日ざしが在りませんね。

「曇り後 雨」今日の天気予報なんですが、
午前中は40%の確立で 雨と・・・・。
未だ 降っていませんが 冷たい風が吹いています。

明日から12月、初冬ですね。

北の刈上げ将軍様は 又ミサイルを実験しましたが、
何を考えているのでしょうね?
益々 苦しくなる事は解りきっている事なんですが、
一般国民の苦悩は理解できない アホ将軍なんですね。

余計な血を流さなくても済む 良い方法があると良いのですが。
日本のメデイアは伝えていませんが、ミサイル発射を受けて
アメリカ政府 商務省は中国から米国に輸入されるアルミコイルに
多額の関税を架けると発表しています。
北朝鮮への中国の圧力は 生ぬるいと 叱咤激励ですね。

更なる 輸入品への関税上げが予想されます。


オーストラリアの労働党の上院議員が 中国人の企業経営者から
多額の金銭疑惑で 大騒ぎです。
挙句 オーストラリアの情報を中国共産党に流していたのでは?と
現在はっきりした事は 携帯電話の盗聴を防ぐ
スクランブルの機密が中国に流れた事です。

その発言も労働党の政策とは反対に 
「南シナ海の埋め立て問題は 中国の内政問題であると。」

国家機密がどの程度中国共産党に流れたのか 調査中です。
中国人留学生の増加、土地の購入、オーストラリア企業の買収と、
度重なる 中国企業による政権への影響力が強まっている事を
如実に示す 出来事でした。
c0192063_10164078.jpg

Why has it taken so long? Bill Shorten orders Sam Dastyari

to QUIT after explosive tapes revealed ‘he was caught

tipping off wealthy Chinese donor with communist links about

phone tap’


Labor leader Bill Shorten has told Sam Dastyari (left) to

quit senior positions in parliament's upper house as the

embattled senator faces questions about his dealings with

China. 'I told Senator Dastyari that his mischaracterisation

of how he came to make comments contradicting Labor policy

made his position untenable,' Mr Shorten said in a statement

on Thursday (inset). 'I also told him that while I accept

his word that he never had, nor disclosed, any classified

information, his handling of these matters showed a lack of

judgment.' Senator Dastyari is accused of warning Chinese

political donor Huang Xiangmo (right) his phone might be

tapped by intelligence agencies during a meeting in Sydney

in 2016.

http://www.dailymail.co.uk/auhome/index.html

中国への反感が一層強まり 警戒感が高まるようです。

オランダのハーグにある 国際司法裁判所で
旧 ユーゴスラビアでの 戦争犯罪を12件裁いていますが、
今回は セルビア軍の高級将校が 
イスラム教徒や一般人への殺害行為で捌かれ 
懲役20年を言い渡されました。

スロボタン・ブラヤック?被告は犯罪組織をも 率いて居たと?。

ところが 判決を言い渡されると、
「私は無実だ、判決を受け入れる訳には行かない」と、
被告席で立ち上がり、
裁判官やマスコミの前で 毒薬を飲み 
病院に運ばれましたが死亡しました。

Suspect claims he drank poison at a UN appeals hearing

A former Bosnian Croat military chief who appeared to ingest

poison during a United Nations war crimes tribunal on

Wednesday has reportedly died.

Croatian state TV said Slobodan Praljak, 72, a former

commander in Bosnia’s 1992-95 war, appeared to drink from a

small bottle moments after judges at the international

criminal tribunal in The Hague reconfirmed a 20-year

sentence.
http://www.foxnews.com/world/2017/11/29/war-criminal-praljak-claims-to-ingest-poison-dies.html

c0192063_10273470.jpg
c0192063_10274666.jpg
c0192063_10281177.jpg
c0192063_10275846.jpg

           War criminal Praljak claims to ingest poison, dies  

拘留中の被告が どの様に毒物を手に入れたのか?
裁判所では入廷前に 身体検査をしないのか?等々 
不思議なことばかりです。

ヤフーオークションに皇室の宝物を出品したと、
ネットで大騒ぎの御仁も、
皇太子様の伴侶の 姉妹と その父親も
確か?ハーグの国際司法裁判所に勤務していたのでは?

いい加減な国連の機関ですね。

バチカンのフランシス法皇がミヤンマーを訪問しました。
カルト宗教の親玉が 
ミヤンマーの人口の7%のキリスト教徒の為と 言っていますが、
実体は 国際的なスーチー女史批判を 
更に強化して批判し続ける口実でしょう。

Pope in Myanmar: All or nothing for the Rohingya

In the case of the Rohingya, members of Myanmar's Muslim

minority, it is all or it is nothing. That's why there was

such anticipation surrounding the visit of Pope Francis this

week.

http://www.bbc.com/news/world-asia-pacific-42156302

c0192063_10431508.jpg
c0192063_10434767.jpg
c0192063_10433789.jpg
c0192063_10432746.jpg

再度 書きますが 英国がインドに次いで ビルマを植民地にしたとき
国境線を書き換えて、イスラム教徒のベンガル人を移動させ
植民地経営の常套手段 騒乱の現地化を狙ったことが 遠因です。

仏教徒のビルマ人 スーチー女史の父親 アウンサン・スーチー将軍を
日本軍が応援して 独立戦争を戦った時に
仏教徒のビルマ人も一緒に戦ったのですが

英国軍はイスラム教徒のベンガル人に 独立を認めるような甘言で
仏教徒とイスラム教徒を戦わせたのです。

以下に 長くなりますが 田中宇さんのメルマガを引用します

一部 モンクの考えと違う部分も有りますが、
大筋では間違っていません。

引用始め
田中宇の国際ニュース解説 無料版 2017年11月28日 http://tanakanews.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★ミャンマー「ロヒンギャ」問題の深層
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 インド洋に面したミャンマーの西部、ラカイン州の北部に住む
数十万人のイスラム教徒(ムスリム)の勢力、
欧米日などのマスコミで「ロヒンギャ」という名称で報じられている人々は、
ミャンマーにとって、まさに「まつろわぬ民」である。
彼らが住むラカイン北部は、
バングラディシュと長い国境を接しており、
彼らは戦後ずっと、断続的に武装蜂起しながら、
仏教徒の国であるミャンマーから分離し、
ムスリムの国であるバングラディシュの一部になろうとし続け、
失敗している。

 
かつてこの地域は英国の植民地だったが、第二次大戦中に日本がやってきた。
仏教徒の組織が日本を支持したのに対し、
英国はラカイン(当時はアラカン)のムスリムたちに、
日本を追い出したらムスリムの国として独立させてやると約束し、
仏教徒とムスリムの戦いとなった。

戦後独立したビルマ(今のミャンマー)
は国民の9割が仏教徒だった。
ムスリムは、ビルマでなくバングラディシュの一部になろうとして
(当時は東パキスタン)
パキスタン政府に掛け合ったが、
内政干渉はしないと言って断られたため、独自に武装蜂起した。

http://en.wikipedia.org/wiki/Rohingya_insurgency_in_Western_Myanmar
Rohingya insurgency in Western Myanmar From Wikipedia

 
ビルマ政府は、
自国から分離してバングラ編入したがるラカインのムスリムを敵とみなし
国籍を与えないできた。
北ラカインのムスリムは、
バングラディシュのベンガル語とは異なるロヒンギャ語を話し、
昔からラカイン州に住んでおり、
外国ではロヒンギャ人と呼ばれている。

だが、ミャンマーの政府と世論は、
バングラ編入を目指して戦いを挑み続けてきた彼らを、
ミャンマー国内の少数民族とみなさずベンガル人の一部だと言い、
「ロヒンギャ」という名称を使うことを嫌っている。
(ミャンマー側の意向に気を使うのはここまでにして、
 以後はロヒンギャをカギカッコなしで使う)

 
独立から最近までのミャンマーはずっと、
中央政府と各地の少数民族との内戦の歴史であり、
北ラカインのムスリムと政府軍の戦いは、
それらの内戦の一つだった。だからミャンマー人は、
これを一方的な虐殺でなく内戦、反乱軍との戦いだと言う。

80年代には
アフガニスタンで米CIAに訓練されソ連軍と戦ったイスラム聖戦組織
(アルカイダ)が、北ラカインのムスリムの分離独立を支援するなど、
内戦が断続的に続いてきた。
パキスタン、サウジアラビア、信仰が過激化したインドネシアなど、
イスラム世界の各地から支援された北ラカインのムスリムが、
仏教徒のミャンマー政府に対し、
イスラム世界の拡大のための戦い(聖戦)を挑み、
ミャンマー政府軍から反撃・弾圧されてきたのがロヒンギャの歴史だ。

http://edition.cnn.com/2017/11/25/asia/myanmar-buddhist-nationalism-mabatha/
'It's not genocide,' say Myanmar's hardline monks

 ミャンマーは2015年の総選挙後、
アウンサン・スーチーの政党NLD(国民民主連盟)と
軍事政権が連立を組み始め、民主化が実現され始めた。
それを待っていたかのように、
16年10月と今年の8月、
北ラカインのムスリムが、地元にいる政府の軍や警察に対して蜂起し、
その後政府軍がムスリムを大弾圧し、
60万人が難民化してバングラディシュに逃げ込む事態に発展した。
昨年と今年のムスリムの蜂起を主導したのは
ARSA(アラカン・ロヒンギャ救世軍)という新たな組織で、
彼らは従来の組織よりも相当巧妙だ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Arakan_Rohingya_Salvation_Army
Arakan Rohingya Salvation Army From Wikipedia

 ARSAは、北ラカインのムスリムの村々と協力関係を作り、
村人たちと一緒に、数百人規模で、
自家製の粗末な武器を持って夜中に地元の警察や政府軍の拠点を襲撃、
今年8月の場合、
北ラカインの30か所で同時多発で襲撃を挙行した。

驚いた政府軍は、これをムスリムの一斉蜂起とみなし、
大規模な反攻を行った。
村人らは、粗末な武器しか持っていないものの大人数で襲撃し、
軍や警察の側が発砲したり、大げさな激しい反応をするように仕向けた。
事件後、ARSAは
インターネットのソシャルメディアを活用し、
ミャンマー政府軍がムスリムを大弾圧、焼き討ち、虐殺、
難民化させたことをイスラム世界に広く伝え、
世界的なミャンマー非難運動を確立することに成功した。

http://www.irrawaddy.com/opinion/editorial/do-not-lose-sight-of-arsa.html
Do Not Lose Sight of ARSA

 バングラディシュの難民キャンプでは、
ミャンマー軍がいかに残虐で極悪かを難民たちが語り、
それがそのままアルジャジーラ、イラン国営メディアから
米欧の権威あるマスコミや国際人権団体までの喧伝機関によって流布された。
ARSAは、ミャンマー軍部を激怒させ、
世界が人権侵害と非難する過大な弾圧をやるように仕向ける方法を知っていた。
これまで熾烈な弾圧ばかりやってきたミャンマー軍部は、
簡単に引っかかった。
大弾圧後、軍部は、外国人を現場に入れないおなじみの政策をとり、
難民の証言が誇張されていたとしても、
それが事実として世界に定着してしまう自業自得に陥った。

http://www.aljazeera.com/news/2017/09/myanmar-arakan-rohingya-salvation-army-170912060700394.html
ARSA: Who are the Arakan Rohingya Salvation Army?

 くわえてARSAは、アラブの春や、ウクライナ政権転覆など
米諜報界が黒幕だったカラー革命の際に行われた、
ソシャルメディアを使った国際政治運動の扇動技能を身につけていた。
米国ではマケイン上院議員ら軍産複合体の代理人たちが、
ミャンマーを経済制裁する法案を米議会に提出している。
軍産の意向に沿って、
中東の独裁諸国の「極悪」さを誇張喧伝してきた欧米の国際人権団体も、
ミャンマーをさかんに非難している。
どれもこれも、間抜けなミャンマー軍部の自業自得であるとも言える。

http://www.reuters.com/article/us-myanmar-rohingya/myanmar-says-u-s-official-barred-from-rohingya-conflict-zone-idUSKCN1BQ0KU
Myanmar says U.S. official barred from Rohingya conflict zone

▼軍産のカラー革命と似た手口

 しかし同時に感じられることは、このロヒンギャ問題が、
軍産とその傘下の勢力がこれまで中東やウクライナなどで展開してきた、
覇権戦略(世界支配)としての人権外交(経済制裁)、政権転覆、
カラー革命などと手口が良く似ていることだ。
ジョージ・ソロスの影もちらついている。
その意味で、ミャンマー軍部は、自業自得であると同時に、
(国際政治技能を磨いてこなかったことによる)
軍産系勢力の国際謀略に引っ掛かった被害者(カモ)であると言える。
ARSAがミャンマー軍部を挑発しなければ、
60万人のロヒンギャ難民は発生しなかった。
事件以前の10年以上、北ラカインは何とか安定していた。
それをぶち壊すきっかけを作ったのは、軍部でなくARSAだ。

http://sputniknews.com/analysis/201709051057098493-myanmar-rohingya-energy-china-soros/
Soros and Hydrocarbons: What's Really Behind the Rohingya Crisis in Myanmar

 これまで、軍産の謀略によって政権転覆されるのはイスラム諸国が多かったが、
今回はイスラム世界が、軍産系の国際マスコミや人権団体と一緒になって
ミャンマーを非難している。
異教徒がムスリムを弾圧する構図は、
ムスリムの「義憤」のツボにはまる。
アルカイダ(イスラム聖戦士)もかつて、
ソ連=無神論者がアフガンのムスリムを弾圧しているという図式で、
スンニ社会で支持された。
モンク注 以前書きました様に アフガンの親ロ政権転覆を図り
    アメリカのカーター政権時に安全保障担当補佐官のブレジンスキーが
    タリバンを育て武器と資金を出し、アフガンを混乱に落としいれました。
    その後ロシアが介入しましたが、ブレジンスキーはロシアに
    我々にとってのヴェトナム戦争と同じ思いを経験させると
    アメリカ国民が知らない 資金と武器支援を行いました。
    拙ブログでは 若いビンラデンがブレジンスキーと一緒に
    新しく支援された機関銃を手に 談笑する写真も上げています。
    フランスの週刊誌に載りましたが、
    アメリカ国民には知らされていない事実です。

シーア派のイランは、軍産から核武装の濡れ衣をかけられて
ひどい目にあってきたのに、
今回はイラン政府系メディアが誰よりも声高に
しつこくミャンマーを非難し続けている。
先輩から受けた理不尽ないじめを後輩に対してやる
体育会の部員みたいだ
(そのくせイランは、ミャンマー軍政の背後にいる中国のことは決し
て批判しない。お金もらってるからね)。

http://en.wikipedia.org/wiki/Arakan_Rohingya_Salvation_Army
Arakan Rohingya Salvation Army From Wikipedia

 ARSAの指導者(Ata Ullah)はアルカイダと関係ないと言われるが、
パキスタン生まれ、サウジ育ちで、
サウジでは弁が立つことを評価されてモスクにつとめ、
多くの聖職者と知り合った。
彼は戦闘の訓練も受けている。

こうした環境下でイスラムの国際運動をやるとなれば、
かならずアルカイダやISを生んだ米諜報界、
サウジ王政の諜報筋とつながる。
アルカイダやISはテロ肯定の軍事路線だが、
アルカイダやISが下火になる昨今、
テロを全否定しつつもっと巧妙な政権転覆、
国際政治を揺れ動かす策をやるのが
ARSAのような新手の組織だと感じられる。

http://www.dhakatribune.com/world/south-asia/2017/10/20/ata-ullah-man-heart-myanmar-conflict/
Who is Ata Ullah the man at the heart of the Myanmar conflict?

