人気ブログランキング |

毎日 清貧の生活です。

曇り空の 肌寒い日ですね。

早朝 未だう薄暗い内にモゾモゾと起きて、
コーヒーを落としますが、

温かいコーヒー・マグを持ち明けやらぬ外を眺めています。

鉢植えの植物も クリスマス・カクタスは2つに分けましたが
上手くいったようで、
両方とも花芽がこぼれんばかりです。
一部は少し朱色の花が開き始めています。
クリスマス・ローズも 下から蕾が上がってきているようです。

植物は季節に正直ですね、

PCを立ち上げて メールをチエックしていましたら
宮崎メルマガの読者投稿欄に面白い投稿記事を見つけました。

一通は元アメリカ軍に所属していた方から、
もう一通は 常連の物知りの方からでした。

以下に紹介します、

(読者の声3)テーマ: 米海兵隊ベイルート兵舎爆撃35周年

Thirty-Fifth Anniversary of the Marine Barracks Bombing、October 31, 2018
 去る10月23日は、35年前の当日にベイルートの米海兵隊兵舎が爆破され、
241人の優秀な若者が命を落とした日でした。
当時イランからの指示でテロリストが爆殺したとします。

下記は35周年にあたる特集寄稿です。
Thirty-Fifth Anniversary of the Marine Barracks Bombing
Posted: Oct 28, 2018 12:01 AM
米海兵隊ベイルート兵舎爆撃35周年
ジェームズ・A・ライヤン 寄稿
(タウンホール誌)

マスメディアが今どこも、
米国境をめざすキャラバン(主にホンジュラス発メキシコ経由)や、
サウジ記者のジャマル・カショギ殺人、
そしてパイプ爆弾の要人向け郵送のニュース
 (この寄稿日の翌日にピッツバーグのユダヤ礼拝所で乱射事件が発生)に明け暮れる間に、

悲劇的な1983年10月23日に起きた
ベイルート米国海兵隊兵舎の爆破事件はほんのわずか特集されただけだ。
我々はこの爆破攻撃がテヘランから直接命令されたという確かな機密情報を入手していた。
しかし、決して反撃することはなかった。
この悲劇にまつわる出来事をよく吟味し、
何故反撃しなかったのか考察すべきである。

事件の当日、アメリカの最優秀な241人の軍人が殺害され、
より多数の人員が重傷を負った。
当日と殆ど同時に、フランス軍の本部拠点にも似たような攻撃があり、
58人のフランス軍の空挺部隊が殺害された。

我々はイランがこれらの攻撃を計画し、命令したという確かな証拠を持っており、
同国テロリスト代理人のイスラム・アマルの仕業だった。
これはレバノンのヒズボラの前衛部隊である。

一連の攻撃を防御すべき情報を事前に我々が持っていたのは自身驚くとしても、
もっと驚異なのは反撃しなかった「理由」があったことだ。

 米国家安全保障局は、1983年9月27日付けの極秘電文を発した中で、
在ダマスカスのイラン大使、アリ・アクバル・モンタシェミが、
それ以前にテヘランから受けていた命令書があり、
それをイスラミック・アマルの指導者フセイン・アル・ムサウィへ与えたのだ。

この命令書は多国籍軍を狙った集中的な攻撃だけでなく、
アメリカ海兵隊に対する「特別」な行動を命令したものだった。

私(ライヤン提督)は当時、ペンタゴンの作戦副部長の任にあったが、
爆撃の2日後、10月25日までにこの電文を受けることはなかった。
私はあの日、同日中にCIAのラングレー本部に呼ばれた、

というのはウィリアム・ケーシーCIA長官が私に会いたいと言って来たからだ。
会議でケーシーが私に尋ねたことは、
もし加害者が誰であり、何処にいるか場所を彼が突きとめたら、
私が加害者を引き立てる計画をつくれるか?と聞いたのである。
私は直ちに同意した。

それから彼はひとつ条件があるとし、詳細が何であれ、
これを統合参謀と共有してはならないということだった。
彼は詳細が漏れ、
次回発行のワシントン・ポストにすっぱ抜かれたくなかったのだ。
私は同意し、決して鍵となる情報を手渡すことはなかった。

テロリスト・グループのイスラミック・アマルはレバノンのバールベックの近く、
レバノン軍シェイク・アブダラー兵舎に拠点を構えていた。
組織はイランのイスラム革命防衛隊の手助けで9月16日に兵舎を接収していた。
私は第6艦隊攻撃司令官のジェリー・タトル准将へ攻撃計画を送達した。
理由は当時のソビエトが我々の交信を解読していると分かっていたからだ。

最終的に全員が報告を受け、
その中に統合参謀本部(前記のケイシー長官守秘命令とは別)と
キャスパー・ワインバーガー国防長官が含まれた。
国家安全保障担当のロバート・マクファーランド大統領補佐官によると、
レーガン大統領との重要会議でワインバーガーが言うには、
兵舎の中にレバノン軍のグループが存在すると彼は考えると。
これは虚偽だった。

