別してから修道会へ入りましたので、
コンラートが彼女の告解師となり、色々な告解を知っていたようです。

宗教的な教えを彼女に与えていたのですが?何故か
サデイステイックな様々な虐待を 彼女に対して行い
苛酷な苦行を強いています、
その為か エリザベートは24歳の若さで死んでしまいます、
勿論残された遺産は ドミニコ会に寄付された形に成ります。

コンラートの個人的な欲望の犠牲になったと 考えるのが自然です。
中世の修道会では修道女に対する 牧師や告解師からのハラスメントつまり
性的な関係を結ぼうと、地位を利用して 色々な事が行われていました。

その風習は現在でも アフリカやアジアの修道会で慈善事業を行う修道女に対して
性的虐待を行ったと 裁判沙汰になっています。

教会の面目を保つ為に 裁判には成っていませんが、
似たような訴えは 統括地域の枢機卿に数多く届けられていますが、
表面には出て来ません。

一旦睨まれて 魔女の嫌疑を掛けられた女性は、
多くの場合 逃亡に成功しない限り 蟻地獄に落ちた 蟻のように
奈落の底へと落とされて行きました。

例え無実とされても 狭い共同体の中では 白眼視されますし
告訴されると 審問から拷問が待ち構えており
被疑者がこの蟻地獄から 逃れる事は先ず無くて 不可能な事でした。

前ローマ教皇の 愛人問題も
本来 神に奉げる自身を表現する為に 聖職者は結婚出来ない決まりなのですが、

死後に調べられて 愛人がいたことがバレてしまった教皇の記事です。
http://monksin.exblog.jp/25306747/  欲望とは?
宜しければ お読みください。

そんな ローマのバチカンを訪問した アメリカのトランプ大統領ですが、
選挙中は メキシコ国境に壁を作るとの発言に
教皇は「架け橋となる 橋を作らず 壁を作るとは キリスト教徒じゃない」と

そこはお互いに利益が共有されていますから、
と 言うのも

バチカンには有名なバチカン銀行が有りますが、
別にスイス最大の投資銀行に バチカンは膨大な金額の投資資金を預けています。

ウオール街、ロンドンのシテイ、に並ぶ スイスの投資銀行です。

そんな関係を崩す事等出来ません、
世間一般向けの発言なのです。
トランプ大統領もそのことを知っていますから 平然と訪問できるのです。
c0192063_11031714.jpg
c0192063_11033092.jpg
c0192063_11034065.jpg
アメリカのメデイアは 悔しそうに非難する記事を書いています、

エリザベス女王がバチカンを訪問した時には
紫色の帽子に 同系色のスーツだった、と
黒い喪服のような 衣装は失礼だとか、とか、・・・。

多分ですが?
マンチエスターのテロ事件の被害者を慮っての衣装では?と
惚け老人のモンクは考えていますが・・・・。

「坊主憎けりゃ 袈裟まで憎い」が アメリカメデイアの本音なんですね。

予断ですが、確かに「皇帝の紫」と言われる程 紫色は高貴な色なんですが、
古代の紫色の染料は 貝から少量しか採集できない色で、 
珍重されていたからです。

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教 と全ての国々に トランプ大統領は行きました。
一部では イスラエル訪問時に 
パレスチナのアッパス議長と イスラエルのネタニエフ首相の和平会談を実現するのでは?と
そんな期待も有りましたが、夢だったようです。

イスラエルの右派勢力が強烈に推し進める 西岸への入植は続きます。


イギリスのマンチエスター市での テロ事件が 新たな展開を見せています。
60人以上と言われる 怪我人の内 20人が重体で予断を許さないようです。

爆弾の起爆装置や 様々な証拠物件がアメリカメデイアに明かされて、
イギリスの捜査に弊害が出ています。

爆弾を作った作業場、作成した人間を捜査しているのですが、
アメリカの新聞に証拠品を明かされてしまい、

犯人達のグループは証拠品を隠すか処理してしまう恐れがあると、
イギリスの捜査機関は アメリカは捜査の邪魔をしていると 
怒りを表わしています。

ニューヨーク・タイムスもアメリカの情報機関から手に入れたようですが、
ズブズブの関係が解かりますし、
お粗末な判断です。

近日中に開かれる G7 NATOサミットで、
トランプ大統領と会う予定のイギリスのメイ首相はこの問題を取り上げて
アメリカに抗議するようですが、
日頃メデイアに苛められているトランプ大統領は、
この問題を 如何?するか見物です。

アメリカの情報機関の高官が こうして 機密情報をメデイアにリークするのですね。
実体を自分で晒しましたね。
c0192063_11293066.png
c0192063_11290302.png
c0192063_11300086.jpg
c0192063_11303539.jpg
c0192063_11301156.jpg
c0192063_11291852.jpg
c0192063_11304895.jpg
c0192063_11310070.jpg



犯人 アベデイ容疑者の兄も マンチエスター市内で逮捕されました、
それ以外にも先ほどのBBCの放送では
新たに二人が逮捕され 犯人以外で逮捕されたのは 7名になりました。

Abedi's parents fled Libya as opponents of Colonel Gaddafi's regime.

Libya, alongside its North African neighbours,
has been a centre for the rise of modern Islamist political movements.

These movements were originally dedicated to overthrowing dictatorial regimes and,
to varying extents, promoting the idea of Islamic government


シリアでも 犯人の父親と弟が逮捕されたようです。
父親は カダフイ時代にイギリスに亡命していましたが 
カダフイ政権が打倒されて後にシリアと英国を行き来していたようで、
アルカイダ系のヌスラ戦線のシンパと言われています。
シリアで逮捕された 弟のハシームです、父親が教育していたようです。
            

c0192063_11404053.jpg

c0192063_11402809.jpg


左側の写真が マンチエスター市内で逮捕された 犯人の兄イスマル
右側がシリア国内で逮捕された 父親のラマダンです。

事件には 複数の組織が係わっていると イギリスの捜査当局は考えていて、
精巧な爆弾作りや、ソフト・ターゲットを狙う手口などは、
指示者が別に居ると考えていて 秘密捜査中です。

アメリカの新聞の証拠品晒しは 捜査を難しくするでしょうね、
犯人のグループは 手作りの起爆装置やその他の証拠を隠滅して 
逃亡するでしょう。

アメリカの情報機関の高官は情報を特定のメデイアにリークして、
トランプ大統領を貶めようとしている事を
自ら明かしてしまいました。

The bomber in the Manchester terrorist attack appeared
to have carried a powerful explosive in a lightweight metal
container concealed either within a black vest or a blue Karrimor backpack,
and may have held a small switch in his left hand, according
to preliminary information gathered by British authorities.