 ARSAやその背後にいそうなイスラム世界の諜報筋と米国の軍産は、
どんな目的でロヒンギャ問題を引き起こしたのか。
ロシアの分析者は、3つの要因がありそうだと言っている。

1つは、ラカイン州の沖合にある海底ガス田を中国が開発しているが、
それを妨害しようとしている、という点だ。
習近平の「一帯一路」戦略の一環として、
中国企業が、
ラカイン州から雲南省への石油ガスのパイプラインを建設している。
中東から運んできた石油を、
ラカイン州で陸揚げしてパイプラインで中国本土まで運ぶことで、
海上輸送の隘路であるマラッカ海峡を通らずにすむ。
軍産はイスラム世界を挑発してロヒンギャ問題を起こして
ラカインを混乱させ、中国の勢力拡大を阻止したい。

http://www.economictimes.com/news/international/business/china-to-take-70-per-cent-stake-in-strategic-port-in-myanmar-official/articleshow/61120560.cms
China to take 70 per cent stake in strategic port in Myanmar: Official

http://www.thehindu.com/news/international/on-rohingya-issue-china-backs-myanmars-steps-to-protect-stability/article19894781.ece
On Rohingya issue, China differs with West, backs Myanmar’s steps “to protect stability”

 2つ目は、東南アジアのムスリムを悲惨な目にあわせることで、
インドネシアやマレーシアのムスリムの義憤を扇動して過激化させ、
サウジなどの保守的な信仰をやらせたい。
サウジ王政は以前、こういう謀略が好きだった。
だが今の権力者であるムハマンドサルマン皇太子(MbS)は、
過激イスラムを放棄すると何度も宣言し、
過激派の聖職者を何人も辞めさせた。
MbSはトランプに乗せられ、
軍産のテロ戦争の一端を担った サウジの過激イスラムをやめようとしている。
MbSは馬鹿者だが、サウジはもう過激イスラムの扇動をしない。

http://www.zerohedge.com/news/2017-09-10/myanmars-rohingya-crisis-george-soros-oil-lessons-india
Myanmar's Rohingya Crisis: George Soros, Oil, & Lessons For India

http://tanakanews.com/171119saudi.htm
サウジアラビアの自滅

 3つ目は、ASEANの中でインドネシアやマレーシアと、
ミャンマーとの関係を悪化させ、
ASEANを分裂させたい、というもの。
中国寄りになっているASEANに、軍産が意地悪をしたいのか??。
ASEANは、内部分裂を回避するため、
ロヒンギャ問題を話し合わないようにしている。分裂策は効かない。

 
上記の3点を見て有力そうなのは、中国の台頭抑止策として、
米軍産がイスラム世界を引っ掛けて
ロヒンギャ問題を起こしたという見方だ。
だが、実際の展開を見ると、
「国際社会」から非難されているミャンマー政府は、
以前よりさらに中国しか頼る先がなくなり、
ますます中国寄りになっている。ロヒンギャ問題は、
ミャンマーを中国の傘下に押し込んでしまっている。
中国の台頭は、抑止されるどころか、鼓舞されている。

http://www.mizzima.com/news-opinion/geopolitics-rakhine
The geopolitics of Rakhine

▼ミャンマー軍部の人気を引き上げてしまったロヒンギャ問題

 ロヒンギャ問題に対し、ミャンマーの人々には、
彼らなりの言い分がある。
戦後の独立以来、
国内各地の少数民族との内戦続きだったミャンマーでは、
先進国が偉そうに言うような少数派への寛容を求めるのが困難だ。
ロヒンギャ=国内の仲間でなく、
ベンガル人=外国の敵なのだ、というミャンマーの世論は、
今後もしばらくは変わらない。
ベンガル人=ムスリム、ミャンマー人=仏教徒という図式の中で、
世界がロヒンギャ=ムスリムの味方をするほど、
ミャンマー人は仏教ナショナリズムを強く抱くようになる。

http://news.antiwar.com/2017/09/14/myanmars-military-political-leaders-united-against-rohingya-threat/
Myanmar’s Military, Political Leaders United Against Rohingya ‘Threat’

http://www.theguardian.com/world/2017/sep/06/aung-san-suu-kyi-blames-terrorists-for-misinformation-about-myanmar-violence
Aung San Suu Kyi says 'terrorists' are misinforming world about Myanmar violence

 ミャンマーの仏教政党(マバタ)は、
ロヒンギャを弾圧した軍部を称賛し、
義憤を感じているミャンマー人が、軍部と仏教政党への支持を強めている。
ミャンマーの最大政党はスーチーのリベラル政党NLDで、
仏教政党よりはるかに支持率が高いが、
それでもNLDは仏教を敵視していないという言い訳に追われているし、
スーチーは「ロヒンギャはテロリストだ」と発言している。
スーチーのこの発言は「国際社会」を激怒させたが、
すでに書いたように、
ミャンマーの側から見れば、
ロヒンギャのARSAは、やり方が巧妙・狡猾になったアルカイダである。

http://www.atimes.com/article/misunderstanding-myanmars-ma-ba-tha/
Misunderstanding Myanmar’s Ma Ba Tha

http://www.mizzima.com/news-election-2015-election-features/myanmar-public-dismisses-buddhist-nationalism-ballot
Myanmar public dismisses Buddhist nationalism with a ballot

 ミャンマーは88年以来、独裁の軍事政権と、
スーチーNLDの民主化勢力が、ずっと対立していた。
ミャンマー人は軍部を嫌っていた。
だが今、ロヒンギャ問題がおきたおかげで、
ミャンマーの世論が一気に軍部を支持するようになり、
軍部と連立政権を組むNLDも、
仏教ナショナリズムの高揚に躊躇しつつ、
この流れに乗るようになっている。

http://www.mizzima.com/news-election-2015-election-features/rohingya-disenfranchised-nld-takes-nationalists-southern
With Rohingya disenfranchised, NLD takes on nationalists in southern Rakhine

http://www.irrawaddy.com/opinion/commentary/rakhine-unrest-pushes-buddhist-nationalists-closer-army.html
Rakhine Unrest Pushes Buddhist Nationalists Closer to Army

 スーチーは15年の選挙で圧勝したが、
それまで独裁していた軍部に妨害され、大統領でなく外相にしかなれず、
権力のかなりの部分を軍部が握り続けている。
米軍産がロヒンギャ問題を起こさなかったら、
スーチーのNLDが高い人気を維持し、
不人気な軍部からしだいに権力を剥ぎとっていき、
欧米が好む「民主化」が進んだだろう。
だがロヒンギャ問題が起きたことで、軍部への国民の支持が高まり、
NLDへの権力移管は進まず、事実上の軍事政権が続くことになった。

http://www.aljazeera.com/news/2017/10/thousands-rohingya-march-support-army-crisis-171029163411806.html
Despite Rohingya crisis, thousands march in support of military

http://www.theguardian.com/world/2017/oct/28/myanmar-fears-junta-return-rohingya-suu-kyi
Rohingya crisis may be driving Aung San Suu Kyi closer to generals

 そして今、米国の軍産のマケイン議員らが、
ミャンマーを経済制裁せよと息巻いている。
せっかくミャンマーが民主化しかけたのに、
米国はミャンマーを敵視している。
そして、米国が敵視するほど、中国がミャンマーに近づいてくる。
中国にミャンマーを取られたくないインドも、対抗してミャンマーに近づき、
ロヒンギャ問題でミャンマーを批判しないようにしている。
中国やインドが仲良くしてくれる限り、ミャンマーは困らない。
米国の制裁は全く効かない。それはすでに明らかだ。
マケインらは、軍産のふりをした多極主義者、
トランプの敵のふりをしたトランプの味方であると疑われる。

http://www.straitstimes.com/opinion/us-sanctions-not-the-solution-to-rohingya-crisis
US sanctions not the solution to Rohingya crisis

http://www.scmp.com/week-asia/geopolitics/article/2115839/why-do-china-india-back-myanmar-over-rohingya-crisis
Why do China, India back Myanmar over the Rohingya crisis?
引用終わり

元共同通信記者の人なので 独立戦争時の スーチー女史の父親
アウンサン将軍(建国の父として 現在でも慕われている)と日本軍には
触れていませんし、独立戦争時に ベンガル人が英国側と一緒に戦い
多くの仏教徒のビルマ人が殺された事は 現在も深い溝になっています。


ホワイトハウスのファース・トレデイ メラニアさんが
飾りつけが終わった ホワイトハウスを紹介しています。

カルトの親玉が 政治的な動きでミャンマー訪問ですが、

一般人は風物として 楽しんでいます。

c0192063_11390445.jpg
 

c0192063_11403125.jpg
c0192063_11402037.jpg
 写真が上手に 載りません 後程載せます。



[PR]
by monk-1 | 2017-11-30 11:48 | Comments(0)

お酉さんと 火事の事

曇天の空を裂く様に、 甲高い冬鳥の声が聞こえます。

11月も もう直ぐ終わりますね、
いよいよ年末ですか。

最近 彼方此方で火事が有り 高齢者の焼死が多いように思います。

三の酉がある年は 火事が多いと昔から言いますが、
今年は三の酉が有るのですね。

若い方には なんだそりゃ?でしょうが、
昔からの言い伝えです。

お酉さんにも 暫く行ってません、
自営業の頃は毎年行っていたのですが、 
年末の風物詩ですね。

インドネシアのバリ島で 標高が3000メートルを超えるアグン山が噴火し
観光客が閉じ込められています。

国際空港のデンパサールが 航空機に火山灰の被害が予想される為に
空港が閉鎖された為です。

ロシアのTVニュースでも 
ロシア人観光客6000人が閉じ込められていると報道しています。

フエリーで 近くの島迄行き、
近くの飛行場を利用するしかないそうですが
フエリーそのものが 数に限りが有り、
6000人を輸送するには無理があるようです。

降り積もった火山灰が泥流となり 川を流れ始めていて、
再度大きな噴火が予想される為 避難範囲を3キロ広げて
住民に避難勧告をしています。
c0192063_11345103.jpg
c0192063_11343734.jpg
c0192063_11351826.jpg
c0192063_11350316.jpg
火山活動が長引きますと インドネシア経済にも大きく影響が出ますね。

イギリス紙は昨夜の夜半から ハリー王子の婚約報道一色です。
婚約のお相手は アメリカの女優のメーガン・マークルさんです。

ロスアンジェルス生まれの女優さんのようです。

両親は離婚していますが、
父親はアイルランド系アメリカ人で
舞台や映画の音響、照明デイレクターです。

母親は アフリカ系アメリカ人で 
現在はヨガのインストラクターをしているそうです。

ロスの高級住宅街で生まれ育った マークルさんは離婚暦の有る
王子より3歳年上の 姉さん女房になります。

挙式は来春の予定ですが、
イギリスメデイアは、
兄のヘンリー王子の第三子の誕生予定と重なり
ユーロ離脱の不安を吹き飛ばす 慶事と大騒ぎのようです。
c0192063_11450770.jpg

Prince Harry: Stars were aligned when I met Meghan
Prince Harry says he and US actress girlfriend Meghan Markle fell in love
"so incredibly quickly" and it seemed proof that the "stars were aligned".

The fifth in line to the throne was speaking after the couple announced
their engagement and plans to marry in spring 2018.
http://www.bbc.com/news/uk-42144300

欧州議会の議長は イギリスのユーロ離脱に向けて、
アイルランドと、北アイルランドのきちんとした国境の線引きを優先し
国境の画定がないと貿易問題には入らないと主張しています。

イギリスは北アイルランドが連合王国の一員である事から
国境問題の存在は認めていますが、
従来通りの アイルランド人の心情を考えて
厳密な国境の画定には 難色を示しています。

そんな欧州では相変わらず テロの不安が広がっています。

シリア人の難民が8人 昨年のクリスマス市場のテロを倣い
クリスマステロを計画していたと逮捕されました。

昨年末のテロ事件でも 犯人のSNSには銃を持った犯人像が写っており
警察の不手際が露見したばかりです。

ベルギーのブリュッセルでも、
テロを計画していたイスラム系住人50人が逮捕されています。

デンマークでも17歳の女学生が イスラム教に改宗して、
テロ組織と接触していて 
自宅の部屋から爆発物の製造方法と化学薬品が発見されました。
Dänemark17-jährige IS-Sympathisantin zu acht Jahren

Gefängnis verurteilt

Eine minderjährige Dänin konvertierte erst zum Islam, nahm

dann Kontakt zur Terrormiliz IS auf und plante schließlich

zwei Bombenanschläge. Nun ist der Teenager verurteilt worden

- zu acht Jahren Gefängnis.
Dänemark kämpft seit Jahren gegen die wachsende Zahl

radikaler Islamisten im eigenen Land. In Kopenhagen ist nun

ein besonderer Fall vor Gericht zu Ende gegangen: Wegen

geplanter Bombenangriffe auf zwei Schulen muss eine 17-

Jährige für acht Jahre ins Gefängnis.
http://www.spiegel.de/politik/ausland/daenemark-17-jaehrige

-is-sympathisantin-zu-acht-jahren-gefaengnis-verurteilt-a-

1180543.html

c0192063_12112618.png

ネットで指示を受けていたようで 未然に発見され
懲役8年の実刑を言い渡されています。

ドイツのアルテナ市の市長のアンドレアス・ホルステイン氏は
イスラム系住民にナイフで襲われ 怪我をしました、
怪我の状態は不明です。

c0192063_12115444.jpg

Messerattacke auf Bürgermeister von Altena
Altena. Der Bürgermeister der Kleinstadt Altena im Sauerland,
Andreas Hollstein, ist bei einem Messer-Attentat verletzt worden.
Ein politischer Hintergrund wird nicht ausgeschlossen


http://www.rp-online.de/nrw/panorama/altena-messerangriff-auf-buergermeister-andreas-hollstein-aid-1.7231567

先のシリア陥落時に 大勢のISメンバーが トルコ、アメリカ等の
有志連合の秘密の合意で 他国に武器と供に逃げ延びましたが、
欧州のテロネットワークに合流した人数は1000名近くと言われています。

欧州で騒乱が起きると大儲けする人達が居るのですね。
武器商人、国際金融業者、人間を売買する組織、マフイア達、
共通項は マネーロンダリングです。
租税忌避地が 彼等には必要なんですね。

表の建て前と 裏の本音が 現在ほど如実に顕在化した欧州は、
言いすぎかもしれませんが、キリスト教と言うオカルト信者が
未だに 中世を引きずっています。

ユーロの機関車ドイツは 
メルケル率いるCDUが自由民主党、
緑の党との連立協議が決裂しました。

ドイツの大統領 シュタインマイヤー氏は SPDのシュルツ氏に
再度連立協議に参加するように申し入れて、協議に入りました。

c0192063_13374828.png
c0192063_13380045.jpg
Ja, aber

Gespräche über die Bildung einer neuen Großen Koalition rücken näher -
auch wenn beide Seiten nicht gerade aufeinander zustürmen.
Während die SPD mit sich selbst ringt, macht die Union klar:
Um jeden Preis gehen wir nicht in die GroKo.

SPD will doch mit der Union reden
Neuauflage der Groko? Gewinner waren Macron und der Fiskus

Meinung | Berlin. Die SPD-Parteispitze signalisiert nun doch Bereitschaft,
mit der Union uber eine Neuauflage der grosen Koalition zu sprechen.
Kommt es tatsachlich zu einer Regierung aus Union und SPD,
stunden zwei Gewinner schon fest.Von
http://www.rp-online.de/politik/deutschland/neuauflage-der-groko-gewinner-waeren-macron-und-der-fiskus-aid-1.7226182

SPDの青年部は協議には反対で、
シュルツ氏も それを無視することは出来ません。

欧州で問題に成っている 環境問題の中でも
今年 三年目の最終期限を数週間後に迎える 農薬ランド・アップの主成分
グリホサートの使用を認めるか 如何かで 
メルケルの使用反対の言質を取り付けましたが、

ところが 欧州議会で表決を採りましたら、
ドイツの環境相が賛成に投票していて
後 5年間欧州でのグリホサート使用が可決されました。

欧州のランド・アップはモンサントの工場がある 
ベルギーのアントワープで作られています。

「数年前に 治験薬の臨床試験の投薬をアルバイトで受けていた
 日本人留学生(女性)が運河で溺死体で発見された所です。」

怒ったSPDの青年党員達は
メルケルの指導力の欠如と 無責任な約束だと批判し
連立協議その物を辞退するように申し入れ
先行き不透明になりました。

BBCのハードトークでは 
緑の党の環境問題に対するスタンスを皮肉り
環境問題で過激な主張を繰り返す「緑の党」を

「緑の党」は表面は緑だが 中は真っ赤なスイカですと。
左翼の本質を突いていました。
日本も似たようなものですね。

過っては アメリカの奴隷達が収穫作業をしていた綿花畑ですが、
農薬の使用と機械化で 夜間も作業しています。
畑の土は疲弊が進みますが、対応する農薬と科学薬品が開発されます。

c0192063_13191697.jpg
一応人間に害は無いと 科学者達が言いますが、
臨床試験の期間や薬の濃度などは、
ベトナムの枯葉剤の後遺症を見ても解る通り
地下の水源に迄、数年間係り到達し、
濃縮されたグリホサートの被害は 
遺伝子レベルで発ガン作用もあると・・。

アメリカのフリント市のように 水道水から鉛が検出されても
市は対策を取らず、鉛に汚染された水を飲み続けた 
10万人の市民が怒りの声を上げても 動かない行政、

小さな女の子の手首のレントゲン写真には 蓄積された鉛が
太い線状になって 写っています。

オカルト教徒は「他人の不幸は蜜の味」で、
自分が儲かるなら 何でも有りのようです。

欧州での使用は 後5年間グリサホートの使用が認められました。

一部の農家では 自主的に使用を止めた農家もあります。

フランスのマクロン大統領の使用反対表明も 表面的な口実だと・・・。
パリのデモです。

c0192063_12381223.jpg


ハッシュタグ・ミー・ツーで
欧州にも飛び火した 性的なハラスメントの告発が続いています。
アメリカの民主党議員、人気TV局のMCなど 次々と告発されています。

哲学と言う言葉は 西周がドイツ留学から帰国後 
日本語に表わしたものですが。

古代ギリシアでは 何と読んでいたのでしょうか。

古代の宗教の大きなテーマ「ロゴス」と「パトス」
論理を深めて 精神的な覚醒を目指し、
本来の人間の欲望(パトス)に振り回されない、
精神性を求める祈り・・

宗教が生まれた要素ですね。

古くて 新しい問題なのですね。

そんな宗教ですが 現在では殺しあうようです。
エジプトのシナイ半島北部の都市アリーシュのモスクでテロ事件です。

エジプトの地中海に面する都市アリーシュのイスラム教寺院で爆発テロが発生。
およそ305人が犠牲となった模様。
犠牲者の中には多数の児童がいる。
地元のナイル・ニュースTVが報じた。


エジプトの他のTV局の報道は、
爆発テロの犠牲者には多数の軍人が含まれている可能性を指摘している。
同国保健省からの死者数の発表はまだ出されていない。

これまで明らかにされたところによれば、
事件が発生したのはアリーシュ市の西にある
アル・ロウダ地区のイスラム教寺院。
金曜礼拝の最中にテロリストらが寺院に突入し、爆破装置を作動させ、
さらに逃げ出す信者らに向かって発砲した。

エジプトのシーシ大統領は関係閣僚らを集めた緊急会議を召集し、
状況の判断を行っていると報じられている。

エジプトの無人機が、
シナイ半島のモスク(礼拝所)で発生した
テロに関与した過激派15人を殲滅した。
スカイニュース・アラビアが、治安機関筋の情報として伝えた。

情報筋によると、
無人機はテロ現場近くのシナイ半島北部の砂漠で
オフロード車2台をミサイル攻撃した。

金曜礼拝の最中にテロリストらが寺院に突入し、爆破装置を作動させ、
さらに逃げ出す信者らに向かって発砲した。

Egypt attack: President Sisi pledges forceful response

c0192063_13045454.jpg
c0192063_13040512.jpg
c0192063_13035186.jpg
c0192063_13042958.png
c0192063_13041832.jpg
c0192063_13043960.jpg
Egypt's President Abdul Fattah al-Sisi has vowed to respond with
"the utmost force" after 235 people were killed at a North Sinai mosque
during Friday prayers.

The al-Rawda mosque in the town of Bir al-Abed was bombed
and fleeing worshippers were then gunned down.

The military has conducted air strikes on targets in nearby mountains,
Reuters news agency reports.
http://www.bbc.com/news
サーフイー教徒について BBCより

Sufism is Islamic mysticism.
This article provides a description of Sufism and information
about its history and practice.
Sufism, or Tasawwuf as it is known in the Muslim world,
is Islamic mysticism (Lings, Martin, What is Sufism?,
The Islamic Texts Society, 1999, pg 15).