大統領はケーシー長官へ向かってこの点、明確にしろとのことだった
ケーシーは丁度海外出張から戻ったばかりで、
そのような事態進展のスピードについて行けず、詳解に及ぶことはなかった。
すると 、大統領が言った、「事態を整理しろ」と。
判明したのは、レバノン軍の部隊は兵舎にいなかったのだ。
しかしワインバーガーはもっと煙に巻くことを言い、
「もしこの攻撃を開始するならば、アラブの友人を我々はすべて失うだろう」と。

私から見れば、イランによるワシントン・ロビーのグループが深く関与し、
国防長官を取り込んでいたのだ。
 
結果として、艦載機が搭乗し、発進準備を完了したにも拘らず、
我々は攻撃の実行命令をなんら受けることはなかったのだ。
艦載機攻撃司令官の言葉を借りて云えば、
「これはほんのチップ・ショット(一突き)だった。」と。
我々はレバノンのバールベック近郊のシェイク兵舎を
アイオワ州の耕されたとうもろこし畑のような風景にするつもりだった。
報復に失敗したことは悲劇だったし、我々はこの誤りと共に現在も生きている。

問題がさらに積み重なり、
レーガン大統領が数日後にこの同じ標的をフランス軍と共に複合攻撃する許可を出した。
今度は、国防長官が大統領命令を単に無視し、
攻撃命令を出すことはなかった。
しかし、マクファーランド大統領補佐官とシュルツ国務長官の両名が私に語ったところでは、
彼らはワインバーガーの立ち位置を変えようと試みたが、失敗したと。

フランス軍は激怒した。
彼らは単独で攻撃を実施した。
しかし、ダメージは何も与えられなかった。

レーガンの日記にあるのは、
フランス軍がテロリストを一掃したと言明したのとは対象的だった。
 
私が確信するのは、現大統領も国家安全保障チームもこれらの事実に気がついていない。
イランは今も指弾されるべきだ。
何故にイランの神権政治が権力から除去されなければならないかがすべてを物語る。
 (ジェームズ・A.ライヤン海軍提督は元太平洋艦隊司令官。
  元国防省作戦司令部副部長、元国連米国軍事部上級代表。翻訳=インパクト・ジャパン)

一通めの引用此処まで

思い出すのは親露政権のアフガニスタンの山岳の地帯で反政府運動を行っていた
アフガニスタンのタリバン運動に対して

ジミー・カーター大統領の国家安全保障問題担当大統領顧問だった
スピグネフ・ブレジンスキーが
ロシアにアメリカのヴェトナム戦争の苦しみを与えてやると言い

反政府勢力に資金と武器を与えて
タリバン運動をささえ成長させたと言う事を
多くのアメリカ国民は知らせず、 
事実関係をフランスの週刊誌のインタビューで
事実を明かしていました。

対戦車砲のRPGを与えたのです。
資金は今殺されて騒がれている 
WPの記者と言われる カショギ氏の叔父で武器商人のカショギ氏が

中国製のAK47 通称カラシニコフ突撃銃を与えました。
欧米ではアサトライフルと呼ばれる軽量の銃です。

ブレジンスキーは
アフガンの親露政権支援でロシアが介入したためと
アメリカ国民には説明していましたが

事実はカーター大統領の許可を得て ロシア介入前にアメリカが介入していました。

反タリバン運動の指導者は若き日の ウサマ・ビンラデインです。
ブレジンスキーとビンラデインが一緒に写っている写真もあります。
c0192063_13585273.jpg


c0192063_13590061.jpg

ブレジンスキーは ポーランド系ユダヤ人で
父親が外交官時代 カナダ駐在でしたが
第二次世界大戦が起き ドイツとソ連がポーランドの分割で合意し進出した為に 
母国への帰国が出来なくなり、
家族を連れてアメリカへ亡命しました。

ブレジンスキーの反露感情には 抜きがたい物が有ります。
幼少時の記憶はシツコイですね。

キッシンジャーが先ほど訪中していますが、
中国政府高官は キッシンジャーの事を高額な金(ワイロ))を要求すると 
陰口を叩いています。

一昨年 IMFが通貨バスケットに中国の通貨 元を容れた時に
拙ブログでも書きましたが、
中国利権に食らいついた国際金融資本(フランクフルトを本拠と)は
中国市場の可能性を独占する心算でした。
ドイツ銀行を中心に ドイツ企業も雪崩のように
中国へ進出しました。

その尖兵がキッシンジャーに代表される
ユダヤ系アメリカ人と欧州人です。
(ラテン系、アングロサクソン系)
IMFのラガルド専務理事もそうですね、

ヴェトナム戦争の泥沼の体験を現在 
再び17年間 アメリカと欧州のNATO軍が味わっています。

主権在民ですから 軍は勝手な判断で動けない訳ですが、
政治家と金融資本が結び付き 
意味のない若者の血を流させているのです。

IMFは 昨日イタリアの国家予算に難色を示していましたが
イタリア政府は IMFの求める緊縮予算を跳ねのけて
独自の予算を作ってしまいました。

金融資本は取りっ逸れを恐れて 緊縮予算を要求するのですが、

ユーロ(フランクフルト)のコントロールを嫌う国は、
イギリスだけでなくなりました。

カブールで昨日自爆テロが起き 
宗教指導者を含む40数名が死亡しています。
イスラム教の原理主義者からは妥協し政治に参加する
宗教指導者も裏切り者に見えるのです。
どうなりますか?