And the authorities’ review of the location of those killed shows
that most of the fatalities occurred in a nearly complete circle around the bomber,
Salman Abedi,
whose upper torso was heaved outside
the lethal ring toward the Manchester Arena entrance.

今年に入り 既にリビア沖から5万人の難民がイタリアに上陸しています。
勿論先日のように 数隻の舟で 3000人の不法移民が海上で救助されています。

沈没した船の数も解からず 漂う遺体が数百体と
子供の遺体が多いそうです。

騒乱、混乱を避けて 欧州への不法移民は尽きません。
現在では 進んだ欧州の社会福祉目当ての 経済難民が主流になってきました。
以前にも書いて載せましたが、一夫多妻制が認められているイスラム教徒は、
ドイツの例ですが、複数の妻を持つイラク人男性が入国審査でアドバイスを受けて
妻達と名目上の離婚をして ドイツに入国しました、
離婚した妻達にも ドイツ政府は手厚い福祉を施します。

イラク人男性は仕事をせずに、
毎日、違う、別れた妻達の家を訪問することが仕事だと開き直っているそうです。

海上で不法移民を救助する NPOの団体と
リビア国内の 人身売買業者の癒着も言われています。

高額な料金で密入国を斡旋する業者は 小さな船に数百人を乗せて出航し
直ぐに 海上のNPOの救助船に連絡を入れるようです。

もしかして?何百人も乗せた船が 今出たから そちらの海域に着くのは
何時頃だよ~とか。


NPOの収入は義捐金、寄付金ですので 
救助した人数が増えるほど、
救援活動を活発に行っていると言う エクスキューズ(言い訳)になる訳です。

人道支援も 良く考えないとこう成ります。
リベラルの墓場に成りますね 地中海は。










[PR]
by monk-1 | 2017-05-25 12:07 | Comments(0)

イギリスは最高レベルのテロ警戒です。

ようやく この季節らしい気温になりましたね、

明日からは 雨模様との天気予報が出ていますが、
5月らしいお天気です。

曇り空ですが、ツバメは元気良く飛び回っています。

ニュースはやはり 昨日のマンチエスターのテロ事件に関するものが多いですね。

イギリスでは 大衆紙も高級紙もテロ事件の詳細を伝えています。
現在 死者が22名 怪我人が59名で 中には重体の人もいるそうです、
未だ 行方不明の子供を探す 多くの親がいるようです。
入院している怪我人の中にいるのでは?とか、

爆発に巻き込まれて亡くなったのでは?と懸命の捜索が続いています。
亡くなった方、怪我をされた方、そして其の関係者の方には
衷心よりお悔やみと、早い回復をお祈りいたします。

神を信じないモンクが 誰に祈るのか?って、
それは アインシュタインも言っていましたが、
スピノザの考える神とは
つまり 私達を取り巻く自然や宇宙です。


後程 触れますが 「魔女狩り」について もう少し書きます。

キリスト教は一神教ですので どうしても正等、異端の争いを生みやすい宗教です。
それは 現在でも中東等で 続いています。
ヨハネの亡き後のキリスト(預言者)の争いが激しく成ったようで、

欧州の異端狩りは 12世紀の後半から組織的に始められ、
13世紀には異端審問が制度化されたようです。

ローマ・カトリックは禁欲主義的な二元論を信奉するカタリ派
グノーシス主義 ボゴミール派(アルビ派)と教義や信奉する対象など
特に対立していました。

教会では無く聖書の福音による教義を説く ヴァルド派等を異端と決め付け
特にフランス南部やイタリア北部で
苛酷な異端狩りの嵐が吹き荒れ、多くの犠牲者を出しましたが、
その異端撲滅運動は やがて ドイツにも波及しました。

異端撲滅を宣言した 教皇グレゴリウス9世は、
特に ドイツのヴァルド派を弾圧する為に任命した 
マールブルクのコンラートと そのグループが大きな役割をはたします。

教皇から委任された 異端審問官は
イエス・キリストと教皇以外に服従する必要が無かったので
巨大な権力を持ちました。

コンラートは既に 1214年と1220年にドイツでの十字軍の呼びかけを行い
教皇や皇帝の信頼を勝ち取っていたので、
彼が説教する時には イエスのように「ロバに乗って」登場していたそうです。
熱狂する群集を意識した、イエス顔負けの演出のようです。

コンラートは筋金入りのキリスト教徒であり 
金銭欲や名世欲は無かったと言われていますが、
「ロバに乗って」の登場を考えると、少し疑問もあります。

偏執狂的 かつ 残忍な性格の持ち主だったようです。
異端審問官となったコンラートは
その 痩せた顔の眼光が鋭く光り 性格の悪さが際立っていて、
この 畏敬と恐怖を与える彼の要望も 彼のカリスマ性を生み出す一因でした。

カリスマ的なこの異端審問官は 色々と考えさえられます。

道が交差する十字路に 広場が出来て
群集に見せる 絶好の舞台となって行きます。

ドイツに於ける 狂信的な異端狩りの舞台が出来ました。

又後日に続きます。

マンチエスターのテロ事件の犯人は特定されましたが、
中に金属片を入れた爆弾で 22歳の素人が作れるものでは無いと考えられ,
殺傷力を高める為に 爆弾の中には ナット、ボルト、釘などが。

周辺に支援するグループが居ると疑われて 兄も逮捕されましたが、

イギリスではメイ首相が 招集したテロ対策の会議「コブラ」で
最高レベルのテロ注意となり 軍も動員された模様です。

被害者には 8歳の少女もいた事が解かり
多くの国民の怒りと哀しみを よんでいます。

大衆紙サンも 高級紙タイムスも
c0192063_10414150.png
c0192063_10412993.png
8歳の少女の被害者
c0192063_10432358.jpg