Non-Muslims often mistake Sufism as a sect of Islam.
Sufism is more accurately described as an aspect or dimension of Islam.
Sufi orders (Tariqas) can be found in Sunni,
Shia and other Islamic groups. Ibn Khaldun,
the 14th century Arab historian, described Sufism as:


History and theology

Several origins of the word 'sufi' have been suggested.
It may derive from the word for 'wool'
and the woollen garments worn by early Sufis.
It may also have connections with the word for 'purity'
and another suggestion is that it has links
with the Greek 'sophia' or wisdom.

However throughout history a Sufi was most often understood
to be a person of religious learning who aspires to be close to Allah.
They understand their purpose in life from the verse of the
http://www.bbc.com/news
Egyptian massacre shows us that people of all faiths must unite
against the evil of terrorism
Terrorist attacks are happening with such mind-numbing regularity
that even Friday’s barbaric bombing and machine-gunning
of hundreds of Muslims at prayer at an Egyptian mosque
seems like just one more in a long line of tragedies ?
almost a normal part of modern life.
We are becoming desensitized to mass murder.
http://www.foxnews.com/opinion/2017/11/24/egyptian-massacre-shows-us-that-people-all-faiths-must-unite-against-evil-terrorism.html
イスラム教スンニ派 サーフイ教徒と呼ばれていますが、
BBCの解説にも書かれているように 
古代ギリシアの神 ソフイア
星振界の最下位の神の 知恵の神 ソフイア信仰も見られ
正確にはイスラム教と言われていますが、
グノーシスの影響も散見されるようです。

もう世界は魑魅魍魎ですね、

台湾で 初めての女性の戦闘機のパイロットが誕生しました。
蒋青樺中尉です、

c0192063_13185627.jpg
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201711240005.aspx

台湾 国営 「中央通訳社」




[PR]
by monk-1 | 2017-11-28 13:30 | Comments(0)

午前中は雨の休日ですが、お出かけする人も多いようですね。
すっかり黄葉した 日本大通りには、絵を描くサークルの人でしょうか?
数名の初老の男女が イーゼルを立てて、
黄葉した銀杏並木を写生しています。

「勤労感謝の日」なんですが、務めていない惚け老人は
毎日が祭日のようで、どうしましょう。
せっせと 読書に励むしかないですね。

ジンバブエのニュースでは、独立戦争時にムガベ大統領の盟友の、
ムナンガクワが どうやら大統領になるようです。

あだ名が "鰐”と言われているのですが、
独立時は反対派への苛酷な逆殺を行った人間です。
c0192063_14510780.jpg
c0192063_14511851.jpg
c0192063_14512979.jpg

植民地時代の宗主国 イギリスが押えていた権益の
鉱山開発を国営にしていましたが、
ダイヤモンド、プラチナ、金、クロームと 換金性の高い資源は
現在中国資本が 押えているようです。
Post-Mugabe Zimbabwe will be someone else's fiefdom
For long in Zimbabwe's politics,
the military has been the decisive force keeping
President Robert Mugabe in power. In early November,
it proved yet again that it is the kingmaker of Zimbabwean politics,
thwarting first lady Grace Mugabe's plans to take over from her husband.

http://www.aljazeera.com/indepth/opinion/post-mugabe-zimbabwe-fiefdom-171121155603841.html


General Constantino Chiwenga
Gen. Constantino Chiwenga, 61, has led the country’s national army
since the early 1990s, according to the BBC. Chiwenga,
a close ally of Mnangagwa, joined the war for independence in the 1970s.
He trained with Zimbabwe's African National Liberation Army in Mozambique.

He was sanctioned by the European Union,
U.S. and New Zealand in 2002 before being promoted to commander
general of Zimbabwe's combined armed forces in 2003,
according to the BBC.
http://www.foxnews.com/world/2017/11/22/mnangagwa-returns-to-zimbabwe-after-mugabes-resignation-who-are-key-players-in-leadership-change.html


以下に詳しく 宮崎メルマガより引用します。

引用
ムガベ独裁は去ったが、新指導者は中国で訓練を受けた革命家
  思わずホンネ。「ジンバブエと中国関係は以前より良くなるだろう」
37年にわたってジンバブエ(旧南ローデシア)を支配した
ムガベ大統領は93歳。その老衰ぶりは激しく、
ようやく辞任を表明した。
軍事クーデターもどきで自宅にムガベを監禁した
ムナンガグワ(前第一副大統領)らは穏健に辞任を迫り、
ようやくムガベが承諾するや、ハラレ市民はどっと街に飛び出し、
興奮して踊り出した。
いかにムガベが嫌われていたか、
在ジンバブエの中国人も喜んだというのである。
ちなみにジンバブエに駐在する中国人はおよそ一万人(日本人は75名)。

 
かねてから小誌が指摘したように、
クーデターの直前にムナンガグワは密かに訪中し、
中国軍事委員会幹部の常万全・国防部長らの
「内諾」を得たことが分かっている。

最大の援助国である中国に最初に打診してからの行動だったのである。

中国がジンバブエに食い込んでいることは膨大な経済支援が物語っている。
まずジンバブエ国防大学は中国が支援して創設され、
幹部教育には中国から人民解放軍の教師らが派遣された。
火力発電の増設に中国は12億ドルを低利で融資した。
650名の国会議事堂の新設も、中国が1億4000万ドルを投じた。

 
ジンバブエ大学には500万ドルを無利子で貸し付け、
スーパーコンピュータの学生を育成し、
ハラレ近郊の病院建設にも1億ドルを低利融資。
まさに大盤振る舞い、
それもこれも中国が狙うのは、
ダイヤモンド、プラチナ、金、クローム鉱山である。
 
これらは西側企業が運営してきたが、ムガベが国有化を宣言し、
西側企業を追い出して空白となっていた。

 
また農園をもつ白人を追い出したため、
南ローデシア時代は「穀物の宝庫」をいわれた農業がノウハウを失い、
農作物輸出どころではなくなって経済は悪化した。

 
ムガベと独立戦争を戦った同士がムナンガグワであり、
かれが突如解任された裏には「グッチ・グレース」というムガベの後妻がいる。
                 
グレース夫人は国民が飢えているのに贅沢三昧。
かも次期大統領をねらっていたため、
ムガベに忠誠を誓った軍もさすがに離れた。


 ▼独裁男が去っても、ジンバブエで自由選挙は行われるのだろうか?

さてムナンガグワである。暫定政権をひきいることになるこの男は、
中国で軍事訓練を受けた。
独立後もたびたび中国訪問をしており、人民解放軍幹部と強い絆がある。

そのためムガベ辞任を受けた中国は、
「ジンバブエと中国関係は以前より良くなるだろう」と、
思わずホンネを漏らすのである。

 
ジンバブエが「希望の国」から「絶望の国」に陥没したのは
ムガベの圧政と徒らな鉱山国有化だった。

英国植民地だったジンバブエの鉱山は白人が経営していた。
オックスフォド大学で学んだムガベは流暢な英語を操り、
近代政治がわかる政治家と西側は最初、誤解した。
そのうえ、ムガベは自尊心がつよく、
南アのマンデラがノーベル賞を貰ったのに、
なぜ自分には貰えないかと不満で、
マンデラの会見ではいつもそっぽを向いていた。
狭量な精神が、かれの政治手腕を歪ませた。


少数民族の弾圧、とくに1983年から85年にかけて、
一万から二万名の少数民族を虐殺したことでジンバブエは西側の制裁を受けた。
安保理事会においての国連決議に西側は全員が賛成したが、
中国とロシアは反対にまわり、
ジンバブエ制裁は国連決議としては通らなかった。

 
IMFは融資を断り、
経済政策の失敗はジンバブエ通貨を史上かつてない地獄の暴落へと陥落させ、
100兆ジンバブエ・ドルでもパン一つしか買えないという
猛烈インフレを招来させてしまった。
ちなみにジンバブエは1000兆ジンバブエ・ドルという
新札を発行したこともあるが、誰も相手にせず、
国民はドル、南ア・ランド、ユーロそして、
中国人民元やインド・ルピーを好んだ。
 
世界ひろしと雖も、
人民元を正式な法定通貨にくわえている国はジンバブエだけだろう。
 
国民のブーイングはスパイ機関を駆使して弾圧し、
大統領選挙は不正投票。
その背後にあってジンバブエの進出を決めた中国が、
この独裁男を支援してきたのだ。
引用終わり

その中国が インターネットを使った 個人向け金融(小規模金融)を
禁止しました、
又 大口の株主が 株を売る事も禁止して、
政府が株を買い支えています。
不動産バブルが何時暴発するかも知れず、必死に株を買い支えている所へ
個人向けの金融がネットで行われるようになり、
既に15兆円まで膨らんでいます。

新たな独裁政権の行く末も心配ですが、
中国国内の経済状態も ギリギリの所へ来たようです。


オランダのハーグの国際司法裁判所で行われていた、
ユーゴ・スラビア解体時に起きた セルビア人に拠る
イスラム教徒虐殺の責任者の裁判が 結審しました。
セルビア軍の元参謀総長 ラトコ・ムラジッチ被告は終身刑が決まりました。

c0192063_15173094.jpg
c0192063_15171988.jpg
c0192063_15174593.jpg
11の犯罪で告訴されていましたが、10の犯罪が有罪になり
特に 民間人の意図的な虐殺は 第二次世界大戦以降
最大の人数の被害を出しています。

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷は
ボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍の元参謀総長の
ラトコ・ムラディッチ被告(75)をボスニア戦争で
一連の犯罪を犯したとして戦犯とする判決を下した。

法廷では現在、11項目から成る判決が読み上げられている最中。
戦争犯罪の項目の中で、
ムラディッチ被告はムスリム人が大量に殺戮された
「スプレニツァの虐殺」の張本人とされている。

3月24日は悲劇の日。十字架に磔にされたユーゴスラビア
ラトコ・ムラディッチは1943年3月12日、
ボスニア・ヘルツェゴビナで誕生。ボスニア系セルビア人。

旧ユーゴスラビアで1991年から2008年まで
ボスニア系セルビア人軍部隊の司令官を務める。
法と戦争の慣習に違反したとして
旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷に訴えられる。

2007年、国連の国際法廷はセレブレニッツェの事件を虐殺と断定。
ムラディッチ司令官は7000人から8000人のムスリム人を殺害した。
なかには一般住民も含まれています。


イギリスのハモンド財務大臣は 次年度の予算を作り議会に提出しました。
経済成長率は2%から下方修正して 1・5%に予定偏向し、
個人向け住宅建設に 予算を多く割き 下支えを狙ったようです。

議会では労働党議員を揶揄するような 発言も在り
少し 余裕があるところを見せています。
ドイツの連立政権が組めないことや、マクロンの支持率が低下していることも
余裕の原因の一つのようです。

c0192063_15282424.jpg
Spreadsheet Phil became a veritable thigh slapper:
QUENTIN LETTS on a moment of pantomime hokum during the budget

Don't yet book him as warm-up man for comedian
Roy ‘Chubby’ Brown in Dundee tomorrow night,
but Philip Hammond worked plenty of gags
into his 62-minute Budget yesterday.
Yes, the most boring man in British politics produced some zingers –
or what passes for zingers in the Commons –
as he sought to save his job.

Spreadsheet Phil became a veritable thigh-slapper.
He had the House groaning and guffawing by turns.
In the process he perhaps wanted to distract our minds
from gloomy growth forecasts.


http://www.dailymail.co.uk/news/article-5109409/QUENTIN-LETTS-budget.html

c0192063_15272714.jpg
c0192063_15273873.jpg
c0192063_15281305.jpg
c0192063_15280302.jpg

労働党のコルビー党首は 政権担当能力が無いと
こき下ろしていましたが、メイ首相は 頑張っています。

オバマ政権とヒラリー国務長官の失政が顕著に現れてしまい、
混迷を深めていく中東情勢ですが、
先日にシリアのアサド大統領に次いで
トルコのエルドガン首相、イランのハッサン・ロウハニ師が、
黒海沿岸の保養地ソチを訪問してプーチン大統領と会議です。

中東情勢の主導権は完全に移ったようですね。

c0192063_15370825.jpg
          The three leaders met in the Black Sea resort of Sochi

Russia, Iran and Turkey agree to hold 'Syrian congress'
Russian President Vladimir Putin has said his Iranian and
Turkish counterparts have supported a proposal to hold a
"Syrian people's congress"
that will bring together government and opposition figures

The Russian leader on Wednesday hosted Hassan Rouhani and
Recep Tayyip Erdogan,
just as some Syrian opposition groups met in Saudi Arabia's capital,
Riyadh, ahead of United Nations-sponsored talks in Geneva.
http://www.aljazeera.com/news/

最後に成りますが、
拙ブログで2012年に書いて載せた物ですが、
南京事件の目撃者の中国人が書いた本の事です。
長らく 焚書で発禁本扱いを占領軍にされていましたが、
現在では読むことが出来ます。

GHQで焚書の対象になり 発禁本に成っていましたが、
日本留学の経験が在る中国人兵士が見た 
中国軍の残虐さを詳細な日記に残した人がいました。

陳登元著、別院一郎訳『敗走千里』(ハート出版)

「南京大虐殺」なるものが政治宣伝戦争上で、
でっち上げられた架空の事件だったことが120%証明されています。
客観的科学的証拠がなく、反論もなせず、
しかし中国は政治的プロパガンダを続ける。
フェイクの総合展覧会が南京にある反日記念館です、
しかも 作った人は 日本人で社会党の田辺が張本人です。
 
本書は、南京大虐殺の虚妄、
フェイクを中国軍兵士として参戦した中国人が自ら語った貴重な証言である。
じつは昭和十三年に、この本は出版され、
百万部を越えるベストセラーとなっていた。
それを消したのはGHQだった。
焚書として、発禁図書としてGHQが没収し、廃棄したのだ。
 
「南京に山積みされた死体の山」とは、
蒋介石軍の督戦部隊が、
敗走しようとした自国軍兵士を機関銃で撃ったものだった。

便衣隊とは、
つねに軍人が
一般市民に化ける服装を携帯していたという実態があった。
 
実際に中国軍に強制徴募され強制的に戦闘地に駆り出された
中国人青年・陳登元が見たのは、
中国軍人の腐敗、その略奪ぶりのおぞましさだった。
 
陳登元は父親が重慶で親日家だった関係で
十代で日本留学の経験があり、
ちょっと祖国へ帰るといって日本を去って、そのまま運悪く徴兵されてしまった。
 
かれは手記を綴った。
それを日本で家庭教師だった別院氏が翻訳した。
 
「僕はこの二度と得難い戦争を記録しておく決心をしました。
幸い、僕の耳はまだ、砲弾にやられた断末魔の人間の叫喚が残っています。
生臭い血の臭いが鼻に残っています。

バラバラになった人間の腕や、旨や、首や、
そんなものが目に残っています。
僕は書きました。
僕の経験し、見聞せる範囲内においての殆ど残らず書きました」
 
読んでみると、
中国軍とは、こういう出鱈目な行為をする匪賊だったことが了解できる上、
南京大虐殺は完全に否定されている。
2012年8月に 「追加」として 載せた記事です。
http://monksin.exblog.jp/m2012-08-01/

寒さが段々 厳しく成ます、
風邪など召しませぬよう ご自愛ください。


[PR]
by monk-1 | 2017-11-23 15:50 | Comments(0)

もう 既に初冬の日射しですね。
温かいコーヒーが とても美味しく感じられます。

異常気象なんですね、旱魃と洪水の影響が大きくて
フランスでは今年のヌーボ(新酒のワイン)の生産は6割減で 
一般家庭への提供も漸くだそうです。
一部のワインセーラーでは 醸成を進めて、
価格を高くして売るところまで出て来ました。

日本へ入ってくる ボージョレー・ヌーボは?
ボージョレー地区も例外ではなく 
いったい何処の国のワインを混ぜて造ったのかしら?、不思議ですね。

先日も イタリア、ギリシアで洪水、鉄砲水の被害が出ています。
イタリアの惨状です、
c0192063_11190023.jpg
c0192063_11192592.jpg
c0192063_11191474.jpg
ギリシアもこんな被害状況です、
c0192063_11204715.jpg
c0192063_11205845.jpg
c0192063_11210738.jpg

BBCも被害状況を伝えています。
Greece searches for the missing after deadly floods
Rescue teams in central Greece are searching for at least five people
who are missing after flash floods that killed 15 people.

Some roads have reopened in the three hardest-hit towns
near the capital, Athens.
But schools and other public services remain closed.

http://www.bbc.com/news/world-africa-42055726

イタリア、ギリシアも 美味しいワインの生産国なんですが、
大丈夫なのかしら?。

海外のニュースは 英国女王の結婚70周年記念と
ドイツの連立協議が破綻した事、
そして レバノンの首相にフランスのマクロン大統領が助け舟と、

激しく揺れ動く世界の情勢を伝えています。

トランプ大統領は北朝鮮を テロ支援国家と認定しました。
日本国内にある 北朝鮮への支援組織や関係者は、
世界中にテロ支援組織、テロ支援者として情報が共有されます。
海外旅行も 入国拒否されます。
如何するのかしら?  あの人達は・・・・・。

日本の公安警察も忙しくなりますね。

ドイツの連立協議が破綻したと伝える海外メデイアは 
自由党と緑の党との 連立協議は溝を埋めることが出来ず
破綻したと・・・

こんな写真と記事を・・・。

c0192063_11320546.png
c0192063_11323087.jpg
Could this be the end for Merkel? Coalition talks collapse

in row over immigration as snap election is threatened

despite the rise of the far-Right

Angela Merkel's position as Europe's most powerful politician
hung in the balance last night as she faced the prospect
of snap elections.

The long-standing German chancellor was left mired
in her worst political crisis after crunch talks to form a coalition
broke down over splits on contentious policy areas such as migration.