又投稿記事の引用です

読者の声4)日産カルロス・ゴーン会長の逮捕、
ネットでは「K」の法則に外れはないと改めて納得。
瀕死の日産がゴーンの非情なコストカットでV字回復したまでは良かったのですが、
コスト削減のため韓国製部品を増やし、
ルノー・サムスン釜山工場の稼働率低下を補うため
日産九州工場から一部車種を生産移管するなど、
以前から日本国内の雇用などどうでもいいのかという批判は根強くありました。
 
2017年実績では国内生産はトヨタの三分の一、
商用車を合わせてかろうじてマツダ・スズキを上回る程度。
直近の乗用車生産では9月実績でスズキ・マツダ・ホンダ・ダイハツにも抜かれ第六位という情けなさ。
https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_prod/productionfig_japan_2018
 
トヨタのプリウスが出始めの頃、
日産も独自のハイブリッド車を作っていましたが、
ゴーンはこれからは電気自動車だと言ってハイブリッド車は開発中止。
ところが電気自動車は全く売れずお荷物状態。
そんななかで日産のエンジニアは非公式に
エンジンで発電しモーター駆動する車両の開発に取り組み、
売り出したところ大当たりになったのがノート・セレナeパワーなのだとか。
 
ネットの書き込みを見ると日産の工場は設備はボロボロ、
検査データの不正もさもありなん、といったもの。
コスト削減のしわ寄せが末端の不正を招いたのだろうという声も多かった。
「一将功成りて万骨枯る」だったのかもしれません。
  (PB生、千葉)

引用終わり

役員同士の派閥争い アメリカダットサンの社長問題で拙ブログも書きましたが、
会社の経営を 社会党系、共産党系、民社党系、と
バラバラな組合が経営の足を引っ張り 役員は派閥争いと・・・

写真週刊誌に専従の組合員上がりが自動車総連の役職付き
あげく 参議院全国区で当選しましたが、
TV出演などで綺麗事を言っていましたが

銀座のホステス数名を
自分が所有するヨットに乗せて遊ぶ所を写真週刊誌に撮られてしまい
赤い貴族 とか 労働貴族と 大騒ぎに成りました。

そんな時に 役員の派閥争いや 組合への忖度も無いゴーン氏が登場し
容赦なく2万人に及ぶリストラと数多くの工場閉鎖で 
アッという間にV字回復でした、

人間関係や組合、政治家の介入も無い 
外国人が出来るコスト・カットでした。

元々技術の日産と言われていた位ですから、
アメリカ・ダットサンを立ち上げて成功させ
将来は日産自動車の社長に とも思われていた人事も立ち消える位
派閥争いは酷いものでした。

可哀そうでしたね。

オランダに設立した投資会社を隠れ蓑に
バージン諸島に ペーパーカンパニーを作り 
ゴーン氏は私腹を肥やそうと考えていたようです。

フランス政府の発表とは違い ネット上のフランス国民の反応は
概ね好評でした、
厳しい階級社会のフランスではゴーン氏逮捕はあり得ないと・・

世の中には超えてはいけない 一線が有る事を知らない人が多いようです。

夕方 歯科医の予約が有りますので
今日はこれで・・・・。

熱燗だな今夜は



by monk-1 | 2018-11-22 14:00 | Comments(0)