Second Manchester bomb victim named as eight-year-old Saffie Rose Roussos

Terror in Manchester

A nation grieves — but for some parents agonising wait goes on


‘Beautiful little girl’ was at Ariana Grande concert in Manchester with her mother
and sister when the explosion happened

An eight-year-old girl,
who was described by her school as “simply beautiful”,
was the youngest fatality named so far of the suicide bomber
who struck at the Ariana Grande concert in Manchester.
母親と妹と一緒にコンサートに来ていたのですが、彼女だけが 爆弾の被害を・・・。

犯人は リビアからの移民の二世で サルマン・アベデイと言う22歳の男性で
自爆テロに至る 過程も調査されています。
Salman Ramadan Abedi named by police as Manchester Arena attacker

Manchester police say 22-year-old was responsible for suicide attack
that killed 22 and injured 59 at Ariana Grande concert

c0192063_10494659.png
以下に イギリスのメデイアからの写真です。
c0192063_10521196.jpg
c0192063_10522319.jpg
c0192063_10513440.jpg
c0192063_10515975.jpg
ヨーロッパ各国も ユニオンジャック(英国旗)を
c0192063_10514580.jpg
そして 一面は皆テロ事件の被害者 8歳の少女を、
c0192063_10541585.jpg
c0192063_10543745.jpg
c0192063_10542555.jpg
c0192063_10545521.jpg
c0192063_10550955.jpg
c0192063_10552259.jpg
c0192063_10553926.jpg
親が付き添う テイーンエイジャーが 多かったのですね。
イギリス社会には 負けない、団結、そして 酷い、といった感情が溢れています。

オバマ元アメリカ大統領と 
ヒラリー元国務長官の中東、北アフリカの政策は酷いですね。

又 ヨーロッパ中で 移民問題に火が付きます。

フランス大統領のマクロンは 大統領選挙が終っていたので ホッ!!としているでしょうが、
総選挙がこの後あります。

閣僚も 12名が 素人 12名が議員と 振り分けています。

作家や社会運動家、銀行員等知らない顔ぶれです。
c0192063_11054345.jpg

平和で静かな世界は 何時になったら来るのですかね。

合掌です、


[PR]
by monk-1 | 2017-05-24 11:07 | Comments(0)

 爆弾テロのようです。

早朝から CNN、BBC供に 爆弾テロの中継を続けています。

物騒ですね・・・・・・。

マンチエスター・アリーナで アメリカ人女性歌手のコンサート終了間際に
事件は起きたようです。
歌手のアリアナ・グランデさんは 無事だったようですが、
最後の曲を歌い終わり 観客が隣接する駅へ向かう為 ロビーの売店近くに
爆発物が在り、 現地時間で 午後10時35分に爆発したようです。
マンチエスター警察の発表では、
19人が死亡、 50人以上が負傷した と言う事ですが 詳細は未だ不明です。
Manchester Arena blast: 19 dead and about 50 hurt

Ariana Grande

c0192063_10435258.png

A spokesman said Ariana Grande was "OK" following an explosion at her concert
in Manchester, England, on May 22, 2017.

The singer is seen here in a photo from the American Music Awards
in Los Angeles on Nov. 20, 2016.


Ariana Grande OK after reports of explosion at concert, representative says
観客の多くは 10代の若い人たちで 低学年の観客には親が付き添いで付いてきていたり、
アリーナの外で 親が子供を待っていたりしたようです。
会場はヨーロッパ最大のアリーナで 
若者に人気のアリアナ・グランデさんのコンサートは チケットも
昨年暮れに売り切れと言う人気状態でした。

c0192063_10504789.png
c0192063_10505992.png
c0192063_10503613.jpg
c0192063_10500674.jpg
c0192063_10495584.jpg
c0192063_10502313.jpg
c0192063_10511136.png
c0192063_10512749.png
c0192063_10515425.png
c0192063_10520873.png
写真はCBSニュースからです。
http://www.cbsnews.com/


犯人像は どの放送局も伝えていませんが、
爆発した後には ボルト等が散乱していたと言う、目撃者の証言もあり
あらかじめ 大勢の入場者を爆弾で殺そうとした、爆弾テロのようです。

アリーナ側も 直ぐに ツイッターで 声明を出しています。
c0192063_11000846.jpg
Manchester Arena
@ManchesterArena
pic.twitter.com/cPwkQbrYp2
8:08 - 2017年5月23日
c0192063_11002831.jpg
 http://www.bbc.com/news/uk-england-manchester-40007886

今日はブログを書く予定ではなかったのですが、
取りあえず 大きな事件が起きましたので 急遽予定を変更しました。

国会での 獣医師学部新設の問題で 
ご存知と思いますが、こんなお話が
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50499286.html
U-1速報さんの記事から 引用です。

民進党・玉木の『致命的すぎる過去発言』が暴露され失脚寸前の情勢に。
加計妨害を公式に約束していた

1:(^ェ^) ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 20:04:49.18
 
安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の
獣医学部新設計画に関し、
民進党の玉木雄一郎幹事長代理(48)が約2年前、
学部新設に猛反対している日本獣医師会の総会で
「おかしな方向に向かいそうになった際はしっかり止める」などと、
計画阻止を約束していたことが22日までに分かった。
 
日本獣医師会の会議報告によると、玉木氏は平成27年6月、
東京都内の明治記念館で開かれた日本獣医師会の第72回通常総会に来賓として出席。
あいさつの中で「教育の分野、あるいは医療の分野は、そもそも特区として、
地域の例外を作り、進めるべき話ではない。
おかしな方向に向かいそうになった際はしっかり止める」などと述べ、
加計学園による獣医学部新設に反対する日本獣医師会を擁護する姿勢を鮮明にしていた。
 
玉木氏は自身のブログで父親が香川県獣医師会の副会長をしており、
弟も獣医であることを明かしている。
玉木氏は平成24年に
日本獣医師会の政治団体「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受けるなど、
日本獣医師会との深いつながりが明らかになっている。
 
文部科学省は獣医師の数が足りているとして、
獣医学部の新設・定員増に関して「抑制的に対応する」と通達しており、
過去52年間、獣医学部は新設されていない。
 
しかし、今治市は「地域偏在の解消」などを掲げて獣医学部の招致運動を展開。
それに呼応する形で、
加計学園は愛媛県今治市に岡山理科大学獣医学部を新設する計画を進めてきた。
 