In what could prove a highly risky move,
Miss Merkel yesterday said that a return to the polls was the best way
to find a solution.
http://www.dailymail.co.uk/news/article-

5102217/Merkel-raises-prospect-fresh-elections-

Germany.html#ixzz4z1cTfWDJ

c0192063_11321993.jpg
c0192063_11325134.jpg

メルケル首相は小数政党を率いるよりは 再選挙を行うほうが良いと、
メルケルを支持する移民賛成派も、

c0192063_11324130.jpg

ドイツの大統領も心配そうに・・・・

c0192063_11332937.png

シュルツは連立を拒否し あわよくば再選挙で 第一党へと・・

c0192063_11331902.png

アリス・ワイデル率いるAFD(ドイツの為の選択肢)は
再選挙大歓迎と・・・

c0192063_11330666.jpg

欧州の機関車として 実質的にユーロを引っ張るドイツの政権が固まらないと
ユーロは先行き不透明さを増します。
Get Germanized: How to Germanize yourself in 21 steps

It's easy to Germanize if you adopt the right German cultural quirks –
and buy German slippers. Here's how to get Germanized in 21 steps

https://www.expatica.com/de/insider-views/get-germanized-in-21-steps_937805.html

最悪 メルケル退陣もあるかも知れません。

頑張れドイツと リスも応援です・・・・・

c0192063_11334165.jpg

もう一つの大国フランスは
マクロン大統領が レバノンのハリル首相辞任の報を受けて
旧宗主国の威厳でしょうか?
急遽サウジアラビアを訪問して サルマン皇太子を説得して
ハリル首相と彼の家族をフランスへ呼び 説得したようです。

レバノン国内で 急速に力を付け勢力を増すヒズボラに対して
釘を刺したようです。

中東の混乱で イラク、イラン、シリア、クルド人民兵、ヒズボラは、
共同でISに対抗して戦いました、

独立選挙でクルド人は”はしご”を外去れてしまいましたが、
イランの勢いは止まらず、革命防衛隊主力のイラン軍は
シリア国内にまでロシアの応援で入っています。

一方有志連合軍を率いる アメリカ、イギリスはトルコ国境で
ダーイッシュやISを応援している事が暴かれてしまい
シリア、トルコ国境で おかしな戦いを行っています。

オバマとヒラリーの政策なんでしょうが、
トランプ政権は如何するのかしら?

サウジアラビアに対抗するイランはヒズボラに影響力を持ち
サウジへのイエメンからのミサイル攻撃も
裏ではイランが糸を引いていることもバレバレでした。

国内事情からレバノンのハリル家の総帥 
ハリル首相は最近ヒズボラとも 会談をしていましたが、
サウジの怒りは ハリル辞任の形で現れました。

イスラエルがサウジに呼びかけている 対イラン連合は成立するのかな?
どうやら トランプ大統領が後押ししているのですね。

レバノンは 内にヒズボラ 外にサウジと 正に内憂外患状態です。

不人気で「共和国前身」を支えていた左派の勢力が
数十人単位で マクロン支持を取りやめて 反対勢力になり、
労働総同盟のストライキや 支持率も大きく下げている為
此処は一番 旧宗主国の立場からハリル救援となりましたが、
支持率は上りませんでした。

Emmanuel Macron consulte les partis politiques sur le mode

de scrutin aux européennes
En savoir plus sur

Emmanuel Macron a commencé, lundi 20 novembre,
à consulter les responsables politiques sur l’opportunité de revenir
à un mode de scrutin national pour les élections européennes de 2019,
une question qui divise les partis.

Quatorze responsables politiques seront accueillis à l’Elysée
à tour de rôle d’ici mardi soir,
comme M. Macron l’a fait à deux reprises avec
les représentants syndicaux et patronaux depuis son élection.

En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/politique/article/2017/11/20/emmanuel-macron-consulte-les-partis-politiques-sur-le-mode-de-scrutin-aux-europeennes_5217730_823448.html#1cbJLL327JvTizM3.99

Marine Le Pen invite Laurent Wauquiez à « proposer une alliance » au FN
En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/politique/article/2017/11/19/pour-marine-le-pen-laurent-wauquiez-devrait-proposer-une-alliance-au-front-national_5217259_823448.html#BvpAPjPDdOt97Dfu.99


http://www.lemonde.fr/politique/article/2017/11/20/emmanuel-

c0192063_12015383.jpg

右派政党のマリーヌ・ルペンは 趨勢を見守っていますが、
マクロン攻撃は止みません。
ユーロの二つの大国 ドイツとフランスの足元を見て、
イギリスの離脱に伴う分担金の支払いは、
金額も日付けも未だです。
したたかな イギリス外交です。

アフリカのジンバブエの大統領ウガベはTV会見で
大統領を続けると発言しています。
与党は弾劾手続きを取り 大統領を罷免する方向で動いているようです。

副大統領を辞めさせて 第二夫人のグレースを大統領にしようとして、
政権の私物化を計りましたが、失敗したようですね。

女性は怖いですね。
グッチ・グレース夫人と大統領です。

c0192063_12131019.jpg
c0192063_12125305.jpg
中国が投資した ダイヤモンド鉱山等の権利は 
軍部に保証された模様です。

Zimbabwe latest: Mugabe 'let wife Grace usurp power'
Zimbabwe's ruling Zanu-PF party is set to begin impeachment

proceedings against President Robert Mugabe on charges that

include allowing his wife "to usurp constitutional power".

The motion is now due to be presented to parliament on

Tuesday.

Senior party member Paul Mangwana said the process could

take as little as two days to complete, and President Mugabe

could be removed by Wednesday.
http://www.bbc.com/news/world-africa-42055726

Robert and Grace Mugabe: What next for Zimbabwe?

Zimbabwe's ruling Zanu-PF party is planning
to support impeachment proceedings against Robert Mugabe,
after he ignored a deadline to stand down as president.

Zimbabweans - and many watching around the world -
were astounded on Sunday night
when Mr Mugabe addressed the nation and
said that far from stepping down,
he was going to stay on and preside
over the ruling party's congress in December.

So with Mr Mugabe defiant,
and the army insisting that it has not carried out a a coup,
what are the options for getting him to to vacate his position?

Here are five possible scenarios:

サウジアラビアの国内事情も複雑で 
フォーリン・アフエアから引用記事です。

現在のサウジの経済システムが持続不可能であることには、
サウジ政府内で堅固なコンセンサスがある。
それでも(大きな権限を託された)サルマン皇太子が経済、
文化領域であまりに急速な変革を進めているために、
「旧秩序が覆され、サウジの社会契約が揺るがされている」と懸念されている。
サルマンは、
石油経済からの離脱と経済の多様化に向けて経済を再建するだけでなく、
国内に不安を募らせる大衆と批判派を抱え、
イエメンでコストのかかる紛争を戦い、
イランの地域的台頭に目配りし、
ますます暴力的になっている近隣地域に対処しつつ、
経済改革に取り組まなければならない。・・・(サーブ)

https://www.foreignaffairsj.co.jp/

過激な宗教信者は インドのヒンズー教徒にも大勢いて、
インドの観光地 タージー・マハールに関する報道や写真を
一切 観光案内や紹介記事から削除するよう訴えています。

彼等によると 17世紀イスラム教徒のムガール帝国のイスラム建築で
インド人にとり 恥ずべき歴史的な建物だと・・・・。
侵略の印でもあると、
歴史教科書からも消すようにと運動しています。

何故かアメリカの 
南北戦争の歴史遺産の彫刻や銅像を飾るなと言う運動にも似てますね。

c0192063_12340972.png
c0192063_12335534.jpg
物の見方や価値観は変わるのですが、
「羹(アツモノ)に懲りて 膾(ナマス)を吹く」に成っています。

歴史的には 長崎市の教会群を世界遺産にと、
そんな運動をしている人達も居ますが

徘徊惚け老人のモンクは 宣教師とキリスト教信者に拠る
日本人奴隷貿易の遺物としか 見えないのですが?
鰯の頭も信心ですか??。アホらしい。

日本人奴隷貿易発祥の地の”慰霊碑”建立が先だと考えています。

寒そうですが 温かくして お散歩に行ってきます。








[PR]
by monk-1 | 2017-11-21 12:41 | Comments(0)

氷雨が降るようです。


漸く 義歯が上手く出来上がりました。
食事が美味しく 頂けるのが何よりです。

今日は午後からは雨の予報が出ていますが、
現在は降っていませんが、冷たい風が吹いています。

そろそろ 暖房が必様な季節に成って来ましたね。
徘徊惚け老人のモンクも 今日ズボン下を身に着けました。

ネットの徘徊をすると 面白い記事に出会います。

今日見つけたのは 犬HKの記事です。
アメリカのトランプ政権から離れたバノン氏に
犬HKがインタビューした時の記事らしいのですが?

以下に引用します

NHK「北朝鮮問題は膠着しているが…」
バノン前首席戦略官の表情が変化!(激怒)
「それはお前の意見だろ!膠着状態とは思わない!」
↓ ↓ ↓
★★謎のカットが挿入★★
↓ ↓ ↓
バノン「お前ら日本のCNNに違いない!」、「そうだろ?」、
「北朝鮮問題は膠着状態などではなく、まさに進行中だ!

モンク注 様々な情報を斟酌し 核心に触れるインタビュウーでしたら
「お前ら日本のCNNに違いない!」等と言われる事は無いのですが、
激しく追及されたようで 謎のカットを入れるという
ご都合主義丸出しの アホな放送だったようです。
TVは見ていないので 細かくは解りませんが、ネットでは

CatNA‏
@CatNewsAgency
面白い。
バノンはNHK記者の「stalemate」(手詰まり、膠着状態)という
言葉に激高して、「NHKは日本のCNNか」と皮肉を言っている。
それをそのまま報じるNHKは多分、
CNNと言われたのが嬉しかったのだろう。
確信犯的CNN模倣メディア。(笑)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

多くの在日や帰化人が働いている 国営放送とは名ばかりの
反日放送局の正体が丸見えです。

c0192063_14192881.jpg
差別主義者とか 白人至上主義者とか、
頓珍漢なレッテルを貼る事で素養の無さと
お頭のお花畑状態を晒している 犬HKらしいですね。

アメリカ南部で衝突した事件の捉え方が 自分達に都合よく
捏造報道をしている事に気が付かないのでしょう。

きっと ジョージ・ワシントンの像も撤去されると信じているのでしょう。

韓半島の南北国境に作られている板門店で、
北朝鮮軍の兵士が韓国に亡命しようとして銃撃を受けた事は、
ご存知の通りですが、
その後の発表に 世界中が驚いています。

体に5発の銃弾が命中していて、手術を2回して
漸く 弾丸の摘出が成功したらしいのですが?

北の軍事力の情報を聞き出す為にもと 
医師たちは全力で手術を行ったようです。

腹部に受けた 2発の銃弾は腹部内を飛び回り
内臓が寸断されていたと言います。
複合手術の結果 何とか命は取り留めたようですが 
予断は許さない状態との事です。

手術を担当した医師が記者会見で 明かした事ですが、
兵士の体内には 無数の寄生虫が居て 
大きい物は 20数センチあったと
手術の写真と供に 記者達に見せました。

比較的に 一般市民よりは「先軍政治」とやらで、
食糧事情も恵まれているはずの、国境勤務の兵士の中から
寄生虫が出て来て、その数も無数と発表されています。
以下に 海外メデイアから
North Korean soldier shot while defecting to the South is

riddled with parasites up to 11 inches long because of

country's terrible health problems

A North Korean soldier shot multiple times while defecting

to the South is in a stable condition but riddled with

parasites that could complicate his chances of survival, his

doctor said Thursday.

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5088159/North-

Korean-soldier-stable-riddled-parasites.html

c0192063_14032942.jpg
c0192063_14031652.jpg
c0192063_14025372.jpg
c0192063_14030467.jpg
23:22 - 2017年11月15日
North Korean defector found to have 'enormous parasites'
A North Korean soldier who was shot while fleeing across the border
has an extremely high level of parasites in his intestines,
his doctors say.

The defector crossed the demilitarised zone on Monday,
but was shot several times by North Korean border guards.

N Korea defector has 'enormous parasites'

Doctors say they have "never seen anything like this" -
with the longest worm 27cm (11in) long.
http://www.bbc.com/

バラバラに成った 内臓(腸)を繋ぎ合わせたようですが、
腸内には 無数のworm (寄生虫)が一杯いたそうです。
気持ち悪いですが、一般市民や他の兵士のお腹にも居るのでしょうね。
核やミサイルの前に 国民に「虫下し」と食品の洗浄が必要ですね。
衛生概念が 無いのかしら?

BBCや スプートニクでは シリアのラッカ陥落時に
数千人の民間人が避難した時に
多くのISの兵士が武器と供に トラックに乗り込み、
800名から1000名以上のIS兵士がラッカから脱出したと
BBCはジハーデイスト・ジョンで知られる イギリス国籍のジョンは
行方が知れないと 大騒ぎです。
ユー・チューブで斬首の映像を流していた
あの 首切り人です。
一時は 報復を怖れてイラク軍が
クルド人居住区の抑留地に拘束していると伝えていましたが、
居ないことが解りました、
一般人が撮影した 逃亡するIS兵士の画像と
衛星で撮影されたIS兵士が逃亡するトラックのコンボイが
ニュースに成っています。

有志連合とトルコが逃亡を手配していたようです、
一部はイラク東部に紛れ込み、大部分はトルコ国内経由で
欧州、アフガン、中央アジアへと行ったようです。

c0192063_14203576.jpg
c0192063_14204743.jpg
c0192063_14210136.jpg

高い給与で移動するトラックの運転手はBBCの記者の質問に
ISの兵士の中には 家族を持つ者も居て、
武器を積んだトレーラーも 百台近く在ったと証言しています。
武器等はトルコ国内にも 運んだようです。

c0192063_14211556.jpg

シリア北部ラッカ解放の際に、米国と英国の同意を得て
テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の戦闘員4000人の避難が行われた。
BBCニュースが、独自の調査情報として伝えた。

避難作戦に参加したトラックの運転手アブ・ファウジさんによると、
ファウジさんとほか数人はシリア民主軍とクルド部隊の代表者に雇われた。
運転手には1回の移動に1000ドルずつ支払われるということだった。

シリア、デリゾール県に米主導の連合軍が空爆して民間人が死亡したが、
ファウジさんは
「反政府戦闘員と一緒にラッカに入ることになっていたが、
 私たちは自分たちだけで行った。
 ラッカに入るとすぐに私たちはダーイシュ戦闘員たちを目にした。
 彼らは武器を持ち、腰には自爆ベルトが巻かれていた。
 彼らの妻や子供たちも爆発物をぶら下げていた。
 彼らは私たちのトラックをおびき寄せた。
 もし間違いが起こっていたら、
 彼らは車列全体を爆破していただろう」と語った。

また別の運転手によると、車列は6キロから7キロにわたった。
その中には、テロリストのトラック約50台、バス13台、
そして100台以上の自動車があった。

BBCニュースは、
ラッカからの戦闘員の脱出に関する話し合いに、
西側の将校たちも出席していたと報じている。
将校たちは協議には「積極的に参加」しなかったものの、
出席していたという。
なお米主導の有志連合の報道官を務めるライアン・ディロン大佐は、
戦闘員の秘密の避難に関する情報を確認し、
「我々は誰かが去るのを望まなかった(中略)
だがシリア人が決断を下した」と述べた。

これより前、米主導の有志連合が、
シリアのラッカとデリゾールを解放する作戦の際に、
これらの都市から「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の戦闘員が
脱出するのを助けていたと、国連のシリア代表部が述べた。

対IS作戦と嘘を並べて、民間人(シリア国民)を空爆し、
ISを 反政府軍、自由シリア軍と言いこめて 利権確保の為に
基地を作り、空爆して アサド降ろしを未だ企てているようです。

アサドはロシアの保養地ソチを訪れて、
プーチン大統領、シリア支援を行った 国防軍将軍達に
お礼を述べています。

アサド大統領を降ろす事等は もう無理なんですが、
ロシアと一戦交える心算なのかしら?。
https://jp.sputniknews.com/middle_east/201711144276142/
Lorry driver Abu Fawzi thought it was going to be just another job.

He drives an 18-wheeler across some of the most dangerous territory
in northern Syria.
Bombed-out bridges, deep desert sand,
even government forces and so-called Islamic State fighters
don’t stand in the way of a delivery.

But this time, his load was to be human cargo.
The Syrian Democratic Forces (SDF),
an alliance of Kurdish and Arab fighters opposed to IS,
wanted him to lead a convoy
that would take hundreds of families displaced by fighting from
the town of Tabqa on the Euphrates river to a camp further north.

There was a huge number of foreigners.
France, Turkey, Azerbaijan, Pakistan, Yemen, Saudi, China,
Tunisia, Egypt...”

Russia posts video game screenshot as 'proof' of US helping IS
Russia's Ministry of Defence has posted
what it called "irrefutable proof"
of the US aiding so-called Islamic State -
but one of the images was actually taken from a video game.