一雨事に 秋が深まり、

漸く北国に 初雪が降ったようです。

惚け老人の故郷 札幌にも遅い初雪のようです。

最近は随分きな臭さい 日韓の関係ですが
数年前からあの国の事は言いつくしていますから、今更何を?
こんな感じです。

あの国の ”KPOP"と言うんですか?
聴いたことが有りませんから 何も言えません。

50年以上前ですか?札幌に存在した クラブ”太閤””と言うお店に
上手なサックス奏者が居ました。

名前は吉屋淳という人なのですが、通名でした。

主にジャズを演奏するバンドでしたが、
同業者も一目置く 上手なサックスでした。

彼が 韓国人で国に帰るときに 送別会を行ったのですが、

昭和30年代後半に札幌で活躍していた バンドマンが大勢集まって名残を惜しみ
彼を韓国に送り出した事を思い出しました。

十数年前に知人に連れていかれた 赤坂の韓国クラブで 
彼が韓国で作曲家として 名を成している事を知りました。

韓国名は失念しましたが 活躍を喜んだものです。

アメリカのシンクタンクに13ヵ所のミサイル発射基地の存在を明かされ他北朝鮮は
核開発も引き続き 行っているようです。
ミサイル発射基地を暴かれた事で韓国政府は

青瓦台「北朝鮮はミサイル基地を閉鎖する約束などしていない、
  交渉にはないし、合意に署名もしていない」

と牽強付会な政府声明です。
文在寅の北へののめり込みようは 尋常ではありませんね。


遠い時代の思い出ですが、あの国とこんなに遠くなるとは考えていませんでしたが、

時の流れと異様な反日教育のせいですね。

人は教育で刷り込まれた事象を真剣に信じるのですね、

お臍が横についている 惚け老人のモンクは 
何事も疑ってかかりますので 俄かには信じませんが・・・・・・。

APECが終わりましたが 異常な形で終了しました。
議長声明が出されませんでした。

アメリカと中国の対立が強く 纏まりのある声明は見送られた形です。

中国の経済力を裏打ちする 最新のIT,等は 
アメリカから見ると ハッキングによる行為と知っていますので

益々強気で対中制裁を続けるでしょう。

東トルキスタン人の強制収容所を職業訓練所と強弁していますが、

IT技術による顔認証をはじめ あらゆる個人情報をデーターベース化して

習近平独裁体制を盤石なものにしています。

一般の中国人観光客は 日本に観光に来て カード使用が進んでいないこと見て
日本は何と遅れているのだろう とか 言ってるらしいですが

カードを使うことで あらゆる個人データーが集められています。

顔認証の技術と 個人情報が国家に(共産党に)管理されているのです。

宮崎メルマガから 以下に

デジタル監視態勢は、
新彊ウィグル自治区で百万人ものムスリムを拘束して収容所にぶち込んだ。
再教育と称する中華主義教育は、伝統的なイスラムの価値観を無視し、
人民を奴隷の状態に置いた。

中国共産党がただしい、と徹底した洗脳教育が行われている。
 
これは現代のゲシュタボ、いまおきているのはホロコースト前夜ではないのか?
  
デジタル中華皇帝・習近平はトウ小平の肖像を撤去し、

毛沢東と習近平の二人だけを並べるキャンペーンを開始した。
肖像、ポスターを全土に張り巡らせた。
「身の程をわきまえよ」とトウ小平の長男、僕方は訴えた。
 
習近平の野望、その覇権への野心をいまごろになって認識した米国は、
准宣戦布告をペンス副大統領が講演し、経済制裁は、高関税の掛け合い合戦から、
次は「ドル取引停止」などの金融戦争の発展しそうです。
 
いま、中国で何がおきているのか
 
世界が未経験のデジタル監視社会は恐怖の体制である。
これを米国、日本、インド、EU、豪、NZ、カナダなどは
いかに協力して乗り越えるのか。

デジタル監視態勢は、
新彊ウィグル自治区で百万人ものムスリムを拘束して収容所にぶち込んだ
再教育と称する中華主義教育は、伝統的なイスラムの価値観を無視し、
人民を奴隷の状態に置いた。
中国共産党がただしい、と徹底した洗脳教育が行われている。
 
これは現代のゲシュタボ、いまおきているのはホロコースト前夜ではないのか?

鵺的動きが得意なロシア、そしてトルコ、中東諸国は何を考え、
何をしようとしているのか。
コンパクトにまとまった世界情勢分析と、
最新の中国の動きを正確にトレース!
宮崎正弘の最新作です!

『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書。950円)

引用終わり

最後は宮崎さんの新刊本のCMに成りましたが、
読後感がメルマガに続々と投稿されていて

共産党独裁の中国社会の恐ろしさが 述べられています。

呑気で平和ボケした日本人は 何時の日か中国人の””奴隷に成るのかしら?

日本が併合する前の韓国は 清朝の属国でしたから

李朝の文武のエリート 両班以外は 白丁、奴婢 と言う
奴隷しか存在していませんでしたが・・・・・日本も・・・?

AIの兵器も開発しているようで 世界は中国に警戒感を持ち始めました。



ペンス副大統領はAPEC参加前に 日本を訪れて安倍総理と会談し
様々なすり合わせをして行ったようです。 

ペンス副大統領の来日に関して、次の資料があります。
来日したペンス副大統領は11月13日、首相官邸にて安倍首相や閣僚らと会談し、
開かれたインド太平洋や
北朝鮮の非核化実現へのコミットメントを含む重要な課題について意見交換し、
共同記者発表を行いました。

ttps://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-vice-president-pence-prime-minister-abe-japan-joint-press-statements/
U.S.-Japan Joint Statement on Advancing a Free and Open Indo-Pacific Through Energy, Infrastructure and Digital Connectivity Cooperation
The White House, November 13, 2018
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/u-s-japan-joint-statement-advancing-free-open-indo-pacific-energy-infrastructure-digital-connectivity-cooperation/
Remarks by Vice President Pence and Prime Minister Abe of Japan Before Bilateral Meeting The White House, November 13, 2018
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-vice-president-pence-prime-minister-abe-japan-bilateral-meeting-2/
 以上はアメリカンセンターからの情報です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4569841910/

其のせいでしょうか?こんな事が決まったようです。

ペンス米副大統領とモリソン豪首相は、
APECが開催されたパプア・ニューギニアの首都、ポートモレスビーで引き続き会談し、
同国の北海域にあるマヌア島のロンブルムを再開発し、
海軍基地をするとした。

ペンスは「日本とも協力し、鉄道、道路、通信網、
いずれもインド太平洋戦略を重視するためだ」とした。

AI開発でアメリカを凌駕しつつある中国が、

世界の「テクノロジー覇権」を握ったら、どうなるのか?
 「中国はデジタル・レーニン主義だ」(独社会科学者ヘイルマン)。


そして いよいよ大詰めの英国の離脱問題ですが、

与党保守党内も権力闘争でメイ首相退陣をが策する議員が 
メイ首相案に反対しています。
どうなりますか?