同市が国家戦略特区に指定されると、
昨年12月には国家戦略特区諮問会議が特区内の獣医学部新設を容認。
約50年ぶりに獣医学部が新設される可能性が高まっている。
 
それに対し、日本獣医師会は激しく反発し、蔵内勇夫会長もホームページ(HP)で繰り返し、
新設計画への反対を表明。
玉木氏は計画に関する記録文書を巡る「総理のご意向」について、
国会で追及の急先鋒となっている。(WEB編集チーム)
引用終わり

語るに落ちたとは、こんな事を言うのでしょうね、

怪文書を振り回して 国会を空転させ、
文書のフォントが 公文書と大きく違うと ネットで指摘されると
慌ててフォントを変えたり・・・・・。

おまけに 獣医師会の利権を確保する為に、総理の口利き利権確保等と・・・。
如何?責任取るのでしょうね。

徘徊惚け老人のモンクは あきれています。

野党議員の劣化は止まりませんね。

今日は 散歩した後に お蕎麦屋さんで一杯飲む予定なので、

とりあえず ここまでにします。

玉木ねえ~~ 「打ち首、獄門、閉門、蟄居」 
辞職など間違えてもしない輩ですね。








[PR]
by monk-1 | 2017-05-23 11:18 | Comments(0)

欺瞞に満ちた宗教なのです、

ベランダに置いてある ゴムの鉢植えが2メートル程に大きく成っています。

腐葉土を上げたら、益々元気になりました。
そんな ゴムの木の葉を揺らしながら、
部屋の中に涼しい風が 入って来ます。

外は暑そうなのですが、風のせいでしょうか?
部屋の中は意外と涼しいです。

「魔女狩りだ~」と叫んだトランプ大統領は 中東を訪問中ですね。

オバマ元大統領時代 崇高な理想を演説では語るのですが、
実際には何もせず、
したがって ロシアへ傾斜していたサウジアラビアやイスラエルは、

トランプ大統領への期待が大きいようで、
中東のイスラム国の殆どが参加した会見で 
トランプ大統領が演説していました。

選挙中の激しいイスラム教への差別とも思える発言は控えられ
テロリスト、犯罪者と言い換えて 撲滅を訴えています。

目的だった 巨額の兵器の売買も行い、言動供にアメリカの影の実力者達は、 
ほくそ笑んでいる事でしょう。

トランプ大統領も左翼偏向の激しい アメリカ国内のメデイアを忘れて
ひと時の休息ですね。

今まで軍事支援と称して 無償供与してきた支援は兵器を中心に
これからは全て有償となり、 
兵器は最優先で同盟国に売る事を、アメリカ政府は決めています。


前回お約束した 魔女について 少しお話ししようと思います。

特にドイツは 東ローマ帝国の庇護者と言う歴史を持っていますので
東欧や南欧の ロシア正教、ギリシア正教のように成らず

長い間カソリックが主流でした。
プロテスタント運動が起きるまでは、
権力すら権威にひれ伏してきた歴史があります。

そんなドイツですが、
中には細々とグノシースの目的の 
知識や認識を大事に考える人もいましたが、
多くは 異端審問を怖れて底流に隠された学問でした、

多くの人たちは カソリックの教えや権威に「唯々諾々」と従っていました。

そんな中で重要な出来事が 異端審問と魔女裁判による
カソリックの権威付けと、体制、秩序維持の遣り方です。

デーモニッシュな マグマの噴出
一部 「魔女とカルトのドイツ史」著 浜本隆志 講談社現代新書 より引用します。

ゲルマンの基層文化連鎖を
もっとも よく見抜いていたのは神話学や文献学を究めた
グリム兄弟であった。

彼等はドイツのキリスト教文化がゲルマン文化の上に成り立っている事を
学問的に実証しようとして
精力的に民俗学の分野の研究をしました。

そして 民間伝説やメルヘン、神話学などの多くの業績を残しています。

さらに 皮肉な事に、ユダヤ人の詩人ハイネ(1797~1856)も
其の事実を十分認識していました。
・・・・中略
ハイネはヨーロッパで起きた価値転換を キリスト教との関わりから
的確に指摘しています。

つまりキリスト教が、ゲルマンの神々をデーモニッシュな悪魔に変えたと言う事です。
中略

ハイネの指摘は その後約百年後に登場したナチスが
ヨーロッパを蹂躙した状況を予言していると考えられます。

ナチスは明らかに ゲルマンの後身であると位置付けられるからです。
引用終わり

多神教時代の考え方では
人間は生まれて来る時に 
体と供に霊「ゲニウス」が付いて生まれてくると言う 考え方です。

様々な本能に振り回される 欲望を持つ肉体とは別に
「ゲニウス」を重要視して、
如何にして?、ゲニウスに目覚めるか?が重要と考えられて居ました。

ゲニウスはギリシア語で「ダイモン」と言いますが、
ラテン語読みや英語では キリスト教により デーモン、
悪魔とされました。

ゲニウスはその後 ジーニアス(天才)の語源となります。
古代の二元論ですね、 体と心、精神と肉体

現代でも二元論が 跋扈しています。
悪と善、天国と地獄、水と油、白と黒のように、
気が付かない所で キリスト教の弊害がまかり通っています。

誕生日にケーキに蝋燭を立てて祝う習慣は
ゲニウスを祝う 古来からの習慣なんです。
キリスト教も此れを 禁止する事は出来ませんでした。

魔女にされた人たちには 大別すると二通りの人がいます。

その一つは「賢者」とも呼ばれる「賢い人達」です。
彼女達は 代々薬草の知識を持ち産婆役(助産士)であり
生まれた子供の運命をも 予言したりしていました。

グリム童話の「いばら姫」に出てくる 女占い師は運命の女神の系譜に属し
キリスト教以前の多神教時代の 異教にルーツが在ります。

農村や山間部の人々は 中世でもアニミズムに基ずく 
呪術や迷信のたぐいを信じていました。

「賢者」や「賢い女性」は村人達の尊敬を受けており
病気や出産の際のみならず
人生の相談相手でもありました。

中世以降 教会の絶対的な権威確立には、賢い女の存在は
実に目障りな存在でした。

もう一つの魔女のルーツは
社会のアウトサイダーに属する女性達でした
彼女等は隣人に疎んじられて 孤独に暮らし 場合によっては
人里離た 森や僻地に追いやられていました。