The ministry claimed the image showed
an IS convoy leaving a Syrian town last week aided by US forces.
http://www.bbc.co.uk/news/resources/idt-sh/raqqas_dirty_secret#
シリア北部のトルコとの国境付近には アメリカが軍事基地を
シリア政府の許可を得ずに作り
反政府軍や自由シリア軍と名乗る勢力と 
未だに シリア軍はにらみ合いを続けています。
油田の利権争いにアメリカは反乱軍と 共通の利権を狙うトルコは
共同で国際社会の目を欺いているようです。

クルド自治区で クルド独立を問うクルド人の投票が有りましたが、
間髪を入れず クルド人が今まで抑えていた キルクーク油田を
イラク軍が進出して抑えたと 報道されていましたが、
油田を押えたのは イランの革命防衛隊でした、
イエメンからサウジへのミサイル攻撃に使われたのは
イラン製のミサイルで ミサイルを運んだのは
パレスチナのヒズボラでした。

中東の力関係で戦後地図が大きく変わろうとしているのですが
アメリカとトルコも 利権争いに加わったようです。

イスラエルは昨日 サウジアラビあ政府に対して、 
対イランで共闘して イランの核開発阻止の共闘を訴えています。
 
レバノンのハリル首相が ヒズボラの暗殺計画を知り
サウジで首相辞任を発表しましたが、
フランスが仲介して ハリル首相の家族と供にフランスに向かい
その後 レバノンへ帰ると発表していますが、
イラク、イラン、シリア、ヒズボラと敵が強く成り 増えたようです。

勿論後ろには ロシアがいるのですが・・・・・・。
正に 闇の中の 魑魅魍魎達です。

ジンバブエで クウー(クデター)が起きたようですね。
長年独裁政治を行ってきた ウガベ大統領が高齢の為に
次の大統領選挙を行うと言う その寸前に
次の大統領候補者では?と言われていた 
元軍人の副大統領を 罷免してしまいました。

どうやら 第二夫人で野心家のグレース女史を大統領にと・・・。
浪費家で有名な第二夫人は ブランドの名前を取って
グッチ・グレースと呼ばれているそうです。

一夜にして ハイパー・インフレとなり
経済破綻しているジンバブエですが
元々 植民地で 
独立後も 宗主国のイギリスは多くの鉱物利権と農地を押えていて
独裁政権は都合の良い 政体でした。

近年は中国が介入してきて 多額の経済援助を行っています。
ダイヤモンドの埋蔵量は世界第8位ですが、
当然 地下資源を狙われていることは 明白です。
宮崎メルマガでも以下のように。
Zimbabwe latest: Ruling Zanu-PF urges Mugabe to step down

Regional branches of Zimbabwe's ruling Zanu-PF party have
joined growing calls for President Robert Mugabe to resign.

The move comes ahead of a protest march to be held
in the capital Harare on Saturday,
fully supported by the country's military which staged

独裁37年のムガベ、子飼いの軍人が裏切り、ついに倒れる
中国の保護領だったジンバブエの独裁が終わるのに中国は驚いていない?

ジンバブエの首都ハラレで軍事クーデタが成功した模様である。
37年もの長きにわたってジンバブエを支配してきた
ムガベ大統領とその一族は、中国の支援で延命できた。
通貨の大暴落によるハイパーインフレに悩み、
物価は2、000、000倍。
国民の不満は爆発して、前回の選挙でムガベは事実上敗北していたが、
誤魔化しと不正投票で「勝利」と宣伝した。

その選挙カー、揃いのTシャツからチラシの印刷まで、
中国が丸抱えだった。
しかしジンバブエ通貨は市場では通用せず、
なんと法定通貨は中国の人民元。
そして町では米ドルとユーロ、一部は南ア通貨のランドの取引となった。


93歳のムガベは老衰が激しく、昔の演説を何回も繰り返したりして、
周辺の呆れがちだったが、
後妻のグレースが、大統領夫人の座を笠にして浪費を重ね、
国内ばかりかボツアナやナミビアなどに豪邸を建て、
国民や野党から「グッチ・グレース」と罵られてきた。
周辺では次期後継が、この悪名高き後妻となると、
ジンバブエの政治腐敗はさらに進行すると懸念の声があがっていた。


15日早朝に軍隊が出動し、ムガベ大統領を自宅に軟禁し、
何台かの戦車とともに、
政府機関、国会、放送局などの拠点を軍事制圧した。

ムガベと並ぶ独裁女、グレース夫人は所在不明。
そして16日、南アに亡命していたエマーソン・マナンガグワが急遽、
ハラレへ帰国した。マナンガグワはムガベ独裁の右腕だったが、
ふたりは仲違いし、南アにさっと身を隠していた。
国外から軍と連絡を取り合っていた。


11月16日になると、町には銃声が聞こえず、
国民はこの静かなるクーデタを「歓迎している雰囲気」と
英紙『ガーディアン』が伝えた。
野党からも非難声明はなく、
次期選挙が公平に行われる旨の声明が出された。
ジンバブエ軍は「政権移行チームが発足し、
五年以内に民政移管の選挙が行われるだろう」と声明を発表した。


新しい事実が分かった。
このクーデタの数日前に、マナンガグワはひそかに北京にいた。
しかもジンバブエ軍のグベヤ・チウェンガ国防大臣が
前後して北京を訪問し、
中国中央軍事委員会の大幹部ふたりと面談していたことが判明した。

つまり、このクーデタ劇は、ムガベ側近と軍が事前に共謀し、
北京の承認を得てから決行した政変劇だった。
ゴルバチョフ夫妻を監禁した政治劇とプロセスは似ているが、
旧ソ連最後の軍事クーデタは未遂だった。


(ジンバブエ政変続報)
  クーデターを事前承諾したのは常万全(国防部長)と李作成(参謀部長)
   政変後、「ジンバブエの江青を退治した」と中国メディア

日本のメディアはジンバブエ政変になにほどの関心もないらしい。
西側メディアは大きく報じているが、
なかでも英国は旧植民地(昔のローデシア)だったから
、近年、「中国の新植民地」と言われるジンバブエに関しては
特大の関心事、大きく報道している。
なぜなら白人の農地をムガベは採り上げ、
白人農民を殆ど国外に追放したからである。

この政変劇は、よくよく考えると事前に周到に計画され、
北京の内諾を得た、一種の宮廷劇である。

主目的はムガベ夫人グレースの失脚にあった。
なぜなら政権移行チームは
マナンガグワ前副大統領と
グベヤ・チウェンガ国防相が入念なシナリオを描き、
ムガベ大統領は殺害せずに自宅幽閉としているからである。

あたかも毛沢東死後、
女帝になろうとした江青夫人ら四人組を失脚させた中国の政変とそっくり。
しかしジンバブエはムガベの死去を待たずに敢行した。
それほどグレース夫人(正式には第一夫人)に対しての
周辺の不満が昂じていたわけで、
庶民のための政変でもなければ
野党が望むような民主化のためのクーデタでもなかったのだ。

 
政変劇直前に密かに北京入りした上記ふたりは
中国人民解放軍の内諾を得るためだった。  
クーデターを事前承諾したのは常万全(国防部長)と李作成(参謀部長)だった。

 
政変後、西側メディアより早く、
「格雷糸(グレース)は「津巴布衛版江青」(ジンバブエの江青)」と
中国メディアは報じており、事前に情報をキャッチしていたことが分かる。
引用終わり

新たな覇権を求める 中国と深く関係していたイギリスの関与と
どうなりますか?

昨日はジンバブエの国立大学の卒業式でしたが、
引退するウガベ大統領の 餞の式典になるようです。

c0192063_15070525.jpg
Mr Mugabe (second right) under house arrest,
posing alongside Zimbabwe Defence Forces
Commander General Constantino Chiwenga (right)


          
c0192063_15072837.jpg
c0192063_15071744.jpg
Zimbabwe latest: Mugabe 'resisting calls to resign'
Zimbabwe's long-time President Robert Mugabe is reportedly
refusing to step down immediately,
despite growing calls for his resignation.

The 93-year-old was put under house arrest during
a military takeover on Wednesday,
amid a power struggle over who would succeed him.
http://www.bbc.co.uk/news/

中国は遅れてきた 金融植民地帝国主義を 地で行ってますね。
失敗は目に見えているのですが、
国内の不動産バブルが弾けるのは もう直ぐです。






[PR]
by monk-1 | 2017-11-18 15:14 | Comments(2)

花芽が上りました。

 
早朝 空けやらぬ内に 植木鉢に水遣りをしましたが、
冷え込んでいましたね。

クリスマス・カクタスには 無数の花芽が付いていて、
此れからの楽しみが増えます。

台所に置いてある ミニ薔薇の植木鉢にも水遣りをしましたが、
こちらは 花が三つも咲いています。

小さなピンク色の 可愛い薔薇の花です。

後幾つ 花芽が上るかしら?整枝次第ですね。

早朝から イラン・イラク国境付近で起きた地震のニュースです。

マグニュチュード 7・2と大きく 震源も25キロと浅かったようで、
震源地はクルド人の町のようですが、詳細は未だ入ってきていません。

死者数も140名を超え、負傷者も1000名に達すると伝えています。
c0192063_13245819.png

c0192063_13251038.jpg

c0192063_13252250.jpg

c0192063_13262923.jpg

c0192063_13261989.jpg

c0192063_13253244.jpg

c0192063_13255862.jpg

下記は BBCとアルジャジーラの記事です。
Dozens die in Iran after quake hits near Iraqi border

A 7.3 magnitude earthquake has struck the border region

between Iraq and Iran, killing dozens of people on the

Iranian side and injured hundreds more, according to state

media.

The US Geological Survey (USGS) said Sunday's powerful quake

hit close to Halabjah, southeast of Sulaymaniyah, a city in

the semi-autonomous Kurdish region of northern Iraq.
http://www.aljazeera.com/news/2017/11/northern-iraq-rocked-

72-magnitude-earthquake-171112184114150.html
Iraq-Iran earthquake: Deadly tremor hits border region
A strong 7.3-magnitude earthquake has rattled the northern

border region between Iran and Iraq, killing more than one

hundred people.

At least 129 people have died in western Iran's Kermanshah

province, officials told state media.

Six more have been reported dead in Iraq. The death toll is

likely to rise.
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-41963373


トランプ大統領は フイリッピンに入り アセアン諸国と会議のようです。
ツイートされた文面には 気を付けながらも 解任した、
コーミー前長官について 触れています。

ロシアのプーチン大統領も精力的に対談を行っています。
トランプ大統領には 
アメリカの大統領選挙には ロシア政府は一切係わっていないと、
断言し トランプ大統領は
アメリカの情報機関を私は信用している と 気遣いを見せていましたが、

c0192063_13350611.png

c0192063_13354708.jpg

CNNでは トランプはプーチンに丸め込まれて 踊らされると
前のCIA長官等が発言しています。

c0192063_13351685.jpg

James B. Comey, called a ‘liar’ and ‘leaker’ by Trump,

tweets a quote about truth and justice
Former FBI director James B. Comey speaks on Capitol Hill in

June. (Andrew Harnik/Associated Press)

ヒラリー・クリントンの私的なメール問題で
報告書を書き換えた事が暴かれて 先行きが不透明なコーミー氏です。
Former FBI director James B. Comey has been somewhat active

on Twitter over the past month, mostly tweeting nature

photos and avoiding anything blatantly political.

In one of his latest tweets, he quoted a sermon from the

late English
https://www.washingtonpost.com/news/politics/wp/2017/11/12/j

ames-b-comey-called-a-liar-and-leaker-by-trump-tweets-a-

quote-about-truth-and-justice/?hpid=hp_hp-top-table-

main_comey637pm%3Ahomepage%2Fstory

Trump tweets 'Russia can greatly help' US after calling ex-

intel leaders 'political hacks'
On the homestretch of his whirlwind trip to Asia, President

Donald Trump tweeted a defense of his efforts to establish a

rapport with Russian President Vladimir Putin, saying that

the Kremlin "can greatly help" Washington with global

trouble spots.

http://www.foxnews.com/politics/2017/11/11/trump-tweets-

russia-can-greatly-help-us-after-calling-ex-intel-leaders-

political-hacks.html

日々訪問し 様々な情報に触れるブログから 引用します。

パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんより引用

ttensan.exblog.jp
http://ttensan.exblog.jp/26137657/

ジョージ・サミュエリ博士がロシアゲート騒ぎを作っている書類を
入念に調査したところ、
ヒラリー民主党陣営の仕業だったと報告しています。

そして元CIA長官ジョン・ブレナン、
元FBI長官ジェームズ・コミーらもこのことは
最初から知っていたのに二人ともが民主党の委員会がでっち上げた
ロシアによる選挙ハッキング話、
トランプとロシアの関係を想像で作ったクリストファー・スティールが作った
証拠書類の話に乗っかったとしています
・証拠の文書をきちんと調査せずマスゴミ大騒ぎ
  ↓
・民主党と極めて近い元担当部署の長官らが
 スティールが創作した文書であることを把握しながらこれに便乗。
  ↓
・米国マスゴミとヒラリーシンパどもががこれを燃料に大騒ぎを続ける。


証拠は何一つ出てきていないわけです。
ですが、偽造された文書をもとに「怪しい!怪しい!」
ただこれだけでトランプ陣営を攻撃し続けてきました。

また、ヒラリーは国務長官時代には
クリントン財団への寄付金の金額で
会談する国の順番を決めていた事が指摘されてきました。

アメリカのウラン鉱山を所有するカナダ企業を、
ロシアの国営原子力企業ロスアトムが買収することで
アメリカのウランの20%をロシアが保有するという
安全保障上の問題が発生するという話があったのですが、
クリントン財団を通して利益を得たヒラリーはロシアに買収をさせました。

むしろロシア関連の問題とすればこれが最大級の問題であり、
これこそマスゴミが大騒ぎすべき話なわけですが、
米国マスゴミも日本のマスゴミと同じなので
引用終わり

アメリカのメデイアも 幾つかのメデイアと、
ヒラリーとコミーの疑惑をネットでは取り上げ始めました。

ロシアが~、ロシアが~と これでもか?と
トランプ大統領叩きを 行って来ましたが、ドンデン返しが在りそうです。

ハリケーンの後 襲う寒波は こんな暴風雪を・・・・。

c0192063_13352986.jpg

フランスの南部の街 トウールーズでは車による襲撃事件が有りました。
スワッ テロ事件か?と 思いましたが、
襲われたのは 3名の中国人学生のようでした。

c0192063_13560217.png

c0192063_13561603.jpg

フランス警察は 背景等を調査中との事ですが、
巨大な力を付けた 中国政府の強引な進出方法に
欧州では批判が起きているようです。

French car 'attack' hurts students near Toulouse

A driver has ploughed into a group of students
near the south-western French city of Toulouse, injuring three.

One of the injured is said to be in a serious condition.
All three are thought to be Chinese.

The incident occurred outside a college in the suburb of Blagnac.

French media quoted police sources as saying the incident was
deliberate but the driver, reported to be aged 28,
was not on a security watch list.
He was arrested several minutes later.

Police say the man had several previous minor convictions,
notably drugs-related.

http://www.bbc.com/news/world-europe-41948298


北イタリアのミラノには 中華街が出来ていて
偽ブランド、薬物の不法密輸、
そしてお決まりの 中国人の不法移民が止まりません。

スペインでは マフイア化した中国人が90名近く逮捕されました。
麻薬の密売、偽ブランドの製造販売、不法密入国斡旋等、等・・・。

イギリスでは保守党の議員40名が 反メイ首相を訴えて
党首選挙を行うようにと メイ首相を批判しています。
ここぞとばかり 労働党の党首も批判しています。
            

c0192063_14370599.png


 「泣きっ面に 蜂」では有りませんが、

イギリス人男性と結婚したイラン人女性が休暇中
イランに里帰りしましたが、
政権転覆計画に加担したと 逮捕されて、
懲役5年の刑を言い渡されました。
イギリスの政治家の始動は遅くて 
最近彼女が乳がんに犯されているらしいと解り
マスコミの集中砲火を浴びています。

逮捕された ナガリン・ザカリン・ラドクロフさんです。

c0192063_14074821.jpg


矢面に立たされた マイケル・ゴーブ議員です。

c0192063_14093636.jpg


c0192063_14092412.jpg

Nazanin Zaghari-Ratcliffe was visiting her parents in Iran
with her young daughter Gabriella
when she was arrested by the Revolutionary Guard
in Tehran Airport

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5075249/British-mother-verge-nervous-breakdown.html#ixzz4yHSjd4Vp

Michael Gove said he was not sure what Nazanin Zaghari-Ratclife was
doing in Iran before she was arrested by the Revolutionary Guard
on suspicion of espionage

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5075249/British-mother-verge-nervous-breakdown.
British mother jailed in Iran on spying charges has lumps
in her breasts and is 'on the verge of a nervous breakdown',
says her husband
Nazanin Zaghari-Ratcliffe was visiting her family
when she was arrested in Iran
She was jailed and her husband Richard said
she is on the verge of a breakdown
He revealed she has found new lumps
in her breasts and is 'losing her temper'

タイムス紙の風刺画もゴーブ議員とボリス・ジョンソン外相を皮肉り 

c0192063_14095288.jpg

癌が事実なら 心配ですね!
胸にシコリが三つ在る事を本人が確認したそうです。

ご主人もイランの医療事情をイギリスと比較して
早く里帰りしただけと,
イラン政府に認めさせて帰国させたがっています。

Gove creates new doubts over mother jailed in Iran

Husband reveals health fears after breast scans
A British mother jailed in Iran for spying has denounced

Boris Johnson as a “shambles”, even as a second cabinet

minister cast doubt on her defence.
https://www.thetimes.co.uk/edition/news/gove-creates-new-

doubts-over-mother-jailed-in-iran-8r0nv9ctb

戦没者慰霊の日を迎えたイギリスでは 
例年通り 皆胸にはポピーの花を付けて、全国で二分間の黙祷を捧げています。
慰霊塔に 毎年女王陛下は花を捧げているのですが、
今年は 年齢も考慮して チャールズ皇太子が代わりに 花束を捧げました。


c0192063_14091654.jpg

第一次世界大戦の犠牲者の慰霊が最初だったそうです。
現在は 復員軍人のパレード等も行われています。
Sombre on the sidelines,
the Queen sees Charles play the part of King:
Her Majesty take in the full,
humbling spectacle of Remembrance Sunday
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5075249/British-mother-verge-nervous-breakdown.
Curse of Nelson's diamonds:
Our sea hero's obsession with them led to his death -
and everyone else owned them met a tragic end,
as revealed in fascinating new book


For years we have only been able to imagine
what this treasure looks like because shortly after World War II
it was stolen from the National Maritime Museum in Greenwich
by a cat burglar.
Since then it has been presumed lost for ever,
its glory visible only in portraits of
Nelson and on his statue in Trafalgar Square.