スペインもジプラルタル海峡沿いにイギリスの海軍基地を抱えて
ユーロの国境問題は 北アイルランドだけでは無いようです。


一方 フランスのマクロン大統領は ガソリン税の値上げを発表し
全国規模でストが起きています。

マクロンは金持ちの見方だと・・・
そんなこと ロスチャイルド系金融機関の副社長が社会党の経済顧問、

オランド大統領を裏切って 自分が政党を作り 大統領選に出馬し
フリーメーソンが全仏に激を飛ばして 当選させた事からも
解りきっていたのですが????

ドイツも大変のようです、
12月に行われるCDU(キリスト教民主同盟)の大会で
次期党首選には不出馬を発表し ドイツ首相は続けたそうですが?無理でしょう。

俄かに候補者3名の中から メルツ氏が急浮上しています。
メルツ氏も 最大の資産運用会社「ブラック・ロック」の会長で

ドイツ産業界というより 金融資本側からの 出馬要請です。

ユーロをけん引する 独、仏、共に
金融界からトップを出すつもりのようです。

下降気味の人気と経済事情、
移民問題が巻き起こした 欧州全体で巻き起こる ナショナリストの政党

メデイアは極右とレッテル張りですが、
益々 勢力を伸ばしています。

思えば トランプ大統領が誕生して 
金融資本の思惑をグチャグチャにしましたね。

彼はもう少し 言葉使いを気使うと良いのですが。
 



by monk-1 | 2018-11-20 15:16 | Comments(0)

アラブの商人達


横目で 日本女子サッカーの 対ノルウエー戦を見ながらです。

良くわからない 韓国の歌のグループの話題が
SNSでは 賑やかですね。

グループの趣味と言うより 
スタッフの反日姿勢が良く解ります。

幼い頃から そういう教育を受けると ああなるのでしょう。

最も韓国が国家を上げて 国家予算をつぎ込み
ソフト・パワーと信じて ヤラセを行っている訳なのですが、

韓流とか?言うらしい?ですが
踊らされる 日本の若者には危惧しますね。

興味がないので 野次馬気分でSNSを読んでいます。

原爆にハーケンクロイツ、酷いのは9・11のNYのテロ事件を茶化す建物や
東日本大震災の津波を模した建築、
水の中で溺れた人を揶揄するような演出とか(津波の犠牲者を意識しているようです)、

馬鹿達としか 言いようがないですね。

先日の日本への出稼ぎ労働者への慰謝料判決といい、

左翼のおぞましさが 日本人には教科書になります。

北の共産主義者が作った 文在寅政権も同じです。

自滅の道をまっしぐらと 進んでいます。


アメリカ財務省からの在米の韓国の銀行に 厳しい申し入れがあり
北への経済制裁への「すり抜けは見逃さない」と・・・・

文政権が陰で北への応援をしている事も お見通しなのですね。

 ニューヨークで営業中の韓国系銀行は国民銀行、新韓銀行、KEBハナ銀行、
ウリィ銀行、中小企業銀行、農協銀行などの都市銀行と、産業銀行、輸出入銀
行など政府系銀行がある。これらの銀行が相次ぎ送金業務を中断しようとして
いるのは、送金がマネーロンダリング防止の核心対象だからだ。送金業務を行
うには米金融当局が要求する「顧客確認(Know Your Custom
er)」の原則に基づき、すべての取引で顧客の身分を確認し、取引の種類を
把握できるシステムを作らなければならない。
https://japanese.joins.com/article/832/246832.html

事実上 在米の韓国の金融機関は 金融機関の機能を失い、
連絡所の業務しか出来ない様に成りました。

ドルは基軸通貨なので 世界中のドル決済の動きは監視されています。
落ち込み冷え切った経済状態の韓国では
保守系の政治家たちから 文政権批判が飛び出してきて、
文在寅は 経済閣僚を2名更迭しましたね。

自らは かなりの経済音痴のようです。

中、露も北緒戦の問題で 
これ以上アメリカとの関係をこじらせる事は
国益にならないと 現実的な対応です。


欧州では 第一次世界大戦の犠牲者を慰霊する
百周年の記念行事が行われています。

c0192063_16172284.jpg





仏、独、英、そして トランプ大統領も凱旋門のパレードに参加する為に
パリへ入ったようです。
ロシアの外相も参加しています。


トランプ大統領は早速トルコのエルドガン大統領と会談しています。

c0192063_16165370.jpg





イスタンブールで暗殺された サウジの記者の詳細な報告を受けているようです。

殺された記者は WP(ワシントン・ポスト)に不定期で記事を書いているそうですが、
カショギと言う名前を聞いた時には 少し驚きました。

イスタンブルーの大使館を訪問して直ぐに 殺害され
遺体はバラバラにされて 強酸で溶かされたようです・・・・

怖いですね・・(淀川長治 風に・)