年老いた魔女が一人で 森の中に住むと言う伝説は
グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」を 思い起こさせますね。

そこで 怖い人食い魔女にされていますが、実体は
目も良く見えない よぼよぼの「老婆」なのです。
さらに 鉤鼻(カギハナ)の顔のイメージは、ユダヤ人を想起させます。

このように 初期の魔女は こんな「老婆」変人、ガミガミ怒る女
他国から来た女 等の 嫌われる者の女性達でした。

キリスト教社会の権威付けには 邪魔な存在を魔女として殺戮していたのです。

交差点で公開の審問を行い 十字路の交差点で処刑も行われていました。

中には審問官と結びつき 
財産目当てや寡婦に言い寄るためにも利用され

貴族の男性が死ぬと その未亡人と財産を狙って
異端審問や魔女裁判が行われた事も 数多く在りました。

旧約聖書の捏造や 福音書の盗作、寄せ集め等
少しづつですが、
拙ブログで ネット徘徊惚け老人のモンクが書いて来た事は、事実です。

そんな キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒が世界中に迷惑を広めています。

捏造、偽造はお手の物です。

アメリカの神学教授が言った
キリスト教信者は 基礎的な宗教の素養に欠けている
つまり 勉強不足で妄信しているだけ、と

イエスを神だなんて 頭が少しおかしいのでは?とモンクは考えます。
「華麗な伽藍や 苦行から 悟を得る事は出来ない」
良寛さんの言葉が身に浸みます。

一神教の限界は 直ぐ其処まで来ています。



 



[PR]
by monk-1 | 2017-05-22 12:53 | Comments(0)

「witch hunt]魔女狩り

愈々と言いますか、あっという間に夏の暑さがやってきました。

早朝少し離れた小高い場所に立つお家の窓が 朱色に輝いていて、
上る朝日が反射していたのですが、今日の暑さを予感させる輝きでした。

夏が直ぐ其処まできています。

昨日のニュースなんですが、
アメリカのトランプ大統領が
司法長官がFBI長官の罷免を受け、議会、民主党や マスコミの反響の大きさを勘案し
特別検察官を任命しました。
Robert Mueller appointed special counsel

2756Comments/
Share/
Tweet /
Stumble /
Email

Last Updated May 17, 2017 10:35 PM EDT

May 17, 2017, 7:47 PM|Former FBI Director Robert Mueller was appointed Wednesday
as special counsel to oversee the investigation into Russian meddling
into the 2016 election.
In response, Mr. Trump released a statement Wednesday saying
"a thorough investigation will confirm what we already know --
there was no collusion between my campaign and any foreign entity.
" CBS News' Margaret Brennan joined CBSN with the latest details.

http://www.cbsnews.com/news/doj-appoints-special-counsel-in-wake-of-comey-developments/

次々と 不適格な資質を暴かれていますが、
それらを 日本では「身から出た錆び」と言います。
その言動が 余りにもお粗末ですから、
以前 拙ブログでも ビルダーバーグ会議の稿で
4,5月頃に 弾劾決議を受けて 大統領罷免があるかも?と書きましたが、
俄かに 真実味を帯びてきました。

マスコミの民主党贔屓が目に余り 脊髄反射のように呟く姿勢は
大統領としては 余りにもお粗末なんですが、
回りに注意する人はいないのでしょうね?。

c0192063_12293070.jpg
トランプ大統領は 訴追する権限を持つ元FBI長官がその任に付くと、

又々 「witch hunt]魔女狩りだ~と ツイッターで、
可笑しいですね。

魔女狩りで数年前に書いた 接ブログを思い出しました。

中世のヨーロッパで行われていた 異端審問や魔女狩りのお話しは
キリスト教文化を考える上で 非常に興味深い出来事です。

知識や認識を最終的な目的としていたグノーシス派の教えは
キリスト教徒にとって 大変迷惑な考え方でした。

位階制を敷き 聖職者の権威とローマ皇帝の権力が結びつき
互いに利用しあう事で 発展したのですが、
東西に分かれた(テトラルキア 東西ローマ帝国に分けて統治する)
ローマ帝国は、
広がり過ぎた領土や伸びきった国境線も 遠隔地ではハッキリせず、
絶えず周辺の先住民族から 越境され、攻撃されて、
ローマ人から見ると 周辺の蛮族の侵略を受けていました。

其の都度、辺境の地にローマ軍を派遣する事は ローマ帝国にとり大きな負担でした。
そこで 東西に分けて統治するテトラルキアを取り入れたのです。

東ローマ帝国の皇帝になった コンスタン・テイヌスは生母のヘレンの影響なんでしょうか?
父親のコンスタンテイウスは 下士官でヘレンと結婚していましたが、
後に上司の将軍の娘と政略結婚をし、ヘレンは離婚されます。

居酒屋の娘 ヘレンは母親の影響下でキリスト教徒でした。
この時代のキリスト教徒は イエス派か?異端とされたグノーシス派かは
解かりませんが
位階制が引かれて以来 直ぐに全てがイエス・キリスト教と成った訳ではありません。

占領地の統治に多数のキリスト教徒が居住していることを利用して、
コンスタンテイヌス帝は統治し易くする為に キリスト教を取り入れたと見られ、
本人は死期を迎えた最後の時に 洗礼を受けたといわれていますが?
正確かどうかも 解かりません。

西ローマ帝国はケルト人、ガリア人、ゲルマン人の侵略で滅亡しますが、

東ローマ帝国は その後 首都をコンスタンチノーブル(後のイスタンブール)に置き
イスラムの英雄的なオスマン族のスルタンの
メフメト2世に滅ぼされるまで続ます。
そして東ローマ帝国の皇帝も城内で殺害されてしまいます。