But fortunately the jewel formed part of the heraldic crest adopted
by Nelson when he was appointed to the peerage,
and a long-lost drawing of the original was recently found
at the College of Arms,
the national authority on such matters.
Following this discovery,
London jewellers Symbolic & Chase financed a replica
which has just gone on show at the Portsmouth Historic Dockyard,
and will be exhibited in London this week.

http://www.dailymail.co.uk/home/index.html

第二次世界大戦終了後 
グリニッジの国立海事博物館から”猫泥棒”に盗まれた 
ネルソン提督のクレスト(紋章)を象った宝石が盗まれてしまい、
肖像画から作られた銅像がトラファルガ広場で見ることが出来ますが、
宝石は盗まれたままでした。
今回 設計図が見つかり レプリカが作られて公開されるそうです。
 

c0192063_14364357.jpg

海賊の親分が イギリス艦隊の提督に成り
スペイン艦隊を破ったのですが、凄い宝石ですね。
全て ダイヤモンドだそうです。

ポーツマス ヒストリック ドックヤードで表示した後に、
今週ロンドンで展示されます。


お~~い 、泥棒~~

先般 中国訪問を終えた トランプ大統領ですが、
フォーリン・アフエアにこんな論文が載っていました。

以下に引用です
中国のアジアでの覇権確立に対するアメリカの懸念、
そして、包囲網を築かれてしまうのではないかという
中国の警戒感をともに緩和させることはできるだろうか。
必要なのは冷静な相互理解だ。
中国がその周辺地域において
大きな影響力をもつようになるのは避けられないが、
その影響力の限界は中国がどのような地域政策をとるかで左右される。
アジア諸国はアメリカが地域的な役割を果たすことを望んでいるが、
それは(中国に対する)均衡を保つためであり、
十字軍としての役割や中国との対決は望んでいないことも
理解しなければならない。(キッシンジャー)
モンク 注 日本経済が此処まで強くなる前に 叩き潰すべきだった、と
      周恩来との会見で言った このユダヤ人の中国贔屓は尋常では
      有りません。
      太平洋は広くて アメリカと中国が東西を分け合って住む事も出来る
      等と発言する 習はこのユダヤ人を頼りにしているのです。

台頭する国家は自国の権利を強く意識するようになり、
より大きな影響力と敬意を求めるようになる。
かたや、チャレンジャーに直面した既存の大国は状況を恐れ、
守りを固める。
この環境で、誤算のリスクが高まり、相手の心を読めなくなる。
米中にはこの「ツキジデスの罠」が待ち受けている。
それだけではない。
米中間には相手国の理解を阻む文明的な障壁が存在する。
必要なのは、相手への理解を深めることだ。(アリソン)

冷戦期には、超大国の社会が次第に似た存在になっていくことで、
緊張緩和(デタント)が育まれていった。
だが、現在の国際的相互依存環境では、このダイナミクスが逆転する。
大国間の立場が違えば関係は相互補完的になり、
協調へと向かうが、似通った国へと収斂していけば、
むしろ対立と紛争のルーツが作り出される。
米中関係はまさにこのパターンに符合する。
緊張が高まっていけば、
米中関係においてこれまで機会と考えられてきたものが、
脅威とみなされるようになる。
今後出現するのは、表面的には冷戦構造に似た、
新しく奇妙な二極世界になるだろう。(レナード

https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2017-11-07-tue/

リスもそろそろ 冬支度なんですね。

c0192063_15014170.jpg





 


[PR]
by monk-1 | 2017-11-13 14:59 | Comments(0)

落ちない手形なの?

好いお天気ですね。

トランプ大統領の中国訪問も無事に終りました。
北朝鮮問題で圧力をかけると 想像されていましたが、
表面的には口にしませんでした。

公正な貿易をと・・・・アメリカ側が言い、
其れに対して、
当初から中国政府は商談を用意していたようです。
総額 28兆円だそうですが、覚書が半分位のようです。
インドネシアの高速鉄道計画も棚ざらしになっていますが、
又 落ちない手形を掴まされないように、 
注意しなくちゃ~。

トランプ大統領のアメリカ国内向けに用意されていたようです。

先日の全人代大会で磐石の体制を作った様に見える習近平首席も
明、清、時代の皇帝の居城を使用して迎え、

しかも 普段は公開をしていない紫禁城を使用して
トランプ大統領の訪中を利用して
自からの地位を 
過去の偉大な皇帝と同様に並ばせて 位置付けると言う、 
手の込んだ国内向け演出でした。

その後 トランプ氏も習氏も ヴェトナムで開かれる
APEC会議に臨む為にヴェトナムへと向かいました。

ヴェトナム南部は台風の直撃を受けて、
大雨の洪水と暴風被害が酷いようです。
c0192063_10122702.jpg
c0192063_10121483.jpg
c0192063_10125177.jpg
c0192063_10124038.jpg
c0192063_10115753.jpg
日本の安倍総理もヴェトナムに到着したようで、
10日に直ぐロシアのプーチン大統領と会談をするようです。

トランプ大統領の韓国訪問は 公式の場にも係わらず、
反日意識を強く打ち出して 
海外メデイアから辛辣な批判が出ていますが、
あの 民族は そんな事は気付くはずもなく、
痛くも無いのでしょうね。
まさに 厚顔無恥を解りやすく見せてくれました。

【ソウル時事】韓国の文在寅政権は7日、
国賓として訪韓したトランプ米大統領の歓迎夕食会に、
元慰安婦の李容洙さんを招待した。

李さんは慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意の撤回を求め、
積極的に発言している。
合意に批判的立場を取る文大統領としては、
慰安婦など歴史問題の存在をクローズアップさせ、
米政府の合意への支持切り崩しを図る狙いもありそうだ。

李さんは、
米議会で証言するため英語を学ぶ元慰安婦を主人公にした韓国映画
「アイ・キャン・スピーク」のモデルとされている。
韓国大統領府当局者は
「トランプ大統領が訪問した日韓には慰安婦など歴史問題もある」と
招待の理由を説明した。

 
李さんは2007年2月、
米下院小委員会で慰安婦の実態について証言するなど活発に活動。
15年4月、安倍晋三首相が米議会で演説した際には、
議事堂で傍聴した。
15年12月末に発表された日韓合意については
「公式謝罪と法的賠償を欠いている」と批判し、
受け入れを拒否している。 
(2017/11/7 時事通信)

87歳の 朝鮮動乱時の売春婦なんですが、
発言も二転三転と変わり 自身も訳解らなくなって、

ジープで運ばれたそうです。

ジープは米製軍用車で 大東亜戦争時に日本軍は使用していません。

何でも良いのだそうです、
反日が目的で お金に成るんなら。

朝鮮戦争時に朴大統領が米兵に用意した洋公主(ヨウコンス)です。
つまり 米兵相手の売春婦なんです。
そんな人間?(だと 思います)を、晩餐会に招待するという
無神経さを見た諸外国は、
韓国の大統領と韓国政府は相手にされなくなりますね。
現在も行われているか?どうか?知りませんが、
昔から韓国へ旅行した人ならご存知の
妓生(キーセン)パーテイの国なんです。

中国訪問を終えたトランプ大統領もヴェトナム入りして
アメリカ・ファーストの公約通り、公平な貿易を目指し、
多くの会議での発言を設定しています。

The massive trade deal may please President Trump
but it was his six-year-old granddaughter
who delighted the Chinese people.
Arabella Kushner sang a Chinese song in a video for President Xi
https://www.thetimes.co.uk/edition/news/reshuffle-pro-brexit-mordaunt-takes-over-from-patel-as-development-secretary-hdcsf2bn6
孫娘のアラベラ・クシュナーちゃんが、
中国服で北京語の歌を唄い、習近平を喜ばせていました。
President’s granddaughter, Arabella Kushner,
steals the show with a song for Xi

c0192063_10314284.jpg
タイムス紙は 何時もの皮肉でこんな、
c0192063_10312257.png
ダナンでの目玉は 矢張りプーチンとの会談です。

北朝鮮への圧力問題で ロシアの協力を仰ぐようですが、
北朝鮮はミサイルのICBM化を目指し、
飛行距離を伸ばす事と 弾頭の制御完成を急いでいます。

大国同士の話し合いの中身は 想像すら出来ませんが、
戦端が開かれずに 核放棄とミサイル開発中止になると良いのですが。

南シナ海のラ・グーン(珊瑚礁)の埋め立て、軍事基地化を勧める中国は
レーダー網、ミサイル配備と 何処吹く風です。

世界中に覇権を求める中国共産党の考えは
いずれ 他国と何処かで衝突するでしょう。
(既に 報道されていませんが、インドとの国境紛争が起きています)

破格のもてなしでトランプ大統領を迎えた中国は
明、清の皇帝が住んでいた 
紫禁城を会場に使うと言うことで、

過って 皇帝が居城として使用していた場所を
トランプ氏を利用して習近平が使うことで権威を 
国民に見せ付けたと言う事でしょう。
習氏の夜郎自大で権威主義者の側面を、計らずも見せました。
c0192063_10304915.jpg
c0192063_10310661.jpg
日本でも最初に横田基地に到着した 
トランプ大統領の基地での写真を
最高司令官の基地での様子を 
アメリカメデイアは伝えていません。
米兵から大歓迎を受けていたのですが。
c0192063_10313380.jpg


イギリス政府は ハラスメント疑惑で国防相が辞任した後も、
国際開発担当相のパテル議員が
政府の知らない間にイスラエルを訪問して
イスラエルの閣僚等と会談して、
デリケートな問題の ガザ地区西岸の問題を話し合ったのでは?と

メイ首相は何も知らされていず、
帰国後直ぐにダウニング街に呼び出し
本人が辞任しなければ 罷免するつもりでしたが、
事の重大さと 自分のミスに気付いたパテル議員から辞職届けを受けて
辞任を発表しました。

後任には ユーロ離脱派のペニー議員がなりました、

ペニー議員は海軍の少佐まで経験し、
独立後のルーマニアでボランテイア活動をしたりと、
活動的な44歳の女性議員で 
現在双子の母親でもあるそうです。

Priti Patel quits cabinet over Israel meetings row

Priti Patel has resigned as
UK international development secretary amid controversy
over her unauthorised meetings with Israeli officials.

She was ordered back from an official trip in Africa by the PM
and summoned to Downing Street over the row.

In her resignation letter,
Ms Patel said her actions "fell below the standards of transparency
and openness that I have promoted and advocated".
http://www.bbc.com/news/world/asia

Penny Mordaunt replaces Priti Patel in cabinet reshuffle

Penny Mordaunt has been promoted to the cabinet
as the new International Development Secretary,
following the resignation of Priti Patel.

Like Ms Patel, Ms Mordaunt was among Conservatives
who backed Leave during the EU Referendum campaign.

Ms Mordaunt, 44, said she was "delighted" to take on the role,
as she visited her new department.
http://www.bbc.com/news/uk-politics-41931063
Mordaunt takes over from Patel as development secretary
Penny Mordaunt, a fellow Brexiteer,
has been promoted to international development secretary
following the departure of Priti Patel from the cabinet.

退任したパテル議員と その辞職届けです、

c0192063_11190742.jpg
c0192063_11192266.jpg


新たに 国際開発担当相になった ペニー議員です。
c0192063_11200645.jpg
c0192063_11193974.jpg

イギリスの週刊誌や雑誌も 持ちきりですね。

c0192063_11384539.jpg
c0192063_11385664.jpg
c0192063_11392495.jpg
c0192063_11390822.jpg
c0192063_11394108.jpg
 ME TOO(ミートゥー)で 
セクシャル・ハラスメントを訴える問題は
あっと 言う間に欧米を駆け巡り

ヴァチカン№2の枢機卿はオーストラリア
小児性愛疑惑で裁判が始まり、

イギリスの労働党議員は 
政治学を専攻していた女学生を
研修生として受け入れていた時の 性的ハラスメントを訴えられてしまい、
シャドーキャビネットの閣僚でしたが、
先日 自殺してしまいました。

アメリカでも 芸能界から政界まで
将来、共和党のアラバマ州知事選の候補に予想され、
上院議員選挙に出馬している ロイ・モア現職の判事も
14歳の少女に対するハラスメントで大きく取り上げられて 
共和党の重鎮から 辞退するように求められる始末です。

ステイーブ・バノン氏は ワシントン・ポストの陰謀だと言っています。
何か 政治的な陰謀で訴えられても 解りませんね。
大混乱しています。

混乱する欧米社会と関係なく
北アフリカのリビアやチュニジアからは 偽装難民が押し寄せています。
c0192063_12570399.jpg
Migrants abandon dream of new life to fly home

A migrant trying to board a German rescue ship
in the Mediterranean on Monday

Thousands of African migrants facing rape,
torture and extortion in Libyan detention centres
are abandoning hopes of reaching Europe and instead queueing up
to take charter flights back home under a scheme
set up by the United Nations.

https://www.thetimes.co.uk/edition/world/migrants-abandon-dream-of-new-life-to-fly-home-dbwrbwws6
租税回避地スキャンダルに次 政治家も次々と、

c0192063_11195388.png
惚け老人のモンクと同じように PCもボケてきたようで
写真のアップが上手くいきません、後ほど 推敲しながら載せます。








[PR]
by monk-1 | 2017-11-10 10:03 | Comments(0)

おやおや?

立冬を過ぎて 秋雨がシトシトと降ったり、止んだりと、
今日のお天気は 散歩するのが億劫になります。

トランプ大統領訪日も無事に終わり、今日は韓国の国会で演説しています。
その後 中国を経て ヴェトナムのアセアン諸国も参加する、
APECの会議ですね。

注目は中国訪問と ヴェトナムでのロシアのプーチン大統領との会談です。
中国では非公開だった 紫禁城を使用するようです。
明、清時代の皇帝の居城でしたが、
先の共産党大会でライバルを蹴落とした習近平は
内外に 特に国内向けに 自らを皇帝に並ぶ権威を手に入れたことを
トランプ大統領の訪中を利用して 宣言はしませんが
見せ付けるようです。

安倍総理が提唱した アジア版NATO 南シナ海、インド洋から
中東に繋がる航路を 自由と民主主義と言う
共通の価値観を持つ国々が共同で 自由な航行が出来る海に・・・・と。

中国の一帯一路やAIIBを意識してとは 言いませんが、
鳥瞰図を見るように 解かり易く 理解しやすい戦略です。

トランプ大統領が賛意を示し。
印度、オーストラリア、そして同じ英国連邦のイギリスも、

そんな中に飛び出したのは、
南ドイツ新聞が入手した情報の、
「パラダイス、ペーパー」です、

何故か?ユーロを離脱したイギリス王室と、
トランプ政権の閣僚のニュースが?

フランス辛みでは F1チャンピオンのハミルトン一人だけです。
ドイツ案件は現在 無しです。

ハミルトンは
自家用のジエット機を 複数の会社を設立してリース契約をして
個人の持ち物を 最後は自分の持ち株会社からのリース契約にして
税金を大幅に節約していると、
挙句に世界中の金持ちに 計970機のジエット機を所有して
経由する会社の数を変えてリースを行っていると。

スーパー・リッチマン達が、自家用のジエット機をそのようにして
所有していることが 解ってしまいました。

後は英国王室と、トランプ政権の閣僚のロス商務長官だけです。

疑う訳けでは有りませんが、ドイツの意趣返しにも見えます。
一応 ジャーナリストが調査していますが、
これでお仕舞と言う訳ないですよね。

租税回避地のリストを ユーロ議会は作ると発表しましたが、
何を 今更という感じです。

女王陛下の持つ 島、農園、その他の不動産は今回も大活躍です。
Queen Elizabeth is leasing out a small chunk of land on her estate
outside Windsor Castle for a vineyard.
https://www.cbsnews.com/

オートバイ・レースで有名な マン島は 女王陛下の持ち物の一つですし、
ミルク牛で有名な ジャジー島もそうです、
カリブ海にも幾つも 租税回避地の諸島を持ち、
長らくロンドンのシテイが 世界金融の本拠地で有る 
一つの理由でもあります。
イギリス議会の制約を受けません。
女王が任命した管理人が形だけ議会に出席しますが、
不可侵の権利を持っています。
そんな女王の島や土地が 世界中に在ります。

今回 ファンドに投資した会社は
ランカスター公嶺の農園(ワイン用ぶどう園)に置かれています。

下はランカスターにある 女王陛下のぶどう園です。
c0192063_13362447.png

バッキンガム宮殿の広報は
女王は詳細には関知していないと・・・・。

租税回避地を 幾つも所有している事自体が批判の対象なんですが、
7100億ポンドの投資ですか。

数百年に渡り、私略船、海賊のさすが 親分です。

息子のチャールス皇太子にも醜聞が出て来ています。
c0192063_13412062.png

c0192063_13411134.png

Paradise Papers: Prince Charles lobbied on climate policy

after shares purchase
Prince Charles campaigned to alter climate-change agreements

without disclosing his private estate had an offshore

financial interest in what he was promoting, BBC Panorama

has found.

The Paradise Papers show the Duchy of Cornwall in 2007

secretly bought shares worth $113,500 in a Bermuda company

that would benefit from a rule change.
http://www.bbc.com/news/uk-41901175

英BBCや英紙ガーディアンはオフショアに関する新たな資料、
通称「パラダイス文書」の分析を公表した。
文書によると、
英国のエリザベス女王の資金の約1000万ポンド(約14億9000万円)が
オフショアのタックスヘイブン(租税回避地)のファンドに投資されていた。
AFP通信が伝えた。
女王の資金は英領のケイマン諸島やバミューダ諸島にある
ファンドに投資されていた。
投資はランカスター公領を通じて行われたという。

オフショアのファンドは女王の資金を貧困層を搾取していると非難された
英家電小売業者ブライトハウスなどに再投資していた。

投資は違法的ではない。一方、
英国の国家元首がオフショアのタックスヘイブンに投資するのが
適切なのかはについて疑問が持ち上がりそうです。
品格の問題だと!