アルジャジーラも伝えていますが、

c0192063_16163947.jpg




قال رئيس قسم التحقيقات في جريدة صباح التركية نظيف كرمان للجزيرة مباشر إن التسجيلات الصوتية التي بيد السلطات التركية توضح أن خاشقجي قُتل بوضع كيس على رأسه، وأن هذه التسجيلات توثق اللحظات الأخيرة في حياة الصحفي القتيل.
وأضاف أن آخر الكلمات التي تلفظ بها خاشقجي كانت "أنا أختنق، أبعدوا هذا الكيس من رأسي، أنا أعاني من فوبيا


وعودة إلى لقاء الوفد المؤلف من عدد من القادة الإنجيليين الأميركيين مع بن سلمان الأسبوع الماضي، يقول مور -في معرض رده على سؤال بشأن هدف هذه الرحلة- إن عدد المسيحيين الإنجيليين في الولايات المتحدة الآن يبلغ أكثر من 60 مليون نسمة، وإن هناك نحو 600 مليون منهم بأنحاء العالم.
ويضيف مور أن تلقي المسيحيين الإنجيليين دعوة للزيارة والحوار في بلد يتسم بتقييد الحرية الدينية ولا توجد به أي كنيسة ولا كنيس يهودي، يعد أمرا هاما

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/11/10/أنا-أختنق-هذه-آخر-الكلمات-التي-نطق-بها-خاشقجي

外電も日本のメデイアも報じませんが、

武器商人カショギ氏の甥なのです。
中東、東欧、アフリカ、そして パキスタン経由でアジアへも

世界一の武器商人で 多額の資産をなしています。

82年にカショギ氏が死んでから 甥のカショギ氏は有り余る資産で
サウジの通信社を買い 反ムハマド王子の論説を掲げていました。

元々イスラム同胞団に所属する イスラム原理主義者なのです。

殺されたアルカイダのビン・ラデインを尊敬していて
サウジアラビアをイスラム法の国家へと運動していました。

木村太郎氏も書いています
20日ほど前にイスタンブールのサウジアラビア総領事館で殺害されたジャーナリストの
ジャマル・カショギ氏の死に関し、
トルコのエルドアン大統領はサウジアラビア政府による計画的殺害と発表した。
誰もが政府による犯罪と予想していたとはいえ陰惨極まりない事件であり、
中東政治の闇を覗いた気持ちにさせられる。
サウジアラビアの実力者ムハンマド皇太子が事件の黒幕であるとはエルドアンは言っていないが、
それは事件を最大限に利用しようとの計算からだろう。
23日の『東京新聞』に元NHKキャスターの木村太郎氏がコラム『太郎の国際通信』で、
「カショギ氏の『別の顔』」と題する文章を載せている。
それによればジャマル・カショギ氏は
「サウジアラビアの武器商人の大富豪で王家と密接な関係にあった
アドナン・カショギ氏」の甥で、
若い時はムスリム同胞団に参加しており、
米軍によるビンラディン殺害の時のツイッターに
「私は心が破れ崩れ落ちて泣いた」と書いたという。
富裕な武器商人の出身とはどこかのテレビで聞いていたが、

ビンラディンに心酔していたとは初耳である。
サウジアラビアのムハンマド皇太子は女性の自動車運転を始めて許可したり、
汚職まみれの王族を罰したり、開明的な改革者との印象を持たれていた。

それなのにジャーナリスト殺害を命じたとあれば失望を感ずる。
しかし、ビンラディンに心酔していたカショギが
むしろ反開明派の王子たちの代弁者だった可能性はある。

彼がサウジアラビアにおける言論の自由の擁護者だったとは私は容易に信ずることができない。

最近、東京博物館で、
「アラビアの道--- サウジアラビア王国の至宝」と題する文化財の展覧会があったが、
5章に亘るその内容のうち3章はイスラム以前の文化の紹介で、
元サウジアラビア駐在の日本大使が驚いたという ( 『毎日』10月19日 )。

「宗教の希釈化」( 同 )を推進する皇太子は原理派の敵である。
「人権」の名に惑わされて中東政治を単純化してはならない。

1970年代に「ムスリム同胞団」に加入したことだ。
「ムスリム同胞団」はエジプトで興ったイスラム教原理主義の団体で、
ある時は過激なテロ活動を行いアルカイダのオサマ・ビンラディンもその影響を受けたと言われ、
後継者のアイマン・ザワヒリも同胞団の出身だ。

その縁で、カショギさんも数回にわたってビンラディンと会ったことがあると伝えられる。

ムスリム同胞団の影響を受けたカショギさんの考え方はその記事に反映されており、
ワシントン・ポスト紙への投稿記事では
同胞団の考えに沿った勢力がアラブ世界を支配することを奨励したり、
西欧的な世俗主義を「敵」と弾劾するものが目についた。