東ローマ帝国の主力と成ったのはゲルマン人だけでは無く、バルカン半島の
様々な種族がローマの市民権を欲しくて、傭兵として軍務に就いていました。

度重なる十字軍の派遣を ローマ法王の呼びかけで行いますが、
二度と首都 コンスタンチノーブルを取り戻す事は出来ませんでした。

十字軍の主力も、中には子供十字軍まで組織しましたが、
殆どの子供達は途中で バラバラになり、
数多くの子供が行方不明になり(多くは誘拐されたり) 
地中海沿岸までたどり着いた子供達の数は
数名という 散惨な有様だったようです。

正確には未だ勉強中なのですが、
ノースマンと呼ばれる バイキングがライン川を舟で登り
地元の原住民と 時には戦い、時には融和的になり 
住み着いた人たちが 大勢いた事は解かっています。

シュヴァルツヴァルト(黒い森)と呼ばれる深淵な山地に住む
ローマ帝国(侵略者)に反感を持つ原住民は 絶えず国境を侵して侵略し、
暴行、掠奪を繰り返していました。

やがてキリスト教の庇護者として ドイツ人(東ローマ帝国)は
後の キリスト教大国として その遺伝子を受け継いでいきます、
プロイセン、ワイマール、第3帝国も それらの影響と考えられます。

度重なる 国境周辺への ゴート人やスラブ人の襲撃で滅びて行きますが
直接的には首都のコンスタンチノーブルの陥落と皇帝を殺された事が
大きな要因に成りました。

東ローマ帝国滅亡後 地中海世界に再び帝国を作ろうと
君候達が公国を 数多く作りますが、ローマを支配出来ないローマ帝国は
やはり 無理のようでした。

逆に ローマ帝国が滅亡した後も、キリスト教は勢力を広げ続けました。
その要因として 
過酷な中世の 異端審問と魔女狩りが行われた事です。

イエスの言葉として残されている、金持ちに向かって。
「地上で預金するよりも、私に預けて天国に預金するよう」と・・・

多くのお金持ちはそんな話には 見向きもしませんでした。

イエスは 
金持ちを天国に連れて行くことは、
ラクダを針の目の中を通すより難しいと言わせています。

何か現代にも そんな オレオレ詐欺みたいのが在りますね。

多くの異端審問や魔女裁判は 街の十字路、交差点で行われました。
古く十字架は エジプト文明の中で用いられて来ました。

ローマに伝わると刑具として 
身分の高い人間を衆人の中で刑を執り行う時に使われていました。

つまり オレオレ詐欺もどきのイエスが 
徴税官の机をひっくり返した位では使用しないのです。


ドイツの 薔薇十字軍の紋章に見られるように、
(薔薇十字団(ばらじゅうじだん、独: Rosenkreuzer ローゼンクロイツァー)とは、
 中世から存在すると言われる秘密結社。
 公式にはフリーメーソンの第18階級とされている。
 17世紀初頭のヨーロッパで初めて広く知られるようになった。)
c0192063_15072903.jpg
c0192063_15071656.jpg
十字路は道が交差する場所で 様々な外部からの旅人や 商人により
情報が集まり、霊や精霊が宿る所とされて来ました。

薔薇の花は古代 女性の性器のシンボルとして使われて来ました、
エジプトの秘儀宗教の所でも書きましたが、
死んだ人間を イシスと交わる事で神になり 生き返ると。

古代王は神と同義語で 復活再生の儀式(イシス信仰)は 中王朝で
砂漠の君候達と後世呼ばれる ヒクソス人(ユダヤ人)に滅ばされます。

農業生産や 出産は古代神聖で不思議なな出来事でした。

現代でも在るかどうか?は 解かりませんが
アフリカの在る部族では 豊かな実りを願って、
大地と男性が性交する儀式が在るそうです。

神聖な霊が集まる交差点で審問官がやって来て 
異端審問や魔女裁判が行われていました。

預言者ヨハネの時代から 千数百年を得て 
ドイツに伝えられたグノーシスは その内容や儀式の意味も大きく変質したようです。

預言者や秘儀を取り仕切る 大祭司に成る為の修行も
最終段階では 薬草や修行で臨死体験迄行き 光に包まれるイルミネーション体験が
ドイツでは フリーメーソンの最上位に位置する 
フリーメーソンの階級制度に組み込まれてしまい、
イルミナテイと呼ばれる怪しげな秘密組織の性格を持つようになったようです。

ナチスの親衛隊の隊長 ヒムラーが 
仏南西部のラングドック地方を調査した事は有名ですが、
テンプル騎士団と供に虐殺された カタリ派住人
つまり グノーシス主義 ボゴミール派のユダヤ人が大勢虐殺された所でも有ります。

魔女には 基本的には2つの区別されるタイプが在りますが、
詳しくは 後日又書きます。

トランプ大統領の「魔女狩り」発言は 意味深です。






[PR]
by monk-1 | 2017-05-20 15:28 | Comments(0)

 イノシシより 猫が可愛い

久しぶりに グッスリ眠る事が出来ました。
昨夜 少し本を読みながら飲んだ ウイスキーが効いたようです。

睡眠が十分に取れると 頭も体も 何か軽くなったようです。

早朝 鉢植えに水をあげて、暫し成長を確認していました。
鉢の中に根が溢れてしまい、昨年の秋に3つの鉢に分けたクリスマス・カクタスは、

知らない間に 摘んだ葉が根付いた物も入れると 4つになりました。

摘んで根付いた物は 未だ小さくて、可愛い観葉植物として、
台所の出窓に置いてありますが、勢い良く 小さな葉が次々と伸びています。

大きな鉢植えに成るのには?数年掛かると思いますが、楽しみです。

大風呂敷を広げた 中国共産党政府が推し進める「一帯一路」計画ですが、

フランスの通信社が流したニュースでは、
中国・北京で15日に閉幕した現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」
国際協力サミットフォーラムで、
英国、フランスやドイツ、ギリシャなど欧州連合(EU)加盟国の一部が
貿易推進に関する文書への署名を拒否していたことが分かった。
仏メディアが報じた。
公共調達の透明性や環境基準などをめぐる欧州側の懸念が考慮されていなかったためという。


中国外務省の華春瑩報道官は16日の記者会見で
「(報道された文書は)分科会で発表された貿易協力推進に関する提案だと思われるが、
各方面が自発的に参加した提案であり多くの国から支持を得ている」と述べ、
報道を事実上認めた。