ロシアの会社「シバ」から エネルギー輸送を請け負う
「ナビゲーター・ルガ」社が航路を受け持ち、
その会社から輸送業務を引き受ける カンタル・グローバルと言う
英国の船会社の株の30%を
ロス商務長官が持つ 投資会社が持っている事で、
ロシアが、ロシアがと騒いでいますが、
商務長官はそれらの会社の経営者には逢った事もないと、

トランプ大統領のロシア疑惑には これもと 
ドイツが外野からエールを送ったようです。

数年前から 拙ブログで 惚け老人のモンクは言って来ました。
投資することは自由ですが 得た利益には応分の税が掛かるはず と。

租税回避地は ユーロ内のルクセンブルグ、やモナコ以外にも
アメリカ国内の州や 植民地時代の島々に・・・・・。

c0192063_13582606.png


日本のメデイアは報道しませんが、
ブッシュ親子が執筆した本が出版されました。
「ラスト・リパブリカン」が題名ですが、

「我々共和党員が築き上げてきた物が
トランプによって全て壊され始めた」 と。

トランプ政権の広報は 負けずに
仕事をしないで 私財を増やす事に腐心していた親子が
何を作り上げたと言うのか?
歴代大統領の無能のツケが 現在のアメリカの全ての問題で、
トランプ大統領は 必死に問題を解決しようと努力していると、
反撃です。

面白いですね。

ハリマン鉄道王の財閥に組して 
石油部門でブッシュ家を財閥にまでした粗祖父は子孫を
政治家にして、その財力で大統領職に親子を 押し上げました。
息子のブッシュ元大統領の その又息子は 現在
フロリダ州知事で 秘かに大統領を狙っているそうです。

そんな折も折り
ヒラリー・クリントンの醜聞が蒸し返されました。
FBIコメィ前長官が、
ヒラリー・スキャンダルの最終報告書を書き換えていた
「メールの私的使用は極端な不注意」でしかなく「起訴には値しない」と。

以下に 宮崎メルマガより引用です

「コメィは良い仕事をしなかった」と言って
トランプは前政権から居座っていたFBI長官のコメィを更迭した。
メディアは「トランプの移り気、個人的なムラ気」などと
突然のコメィ解任に批判的だった。
背景に何があったかをメディアは十分説明せず、
いたずらにトランプ批判の一環として、表面的な報道に狂奔していた。

ヒラリーの悪業はリビア・ベンガジのスキャンダルばかりではなく、
ロシアゲートとも深く関わっていた。
彼女の犯罪的行為とは、「ヒラリーは国務省をヒラリー商会に変えた」
(藤井厳喜氏)。
 
カナダのウラニウム企業「ウラニウム・ワン」は
米国のウランの20%を占めるエネルギー産業だが、
この会社を巧妙に三つの法的手続きを経て、ロシアの企業が買収した。
この買収に積極的に動いたヒラリーは、
ロシア系の怪しげな団体個人から膨大に政治献金を受けていた。

明らかに国家安全保障に脅威を与える企業買収で、
議会が問題にしたが、いつの間にか有耶無耶にされた。

ベンガジゲート事件は言うまでのないが、
反カダフィ勢力に供与してきた米国製武器を回収し、
シリアの反アサド政権の武装勢力に回航しようとして、
大使をベンガジに派遣したところをIS系過激派に襲われ、
四名が死亡した事件。
ヒラリーは12時間にわたって議会公聴会をああだこうだと言い逃れ、
結局党内の大統領候補キャンペーンに辛勝した。

 火のないところに煙は立たない。
そこで民主党選対が考え出した苦肉の自己防衛策が、
敵陣営へのフェイク攻撃、
つまりロシア・スキャンダルなるものをでっち上げて、
トランプ陣営に疑惑をなすりつけることだったのだ。

 あたかも「もりかけ」問題と、
このフェイクニュースによるでっち上げは似ている。
悪印象を相手に押しつけて、自らのやましさを転化するのだ。
そのプロット立案と左派ジャーナリストらとの共闘関係は、
日本でもお馴染みの手口だろう。

 2016年5月2日、
FBIはヒラリーの私的メール濫用で報告書を作成し、
起訴するに値するほどの「国家安全保障に脅威」ではないと結論づける
最終報告書を用意していた。
ヒラリーは機密情報を得る立場にあったが、
コメィFBI長官は、その文案に勝手に手を加え
「概括的に不注意による」(grossly negligent)とされた箇所を
「極端なケアレス」(extremely careless)とニュアンスを変える表現とし、
FBIの最終報告書としたのである。

この公的報告書への削除加筆という改竄行為は、
米国の法律では「懲役十年、もしくは罰金」が適用される。

 直後、
ヒラリー夫妻は「地方の空港で偶然会った」という言い訳をしながら
当時の司法長官だったリンチと三十分にわたって機内で密談し、
結果的には強引に起訴に持ち込ませなかった。

こうした報道は米国の大手メディアは軽視するか無視しており、
したがって日本のメディアはまったく伝えていない。
しかしながら米国の保守系、ワシントンタイムズ、
ポリティカルインサイダー、ハフポストなど(いずれも11月7日)が一
斉に報じており、
そのうえ民主党のヒラリー陣営の幹部だった人間が、
「これは党派の問題ではなく、国家の安全に脅威を与えた大事件だ」として
告発に踏み切ると伝えている
以上 宮崎メルマガより 引用です。

トランプ大統領に罷免された 
FBIの元コーミー長官のスキャンダルからです。

初期の草稿 Comey の
ヒラリー ・ クリントンへの免責声明は連邦法違反を認めた


チャックグラスリー上院司法委員会委員長宛の手紙
FBI ディレクター クリストファー は何故?
彼女の問題を公開することを要求しました。
月曜午後遅くなぜヒラリー ・ クリントンを強く exonerating
元 FBI 長官ジェームス Comey ステートメントの初期のバージョンが示された
個人のメール サーバーで極秘情報を共有して、連邦の法律に違反しました

彼は 2016 年 7 月配信、Comey の最後のステートメントでその

言葉が変更されました。


Grassley: Early Drafts of Comey's Exoneration Statement

Acknowledged Hillary Clinton Violated Federal Law
Senate Judiciary Committee Chairman Chuck Grassley sent a

letter to FBI Director Christopher Wray late Monday

afternoon demanding to know why early versions of former FBI

Director James Comey's statement exonerating Hillary Clinton

strongly indicated she had violated federal law by hosting

and sharing top secret information on a personal email

server. In Comey's final statement, which he delivered in

July 2016, that language was changed.

http://nation.foxnews.com/2017/11/07/grassley-early-drafts-

comeys-exoneration-statement-acknowledged-hillary-clinton-

violated
米国では現在、
クリントン・ファミリーの「ロシア・スキャンダル」が大爆発している。

ドナルド・トランプ大統領の「ロシア・ゲート問題」は、
すでに実体がないことが明らかになった。
これに対し、新たに発覚したクリントン夫妻の「ロシア・ゲート問題」は、
ウォーターゲート事件などが比較にならないほど、
深刻な政治腐敗といえる。
国家の安全を、
金銭でロシアに売り渡していた疑いがある一大スキャンダルなのだ。

 
オバマ政権でヒラリー・クリントン氏が国務長官だった当時、
カナダの「ウラニウム・ワン」という企業を、
ロシア政府の原子力機関「ロサトム」が買収した。
「ウラニウム・ワン」は、米国のウラン鉱脈の5分の1を保有しており、
買収には米国政府の許可が必要だった。

 
ヒラリー氏はこの買収を積極的に推進し、
「ウラニウム・ワン」はロシア政府の傘下企業となった。

さすがに共和党保守派は当時、
「この売却が米国の国家安全保障を大きく毀損(きそん)する」と
オバマ政権を批判したが、企業買収は完了してしまった。

 
国の安全保障の根幹を脅かす決断を行った政治家は、
それだけで「国家反逆罪」の対象になり得る。
ところが、問題はそれだけではなかった。

 
この件に絡んで、「クリントン財団」は何と、
「ウラニウム・ワン」買収の関係者から
総額1億4500万ドル(約165億2850万円)にも及ぶ
献金を受け取っていたのだ。

 
しかも、「ウラニウム・ワン」の売却交渉が行われている最中
              (=ヒラリー国務長官時代)、
ビル・クリントン元大統領は、
ロシアの政府系投資銀行に招かれて講演を行い、
1回の講演で50万ドル(約5700万円)もの謝礼を受け取った。
これは通常の彼の講演謝礼の2倍の金額である。

 
また、ロシア政府系のウラン企業のトップは実名を明かさず、
クリントン財団に総額235万ドル(約2億6700万円)の献金をしていた。

 
これらは、「反トランプ派」の代表的メディアであるニューヨーク・タイムズも、
事実関係を認めている。

 
クリントン夫妻の「ロシア・ゲート問題」は今後、さらに追及されて、
米民主党やリベラル系メディアに壊滅的打撃を与えるだろう。

c0192063_14213756.jpg
ヒラリー氏が逮捕される可能性も出てきた。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171106/soc1711060010-n1.html


サウジアラビアで 政変が起きているようです。
まさか 習近平を見習ったのでは無いのでしょうが、
サウジのサルマン国王の息子が 皇太子として父親を助けていたのですが、
c0192063_15260435.png
前の国王 アブドラ氏の息子2人を 汚職と収賄容疑で逮捕しました。
他にも 閣僚2名と閣僚経験者11名 
そして関係者100名近くを 捕まえてしまいました。
個人が所有する 財産は全て凍結、没収だそうです。

中でも驚いたのは サウジ一番の(国王を除く)大金持ち
ワリード王子も逮捕されました。
ワリード王子の個人資産は2兆1000億ドルと言われていて
世界中に投資しています。

表向きは メッカの霊廟を保護する建築物を新設する工事で
汚職や収賄疑惑あると、 でも掴った人達を見ると
まるで 
習近平が将来ライバルに成りそうな人間を追放した手口と同じで
厳しい 王位継承権と利権を巡る争いと直ぐ解ります。

王族が投資している中には 日本株も有ると言われています。
又 石油価格が政変で高止まりのようです。

投機家の 目の色が変わるようですね。









[PR]
by monk-1 | 2017-11-08 15:46 | Comments(0)

アッカンベー!

連休最後の日ですが、秋晴れの好いお天気ですね。
未だ空けやらぬ内に目が覚めて、少し本を読んでいましたが、
表は 冷たい冬の風が吹いていました。

現在は暖かい日射しが 部屋の中に降り注いでいますが、
夏の息苦しい位の 湿り気を帯びた暑さと違い
外の空気は日が射していますが、初冬の気配がします。

昨夜の日本シリーズは 横浜負けてしまいました。
今永投手は2本の安打しか! 打たれていないのですが?、
ホームランと2塁打で 負けてしまいました。
勝運とは 微妙なんですね。

福岡は強いですね、おめでとう。

横浜は来期 捲土重来ですね。
若い良い選手が育っています。


スポーツの秋と言いますか、
衛星放送で AFCのU-19の女子サッカーの決勝戦、
北朝鮮VS日本を見ながらブログを書いています。

現在 後半ですが一点 日本がリードしています。
北朝鮮も強いですね。

ニューヨークマラソンに フランス人は
最大の参加人数が参加しているそうです、
ボストンの悲劇が在りましたから、警備も厳重なようです。
無事に終ってくれる事を願っています。



<iframe width="530" height="298" src="https://www.youtube.com/embed/wm2hlOFy-3c" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen></iframe>

そんなフランスですが、
フランス政府はニュー・カレドニアの独立を求める国民の
国民投票を認めると発表しています。

過っての植民地を世界中に持っていますが、
先般 ギニアのデモの後 訪問したマクロン大統領も
デモの洗礼を受けていましたね。

ニュー・カレドニアについて ウイキペデイアから引用です。

オーストラリア東方の島で、南太平洋のメラネシア地域にあり、
面積は1万8575.5km²(四国ほどの大きさ)である。
フランス語ではヌーヴェルカレドニー (Nouvelle-Calédonie) と呼び、
ニューカレドニアは英語: New Caledoniaから来ている(
Caledoniaはスコットランドのラテン語名なので、
新スコットランドとなる。
現地語ではカナキー (Kanaky) とも呼ばれる。

人口は2016年の調査では27万5355人。
政庁所在地で人口最大の都市はヌーメア(2014年の人口は9万9926人
通貨はウォリス・フツナ、
フランス領ポリネシアと共にCFPフランを使用している。
主都ヌーメアは、太平洋地域の地域協力機構、
太平洋共同体の本部所在地である。

1985年以降、
メラネシア系先住民カナックによる激しい独立運動が行われ、
現在では沈静化したが一時は暴動や内戦に近い状態を呈していた。
1986年、国連非植民地化委員会 は
ニューカレドニアを国連非自治地域リストに掲載した。
ニューカレドニアは1998年のヌーメア協定で、
2014年~2018年の間に行われる国民投票によって
フランスにとどまるか独立国になるかを決定することになっている。
以下省略・・・・
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%89%E3%83%8B%E3%82%A2

c0192063_10265319.png
c0192063_10271728.jpg
c0192063_10274077.png
c0192063_10272818.jpg
一般的には南太平洋の避暑地として、
綺麗な海にイメージですが、ニッケルの露天掘りでも有名です。
世界の4分の一の採掘量を誇るそうで、日本を始めとして
世界中が買い付けているそうです。

ネットの発達であらゆる情報が手に入るようになり、
民族の自決権に目覚めた人達は世界中で 
新たな独立運動を行っています。
c0192063_10382531.jpg

サウジ・アラビアの首都リヤド近郊の空港近辺に、
ミサイルが数発打ち込まれたようです。

Yemen's Houthis fire missile at Saudi Arabia's Riyadh
Yemen's Houthi rebels have claimed responsibility for a loud

explosion in Riyadh, saying they fired a long-range

ballistic missile that travelled more than 800km over the

border with Saudi Arabia.

http://www.aljazeera.com/news/2017/11/yemen-houthi-fire-

missile-saudi-arabia-riyadh-171104180946302.
htmlnational Airport.
#فيديو : بقايا الصاروخ الباليستي سقطت بالقرب من مطار الملك خالد الدولي في #الرياضhttps
://t.co/FSAWXZJgWX

- pic.twitter.com/hgfvv1KLY7
— جريدة الرياض (@AlRiyadh) November 4, 2017

c0192063_10424747.jpg
c0192063_10423517.jpg
The King Khalid International Airport is located north of

Riyadh


Saudi Arabia: Missile intercepted near Riyadh
Saudi Arabia says it has intercepted a ballistic missile

fired from Yemen, after a loud explosion was heard near

Riyadh airport on Saturday evening.

The missile was destroyed over the capital and fragments

landed in the airport area, officials quoted by the official

Saudi Press Agency said.

A TV channel linked to Houthi rebels in Yemen said the

missile was fired at the King Khalid International Airport.

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-41872995

どうやら 紛争中のイエメンから打たれたようで、
イエメンを軍事支援している イランの問題が又問題に成りそうです。

c0192063_10422029.png

サウジ・アラビアは圧倒的な軍事力を持っていますから、
此の儘では済みませんね、
原油価格も高くなっています。
サウジの皇太子は 社会改革を行っていますが、
女性が車の運転も出来るようにとか、
女性の地位向上を図り
参政権もスケジュールに入っているようです。

FOXニュースに こんな話題が・・・・。
世界中で一番高いウイスキーは??と 題してです。
World’s most expensive whiskey revealed to be a scam
The world’s most expensive whiskey has been exposed as fake

– after a Chinese businessman paid $10,000 for a single shot.

A dram from the unopened bottle of “Macallan 1878” sold

for the four-figure sum at a Swiss hotel in July – making it

the priciest glass of single malt ever flogged.

But whiskey experts smelled a rat after news of the sale

broke and Sandro Bernasconi, of The Waldhaus Hotel in St

Moritz, called in investigators to examine the $300,000 bottle

c0192063_10383704.jpg

A dram from the unopened bottle of sold for the four-figure

sum at a Swiss hotel in July. (iStock)
http://www.foxnews.com/
スイスの高級ホテルに宿泊していた中国人がバーで、
1878年物のウイスキーマッカランに
シングルモルト一杯に 一万ドル支払ったと言う話しです。

マッカランは確かに 美味しいウイスキーですが、
幾ら?年代物とは言え 一杯一万ドルとは?・・・・・・。

客の中国人観光客 張衛(36歳)はスイスの
ヴァルトハウス  ホテル、サンモリッツのバーでの支払額が話題になりました。
処が ボッタクリや詐欺被害を専門に調査しているRW101と言う団体が
覆面調査した所 ウイスキーは全くの偽物と判明しました。
シングル・モルトの謳い文句とは違い
麦芽60% 穀物40%の混ぜ物で、蒸留も2003年頃と
瓶の製造年月日も 蓋のコルクも安物で
ホテルが自慢げにいう所の 
お客様の層を考え 一流の物しか置いていないと、
調査に協力した オックスフォード大学の放射性炭素年代測定でも
近年に 混ぜて作られた偽物と・・・。

ホテルと元の所有者は1878 年に蒸留し、27 年間成熟したと述べ

それは マッカラン・タリスカー蒸留所(株の
CEOロデリック・ケンプが保証すると主張していました。


ザ ・ マッカラン ブランド(元の所有者)エドリングトンから買い入れた
ケン グレアは言った「私達はこれを非常に 真剣に受け止める」と

年代物のお酒は ウイスキー、ワイン、シャンペン、全て
投機の対象なんですね、だから偽物作りが現れます。

一杯一万ドル払った中国人は 笑い話を提供してくれたようです。
お金持ちだと 言いたかったのかな?

地球の温暖化の所為なのか 世界中が異常季候に見舞われています。
フロリダ半島の西と東に上陸した ハリケーンの被害が言われて間もなく
東海岸を熱帯性低気圧が通りすぎた後、

c0192063_11251126.jpg

北から寒気が流れ込み
シカゴは零度 中西部でも雪が降るような寒気に襲われました。

又ハリケーンがキューバとフロリダ経由東海岸を襲うようです。

c0192063_11244515.png
c0192063_11252336.jpg
c0192063_11245978.jpg

休む間も無く 次々と襲われているようです。
過ぎ去った後には 又寒気が流れ込むようで、異常な気候ですね。

Tropical Storm Philippe to slam Cuba, Florida with heavy

rainfall

A tropical depression strengthened into Tropical Storm

Philippe as it dumped heavy rains over central and western

Cuba, the U.S. National Hurricane Center said Saturday. It

said the rainfall is spreading north across the Florida Keys

and South Florida.

The storm's winds have increased to 40 mph and additional

strengthening is expected over the next 48 hours, the center

said.