その考えに従えば、
サウジアラビアのあるべき姿は
イスラム教の教えを具現化したものでなければならなかったはずで、
サウジアラビアが最近女性の自動車運転を解禁したことに象徴される社会改革を進めたり、
外交的にもイランを牽制するためにイスラエルに急接近するのは許せなかっただろう。

その反発は改革の推進者のムハンマド皇太子に向けられたと考えるのが妥当だろう。
一方ムハンマド皇太子もそれに気づいて
カショギさんの周辺のムスリム同胞団シンパを拘束して警戒していたと言われる。

「アラブ世界にいま民主主義を」
サウジアラビアのサルマン国王とムハンマド皇太子
またカショギさんは今年初め米国で「アラブ世界にいま民主主義を」という政党を立ち上げた。
この政党はアラブ世界に選挙を通じてイスラム教原理主義の勢力を広げようというもので、
これがサウジアラビア国内の反皇太子派と結びつけば
現政権を転覆させる勢いをつけることにもなりかねず、
ムハンマド皇太子としては放置しておくわけにはゆかなかったとも考えられる。

c0192063_16170789.jpg




c0192063_16170369.jpg






つまり、カショギさんはジャーナリストというよりは、
イスラム過激派の影響を受けた活動家で政権転覆の陰謀に関わっていたと
サウジ王室側は考えた可能性がある。
だからと言って、カショギさんを暗殺しバラバラに切り刻んでも良いというわけではないが、
この事件の陰には単に「報道の自由」にとどまらない
奥深い問題もあるということは押さえておいた方が良いだろう。
(執筆:ジャーナリスト 木村太郎)

エジプトのイスラム同胞団については 過去に数度書いていますので割愛しますが、

エジプトのアレキサンドリア生まれの実業家のモハメッド・アルファイド氏は
中東ビジネスで大儲けして イギリスの高級百貨店 ハロッズも手に入れています。
そして潤沢な資金で北アイルランドに多額の投資を行っていて、
もし 北アイルランドがイギリスから独立したら
私が首相になっても良い等と イギリス人の眉をしかめさせています。

c0192063_16164685.jpg





息子のドデイ・アルファイド氏がイギリスのダイアナ妃と
パリで交通事故死した時には

c0192063_16165866.jpg





イギリス王室はイスラムの血が後継者に引き継がれる事を嫌い
情報機関に暗殺させたと 訴えた事でも知られますが、

彼は表の顔とは別に 多くの武器取引にも関与していました。
有名なのはハイチの独裁者フランソハ・デユバリエとの深い仲です。

武器商人の息子が2人とも死んだことになります。

額面通りには 中々受け取れない 裏があるようです。

因みに サウジアラビアへの兵器の売却は一位がアメリカで
二位はドイツですが、イギリス、フランスも売却しています。

軍産複合体は 中古兵器を次は 誰の手に委ねるのでしょうか?






by monk-1 | 2018-11-11 16:28 | Comments(0)

今日は一日雨模様のようです。

一雨ごとに秋が深まると言いますが、前線の影響か?

気温はそんなに低くありません。

新しいウインドウズに手こずっていますが、
何とか久し振りの書き込みを しようと思います。

ニュースはアメリカの中間選挙の結果と
韓国の大法院判決が 騒がれていますね、

トランプ大統領は 再選狙いの選挙でしたから上院で議席を増やし、
州知事選でも半数以上が共和党が押さえて、
勝利宣言を出しています。

反トランプ陣営は 
下院を民主党が議席を増やして制した事をメデイアスクラムで報じていますが、

次期大統領選挙を考えたら?的外れですね・・・・・。

日本の汚鮮された左翼メデイアは 受け売りの報道です。

今朝方 安倍総理とトランプ大統領は電話会談を行ったようですが、
選挙で 上院の完全勝利を安倍総理がお祝いしたと・・・・。
当然 NYで行われる予定だった 米、朝会談のキャンセル問題、
非核化への話で、何時もの北の揺さぶり外交等も 話し合われたことでしょう。