そんな物でしょうね、

サンケイ電子版の 矢板明夫の中国点描 や 三橋貴明さんの記事を詠むと
詳しく解説されていますが、

今回の「一帯一路」サミットは秋に迎える共産党大会に向けた
習近平の中国国内向けのパフオーマンスのようです。

アメリカに亡命した 亡命中の元実業家、郭文貴氏が
中国国内で軟禁されている家族や親族、そして没収された財産、それらを恨み、
同じ太子党の習政権に復讐するのでは?と見られています。

中共の幹部連中の贈収賄や 国の金を高級幹部がどの様に 懐に入れているか、
財産を何所の国の どの銀行に隠し持っているか等々・・・・。
そして 個人リストも持っていると言われています。

まさに 爆弾を抱えているのです。

アメリカの情報機関はそれらの情報を把握している模様ですし。

中国国内に進出している海外企業は 
中国国内で売り上げた 元を自由に外貨に換金出来ませんし、
海外に送金も出来なくなりました。
元安を容認すると 中国経済の命綱の輸出に影響が出るからです。

為替相場を必死に買い支え、元安を維持する中国共産党の方針なのです。

中国に進出した企業は 売り上げの送金が出来ませんので
本社の人件費の支払いにも 差し障りが出始めています。

為替相場で下落する 元を買い支える為に 中国の外貨保有高が減り続けて
買い支える外貨に換金する事を 制限しているのです。
海外への外貨の持ち出しにも制限を付けていますので、
昨年IMFが 中国元を通貨バスケットに入れた意味が無いのです。

換金できない自国通貨 元を 
無理やりIMFの通貨バスケットに入れたことは
ラガルド専務理事の汚点として残りますね。

もっとも ラガルド専務より、
中国市場の取り込む事や、中国市場の金融政策に関与する事で 
実情を無視して 通貨バスケット入りを強引に認めさせた
金融マフイア(国際金融資本)の責任ですが。
(現在は 予定が狂っているようですが?)

前回 中国の「一帯一路」サミットに日本側から出席した、二階氏の発言を書きましたが
案の定 こんなお話が出ています。

日中両政府が中国の外交トップである
楊潔篪国務委員の来日に向けた調整を進めていることが16日明らかになった。
6月を軸に日程を検討しており、
楊氏は日本で安倍首相と面会する予定。
共同通信が報じた。


日中双方は、楊氏の来日を踏まえ、
7月に日中首脳会談を開く方向で準備を加速させるとみられる。

安倍首相は15日夜放送のBSジャパン番組で、
ドイツでのG20首脳会合に合わせて開催したいと述べた。

楊氏の来日は一昨年10月が最後。

共同通信によると、
国交正常化45周年を迎え、
関係改善へどこまで足並みをそろえられるかが焦点になるとのことだ。

関係筋によると、両政府は今月中旬までに、日本が楊氏を迎え、
今後の首脳対話について事前折衝する方針を確認。

先の報道では、
中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」をテーマにした
初の国際会議が14日、北京で開幕した。
http://www.sankei.com/

どうせ こんな事だろうと 解かっていました。
何んとしでも 日本の資金が必要なのです。
が、麻生財務大臣はつれないですね、
財務省の媚中派の役人が 又 在ること無い事を吹き込むのでしょうが、
騙されてはいけません。

二階議員と言う人は あの 小沢一郎と一緒に 
かって自由民主党を飛び出した人で、
選挙地盤には何故か?
パンダが9頭も居るという 典型的な媚中派の議員で、
日本の利益より 中国の利益の為に動く人なのです。

民間企業はカントリー・リスクを計算に入れて中国進出を行っている訳ですから
自己顕示欲で 外交問題には係わって欲しくないのです。

因みに 鳴り物入りのAIIBにも、
参加国は増えたとマスゴミも書き立てていますが、
かんじんの 資金は 未だ総量の7%しか集まっていないのです。

国際経済が不透明な中で、
自国の 虎の子の資金をつぎ込む積極的な理由は無く。
様子見ですね。

習近平氏は 内憂外患状態のようです、
秋の党大会で再選を狙っていますが、
どうなりますか?
一党独裁体制ですので、中国国内の情報は限られていますが、
「暗闘」は すざまじい状況のようです。

BBCの報道では
オーストリアのイギリス大使が 郊外の視察に向かいましたが、そこで

c0192063_10273369.jpg
野生のイノシシが英国大使に猪突猛進し、 
その結末は…

ウィーンに出張したリー・ターナー駐オーストリア英国大使は 
ウィーン南西部にあるライン動物保護区に散策に出かけたところ、
保護区で野生のイノシシに追いかけられる事件が発生した。


幸いなことにイノシシはターナー大使にはたいした危害を与えず、
大使はころんで2箇所を打撲したほか、
イノシシと遭遇した場合の対処法について世界から貴重な進言を得たにとどまった。

ターナー大使は英国外務省の公式サイトにこの珍事の詳細を記した。
英国外務省公式HP
https://blogs.fco.gov.uk/
大使はナチスのマウトハウゼン強制収容所を視察したあと、保護区を訪れていた。
A unique insight into UK foreign policy

An encounter with a Viennese wild boar

https://blogs.fco.gov.uk/leighturner/2017/05/15/an-encounter-with-a-viennese-wild-boar-wildschwein/

Climbing through the woods after a cloudburst,
I follow the path around a corner to find myself confronting a group of wild boar
– four or five hulking adults and countless piglets – known,
charmingly, as Frischlinge in German.

I am closer to them than either they, or I, would wish.
I turn and walk slowly away, avoiding sudden movements.
Moments later I hear a noise behind me like galloping horse,
and turn to see a massive wild boar, head down, charging straight at me.