Tropical storm warnings are in effect for the Cuban

provinces of Isla de la Juventud, La Habana, Ciudad de la

Habana, Matanzas, Cienfuegos and Villa Clara as well as the

northwestern Bahamas, the center said. Watches are also in

effect for Craig Key, Golden Beach and the central Bahamas.
https://www.cbsnews.com/news/tropical-storm-philippe-track-

update-path-slam-cuba-florida-heavy-rainfall/

欧州でも イギリス上空を通過した低気圧は欧州大陸沿岸で又発達し
ドイツは異常な大雨と暴風で大きな被害が出ています、
バルト海に抜けた低気圧は 海上で又発達し
次は北海からロシアで大暴れです。

ドイツのベルリン市内の被害です。

c0192063_11314756.jpg

ドイツ南部では洪水の被害も、

アジアでも 例年日本に来る台風が フイリッピンを通過した後
南シナ海から 中国大陸へ向かい 香港、マカオ、内陸部では
土砂災害に洪水と、
今回の低気圧は ヴェトナムを襲いました。

c0192063_11351122.png
c0192063_11352623.png

Typhoon Damrey hits Vietnam, leaving 1 dead, 5 missing
HANOI, Vietnam –
Typhoon Damrey has slammed into Vietnam's south-central coast,
killing one person and leaving five others missing.

Disaster officials say the typhoon also blew the roofs off of thousands of houses,
and felled trees and electricity poles.


Down and out in Vietnam

Depression, suicide and alcoholism are all on the rise as urbanization,
job competition and failed expectations take a collective toll
on the nation's mental health
n Hanoi’s Fury Room,
US$8 gets you a baseball bat and ten minutes alone in a room filled
with porcelain mugs and disused microwaves.
Clad in protective garb, typically young men, mostly professionals,
unwind in the evenings by smashing as much as they can.

http://www.atimes.com/article/down-and-out-in-vietnam/

c0192063_11353956.jpg
ドイツでは異常気象を捕らえて
ピース・ボートや緑の党主催のデモが行われています。
バヌアツなど南太平洋の島嶼の国々からも 参加して、
此の儘では 島が水没し 国が無くなると訴えています。
石炭火力発電を止めろと・・・・。

ドイツの電気は フランスの原発から大量に購入していますが、
その事には 触れないようです。


アメリカ大統領補佐官のイバンカ氏が帰国したようですね。
何枚かイバンカさんの写真を
c0192063_11451984.jpg
c0192063_11450449.jpg
c0192063_11445245.jpg
先月 36歳のお誕生日を迎えた イバンカさんに
安倍総理から 花束のプレゼントです。
c0192063_12063345.jpg

十分に楽しまれたようですね、
仲良くする事は 好い事です。


最後に ベラルーシの博物館から、
お馴染み アッカンベー です。
c0192063_11460645.jpg










[PR]
by monk-1 | 2017-11-05 11:48 | Comments(0)

爽やかな 秋晴れです。
今日から三連休ですね、夜半過ぎから明け方まで
冷たい雨が降っていましたが、
日が昇ると供に 雨は止みました。

11月3日 文化の日です、旧明治節ですね。

明治天皇の 御誕生日です。
旧暦の9月22日でしたが、新暦に代わり11月3日が名前を変えられて
文化の日となりました。

昔から何故か?明治節はお天気が良い事で有名なんです。

形を変えた 様々な催しが全国各地で行われているようです。

ニューヨーク市のテロの後 トランプ大統領のツイッターが繋がらなくなり、
約10分程 アクセスも出来なくなったようです。

ネットでは ツイッター社に 
「よくやった、止めた社員にボーナスを」とか、
「修理しなくて良いよ、漸く静かになった」等の
書き込みが在りましたが、原因は不明との事でしたが 後に
カスタマー・サービスの従業員が間違えたと 発表しています。

タイムス紙は皮肉交じりに こんな・・・
c0192063_12525688.png

BBC放送では バルフォア宣言から百年を記念して
背景等を放送していましたが、当たり障りの無い内容でした。

ユダヤ人がパレスチナに国家を設立することを、
イギリスの外務大臣とロスチャイルド卿が取り交わし宣言した訳です。
以下に その宣言とも言う 書簡を載せます。

「Foreign Office,
November 2nd, 1917.

Dear Lord Rothschild,

I have much pleasure in conveying to you, on behalf of His

Majesty's Government, the following declaration of sympathy

with Jewish Zionist aspirations which has been submitted to,

and approved by, the Cabinet.

"His Majesty's Government view with favour the establishment

in Palestine of a national home for the Jewish people, and

will use their best endeavours to facilitate the achievement

of this object, it being clearly understood that nothing

shall be done which may prejudice the civil and religious

rights of existing non-Jewish communities in Palestine, or

the rights and political status enjoyed by Jews in any other

country".

I should be grateful if you would bring this declaration to

the knowledge of the Zionist Federation.

Yours sincerely,
Arthur James Balfour」
日本語訳が下記です。

「外務省
1917年11月2日

親愛なるロスチャイルド卿

私は、英国政府に代わり、以下のユダヤ人のシオニスト運動に共感

する宣言が内閣に提案され、そして承認されたことを、喜びをもっ

て貴殿に伝えます。

「英国政府は、ユダヤ人がパレスチナの地に国民的郷土を樹立する

ことにつき好意をもって見ることとし、その目的の達成のために最

大限の努力を払うものとする。ただし、これは、パレスチナに在住

する非ユダヤ人の市民権、宗教的権利、及び他の諸国に住むユダヤ

人が享受している諸権利と政治的地位を、害するものではないこと

が明白に了解されるものとする。」

貴殿によって、この宣言をシオニスト連盟にお伝えいただければ、

有り難く思います。
敬具
アーサー・ジェームズ・バルフォア」

第一次世界大戦時 ドイツの同盟国オスマントルコ帝国の解体を謀る
イギリス、フランス、ロシア、等の国々は 
勝手な国境の線引きを始めました。
ポーランド系ユダヤ人で科学者のハイム・バイツマンが発明した
火薬製造に使うアセトンは高価な物でしたが、 
ハイツマンが発明した簡易に作る技術を
イギリスに与える交換条件として
イスラエル建国を約束した物です。
サイクス・ピコ条約やアラブ人とも約束した条件等とも違反する、
イギリス人の3枚舌外交の、いつもの遣り方です。

バルフォア宣言とは、第一次世界大戦中の1917年11月2日に、
イギリスの外務大臣アーサー・バルフォアが、
イギリスのユダヤ系貴族院議員である第2代ロスチャイルド男爵
ライオネル・ウォルター・ロスチャイルドに対して
送った書簡で表明された、
イギリス政府のシオニズム支持表明。

バルフォア宣言では、イギリス政府の公式方針として、
パレスチナにおけるユダヤ人の居住地の建設に賛意を示し、
その支援を約束している。

しかし、この方針は、1915年10月に、
イギリスの駐エジプト高等弁務官ヘンリー・マクマホンが、
アラブ人の領袖であるメッカ太守フサイン・イブン・アリーと結んだ
フサイン=マクマホン協定(マクマホン宣言)と矛盾しているて
大問題になりました。
この協定でイギリス政府は、
オスマン帝国との戦争に協力することを条件に、
オスマン帝国の配下にあったアラブ人の独立を承認すると表明していた。
フサインは、このイギリス政府の支援約束を受けて、
ヒジャーズ王国を建国しました。

一方でパレスチナでの国家建設を目指すユダヤ人に支援を約束し、
他方でアラブ人にも独立の承認を約束するという、
このイギリス政府の二重外交が、
現在に至るまでのパレスチナ問題の遠因になったといわれる。
しかし、フサイン・マクマホン協定に規定された
アラブ人国家の範囲にパレスチナは含まれていないため、
この二つは矛盾していないと言い逃れをしました。
フサイン・イブン・アリーも、エルサレム市の施政権以外は
地中海側のパレスチナへの関心は無かったことが、
後の息子ファイサルとハイム・ワイツマン博士との会談で証明されている。
なおバルフォア宣言の原文では「ユダヤ国家」ではなく、
あくまで「ユダヤ人居住地」として解釈の余地を残す
「national home」(ナショナル・ホーム、民族郷土)と表現されており、
パレスチナ先住民における権利を確保することが明記されている。

加えて、もし民族自決の原則が厳格に適用されるならば、
大多数がアラビア人である以上は
主権がアラビア人のものであることは明示的であり、
少なくとも移民(ユダヤ人)のものにならないことは、
特に協定の必要なく理解されていました。


ハイム・ワイツマンが第一次世界大戦中に、
砂糖などから得られたデンプンに
バクテリアの1種クロストリジウム・アセトブチリクムを作用させる
バクテリア発酵法を発明し、イギリス軍に提供した。
これがきっかけでバルフォア宣言が出され、
後のイスラエル建国が約束され、
ワイツマンはイスラエルの初代大統領となりました。

初代イスラエル大統領ワイツマン氏

c0192063_13113494.jpg
c0192063_13111840.png
Balfour Declaration at 100: From Ramallah to Pretoria
People in various parts of the world have staged protests on

the centenary of Britain's Balfour Declaration, which

promised a homeland for Jewish people and paved the way for

the occupation of Palestine.
http://www.aljazeera.com/news/2017/11/balfour-declaration-

protested-parts-globe-171102151741293.html

c0192063_13114336.jpg

Protest in Pretoria
In South Africa, hundreds of people gathered outside the Israeli embassy
in Pretoria to protest against Israeli occupation of Palestine.
Protesters, dressed in characteristic red T-shirts,
held placards with slogans calling for an end
to "Israeli ethnic cleansing of Palestinians"
and a halt to attacks on Gaza Strip,
danced and sang outside the heavily guarded embassy.
http://www.aljazeera.com/news/2017/11/balfour-declaration-

c0192063_13115406.jpg

パレスチナ住民と和解を目指していた為に暗殺された 
ベングリオン氏

c0192063_13110972.jpg

BBCは 同じニュースの中で
ミヤンマーのロヒンギャ族の居住地を 
始めてアウンサン・スー・チー女史が訪問したと伝えていますが、
拙ブログで以前にも書きましたが、
印度を植民地にした英国は その後ビルマも植民地にしました。
その時に植民地の住人から批判の対象に英国が成る事を恐れて
仏教徒の国 ビルマに 
イスラム教徒のベンガル人を強制的に移住させました。

ビルマ独立闘争が起きて、
スー・チー女史の父親 アウンサン将軍が日本軍の応援で
イギリス軍と独立闘争を戦った時に、
イスラム教徒のベンガル人はイギリス軍に味方して
仏教徒のビルマ軍と激しい戦いを行います。
植民地主義(コロニアイズム)の典型的な政策でした。

仏教徒と殺しあったイスラム教徒との間には
埋め難い溝がこの時に出来た侭なのです。
ビルマがミャンマーになり、ベンガル人がロヒンギャと置き換えられて
問題に英国は関係していないように 振舞っていますが、
植民地帝国主義とは そんな物です。
予断ですが
ビルマ王室時代に英国人が王室から持ち去った
世界最大のルビー 80カラットあるそうですが、
4分割され 行方不明とか言っていますが、
追跡する 旧ビルマ王室の子孫に対して 英国の宝石研究家は、
ロイヤル・コレクションに在ると、
イギリス王室の収蔵品に在ると言っているのです。

いやはや、私略船から海賊船迄、
世界中で泥棒している国なんですね、イギリスは。

大騒ぎしている スペインのカタローニア独立問題ですが、
カタルーニャ州は27日、独立宣言を決議した。
その1時間後にはスペイン上院が、
中央政府による州の直接統治を可能にする憲法155条の適用を承認。
スペインのラホイ首相はプチデモン前首相など自治州の閣僚の罷免と、
州議会の早期解散と、12月21日に選挙を行う旨を発表した。

スペインの裁判所の判事が、カタルーニャ州のプチデモン前州首相と、
側近であるウリオル・ジュンケラス前副首相を含む
8人の前閣僚の逮捕状の発行に踏み切った。ス
ペイン・バルセロナのラ・バングアルディア紙が報じた。
唯一、独立宣言が出される前日に辞任したサンティ・ビラ前起業問題顧問が、
5万ユーロ(約660万円)の保釈金を納付した場合、釈放される。
https://jp.sputniknews.com/politics/201711034243810/
逮捕、拘留された 8人の閣僚達です、
裁判所に出廷し 其の侭拘留されています
最高で30年の刑だそうです。

c0192063_13401387.jpg

Mr Puigdemont, who was spotted in a Brussels cafe on

Thursday, has said he will not return to Spain unless he

receives guarantees of a fair trial. He did not specify his

exact demands.
Those who were held are:
■Former Deputy Vice-President Oriol Junqueras
■Former Interior Minister Joaquim Forn
■Former Foreign Affairs Minister Raül Romeva
■Former Justice Minister Carles Mundó
■Former Labour Minister Dolors Bassa
■Former Government Presidency Councillor Jordi Turull
■Former Sustainable Development Minister Josep Rull
■Former Culture Minister Meritxell Borras

What happened in Spain's high court in Madrid?

Nine out of 14 summoned Catalan ex-ministers appeared before

Judge Carmen Lamela.

She said they had to be detained because they might

otherwise leave the country or destroy evidence.
http://www.bbc.com/news/world-europe-41854248

一方 プチデモン首相と女性閣僚を含む4人は
フランスのマルセイユ迄車で、
その後電車でベルギーのブリュッセル入りしました。
ブリュッセル市には ベルギーの議員が手配した模様です。

ブリュッセルのカフェで知人と会うプチデモン首相

c0192063_13402750.jpg
c0192063_13403905.jpg

どうやら国外に亡命して 亡命申請をし、
ダライ・ラマの欧州版になる 覚悟をしたようです。

FOXニュースが 再度CIAの秘密文書を載せて、
南米へ逃亡した ナチスのヒットラーの記事を載せています。

Hitler WWII 'escape' investigated by the CIA, bombshell

document reveals

A bombshell CIA document has been released
and reveals the intelligence agency investigated up
through 1955 the possibility
that Hitler survived and escaped to South America.


A newly declassified CIA document reveals that the

intelligence agency investigated the possibility
that Adolf Hitler was alive in South America as late
as 1955 — nearly a decade after World War II ended.
The document, which appears on the CIA's website,
highlights a former SS soldier who told spies he had regularly met
with Hilter in Colombia. "CITROEN [a CIA source] claimed
to have contacted HITLER about once a month in Colombia
on his trip from Maracaibo to that country as/an employee of the KNSM

(Royal Dutch) Shipping Co. in Maracaibo,"
the document reads.
http://www.foxnews.com/science/2017/11/02/hitler-wwii-

c0192063_13540595.jpg
c0192063_13541805.jpg
c0192063_13542849.jpg


escape-investigated-by-cia-bombshell-document-reveals.html
そして ヒットラーの運転手で シトロエンを運転していた証言者と

c0192063_13543712.jpg


どうやら 1955年迄 ヒットラーが転々としながらも
生きていたことは 事実のようです。

間もなく トランプ大統領が来日しますが、
時を合わせた様に NATOの事務総長が声明です。

c0192063_14015831.jpg

NATOのストルテンベルグ事務総長が読売新聞のインタビューに応じ、
欧州もNATO加盟国も北朝鮮のミサイルの射程内に入ったとの認識を示した。
29日、読売新聞が報じた。

読売新聞によると、ストルテンベルグ事務総長は
「欧州も(北朝鮮の)ミサイルの射程内に入ったと認識している。
NATO加盟国も既に危機にさらされている」と述べた。
https://jp.sputniknews.com/politics/201710294230735/

そして アメリカ国内では
トランプ大統領が 大統領選挙時代に選対本部にいた
ポール・マナフォート氏が 2006年~8年の頃の
マネーロンダリング疑惑でFBIの操査を受けていると大騒ぎです。

旧ウクライナの大統領 ヤヌコビッチ政権との取引で
カリニングラードやバラルーシを経由して 
多くの租税回避地を使い 民間の会社を装いマネーロンダリングしたと、

多くの投資家と同じ様な事をしていたようです。が
2006年とか ウクライナの前の大統領とか?
アメリカのマスゴミと民主党は
ロシアの疑惑と騒いでいたのでは?

ウイキリークスのアサンジ氏が 
又ヒラリーのメール問題でこんな事を・・・・・。

内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ氏は、
米大統領選に出馬していたヒラリー・クリントン氏の
電子メールを入手した方法について明かした。


クリントン氏は、2009年から13年までの国務長官任期中に
私用サーバーを使って行っていた
公的・私的メールのやり取りをめぐるスキャンダルで
情報を隠匿していたことや、
国家機密に対する無防備性、
外国人ハッカーへの潜在的な漏洩について批判された。

2016年、ウィキリークスは民主党全国委員会幹部らのメールや、
クリントン氏の選挙対策本部長を務めた
ジョン・ポデスタ氏のメールを公表し続けた。
米政府は同年10月、
ロシア政府がサイバー攻撃に関与していたとする見解を示した。
またその後中央情報局(CIA)は、
11月8日の大統領選で勝利を収めたドナルド・トランプ氏を支援するために
民主党のサーバーに侵入したとして、
報道機関を通じロシアを非難していた。
https://jp.sputniknews.com/

c0192063_14125969.jpg
何度も書きましたが
民主党の大統領候補を決める補選で
サンダース候補を支持していた 民主党員が
ヒラリー候補の余りにもの 金銭疑惑に怒り、
民主党選挙対策本部にハッキングメールを送り パスワードを盗み
ウイキリークスのアサンジ氏を支援している 英国の元議員に頼み

ウイキリークスがハッキングした 此れが事実なんですが、
アメリカの民主党は ロシアが・・・、ロシアが・・・。と
日本だけでは無いのですね。

先日 ハッシュタグで世界中に広がった「ミー・トウー」ですが、
英国の国防大臣が辞任しましたね。
数年前に取材を受けた時に、女性記者の膝の上に 手を置いたとか
それが ハラスメントと 騒がれて 
これ以上迷惑をかけられないと言う理由だそうです。

辞任した マイケル・ファロン卿です。
c0192063_14213881.jpg
取り敢えず 手は机の上ですし、
部屋には誰も居ないので、セクハラとは無縁な
徘徊惚け老人のモンクです。














[PR]
by monk-1 | 2017-11-03 14:24 | Comments(0)