ついでに 異常な韓国の判決にも触れたのかも知れません。

北も南も いったい?何処へ向かうのでしょうね。

まあ 拉致被害者さえ返してくれたら 
如何でも良いことなんですが。


イギリスの王室外交が 此処の所活発ですね。

Brexit後を睨んで 外交攻勢を強めています。

高齢の女王陛下がいますが、いかんせん高齢ですので
何時 何が起きてもおかしく無いですから、

70歳に成るチャールズ皇太子殿下に注目が集まります。

若い頃は 王室の決まり「政治的な発言は慎む」を無視して

議論を呼ぶ 数々のは発言?失言も有り 周囲は心配しています。

帝王学をもう一度 とばかりに タイムス紙は・・・・

c0192063_14440725.jpg
又 雑誌の表紙でも

c0192063_14443061.jpg
c0192063_14442175.jpg
皇太子のお孫さんとの写真ですが、 女王陛下も安心ですね。


ドイツのメルケル首相は 首相のお膝元のヘッセン州の選挙でも敗退が決まり
CDU(キリスト教民主同盟)の 
12月に行われる党首選には不出馬を発表しました。

バイエルン州に次ぎ ヘッセン州でも 緑の党とAFD(ドイツの為の選択肢)躍進しました。

メデイアでは 極右とレッテル張りされた政党がメデイアの予想を覆して
ドイツ全土で躍進し 議席を増やしています。

CDUの党大会で党首選挙に出馬を決めている人達は3名程いるそうですが、

8年前にCDUの党首選挙で メルケル氏に負けた
フレデリック・メルツ氏が・急浮上しています。

敗戦以来政治の世界から少し遠ざかっていましたが、
メルケル不出馬で 俄然脚光を浴びています。

現在は 最大手の資産運用会社 ブラック・ロック社の会長をしています。
c0192063_13193707.jpg
c0192063_15050520.jpg

この先 如何?成るかは解りませんが、

先のフランス大統領選挙で フリー・メーソンがフランス全土に激を飛ばした事と
資産運用会社の会長が・・・・・。

国際金融資本の危機感が読み取れますね。

国内に台頭する愛国主義の政党と

トランプ大統領の出現も関係していますね。

トランプ大統領は度重なるる利上げでFRBに「景気を冷やすな}と
FRB批判とも取れる発言を繰り返しています。

FRBは日本の日銀とは違い
アメリカの民間の金融機関数社が
アメリカ経済の舵取りを行う為に 設立した機関なのです。

ユーロから英国の離脱、移民政策に対にして
加盟国の多くが反対する状況に、ユーロ崩壊の危機を覚えたのかしら?


アメリカの SF市で起きた 銃撃事件で12名の死者が出ていますね。

大きくニュースに取り上げられています。

12 人が死亡したと考えられている国のカントリー音楽と軽食のクラブで
大学生の客が多かったようです。

イアン・ロングは帰還後心的外傷後ストレス障害を持っていたようです。

ロサンゼルス近くのバーで ぼーだー・らいんBar & Grill サウサンド オークス
水曜日の11時半頃、役100 人以上の客が入っていて
彼らはボーダ・ライ=カントリー ミュージックのイベントで、多くの群衆に発砲しました。
イアン ・ ロングは  2008 年から2013 年まで米海兵隊に勤務していたそうです。
保安官のジェフ ・ ディーンは「恐ろしいシーンだ」と述べた。

ラスベガスの大虐殺で 死者 58 人が出た時に 
犯人のイアンは言「血はどこにでもある」と 言ってたそうです。
2010 年 11 月間のアフガニスタンの機関銃射手を務め射手ていました。


c0192063_15270584.jpg
c0192063_15265945.jpg
c0192063_15265492.jpg


犯人のイアン・デビット・ロングは自殺してしまいましたが
元海兵隊員でアフガン帰還兵でした。
c0192063_15211523.jpg
c0192063_15210701.jpg

PTSDのようですが・・・・・・。

海兵隊の最高責任者が ツイッターで 発言しています。
FOXニュースとタイムス紙からです。

California bar shooting suspect’s ‘despicable actions’ condemned
by Marine Corps’ top officer
The Marine Corps’s top officer offered a strong condemnation
Thursday of Ian David Long, the "ex-Marine"
and suspect in Wednesday night’s shooting at a country music bar in California.
Gen. Robert B. Neller, the commandant of the Marine Corps,
took to Twitter to express sympathy for those affected
by the violence that left 12 people dead.


c0192063_15212500.jpg

 Robert B. Neller

 @GenRobertNeller
Heartfelt condolences to those suffering
from the tragic & senseless act of violence #ThousandOaks.
That ex-Marine's despicable actions run counter to what the vast majority
of veterans are rightfully known for:
serving w/ honor then making positive contributions to society
3,693
5:32 AM - Nov 9, 2018
https://twitter.com/GenRobertNeller
https://www.foxnews.com/us/california-bar-shooting-suspects-despicable-actions-condemned-by-marine-corps-top-officer

Ian Long: Ex-Marine ‘with PTSD’ shoots 12 dead in Thousand Oaks bar
A gunman who shot 12 people dead in a bar near Los Angeles before apparently
killing himself was a former US Marine who may have had post-traumatic stress disorder,
police said.
Ian Long, 28,
walked into the Borderline Bar & Grill in Thousand Oaks at about 11.20pm on Wednesday
and opened fire on a crowd of more than 100 people, many of them students,
at a country music event.
https://www.thetimes.co.uk/edition/world/ian-long-ex-marine-with-ptsd-shoots-12-dead-in-thousand-oaks-bar-c8bt7w8xx

銃による犯罪が絶えない アメリカですが
帰還兵のPTSDも大きな問題ですね。

雨は一晩中降るようです お酒と酒肴の用意をします。

当然 医者には内緒です。




by monk-1 | 2018-11-09 15:49 | Comments(0)

森羅万象 気になることを記します