Clearly, it can run faster than I can. What to do?


c0192063_10355878.jpg


散策でイノシシの群れに遭遇したが、
そのうちの1頭が大使の背中に向かって猛進したため、
大使は木によじ登って、難を逃れたようとしたがその際につまずいてころんでしまった。
あわやという時にイノシシは気を変え、群れにもどっていった。

c0192063_10281172.jpg
未だ こちらを睨んでいますよ~~。

大使は自身は無事で、あざや擦り傷をおったのは自分のせいだと書いている。
c0192063_10275286.jpg


猪の被害は 日本国内だけでは無いのですね。
英国外務省公式HPには 駐日大使の投稿した 桜の写真も載っています。

by Paul Madden

British Ambassador to Japan

Cherry blossom diplomacy


Everyone knows that Japan is famous for its cherry blossoms or “Sakura”.
The subtle delicacy of the individual blooms,
which collectively add up to a soft mass of pink that daubs the country
at this time of year,
are very special.
But non-Japanese may not be quite as familiar with the very important role that […]

c0192063_10332727.jpg
             
c0192063_10333727.jpg

駐日イギリス大使館の前庭の 桜の写真のようです。

 宮崎メルマガより、

最初に北朝鮮とみられていたワナクライ事件
(世界150ヶ国、20万台のパソコンが被害)の主犯は
「ラザラス」と呼ばれる北朝鮮のハッカー集団だと
ロシアの「カスペルスキー研究所」のアレキサンダー・プステフ主任研究員が断定した
(プラウダ、5月17日)。

 
プーチン大統領は「ウィルスソフトはマイクロソフトのセキュリティの不備が原因であり、
ロシアも被害を受けた。
究極的責任は米国にある」と主張し、
またロシアに亡命中のスノーデンは「これは米国NSAのソフトを悪用している」とした。

 
ということはNSAの外国原子力設備監視システム(核兵器貯蔵所、原発)などのソフトが
北朝鮮によって盗まれた可能性がある。

NSAが主として監視しているのは中国、露西亜、イラン、北朝鮮である。
ほかに核保有国はパキスタン、インド、イスラエルだ。
 
まもなくイスラエル訪問を予定しているトランプ大統領の歓迎のため、
イスラエルのメディアはトランプ批判をひかえてきた。

しかしロシアへの情報提供が明らかになると、
イスラエルの有力紙『ハーレツ』(5月17日)は、
「トランプがロシア外相に機密を漏らした内容がISに関するものであり、
 おそらくイスラエルが提供した機密情報だった。
これによってISに潜り込んでいるイスラエルのスパイの生命が危機に瀕する」と
初めての反応を見せている。

 
窮地のトランプにプーチン大統領から応援歌
  「ラブロフ外相との会話報告を読んだが、機密はなにもなかった」

5月17日、ソチで記者会見に臨んだプーチン大統領は、記者団の質問に答えるかたちで、
さきのトランプ大統領とラブロフ外相との会談内容の翻訳報告書に触れ、
「機密に値するような内容はなかった」とした。
もし機密情報を 私やロシアの情報機関に報告していないなら、
私はラブロフ外務大臣を譴責処分にしなければいけない、と
記者と並んで 座っているラブロフ外務大臣の前で発言し、
外務大臣も笑いながら 欧米の記者と一緒に 発言を聞いていた。

 
「アメリカの政局は精神分裂症に冒されている」とも発言したと
クレムリンに近いRTレポートが報じた(ワシントンタイムズ、5月17日)。

「もし米国連邦議会が、会談内容を知りたいのであれば、
 ロシアはそれを提供する容易がある」とプーチンはさらに踏み込んで発言しており、
窮地に陥ったかにみえるトランプ政権への助け船。

明らかに米国に貸しを作って、ロシアは外交上の得点を稼ごうとする作戦だが、
これではまるで応援団。

「トランプ大統領が会話した内容に機密があったとしても、大統領は情報源を知らない」
(マクマスター大統領安全保障担当補佐官)。

したがって大統領が機密情報を漏洩したということにはならない、
というのがホワイトハウスの立場である。
むしろ、過剰な報道を続ける米国のリベラル・メディアの体質
(まったく日本の左翼新聞と野党のつまらない駆け引きや、
 些末な事件を針小棒大に騒ぐのは同じ穴の狢だが)が
深刻な問題であることには間違いがないだろう。  引用終わり。

スプートニク日本の記事にも
https://jp.sputniknews.com/

プーチン大統領は、「もし米国政府が可能だと見れば、ロシアには米国上院に、
トランプ大統領とラブロフ外相の会談の記録を提供する用意がある」と述べた。
プーチン大統領はまた、
偏見を排して建設的な協力を進めるよう西側諸国に呼びかけた。


現在の状況にコメントして、
プーチン大統領は、米国では「政治的統合失調症が進行している」とした上で、
「ロシアは米国の国内問題に介入しておらず、そのつもりもな」く、
「ロシアはロシア政府との協力を望む全ての人を、あらゆる形式で喜んで受け入れる」
と強調した。

さらにプーチン大統領は、「現在のロシア・EU関係は正常とはいえない」と指摘し、
欧州のパートナーに向けて、関係正常化を呼びかけた。

アメリカの事だけ言えませんが 日本もアメリカも左翼思想に洗脳されているメデイアの
報道は理解不能ですね、

こうして 全体の流れを自分達の思う通りに引っ張って行こうとするのですね。
世論操作の見本となる報道が 世界中で現在進行形です。


暗いニュースが溢れていますが こんなニュースもありました。
オーストラリアの猫ちゃんが インスタグラムのアカウントを作り
直ぐに 世界中で評判を呼んでいます。
Omar was the same size as all the other kittens in his litter

when he was taken home by his owner Stephy Hirst in 2013.

But now the 120cm (3ft 11in) Maine Coon from Melbourne,

Australia, could be the world's longest domestic cat.

After the supersized feline found internet fame to match, Ms

Hirst said Guinness World Records contacted her to send in

his measurements.

The current record-holder is a 118cm (3ft 10.5in) Maine Coon

from Wakefield, West Yorkshire.

https://www.instagram.com/p/BT2urH-jN4w/?taken-

by=cats_of_instagram&hl=en
生後 3ヶ月の猫 オマールです。

c0192063_11005725.jpg
彼が 3歳になると こんな大きく成りました。
体重は14キロ 体長は120cmも在るそうです。
c0192063_11010937.jpg
この猫の種類はメイ・クーンだそうです、
こんなに大きくなるの??? 驚きですね。

猪より 猫が好きですね。










[PR]
by monk-1 | 2017-05-18 11:05 | Comments(0)